口臭 なくす。 [薬剤師執筆]ハミガキしても臭う!しつこい口臭の原因はカラダの熱!?

口臭に効くガムはどれ?ガム選びのポイントとおすすめ5選

口臭 なくす

今日は、自分では気付かないうちに相手を不快にしてしまう口臭について、その原因と対策についてお話ししていきますね。 スポンサーリンク 口臭の大部分は口の中に原因があり、その多くは舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌表面に付着した上皮から剥れた垢と歯周病であると言われています。 全身疾患の兆候として現れる呼気経由の口臭もあるのですが、それは極めて限定的と考えられています。 口臭は自己識別が難しく、気にする人も多くいる一方で、無自覚な人も多く社会的な健康問題となっているんです。 口臭の原因 口臭とは「口あるいは鼻を通して出てくる気体のうち、社会的容認限度を超える悪臭」と定義され、生体ガスのうち、においの質と強度が問題となるのです。 その中でも硫化水素とメチルメルカプタンで約90%を占めており、これらVSCは、口の内に生息している嫌気性菌が唾液・血液・剥離上皮細胞・食物残渣中の含硫アミノ酸を分解・腐敗することで産生されるのです。 原因はほとんどが歯周病・舌苔であり、この両者では舌苔からの産生量の方が多いといわれています。 また通常は硫化水素の割合が多いのですが、歯周病患者はしばしばメチルメルカプタンの割合が高くなります。 全身疾患(代謝性疾患)由来の口臭は糖尿病・尿毒症・肝硬変・肝癌・トリメチルアミン尿症などが原因と考えられます。 肝性昏睡・肝硬変のように脂肪酸・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイドと口腔由来の口臭と類似した臭いもあれば、糖尿病のアセトン臭や尿毒症のジメチルアミン・トリメチルアミンのにおいのように嗅覚によって容易に識別できるものもあります。 これら全身疾患の兆候として現れる呼気経由の悪臭は限定的なものです。 口臭の治療・予防 口臭には生理的口臭と病的口臭がありますが、その原因はほとんどが舌苔(ぜったい:舌の表面につく白い苔状のもの)です。 したがって舌の清掃による舌苔の除去が最も有効な予防法です。 また何の自覚もないのに家族から口臭を指摘されるようになったら、歯周病が原因の可能性がありますので歯科医院での専門的な検査・治療が有効です。 病的口臭の治療 口臭は健康な人でも強くなることがあり、何らかの病的な原因からくる口臭を病的口臭といいます。 その代表的なものが歯周病となります。 それは歯周病の原因の多くがVSCを作る嫌気性菌なのです。 歯周病の他には、大きなむし歯や粘膜の潰瘍などが原因となることがありますが、これらの病気と異なり、歯周病はほとんど痛みもなく進行していきます。 何の自覚もないのに家族から口臭を指摘されるようになったら、一度、歯科医院を受診して歯周病や口臭検査を受け専門的に治療されることをお勧めします。 最近は色んな口臭グッズを乱用することでかえって口臭を悪化させているケースもあったりするので、口臭治療を行っている専門の歯科医院であれば、カウンセリングと簡易測定を無料で受けれるところがあります。 また、きちんと個室を完備していて、秘密厳守はもちろんのこと、看板に「口臭」の文字を掲げてないので、口臭治療に通っていることを悟られずに安心して通院できる歯科医院もありますよ。 一方で口の中以外では、副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)や、ごくまれに肝臓病や腎臓病などの全身疾患が原因となって口臭が強くなることがありますが、これらは口臭以外にも何らかの自覚症状が現れることがほとんどですから、あまり考えなくてもよいでしょう。 スポンサーリンク まとめ 今回は、 『自分では気付かないうちに相手を不快にしてしまう口臭について、その原因と対策』と題して、口臭の原因を探り、その対策方法についてご紹介してきました。 あまりにも口臭を気にし過ぎると、人と話す楽しみが無くなり、身体的な健康だけでなく、 精神的、社会的な健康にも大きくかかわってしまいますよね。

次の

口臭原因のホントのトコロ|日常生活にチョイ足しで口臭を9割減らす6つの方法とは

口臭 なくす

口臭の正体 口臭の種類 口臭にも大きく 生理的口臭と 病的口臭があります。 ・ 生理的口臭 生理的口臭は 起床時や空腹時、食事の後などにニオイがする 一過性のものです。 生理的口臭は誰にでもあり、完全になくすことはできません。 ・病的口臭 対する 病的口臭は 歯周病や肝疾患など身体の不調が原因で発生するものです。 「上司の口臭が耐えられない」 「彼女の口が臭い」 など社会生活上問題となるのは、こちらの 病的口臭です。 原因の多くが口腔内のトラブルである病的口臭は、 日頃のケア次第でかなり抑えることができます。 (以下本文中の「口臭」は病的口臭を指します)。 口臭の正体は「揮発性硫黄化合物」 口臭の正体は、口内細菌が口内のタンパク質を分解するときに発生するガス( 揮発性硫黄化合物)です。 口腔内で発生する 揮発性硫黄化合物は主に次の3種類があります。 メチルメルカプタン :たまねぎが腐ったようなニオイ• 硫化水素 :卵が腐ったようなニオイ• ジメチルサルファイド :キャベツが腐ったようなニオイ 口臭が不快なのは、 複数の 揮発性硫黄化合物が混じり合っているためです。 口臭が原因で思わぬ事態に?口臭が招くリスクとは 口臭が原因で人間関係が崩れる!? どんなに容姿端麗でも、どんなに仕事ができても口臭があるだけで、嫌がられます。 ニオイというものは人の防衛本能に関わるもので、良好な人間関係の構築を著しく困難にします。 介護の現場などでも、ニオイに慣れることが最初の関門といわれるほどです。 口臭が原因で破局、なんてケースも珍しくありません。 myvoice. php? たとえば、ニオイが発端となりビジネスチャンスを逃すこともあるのです。 打ち合わせの際などに周囲の口臭が気になった経験、あなたもありませんか。 口臭だけで契約がフイになるようなことは稀でしょうが、少なからず 不潔な印象を与えることは間違いありません。 不快の元からは、本能的に距離をとりたくなるものです。 美容師、エステなど客と至近距離で接する仕事は特に要注意です。 クサイ息を顔に吹きかけられながら接客されたのでは、客としてもたまったものではありませんからね。 個人経営の飲食店なども、店主に口臭があれば致命的です。 料理も不潔に感じ、あっという間に客足は遠のいてしまうでしょう。 口臭 病的口臭 の原因 口内トラブル 口臭 病的口臭 の原因のほとんどは、口腔内のトラブルです。 プラークや 歯垢、 歯周病などがニオイの元となります。 ・歯垢・歯石 歯垢は口内の食べかすを餌にして増えた 口内細菌の塊です。 歯垢を放置すると唾液中のカルシウムを吸収し 歯石になります。 歯垢や歯石は口内細菌の集合体であり、ニオイの元となります。 ・虫歯・歯周病 虫歯もニオイを発生させます。 歯周病ともなれば口内は細菌だらけですから、口臭はかなりキツクくなります。 ・舌苔 舌苔は舌の表面につく汚れです。 細菌や食べかす、口腔粘膜の剥がれたものが集まって白い苔のように見えることから舌苔と呼ばれるようになりました。 舌苔が増えるに伴い、口臭も増えやすくなります。 ・唾液量の低下 唾液は自浄作用を持ち、細菌からバリアしてくれます。 唾液量が減るとバリア機能が弱まり、口内細菌も増え、口臭が強くなりやすいのです。 たとえばストレスや疲れを感じたとき、水分不足のときなどに唾液量が低下し、口臭が出やすくなります。 身体の不調・病気 身体の不調や 病気が口臭の原因となるケースもあります。 内臓疾患には口臭を引き起こすもの多いです。 ・胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍 胃や腸などの消化器官が正常に働かなくなると、 消化不良に陥ります。 消化不良になると胃や腸に食べ物が残ります。 残留物は胃や腸のなかで腐り、 硫黄臭を発生させます。 便秘の時に、オナラのような口臭になるのはこのためです。 ・慢性肝炎・肝機能低下・尿毒症 本来であれば、体内の 毒素は肝臓で分解・無毒化されます。 しかし肝機能が低下すると毒素がうまく分解されず、毒素が血流にのって肺に運ばれ、吐息とともに排出されてしまいます。 肝疾患の口臭は アンモニアや カビの臭いがするのが特徴です。 ・糖尿病 通 常、 体内細胞が糖を分解し、生命活動に必要なエネルギーを作り出します。 ところが 糖尿病になると、血中の糖をコントロールするホルモン「 インスリン」の 働きが低下し、糖をエネルギーに分解できなくなります。 そこで細胞は、 糖の代わりに脂肪を分解してエネルギーにします。 脂肪の分解には「 ケトン体」が必要になりますが、ケトン体の主成分である「アセトン」には、 独特の酸っぱいニオイがあり、これが口臭の原因となるわけです。 偏った食事 肉食に偏った食事を続けると、 腸内フローラが乱れ、 悪玉菌が増加します。 腸内には数にして100~1000兆個、種類にして1000種の細菌が存在するといわれます。 顕微鏡で見ると、「お花畑=[英] flora)」のように見えることから、『 腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。 腸内細菌は 善玉菌と 悪玉菌、 日和見菌に分かれます。 善玉菌…良い働きをする ビフィズス菌や乳酸菌など 悪玉菌…悪さを働く ウィルシュ菌など) 日和見菌…状況によって働きが異なる 腸内フローラの状態は健康状態にさまざまな影響を与えます。 善玉菌が多い時は腸の 扇動活動がきちんとおこなわれ、有害物質や老廃物は 便としてスムーズに排出されます。 しかし 悪玉菌が増え、有害物質や老廃物が腸内に長くとどまると、 血液に乗ってニオイと共に体中に運ばれます。 そして、 動物性たんぱく質の過剰摂取は悪玉菌を増やします。 肉ばかり食べると腸内フローラが悪化し、口臭を引き起こすわけです。 過度なダイエット 過度なダイエットをすると 炭水化物や たんぱく質が 不足します。 すると身体は中性脂肪を燃焼し、 悪臭を放つ脂肪酸に変えます。 脂肪酸による口臭は甘酸っぱいニオイが特徴的です。 誰でも簡単にできて効果抜群!口臭予防法5つを紹介 周りを一瞬で不快にさせるのに、口臭ほど威力のあるものはありません。 口臭は他人に指摘しにくく、かつ自分では気づきにくいから厄介です。 けれども日頃の生活で少し意識するだけで、口臭を予防することができるんです。 1、毎食後の歯磨き ブラッシング を欠かさない やはり歯磨き(ブラッシング)は重要です。 ブラッシングをきちんとすることで口臭の原因となる口内細菌の大半は取り除けます。 できれば毎食後、歯を磨くようにしましょう。 歯磨きのやり方について詳しく知る 2、歯間ブラシやフロスで徹底ケア ただし、ブラッシングだけでは不十分です。 残りの30%が歯垢となり、においの元になります。 歯間ブラシや デンタルフロスで歯と歯の間の汚れを取り除いてあげることが大切です。 【フロスの通し方】 1. 前後に動かしながらゆっくりと歯間へ のこぎりのように前後に動かしながらゆっくりと歯間へ。 歯や歯茎を傷める恐れがあるので力任せに入れないこと。 歯の側面にあて上下に動かす 歯の根元まで入れ、歯垢をのこぎりのように前後に4~6回に動かす。 片方の側面を終えたらもう片方も同じようにする。 歯の間から抜きだす デンタルフロスを歯の間から抜き出す。 抜き出すときものこぎりのように前後に動かしながらゆっくりと。 フロスを正しく通すと、口内細菌の94%以上を取り除けるといわれています。 糸が太いものほどよく取れますが、慣れないうちは扱いが難しいです。 初めは細いタイプのものを使用し、慣れてきたら太いものに変えるとよいでしょう。 フロスは毎食後通す必要はありません。 口内細菌が最も増えるのは就寝中なので、寝る前にするだけでOKです。 3、舌苔を取り除く 舌苔を取り除くことで口臭が大幅に改善されます。 歯ブラシで落とす方法もありますが舌は繊細で、やたらに擦ると 傷ついてしまう恐れがあります。 そこで便利なのが「 舌ブラシ 舌苔クリーナー 」です。 舌苔を取り除くためのブラシで、最近ではドラッグストアなどでも販売されています。 舌苔専用のブラシといっても 力任せに擦るのは禁物です。 あくまでも 優しくなでるように落としていきましょう。 あまり ゴシゴシやってしまうと舌を傷めたり、逆に口臭が強くなってしまう可能性があります。 4、小まめに水分を補給する 水分が不足すると 唾液分泌量が減少、口内が乾燥し、口臭が強くなります。 「喉が渇いた」と感じる前に水分を摂取するのがポイントです。 デスクやカバンにペットボトルや水筒を常備し、小まめに水分補給しましょう。 5、野菜をしっかりとる 野菜に含まれる 食物繊維は 腸内フローラを整え、便通を改善してくれます。 ニオイの元となる物質や 老廃物も体内にとどまることがないので、口臭となって体外に排出されることも防げます。 サラダなどのシャキシャキ感は歯の汚れを落とす効果も期待できます。 (歯に挟まる恐れもあります) 野菜ばかり食べると今度は栄養不足で体調不良を起こしてしまうので、 バランスが大切です。 6、規則正しい生活を送る バランスの取れた食事に加えて、 規則正しい生活や 十分な睡眠も口臭予防には重要です。 不摂生は ストレスや ホルモンバランスの乱れに繋がり、口臭の元となります。 特に女性はホルモンバランスの乱れにより口臭が強くなるケースも多いです。 「おばさんの口がクサイ」「更年期になると口が臭うようになる」のは、更年期になるとホルモンバランスの乱れが生じるためです。 口臭がひどい場合は病気を疑うこと 実は口臭がまったくない人はいません。 ただ、あまりにもニオイがひどい場合、病気を疑う必要があります。 肝臓疾患や 十二指腸炎、場合によっては 口腔がんや 肝がんなど大きな病にかかっている可能性があるので、病院で診察してもらいましょう。

次の

内臓からくる口臭

口臭 なくす

口臭をなくす方法を知らないために、困っていませんか? 口臭があると、接客など人と会う前には心配で、口に手を当てて口臭を確かめているのではないでしょうか? その気持ちは良く分かります。 でも、臭いは自分の鼻ではニオイをチェックしにくく、周囲の反応などを見て「 もしかしたら口臭がしているかも?」と判断しているのではないでしょうか。 そして、「 即刻口臭をなくしたい、、、」と口臭ケアをしているかもしれませんが、その時だけケアを行っても、根本的な解決にはなりません 気持ちの優しい人になると、差し歯や銀歯が臭くなっても、気が引けて歯科に行けないなんて人もいます。 そして、一人で悩んだ挙句、「 私の口臭は、内臓の病気から来ているかもしれない。 」とか、臭い玉が見えていないのに、「 臭い玉(膿栓)が口臭を発している。 」と思い込んでいる人までいます。 でも、口臭原因は、喉からの口臭は少なく、 口内のトラブル(虫歯、歯周病、舌苔)が9割以上を占めています。 だから、口臭対策するためには、臭いの原因である細菌を殺菌したり繁殖を抑えるなどして口内環境を改善する必要があります。 口臭は、まれに 全身疾患(糖尿病、腎臓病、肝臓病)が原因になることもあります。 また、 ストレスや食生活の悪習慣から腸内環境の不調をおこし口臭になることもあります。 その場合は生活の見直しが必要かもしれません。 内臓や耳鼻科の病気が口臭の原因になっている場合には、恥ずかしいことではないので「口臭をなくしたい」と、はっきりお医者さんにご相談されると良いと思います。 口臭原因について詳しくは、こちらをご参考にしてください。 > 体質的な口臭原因は、 唾液量の減少と唾液の粘つきです。 唾液が減ると嫌気性菌が増える。 これが問題なのですが、それだけではありません。 唾液の水分が少ないと口腔が乾燥し、口臭になる「揮発性硫黄化合物」がガス化するからです。 ですから、口臭を予防するためには、唾液腺のツボを押すとか、 舌を思い切り出すなどして唾液量を増やすことをおすすめします。 また、ストレスが多いと粘ついた唾液になるので、趣味や運動、そしてよく噛むようにして、サラサラ唾液が出るようにすることも口臭を改善するためには大事です。 唾液量が少ないドライマウスの場合には、口臭が出やすくなるので、こまめに水分摂取されることをおすすめします。 口臭対策にサプリを食べる人がいますが、間接的にしか働かず、即効性がないため、あまりおすすめではありません。 食べかすなどの口内の汚れは、プラーク(細菌のかたまり)となり、24時間程度で歯石化してしまいます。 歯石になると、歯ブラシで取り除くことは不可能です。 そのようなことにならないためには、正しい歯磨きを行うことが大切です。 歯の間の狭い箇所はフロスや歯間ブラシを使い、歯磨きが苦手な人は電動歯ブラシを使用した方がプラークをよく除去できます。 ここまでご紹介したのは、お口のケアの基本的なものです。 しかし、口臭がドブ臭であるなど 厄介な場合には、歯磨きだけでは口臭をなくすことはできないかもしれません。 そのような場合に、おすすめしたい方法があります。 簡単な方法は、 アルカリイオン水を使ったうがいと、舌ケアです。 舌が白く口臭がある場合の口臭対策は… 1、 アルカリイオン水でうがい 2、 アルカリイオン水で歯をブラッシング 3、 アルカリイオン水で舌苔の清掃 アルカリイオン水による舌苔ケアについては、こちらをご参考にしてください。 >> 喉からの口臭が気になる場合には、こちらをご参考にしてください。

次の