倍増 類語。 「倍増」に関連した英語例文の一覧と使い方

「倍増:ばいぞう」(倍が入る熟語)読み

倍増 類語

「一助」の意味と読み方とは? 「一助」の意味は「多少の助け」 「一助」とは「多少の助け」という意味があります。 何か困っていることがあったり、何かが足らないような状況において、全部とまではいかないが「多少の助け」となるもの、「何かの足し」という意味で使われます。 「一助」の言葉が示すように、十や百のの助けではなく「一つばかりの助け」という意味を持ち、少しの力、支えになるようなことを表す言葉となります。 「一助」の読み方は「いちじょ」 「一助」は「いちじょ」と読みます。 「一助」は誤読が多い言葉の一つで、「いちすけ」や「かずすけ」などど読んでしまう場合があるようです。 正しい読み方は「いちじょ」となりますので、気をつけましょう。 「一助」を使い方と例文 「一助」は力を貸す時に使う控えめな表現 「一助」は基本的に困っている相手やネガティブな状況を助ける、という意味を持ちますが、全面的な協力や大々的な支援をするといったニュアンスとはややかけ離れます。 「一助」とは、大したことはできないかもしれないが、部分的に役に立つと考えられることをしたい、または出来る限りの力や支援を提供し、少しでも役に立つことを望む、といった意味で使われます。 そのため「一助」は相手に対してやや控えめで謙虚な印象を与えることが多い表現となります。 「一助」は相手に尊敬の意を表し、相手への真摯な気持ちを伝えることができる控えめな表現です。 こちらから「何かをしてやる」といったニュアンスはなく「力添えをさせていただく…」といったニュアンスを含むため、ビジネスシーンでも好んで使われる一語となります。 「一助」は「少しの足し」という意味でも使われる また「一助」は純粋に「少しの足し」という意味でも使われます。 たとえば、普段の生活の中では「家計の一助(家計の助け)」や「学校生活の一助(学校生活を助けるもの)」、また「募金活動の一助(募金活動を支えるもの)」などのように使ったりします。 また、状況が常に動いているビジネスシーンでは、情報や関係データ、資料や社内メールなどに対し「理解の一助(理解を助けるもの)」と言ったり、「進行の一助(進行を足しになるもの)」と言ったりすることがあります。 もっとも、繊細なビジネスシーンではやや堅苦しい表現を用いるあえて傾向があるため、「一助」という表現が好んで選ばれているのかもしれません。 「一助」を使った例文• ビジネスマナーや社会人としての心得も、新人教育での一助としたい。 月に3000円ずつ貯金すれば、いずれ最新の携帯電話を購入する一助となるだろう。 SNSを使って自分の店を紹介したことが、利益倍増の一助を担ったなったようだ。 ほんの一助にすぎないが、ボランティアで募金活動を手助けをした。 ベンチャー企業に対する理解の一助になるべく、経験談を踏まえたインタービューを決行した。 私の意見が学童再建の一助になれば幸いです。 新人でございますが、企業の一助になれるように努力してまいります。 ここは地元の皆様のお力添えを頂戴したく、何卒応援のほどよろしくお願い致します。 両親の力添えがなければ、こんな一流企業へは就職できなかった。 「一助」の英語フレーズと英語例文 「一助」は英語で「help」「support」 「一助」を英語で表す時は、難しいことは考えずシンプルに「help」や「support」を使いましょう。 「多少の助け」「わずかな支援」という細かい意味にとらわれて「little help」や「small support」などと忠実に訳さなくても意味はしっかり通じます。 「一助」をつかった英語例文• Please refer to this marketing data to support your understanding. 理解の一助として市場データを参照して下さい。 Even though a small amount of saving can be the help when in emergency. 少しの貯金でも必ず非常時の一助となる。 まとめ 「一助」は「多少の助け」「何かの足し」という意味を持つ言葉です。 普段の生活でも使うことはありますが、ややフォーマルな印象を与えるため、ビジネスシーンや公共の場面で用いることが多い表現となります。 また「一助」はビジネスシーンにおいて相手に謙虚な姿勢を見せることができる言葉でもあります。 謙虚な姿勢を表し「助けたい」気持ちを伝えることができるため、相手に好印象を与えることもできるでしょう。 ぜひ、類語や英語表現もあわせて理解し「一助」を適切に使っていきましょう。

次の

「倍増」に関連した英語例文の一覧と使い方

倍増 類語

みなさんは、類語辞典って使ったことありますか? 僕は 2浪して語彙力の必要性を意識するまで、正直使ったことがありませんでした。 だって、類語辞典って使いどころが難しいと思いませんか? 普通の辞典なら「この言葉の意味ってなんだろう?」と思ったらすぐ引けばいいわけですが、しかし 「この言葉の類義語はなんだろう?」と考えることって少ないですよね。 というか、そんなことを思ったことのある人のほうがまれだと思います。 だからこそ、 類語辞典は使いどころが難しい辞書です。 しかし実は、類語辞典を使って類義語を調べるのは、 手っ取り早く語彙力を身に付ける最適な方法なんです。 どれとどれが同じ言葉で、どういうふうに使い分けられているのかを理解できます。 たとえば「日和見主義」の類義語はなんだろうと調べて「事大主義」「御都合主義」などの類義語を理解し、その使い分け方も同時に調べる。 「この言葉とこの言葉は一緒なんだ!」と言葉同士のつながりを理解し、 言葉のネットワークを作っていくと、多くの語彙をいっぺんに身に付けることができるようになるのです。 類語辞典は、違う言葉にジャンプするために使う 僕は類語辞典を、 「その言葉の類義語」を調べ、さらにその類義語を他の辞書で調べるために使っていました。 「え!? 類義語なのに、わざわざもう1回調べる必要あるの?」と思う人もいるかもしれませんが、これが意外と有効です。 言葉が変わると、たとえ類義語でも説明が結構変わったりするのです。 たとえば日和見主義は「自分の都合のいいほうにつく態度」といった説明がなされていますが、その類義語の事大主義は「勢力の強いほうに付き従う態度」とった説明になっています。 微妙に意味が違いますね。 また、意味が1つだけという言葉は、あまり多くはありません。 むしろ2つか3つの意味があるほうが多く、そしてその意味の中の1つが類義語となっていることが多いんです。 この「日和見主義」にも2つほどの意味が存在し、そしてその中の1つが「事大主義」と類義語になっているのです。 だからこそ「日和見主義」と「事大主義」は同じ部分もあれば違う部分もあり、双方を調べる価値があるわけです。

次の

「変わるべきもの」と「変えてはいけないもの」

倍増 類語

男性が甘いものを苦手な理由は「本能」!? 男性に甘いものを苦手な人が多いのはなぜでしょうか? それには「本能」が関係していると言われています。 甘いものというのは総じて高カロリーのものが多いですよね。 ケーキやアイス、お団子にジュース。 加工食品でなくとも、トウモロコシやかぼちゃ、黒豆など、もともと甘く高カロリーの食材もたくさんあります。 昔、私達人間が狩りをして生きていた頃には、こうした高カロリーの食べ物は主に女性が食べていたと言われています。 当時は、好きな時に好きな物が食べられるような現在のような社会ではありませんでした。 特に妊娠・出産は、女性にとって、まさに命がけ。 リスクを減らすためには、適度な皮下脂肪を蓄える必要がありました。 次にいつ食事が摂れるか分からないような状況下で、効率よくカロリーや栄養を摂取するためには、甘いもの、つまり高カロリーの食材を好んで食べることは必要不可欠だったのですね。 そうした女性側の理由から、当時の男性は甘いものを意識的に避けていたようです。 それはつまり、食事の奪い合いを防ぎ、かつ子孫を増やすためのいわば野生の知恵だったのでしょう。 また、甘いものは狩りをするうえで不向きであると考えられていたのではないか、という説もあります。 甘いものを食べると血糖値が上がって眠気を感じやすくなり、そのカロリーはほとんどが脂肪に変わります。 太ればそのぶん動きは鈍くなりますから、素早く獲物を捕まえることができなくなり狩りの失敗率が上がってしまうというわけですね。 「甘いものが苦手という思い込み」味覚は育ってきた環境で決まる理由 生き物というのは自分の味覚に対して非常に保守的です。 今まで食べたことのないもの・味を初めて食べる時はなんだか怖くありませんか? このような感情は、新しいものを自分に取り入れるということに対する躊躇からくるものです。 実は、味の好みが確立する時期である子供の頃に甘いものを食べる機会がなかった、あるいは少なかった人はそうでない人に比べ、「自分は甘味が苦手だ」と思っている割合が多いのです。 「九州男児」・「男たるもの」・「女々しい」など、昔からその性別によって行動が制限されてきた日本では特にそういった傾向が強いようで、現代もなおその風潮は残っています。 未だに男1人でスイーツを食べにいくのは…などと言われているくらいですからね。 逆に、「女の子なのに甘いものが苦手なんて」と言われてきた女性も反発心から甘いものが苦手になるケースがあるようです。 味覚には育った環境が大きく影響します。 子供の頃、甘いものは馴染みが薄かった、気楽に食べられなかった。 甘いものが苦手な理由はそうした子供の頃の環境が原因なのかもしれませんね。 人は学習によって好き嫌いが変わる?理由はアレルギーの可能性も 「もともと甘いものが苦手な理由」は、2通りありました。 では、今まで好きだったのに急に甘いものが苦手になる理由としてはどんなことが考えられるでしょうか? ここからは急な味覚の変化の理由について知っていきましょう。 まず1つ目は「経験」によって甘いものが苦手になったパターン。 例えば、甘いものを食べ過ぎて気持ち悪くなった・悪いことが起きた、というようなことですね。 何年か前に食事をしたこのお店。 ここが果たして美味しかったかどうかは記憶がぼんやりしていて思い出せないのに、別の日に行った不味いお店のことはやたら覚えている…なんて経験ありませんか? 私達の脳は良い思い出よりも悪いものの方を強烈に記憶します。 甘いものを食べたとき、あるいは食べようとした時にたまたま何回か体調が悪くなった経験が続くと、人は「甘いものを食べる」行為自体をためらうようになります。 「経験」「記憶」「学習」は、私達が生きていくためには非常に大切な機能ですが、神経質になる元でもある訳です。 ちなみにアレルギーを発症すると、今まで美味しく食べられたものが急に苦く感じたり、口の中が気持ち悪いような感覚になったりと、その食品が不味く感じられるようになる人は多いようです。 アレルギーは命に関わるものです。 例え軽度だったとしても、突然重篤な症状が出ることもあります。 もし今まで好きだった食べ物が急に不味く感じたら、それはアレルギーが原因かも知れません。 今までと別人のように…女性特有の味覚変化 女性の体質が最も大きく変わるのはいつでしょうか? それは「妊娠期」です。 今まで嫌いだったものが無性に食べたくなったり、逆に大好きだったものが一切食べられなくなったり…。 生命の神秘である妊娠・出産は、女性の体のみならず味覚をも変化させる力を持っています。 実は、妊娠中の味覚が変わる原因は未だ解明されていません。 おそらく妊娠によるホルモンバランスの変化によるものだろう、というところまでしか分かっていないのです。 現代の科学をもってしても未だ分からないというのはすごいことですよね。 妊娠をすると、女性の体の中では日々様々な女性ホルモンが増加していきます。 このうち、味覚に関わるとされているのは、知覚を鈍くさせる作用を持つプロゲステロンというホルモンとエストロゲン。 この2つのホルモンは味覚機能、特に甘みの感度を低下させる働きを持っており、増加すると一種の味覚障害のような状態になる訳です。 妊娠前は大好きだった甘いものが美味しく感じず、苦手になってしまう理由はこうしたホルモンの変化によるものなのかも知れません。 ちなみに、妊娠中でも美味しい・味がするとして好まれやすいのは「すっぱいもの」です。 本来酸味はものが腐った時の味。 そのため、体にとって有害な物質であるかどうかの判断をする上で非常に大切なのです。 女性の体は、例え妊娠中でホルモンバランスが変わったとしても、酸味を感じる機能がなかなか衰えないようにできているという訳なのですね。 甘いものが苦手になった理由。 それってもしかして年齢のせい? 「突然甘いものが苦手になった」 考えられる3つ目の理由、それは「加齢」によるものです。 私達の体は、どんなに手間をかけていても年齢とともに徐々に、徐々に衰えていきます。 それは肌や髪、臓器など全てにおいてです。 もちろん胃や腸などといった「消化器官」も例外ではありません。 そもそも日本人の消化器官というのは、欧米人に比べると食べ物や胃液の排出がスムーズではありません。 私達日本人は古来より、野菜や穀物など「和食」を中心とした食生活を送っていました。 主に消化の良い食べ物を主食としていたため、胃自体が強くなくその消化能力も比較的低いとされています。 昔の名残なのでしょうか。 現代でも、私達日本人の胃は欧米人よりもかなり消化が進みにくい形状をしているのです。 このようにもともとの機能が低い私達の消化器官ですが、これに加齢が加わると消化機能は更に低下、胃もたれなどを起こしやすくなります。 先ほど説明した通り、甘いものの多くは高カロリー。 加工食品であれば油っぽいものも多いですよね。 「年々甘いものが苦手になってきた理由」 それは、加齢によって消化機能が落ちたことにより、体が甘いものに対して制限するように訴えかけているからなのかもしれません。 病気が隠れているサインかも さて、「突然甘いものが苦手になる理由」 最後に考えられる理由は「病気」です。 味覚に関する病気というと、多くの人がまずは「味覚障害」という言葉を思い浮かべるのではないでしょうか? 実は、味覚障害という病気は正確には存在しません。 そもそも味覚障害とは、舌や脳などといった「味を感じるための機能」になにかしらの問題が起きることによって出る、ひとつの症状のこと。 味覚障害、というのは病名ではないのです。 味覚障害は腎不全やホルモンバランスの乱れ、糖尿病や過度なストレスなど様々な原因によって発症します。 また、病気の治療のために服用した薬によって症状が出る人も。 妊娠や加齢など、思い当たることがないのも関わらず「ある日突然」好きだったものが美味しく感じなくなる。 それは今まさにあなたの体になにか異変が起こっているのかもしれません。 ちなみに、日常的に味の濃い食事をすることによって、舌に存在する「味蕾」の味覚細胞が減少したために起こることもあります。 味の好みは人それぞれ。 心当たりのある理由は見つかりましたか? 「甘いものが苦手」と一口にいっても、環境や体の状態によって様々な理由があることがお分かりいただけたと思います。 物事には必ず理由があります。 それは味の好みであっても、そう。 あなたやあの人が「甘いものを苦手な理由」 この機会にぜひ考えてみてはいかがでしょうか。

次の