小説家になろう 職業チート。 小説家の仕事内容・なり方・給料・資格など

限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー|「小説家になろう」レビューブログ

小説家になろう 職業チート

簡単なあらすじ• ありふれた高校生がクラスごと異世界の王国に召喚される。 異世界で戦う為に訓練を受ける。 主人公は勇者ではなく、錬成師(非戦闘系生産職)(そしてオタク)• クラスのほとんどから蔑まれていた。 訓練中の事故(故意)により、主人公はダンジョンの下層へ落下・・・• 圧倒的な恐怖・生への渇望・地球へ帰還を渇望することで、おとなしかった主人公が変貌する。 ダンジョン内で生死の境をさまよいながら、変貌していく主人公。 ヒロイン 正妻 との出会い。 そして・・・ダンジョンをクリアしたら・・・。 ダンジョンの存在する意味・秘密・・・ 世界の本当の姿、そして神とは・・・? 決意を新たに、地球への帰還を誓う! ちょっと詳しく「あらすじ」ネタバレ含む。 物語の始まりは・・・ 主人公の南雲ハジメは高校性。 自他ともに認めるオタクである。 徹夜でゲームをして、登校することも多い。 どうもクラス中から蔑まれ侮蔑されているようである。 かといって身なりが不潔だったり、言動が見苦しかったり、ましてやコミュ障というわけではないが、積極性もとりあえずあまりない。 単純に、創作物や漫画・小説、ゲームや映画が好きなだけだ。 (ちなみにハジメの父親はゲームクリエイター、母親は人気少女漫画家と言う事で、生粋のオタクである。 ハジメはオタク界のサラブレッドであるから、趣味を人生の中心に持ってくることに恥も遠慮もない。 両親ともの仕事をアルバイトとして手伝ったりもしている!) なぜ、そこまで一部の男子生徒からは直接罵られているかというと・・・ 学年一の人気の美少女:白崎香織から構われるからだ。 男子生徒憧れのマドンナが、 オタクでパッとしないハジメに話しかける。 それだけで気にくわないのだろう。 そんな学年一ヒエラルキーの低い南雲ハジメのいるクラスが昼休みに忽然と消えた・・・ そう。 その瞬間に教室内にいた生徒すべてが一緒に・・・ 異世界トータスへの召喚!ハイリヒ王国! 異世界のピンチと言う事で、召喚された南雲のクラス一同(ごく一部の生徒は昼休みに教室にいなかったので召喚を免れた)。 世界を渡るときに、「言語理解」とそれぞれの特性の「職業(ジョブ)」が与えられていた。 白崎香織の幼馴染グループであり、もともと学年でも人気のある正義感溢れる男:天之河光輝が職業『勇者』だ。 一方、南雲ハジメの職業は「錬成師」。 生産職であり戦闘力皆無の職業。 世界を救ってほしいと願われて召喚されたのに戦闘は出来ないと言うことで、異世界の国としても重用できないスキルだった。 召喚されたのは、「ハイリヒ王国」という神山の麓、ここ異世界で絶大な影響力のある聖教教会の本山のお膝元だ。 召喚されたハジメたち一行は、このハイリヒ王国で戦術を学び、戦力を増強しなければならない。 天之河光輝 17歳 男 レベル:1• 天職:勇者• 筋力:100• 体力:100• 耐性:100• 敏捷:100• 魔力:100• 魔耐:100• 技能:全属性適性・全属性耐性・物理耐性・複合魔法・剣術・剛力・縮地・先読・高速魔力回復・気配感知・魔力感知・限界突破・言語理解 と、物の見事に!ステータスは10倍の「100」!! それだけではなく、「技能」の欄にはスキルが目白押しで並んでいる! ハジメは、「錬成」と「言語理解」の2つだけ・・・・。 他の生徒も勇者にはかなわないものの、十分なチートスペックである。 なぜ、ハジメだけが平凡すぎるステータスなのか・・・ このことをネタにまた、檜山達のいじめはエスカレートする。 それを見て、白崎香織は憤然として動き出すが、その前に、担任の畑山愛子先生が怒りの声を発した! 「こらー! 何を笑っているんですか! 仲間を笑うなんて先生許しませんよ! ええ、先生は絶対許しません! 早くプレートを南雲君に返しなさい!」 愛子先生は、生徒を分け隔てなく接する先生の鑑のような人である! ちなみに先生も非戦闘系の転職である。 ステータスは、 天之河光輝 17歳 男 レベル:10• 天職:勇者• 筋力:200• 体力:200• 耐性:200• 敏捷:200• 魔力:200• 魔耐:200• 技能:全属性適性・全属性耐性・物理耐性・複合魔法・剣術・剛力・縮地・先読 高速魔力回復・気配感知・魔力感知・限界突破・言語理解 さすがは勇者である! チート補正もあり、レベルは10まで! ステータスは倍になっている!! しかもちゃんと魔法への適性もある! ハジメは戦闘系のステータスも上がらず、魔法の適性もない為、使うことができない。 しかも唯一の適性「錬成」も直接対象に触れていないと発動できない。 とことん戦闘には向かないようである。 せめて知識だけでもと、訓練の合間に図書館にこもって様々な知識を詰め込むことに・・・ それでも鬱屈してくることは否めない・・・。 訓練には参加するが、やはり著しくステータスが低いせいで「無能」とよばれ、いじめはエスカレートする一方・・・ 挙げ句の果てには、白崎香織に庇われてしまう。 元来、争い事は嫌いで、自分のことに関しては大概のことを笑って流すハジメだ。 いじめも笑って流して来た。 でも同級生の女の子に頼るのは流石にできなかった。 そんな中、戦闘訓練はハジメをのぞいて順調なようで、ついに実地訓練となる七大迷宮の一つ「オルクス大迷宮」への遠征が決まった・・・。 オルクス大迷宮・・・そして・・・ オルクス大迷宮は全100層からなる広大なダンジョンとして有名であり、冒険者や傭兵、新兵の訓練に非常に人気がある。 というのは、階層ごとに魔物の強さが測りやすく、レベルにあった鍛錬ができることと、良質な魔石がとれるからだ。 例にもれず、勇者一行の異世界組もまた、このオルクス大迷宮で鍛錬をすることとなった。 そんな、大迷宮挑戦の前日の夜には、ハジメの部屋を訪れた者がいる・・・ 異世界召喚という状況により、考えることも多い・・・ 思いがけない人の真夜中の訪問に戸惑いながらも、運命の日はやってきた。 訓練の一環として、の迷宮攻略。 20階層くらいまで行って帰ってくる予定だった。 はじめは順調に訓練ができていた。 優秀な騎士団長のメルドの指導のもと勇者やチートな召喚組の しかし、マドンナの気を引きたくて、油断から暴走したある男のせいで、ダンジョンではお馴染みのトラップにかかってしまう! 一挙に転送トラップで65階層まで飛ばされてしまった!! 当然ながら騎士団長がいたとしても倒すことができない魔物が現れる。 うぬぼれから暴走気味の勇者。 この状況を見ているハジメは、 「集団にリーダーがいないからまとまらない!このままでは全滅だ」 と思い、なんだかんだ一番カリスマのある天之河に他生徒たちをまとめて撤退するようにいうが聞き入れない。 一番の無能な奴からの指示なんか受けるわけがない。 ただ、ハジメは図書館にて詰め込んだ知識の中に「ベヒモス」の情報もあった。 どうやっても勝てる相手ではない! 案の定・・・勇者達も吹き飛ばされた! メルドは苦渋の決断をする。 だが状況が許してはくれない・・・。 メルドはここを死地として体を張って食い止めるつもりだ! とにかく勇者を!人類の希望である勇者を連れ帰らなければ! そこで飛び出したのは、最弱のはずのハジメだ! 必死の形相でメルドに提案する。 賭けにはなるが、うまくいけばみんなが助かる方法。 そして、その方法はハジメにしか出来ない・・・そう錬成師のハジメにしか・・・ メルドはハジメに必ず助けてやる!と約束しながらも、その策を採用する。 飛び出すハジメ。 なんとか攻撃をそらした結果、地面に頭を埋めるベヒモス! 「錬成」 唯一ハジメにできる魔法を発動する・・・ そのおかげで、なんとか、勇者達パーティーを救出に成功する。 次はハジメが離脱する番だと駆け出して、他の皆が一斉にベヒモスに向けて攻撃を開始した・・・・が!? 嫉妬に狂った男の一撃がハジメの目の前で炸裂した・・・ そのまま行けば離脱できただろうに・・・。 ベヒモス共に崖から・・・ 「いやーーーーーーっ!!!!!」 悲痛な叫び声がこだまする・・・・ ハジメは「奈落」と言われるほどの底の見えない崖を落ちて行った・・・。 第1章の前半は説明回が多いかな。 生死をかけたサバイバル。 現代日本とは違い、命の重さがとてつもなく軽く、そして弱肉強食の世界・・・ 現代日本というぬるま湯の世界とは考え方が違います! そこに気がつき、足掻き、もがき苦しんだ末に行き着いた価値観。 あの弱かったハジメが本当の強者になるまでの物語が始まります! でもご安心ください。 かなり凄まじく、凄惨な展開になりますが・・・ハジメはちゃんと救われます! ある人と出会って・・・闇よりもなお昏く混沌としたハジメですが、ちゃんと極彩色に上り詰めるほどの豊かな人生が待ち受けています。 そこに到るまでには、常人では耐えることなどできない苦痛を乗り越えていきます。 第1章は、ハジメのこれからを形成する上で非常に大切で濃厚で、それでいてどうしようもないほど圧倒的で凄惨な経験が描かれています。 これをなくして語れない。 そんな「ありふれた職業で世界最強」になった男の物語です! 第2章からはギャグパートと厨二展開も始まりますので、よりテンポよく楽しめると思います! ぜひこの第1章をめげずに付いてきてくだされば、極上のエンターテイメントが楽しめます! 「小説家になろう」では本編は完結済みで、その後のアフターストーリーが展開されています。 このアフターストーリーが良いんですよ! ぜひぜひ お楽しみくださいね!!.

次の

小説家になろうの作品が嫌いな方って無双系やチート系ハーレム、逆ハーレム...

小説家になろう 職業チート

小説家とは、物語を創作し、小説として発表をしている人のことです。 純文学、推理小説、SF小説、歴史小説、ライトノベルなどさまざまなジャンルがあり、1つのジャンルの小説しか書かない小説家もいれば、多岐にわたるジャンルでマルチに活躍する小説家もいます。 ひとつの作品が完成するまでためには多大な労力を必要とし、何年もアイデアを温め、取材をしたり資料を集めたりして構成を練り直し、ようやく形になることも少なくありません。 また、作品を本や雑誌で発表するだけでなく、サイン会やテレビ・雑誌のインタビュー、コラムやエッセイの執筆、文学賞の選考委員、講演会などさまざまな仕事を請け負うこともあります。 書籍や雑誌だけではなく、近年は携帯小説やWEB上の小説など、活躍の場が増えてきています。 小説家としてデビューするということは、自分の小説が書籍として売り出されることです。 一般的には、出版社の主催する文学賞に応募し、賞を受賞して書籍化されるという流れです。 文学賞を受賞すれば、世間的に注目を集めるだけでなく、他の作家から一定の評価を受けることもでき、その後の仕事への足掛かりにもなりやすいです。 そのほかには、出版社と契約して自費出版をする、自分で一から出版まで行う、文芸倶楽部に所属する、インターネット上で小説を公開して、出版社に目をつけてもらう、などの方法がありますが、こうした地道な活動をしていても小説家になれるのは限られた人のみです。 漫画家などと同様に出版社に自分の作品を持ち込むというイメージがあるかもしれませんが、出版不況の現在、なんのツテもなく持ち込みするのはあまり現実的ではないといえるでしょう。

次の

限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー|「小説家になろう」レビューブログ

小説家になろう 職業チート

転生系 チート級主人公最強小説といえば、まずは 転生系です。 数ある転生系の中からおすすめを紹介します。 陰の実力者になりたくて! >> 他のチート級主人公最強小説とは差別化が出来ている小説です。 割と初期に最強になります。 主人公は能力的にもチートで王道なのですが、キャラがとにかく変わってるんですよね。 知識チートも使います。 主人公はタイトルの通り「陰の実力者」として過ごしたいので、表立ってチートは見せません。 一部の人間だけが本当の実力を知っているという流れです。 この小説の面白いところは 高度なシュールさにあります。 主人公が中二病的なセリフ(妄想)を言うと、実力を知っている仲間がいい具合に勘違いしてくれるんです。 少し他とは違ったチート級主人公最強小説を読みたいといった方におすすめですよ。 無職転生 - 異世界行ったら本気だす — >> 34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートが転生する物語です。 中身がおっさんなので、 思考がスケベだったりするんですよ。 子供の頃から修行をすることによって、莫大な魔力量を持つことになります。 莫大な魔力量と知識チートを使い、指導者にも恵まれながら成長していく物語です。 蜘蛛ですが、なにか? >> チート級主人公最強小説では珍しい女主人公の小説です。 とはいっても、 転生先は蜘蛛ですが…。 ムッチャデカい蜘蛛の子供として産まれるところから始まり、弱肉強食の世界で種族進化を繰り返し、最強になっていく物語です。 最初から最強というわけではなく、基本的に格上と戦うことも多いのも面白いポイントです。 しかし、 主人公が弱くてイライラするような展開はありません。 レベルアップや種族的に進化することによって強くなるのが、読んでいて気持ちがいいです。 謎をクライマックスまで残している点も高評価ですね。 魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~ >> 転生系に入れてよいか迷いましたが、知識チートも使うので入れました。 新生魔王として転生しますが、転生前の記憶は、ほぼありません。 でも、何故か知識だけは知っているといった設定です。 魔王はダンジョンの設備と交換できる「ダンジョンポイント」を集める必要があり、ダンジョンポイントは人間の生命力によって溜まっていきます。 人間の感情の高ぶりが大きいほど、ダンジョンポイントは集まりやすいため、他の魔王は人間をダンジョンに配置した魔物に殺させることによって、ダンジョンポイントを稼いでいます。 しかし、主人公は ダンジョンを街として運営することによってダンジョンポイントを稼ぐことにしました。 各魔王は特性があり、その特性によって生み出される魔物や能力が違います。 街が大きくなったり、仲間とともに新米魔王として成長していくのが面白いです。 村人ですが何か? >> 転生したはいいものの、適正職業「村人」として産まれてしまった可哀そうな主人公です。 幼馴染の女の子の適正職業は「勇者」で、その差は歴然。 そして、あることで死んでしまう主人公ですが、なんと転生特典として スキル「死に戻り」を選んでいました。 その後、死に戻りをした主人公は、幼少期から最強までのプランを最短で進んでいきます。 異世界召喚 チート級主人公最強小説で転生系と同じくらい定番なのが、 異世界召喚系です。 異世界召喚系の中からおすすめを紹介します。 ありふれた職業で世界最強 >> クラスごと異世界に召喚されるのですが、主人公に与えられた 職業は「錬成師」という戦闘に役立たないものでした。 そんな主人公が迷宮でクラスメイトに裏切られ、奈落に落とされてしまうのですが、そこで死にそうになりながらも必死にあがいて強くなっていきます。 その後は元の世界に帰る方法を見付けるために、他の七大迷宮を攻略していきます。 デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 ) >> アニメ化もされた人気小説です。 アラサープログラマーの鈴木が気付いたら異世界に飛ばされていたところから始まります。 元の世界でプログラミング中だったゲームの初心者救済システムである大魔法「流星雨」によって、大量の魔物を撃破することになり、大幅なレベルアップと大量のスキル・称号・アイテム・資金が手に入るんです。 そこからは 能力チートと知識チートを使いながら、様々な問題に立ち向かっていきます。 >> 金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~ >> タイトルの通り勇者4人に巻き込まれて召喚されるのが主人公です。 与えられた魔法は「文字魔法(一文字開放)」。 そうです。 お察しの通り、 成長すると使える文字が増えます。 「硬」という魔法を使えば、文字通り使われると、その物質は「硬」くなるという能力です。 そんなチート魔法を駆使して、最強に成り上がっていきます。 進化の実~知らないうちに勝ち組人生~ >> 主人公は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった容姿の持ち主で、学園内にいる全ての人物が召喚される物語です。 クラスでグループを作って召喚を待っていたのですが、主人公はクラスメイトから拒絶され、一人違う場所に召喚されてしまいます。 そこで死にかけながらたまたま見つけて食べた 「進化の実」。 これによって、主人公はチートな存在になっていきます。 田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~ >> 異世界転生なのですが、三十代中頃の中年親父として転生します。 イケメンチートとして転生することを希望したのですが、神に「それは無理」とバッサリいかれてしまいます。 そして、ブサメンが選んだチート能力は「どんなケガでも病気でも治せる回復魔法」という変わったものでした。 ステータスはレベル1でMP:87500000にINT:5402000という尖ったものになりました。 魔力回復や魔力効率もレベルMAXで す。 レベルアップで覚えた火炎魔法も、INTが高く威力が異常に強いため、レベルの高い魔物でも倒せてしまい、レベルが急上昇していきます。 いちいちスケベな主人公の心の声も面白いです。 現代社会系 数としては少ない 現代社会チート小説です。 少ない理由としては、現代社会で異世界系チート級に強くなったところで、戦う相手がいないことが多いからです。 とはいえ、少ないながらにも面白い小説はありますので、おすすめを紹介しますね。 異世界帰りの勇者が現代最強! >> 異世界に召喚された主人公が世界を救った後に、現代に戻ってくることから物語は始まります。 実は現代社会は思ったよりも、チート級な人が多く戦いに巻き込まれていくのですが、主人公が召喚された異世界とはレベルが雲泥の差でした。 圧倒的な強さで敵を粉砕する主人公が爽快で、ヒロインのキャラが濃いのも面白いポイントです。 異世界チートとは違った面白さを味わってみてください。 世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ) >> 超能力チートなのですが、他とは違った設定が面白いです。 高校生の時に、急に超能力に目覚めることになる主人公です。 最初はたいしたこともできないのですが、いつか巨悪と戦うために、地道に超能力を鍛えます。 しかし、結局大学を卒業し、社会人生活を2年過ごすも巨悪は現れませんでした。 我慢の限界を迎えた主人公は、 自分で秘密結社を作ることにします。 そこからは、壮大な自作自演で世界の闇となり、秘密結社として世界の闇を倒すといったことをしていくんです。 他にはない設定に引き込まれます。

次の