抑揚 カラオケ。 歌上手いって言われたい!カラオケの抑揚の付け方

【カラオケ】DAMでの抑揚とは?仕組みや高得点の取り方を解説!│カラオケステップアップ講座

抑揚 カラオケ

抑揚の種類 抑揚を細かく見ると、以下の2種類に分類できます。 声質を変える抑揚• 音量を変える抑揚 歌の場合はこの両方が複雑に絡み合う事になります。 声質を変える抑揚 歌では、曲調、歌詞、ジャンルなどに合わせて声質が変化していきます。 例えば心の中で愛しい人を想っている歌詞では、繊細な表現でため息を付くような声で歌われる事がありますし、 逆に心の苦痛や叫びを表現したいときは、シャウトなどが使われる事があります。 使える声の種類が増えれば増えるほど、歌詞の表現に幅が出てきます。 音量を変える抑揚 声を小さく出したり、声を大きく出したりすることで付けられる抑揚です。 これは、曲全体で抑揚が付けられる事もありますし、フレーズごとに抑揚が付けられる事もあります。 曲全体で付けられる抑揚の場合は、例えば最初は弱く歌って、サビに向かって徐々に盛り上がっていくといった事が挙げられます。 そしてメロディごとの抑揚が付けられる場合は、フレーズごとに山を作る感じで付けることになります。 抑揚の見本 歌の抑揚には、当然音楽的なものが含まれます。 楽器の場合は、歌詞がない分抑揚をより明確にイメージしやすくなります。 歌手によって抑揚の付け方が若干違う場合がありますので、色々な歌手の見本を聴いてみることをおすすめします。 声量の変化と声帯の閉じ具合の変化 抑揚は、声量(息)の変化だけで付けられるわけではなく、大抵は声帯の閉じ具合とセットで付けられることが多いです。 弱いところで息漏れさせ、強いところで声帯を閉じて張る これらをバランス良く入れることで繊細なボーカルラインになっていきます。 抑揚に必要な練習• 声帯の開け閉めの練習 クレッシェンドはだんだん大きく、デクレッシェンドはだんだん小さくです。 ロングトーンから声を大きくしたり、小さくしたりの練習をしてみましょう。 加えて、声帯の開け閉めも練習しましょう。 色々な歌手の抑揚の付け方を聴いてみる 抑揚の付け方はとても奥深く、とても文章で説明できるものではありません。 一番の教科書は、上手い歌手の歌い方です。 色々な曲を聴いてみて、歌手がどのように抑揚を付けているかをよく聴いてみてください。 特に注目すべきは、• 曲調によって抑揚がどう変わるか• 歌詞によって抑揚がどう変わるか このあたりです。 上手い歌手であれば、それぞれの曲や場面によって抑揚の付け方が変化するはずです。 もちろん機械的な表現をするために、あえて抑揚を付けないで歌う方法もあります。 抑揚は付ける程良いというわけではなく、何を表現したいかによってもさじ加減が変わってきます。 曲によって、最高の表現ができるように練習していきましょう。

次の

カラオケDAMの精密採点。表現力・抑揚を意識すれば簡単に90点取れる!

抑揚 カラオケ

自分の音程が,画面上部に表示される音程バーとどれほど合っているかで採点されます.• 1ページ歌い終える直前に流れる星は,そのページ(の途中までと前のページの途中から)の音程正確率を表しています.• 歌詞を覚えてしまい,下の歌詞をなるべく見ずに歌えるようにしましょう.これにより,音程バーのみに集中し,青い星を凝視することができます.• マイク音量を小さく or ゼロにして,ガイドメロディを大にします.さらに,スピーカーの近くに立ちます.そうすることで,自分の音に惑わされることなく,正しい音程を聞きながら音が合わせられます.• チューナーを使って練習するのが効果的な場合もあります.チューナーは自分の耳では判別できないズレも客観的に表示してくれるため,自分の音感の特徴を知ることができます.• 抑揚(声量の変化)の大きさ,こぶし,しゃくり,フォールの回数で採点されます.抑揚で9割方決まり, こぶし,しゃくり,フォールの配点はかなり低いです.• 抑揚は表示上は 0~10の11段階評価ですが,内部では安定性と同様に100点満点で評価されています.(100点満点の数値を知ることは不可能です.)• よく言われる, 「抑揚はメロは小さく,サビは大きく」は嘘です.高評価のためには, 1~6の演奏区間の それぞれで,大きい音と小さい音を入れる必要があります.• こぶし,しゃくり,フォールの中ではしゃくりが最も重視されています.しゃくりは 30回以上,こぶしは 5回以上で表現力100点が取れます.フォールは0回でよいです.ただし,どれも多すぎて減点されることはありません.• しゃくり,こぶしによる 「加点」の総合点への影響は最大でも0. 5点程度です.「加点で稼ぐ」というのは幻想です. 詳細情報(精密集計DX調べ)• 抑揚が10ならば表現力が90~100に,抑揚が9ならば表現力が85~97に,抑揚が8ならば81~91になります.• こぶし,しゃくり,フォールが全て0回の場合,抑揚が10ならば表現力が90~93に,抑揚が9ならば表現力が85~89に,抑揚が8ならば表現力が81~84になります.• これらが「表現力において抑揚の配点が高いこと」「抑揚が内部では100点満点で評価されていること」の根拠です. コツなど• 抑揚は,演奏区間内でマイクの距離を変化させることで容易に高評価が得られます.例えば,演奏区間内で最も高い数音だけマイクを近づけ,それ以外の部分ではマイクを離します.• マイクを急に離すと上手く音が拾われず,音程が下がることがあるため,ゆっくりと離します.(近づけるときは大丈夫.)• しゃくり,こぶしの練習は,総合で98点以上取れるようになってからでいいです.• こぶし,しゃくり,フォールに関しては,YouTube に上がっているという動画の9:50付近から解説があります.• ビブラート・ロングトーンともに,上手さのみで評価されます.ビブラートのタイプや合計秒数は点数には直接の関係はありません.• 速いビブラートより遅いビブラートの方が波形を整えるのが簡単なため,採点上有利です.同様に,浅いビブラートより深いビブラートのほうが有利です.• ロングトーンは,ある程度(0. 5~0. 6秒くらい?)以上同じ音程で音を伸ばした箇所で,その音程(ピッチ)が正しかったかを見ています.• そのため,ビブラートをかけた箇所はロングトーンの採点対象外になります.• 長いバーが無い曲では,どうしてもロングトーン評価を稼ぎにくく,不当に(?)低くなってしまうことがあります. 詳細情報(精密集計DX調べ)• ビブラートが浅めだと,ビブラートをしても検知されない,または検知が遅れてしまうことがあり,安定性の減点に繋がります.ビブラートタイプは B-2,B-3,C-2,C-3 のいずれかを強くおすすめします.• それらのビブラートができない方は,ビブラートの解説動画を見て練習をしましょう.YouTube等で検索すればいくつも見つかると思います.• 息の不足やかすれから来る,ビブラート未満の不安定な声の震えを検知して採点します.• ある程度 0. 2~0. 3秒くらい? 以上の同じ音程で音を伸ばした箇所が安定性の採点対象になると思われます.• ビブラートをかけると,安定性の採点対象外になると思われます.• 同様に,浅いビブラートをかけたのに検知されなかった場合,安定性が大きく減点されてしまいます.• とにかくビブラートをたくさんかけます.長めのバーでは,ロングトーンを稼ぐ数箇所以外全てにかけるくらいの気持ちです.• 声が震える一番の原因は,息の不足です.間奏中には深呼吸をし,歌う際は頻繁にブレスをします.バーが切れる所はもちろん,バーが繋がっている箇所でも無理やりブレスを挟むと良いです.• 自分の音域と比べて,低めの音,高めの音は声が震えやすいです.声が震えやすい箇所には積極的にビブラートをかけます.• しゃくりを多めにします.検知されなくてもよいです.これは,安定性の採点対象箇所を減らすためです.• 同様の理由で,バーの本来の長さよりも早めに音を切ります.(一部で「区切り」と呼ばれる技です.)• 腹式呼吸は安定した発声のためには不可欠です.安定性が高くなる発声方法を試行錯誤すると良いでしょう. 安定性は,稼ぐものではなく減点を最小限に抑えるもの,というイメージです. 安定性は,精密採点DXで99~100点を狙う際,悩まされる方が多い項目です. 安定性評価が高く,100点を出している方の動画は大いに参考になると思います. リズム 総合点への影響が最も小さく,容易に高得点が取れる項目です. 採点方法• 採点結果2ページ目では,3タメ~3走りの7段階表示ですが,実際にはより細かく11段階で評価されています.「精密集計DX」では11段階評価の値が確認できます.• タメより走りの方が減点がかなり大きいです. コツなど• テンポが遅めの曲では少し走り気味で歌うと高評価が得られるようです.• しゃくりをしたつもりでも検知されないと,リズムがタメになりやすいです. 効率良く点数を上げる練習順の例 総合点が80点台後半の方が,95点を目指す際のオススメの練習順です. 配点と伸ばしやすさを考慮しました.• 一日の抑揚平均が8以上である• 一日の音程平均が80以上である• タイプがB-2,B-3,C-2,C-3のいずれかであるビブラートが1曲中で10秒以上出せる• 上手さが7以上のビブラートが1曲中で10秒以上出せる• 一日の抑揚平均が9以上である• 一日の音程平均が85以上である• ガイドメロディをよく聞きながら歌うべし!• 各演奏区間で,数音だけマイクを近づけ,残りは離す!• B-2,B-3,C-2,C-3のビブラートをたくさんかけるべし!• 腹式呼吸とブレスは基本!• 「」を活用し,自己分析すべし! カラオケの楽しみ方は人それぞれ様々ですが,その一つの形として「採点で高得点を目指す」というものを提案できたらなと思い,解説記事を書かせていただきました. 今はまだ競技人口(?)は少ないですが,カラオケをある意味「音ゲー」のように楽しむ,高得点スコアラーが一人でも多く増えることをスコアラーの一人として願っています..

次の

カラオケの抑揚とは?【Dam精密採点DX】抑揚のある歌い方を解説

抑揚 カラオケ

DAMシリーズが誇る精密採点には抑揚という項目があります。 表現力のおよそ8割を決める重要な要素です。 この抑揚が高いか低いかで総合点数が変わると言っても過言ではありません。 ですがこの抑揚、どうすれば評価は上がるのでしょうか? 確かに曲ごとにバラつきはあります。 高い評価をもらえる曲もあれば、まったく評価されない曲もある。 でも抑揚というからにはアレンジみたいなものだろう、そう思うこともあるかもしれません。 私自身、アレンジを加えたり感情を込めて歌えば高評価をもらえるんじゃないか?そうすれば90点も夢じゃないだろう。 なんてことを思ってました。 結果、まるで抑揚が上がらず、点数も上がりませんでした。 今だからこそ原因はよく分かります。 私は抑揚の意味を理解していなかったのです。 一般的な意味の抑揚ではなくカラオケでの抑揚の意味を。 それを知り、じゃあこうすればいいじゃないか!と実践した結果、抑揚はつねに90を越える高評価になりました。 そこで今回は同じように抑揚を上げたいと思っているあなたに、そもそもDAMの抑揚とはなんなのか?そしてどうすれば抑揚で高得点を取れるのかを説明します!あなたが思っている以上に簡単な項目ですので、参考にしてください! DAMでの抑揚とは? DAMでの抑揚は精密採点DX、あるいは精密採点DX-Gで出てくる採点項目です。 採点画面を見れば一目瞭然ですが、おもに表現力に作用します。 この抑揚ですが、普段考えるような抑揚とは違っています。 普通の抑揚というのはイントネーションという言葉があるように、調子の上げ下げですよね。 そこから、アレンジを加えると抑揚が上がるのでは?という考えもあるようです ですが、それでは抑揚は上がりません。 カラオケでの抑揚は「声の大小」だからです。 声の大小です。 イントネーションでも何でもありません。 それは抑揚なのか?とも思いますよね。 カラオケの採点もしょせんは機械が行うものなので、仕方ないのかもしれません。 声の大小なので、 大きな声と小さな声、この差が大きければ大きいほど得点は高くなります。 DAMの抑揚は曲の数か所で測定。 結果は平均で算出している。 表現力は曲の中で複数回、判定をしています。 なのでAメロ、Bメロを小さな声で歌って、サビを大きな声で歌っても得点は上がりません。 声の大きさを変える。 これを一曲の中で数回やらねばなりません。 もちろん、意識的に声量を操作すればするほど効果は大きくなります。 最終的な抑揚の点数の算出も音程と同じく平均で出しています。 そのため、一か所でも抑揚が低いと最終的な抑揚の点数も下がってしまいます。 上でも説明しましたが、曲の中で全体的に声の大きさを意識的に変えることを繰り返す、これが一番重要です。 DAMの抑揚は総合得点にも直結する! 抑揚は表現力という項目の一部です。 ですが、表現力の点数の8割を決めていると言っても過言ではありません。 そのため、抑揚で高い点数が出せれば表現力も自然と高い点数になります。 総合得点は音程、安定性、表現力、リズム、ビブラートとロングトーンのテクニックから算出されています。 ですので、表現力が高くなれば総合得点も自然と高くなります。 後述しますが、実はカラオケの精密採点で点数を上げる手っ取り早い方法はこの抑揚を上げることです。 音程を上げるには時間がかかりますが、この抑揚を上げるのはすぐにできます。 その方法を紹介します。 カラオケDAMで高い抑揚を出す3つのコツを紹介 カラオケでの抑揚の定義が分かると、攻略法が見えてきます。 精密採点で抑揚の高得点を取るコツは3つです。 それを今から紹介しましょう。 コツ1:ロングトーンの最後は消え入るようにフェードアウト どの曲にもロングトーンはあります。 とくにサビの最後には長いロングトーンがあることが多いです。 このロングトーンの最後を声を少しづつ小さくして、消え入るように歌ってみましょう。 これをフェードアウトと言います。 サビは高音が続き、声が大きくなりがちです。 その最後のロングトーンをフェードアウトすることで声の小さい部分を作り出して声の大きさの差を広くします。 そうすることでサビ部分に抑揚がついていると判定され、高評価がもらえます。 サビは盛り上がる性質上、声が大きいままサビの最後まで歌ってしまうことが多いです。 声の大きさが変化しないので、抑揚で低評価をもらいやすい部分ということです。 そこで抑揚をつけると、平均で算出する性質上、非常に高い点数がもらえます。 コツ2:高い部分は大きな声で、低い部分は小さな声で! 抑揚が声の大小で決まる以上、意図的に声の大きさを変えるのは非常に効率的です。 とはいえ、意識して声の大きさを変えるのは簡単ではないです。 そこで今回紹介するのは、音の高いところは大きな声で、音の低いところは小さな声で歌うコツです。 精密採点を何度もやっていると分りますが、基本的にAメロ、Bメロよりもサビの方が音程バーは高い位置にきます。 サビの方がAメロ、Bメロよりも大きな声で歌います。 普通に歌うだけでもあなたはある程度の抑揚を取っていることになります。 なのでそれをもっと細かくしてみましょう。 音程バーを見て、少しでも高い部分があれば大きな声で、少しでも低い場所があれば小さな声で歌ってみましょう。 そうすることでAメロ、Bメロでも抑揚で高評価がもらえるようになります。 コツ3:マイクの位置をコントロールしてみよう! これは裏技のようなものになります。 やる人とやらない人、好みが分かれると言ってもいいでしょう。 抑揚が声の大小で決まります。 実はこの声の大小は、あなたの声でやらなくてもよいです。 声ではなく、声を拾うマイクに声量の大小をつけてもらいましょう。 マイクは口との距離によって拾う音の大きさが違います。 マイクを口に近づければ大きな声として、口から遠ざければ小さな声として判定されます。 曲の中で頻繁にマイクと口の距離を変えてみましょう。 特に音が高いところでは近づけて、低いところでは遠ざけてみてください。 自分で声量をコントロールする必要のない分楽にできると思います。 この方法を特に気にしないならば(中には周りの人に見られるのが嫌という人も居ます)かなり有効な手段です。 曲のどこで抑揚の判定をしているのかは分かりません。 ですがこの方法ならどこで判定をしていても高評価をもらえるからです。 DAMでの抑揚の仕組みとコツ ~おわりに~ 抑揚がもっとも上げやすいのは上で紹介したマイクコントロールが効果的だからです。 歌が上手くなる必要も、特別なテクニックも必要ありません。 簡単に点数を上げられます。 ですがそれは歌声によらない、知っているか知らないかだけの違いになります。 こういった方法で採点をするのはいかがなものかと思います。 声が曲の中でずっと大きくても上手ければいいじゃないか、と私は思います。 ですが、それでも精密採点で高得点を取れることは嬉しいことです。 もしも抑揚を取って高得点を獲得しても納得がいかなければ他にも点数を上げる方法は沢山あります。 音程正確率やビブラートの技術など、別の方向での上達も紹介していますので参考にしてください!.

次の