楽天 モバイル モバイル ルーター。 楽天モバイル、MNO参入第1弾のスマホとルーターを発表

楽天モバイルのWi

楽天 モバイル モバイル ルーター

Rakuten UN-LIMITは1年間無料! それでは、具体的な内容をご紹介していきます。 楽天モバイルで選べるWi-Fiルーターは? まず、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)で、使える端末を調べました。 結果、選べるルーターは2機種でした。 Rakuten UN-LIMITのルーターは2機種 まず、Rakuten UN-LIMITで買えるルーターは2機種。 それぞれ、特徴がありますので、まずは2つを比較しました。 例えば、 モバイルルーターとして持ち運びも出来ますし、クレードルにつなげば 有線LANでホームルーターとしても使えます。 【価格comのランキングで1位】 SIMフリーのモバイルWi-Fiルーターは33機種ありますが、その中でも1位です。 評価の中でも 「性能が良くずっと使える」との、コメントが多かったですね。 ちなみに、Aterm MP02LNは、ランキング3位です。 理由2:シンプルに性能が高い 続いては、性能の良さです。 Aterm MP02LNと比べると、3つの点で有利です。 【有利なポイント】 ルーター Aterm MR05LN RW Aterm MP02LN 最大通信速度 867Mbps 433Mbps 連続通信時間 14時間 10時間 SIMカード 2枚 1枚のみ この通り、 通信が早く、バッテリーの持ちが良く、SIMカードが2枚使えると、性能がとても良いです。 値段には9,000円の差がありますが、性能を考えると、長く使えるAterm MR05LN RWがおすすめです。 理由3:クレードルが便利 最後の理由が、 付属品で買えるクレードルが便利なこと。 このクレードルにより、有線LANの接続もできます。 【1年間無料】• 通常時=2,980円• 1年目= 0円 この通り無料なので、かなり安くスマホが使えます。 楽天回線はモバイルWi-Fiと同程度 続いて、楽天の回線はモバイルWi-Fiと同じくらいの通信速度です。 参考までに、WiMAXやポケットWi-Fiと通信速度を比べました。 むしろ、少し速いくらいですね。 スマホの機能としても使える 楽天モバイルは、通話SIMのみの販売です。 つまり、電話番号も付与されるので、普通にスマホの機能としても使えます。 例えば、LINEなども使えますし、通常の電話はRakuten LINKで無制限の使い放題です。 契約期間がないので解約に違約金なし 最後に、Rakuten UN-LIMITには、契約期間がなく、違約金もありません。 WiMAXやポケットWi-Fi、その他の回線は契約期間があります。 なので、いつでも解約できますし、解約に手間がかからないのでとても便利です。 【パートナー回線は制限あり】• 楽天回線=無制限の使い放題• パートナー回線=5GBの制限(制限時は1Mbps) この通り、パートナー回線であれば、使い放題にはなりません。 なお、主なエリアは東京、愛知、大阪、埼玉ですが、詳しいしてくださいね。 4GHz帯のみ利用可能 モバイルWi-Fiには、2. 4GHz帯/5GHz帯の両方を使えるものもあります。 しかし、テザリングで利用する場合は、一般的に2. 4GHzのみ利用可能です。 4GHzはWi-Fi機器であればほぼ全てで対応しており問題なく利用可能ですが、5GHzにこだわりがある方にとってはRakuten UN-LIMITは適さないです。 以上が、デメリットでした。 4GHzのみでも問題なく使えますが、楽天回線のエリアは申し込み前に必ず確認しましょう。 \Rakuten UN-LIMITは 1年間無料/ Rakuten UN-LIMITのWi-Fi利用の実際の口コミ では、実際にRakuten UN-LIMITを利用した方の、口コミを集めました。 テザリングでの使用ですが、全員問題なくテザリングで利用できているようです。 Rakuten UN-LIMITとテザリングの口コミ ちょうど在宅勤務に入った日に届いた Rakuten UN-LIMIT のSIM。 モバイルルーターが届くまでの繋ぎと思ってテザリングしていたけれどなかなかな優秀。 モバイルルーターに切り換えるタイミングを見失い使い続けて今日やっと取り換えた。 Hetano yokozuki GadgetMajin Rakuten un-Limit いいですね。 回線ガラガラだし、FaceTimeに対して帯域制限かけてないし。 なぜなら、楽天ひかりを同時契約しなければならず、楽天ひかりを接続した状態でないとRakuten Casaを使えないためです。 つまり、ご自宅でしかWi-Fiを使えず、持ち運びはできないです。 Aterm MR05LNも使える 今回ご紹介した機種は、Aterm MR05LN RWですが、Aterm MR05LNも使えます。 この場合は、SIMカードのみ申し込みすればOKです。 楽天の端末以外は自己責任 Rakuten UN-LIMITで動作保証されているのは、楽天モバイルで販売/動作確認された端末のみです。 iPhoneやその他Androidは動作確認されていません。 一応、一部のiPhoneやAndroidは使えるとのユーザー情報もあります。 しかし、使えない(Wi-Fiが繋がらないとか電話できないなど)との情報もあります。 出来れば楽天モバイルのスマホを使う事をおすすめします。

次の

楽天モバイルのポケットWiFiルーターの評判は?|料金やメリットを紹介

楽天 モバイル モバイル ルーター

そもそもポケットWiFiというのはイー・モバイル 現ワイモバイル のモバイルWiFiルーターの登録商標ですが、最近では一般名となっているので、便宜上ポケットWiFiと呼んでいます。 なので正確には、「 楽天モバイルの格安simを使っているモバイルWiFiルーター」のことです。 楽天モバイルの格安simの特徴 楽天モバイルには様々な特徴がありますが代表的な特徴は4つあります。 楽天ポイントが貯まる使える• 常にいろんなキャンペーンによる割引などでお得• データ通信専用simは契約期間の縛りなし• ドコモのスマホと同じ回線で繋がる• サブブランドより速度は遅め 他にも様々なプランから自分にあったものが選べるなどいろんな特徴があります。 1 楽天ポイントが貯まる使える 楽天カードをお使いの方は、楽天ポイントを貯めているんじゃないかと思います。 あまり利用していない方からすると、どうでも良いことかもしれませんが、ネットショッピングでも重宝する楽天市場では、非常にポイントがたまりやすく、仕事帰りなどに買うと重たいような日用品などをポイントなどで精算でき家計の助けにもなるので非常に嬉しい特典です。 また、楽天モバイルの月額費用を貯まったポイントで支払うこともできます。 2 常にいろんなキャンペーンでお得に契約できる 楽天モバイルは常に様々なキャンペーンを行っております。 例えば、誰かに紹介する楽天モバイルと契約すると楽天ポイントが3000ポイント付与されます。 また、家族で契約すると1年間は1人の基本料金が無料になるなど、 割引などのキャンペーンが満載です。 3 データ通信専用simは契約期間の縛りがない 楽天モバイルでポケットWiFiを利用する際はデータSIMサービスを契約することになりますが、これに違約金は設定されていません。 通話のできるSIMサービスには9,800円の違約金が設定されていますが、ポケットWiFiで利用する方には最低利用期間がないために、違約金の設定もありません。 4 ドコモと同じ回線で繋がる安心感 楽天モバイルはドコモとのスマホとをおなじLTE回線を利用しているのでつながりやすいだけでなく、速度も安定しており快適に利用することができます。 ただキャリアスマホよりは遅くWiMAXと比べても遅いのですが、つながるエリアは圧倒的なのでスマホ並みに海外や山奥などでもつながるポケットWiFiになります。 5 サブブランドより速度は遅め 格安SIMは通信速度が遅いと言われていますが、それは楽天モバイルも例外ではありません。 速度が遅い理由は様々ですが、常に格安SIMは設備の増強をしていますが、ユーザーが増える勢いに追いついていないのが現状と言われていますが、無駄な設備増強をしすぎないために、増強する勢いを制限している状態といわれています。 そのため、キャリアスマホのように新しく回線基地局を増やしたりしているわけでは無く、必要に応じて増やしているので、常にギリギリの状態を維持しているということです。 また、回線を扱う業者には「キャリア>サブブランド>MVNO」の3つの順になっており、サブブランドは独自の回線を持っているY! mobileやUQmobileが当てはまります。 要するに、MVNOよりも回線のキャパが大きく速度が出せるが、キャリアより少し劣るぐらいのバランスのとれた立ち位置です。 実際に計測して見たデータは下記の通りです。 最も速度が早かったのはY! mobileですが、SIMカードだけの契約はできないので、UQmobileのSIMカードだけ契約しても十分快適に利用できます。 楽天スーパーWiFiと楽天モバイルは別もの 楽天モバイルのポケットWiFiとは言っても、実は過去に2種類ありました。 最近では見かけなくなった「楽天スーパーWiFi」と「楽天のデータsimを利用したモバイルWiFiルーター」です。 このように分けたのは理由があり、それぞれは全く別のサービスでした。 楽天スーパーWiFiはサービス終了している 2016年の1月末に、楽天のスーパーWiFiの受付は終了したのでポケットWiFiはないと思われがちですが、 ポケットWiFiはあるのでご安心を! 現在では、楽天モバイルのデータ通信専用の格安simをポケットWiFiとして利用することはできます。 実際にその方が契約の縛りや、端末などの問題、価格面において優位なので、非常に利用しやすいのは言うまでもありませんね! そういったこともあって、楽天スーパーWiFiが無くなったのかなと想像ができます。 楽天モバイルのポケットWiFiの料金 楽天モバイルのポケットWiFiは6つの料金プランがあります。 ベーシックプラン 500円 速度は200Kbpsに縛られるけど525円で使い放題!• 1GBプラン 900円 下り最大262. 5Mbpsで3. 1GBも利用できるプラン。 あまり使わない人にオススメ!• 5GBプラン 1,450円 下り最大262. 5Mbpsで5GBも利用できるプラン。 たまに動画を見る方にオススメ!• 10GBプラン 2,260円 下り最大262. 5Mbpsで10GBも利用できるプラン。 動画をちょこっと、カフェなどでパソコンを使いたい方にオススメ!• 20GBプラン 4,050円 下り最大262. 5Mbpsで20GBも利用できるプラン。 youtubeを1日3〜4時間見るならこれ!• 30GBプラン 5,450円 下り最大262. 5Mbpsで30GBも利用できるプラン。 ネットで映画を視聴したり大きなデータのやり取りが多い方はこれ! 選び方は上記に記載している通りで、どんな利用の仕方をするのかによって、どのプランを選べばいいのかが大きく変わります。 ただ、これから端末を用意するという方は、自分でヤフオクやアマゾンで購入するか、楽天モバイルのデータ通信専用simの契約と同時に、端末もセット購入するのかの2つの方法になります。 楽天で契約・購入できる端末 楽天モバイルで契約及び購入をできる端末は3種類あります。 NECの「Aterm MP01LN」「Aterm MR05LN」という端末とHUAWEIの「E5577」という端末です。 どの端末がいいのか分からない人も多いかと思いますが、バッテリーの持ちや回線の安定度を重視する場合、「Aterm MR05LN」をお勧めします。 なぜなら、バッテリーの持ちが14時間、LTE-Advanced対応で規格上の最大通信速度が375Mbps、デザインが薄型でかさばらない。 楽天モバイルだけに限らず、他の格安SIM会社のカードをさしても利用できる。 Aterm MR05LNは選んで間違いのない、性能の高さと携帯性の両方を持ち合わせたハイスペック端末です。 契約をしようと考えている方は、一度お読みいただくことを推奨いたします。 楽天モバイルに割引はあるのか? 楽天モバイルは過去にこのような割引を色々と行っていましたが、現在はモバイルルーター Aterm MR05LN の割引は確認できませんでした。 ただ急に端末の割引を行ったりしていることがあるので、できればセール情報は契約を考えているなら確認してくださいね。 とはいえ、普通に安くなっているので、実際のところ割引がなくても買いだと思います。 そのため、契約した月に解約したとしても違約金を請求されることも、高めの月額費用を払うこともありませんのでご安心ください。 普通の時でも稀に1Mbps以下の速度しか出ないことがあるようですが、その場合は周りの電波が混線しているため、速度を上げる対処法は別の格安SIMを利用することになります。 しかし、 どの格安simも利用者の多い時間帯に速度が遅くなるものです。 とは言っても楽天モバイルは利用者が多いからか、「朝の出勤時間帯」、「お昼の休憩時間帯」、「夜の仕事から帰って家でゆっくりしている時間帯」は速度が著しく低下します。 唯一遅くならない格安SIMは私の利用経験上「」だけです。 速度を求める方にはUQモバイルをお勧めします。 しかし、安くすることが目的の場合、そもそも利用データ通信寮の少ないプランを選ばれると思いますので、動画を見るのは避けた方が良いでしょう。 すぐに速度制限にかかりますよ。 楽天モバイルの解約方法は? 解約をするには、楽天モバイルの会員サポートページの「」から、解約手続きを行う必要があります。 解約を行うには注意があります。 解約締め日は毎月15日となっており、16日〜翌月の15日までの間に解約申請を行うと、翌月末の解約扱いになります。 解約したい月が決まっているならかならあず15日までに解約申請を行ってくださいね。 楽天モバイルのポケットWiFiとWiMAXの大きな5つの違いを比較 格安simの楽天モバイルのポケットWiFiがいいのか?WiMAXがいいのか?の2択で迷っている方は結構多いかと思います。 実際、この2つで悩まれる方が多いです。 ではここから、 楽天モバイルのポケットWiFiとWiMAXの違いはどうなのかを具体的にお伝えしたいと思います。 料金の違い• 電波の違い• 通信速度の違い• 通信制限の違い• 契約期間の違い これらについて詳しくお伝えしたいと思います。 料金の違いを比較 WiMAXは2種類の料金プランがあり、それぞれで通信制限が異なります。 7GB制限のある通常プラン• 月間制限のないギガ放題プラン では楽天モバイルとの具体的な料金差を比較してみましょう。 プラン 楽天モバイル データ専用sim WiMAX GMOとくとくBB 3. 1GB 900円 — 5GB 1,450円 — 7GB — 2,192円 実質 10GB 2,260円 — 20GB 4,050円 — 30GB 5,450円 — 無制限 2,791円 実質 料金を比較すると、WiMAXの7GBの料金と楽天モバイルの10GBプランの料金で差がないことがわかります。 ただ、10GBを超えたあたりから楽天モバイルは非常に高くなりますが、WiMAXは無制限にも関わらず2,791円とかなり安い価格になっております。 よって 毎月10GB以上利用したい方はWiMAXにする方が安い、 毎月のデータ利用量が10GB以下なら楽天モバイルの方が安いと言えます。 ただLTE回線は基本的に繋がります。 これらをふまえると、繋がりやすいのはLTE電波なので、どちらも変わらないかもしれません。 ただし、WiMAXでau 4G LTE回線を利用すると、毎月7GB制限が付いてしまいます。 こういった視点で考えると、地下などでたくさん使いたい方は、LTE回線の利用が望ましいので、また別の選択肢を検討する必要があります。 この場合、『』というポケットWiFiがおすすめです。 なぜならSoftBankLTE回線が2000円代で20GB利用できるので非常にお得です。 ただ地下は弱いというだけです。 通信速度の違いを比較 通信速度の違いを出すのは非常に難しいですが、格安simの電波は非常にキャパシティーが少ないため、確実にWiMAXよりも遅いです。 こればかりは回線の特性なので、どうしようもありません。 よって 通信速度を求める方に格安simはお勧めしません。 通信速度の速いポケットWiFiを求める方はWiMAXにしましょう。 通信制限の違いを比較 楽天モバイル WiMAX 月制限 プラン 3日制限 月制限 プラン 3日制限 3. 1GB 540MB 7GB 通常プラン 1GB 5GB 1. 0GB 無制限 ギガ放題 10GB 10GB 1. 7GB 20GB なし 30GB なし どちらもプランの通りの通信制限となっていますが、3日間の制限は違います。 とはいえ、特筆すべきはWiMAXのギガ放題プランの3日間制限です。 3日間で10GBも普通に使ってると正直なかなか到達しません。 そう考えるとほとんど無制限のようなものです。 よって 通信制限の優位性が高いのは明らかにWiMAXです。 契約期間の違いを比較 契約期間の違いは簡潔です。 WiMAXは2年契約ですが、楽天モバイルのポケットWiFiは契約期間の縛りはありません。 よって、好きなときにいつでも解約することができます。 ただ・・・、実際に短期間で辞めることってあるのか考えたいところですね!2年はきっと使うだろう、そして10GB以上使うだろう。 という方はWiMAXをお勧めします。 ただ、楽天モバイルでAterm MR05LNを分割契約した方は、2年契約になりますのでお気をつけください。 料金も毎月985円加算されるので、思ったよりも安くないということが考えられます。 結局どっちがお得?• 料金面で実はお得なのはWiMAX• 繋がりやすいポケットWiFiなら楽天モバイル• 速度を求めるならWiMAX• 通信制限を気にするならWiMAX• スマホ並みの繋がる安定感が欲しい• あまり使わないからできるだけ安くしたい• 2年以内に解約する可能性がある• 楽天ポイントをたくさん貯めたい• 速度はそこまで必要ではないかた この5つのパターンの方は楽天モバイルを選んでも損はありません。 いかがでしたでしょうか? あなたは、楽天モバイルがあいますか?それともWiMAXですか?それともUQmobileでしょうか。

次の

【1年無料】楽天モバイルをポケットWi

楽天 モバイル モバイル ルーター

SIMフリーのモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN」を使って、楽天モバイルの自社回線に接続することができたので、動作環境や接続設定に関するメモ。 通常価格は約30,000円ながらも、過去にはAmazonで10,000円前後で販売されることもあった。 手頃な価格で入手できるSIMフリーかつデュアルSIMに対応するモバイルWi-Fiルーターとして、過去に購入した方も少なく無いかと思う。 ただし、2020年4月現在の販売価格はその頃よりも高く20,000円台後半になっている。 MR05LNの販売ページは以下にて。 Amazonの情報を掲載しています MR05LNは、楽天モバイルが自社回線対応端末として販売しており、2020年3月30日付けで最新のファームウェアバージョン「4. 0」が公開されている。 最新バージョンでの対応内容には、楽天モバイル(自社)回線の通信品質向上などが含まれている。 ポートマッピング設定について、ポート変換機能を追加しました。 楽天モバイル rakuten. jp 回線における通信品質を向上しました。 クイック設定Webの表示を改善しました。 過去にAmazonなどで販売されていたMR05LNを含めて、最新版(4. 0)にバージョンアップする前の状態(3. 0)でも楽天モバイルの自社回線に接続することは可能。 ただし、特別な事情が無い限りは最新版にファームウェアを更新しておいた方が無難。 (特に、楽天モバイル回線で使うには) MR05LNを楽天モバイルの自社回線で利用するためには、Wi-FiルーターのAPNに、楽天モバイル自社回線のAPN「rakuten. jp」を設定する必要がある。 この設定が完了すると、MR05LNを経由してスマートフォン・タブレットなどなどでデータ通信が利用可能。 jp」を指定する なお、楽天モバイルの動作確認済み機種には掲載されていないものの、前モデルの「MR04LN」でも同様に楽天モバイル(自社回線)のSIMカードを入れて動作する報告もあるので、過去にこれらのモバイルWi-Fiルーターを購入済みの方は試してみると良いかも。 楽天モバイルのサービス詳細・申込は以下にて。

次の