どっ こ から 皇后 の 願い キャスト。 韓国ドラマ【姉は生きている(復讐のカルテット)】のあらすじ1話~3話と感想

第4話 愛の告白

どっ こ から 皇后 の 願い キャスト

宮廷の諍い女を見ていくつか疑問に思ったことがあるのですが・・・ 清朝の皇帝はどれぐらい妃嬪がいたのでしょうか?多い皇帝から少ない皇帝まで教えてもらえれば嬉しいです。 また、冷宮送りや、謹慎処分など妃嬪に対してあんなひどい扱いだったんでしょうか? 質問が多いですが少しでも答えてくださる方どうかおねがいします >人<; 清朝中期ごろの後宮には、皇后(唯一頭が上がらない皇帝の母親皇大后は別にして)を頂点として、貴嬪、宮女、召使を含めた数百人の女性と皇帝の子供達、それに傅く400~3000人の宦官が唯一の男性である皇帝が死ぬまで暮らしていたとされます。 康熙帝の頃から妃嬪は定員制だったらしく 皇后1人 (仕える宮女10人) 皇貴妃1人 (宮女8人) 貴妃兩人 (定員2人、宮女8人) 妃4人 (宮女6人) 嬪6人 (宮女6人) 貴人不限人つまり制限なし(宮女人数不明) 常在(じょうざい)(制限なし、宮女2人) 答應(とうおう)(制限なし、宮女1人) とされ、貴人以下は定員はなかったので 清朝全盛期と評価される乾隆帝には総勢39人がいたとされ、 清朝平均24人いたといわれるそうです。 乾隆帝には88歳まで生きたこともあって、 男子17人女子10人の子供を設けたという記録もありますし、 女子は「子供の数に数えない」とされて女子は 年頃になると貴族と結婚させられて宮廷から出されたそうなので、 妃嬪の数は本当はもっといたかもしれませんね。 子供の数が多い康熙帝(68歳没)は、息子(皇子)が35人。 娘(公主)が20人とされ、 宮廷でも約半分の子供が病気で夭逝する時代だったそうですから、 妃嬪の数は恐らく6~70人いたんじゃないでしょうか? 妃嬪の階級ごとに、身の回りの世話をするお付の宮女や宦官の人数、手当の金額、儀式時の座席の順番、洋服のデザイン、色などが決まり、皇帝の寵愛を受けたり、皇太子を生むと「妃」から「貴妃」に昇進するそうですし、皇太后以外の女性のトップなんですから傲慢になるでしょうね。 ドラマでは違う設定にしてるみたいですが、 皇太后、皇后以外の貴嬪は実際は宮中では何の地位もなく、 女官達は第二婦人以下には挨拶してはならない決まりもあったそうです。 完全な縦社会ですから階級が下の者の生殺与奪権を握ってるようなもので。 極端な話箸の上げ下げも上の階級の者の気分とかで変ったんじゃないんではないでしょうか? 参考までに後宮制度は,周王朝より始まり、 周制では、 后の下に3夫人・9嬪・27世婦・81御妻が置かれたとされます。 后妃にも爵位が与えられ、魏晋以降は品等も与えられたそうです。 後宮制度 Wiki中国語版に清朝各皇帝の妃嬪の数が載っていました。 載湉として載っている)の3名、のようです。 但し、記録で確認できるもののみが載っている可能性はあるかもしれません。 具体的な権限については知識がないので、他の方にお任せします。 ただし、 満・蒙・漢の八旗から妃嬪が選ばれるので、「漢族出身者がいない」なんて事は全然ありません。 (実際に、嘉慶帝の生母は漢族出身です。 (これは清朝に限ったことではありません。 ) このドラマはそもそも前提が間違ってるので史実と比較した場合、創作した部分が多いです。 前提とはつまり主人公設定・・・・・。 清の皇帝の后妃はほぼ八旗の一族から選ばれるので漢族出身者はいません。 漢族には纏足の慣習があるのでそもそも宮廷で歩き回るなどと言う事自体が出来ない。 後宮を管理してるのは女性ではなく去勢された宦官です。 だから皇妃が宦官を使いと言う事は在ったかもしれませんが西太后のような例はかなり稀な例です。 (だから必要以上に残虐に伝わってたりする) 後宮に入った女性に基本的に宮殿の門を管理する権限は無いです。 後宮の順位は一番上から皇貴妃(1人)>貴妃(2人)>妃(4人)>嬪(6人)>以下定員なしで・貴人>常在>応答となります。

次の

独孤伽羅(どっこから)~皇后の願い~

どっ こ から 皇后 の 願い キャスト

【独孤伽羅】 ネタバレあり 22話 偽りの悲劇 宇文毓の水銀中毒は、宇文護が仕組んだことがわかった般若は、宇文毓を守るために独孤信にすべてを打ち明け、助けてくれるように懇願する。 こんなことになってしまうなんて! 独孤信は、般若に、心の中にいるのは、宇文毓なのか、宇文護なのかと詰め寄る。 しかし、答えない般若に、これが般若がほしかった独孤の天下なのかと批難するが、宇文毓を助けるために、丞相としての務めを果たすことを決める。 般若自身も自分の心がわからなくなっているのではないかしら? そして、独孤信の考えで、お腹の子は死産ということにして、遠くにやることにした。 曼陀のところに、般若が遣わした侍女の王氏が到着する。 王氏は、李昞の義母上の従妹にあたり、曼陀に嫌がらせをしていた側室の馮氏を厳しく責め、力を見せつけるのだった。 見事ですね! 龍興寺で宇文護と会った般若は、宇文護の子どもたちが般若を憎んでいるから殺してくれるように宇文護に頼む。 そして、般若は、拒む宇文護の前で、わざと階段から落ちて、早産で無事に産んだ娘は隠し、お腹の子が死産したかのように見せた。 大芝居ですね! 侍女の王氏は、側室たちの身分を調べ、厳しく教育する一方、曼陀にも、正妻としての態度やふるまいを教育するのであった。 23話 青い目の子ども 曼陀は、王氏から教わった通りに、李昞に納得がいく説明をし、李昞の心をつかむ。 すごい成長ぶりですね! 般若は、済慈院に預けた自分の子どもに会いに行く。 そして、その子が、宇文護と同じ青い目をもっていることを知り、取り乱す。 これは焦りますね! 般若は子どもの青い目を見ると、宇文護との過ちを責められているかのようでつらいので、子どもとは縁を切ると独孤信に告げると、伽羅は自分が育てると言い出す。 そんなことをして大丈夫なのかしら? そして、伽羅は、麗華と名付けてかわいがる。 伽羅は、宇文邕には、すべての事情を話し、大きくなったら手助けしてくれるように頼んだ。 郡公の誕生祝いが開かれ、大勢の賓客が屋敷に来た。 曼陀は、王氏に言われた通り、毅然とふるまい、側室の馮氏を退けるのだった。 宇文邕は、八柱国将軍になったことをすぐに伽羅に伝えに行く。 そして、二人で観音廟に行くと、宇文邕は、伽羅と夫婦になれるようにと祈った。 宇文毓は、済慈院に行った帰りに龍興寺に立ち寄る。 そして、皇后の死産は、皇后が太師と言い争いになって押されて転がり落ちたと言うことを知る。 住職から皇后が足を滑らした石段に油をまいたのは太師の子息の臣下であると聞き、宇文毓は、敵を討つと誓うのだった。 密会のことは、ばれなくてよかったですね! 24話 復讐の念 宇文毓は、宇文護との言い争いの理由を般若から聞き、殺してやると言って激昂する。 般若に説得され、踏みとどまるが、ひそかに復讐計画を進めるのだった。 一人で暴走しなければいいですが・・・ 般若が観音廟に来るのを知り、伽羅は麗華を会わせようと連れて行ったのだが、般若は、青い目を見て、拒絶する。 そして、般若は、お腹に宇文毓との子ができ、この子を大事に育てるので、心をかき乱さないでと伽羅に告げた。 独孤信は、宇文邕が務めを立派にこなしているのをみて、体調がよければ婚姻を認めると伽羅に伝える。 般若は、宇文護に会い、突き落とされた恨みをまくしたて、宇文毓を殺そうとしていたことを責めた。 宇文護が、恨まないでくれるなら何でもすると誓うと、般若は、宇文護に約束をさせた。 それは、宇文毓を殺さず、一家3人を平和に暮らさせるというものだった。 宇文護は恨まれることはなんとしても避けたいのですね! 動揺する宇文護だったが、般若の願いをすんなり承諾した。 宇文護が宇文毓のところに来て、廃帝になった宇文覚が自害したことを告げ、宇文毓に脅しをかける。 宇文護のこわさを知ったほうがいいですね! 独孤信は、血を吐き、あと半年の命であると知る。 宇文護は、独孤信の屋敷を訪ね、宇文毓が愚かな真似を続けるなら、約束は守れないと独孤信に言い放つ。 22話から24話の感想 般若の考えることはすごいですね。 死産とみせかけるために、死んだ子どもまで用意して・・・。 でも、子どもが宇文護と同じ青い目をしていたなんて、なんて因果なのでしょう。 子どもの顔を正視できないのも無理はないですよね! 宇文護がその子どもと対面する場面がありましたが、目が青くなってばれてしまうのかとひやひやしました。 今回は大丈夫でしたが、そんな近くにいたら、いつかばれそうですね!はらはらしてしまいます! 温厚だった宇文毓が変わってしまいましたね。 何か無茶なことをしそうで、恐いです!せっかく子どもができたのだから、子どもの方に目を向けてくれればいいのに・・・どう考えても、宇文毓が宇文護に勝てるわけがないですものね! pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

中国(華流)ドラマ【独孤伽羅~皇后の願い】の相関図とキャスト情報

どっ こ から 皇后 の 願い キャスト

ヒロイン伽羅を演じるのは、「ときめき旋風ガール」のヒロイン役で注目された若手女優フー・ビンチン。 活気のある少女時代から、賢さと強い根気を持ち合わせた覇気のある皇后になるまでを、多彩な表情で好演し、新たな魅力を開花させている。 果敢でユーモアのある楊堅を演じるのは、「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」で注目を集めたチャン・ダンフォン。 本作でもその注目度はさらに上昇し、今後活躍が期待される俳優の一人となった。 楊堅と伽羅は愛のない政略結婚だったが、次第に心を通わせ、彼女に支えられた楊堅は隋の初代皇帝となっていく。 伽羅とその周囲で繰り広げられる、一筋縄ではいかない愛の行方、そして波乱万丈で予測不可能なストーリー展開に注目! 本作に出演するためにヒロインのオファーを何本も断ったというアン・アンは、今までの作品で演じてきた健気なヒロイン像とは一変し、皇后になるために愛した人さえも捨ててしまう、一見冷徹で悪女にも見える三姉妹の長女・般若を完璧な演技力を持って熱演。 般若は実は家族を守るために自身の愛情やプライドを犠牲にしている、という複雑なキャラクターで、アン・アンの好演とカリスマあふれる存在感から、多くの視聴者を惹きつけた。 そして、そんな般若の元恋人役・宇文護(うぶんご)を演じたシュー・ジェンシーも、横暴で恨まれるべき悪役でありながら、一途に般若を想う姿や、彼女に向けた甘いセリフの数々により、視聴者の間で「胸が痛くなる史上一番の悪役」と呼ばれ、大きな話題に。 愛しているからこそ、お互いに傷つけ合ってしまう、切ない恋人同士の愛に涙すること必至だ。 北周の優秀な臣下であった独孤信(どっこしん)の娘として生まれる。 14歳で大将軍の息子・楊堅と結婚。 北周の第4代皇帝・宣帝が亡くなると、朝廷の実権を掌握した楊堅は皇帝として即位し「隋」を建国、伽羅は皇后となった。 北周から皇位を奪うことを迷っていた楊堅を叱咤し、決断させたのは伽羅であったという。 建国後は朝政にも深く関わり、皇帝である楊堅と並んで「二聖」と称された。 また、中国の歴史において初めて一夫一婦制を提唱したことでも知られており、夫に側室を持つことを許さず自分以外の女に子を生ませぬよう約束させ、2人の間には5男5女の子供がいたという。 彼女は602年にこの世を去るが、楊堅の死後に皇帝となった息子の楊広(煬帝)が暴政を極めたことで618年に隋は滅亡した。

次の