ヌメロ ニアス ヌメロ ニア。 CiNo.1000 夢幻虚光神ヌメロニアス・ヌメロニアとは (カオスイマジナリーナンバーズセンムゲンキョコウシンヌメロニアスヌメロニアとは) [単語記事]

【遊戯王】ゆっくり解説「邪神ドレッド・ルート」【OCG】 [ニコニコあっぷる]

ヌメロ ニアス ヌメロ ニア

現れろ、! 混沌の憂えは、浅ましき人の業。 壌の夢は、窮の幻。 虚ろのよ、闇をもて、にを。 虚ロス! CNo. 1000 夢幻虚神ヌメロニアスとは、「」に登場するである。 概要 ・のを得たの、が使用する「の化身」。 」と名のつく以外とのでは破壊されない。 このが自分上に存在する限り、 相手上に存在すると名のつくの効果は効され、 攻撃宣言をする事ができない。 フェ終了毎に、相手上に存在するを全て破壊する。 その後、このへ送られた全てのを 自分上に表側守備表示で特殊召喚する事ができる。 このが破壊される場合、 代わりに自分上に存在する1体を破壊する事ができる。 1に1度、上に存在する1体を選択し、 このの1つを取り除いて発動する事ができる。 選択したを破壊する。 その後、破壊したののから と名のつく1体を、選択したの存在した上に 召喚条件を視して特殊召喚する。 この効果は相手でも発動する事ができる。 「・」を破壊されてしまったが、「・・リ」の効果によって12の扱いとなった「」、「」、「・」、「」、「」を・として。 の攻撃を以っての「」へ攻撃、の「潮の利」によって攻撃を半分にされ、破壊もできなかったが、2人に大を与え、さらにへも攻撃した。 直後に効果でを破壊し、それを奪った。 とは・・。 「」をされるが、それに対してこのの効果を発動、を破壊し、のから「」を特殊召喚させ、こので効果と攻撃を封じた。 だが、とはさらにとなる。 トリプル・によって創造された「ZS-双頭」のために、・ヴィクトリーと双頭のを合わせて攻撃00となった「」の攻撃を受けてしまう。 それで破壊されてしまったかに見えたが、のを身代わりとして破壊をまぬかれる。 フェ終了時に相手のを破壊し、効果でたちの4体を奪った。 「・」でたちの伏せをまとめて除去し、で勝負を決めようとしたが、その間、で命を落としたがたちの前に現れ、「」がする。 0がこののをとして特殊召喚され、このの攻撃を0にしては打ち消された。 もこので0を破壊するが、0の効果でののもしてしまう。 だが、このが破壊されたことでさらなるのが開かれる。 のこのを・として、「」をした。 作中では、「ロス」と名のついたを定する「・」が登場していた。 こののほか、上記のロス・ロもその対となる。 名のについて、「必勝!」では、の、画像ともに「虚」の「」の字を「じん」と読ませているが、放送時のでは「しん」と読ませている。 この記事のは前者を採った。 攻撃という破格の数値を持つ。 ・、、いずれをみても、に表記された数値の最大は0であり、その2倍であるの数値は前代未聞(ただし、版「混沌幻魔アーミ」は効果で攻撃がする)。 とはいえ、後に続くロス・ロはさらに10倍の攻撃だが。 言葉の通りに意味をとらえるならば、このも「・」に含まれることになるが、「」に記されているの定がその定義であるとするならば、このは含まれないことになる。 では特にこのが・として扱われているような場面はない。 ちなみに、このの名は・同様のいで表記されているが、これは単に、このも・同様に独自のだからだと思われる。 通常の00を飛ばして、いきなりがされたため、化前の00がどのようなものであるかは一切不明。 類例に「」があるが、向こうは上に化前のNo. 5の名前が記されていたため、一応その存在だけは知ることができた。 このの場合はそのような記述がなく、通常のとは異なる特殊な出自であるため、そもそも00というが設定上存在するのかすら不明。 このがされる際の演出では、のによってした際のと同様に、の紋章があしらわれた門の鎖がちぎれて開かれるが、それと同時に門自体がし破壊されている。 ドン・サウザンド/モンスターB の「の日」ので専用として登場。 「/C」の効果でのみ特殊召喚できる。 1 :フェ終了時に、相手上に存在するを全て破壊する。 その後、この効果で破壊された全てのを 自分上に表側守備表示で特殊召喚する事ができる。 2 :上に表側表示で存在するこのが破壊される場合、 代わりにこの以外の自分上に存在する1体を破壊する事ができる。 -CNo. 1000 夢幻虚神ヌメロニアスを召喚!- ではない、種族とがない、もない、はの紋章が大きく描かれているのみ、名が違うなど、いろいろと違うが、欄の一番下の一文を見るに設定としてはこれが「CNo. 1000 夢幻虚神ヌメロニアス」らしい。 「/C」は「・・リ」に相当するため、似たような雰囲気にならないこともない。 1 の効果は、と異なり特殊召喚できるのはこの効果で破壊したもののみとなった。 2 の効果はほぼそのままで、の効果と攻撃を封じる効果と、の破壊&相手のを特殊召喚する効果はされた。 関連動画 CNo. 1000 夢幻虚神ヌメロニアスに関するのを紹介してください。 関連商品 CNo. 1000 夢幻虚神ヌメロニアスに関するの商品を紹介してください。 関連項目• ・を発動してNo. 1~No. 4を召喚した後に、・・リを使って、ロスを召喚する必要がある。 ・でから・を発動できるのは1に1度だけなので、ロスを召喚するには2が必要。 また、・と・・リを発動するは、他の・をから発動できないので、相手の行動に対して対応らい 書き換えができない。 さらに、の枚数は15枚までなので、ロスは2体までしか出せない可性が高い。 3体のロスを出すにはNo. 1~No. 4を3 12枚 と3枚のロスが必要になる。 シニャとロス・ロをに入れられなくなる。 個人的には、これでも十分強いと思うが。 成立したヤタを突破でき 省略しています。 74 ななしのよっしん.

次の

《CiNo.1000 夢幻虚光神ヌメロニアス・ヌメロニア》

ヌメロ ニアス ヌメロ ニア

今回はついにOCG化が決定した ドン・サウザンドの【ヌメロン】デッキを紹介!! …まさか…本当にOCG化するとは…Z-ONEの【時械神】のOCG化の時も確かに驚きましたがZ-ONEのカードはインフレが進んだ今だと若干低速のためほぼそのままで出せるとは思っていましたが、ドンさんのカードの場合展開力とかが高い事もあってまさかアニメとほぼ同じでカード化するとは思いもよりませんでしたよ…w …現状のゲート関連だけでも十分強力とはいえやはりここまできた以上は《ヌメロニアス・ヌメロニア》達も良い調整して出して欲しいです。 …ぶっちゃけ《ヌメロニア》についてはあのまま出しても妥当すぎるレベルですし… アニメの演出でかなりの壊れに見えますが実際の素材を考えるとあの効果でももう少し強くしてもいいレベルですしね。 《カオス・リチューアル》もそのまま出すにしても現在の環境で2ターンを必ずまたがないといけない以上はそこまで壊れではないですしね。 早く来年になって《ヌメロニアス》達が(ちゃんと調整されて)来て欲しい… …本当《ヌメロニアス・ヌメロニア》については余り期待しないけどそこまで調整が必要ない《ヌメロニアス》は《カオス・リチューアル》共々そのままで出して欲しいです…ただ最近のはもうインフレ仕切ってしまい若干やけくそ気味になっているので意外と期待出来そうではある。 アニメ版と違い各門はモンスターとの戦闘時にしか倍加効果を使えないためハーフ・シャフトで相手に破壊耐性を付加し、タコ殴りにします!! 《ヌメロン・フォール》とは少々噛み合わないとは言えやはり本人の名前が入っている以上《ドン・サウザンドの契約》も投入!ドロー加速と門で削る際の補佐を狙う!! なるべくドンさんをイメージし、モンスターカードは少なめにしたいのと《ゲート・オブ・ヌメロン》殴る事で決めたいのでかなり尖った構築になっています。 には《カタパルト・タートル》を採用。 このデッキは《》も採用しているため上手く使い分けていきたい。 …うん。 まあ、こんな感じですね。 再現度が高い分、逆に頭を悩ませましたね…w しかし、まあ、何度も言うようで申し訳ありませんが本当…このOCG化はGJ過ぎる…これでZ-ONEについでボスのカードがOCG化された事でOCGでもボス対決がより楽しめるようになったのが本当嬉しすぎる…現状戦えるレベルに達しているのはインフレが進んだ最新作の恩恵を受けたAiちゃんとズァーク、Z-ONE、そして、今回のドンさん。 …ダーツは本当どうするんだろう…ダークネスはメインのカードがOCG化してないおかげで全然希望が持てるけどダーツはもう…(更に言えばダークネスさんはOCG化したカード自体はアニメの効果と特に剥離があるわけじゃない分余計ダーツの悲惨さが目立つ…) ともあれこの調子で今までなら「いやいや、これOCG化しねぇだろ」ってカードを消化していって欲しいです…セルゲイの《地縛》本当期待しているぜ…(セルゲイについては言うほどもう再現が難しいカード群でもないですしね。 …寧ろ現環境に対応するためにどれだけあの少数精鋭を動かせるようにしてくれるかが楽しみだ…) …と今回はOCG化が決定した題材が題材だけにかなり語ってしまいましたね…w また何か思いつき次第更新します!! yumatoraru.

次の

感想

ヌメロ ニアス ヌメロ ニア

このカードを通常召喚する場合、自分フィールドの 「No. 」と名のついたン1体をリリースして召喚しなければならない。 1 :1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上のモンスター全てをリリースして発動できる。 リリースしたモンスターの攻撃力分のダメージを相手プレイヤー1人に与える。 「ドン・サウザンド/魔法C」の効果でのみできる。 1 :バトルフェイズ終了時に、相手フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。 その後、この効果で破壊された全てのモンスターを 自分フィールド上に表側守備表示でする事ができる。 2 :フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊される場合、 代わりにこのカード以外の自分フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する事ができる。 自分フィールド上に表側表示で存在する 「ドン・サウザンド/モンスターB」が破壊された時のみ手札からできる。 1 :このカードはカードの効果では破壊されず、攻撃宣言できない。 2 :このカードが自分フィールド上に存在する限り、 相手はこのカードを攻撃対象に選択しなければならず、 選択しなかったプレイヤーはエンドフェイズ時、デュエルに敗北する。 このカードは墓地へ送ったカードの効果を得る。 この効果は相手ターンでも発動出来る。 1ン」「No. 2ン」 「No. 3ン」「No. 4ン」(攻2000/守0)を1体ずつする。 このンは全て以下の効果を得る。 」と名のつくンの攻撃力は倍になる。 手札・デッキから「ドン・サウザンド/モンスターB」1体をする。 相手モンスター1体のを無効にし破壊する。 その後、相手のデッキからモンスター1体を選択して相手フィールド上にする。 魔法カードの発動を無効にし破壊する。 その後、相手のデッキから魔法カード1枚を選択して相手フィールド上で発動する。

次の