ガビ 進撃。 進撃の巨人109話感想 ガビちゃん崩壊寸前

進撃の巨人ネタバレ最新130話確定【ファルコの能力が判明?】

ガビ 進撃

187. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年11月14日 09:27 100 >この人、カッコいい事言ってるつもりなんだろうな… 恥ずかし 103 >「誰でもその可能性がある」とか言って、 自分ではフラットに物事を見ているつもりなんだろうけれど、話が的外れだよ。 「無意識に自分の主観が正しいと思いがち」なのは、あなたによく当てはまる。 もっと読解力を深めて。 210. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年11月14日 18:28 206 ポルコがマルセル兄貴の事でライナーを詰ってたみたいな事が コルトとファルコとガビで起こりそうな気がするんだよな コルトがガビに「そもそもお前が飛行船を深追いしなければファルコもこんな事にならなかった」とかニコロ以上に辛辣に糾弾する展開が来てもおかしくない そもそもコルトがガビを襲撃から守ってたのだって 言って見ればガビが倒れでもしたらファルコに鎧のお鉢が回って来る可能性があるし それでは困るって事が大きかったと思うし ジークがコルトに「それが兄貴ってもんだろ?」ってフォローする台詞があったけど ポルコ(弟)がそれに何か感じるものがありそうだったのも伏線になって来るかと• 218. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年11月14日 23:14 ガビはミカサやアルミンらと別室にいるんだよね?ってことはアルミンとかに「話し合おう?」みたいなこと言われるよね、たぶん。 何を話し合うのかは諫山先生次第だと思うけど、ガビはちゃんと会話をすることができるかな。 自分の信じていたものと現実は違うって薄々気づいてる感じがする。 でもアルミンやジャンとかに何を言われても「嘘だ!信じない!この悪魔が!」とか言って苦しみそう。 パラディ島の悪魔ではないミカサとならまだ…。 「こんな悪魔の島にいたの?!辛かったでしょ?」 「ここはあなたの思うような所じゃない」 こんな感じの妄想しちゃった。 長文すまん。

次の

【進撃の巨人】ガビが一部の読者から強烈に嫌われている件について、何故ここまでウザいと想う人が多いのか? : 進撃の巨人ちゃんねる

ガビ 進撃

スポンサーリンク 【進撃の巨人】サシャを殺した犯人を知ったニコロの反応は? ニコロはエルディア人の捕虜になったことで、パラディ島で料理人として働いていました。 マーレ国の出身でマーレの兵士だったので、エルディア人の捕虜になっていることは屈辱的で自分の人生に絶望していました。 しかし ニコロが出した料理をサシャが美味しく食べてくれて、満面の笑みをしてくれたことにより、ニコロは生きがいを見いだしました。 そんなニコロにとって サシャ・ブラウスは生きがいをくれた人物ですが、ガビ・ブラウンによってサシャ・ブラウスが殺されたことを知ってしまいました。 そのときニコロは、激昂して中身の入ったワインボトルでガビを殴ろうとしました。 ガビ・ブラウンをファルコが庇うことにより代わりにファルコがワインボトルで殴られました。 ニコロはワインボトルでファルコをぶん殴ったあと、ガビ・ブラウンの顔面を思いっきり殴り、ガビ・ブラウンの鼻からは鼻血がでていました。 そのあと 店に来たブラウス家の人たちにガビ・ブラウンがサシャ・ブラウスを殺したことを伝えました。 スポンサーリンク 【進撃の巨人】ブラウス父の反応に動揺するニコロ ブラウス父はガビ・ブラウンがサシャ・ブラウスを殺したという事実を知っても、感情的になることはありませんでした。 ブラウス父は冷静なまま、ニコロに包丁を渡すように言いました。 そのあとブラウス父は、サシャ・ブラウスのことについて語り始めました。 「 他所ん土地に攻め入り 人を撃ち 人に撃たれた」「 結局森を出たつもりが世界は命ん奪い合いを続ける巨大な森ん中やったんや…」「 サシャが殺されたんは… 森を彷徨ったからやと思っとる」「 せめて子供達はこの森から出してやらんといかん」「 そうやないとまた同じところをぐるぐる回るだけやろう」「 だから過去の罪や憎しみを背負うのは 我々大人の責任や」とブラウス父は語りました。 ブラウス父は、サシャ・ブラウスが殺されている事実を聞いてもなお、冷静にニコロに語り掛けました。 それを聞いたニコロは 激昂していたところから、少しずつ冷静になりました。 ニコロはファルコを殺しそうな勢いでしたが、結局殺さずに済みました。

次の

【進撃111話】さすがにガビが可哀想な展開になってきたな : 進撃の巨人ちゃんねる

ガビ 進撃

「こいつ嫌い!」 「なんかムカつく!」 「そんな悪いことしたっけ?」 ちなみに、 筆者の私も、 あまり好きではないというのが 正直なところです笑 マーレ側の主人公と言っても 過言ではないガビとファルコですが ファルコは比較的常識を持ち、 バランス感覚が良い一方で ガビはマーレの思想に染まった 描写が強く出ています。 しかし、 それにしても 想いとしてはエレンと同様。 「この世から敵を駆逐してやる!」 しかし、 結果としてはエレン以上に 嫌われてしまっているように思えます。 エレンとガビの共通点 エレンとガビの共通点は 「祖国を愛し、敵を憎む事」 につきます。 エレンは、数年前に シガンシナ区を襲撃され 全てを巨人に奪われた事で 「全ての巨人を駆逐してやる」 という強い意志を持ちました。 もちろん、 この段階では、 威勢のよい子供でしたが、 実際、 必要以上に巨人を憎み その本能的な行動から 嫌われるようなことも 少なくありませんでした。 ガビもまた、 エレンとは真逆の立場ですが 「敵を残らず駆逐する。 」 という思いと、祖国への 忠誠心が強く見えます。 この二人は非常に 似ている二人であり、 実際国は違えど 奪われた気持ちを持つ 人間というのは 同じです。 それにしても ガビの不人気は強く思えます。 何がそんなに違うのでしょうか? まず目につくのは、 周りのメンバーの違いです。 エレンも確かに 猪突猛進であり、 視野の狭いキャラに見えましたが その視野の狭さを、 ミカサやアルミン等が フォローしてくれていた印象です。 その他にも コニーやサシャ、ジャンといった メンバーと共に 成長を重ねてきました。 一方で、 ガビの周りのメンバーは ファルコ一人。 ウドやゾフィアは 多少の常識を持ち合わせていたように 思えますが、 収容区の襲撃で あっけなく亡くなってしまいました。 そのため、 ガビの猪突猛進な姿勢を 支えるのはファルコ一人。 ファルコもやはり 少し優柔不断なところがあり、 ガビに意見が かき消されてしまう。 その結果、 ガビというキャラクターが より暴走して見えるのかもしれません。 そして、 極めつけは、やはり思想です。 エレンは、 やや過激とも言える発言があり、 また 一人で突っ走る姿勢から 嫌われる要素もある一方で、 あくまで彼なりの正義があります。 そして、 その正義には少なからず 共感の出来る気もします。 対して、 ガビはマーレの洗脳教育で 作り出された結晶であり、 その行動の描写全てには 憎きマーレの思想がにじみ出ています。 そうした違いから エレンもうざいけど ガビはもっとうざい。 そんな方程式が 出来上がっているようにも思えます。 進撃の巨人は、 ファンタジーコミックであると同時に エレン達の成長を描いた物語でもあります。 つまり、 今後ガビも成長していく可能性は 十分に考えられます。 実際、 パラディ島のエルディア人を 全て駆逐しているという 思想を持っていたガビですが、 109話「導くもの」において 少しずつ心の変化を 感じ取ることが出来ます。 ブラウス厩舎で過ごすこととなり、 憎きエルディア人が、 南方マーレの訛り言葉を 喋っていることがわかり、 自分たちが偽名を使い マーレから来たという事を 知りつつも、 その真実を知った上で、 通告をしないと決断したカヤの存在 パラディ島のエルディア人は 悪魔と教育されてきたガビが 初めて、実際の相手の 優しさに触れました。 しかし、 まだ決め手の一歩に欠けます。 ガビが今後、 魅力的になれるかどうか、 重要なキャラはやはり ファルコです。 ファルコは、 あまり優秀ではないけれど、 相手の立場にたって 物事を考えることが出来る 人間のようにも見えます。 ただし、おしの強さで ガビに圧倒されていることが 多いです。 ファルコがガビにしっかりと 想いを伝えられるように 成長できるかが、 今後のガビの変化にも 繋がっていくと思います。 現時点では、 まだガビの評価は変わりませんが、 今後、エレンたちのように ファルコとガビも 成長していくかもしれません。 ある意味で、 洗脳教育を受けた結果、 可哀想なキャラになってしまった ガビ。 どんどん魅力的なキャラに なっていってもらえたらなぁと 思っています。

次の