おじいちゃん に なる カメラ。 現場レポート|TBSテレビ:おじいちゃんは25歳

「おじいちゃんのノート」注文殺到 孫のツイッター、奇跡生んだ偶然

おじいちゃん に なる カメラ

「おじいちゃんのおしかった旅立ち」 出典: 今月18日、「思い出鶏『おじいちゃんのおしかった旅立ち』」という文言とともにツイッター投稿された画像。 そこには、大好きだった祖父と死別するまでの様子が、擬人化したニワトリを登場人物にして描かれています。 カメラや野球が好きで、おばあちゃんの作るナスの油炒めが好物。 100歳のお祝い会を自分で企画していたこと、会場や料理を手配して記念グッズまで作っていたこと、それなのに100歳の誕生日の1週間前に亡くなってしまったこと、などが描かれています。 お祝い会が出来なかったことを、親族そろって「じいちゃん、おっしい~!」と笑って送り出した数日後、おじいちゃんが自ら準備していた記念グッズの湯飲みが届き、笑いと切なさがこみ上げてきた様子も描かれています。 この投稿に対して、「感動しました」「少し前に私の祖父母が旅立ちましたので感情移入してしまいました」といったコメントが寄せられています。 そして、「私の祖父は酒飲みで……」「義理の祖母は93歳の誕生日1週間前に……」といった自分の祖父母の思い出話を吐露するコメントも相次ぎ、リツイートは1万4千、いいねは3万を超えています。 作者はこんな人 漫画を投稿した1日1鶏さんは、保育園で保育補助をしながら漫画家としても活動。 ハッシュタグ「 1日1鶏」をつけて、ニワトリ漫画をツイッター投稿しています。 実は今回のおじいさんの漫画は、同じ日に投稿された漫画「おばあちゃんの最高の旅立ち」と対になっています。 「おばあちゃんの最高の旅立ち」 出典: 描いたきっかけは この2つの漫画にはどんな思いが込められているのか? 作者の1日1鶏さんに話を聞きました。 それが今でも染みついています。 今回のマンガでは、おじいちゃんたちを思い出しながら、逢いたい気持ちを込めて描きました。 でも、たくさんの方におじいちゃん・おばあちゃんのお話を見ていただけて嬉しいです。

次の

99.9歳で逝ったおじいちゃんへ 笑顔で送り出した孫の漫画に涙する

おじいちゃん に なる カメラ

方眼ノートを作っている中村印刷所 作っているのは小さな印刷所 方眼ノートを作成しているのは、家族4人で営んでいる「中村印刷所」。 事務所には活版時代の活字や、長年使い続けて年季の入った印刷機などが並んでいます。 印刷業に関しては新規開拓はせずに、これまでの取引先との受注生産がメイン。 そんな中、新しい分野として3年ほど前から打ち出しているのがノート制作でした。 きっかけは、近くで製本業を営んでいた男性(79)が店をたたんだこと。 「印刷と製本は関係が深い。 うちを手伝ってくれないか」と社長の中村輝雄さん(72)が声をかけ、アルバイトとして働くことになりました。 今回話題になっているつぶやきの主は、この男性の孫娘です。 社内には大量の在庫が 特許は取ったけど売り上げは… 2年間かけて2人で試行錯誤の末に完成させた方眼ノート。 普通のノートは、見開いたときに真ん中がふくらんで、手で押さえていないと閉じてしまうことがありますが、この製品は水平に開きます。 コピーやスキャンした時に真ん中に黒塗り部分が入らず、見開きのギリギリまで書き込むことができます。 この製造方法に関して中村印刷所として特許をとりました。 発売したのは2014年10月。 東京都の機関が試験的に購入・評価して普及を応援する「トライアル発注認定制度」にも選ばれるなど、性能は評価されてきましたが、なかなか売れません。 大量発注の話があって作ったものの、実際の注文には結びつかず、数千冊の在庫を抱えていました。 「使ってもらえば、良さがわかってもらえるのに」。 自分が作った在庫を見て罪悪感を感じていた男性は、孫娘にノートをまとめて渡しました。 「これ、学校の友達にあげてくれ」 社長の中村輝雄さん 続々と注文が 大手の通販サイトなどで品薄となり、中村印刷所には続々と追加注文が入っています。 手作業のため1日300冊ほどしか作れませんが、幸いなことに大量の在庫があります。 自社のホームページにも通常の200倍以上のアクセスがあるそうです。 社長も男性も孫娘も、こう口をそろえます。 「まさか、こんなことになるなんて」。 突然の発注を喜びつつも、社長の中村さんは先を見据えています。 「私たち2人の目が黒いうちは作り続けます、でも限界があります。 方眼ノートはサイズやマスの大きさが異なる全5種類があり、特にB5サイズは在庫が豊富だそうです。 問い合わせはメールでお願いします。 【追記】 注文が殺到したため、中村印刷所での販売は休止中です。 大手通販サイトでも品切れのようです。

次の

防犯カメラについて質問です。

おじいちゃん に なる カメラ

俳優のが21日に自身のアメブロを更新。 写真加工アプリ『FaceApp』で加工した奇跡の一枚を公開した。 この日、河相は「最近アプリで見た目をかえるの流行ってますね。 これが意外と楽しくて」と述べ、「とりあえず若返りをして性別を変えてみました」「色々試して出来た奇跡の一枚です」と女性化した自撮りショットを公開。 続けて、「いそうですね。 うん、なんかいそう。 べらぼうにお金かかりそうで付き合いたくないけど嫌いではない」と感想をつづり、「オッサンになると女の子になりたい願望が増すんですかね、しばらく自分の顔の写真をとって「あーでもないこーでもない」と言いながら可愛い女の子にならないか頑張ってしまいました」「多分ずっとニヤニヤしていたと思います。 歳を取るという事はこういう事なんですね」と写真加工にハマったことを明かした。 また、「年寄りになる加工」も試してみたといい、髭を生やした老人風に加工された自撮りショットも公開。 「カッコいいおじいちゃんになる加工みたいです」「なんとなく父親ににております」とコメントした。 最後に、ライブをすることを報告し「無観客ライブなんですけどね」と述べ、「今更ながら「なんでギター弾けないのにやるって言ってしまったんだ」と、後悔してます」とコメント。 「これでライブできるんだろうか。 痛すぎてピアノも弾けない。 」と痛々しい指先の写真を公開し、「ピアノだけにしてもらうか、、いやそれはあかん。 」と述べ、ブログを締めくくった。 この投稿に読者からは「めっちゃ美形」「すごい美女」「ラテン系美人」などのコメントが寄せられている。 あわせて読みたい•

次の