マルチーズ 性格。 マルチーズの飼い方まとめ!性格や寿命、子犬価格、散歩、ブリーダーは?

ミックス犬「チワマル」とは?性格、大きさや寿命の特徴、値段や販売場所まとめ

マルチーズ 性格

マルタ共和国で誕生し、ヨーロッパの貴婦人の間で愛された犬種 マルチーズの原産国は、イタリア南部の地中海中央に位置するマルタ共和国です。 長い歴史を持っている犬種で、紀元前1500年頃に海上交易に従事していたフェキニア人と呼ばれる民族が、貿易の中継地点であったマルタ島に持ち込んだ犬が、マルチーズだと考えられています。 そして次第にヨーロッパ各国でマルチーズが紹介されるようになり、15世紀頃にはフランスの貴婦人の愛玩犬として可愛がられ、19世紀頃にはイギリスの王室をはじめ、上流階級の間で大流行し愛されるようになりました。 ジャパンケネルクラブ(純血犬種の犬籍登録事業などを行っている国際的愛犬団体)の犬種別犬籍登録頭数データによると、2018年におけるマルチーズの登録頭数は、第10位と上位にランクインしており、現在も人気の高い犬種であることがうかがえます。 マルチーズの平均寿命は、14歳前後と言われています。 しかし、寿命は体質の差や環境的要因による影響も大きいため、あくまでも目安程度に覚えておくとよいでしょう。 マルチーズがかかりやすい病気は、流涙症や外耳炎などが挙げられます。 流涙症は、いわゆる涙焼けのことで、目からあふれ出た涙により目の周りの毛が濡れ、その部分が赤褐色に変色する症状のことです。 流涙症の原因は、眼や鼻の疾患による場合や、まつ毛の生え方の異常により目に強い刺激が加わったときなど、さまざまなケースがあります。 涙が出ていたら、水で濡らしたガーゼやティッシュなどで拭き取ってあげましょう。 また、垂れ耳であるマルチーズは、耳の中の通気性が悪いので外耳炎になることがあります。 頻繁に耳や首のあたりを掻いていたり、頭をブンブンと振っていたりする様子が見られたら、獣医師に診てもらったほうがよいです。 外耳炎は定期的に耳掃除をして、清潔に保つことで予防できます。 環境 マルチーズをはじめとした小型犬は、足に大きな力が加わると膝のお皿の骨が正常な位置からずれてしまう、膝蓋骨脱臼と呼ばれる病気になりやすい傾向にあります。 膝蓋骨脱臼は、高い場所から飛び降りた際の衝撃や、打撲による影響などが原因となり発症します。 そのため、床がフローリングの場合はじゅうたんやマットを敷き、足になるべく負担がかからないようにしたほうがよいでしょう。 さらに、大きな段差がある場所を極力減らすなどの配慮も大切です。 また、子犬のうちは長時間、留守番をさせる環境は避けるようにしましょう。 マルチーズの子犬は特に、空腹の状態が長く続くと低血糖症になりやすいからです。 低血糖症は血糖値が低下し、それに伴い体がぐったりして発作などを起こす病気です。 子犬はまだ体ができあがっていないため、肝臓に糖を蓄える力が十分に備わっていません。 そのため、6時間以上食事の間隔が空いただけでも、低血糖症になることも珍しくありません。 家にいる時間をある程度確保できるか、しっかりと考えてから飼う必要があります。

次の

マルチーズの意外な性格とは?

マルチーズ 性格

筆者のお友達が飼っているマルチーズ 筆者のお友達の家の子は短くカットしています。 マルチーズとしての特徴は減ってしまいますが、これもまた愛らしい。 マルチーズってこんな犬3:性格 おぼっちゃまやお嬢様のように可愛らしく、気品ある容姿のマルチーズは 昔から愛玩犬として可愛がられてきましたが、一方で野性的な面も持ち合わせています。 活発に走り回ったり、自分より大きな犬にも立ち向かっていくこともあるのです! しかし、見知らぬ人にはあまり懐かず、中には吠え癖を持った犬もいます。 筆者の友達が飼っているマルチーズもなかなか素敵な吠え癖を披露してくれます…。 マルチーズってこんな犬4:毛のお手入れ 純白な被毛を保つためにどういったお手入れをすれば良いのでしょうか? 少し大変ではありますが、我が子同然ですからキレイで可愛く、そして気持ち良いままで過ごしてほしいですよね。 お手入れ1:拭き取り お散歩から帰ってきたあとの肉球は特に汚れています! キレイに拭き取ってあげましょう。 また、目の周りは目ヤニがつきやすいので、こまめにコットンなどで拭き取ってあげてください! お手入れ2:肛門腺と爪 肛門腺は小型犬であればほとんどの犬種に必要なケアです! 肛門に臭い成分が溜まるので、絞り出してあげなければなりません。 爪切りは、爪に血管が通っているので、切るときはコツがいります。 素人がやると出血する恐れもあるので、必ず止血剤を用意してください。 お手入れ3:シャンプー シャンプーはとても大事です! 毛で覆われている犬種は毛が不潔になると、病気になる可能性も増します。 家でこまめにできることが一番ですが、時間がなかったり、自分では上手くできなかったりする方もいらっしゃると思います。 やはりこまめにトリマーさんに預けるのが良いかと思われます。 マルチーズってこんな犬5:かかりやすい病気 可憐で儚げに見えて活発に動き回るマルチーズですが、注意しておきたい病気はあります! 筆者のお友達が飼っているマルチーズ かかりやすい病気1:皮膚疾患 いろいろな刺激から皮膚を守る機能が低下することで、細菌やウイルスなどが体内に入り込み、かゆみなどの症状が出てきます。 犬の場合は痒い部分を噛んだりしてしまうので、炎症を悪化させてしまうケースが多いようです。 皮膚炎の主な原因は食物からくると言われており、その場合は食事内容を見直すことによって、症状も緩和されたという事例もあるそうです。 もちろん皮膚の炎症なので体を清潔に保つことも大事ですが、過度なシャンプーは逆に皮膚に刺激を与えてしまうことになります。 頻繁にすることはやめましょう。 かかりやすい病気2:膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 膝蓋骨脱臼になる原因として、先天性のものと後天性のものがあります。 先天性のものは小型犬に多く、生まれつき膝関節のまわりの筋肉や骨に異常があることが原因だと言われています。 後天性のものは、打撲や高いところからの落下による外傷が原因だと言われています。 膝に負担をかけないことが大事なので、床にじゅうたんやマットなどを敷きましょう。 また、治療としては外科手術をなるべく早くに行うことが重要です。 マルチーズってこんな犬6:もしもマルチーズを飼うのなら 筆者のお友達が飼っているマルチーズ マルチーズを飼いたい1:まずは相場を知ろう! マルチーズは大体10~25万円だと言われています。 他の犬種と同じように、血統だったり、容姿だったり、また性別だったりとさまざまなことから、値段に差がついているようです。 マルチーズを飼いたい2:しつけ マルチーズは愛玩犬として育てられてきたので、とても甘えん坊です。 だからこそ、甘やかしすぎると、とてもわがままになってしまいます。 時に、厳しく接するのも必要です! とは言っても、こんな瞳で見つめられたら何も言えないですよね…。 マルチーズを飼いたい3:注意点 活発で、動き回るのが好きな犬種ですが、運動量はそんなに多くなくても大丈夫です。 ただ、ストレス解消にもなるので外に連れ出してあげることも大切です。 また、食事には気を使い、新鮮な水を常に用意してあげてください。 マルチーズの基本データ 英表記:Maltese 原産国:イタリア 起源:紀元前1500年頃、マルタ島にフェニキアの水夫たちが持ち込んだ犬が元だと言われています。 公認団体:JKC ジャパンケネルクラブ 体重・体高:体重2-3kg、体高23-25cm 体型:華奢・小さい 毛色:純白 入手しやすさ:容易 値段・価格:10~25万円 寿命:12〜14歳程度 特徴:純白の被毛 性格:甘えん坊で活発 かかりやすい病気:皮膚疾患・膝蓋骨脱臼など マルチーズご紹介してきましたが、 とりあえず可愛い!ということだけでも伝わっていれば嬉しいです。 この可愛さに負けず、どこまで強気でいられるかが一番の注意点かもしれません。

次の

マルチーズってどんな犬?性格としつけ方|アクサダイレクトのペット保険

マルチーズ 性格

もくじ• 1.オスの特徴 (1)性格・特徴 ・活発 ・甘えん坊 ・大人になっても遊び好き ・愛嬌がある ・毛艶がいい ・平均的な大きさは体高さ21~25cmと、メスよりわずかに大きい オスの方がいくつになっても人に関心があり、子犬の様に遊んだり、敏感に人の要求に応じてくれる傾向にあります。 お子さんがいる家庭では良い遊び相手となるでしょう。 そしてどの動物にも言えることですが、メスに比べてオスの方が異性にアピールするために華やかな見た目をしています。 マルチーズの場合毛艶はオスの方がよく、わずかにメスに比べて大きいという特徴があります。 いわゆるカケションです。 この時期にしつけを間違うと、室内でもマーキングをしてしまうようになります。 マーキングのおしっこは普通のおしっこよりもにおいが強いので、癖づいてしまうと飼い主さんは苦労することになります。 しかし、このマーキングは、散歩ではしても、室内では全然しない男の子もたくさんいます。 しつけの仕方しだいでは、気にならないようになります。 男の子のトイレのしつけに煩わしさをお考えの場合は、早めに去勢手術をすると、マーキングをしません。 去勢の時期が早ければ足を上げずに座るようにオシッコをするようにもなります。 マウンティングも同様に、去勢をすると落ち着くすることがほとんどです。 2.メスの特徴 (1)性格・特徴 ・子犬のころはオス同様、ワンパクで活発 ・年を重ねるにつれ落ち着いていく ・散歩の距離はオスに比べて少ない ・マイペース ・平均的な大きさは体高さ20~23cmと、オスよりわずかに小さい メスも子犬時はオスのようにパワフルによく遊びますが、年齢を重ねると精神的に落ち着くことが多いので、たくさん遊びたい飼い主さんにはもの足りないかもしれません。 しかしメスには情緒の豊かさや賢さという魅力があります。 よく遊ぶ弟の様な存在よりも、 落ち着いた人生のパートナーを求めている方には、メスの方がおすすめかもしれません。 生理期間中は出血がある他、性格も情緒不安定になります。 また、生理期間中はオスが興奮してしまうのでドッグランやドッグカフェなどの不特定多数の犬が集まる場所へ行くこともマナー違反となります。 しかしこちらの問題も、避妊手術をすることで解決できます。 3.一般的にはメスの方が飼いやすいと言われている 一般的に以下のような理由からメスの方が飼いやすく、人気があると言われています ・メスの方が落ち着いている ・しつけが楽 ・マーキングしない ・他の犬とケンカすることがあまり無い メスは人気なうえ、ブリーダーが繁殖要因で手元に残すことが多く市場に出回る数が少ないと言われています。 したがって販売価格が、同じ条件のオスよりも3~5万円ほど高くついていることが多いです。 4.大切なのは条件より『相性』 マルチーズのオスとメスとどちらが飼いやすいか?というテーマに関しては、正解はありません。 上で書いている、オスメスの特長はあくまで一般的に言われている傾向であって、生まれ持った性格がそれぞれあります。 オスでもおとなしい子、メスでもやんちゃな子など、個性があります。 デメリットと言われている点も、しつけや手術で改善することができます。 最も大事なのは実際に会ってみて「家族と迎えたときに、明るい未来が想像できるか」という点ではないでしょうか。 まとめ いかがでしたか。 オスメスそれぞれにいいところがありあすね。 どちらが飼いやすいか?というよりは、どちらの特質のほうがご自身がワンちゃんを飼われた時に、求める性質と合いそうか?ということを考えるとよいかと思います。 マルチーズを飼うことを検討されている方にはこちらの記事もオススメです.

次の