楽しい時間はあっという間に過ぎる 英語。 ネイティブがよく使う、かっこいい英語表現30選!

よく楽しい時はあっという間に時間が過ぎると言います。でもジ...

楽しい時間はあっという間に過ぎる 英語

ジャネーの法則とは現在進行形の時間軸ではなく、過去を振り返ったときの時間軸なのです。 現在進行形の時間軸で言えば、楽しい時は時間を忘れてしまいますので「もうこんな時間か!」と思ってしまいます。 その逆に暇で閑でどうしようもない時(例えば待ち合わせ場所に先について、相手を待っている時)は、時間の進み方がとても遅く感じるでしょう。 ジャネーの法則で言う新しい経験、刺激的なこととは、記憶に残りやすい出来事のことです。 経験が全くない幼いうちは、記憶に残りやすい体験だらけですから、1年を振り返るととても長く感じます。 ある程度大きくなっても、やはり未体験の出来事は多いですから、それなりに記憶に残ることが多く、1年を振り返ると幼少時よりも短く感じますが、やはり長めに感じるでしょう。 高年になると、日々の出来事はほとんど体験済みのことばかりになりますから、あまり記憶に残ることがなく、1年を振り返るととても短く感じるのです。 このようにジャネーの法則は、1年くらいの過去を振り返った時のその期間の長さの印象のことなのです。 そしてその長短は、新しい経験、刺激的なことなどによって記憶されている量に左右されるという法則なのです。 逆に言えば、年をとっても、生活環境が変わったり新しいことにチャレンジし続けていれば、高年になっても時間を長く感じることになるでしょう。 個人的な体験でも、就職したばかりの数年や、引越ししたり長期出張した頃は、前年よりも長く感じました。 また、勉強や仕事で滅茶苦茶忙しかった頃は、その時点では時間が早く過ぎて困るくらいでしたが、終わってみれば濃密な時を過ごしたそれらの時間が記憶に残り、振り返ってみればその時間を長く感じたように思います。

次の

楽しい時間は過ぎるのが早い!体感する時間の不思議が面白いのでまとめました。

楽しい時間はあっという間に過ぎる 英語

そうです、時間が飛ぶように過ぎていってしまうという意味なんですね。 慣用句として日本語に相当するのが「光陰矢の如し」。 なんとなくイメージつきますか? 例文: How times fly when we are together. 私たち一緒にいると時間が経つのはなんて早いんだ。 Time flies when you are having fun. 楽しんでいる時は時間が経つのが早い。 Time flies when we are busy. 忙しい時は時間が経つのが早い。 例文: Time goes by so quickly. 時が過ぎるのは本当に早い。 Time passes by so fast. 時が過ぎるのは本当に早い。 例文: It takes 30 minutes from the station to my place. 駅から私の家までは30分くらいかかります。 How long did it take to pass the exam? 試験をパスするのにどのくらいかかりましたか? いかがでしたか? 少しずつ覚えて使ってみてくださいね! Good luck!

次の

楽しく過ごしてる時って本当に時間があっという間にすぎるよねって英語でなんて言うの?

楽しい時間はあっという間に過ぎる 英語

「光陰矢のごとし」とよく言いますが、 楽しい時間はあっという間にすぎてしまいます。 日本人は「時間がたつのが早い」という口癖をよく言いますので、 英語でも言えるようにしておくとよいでしょう。 で、「光陰矢のごとし」は英語で、 Time flies like a arrow. と表現します。 実際には「like a arrow」は省略されることが多いです。 Time flies. さて、この表現ですが元々は次のラテン語から来てるようです。 Tempus fugit. これは昔の詩の一部で、英語に直訳すると、 Time flees. だそうです。 「flee」は「逃げる」「非難する」という意味なのですが、 この「flee」を訳し間違えて「fly」になったそうです。 (詳細は英語版のwikipediaをご覧ください) また、この表現を使った言葉遊び(word play)があります。 少し長いので、興味が無ければ読み飛ばしてください。 Time flies like an arrow; fruit flies like a banana 最初の1文(セミコロンまで)は、「光陰矢のごとし」ですが、 2つ目はそれをもじって「ミバエはバナナ好き」という意味です。 「ミバエ」はショウジョウバエの一種です。 これは英語の文法のあいまいさを利用した言葉遊びです。 Time flies like an arrow. は、いろいろな意味に捉えることができます。 人間の理解からすると「光陰矢のごとし」と解釈しますが、 コンピュータなどは機械的に判断するので、いろいろな解釈をしてしまうんだそうです。 そんな誤った解釈と語呂を合わせた言葉遊びが先ほどの文になります。 「like an arrow」は省略されやすいといいましたが、 これを言うと、この言葉遊びを連想する人がいるらしいです。 だから省略するのかもしれませんね。 さて、その他の英語表現も紹介しましょう。 Time went by so fast. (時間があっという間に過ぎてしまいました。 ) 実はこのような表現はたくさんあり、 この例文をベースにしたとして、 一部を変えるだけで、様々な言い方ができあがります。 例えば、 「time went by」の部分は、 time has passed time flies time were gone 「so fast」の部分は、 so quickly in the blink of an eye などです。 どれも同じ意味ですので、気に入った表現を使いましょう。

次の