警視庁 免許 更新。 警視庁が運転免許更新を無期限見合わせ!再開はいつ頃で全国に波及するの?

警視庁が運転免許の更新業務休止 今日から : 乗り物速報

警視庁 免許 更新

警視庁は14日、新型コロナウイルスの感染防止対策として、指定警察署などで実施している運転免許の更新手続きを15日から当面の間休止すると発表した。 更新期限を迎えるドライバーには、有効期間を3カ月間延長して対応する。 新規の免許取得についても受験の自粛を要請するが、早急に取得が必要な場合などは受け付ける。 有効期間延長の対象となるのは、更新期限が3月13日から7月31日までのドライバー。 期限までに最寄りの警察署に申し出るか、運転免許本部に必要な書類を郵送して申請する。 警視庁は更新手続きを鮫洲、府中、江東の各運転免許試験場と、神田と新宿の運転免許更新センター、都内12カ所の指定警察署で実施しており、1日平均約6千人が訪れている。 更新手続きの休止は、クラスター(感染者集団)の発生を防ぐためだという。 運転免許試験場や自動車教習所などで行っている高齢者講習と認知機能検査も15日以降はすべて休止する。 すでに予約したドライバーには個別に連絡する。 免許紛失による再交付や住所変更などの記載事項変更、失効による再取得の手続きは通常通り行う。

次の

警視庁が運転免許の更新業務休止 今日から : 乗り物速報

警視庁 免許 更新

有効期間が迫っている人には、で対応するという。 上記公式サイトによると、今回の対象となるのは、「運転免許証の有効期間が令和2年7月31日までの方、又はすでに運転免許証の有効期間の延長措置の手続を行い、延長後の有効期間が令和2年7月31日までの方」。 上記対象期間に免許の更新がある方は、 「運転免許証の有効期間の延長手続」をしたうえで、有効期限が延長される(延長手続を行わない場合、有効期間は延長されず、免許に記された有効期間日に、運転免許は失効する)。 本件は、東京都品川区の鮫洲運転免許センターで新型コロナウイルス感染者が出たため、2020年4月1日から閉鎖された影響が大きいのだろう。 このため東京の運転免許センターは現在、3カ所から2カ所となっている。 【重要な関連記事】 なお、延長手続きの方法は以下のとおり。 1)「運転免許試験場(平日の午前8時30分から午後5時15分まで、日曜の午前8時30分から午後5時15分まで(注)土曜、祝休日は受付せず)」か、「運転免許更新センター」か、「都内の全警察署」(平日のみ午前8時30分から午後5時15分まで(注)土曜、日曜、祝休日は受付せず)に直接行って延長手続きをとる 2)郵送する(詳しい手順はを参照。 直接免許証を送らず、左記公式サイトから「更新手続開始申請書」と「郵送依頼書」をダウンロードし、免許証のコピーを添付したうえで送付すること) 更新手続きを延長した場合でも、延長期限後に必ず更新手続きを受ける必要があるので、その点ご注意を。 この更新手続き休止措置がいつまで続くかの発表はなく、今後の動向を見て期限が決まるようだ。 このほか車検や整備、教習所、自動車関連税の支払いに関しては、以下の記事をご参照ください。

次の

警視庁が運転免許の更新業務休止 今日から : 乗り物速報

警視庁 免許 更新

警視庁は4月15日から運転免許証の更新業務を休止すると発表した。 新型コロナウイルスの感染拡大で東京都などで緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛要請が出されている。 このため、警視庁は4月15日から運転免許試験場、運転免許更新センター、指定警察署12署での運転免許証の更新手続きを休止する。 期間は未定。 有効期限が迫っている場合は有効期間の延長で対応する。 また、4月15日から運転免許の学科試験と技能試験の受験の自粛を要請する。 やむを得ない事情がある場合は各試験場で受験できる。 認知機能検査、高齢者講習は、4月15日から全て休止する。 政府が緊急事態宣言を発令したのに伴って東京都などは指定自動車教習所の運営自粛を要請している。 <追記> 新型コロナウイルスで、政府が緊急事態宣言の発令で先行した7都府県すべてで、運転免許の更新業務などが休止となることが明らかになった。 《レスポンス編集部》.

次の