日本 旅行 みんしゅう。 日本旅行に採用されるための志望動機の作り方と回答例

日本旅行の選考内容(選考フロー・面接質問事例)

日本 旅行 みんしゅう

「採用を内々定いたしましたのでご通知いたします」 ツイッターでは28日夕、「選考受けてないのに日本旅行から内定もらったんだけど?」「プレエントリーのみで正式に内々定いただきました。 日本旅行」「エントリーすらしてない日本旅行から内定通知来たんだけど」などと同社の「内々定通知」に困惑する声が相次いだ。 J-CASTニュースは実際のメールを就職活動中の大学生から入手。 この学生はエントリーシートを出しておらず、採用マイページへの登録もしていないという。 そのメールによると日本旅行は28日16時30分ごろ、「こんにちは、日本旅行の採用担当です。 先日は弊社の最終選考にご参加をいただきありがとうございました。 注意事項として内々定取り消し事由を記載し、今後の予定として内定式、内々定者懇親会の案内などを書いていた。 その後、日本旅行は上記の内々定通知が「誤り」であることを伝えるメールを送信。 採用担当から「本日16:30に配信させていただきました内々定に関するご連絡ですが、こちらの誤りでございます。 詳細に関しては改めてご連絡をさせていただきます。 この度はご迷惑、ご心配をおかけしまして大変申し訳ございませんでした」と送った。 宛先設定時の担当者の操作ミス 日本旅行の広報担当は28日のJ-CASTニュースの取材に、「当社の採用担当者から内々定通知のメールを合格者向けに送信しようとしたところ、誤って4万人に送信してしまいました」と誤送信があったことを説明した。 原因については確認中だが、宛先設定時の担当者の操作ミスであり、ヒューマンエラーであると見られる。 4万人という数字については、「調査中ですが、当社は採用専用サイト様と提携しており、このサイトの登録者の方々か、日本旅行へのエントリー者の方々かと思われます」としている。 ほぼ全員が2020年度入社での就職活動をしている人ということになる。 お詫びのメールは17時10分ごろ送信したといい、「詳細に関しては改めてご連絡をさせていただきます」とあるように、同社は誤送信の原因などを調べた上で追って説明する予定だという。 (追記:6月28日19時00分)日本旅行の広報担当によると、同社の実際の内々定者数は123人。 内々定通知は順次送信していく予定だったと話している。 (J-CASTニュース編集部 青木正典).

次の

日本旅行|18年卒 エリア社員コースのWEBテストの選考体験談|就活サイト【ONE CAREER】

日本 旅行 みんしゅう

日本旅行の面接に至る流れと対策、回答例について紹介していきます。 日本旅行の選考にエントリーしたらWEBエントリーシートが配信されるので、提出をしましょう。 ここで、全国社員コースとエリア社員コースの選択を求められるので、洗濯をして提出します。 そして、エントリーシートの通過者のみに面接へと案内され、順次面接試験を実施します。 日本旅行では面接が3回行われる 面接は1次面接、2次面接、役員面接の3回です。 それぞれ、集団面接と個人面接が行われ、集団面接では「志望動機」、「自己アピール」、「学生時代に学んだ事とは関係ない仕事だけど、どのように考えているか」「どんな事業に興味があるか」などざっくばらんに聞かれるようです。 そして2次面接でも、同様な質問を聞かれることに加え、会社側から課題を用意されるので、それについて5分間ほどのプレゼンをするようです。 最終面接では少し厳しい雰囲気の中、最終的に志望度の高さや内定を出した場合の承諾の意思を確認することが多いようです。 面接において第一印象が与える影響は大きい 自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。 今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「」です。 質問に答えることで、 どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。 結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。 無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。 日本旅行対策:面接で聞かれた質問例集 日本旅行の面接でこれまで質問された質問例と回答例などを挙げながら、面接対策にいかせるようにしました。 さまざまな質問例や回答例に隠された意図するところにも触れながら対策に役立つようにしています。 面接官を討論相手だと思って、リラックスして臨みましょう。 【質問例】 1.日本旅行を志望する動機はなにか (平凡な志望動機では、日本旅行の人事部の興味を引けません。 面白いアイデアがある方はそこに具体的なアイデアをあてはめて考えてください。 (その1) 【回答例】 私が貴社を志望した理由は、旅行を通じて、お客様に喜びや感動を伝えたいと思ったからです。 私自身、知らない国や知らない場所に行って、そこでしか経験できない体験ができる旅行がとても好きで、学生時代は時間があれば度に行っていました。 そういった経験の中で、旅行会社の方にお世話になることは多々あり、そのたびに丁寧な説明を聞き、旅行に対する安心とワクワクを与えてくれていたように思っていました。 また、そういった旅のお手伝いができることもさることながら、他社と比べヨーロッパに力を入れ「ヨーロッパデスク」など「専門性デスク」が充実しているにとても魅力を感じました。 私といたしましては、訪れた旅先で一番すきだと感じたのでヨーロッパの国々だったので、そこに注力している医者はとても魅力に映りました。 【質問】 日本旅行を志望する動機はなにか。 (その2) 【回答例】 私が旅行業界を志望した理由は、旅行というイベントを通じてたくさんの人に笑顔になってほしいと考えたからです。 旅行に行く前の企画から現地に到着するまでの間、たくさんの人や景色が移り変わっていきます。 お客様にそのような景色を楽しんでもらうためには、旅行会社の創意工夫が必要です。 なかでも貴社では、「ながれま海峡号」の総合プロデュースなどをおこなっており、新たなチャレンジができる環境に強く魅力を感じました。 貴社に入社しましたら、新たな旅行プランの提案などをおこないお客様のニーズを満たすために貢献したいです。 ですが、旅行するよりも「旅行を企画するのが好き」でもあるんです。 自分が旅行をするということよりも、どこへ行って何をして、こんな風に過ごしたい、もしくは過ごしてもらいたいという風に考えるのがとても好きなのです。 そのため、旅行の企画係になることはもちろんのこと、自分が参加しない旅行の企画を任されたりすることもしばしば。 ですが、自分が行ったことのある宿やプランを人にお勧めしたり、紹介できたりするのはとても楽しいので、つい引き受けてしまいます。 また、なぜ御社を選んだのかというと、旅行をするときに御社を利用した際、ある店員さんがとても気持ちよく対応してくださり、こんな社員さんがいるアットホームな雰囲気の会社で私も働きたいなと感じたからです。 そこで使ったのはカウンターではなく、ネットからの注文でした。 現在、旅行業界は大きな変革の時期に来ていると感じています。 直接カウンターに行かなくても、ネットを通じてチケットや宿を予約できるようになりました。 そこで、貴社の『旅ぷらざ』などのネット事業に積極的に力を入れている貴社で自分の力を思う存分に発揮したいと思いました。 切っても切り離せないネットの時代をさらに切り開き、支えていきたいと考えています。 日本旅行の面接対策では回答例を参考に独自の体験談などで自分をアピールしよう 全国各地の197か所に支店を持ち、さらには世界29か所に海外拠点を持つ日本旅行。 その日本旅行について、さまざまな質問や回答例をあげてきましたが、いかがでしたか。 大手旅行会社の一つである日本旅行の面接対策として、会社説明会に参加することはもちろんですが、旅行の際に積極的に活用したり、カウンターを覗いたりすることで、社員を間近に感じることができるでしょう。 またこれまでの質問内容や回答例を見て、面接対策を行うようにしてみましょう。 あなた自身の良さを最大限にアピールできる回答が出来るように、対策をすることが大切です。

次の

会社情報

日本 旅行 みんしゅう

「採用を内々定いたしましたのでご通知いたします」 ツイッターでは28日夕、「選考受けてないのに日本旅行から内定もらったんだけど?」「プレエントリーのみで正式に内々定いただきました。 日本旅行」「エントリーすらしてない日本旅行から内定通知来たんだけど」などと同社の「内々定通知」に困惑する声が相次いだ。 J-CASTニュースは実際のメールを就職活動中の大学生から入手。 この学生はエントリーシートを出しておらず、採用マイページへの登録もしていないという。 そのメールによると日本旅行は28日16時30分ごろ、「こんにちは、日本旅行の採用担当です。 先日は弊社の最終選考にご参加をいただきありがとうございました。 注意事項として内々定取り消し事由を記載し、今後の予定として内定式、内々定者懇親会の案内などを書いていた。 その後、日本旅行は上記の内々定通知が「誤り」であることを伝えるメールを送信。 採用担当から「本日16:30に配信させていただきました内々定に関するご連絡ですが、こちらの誤りでございます。 詳細に関しては改めてご連絡をさせていただきます。 この度はご迷惑、ご心配をおかけしまして大変申し訳ございませんでした」と送った。 宛先設定時の担当者の操作ミス 日本旅行の広報担当は28日のJ-CASTニュースの取材に、「当社の採用担当者から内々定通知のメールを合格者向けに送信しようとしたところ、誤って4万人に送信してしまいました」と誤送信があったことを説明した。 原因については確認中だが、宛先設定時の担当者の操作ミスであり、ヒューマンエラーであると見られる。 4万人という数字については、「調査中ですが、当社は採用専用サイト様と提携しており、このサイトの登録者の方々か、日本旅行へのエントリー者の方々かと思われます」としている。 ほぼ全員が2020年度入社での就職活動をしている人ということになる。 お詫びのメールは17時10分ごろ送信したといい、「詳細に関しては改めてご連絡をさせていただきます」とあるように、同社は誤送信の原因などを調べた上で追って説明する予定だという。 (追記:6月28日19時00分)日本旅行の広報担当によると、同社の実際の内々定者数は123人。 内々定通知は順次送信していく予定だったと話している。 (J-CASTニュース編集部 青木正典).

次の