生ゴミ 微生物。 コンポストの作り方は?生ゴミを分解させて堆肥にしよう!

微生物が24時間で分解! 生ゴミは“運ばず、燃やさず、その場で処理”が最先端に

生ゴミ 微生物

トイレの消臭にも効果抜群! 生ゴミ処理のほかに、ぽっとんトイレや簡易トイレ、簡易トイレなど、トイレの消臭剤としてもおすすめです。 ちり紙や汚物を水と炭酸ガスにすばやく分解。 香りでごまかす消臭剤ではなく、臭いの原因を根本から分解するので効果が長持ちし、ウジやハエなど害虫の発生も防げます。 その後は、汲み取り後に臭いの発生状態を確認しながら使用量を決めて下さい。 この汚物をトイレに捨てると、そこでも効果を発揮します。 内容量 粉末:300グラム 液体:1リットル 内容成分 タンパク質分解酵素、炭水化物分解酵素、アルコール分解酵素、脂肪分解酵素 取扱い 直射日光を避け、冷暗所で保管。 1週間に1度の頻度で使用して下さい。 (1回20g程度) 使用上の ポイント ・ 生ゴミを一度に多く入れ過ぎると、培地の水分が多くなり臭くなる場合があります。 そのよう場合は、本品を多めに投入して下さい。 ・ 生魚、生肉を投入する時は、本品をまぶしてから処理機に入れて下さい。 大きな骨類は分解に日数かかります。 ・ 分解が進んで培地が減るような場合は、減った分だけ培地を足すようにしてください。 ・ 培地は少し湿気があるくらいが効果的に本品が活動します。 手で握ると固まるくらいが目安です。 処理機の内側にこびりつく場合は、ヘラのようなものでこすって取り除いてください。 いただきましたご質問につきまして、できる限り分かりやすく回答をさせていただくつもりですが、もし、疑問点、ご不明な点などございましたら、また遠慮なくご連絡ください。 パクーは細胞が死んでいる有機物であれば、すべて分解できます。 一般的な家庭生ごみの分解時間はその種類によって大きく違いますが、以下を目安にしてください。 ただし、気温などにも左右されます。 (冬場は時間がかかります) ・パン、ごはん、カボチャ、サツマイモ、魚の身・・・・数時間 ・アジ、サバの骨・・・半日ほど ・肉・・・大きさによるが、1日ほど ・鶏の手羽先(骨)、玉ねぎの外皮、ミカンの皮・・・1か月程度 ・卵の殻・・・半年程度 パクー粉末300gは、はじめてご使用になる場合は、2個必要になってきます。 初日〜3日目まで 培地15L〜17Lに対し、毎日100gずつ投入(300g使用) 4日目以降は1週間から10日ごとに30g投入を続ける 生ごみ処理を始められる場合は、生ごみ処理菌パクーを活着させるために培地というものが必要になってきます。 弊社でも販売しておりますが、特別なものではありませんので、木くずなどを代用していただけるとよいかと思います。 弊社の商品には粉末と液体がございますが、一般的な生ごみ処理機の場合は水分が増えると悪臭などの原因になることもありますので、粉末をお勧めしております。 ただし、コンポスターなどの場合は、液体でも大丈夫です。 以上、目安としての回答をさせていただきました。 参考にしていただければと思います。 よろしくご検討ください。 上田蓉子 関連商品.

次の

脱・生ゴミ臭い部屋!助成金制度もある最近話題の生ごみ処理機って??

生ゴミ 微生物

環境問題が悪化するこの世の中で、何かしらエコな取り組みをしたい、と考える人は少なくないはずです。 そんな人にはコンポストがおすすめです。 コンポストとは、どのようなエコに取り組めるのでしょうか。 コンポストの役割や、手作り方法なども合わせてご紹介いたします。 自宅で生ゴミ処理!コンポストとは? コンポストとは、簡単に言うと、生ゴミ処理機です。 初めてコンポスト、という言葉を聞いた人でも、一度は見たり聞いたりしたことがあるはずです。 コンポストは、微生物の力によって、生ゴミの処理ができて、簡単に作成もできます。 コンポストに生ゴミを捨てることで、その中の微生物が分解し、堆肥化することから、ゴミとなってしまった食材を再利用できるのです。 厳密に言えば、コンポストとは堆肥のことを言って、生ゴミや落ち葉を分解するための容器をコンポスターと言います。 しかし、日本ではコンポスターをコンポストと表現することも多いことから、こちらの記事でも容器の名称をコンポストとして、作り方や注意点をご紹介します。 コンポストの種類と作り方 コンポストには、いくつかの種類があります。 よく挙げられるのは、段ボール式、土中式、密閉式と言われるものです。 それぞれの違いをご紹介します。 段ボール式 コンポストの中でも手軽に始められるのが、段ボール式です。 ピートモス 土壌開発剤 や、くん炭 精米のときにお米の外側についている皮 を入れた段ボールによって、堆肥を作り出します。 段ボールは空気を通しやすく、保水性や保温性にも優れることから、生ゴミを分解する微生物を繁殖させやすいのです。 作るためのコストを抑えられることがメリットですが、耐久性が低いことがデメリットです。 作り方としては以下の手順です。 段ボールの箱をガムテープで補強する 段ボールを二重にすると強度が増す。 発酵を促すために、ピートモスとくん炭を入れる。 生ゴミを入れて、混ぜ合わせて土をかぶせる。 生ゴミを入れる度に空気が入るようにしっかりと混ぜる。 約3カ月後、熟成期に入ったら生ゴミの投入を停止する。 水分の補給とかき混ぜることを続け、1か月程度で堆肥が完成。 土中式 庭や畑に、プラスチックの容器を埋め、土の中の微生物によって、生ゴミを分解させるタイプが土中式のコンポストです。 作り方は以下の通りです。 日当たりの良い場所に穴を掘り、プラスチックの容器を設置する。 枯れ葉や枯れ草を投入し、生ゴミを投入。 発酵剤で発酵を促すこともできる。 生ゴミを入れる度に空気が入るようにかき混ぜる。 中身が8割程度まで増えたら、容器を取り出し、中身にビニールシートを被せる。 月に1回程度混ぜて3か月程熟成させれば完成。 密閉式 密閉式は酸素が少なくとも育成する微生物によって生ゴミを発酵させ、堆肥化を進ませます。 アルコールや酸が出るため、酸っぱい臭いが発生するのが特徴です。 作り方は以下の通り。 新聞紙にぼかし肥料を撒き、生ゴミを入れて混ぜる。 空気を抜きつつ、中フタをしてから、上フタもして密閉。 発酵が進むことで、底部に発酵液がたまるため、それを取り出す。 容器がたくさんになったら1週間から2週間、生ゴミを追加せず熟成させて完成。 コンポストの注意点 コンポストの利用については、いくつか注意点があります。 まず、生ゴミとして扱われるものだったとしても、コンポストに入れるべきではないものがあります。 野菜の皮や魚や肉の骨、果物の種など硬いものは分解されにくいため、コンポストで分解させることに向いていません。 ビニール袋や割り箸、腐った生ゴミについても、入れてはいけません。 次に、直射日光に当てないように気を付けましょう。 なぜなら、直射日光により、生ゴミを分解する微生物が死んでしまうからです。 水分量にも注意しなければなりません。 水分量が多いと、空気に触れにくくなることから、腐敗につながり、かなりきつい臭いが発生してしまうのです。 そして、虫の発生も気を付ける必要もあります。 虫の発生を防ぐためにも、一度に多くの生ゴミを入れず、必ず土に埋め、目の細かいネットで覆うようにしましょう。 コンポストは身近なエコ! このように、コンポストは身近で取り組めるエコだと言えるでしょう。 多くの資源が失われる今の時代では、少しでもエコが必要です。 コンポスト以外にも、エコトピアでは身近なエコを紹介しています。 これらのように、身近にできるエコがあれば、ぜひチャレンジしてみましょう。

次の

生ゴミ バイオチップ 交換チップ材 微生物 生ごみ処理機肥料 キッチン 防臭 消臭 ごみ 減量 分解 堆肥 乾燥 生ごみ処理機 肥料 家庭用 生ゴミ :gto

生ゴミ 微生物

生ゴミ堆肥化における油脂分解微生物の利用 タイトル 生ゴミ堆肥化における油脂分解微生物の利用 要約 生ゴミ堆肥化において、油脂成分を分解可能な微生物を利用することで油脂成分の分解促進効果が認められる。 担当機関 東京都畜産試験場 環境畜産部 連絡先 0428-31-2171 区分 部会名 関東東海北陸農業 分類 技術、参考 背景・ねらい 資源リサイクル法の制定により、生ゴミの再資源化は大きな課題となっている。 対応策として生ゴミを堆肥化する試みが広く行われているが、生ゴミ中には油脂成分が多く含まれる等、単独での堆肥化を妨げてる様々な要因がある。 東京都では、生ゴミと家畜糞を混合して堆肥化しているが、生ゴミの割合が高くなると堆肥化が遅延する問題を抱えている。 そこで、生ゴミと家畜糞との混合物を効率よく堆肥化することを目的とし、堆肥素材としての生ゴミの基本的な特質を分析するとともに、微生物を利用した急速堆肥化技術に取り組む。 成果の内容・特徴• 生ゴミ一次処理物(生ゴミを高温中で攪拌混合した処理物)の特徴を分析した結果、水分及びpHが低く、油脂成分含有率が高い。 肥料成分の中では窒素分が相対的に多く含まれる。 (表1)• 微生物数は、開始直後から細菌数および真菌数が急速に増加する。 (図1)(図2)• 微生物添加区は、対照区と比べて油脂分解速度が約20%速くなることを確認。 (図3) 成果の活用面・留意点• 生ゴミと家畜糞を混合し堆肥化処理をおこなう際、油脂成分による堆肥化遅延を防止することが可能となる。 生ゴミ中には、今回使用した微生物では分解できない油脂成分が含まれていることが判明している。 今後、さらに有効な微生物を検索し、利用する必要があると考えられる。 具体的データ 図表.

次の