角膜 修復 目薬。 疲れ目・眼精疲労におすすめの目薬ランキング10選

眼球に傷が!治療で治る?目薬は市販で売ってる?

角膜 修復 目薬

商品企画部には、毎日、多くのユーザーから製品に対するさまざまな意見が寄せられる。 特に、ユーザーから返信されてくる製品添付のアンケートには、たいへん貴重な情報が込められている。 こうした意見は、製品の品質や機能を向上させていくための貴重なデータにまとめ上げられる。 商品企画部の山田は、ある商品のアンケート葉書の返信内容が気になっていた。 その商品とは、1997年の発売以来、長く市場の支持を得てきた「新・ロート養潤水」という目薬だった。 この目薬は「いくつになっても健康な瞳を保ちたい」という高齢者のニーズに応えるために開発され、そのブランド名はもちろんのこと、パッケージや容器に至るまで、高齢者層に受け入れられやすいような配慮がなされていた。 だが、意外にも、そのアンケート葉書が、OL層を中心とした若い女性ユーザーから返信されるケースが増えてきていた。 当時の「新・ロート養潤水」は、その名の示すとおり「目に栄養と潤いを与える」というコンセプトのもと開発された商品で、ビタミンやアミノ酸などの栄養成分が配合され、目のかすみや目の疲れなどに効果を発揮する点眼薬だった。 この製品特徴が、いつしか若い女性ユーザーの支持をも獲得していたことを、これらのアンケートは物語っていた。 1386名の女性ユーザーにアンケートを行った結果、89. 8%もの人が「日中に目に負担をかけている」と答え、コンタクトレンズ装着者の92. 9%が「コンタクトレンズ装着により目に負担をかけている」と感じていることが分かった。 ある程度高い数字を予想していたものの、結果は予想をはるかに超える内容だった。 そしてこのアンケート結果に込められたユーザーの声が、新しい「ロート養潤水」の開発プロジェクトを始動させた。 商品企画部でまとめられたアンケート結果を携え、山田は製品開発部のドアをたたいた。 「これだけ多くの人が、目にダメージを受けていると感じているのか。 」そのデータに目を通した開発担当の車田は、驚きを隠せなかった。 山田は「目に負担を感じている人たちのために、よりよい目薬を作りたい。 」という想いを車田に伝えた。 こうして、山田と車田を中心としたプロジェクトのメンバーは、より多くの人に愛される製品づくりのため、リニューアルの方向性の検討を始めた。 「新・ロート養潤水」のように長く市場で支持されてきた商品の改良はたやすいものではなかった。 このブランドに愛着を持つ既存ユーザーの満足度を下げることなく、新たにユーザーが求める機能を追加することが求められていたからである。 開発の方向性を探るため、従来品が持つ機能的特徴とユーザーから寄せられた意見について、さまざまな角度から検証が行われた。 その結果、特にユーザーからの支持が高かった「目のダメージの回復」というポイントに焦点を絞った開発が始まった。 従来品は、「寝る前にもさせる、おだやかな清涼感のある目薬」というニーズに応えるため、目に対する作用がやさしい成分で処方されていた。 その特徴は「おやすみ前にも一滴」というパッケージのコピーにも込められていた。 しかし、新しい「ロート養潤水」にはもう一歩踏み込んだ機能、すなわち「睡眠時に目のダメージを実際に修復する目薬」であることが必要だった。 そこで車田は、細胞レベルのダメージ修復を検証すべく新たにスタッフを招集した。 車田の指示のもと、研究開発チームでは、連日、昼と夜を想定した角膜上皮細胞の増殖に関する実験が繰り返された。 その結果、角膜上皮細胞に光を当てた場合と遮断した場合を比較すると、光を遮断した細胞の方が約1. 5倍も増殖率が高まることが実証された。 さらに睡眠時は、長時間目を閉じているため、外界からの刺激やストレスを受けることも少ない。 「日常生活において、光の刺激を受ける日中よりも、夜間の方が目のダメージの修復に適しているのではないか。 」プロジェクトのメンバーたちは確かな手応えを感じていた。 車田は、従来品の「睡眠前でも安心して使える成分処方」を守りつつ、新たに「睡眠時の角膜細胞修復に高い効果のある処方」を目標に掲げ、その処方設計に着手した。 パッケージの「おやすみ前にも一滴」というコピーを変更することなく、そこに新たな価値を付け加える。 それがプロジェクトの目標となった。 車田が新しい「ロート養潤水」に求めたものは、ダメージを受けた角膜細胞をやさしく『養』い、瞳に『潤』い感を持たせ、そして細胞レベルで『修復』するための機能である。 角膜細胞を『養』うためには、目の細胞呼吸を促進することが重要である。 さらに、角膜細胞に栄養を与えることで、血行を良くし、その新陳代謝を高める。 同時に、角膜表面を保護することも必要となる。 これらの機能が実現できる成分の組み合わせを求める一方で、従来品の特徴である「睡眠前でも安心して使える」という点にも配慮しなければならなかった。 そこで車田は、使用するすべての有効成分をもともと瞳にあるものにし、そのpH値も涙と同じ7. 4に合わせるなど、さまざまなこだわりを込めながら設計をすすめていった。 また、瞳に『潤』い感を持たせるため、粘稠剤として「ヒアルロン酸ナトリウム」の配合にも挑んだ。 ヒアルロン酸はしっとり感を与える成分で、最近では美容液などに配合されることも多くなってきた成分である。 こうした多くの成分がチカラを合わせ、角膜細胞の自己修復力をサポートし、寝ている間に角膜が『修復』されるベストの処方を探していくのだが、処方される成分が多くなると、製剤が不安定になってしまうこともある。 さまざまな試行錯誤を重ねながら、車田は製剤の安定化に成功。 ようやく試作品の段階へとたどりついた。 一方、山田は、「養潤水」の伝統を守りながらそのイメージを一新するための工夫を重ねていた。 ブランド名を変更せずに新しい特徴の追加を訴求し、より多くのユーザーの支持を獲得するためには、パッケージや容器にもこだわる必要があった。 新しい「ロート養潤水」に添加物としてヒアルロン酸ナトリウムを配合するという連絡が山田に届いたのは、新しい容器のデザインについて検討が重ねられている頃だった。 ヒアルロン酸は、保湿剤として化粧品に配合されることも多く、女性ユーザーの認知度も高い成分である。 この「ヒアルロン酸」というキーワードのもと、新デザインは「幅広い世代の女性に潤い感を与える美容液のような目薬」という方向で進められた。 このような過程を経て、新しい「ロート養潤水」はようやく試作品としてその姿を現した。 山田は社内の女性社員を対象に、新しい「ロート養潤水」のパッケージデザイン評価を行い、手応えを感じ始めていた。 しかし、一番重要なのは実際の使用感である。 目に対する刺激の受け止め方には個人差があるが、ごくまれに、眼球に非常に繊細な感覚を持つ人が存在する。 ロート製薬社内には、「ソムリエ」のごとく目薬のわずかな処方の違いを敏感に感じ取ることができる社員が数人いる。 この特殊な資質を持つ社員の協力を仰ぎ、そのさし心地についての感想をレポートしていった。 従来品の良さを保ちつつ新しい機能を追加し、幅広いユーザーに受け入れられる新処方。 この命題に対する答えとしての試作品に、車田は自信を持っていた。 目薬の違いに敏感な社員たちの評価も良好だった。 だが、あるひとりの女性社員の意見に、メモをとる車田の手は止まった。 「香りが少し違うかも…。 せっかく容器にもこだわっているんだから、香りにもこだわっては?」 確かに、目薬の機能を高めるというここまで開発過程において、香りについての検討はなされていなかった。 「女性は、目薬の香りにもこだわることがある。 」 この意見に衝撃を受けた車田は、ようやく完成を目前にした処方にさらに手を加えることを決意した。 点眼時に心地よさを感じる繊細な芳香にもこだわり、何人もの女性スタッフの意見を採り入れながら、細かな調整が繰り返された。 そしてついに、これまでの目薬にはなかった、「睡眠時の角膜細胞修復に着目した目薬」という新しいコンセプトの商品、解眼新書シリーズ「ロート養潤水」は完成した。 「養潤水は昔から使っていますが、パッケージが新しくなって、差し心地も良くなりましたね。 」 「寝る前にさすと、落ち着くっていうか、スーとする香りがして、瞳の疲れも癒されてぐっすり眠れます。 」 現在、新しく生まれ変わった「ロート養潤水」には、こうしたユーザーの意見が寄せられている。 「このロート養潤水が、今夜もおやすみ中のお客さまの瞳にエールを送っています。 今回の開発には多くのこだわりをもって挑みましたが、これも多くのお客さまのご意見があったから。 これからもいろんな声にどんどん応えていきたいですね。 」車田はプロジェクトをこう振り返る。 商品企画部には、今日も新たなユーザーの声が届けられる。 そして、その声は次の新たなプロジェクトを始動させていくことだろう。

次の

角膜炎は目の感染症|原因・症状・予防方法まで解説

角膜 修復 目薬

眼球に傷が! 眼球が傷ついた、という場合には幾つか要因が考えられると思いますので、まずはその要因について整理します。 機械的受傷(直接) このタイプに当てはまるのが、 何かが爆発して、その破片が眼に入った(刺さった)場合などです。 鈍的受傷 ボールが飛んできて、 咄嗟に眼を瞑ることができたので、直接眼球がきずついたわけではないが、 ボールがぶつかった衝撃によって、眼球内部に損傷が出た場合などがこれに当てはまります。 化学的受傷 洗剤などの化学物質が眼に入った場合がこれに当たります。 物理的受傷(非機械的) レーザーや放射線などによる傷害がこれにあたる。 眼の構造 眼の外傷について後述しますが、その中で眼の各器官の名称が出てきますので、簡単に目の構造についても触れておきます。 たくさん書いてあるので、 面倒くさい方は、この部分は読み飛ばして、後述の色んな眼の外傷についての文章を読む中で、知らない単語が出てきたときに、確認しに戻ってきて頂ければ幸いです。 下記動画もご参照下さい。 youtube. 「結膜」:白眼の部分の表面の膜。 「角膜」:黒目の部分の表面の膜。 「瞳孔」:黒目の中心部にある小さな黒い丸。 瞳孔という器官はなく、虹彩の無い部分を瞳孔と呼んでいる。 「虹彩(こうさい)」:黒目内、瞳孔の周りにある茶色い部分。 外国人の場合、青色だったり鳶色だったり、色んな色の人間がいる。 カメラで言う「しぼり」を担当する。 暗い場所で瞳孔が大きくなるのは、虹彩が縮むためである。 「水晶体」:虹彩の後ろにある、「レンズ」に当たる部位。 白内障で白く濁るのはこの水晶体で、白内障が進んだ場合この水晶体を取り除き、人造の水晶体を入れる。 「前房」:角膜と虹彩の間にある空間。 「房水」という液体が詰まっている。 房水は、角膜や虹彩などを構成する細胞に栄養分などを補給している (眼球には血管が通っていない器官も多く、涙や房水などを使ってそれらの器官に栄養分を補給している)• 「硝子体(しょうしたい)」:眼球の中に詰まっているゼリー状の物質。 眼球の形を形成している。 「網膜」:眼球内部の後ろにある、瞳孔から入ってきた光を感知する膜。 「脈絡膜」:毛細血管だらけの膜で、網膜などに栄養分を補給している。 「強膜」:眼球表面の膜のうち、角膜と結膜を除いた部分。 つまり外からは見えない部分の表面膜。 様々な眼の外傷 では、個別具体的に見てきましょう。 眼の表面の傷 結膜・角膜共に、軽度の細かい傷であれば修復される可能性は充分あります。 但し、 刺し傷など、「穿孔性外傷」と呼ばれるタイプの場合は、表面の膜だけでなく、内部の器官まで損傷しているため、即手術が必要ですので、救急車で病院へ行って下さい。 また、化学的外傷の場合には、放っておくと化学物質が周囲の組織を侵しながら内部へと浸潤していってしまう可能性がありますので、一刻も早く洗浄する必要があります。 洗浄は、理想的には「生理的食塩水」と呼ばれるものですが、緊急の場合には普通ありませんので、水道水でかまいません。 とりあえず流水で流してから病院を受診しましょう。 なお、 角膜が傷ついてしまった場合、内部に溜まっている房水が流れ出てしまうことがあります。 この場合、眼圧が低下し、眼球がゆがんでしまい、焦点距離が変わり視力が低下してしまう可能性もあります。 レンズ部位周辺の傷 直接の外傷だけでなく、鈍的外傷による傷害も出やすい部位です。 例としては、 外傷性白内障(水晶体がずれたり歪んだり濁ったりする)、前房出血(虹彩周辺の組織から出血した場合、房水が溜まっている前房に血が混じる)などがあります。 この場合、 手術が必要になることが多いです。 また、「結膜下出血」の場合、見た目は白眼が真っ赤になり、非常に痛々しいですが、1週間ほどで黄色くなってきて、徐々に白眼に戻っていきます。 眼球の奥の傷 鈍的外傷が多い部位といえるでしょう。 ボクシングで有名な 「網膜剥離」などがあります。 網膜を損傷した場合、視野が欠けるなど、後遺症が残りやすいため、要注意です。 また、「硝子体出血(眼球内部の出血により、硝子体に血が混じる)」の場合、軽度であれば経過観察により自然治癒することもあります。 重度の場合は当然手術となります。 強膜や脈絡膜は一番奥にあるため、ここが損傷した場合には通常、他の組織も損傷しています。 受診について 何かが刺さるなどして、眼球内部まで傷ついた場合には、どこが損傷したとか考える前に救急車を呼ぶと思います。 治療法も手術になるのはすぐ分かると思います。 問題は、ボールが当たるなどの鈍的外傷の場合です。 この場合、自分では受診すべきかどうか分からないときもあります(だんだん出血していって症状が出るのは数時間後、ということもある)。 迷ったら念のため、眼科を受診して下さい。 また、 回復するのかどうかについては、損傷部位によります。 「血管の通っていない組織もある」と先述しましたが、 そういった組織はほぼ再生しません。 その例が角膜で、故に角膜損傷がひどい場合は移植を施すことになります。 市販の目薬 埃が入って、眼をこすってしまって、少し痛い。 どうやら結膜に小さい傷がいったようだ・・・。 そんな場合に、市販の目薬を使いたくなるかもしれません。 しかし、 目薬を打つと、当然、傷の部分にも薬品が染みるわけです。 むしろ健康な結膜部分より、傷の部分の方が薬の影響を受けやすいと言えます。 ところが、市販薬には、様々な成分が入っています。 よく言われるのが防腐剤ですが、それ以外にも多くの効果を得るために色んな薬品が混ざっています。 中には傷修復に関係のない成分もある可能性があります。 やはりここは面倒くさくても、眼科を受診し、専用の薬を出していただくことをオススメいたします。

次の

コンタクト用目薬として日本で初めてビタミンAを配合した目薬 『スマイルコンタクトEX ひとみリペア』新発売|ニュースリリース|企業情報

角膜 修復 目薬

現代人は目の酷使やそう痒(かゆくてかくこと)、コンタクトレンズの装用、紫外線などにより、角膜(目の表面)に日々ダメージを受けています。 このような角膜ダメージは、放置すると目の炎症を悪化させたり、眼病を引き起こす原因にもなります。 サンテメディカルガードEXは、角膜の組織代謝を促進し修復を促すフラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム(活性型ビタミンB2)や、角膜にうるおいを与えて保護するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムをはじめとする6つの成分を最大濃度配合するなど、考え抜かれた10種の有効成分をバランス良く配合。 角膜のダメージを修復・保護して、目の炎症や眼病予防に効果を発揮する目薬です。 デリケートなあなたの目をいたわり、「ひとみ・すこやか」な生活をサポートします。 成分 分量 はたらき フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム(活性化ビタミンB2) 0. コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 0. タウリン 0. ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩) 0. Lーアスパラギン酸カリウム 0. ネオスチグミンメチル硫酸塩 0. クロルフェニラミンマレイン酸塩 0. イプシロン-アミノカプロン酸 1. グリチルリチン酸ニカリウム 0. 塩酸テトラヒドロゾリン 0.

次の