たちのみ。 シャリが劇的に旨くなった!「たちのみいしまる」(大宮)

シャリが劇的に旨くなった!「たちのみいしまる」(大宮)

たちのみ

今回の大宮遠征のメインは、「たちのみいしまる」だ。 誘って頂いた友人は、街場進化系の鮨屋「」の店主、鹿野さん。 仕入先が同じらしく、豊洲市場で顔合わせる事が多くなり、一度は行ってみようと誘ってくれた。 『立ち飲み屋』と一言で表しても、ここは高級店らしい。 おまかせコース10,000円の立ち飲み屋があるんですが、行きますか?みたいな感じで誘って頂いた。 なかなか強気な値段で勝負している。 しかも、大宮という土地では、いくら埼玉県住みたい街ランキング3年連続No. 1だからと言って、高価格帯なので躊躇するだろう。 もちろん私も最初は躊躇したが、最近は地方の方が面白いお店が多く、インプットする為にも行く事にした。 さぁー、どんな料理が出てくるのか?早速紹介しよう。 高級立ち飲み屋「たちのみいしまる」へ、初訪問 鹿野さんとお店の前で待ち合わせする事にした。 多分この辺りなんだとは思うが、お店らしい構えが見つからない。 お世辞にも綺麗とは言えないビル。 看板は出ていないが、2階に上がる階段がありお店ぽいのがありそう。 そう、階段上がった2階に「たちのみいしまる」がある。 これは全然わからないし、一度行った事がない方でないと、行くような場所ではない。 そして、店内入っても驚いた。 コンクリーうちの角内系の立ち飲み屋だ。 お世辞にも綺麗とは言えないし、ここで10,000円のコースが楽しめるのか?と、少々不安になってきた。 壁には料理や日本酒メニューがたくさんある。 いかにも、大衆店といった感じの造りをしている。 メニューに関してもね。 しかし、よーく見てみると『かんぴょう巻き』『赤貝』など鮨屋にあるようなメニューも多く目立った。 鮨居酒屋系のなのかな? 鮨屋の店主が市場で顔を合わせるという事は、魚に力を入れているのだろう。 店主に挨拶させて頂き、早速楽しんでいこう! 「たちのみいしまる」で10,000円コースを堪能する 日本酒スタートにした。 「なごみ」でビールとハイボール2杯も飲んでしまったので、炭酸系は不要。 最初っから飛ばしていくぜ! 一品料理 〜前半〜 鞍掛豆。 ゴリゴリした食感と塩気がちょうど良く、豆があまり好きではない私でも美味しく食べられる。 白海老の昆布〆と雲丹。 富山県産の白海老に一手間加え、昆布〆にし香りと甘みを引き立たせる。 そこに、紫雲丹でも馬糞雲丹でもない、赤雲丹! 赤雲丹といえば、九州のお店でしか食べられないお店が多いが、ここでも食べられるとは。 甘みが強く、口の中でトロけるのが特徴。 白海老と雲丹の甘み、ダブルで口内ヤバイ事になっている。 シャコとホタルイカ。 今日のシャコは美味しいですよ、と店主自慢げな顔して出してくれた。 食べてみると、中がレアになっている! ウワッ、某有名な鮨屋がやっていたけど、食べるのは初めて。 レアという事は生になっていて、食べるとシャコらしさはなく、超新鮮な海老を食べているような感じになる。 70度で火入れして10分、さらに沸騰させ、サッと茹でるのがポイントらしい。 詳しくは分からないが、オスとメスでも味が違うらしい。 つぶ貝、牡丹海老(ボタンエビ)、チャイロマルハタ。 食感が楽しめるつぶ貝、トゥルンっとなめらかで甘みが強い牡丹海老、そして初めてのチャイロマルハタは脂がノリノリ。 異なった魚なのは当然だが、特徴がそれぞれ違って、食べていて面白い。 あっ、ちなみに日本酒もガブガブ飲んでいるよ。 これだけ新鮮で美味しい魚を食べていると、ガブガブ進んじゃうけどね(笑) ナガスクジラ。 ナガスクジラの赤身部位は、こんなに甘みが強いの?と、驚いた。 本鮪よりも酸味が少なく、赤身の旨味が物凄く強い。 さらには、甘みがあり薬味のネギも良いアクセント。 茄子揚げだし。 ここでさっぱりとして一品料理。 マスノスケ。 『マスノスケ』知ってるかな?別名、キングサーモンともいうんだけど、サケ族の中で1番冷水が好みなので、脂がかなり乗っている。 市場でも多く出回っているそうだが、かなり値が張るそうで、手が出せないお店も多いとか。 マスノスケを寝かして西京焼きにしている。 いやー、普通に旨いの一言。 コチの出汁でとった汁は、綺麗なお吸い物。 魚介出汁は香りでしっかり楽しめ、塩気もちょうど良い。 胃袋が一度リセットされた。 握り 〜後半戦〜 ガリ。 ん?待てよ,鮨が出て来るの?? そう、「たちのみいしまる」の店主は鮨も握れるんです! しかも、修行経験は全くなく、YouTubeで見て独学で勉強。 ホリエモンが言う、鮨屋に修行は要らないという事を証明してくれています。 ヒラスズキ。 最初は淡白な白身から攻めてくる、王道スタイル。 酢は、赤酢と米酢のブレンド。 前もって炊き、酢と合わせているが人肌を保っている。 脂が乗りすぎているから、少し炙って塩で出してくれた。 ほぉ〜、白身でも味のインパクトが強いので、赤酢の効いたシャリと抜群に合う! 金目鯛。 2キロの金目鯛は、脂が少なめだけど、このくらいなら鮨として食べた方が旨いと言っていた。 こだわりがしっかりあり、素晴らしい。 本鮪漬け。 流石に鮪は上級品は仕入れられないそうだ。 場所的な問題もあるが、まだお客さんが来る日とそうでない日の差が激しいと。 肉厚だけど、脂が少ない小肌は酸味をしっかり効かせている。 どんちっちの鯵は、脂がスゲーわ。 最近鮨屋で人気があるのも納得できる旨味。 サクッと歯切れが良い。 赤貝は、どちらかというとヒモの方が好み。 雲丹丼。 先ほどの赤雲丹とは違い、馬糞雲丹の小丼が出てきた。 10,000円コースで、ここまで高級食材が出てきて大丈夫なのか? 車海老。 しまいには、立派な車海老。 このサイズだと、養殖だったとしても相当な金額だ。 味噌もしっかり入っている。 鮨かの店主に、「鹿野さんのお店より仕入れ頑張ってますね!」と、つい一言でてしまったくらい(笑) 贅沢を言えば、茹で置きしているのは残念だが、極上の食材だ! 煮蛤(ニハマグリ)。 素材を大事にする為、火入れを緩く、柔らかく仕上げている。 シャリとの一体感が素晴らしい。 玉子焼き。 玉子焼きが出てきたという事は、コースが終了。 鮨屋経験が無くても、ここまで出来るのは素晴らしい。 追加御座いますか? かなり飲んでいるので、追加どころか皆でワイワイ話しが盛り上がっていると、 干瓢巻き、かっぱ巻きを出してくれた。 姫キュウリのかっぱ巻きはやっぱ綺麗だな。 いやー、このクオリティで料理10,000円は、立ち飲み屋でもあり得ないと思う!大満足!! 頂いた日本酒の数々 これだけ飲みました(笑) 私は酔っていたけど、なんとか帰れるレベル。 鹿野さんは、ベロベロになっていてヘラヘラしながら千鳥足。 料理もそうだけど、日本酒にも力を入れていて大満足だった〜 ご馳走様でした!! 関連する記事• 2018. 08 都内で寿司屋に行くと、お任せコースで1万〜2万円は当たり前。 銀座や六本木界隈に行けば、それ以上するお店も多数あります! 今回紹介する、「鮨 まつ本」は[…]• 2020. 09 半年ぶりに訪れた「すし匠」(四ツ谷)。 前回は常連の友人に無理言って連れて行って貰い、さらにお店の方にも無理言って次回の予約も取らせて頂いた。 予約が取[…]• 2016. 02 日本酒好きにとっては知らない人はいないであろうお店です。 私も年に数回の楽しみです。 予約がなかなか取れないお店ですが、今回は予約が取れ行ってきました。 […]• 2019. 07 高円寺にある超予約困難店「鮨 波やし」の二番手を務めていた方が独立したとの情報を聞きつけ早速行く事にした。 鮨好きの間では「鮨 波やし」、予約が3年位[…].

次の

たちのみいしまる

たちのみ

大宮まで来た理由は一年前訪問した「たちのみいしまる」へ行く為である。 前の記事でも紹介したが、5月中旬から改装工事に入ってしまいコンクリー打ちっぱなしの独特な雰囲気を味わえなくなる! しかも今年初めて、インスタのメッセージで必ず行きますね!と、やりとりしていたので口だけ男になるのも嫌だった(笑) 仕事のスケジュールと相方の予定に合わせ予約し、いざ訪問! SNS見る限りでは食材の事を常に勉強し仕入れの妥協も一切無い。 暇だろうが必ず豊洲へ行き、自分の目で確かめ納得いった物しか買わない。 都心のお店なら当たり前かもしれないが、大宮からほぼ毎日通うのは並大抵の労力では無いはず。 毎日の睡眠時間が気になる所でもあるが・・・ 進化した「たちのみいしまる」、紹介していきましょう! 「たちのみいしまる」へ、再訪問 一軒目は軽めにしておいたが、軽くアルコールを注入したので空腹感はベスト。 鮨屋で食事する時、最近思うのが一杯目ビールを注文する方多いじゃ無いですか?私もその一人なんですが、ビール飲んでいる途中一品目が出てきて、大体日本酒に合う料理だったりしない? ちょっと待てちょっと待て!これなら日本酒頂きたい、と思いビールを一気飲みして慌てて日本酒を頂く。 最初の忙しなさが嫌で、鮨屋へ食べに行く時はなるべき0次会をしてビールを飲んでから行くようにしています。 東口で食事していたので、真逆だった。 大宮駅をつっき抜けて看板もない「たちのみいしまる」へ到着。 初めての方は分からないであろう雑協ビル。 昨年訪問した時は、「」店主と待ち合わせして行ったな〜。 4時間立ち飲みでお酒をガンガン飲み、終いには帰りの電車(ボックス席)で缶酎ハイ買って、プシュッと乾杯しながら帰った。 案の定寝過したらしく(鮨かの店主が)、女将さんから『ちゃんと連れて帰って来てよー!』と、冗談交じりでメッセージが来た日が懐かしい(笑) 一年あっという間! と、そんな話はどうでもよく、早速階段上げりお邪魔しましょう。 「たちのみいしまる」のコース料理を堪能する と、言うわけで日本酒からスタート! 前回と同じ、鞍掛豆。 平目刺身は、煎り酒で頂く。 煎り酒、お店によって作り方が全然違い味も異なる。 一種の調味料なのでネタが生きるも死ぬも作り手次第。 まっ、江戸時代の万能調味料なので何に付けても旨いの正直な意見(笑) ただ、旨過ぎて日本酒があっという間になくなり次頂く。 ねっとりした酸味のある鰹(カツオ)。 ナガスクジラの刺身はさらに香りが強く、フレーバーが心地良い。 旬が終わりかけている蛍烏賊(ホタルイカ)。 終わりかけが一番美味いんだよな〜 さっ、今日はどのくらい飲むのでしょうか(笑) 口内さっぱりと、菜の花のお浸し。 程良く苦く、青臭いが食べていて嫌味は一切無い。 鮟肝(あんきも)。 旬では無く脂は少ないが、綺麗で上品な味付けが舌を纏ってくれる。 最近日本酒ばかりでは飽きてくる事が多く、鮨屋でもハイボールか焼酎ソーダ割りを飲むことも多くなった。 日本酒、確かに鮨に合うけど三杯目くらいから味の違いがわからなくなってくるんだよね(笑) 桜鱒の花山椒乗せ。 花山椒、一時しか取れないシーズン物で珍しいと言うだけでブランド価値が成立している。 花山椒の季節はここの和食屋!と、豪語している人らも多いが、そんなに美味しいか?ただ、珍しいだけど味は無いし、多少舌をビリビリ刺激してくれるだけの食材だよ。 松茸もそうだし、鮨屋で言うと新子(小肌の稚魚)も大して旨くないからね(笑) なので私は無理して高い食材を買わなくていいと思っている。 子持ちヤリイカと真蛸。 火入れ加減が好みで柔らかい。 真蛸は噛む度、甘味が出て来て柚子の風味も楽しめる。 ガリが出て来て、後半の握りに入っていく。 マコガレイ。 鮨を食べた瞬間驚いた。 前回とは想像もつかない程シャリに塩味が効いていてパンチがある。 しかも淡白なマコガレイが塩味と米の甘味、さらには高温のシャリのよってパッと香りが立つ。 金目鯛(キンメダイ)。 正直想像もしていなかったクオリティの鮨に驚く。 鮨を独学で学び、ここまでの完成度は凄いとしか言いようが無い。 本鮪赤身。 そして鮪のこだわりも半端ない。 某有名仲卸に方から仕入れている今日の鮪は、程良く柔らかく酸味の香りが特徴。 生鮪で定置網か延縄かな?と思っていたら、なんと冷凍だと。 しかも昨年の物らしく、状態と管理が滞っているからこそのクオリティだとか。 本鮪中とろ。 冷凍と聞いただけで淘汰していた自分がアホだと思わさせられた本鮪。 鮪に標準を合わせて完成させたシャリとの相性は食べたら言葉が出ない。 小肌(こはだ)。 九州の小肌は脂が乗っている。 春子鯛(カズゴダイ)。 数々の春子鯛を食べて来たが、湯引き、昆布〆、寝かせる。 食べた瞬間の柔らかさ、いや柔らかいだけで無くここでもシャリが先行してネタを活かしている感じだ。 墨烏賊(スミイカ)。 ネタによってシャリの温度を上下させバランスを保つ。 赤貝(アカガイ)。 本当に驚いている!昨年食べた鮨は何だったのか??ここまで変化を出来たのは、鮨屋で修行していないから柔軟にこなせたのか。 雲丹(ウニ)。 間違いなく、自分が食べたい鮨を妥協無く熱心に研究した結果だと思う。 車海老(クルマエビ)。 普段は茹で置きしているのを特別茹でたてで出してくれた。 私が茹でたてを好きな事を知っていてだ(笑) お椀はナメコ汁。 煮蛤(にはまぐり)。 最後の出す煮蛤も結構勝負している。 というか攻めていると思う。 握りの最後、穴子でしめるお店が多く、小骨を感じたりシャリとのバランスが悪かったり感じる時がある。 煮蛤は特に茹で時間と漬け具合のバランスが難しい。 固過ぎたり甘くなり過ぎたり、お店のよってバラバラで季節によっても左右される。 だが、しっかりと決めて来た。 女子フィギュアスケートで言うところの、トリプルアクセル成功!!(笑) 玉子焼き。 姫きゅうりと赤貝のヒモの中巻き。 干瓢巻きも頂きご馳走様。 (干瓢が少し塩っぱかったのは気のせいかな?飲み過ぎて舌が可笑しくなっていたのでしょう(笑)) 関連する記事• 2018. 23 数年前に、東京都内の立喰寿司屋を1日で5軒ほど回ったことがあります。 なんでかっていうと、当時の職業的に色々と調査しに行きました。 その時に初めて行っ[…]• 2020. 20 五反田にある大衆寿司屋「すしやの馬太郎」へ、友人数人で行って来た日の事。 恵比寿の某イタリアンで軽く食べ飲みし、もう一軒飲みに行こうと決めたのが「馬太[…]• 2020. 09 半年ぶりに訪れた「すし匠」(四ツ谷)。 前回は常連の友人に無理言って連れて行って貰い、さらにお店の方にも無理言って次回の予約も取らせて頂いた。 予約が取[…]• 2020. 27 移転後、初めての「麻布十番 秦野よしき」。 同じ麻布十番内での移転、店名も変え内装も劇的に変化したそうで楽しみに向かった。 先日札幌の名店「鮨一幸」で[…].

次の

たちのみや

たちのみ

人気の福岡の一人飲み居酒屋・立ち飲み屋1つ目は、角打住吉酒販です。 こちらのお店では、店内で販売しているお酒やおつまみを、気軽に立ち飲みで楽しむことができるお店です。 唐津焼の器を使っており、そこに盛られている料理も全て、店内で販売している食材を組み合わせたものであるようです。 一品料理はもちろん、おつまみなど九州の美味しいものが並べられており、お酒だけでなく器から楽しむことができるお店でもあります。 名物であるイロハニ枡は、オリジナルの日本酒を飲み比べできます。 九州の地酒から、日替わりでセレクトされたモダンや、クラシックの日本酒の違いを味わうことができます。 それだけでなく、ビールやワイン、焼酎などの種類もかなり豊富に取り扱われており、こちらのお店はJR博多駅内にあるので、仕事帰りにはもちろん、旅の締めくくりにも気軽に立ち寄ることができるお店です。 こちらのお店は、薬院大通駅から歩いて3分ほどのところにあるお店であり、立ち飲みを気軽に楽しむことができるお店です。 日本酒も300円というかなり安い価格で販売されており、様々な銘柄を楽しむことができます。 さらにこちらのお店は、ワインボトルも1600円で楽しむことができ、200円からおつまみも用意されているので、かなり安い 値段でお酒を楽しむことができるお店です。 こちらのお店は、かごにお金を入れて、注文の品が来る事にお金を持っていくという斬新なシステムです。 いつもお客さんで賑わっているようです。 こちらのお店では、12時からお酒が飲める立ち飲みスペースと、居酒屋ダイニングが共存しているお店です。 博多駅から歩いて3分ほどのところにあり、居酒屋ダイニングが共存していることから、おつまみが絶品であると評判のお店です。 そんなこちらのお店では、甘めの白味噌ベースで柔らかく煮込まれたもつ煮込みや、分厚くてジューシーな自家製炙りチャーシューがおすすめであるようです。 昼間からお酒を飲むことができるので、ランチと共に楽しむことができます。 ちゃんぽんや、ナポリタンランチなど、ランチメニューも豊富です。 こちらのお店は、博多駅から歩いて2分ほどのところにあるお店です。 こちらの店は、ホルモン料理と串焼きが名物となっているようです。 さらに2000円あれば、ほろ酔いになれるほど安い価格で提供されているお店です。 そんな安い価格で提供されているだけでなく、美味しいおつまみもたくさん種類が取り揃えられているので、年齢問わず人気があるお店です。 夕方では満席になるほど人気があります。 こちらのお店は、九州道記念館駅から歩いて4分ほどのところにあるお店です。 外観はとても小さな酒屋さんですが、中に入ると立ち飲みできるスペースがあり、こじんまりしたお店だからこそ、落ち着いてお酒とおつまみを楽しむことができるお店です。 こちらのお店では、角打ちも楽しめて、おかみさんの手作りのおつまみとお酒を楽しむことができます。 昭和チックな外観で、少し分かりにくい場所にあるので、見つけるのには少し時間かかりそうですが、どれも手頃な価格で楽しむことができるので、一人飲みにはぴったりなお店です。 こちらのお店は、祇園駅から歩いて6分ほどのところにあるお店です。 入り口は完全にオープンとなっており、冬場は透明のビニールカーテンで覆われています。 生ビールが290円と、かなり安い価格でお酒を楽しめます。 またこちらのお店は、それだけでなく、飲み物のほとんどが290円であり、一品料理は200円と300円がメインとなっているようです。 かなり安い価格でお酒とつまみを楽しむことができるので、気軽に立ち寄って一人飲みを楽しむにはとても最適な店です。 女性一人でも気軽に立ち寄れるお店です。 こちらのお店は、天神南駅から歩いて7分ほどのところにあるお店です。 築50年という昔ながらの長屋を改装している店内であり、1階にはカウンター席とダイニング席、2階にはレトロモダンなソファー席と座敷が設けられています。 そのため女性の一人飲みでもカップル、グループでもゆったりと過ごせるお店となっています。 またこちらの店は、店主がもてなしてくれる自慢の燻製料理が、3日間かけて熟成させているため、かなり絶品であると評判です。 オリジナルのお酒もあり、燻製とお酒をゆったりと楽しむことができるお店です。 こちらのお店は、カウンターやテーブル席など、全部で24席が設けられているお店です。 エジソンランプが使用されているので、暖かな光と木目を基調とした落ち着いた雰囲気の店内で、お酒をたっぷりと堪能できます。 またこちらのお店は、イタリアンや和食も堪能することができるお店で、もつ鍋や水炊き、新鮮な刺身など、福岡ならではの料理をたっぷりと堪能することができるお店です。 カウンター席では店員さんとの距離が近いため、初めての一人飲み女性でも十分に楽しめるお店となっています。 こちらのお店は、角打ちを楽しむことができるお店です。 立ち飲みはもちろん、座って飲めるスペースも確保されているので、その日の気分によって、お酒を楽しむことができるお店です。 またこちらのお店では、それぞれのテーブルに網が設けられており、とれたての海の幸を自分で焼いて食べることができるお店です。 自分のペースで食べたいものだけを自分で焼いて食べることができるので、一人飲みならではの贅沢を楽しむことができるお店です。 こちらのお店は、地下鉄天神南駅から歩いて2分ほどのところにあるお店です。 こちらのお店では、新鮮なお肉や居酒屋のような揚げ物や一品料理を食べることができるバーです。 そのため一人飲みでもおすすめのバーとなっています。 またこちらのお店では、ドリンクメニューもかなり豊富であり、ビールやカクテル、ワインなどが60種類以上もあります。 さらに、フリードリンクが平日時間無制限で1500円という、かなり安い価格で販売されています。 通常であればで、一杯500円の生ビールも、メニューの中に入っているので、とてもおすすめです。 こちらのお店は、地下鉄天神南駅から歩いて5分ほどのところにあるお店です。 お昼はパンケーキで有名なカフェですが、18時からのディナータイムになると、常連客で賑わうバーへと変化するお店です。 スタッフはイケメンが多いと評判のようです。 さらにこちらのお店は、ペットと一緒に入店することが可能であるため、ペットを飼っている一人暮らしの人でも、気軽にお酒を楽しむことができるお店です。 ビールやワイン、カクテルなどの種類も豊富で、一杯500円からとなっています。 チャージ料もないため、お金を気にせず、気軽にお酒を楽しめるお店です。 Manly 住所 福岡市中央区今泉1丁目18-55 天神南ロイヤルハイツ 1階 営業時間 12:00〜24:00 定休日 無休 またこちらの記事では、福岡から近い広島の居酒屋や一人飲み屋などについてご紹介しています。 広島にも魅力的なお店がたくさんあり、是非立ち寄った際はこちらで紹介してるお店も、参考にしてみてくださいね。 福岡のおすすめ一人飲みバー3つ目は、ShellyBeachです。 こちらのお店は、マンリーというお店のすぐ近くにある、おしゃれなビーチサイドカフェのような雰囲気の、店内となっているお店です。 上記でご紹介したマンリーの姉妹店であり、イケメンが揃っていると評判で、女性にとても人気のあるバーです。 またこちらのお店は、ドリンクメニューやフードメニュー全てが、380円からととても安い価格で提供されており、ビールやカクテル、ハイボールなどのドリンクメニューは、40種類以上も取り揃えられています。 ウィンナーと生ハムの盛り合わせでも、1000円で楽しむことができるお店です。 さらにこちらの店は、マンリーと同様に、ペットと一緒に店内に入ることができ、カウンター席は少ないですが、その他にもテーブル席やオープンデッキスペースも設けられているので、夜の風を浴びながら一人飲みを楽しむことができるお店でもあります。 ShellyBeach 住所 福岡市中央区今泉1丁目18-3 ルピナス本庄 1F 営業時間 12:00〜24:00 定休日 無休 福岡で一人飲みを楽しもう! いかがでしたでしょうか。 今回は福岡で一人飲みを楽しめるお店についてご紹介しました。 女性一人でも楽しむできるお店もたくさんあり、安いお店から人気の店まで、たくさんのお店の中から厳選してご紹介しました。 今回ご紹介したお店は、気軽に一人でも立ち寄れるお店ばかりです。 その他にもたくさん魅力的なお店はありますが、是非今回ご紹介した一人飲み居酒屋・立ち飲み屋、また一人飲みを楽しめるバーを参考に、この機会に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 またこちらの関連記事では、同じ九州である熊本のおすすめの一人飲み屋などについてご紹介しています。 是非熊本に立ち寄った際は、こちらの関連記事にご紹介しているお店も、参考にしてみてくださいね。

次の