ホットケーキミックスで作るお菓子。 ホットケーキミックスで作れるお菓子とメリット・デメリット

炊飯器ケーキのレシピ8選!ホットケーキミックスで作る簡単スイーツは?

ホットケーキミックスで作るお菓子

タグ 1ヶ月 3万円 NG アイス アイスクリーム アイデア アイテム アク抜き アレンジ いつ うどん エビピラフ おいしい おかず おかゆ おじや おしゃれ おすすめ おつまみ おにぎり おひたし おもてなし おもてなし料理 おやつ お好み焼き お弁当 お菓子 かき揚げ カサ増し かたまり肉 カット カビ かぼちゃ カルキ カレー カレーパン カレー鍋 キャベツ きゅうり クエン酸 クッキー グラタン グリル ケーキ コース コツ こねないパン ご飯 ご飯だけ さっぱり さっぱり煮 サラダ さんま しっとり じゃがいも ジュース シュウマイ シリコン スープ スイーツ スコーン ズッキーニ ステーキ ストック セロリ ソース ソテー そば そぼろ ダイエット タイミング たこ焼き だし ダッチオーブン タッパー タピオカ粉 たまご たれ ダンボール チーズ チーズケーキ チーズ焼き チャーシュー チャーハン チョコ チョコケーキ チョコムース つくね ツナ つまみ ドーナツ とうもろこし どのくらい トマト トマト缶 ドライカレー ドライトマト とろみ どんぶり ナス ナムル ニオイ対策 ネット ノート バイト パウンドケーキ はさみ焼き パスタ ハツ バナナ パプリカ パラパラ パリパリ パン パンケーキ ハンバーグ パン作り パン粉 ピーマン ひき肉 ピザ ピザ生地 ひと月 フライドポテト フライパン フライ返し プリン フルーツ ブレンダー フレンチ ブロック ブロッコリー ふわふわ ベーキングパウダー ヘルシー ポイント ほうれん草 ホットケーキミックス ホットプレート ポテトフライ まとめ方 マナー ママ マリネ マンゴー ミキサー ムニエル メイン メニュー メリット メレンゲ もも肉 もやし やかん やり方 ヨーグルト ラー油 ランキング リカバリー リゾット リメイク レシピ レンジ レンジなし ワーママ わらび餅 一週間 下ごしらえ 下処理 下味 中学生 丼 乾燥 人気 人気おかず 人気レシピ 代用 低温調理 作り方 作り置き 作る 使い方 便利 保存 保存方法 保存期間 保存法 具 具材 冬 冷しゃぶサラダ 冷たい 冷凍 冷凍エビフライ 冷凍グラタン 冷凍ご飯 冷凍シュウマイ 冷凍そば 冷凍たこ焼き 冷凍チャーハン 冷凍ちゃんぽん 冷凍パイシート 冷凍バナナ 冷凍ピザ 冷凍ぶどう 冷凍ポテト 冷凍保存 冷凍卵白 冷凍唐揚げ 冷凍庫 冷凍肉 冷凍肉まん 冷凍豚肉 冷凍野菜 冷凍食品 冷凍餃子 冷凍魚 冷蔵 冷蔵庫 切った後 切り方 初心者 前菜 副菜 効果 勉強 勉強方法 包まない 半月切り 即席 卵 卵だけ 卵なし 卵焼き 厚切り豚肉 原因 取り方 名称 味噌 味噌汁 和菓子 和風 和風パスタ 和食 唐揚げ 喜ぶ 土鍋 圧力鍋 基本 場所 塩分濃度 塩麹 変色 夏 夏野菜 夕ご飯 夕御飯 夕食 夕飯 夕飯レシピ 外食 多量消費 夜 夜ご飯 大丈夫 大人 大人数 大根 大量 大量消費 天ぷら 天日干し 失敗 嫁 子供 子供が喜ぶ 子供向け 安い 完了期 定番 対処 対処法 対策 小鉢 小麦粉 巻き 常備菜 常温 干し野菜 幼児 弁当 彼氏 必要 意味 手作り 手料理 手羽元 挽き肉 捨てる 掃除方法 揚げない 揚げる 揚げ焼き 握り方 摂り方 料理 料理上手 料理用 料理道具 新聞紙 方法 日持ち 旦那 旬 昆布 春 春雨 昼ごはん 時短 時短メニュー 時短レシピ 時短料理 時間 朝ごはん 朝食 期間 期限 本 材料 柔らかい 柔らかく 柔らかくする 栄養 梅干し 残り汁 毎日 水 水の量 水分 水切り 汚れ 決め方 沈まない 注意点 洋風 洋食 活用法 海外 消費 消費期限 温度計 溶ける 漬物 炊き方 炊飯 炊飯器 炒め 炒めもの 炒める 炒め物 焼きそば 焼きトマト 焼き方 焼き浸し 焼き鳥 焼くとき 焼肉 焼肉のタレ 煮物 煮込みハンバーグ 燻製 爆発 片栗粉 特徴 独学 献立 玉ねぎ 理由 甘酢 男 男子 発酵なし 白カビ 白だし 白菜 皮 盛り付け 目安 目玉焼き 秋 種類 筋切り 節約 簡単 簡単パスタ 簡単レシピ 米 素揚げ 繊維 美味しい 美味しい食べ方 肉 肉じゃが 肉巻き 肉料理 胸肉 脂 自宅 自然解凍 舞茸 色 苦い 苦味 苦手 苦手な人 茄子 茶碗蒸し 茹でる 蒸し器 蒸し方 薄力粉 虫 裏技 解凍 解凍のコツ 解凍方法 詰め方 誕生日 調味料 調理 調理法 豆腐 豆苗 豚 豚バラ 豚バラブロック 豚ひき肉 豚丼 豚挽き肉 豚肉 豚肉巻き 豚肉料理 賞味期限 転写シート 迷ったら 道具 違い 選び方 部位 重曹 野菜 野菜嫌い 野菜炒め 量 鍋 長芋 間引き 雑炊 離乳食 雨 電子レンジ 面取り 食パン 食べられる 食べ方 食材 食費 餃子 餃子の皮 餅 魚 魚料理 魚焼き 魚焼きグリル 鮭 鶏ガラスープ 鶏むね肉 鶏もも 鶏もも肉 鶏皮 鶏肉 黒豆 ホットケーキミックスは卵や牛乳など冷蔵庫に常備している食材を加えてできるので、便利で簡単ですよね。 ほんのり甘い手作りおやつはお子さんにも人気があります。 この便利なホットケーキミックスで毎回ホットケーキばかりを作っているのでは勿体ないです。 ホットケーキミックスを使っていろいろなお菓子作りに挑戦! まずは定番のケーキから。 ホットケーキとはまた違うふんわりとしたシフォンケーキを作ってみましょう。 ホットケーキミックスと砂糖をそれぞれ50g、卵3こ、牛乳30ml、サラダ油15mlを用意してください。 フライパンにはクッキングシートを敷いておきます。 ふわふわの軽いシフォンケーキのコツは卵白を泡立ててメレンゲにすることです。 卵は卵白と卵黄に分けて使います。 卵白には砂糖50gのうちの30gを加えてから、泡立て器で混ぜてメレンゲにします。 残りの砂糖を卵黄に混ぜ、牛乳、サラダ油、ホットケーキミックスを加えて混ぜてください。 最後にメレンゲを加えて、へらでさっくりと混ぜます。 フライパンの真ん中に紙コップを置き、シフォンケーキの型のようにします。 ここに生地を流し入れてください。 フライパンに蓋をしてから、弱火でじっくりと焼き上げたら出来上がりです。 シフォンケーキが膨らむことを考えて、フライパンは深さのあるものを使ってください。 ホットケーキミックスを使ったフライパンで作るアレンジお菓子 ホットケーキミックスでお菓子を作るときも、チョコレートケーキやチーズケーキなど、アレンジを楽しむこともできます。 チョコレートを加えるだけで簡単にできるチョコレートケーキの作り方をご紹介しますね。 市販の板チョコを2枚用意してください。 板チョコは溶かしてからホットケーキミックスと混ぜ合わせます。 ボウルの中に板チョコを手で割って入れてください。 ここへバターと牛乳をそれぞれ大さじ2加えて湯煎にかけます。 チョコレートが溶けたら卵1こを加えてよく混ぜます。 ホットケーキミックスを大さじ6加えて混ぜたら生地の完成です。 生地がゆるすぎるようでしたら、ホットケーキミックスをもう少し加えて調整してください。 フライパンにバター(分量外)を入れて溶かし、チョコレート生地を流し入れます。 蓋をして弱火でじっくりと焼き、中まで火を通してください。 焦げないように気をつけてくださいね。 クッキングシートを敷いた上に生地を入れて焼いても良いです。 大人向けなら生地の中に砕いたくるみやアーモンドといったナッツを加えたり、ドライフルーツを入れても良いでしょう。 お子さんには潰したバナナも加えてバナナチョコケーキにしたり、クリームなどでトッピングすると喜ばれると思います。 ホットケーキミックスで簡単にできるお菓子といえばドーナツ!フライパンで揚げれば楽ちん ホットケーキミックスでドーナツを作るという人も多いでしょう。 ホットケーキミックスがあるとドーナツを簡単に作ることができますよね。 生地はホットケーキミックス150gの中に卵1コ、溶かしバター、牛乳を加えるだけですぐに出来上がります。 牛乳の量は生地の固さをみて調整してください。 大きなリング型のドーナツだとたっぷりの油で揚げなくてはなりませんが、小さいドーナツなら少ない油で揚げることができます。 生地を小さく丸めて、コロコロとしたドーナツにしてください。 あとはフライパンに油を浅めに入れ、小さく丸めたドーナツを揚げるだけです。 小さいのですぐに火が通りますよ。 最後に粉砂糖をふってくださいね。 ドーナツもたっぷりの油で揚げるよりも少なめの油で揚げ焼きをすると、カロリーも抑えられます。 更に生地におからを加えて作ると、ヘルシーな上に栄養価も高くできますよね。 ホットケーキミックスにおからを好みの量で加えてください。 生地の固さは牛乳や豆乳を加えて調整します。 目安としてはホットケーキミックス100gに対しておからを50g加えて作ってみると良いでしょう。 平たいおやきのような形にしてからフライパンで揚げ焼きをしてください。 出来上がったらお好みで砂糖をまぶしてください。 フライパンでこんなお菓子も!簡単クッキー ホットケーキミックスを使って作るお菓子はふんわりとしたものが中心になりますが、クッキーも作ることができます。 クッキーは手作りするとなると面倒に感じますよね。 ホットケーキミックスを使って簡単にできるクッキーをご紹介します。 バター50gは常温にしておきます。 バターの代わりにマーガリンを使うこともできます。 柔らかくしたバターに砂糖大さじ5杯を加えて泡立て器ですり混ぜてください。 ここへ卵1こを溶いてから少しずつ加えて、よく混ぜます。 ホットケーキミックス200gをふるいにかけながら加え、生地が滑らかになるまでよく混ぜてください。 生地を棒状にくるくると丸めます。 端から適当な厚さでカットしてください。 フライパンにクッキングシートを敷き、上にカットしたクッキーを並べ、弱火で焼いて火を通したら完成です。 クッキー生地にはチョコチップやナッツを加えてアレンジすることもできます。 薄めに作ってジャムがチョコクリームをサンドしても美味しいですよね。 自分流のアレンジを楽しんでみてください。 たまには和風のおやつも良いですよね。 ホットケーキミックスで作るあんまん• 材料はホットケーキミックス150gに対して水を大さじ4杯、サラダ油小さじ1杯を用意してください。 中に包むあんは市販のあんを使うと簡単に出来上がります。 ホットケーキミックス、水、サラダ油をボウルに入れて、ヘラで粉っぽさがなくなるまで混ぜてください。 生地がまとまってきたらボウルから出し、手でこねていきます。 3分ほどかけてしっかりとこねてください。 こねた生地は再びボウルに戻し、ラップをかけて15分くらい寝かせておきます。 寝かせた生地を包丁やスケッパーなどで4等分に切ります。 1つの生地を丸く伸ばし、生地の端は少し薄めになるように伸ばしてください。 生地の中央にあんを乗せ、周りの生地をあんに向けて折りたたみ、生地が重なった中央の部分を指でつまんでくっつけてください。 フライパンで蒸し器を作ります。 アルミホイルを細長く丸めたらフライパンの側面に敷いてください。 この中に水を入れ、水の上からアルミホイルを被せます。 火にかけて水が沸騰したら、更に大きめにカットしたアルミホイルをフライパンの中に敷き、ここへあんまんを並べてください。 あんまんがお湯で濡れないようにします。 あんまんの生地がアルミホイルにくっついてしまうことがありますので、あんまんの下にカットしたクッキングシートを敷いておくと良いでしょう。 あとはフライパンに蓋をして、中火で15分ほど蒸してください。 ふわふわのあんまんが出来上がります。

次の

ホットケーキミックスで作れるお菓子とメリット・デメリット

ホットケーキミックスで作るお菓子

一般的に「小麦粉」というのは「薄力粉」のことを示すことがほとんどで、料理にお菓子にと大活躍のものです。 そんな小麦粉は、ホットケーキミックスの主な原材料でもあるので、ひと手間加えるだけでホットケーキミックスの代用品とすることができます。 ホットケーキミックスの原材料にもベーキングパウダーは含まれているので、家にベーキングパウダーがあるのなら、ぜひ入れてみてください。 そうすることによって、よりホットケーキミックスで作ったような仕上がりに近づけることができるでしょう。 また、このままだと甘みがないので、お好みで砂糖を入れると、よりホットケーキミックスに近づきます。 薄力粉よりもタンパク質が多く含まれており、モチモチとした仕上がりになるのが特徴です。 そんな強力粉も、ホットケーキミックスの代用品とすることができます。 ホットケーキが食べたくて作った。 笑 ホットケーキミックスもメイプルシロップも無かったから、強力粉とレモン蜂蜜で代用だが。 笑 — うっかりめーちゃん。 みんな大吉! w6m29 元々パン作りに使われる小麦なので、安心して代用できます。 強力粉をホットケーキミックスの代用品にする場合は、小麦粉と同様にそのまま代用することもできますし、フワッとした仕上がりにしたいならベーキングパウダーを加えるのがおすすめです。 天ぷら粉の原材料には、小麦粉とベーキングパウダーが入っているので、ホットケーキミックスの代用品としては持ってこいです。 天ぷら粉をホットケーキミックスの代用品にするときは、そのまま使っても問題ありません。 創作意欲に任せて作った。 天ぷら粉は余りがちなので、もし使いきれずに眠っているようであれば、敢えてホットケーキミックスの代用として消化するのもいいでしょう。 ホットケーキミックスのクッキーバージョンと言えるミックスです。 このクッキーミックスには原材料に小麦粉とベーキングパウダー、砂糖が入ってるので、ホットケーキミックスの代用品とすることができます。 ホットケーキミックス ではなく、クッキーミックスで作ったホットケーキ。 このスコーンミックスも、ホットケーキやクッキーのミックス粉と同様に、小麦粉や米キングパウダー、砂糖が原材料になっています。 ホットケーキミックスでスコーンを作っている人もいることから、逆にスコーンミックスでもホットケーキミックスを代用することができるのです。 ゆずスコーン生成。 いつか成城石井のスコーンミックスを使って作ってみたい。 家にあるもので代用できると、とても便利ですよね!.

次の

ホットケーキミックスで作れるお菓子とメリット・デメリット

ホットケーキミックスで作るお菓子

ホットケーキミックスには何が含まれているのか まず、ホットケーキミックスとはホットケーキを作るための粉末材料のことで、単にミックス粉と呼ばれたり、HMと略されたりすることもあります。 この粉の特徴は独特の味や匂いが既につけられていて、それは、この粉には小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーの他に水あめや油脂などが含まれているためと考えられます。 ちなみにベーキングパウダーとは、クッキーなどの焼き菓子に使われる膨張剤の1つで、別名膨らし粉とも呼ばれています。 この中に含まれる重曹によって炭酸ガスを興して生地を膨らませることになりますが、これだけでは、入れた生地が変色したり、膨らみが不十分だったりすることが多いため、大抵は、ここにミョウバンやリン酸ナトリウムといった化学物質が複数加えられているのが特徴です。 なお、パン生地のパン酵母も同じように作った生地を膨らませることでは共通していますが、パン酵母はイースト菌で作られるので、ベーキングパウダーのように人工的に膨らませるのではなく、自然の力で膨らませているという違いがあります。 また、ホットケーキミックスの味や匂いは森永製菓や日清製粉などメーカによって若干違ってきます。 また、中には抹茶味などの味付けが始めから、あるホットケーキミックスもあります。 ちなみに先述したミックス粉にはパンケーキ、蒸しパン、クッキーなどを作るためのものも存在しています。 ホットケーキミックスを用いたホットケーキの基本的な作り方と食べ方の紹介 そもそもホットケーキはホットケーキミックスを用いる作り方としては、卵と牛乳を混ぜたところに、このホットケーキミックスを混ぜて生地を作成してフライパンやホットプレートなどで焼くという流れで、生地を裏返すタイミングや、あまり生地を混ぜないことに気を付ければ簡単に作ることができます。 このケーキを2~3段ほど重ねたところにハニーシロップやメープルシロップなどのシロップ系をかけてバターを上に載せて食べるパターンが多いと思います。 こうすることで、ホットケーキ生地のバニラ味がシロップの甘味とバターの脂味で引き立って最高のおやつとして美味しく頂いた記憶を持っておられる方もいると思います。 また、本当のケーキのようにホイップクリームなどのクリームを段の間にたっぷり塗って、イチゴなどのフルーツを乗せて食べる方法もおいしいと思います。 ただ、ホットケーキ生地が十分に冷めてからクリームを塗らないと融けてしまうので、その点は注意が必要です。 このホットケーキに近い味がするお菓子は結構多い ホットケーキの味としては何もかけなくてもバニラ味がしっかりしているという特徴がありますが、このようなバニラ味や基本的な味付けであるシロップとバターを加えた味がするお菓子は市販されている物において他にもあります。 そのいくつかを紹介しますが、いずれもチョコや抹茶のような味付けをせずにプレーンの場合での話になるので注意が必要です。 まず、スイスロールとして売られていることが多いロールケーキがあげられます。 メーカによって異なりますが、ホットケーキそのものの味がしたものもありました。 マドレーヌ等のカップケーキの場合は、シロップやバターが加わったケースの味と近い味わいがしました。 これはバームクーヘンやザラメがないカステラに対しても同じである上、特に後者では屋台などで見かけるベビーカステラでは尚更そうでした。 ドーナツ類に入りますが、カステラドーナツの場合でも油のべたべた感や食感があるものの、味はホットケーキに近いものがあります。 これはプレーンドーナツに対しても同じでした。 さらに、ケーキなどの洋菓子だけでなく、今川焼やたい焼きなどにある皮と呼ばれている生地の食感や味がホットケーキにかなり近く、特にカスタードクリームやホイップクリーム入りのたい焼きを食べたときは尚更ホットケーキの贅沢感を味わえるほどでした。 これらは和菓子に分類されています。 また、これまでに取り上げてきたケーキやたい焼きのように、ふんわりとある程度食感があるお菓子とは異なるバタークッキーなどのプレーンクッキーでも土台の味がホットケーキミックスに近い味だったものがあり、幅広いお菓子でホットケーキに近いような味や食感がするものがあることが分かりました。 これらのお菓子の構成要素と基本的な作り方をおさらいすると ここまでに取り上げてきたお菓子の種類は広範囲にわたりますが、ホットケーキに近い味や食感がしたということは、生地などに用いられている材料がホットケーキと似たようなものであることが考えられます。 一般的なホットケーキで用いられているのは先述したとおり、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーで構成されているホットケーキミックスと卵、牛乳の5つで生地が構成され、基本的な味付けまで考慮すると、はちみつなどのシロップ類、バターなどの油脂類を加えた計7つになります。 これらの材料が含まれていると、チョコレートやフルーツソースなどの味付けがない限り、ホットケーキと近い味になり、調理方法によっては、それ自身と近い食感も得られると考えられます。 そこで、それらについて具体的に取り上げていきたいと思います。 まずは、スイスロールなどのロールケーキに用いられているスポンジ生地は、基本、薄力粉などの小麦粉、卵、砂糖、バターなどの油脂類、牛乳から作られることが多いことから、かなり近い結果が得られることになります。 なお、ベーキングパウダーを入れる所と入れない所がありますが、これを入れなくても人手などの記述で生地を膨らませることが可能な上、化学物質を使わずに済むため、必要なものではありません。 現に、同じようにスポンジ生地で作られているショートケーキなどの場合は入れないことが多いし、この生地はホットケーキとは、また別の味のことが多いです。 次に、バームクーヘンの場合は薄力粉などの小麦粉、卵、砂糖、バターなどの油脂類、牛乳、はちみつ、ベーキングパウダー、コーンスターチから作られることが多く、この方が基本のホットケーキに近い食感と味が得られる可能性があります。 なお、コーンスターチは記事にとろみをつけるためのもので、水溶き片栗粉の役割に近いですが、ベーキングパウダーとは異なり、それ自身に味が含まれていないので、入れても味に影響が及ぶとは考えにくいです。 ちなみにパウンドケーキやバターケーキもこのバームクーヘンと同じお菓子の部類に入り、それらの基本材料は薄力粉、砂糖、ベーキングパウダー、バター、卵、バニラオイルであり、作り方は、焼く前に、しっかりと生地を混ぜるため食感は違うことが多いですが、ホットケーキとかなり近い味が得られると思います。 バニラオイルを入れるとバニラ味になることから、牛乳の濃い味に近いものが得られると考えられます。 マドレーヌ等のカップケーキもこの材料が基本材料となる上、混ぜ方も全体的に混ざる程度の所が多いことから、ホットケーキと近い味や食感が得られたのだと考えられます。 ベビーカステラの場合は、小麦粉、卵、砂糖、塩、はちみつ、ベーキングパウダー、牛乳、サラダ油が基本的な材料となり、サラダ油はベビーカステラが、たこ焼き器のような機械を使い、焼くときに敷くものです。 混ぜ方も先述のカップケーキと同じなので、似たような結果が得られると期待されます。 ちなみにカステラの場合は、卵、砂糖、小麦粉、牛乳が基本材料で、薄力粉を使えば食感が近づくことから、ホットケーキに近い味や食感が得られたと見られます。 カステラドーナツの場合は、材料は基本的に薄力粉、ベーキングパウダー、卵、砂糖、牛乳、揚げるための油としてのサラダ油ですが、揚げないタイプのカステラドーナツもあり、その場合はホットケーキの生地と全く同じになるため、脂っこい感じを除けば近い味や食感が得られたのも納得です。 ちなみにプレーンドーナツの場合は、先述した材料に、最後に味付けするための砂糖やシナモンなどを加えた形が基本になるので、同様の結果が得られると考えられます。 次に、和菓子のたい焼きや今川焼きは同じ種類で、皮の部分に用いられる材料は共に、薄力粉、砂糖、卵、牛乳、ベーキングパウダーが基本的に用いられています。 そして生地を作る所まではホットケーキの時と同じなので、中身がないものに対しては、食感も味もほとんど変わらないことになります。 ただ、実際は焼くときにあんこやカスタードクリームなどを入れて作っています。 最後にプレーンクッキーに用いられる材料は薄力粉、バター、卵、砂糖、ベーキングパウダーを用いるのが基本であることから、味だけを考えればホットケーキとは完全に異なるとは言えないのではないかと思います。 ちなみにベーキングパウダーを使わずに牛乳を使ったパターンのクッキーの場合はしっとり感のあるクッキーになり、食感も少し近づくことが期待されます。 他にもホットケーキミックスを用いても作ることができるお菓子はある これまで取りあげてきたお菓子類は、ホットケーキミックスを用いて作ることができますし、実際にそれを用いて簡単に作る方法も一部紹介されているほどです。 それら以外にもホットケーキミックスを代用して簡単に作ることができるお菓子も幾つかあります。 例えば、ワッフルならば、ベーキングパウダーで生地を膨らませて作るアメリカンワッフルの場合、材料はベーキングパウダーの他に薄力粉、バター、卵、砂糖、牛乳、サラダ油があれば作れるので、代用可能と言えます。 ちなみにサラダ油は焼くときにフライパンなどに敷くものです。 パン類の1つであるスコーンも基本は小麦粉、ベーキングパウダー、バター、砂糖、牛乳で作られているため、生地を作るときに卵を使わずにバターを入れることに注意すれば十分作成できます。 さらに、食感がホットケーキとはかけ離れたものの例としてクッキー以外にもタルトやシュークリームなども作ることができます。 前者で用いられるタルト生地は、クッキーと同じ材料を用意すれば作ることができ、後者で用いているシュー皮も材料がバター、卵、小麦粉、サラダ油さえあれば作成できます。 同様にビスケットの材料もクッキーと近いため、作ることができる上、この生地が用いられるメロンパンもホットケーキミックスでもできることになります。 和菓子でよく知られている饅頭のうち蒸し器で作る蒸し饅頭の皮も場合によってはホットケーキミックスで作ることができる可能性があります。 この材料は、普通は薄力粉、砂糖、炭酸、水などをベースにして作られますが、ベーキングパウダーを炭酸の代わりに用いているものと考えられます。 ベーキングパウダーで膨らませていることが多い蒸しパンの場合は、さらに代用可能と言えると思います。 ホットケーキミックスはお菓子作りの材料の1つとして便利といえるのか これらのように、小麦粉・砂糖・ベーキングパウダーを使うお菓子の場合にホットケーキミックスを使っても、それらの材料の代わりになるため、それら3つの材料を揃えなくても、色々な種類のお菓子を作ることができる上、チョコレートや抹茶味を付けるなどのアレンジも手軽にできるというメリットがあると思われます。 しかし、同時に含まれている水あめや油脂などの味が強いという特徴もあるため、何も味付けをしないプレーンバージョンの場合はホットケーキ味のクッキーやショートケーキなどになってしまい、本来期待されている味とは異なったものができる可能性もあるため、本格的なお菓子を作る際は、面倒でも先述した3つの材料を揃えて作った方が良いと思います。 余裕があれば、ホットケーキミックスを使った場合と普通に使った場合とで味や食感がどのように違うのかなどを比較してみるのも面白いのではないかと思います。

次の