ステマ と は。 ステマとは何か?ステマの意味を7つの具体例で解説

ステマ(ステルスマーケティング)とは?事例4選と絶対にやってはいけない3つの理由|ferret

ステマ と は

発表文を読むと、どさくさに紛れて他のステマを白状した感が満載です。 そんなにさらっとしたコメントで済むか?と思わず天を仰ぎました。 ところが少し調べたら、ディズニーに限らず、ウェブ上ではステマが横行しているデータを発見しました。 ステマやるなよ!そんなこと常識的にわかるだろ! と声を大にして言いたいのですが、それだけ横行しているのが現実なのでしょう。 今回、ステマの現状とステマがなぜ悪いのか?そして今後のステマを展望します。 ステマが水面下で横行している衝撃のデータ お金を渡して宣伝させているにもかかわらず「宣伝」「PR」と表記させず、いかにも純粋な口コミのように装って人々をだます。 そうして商売を繁盛させよう、という企みを「ステルスマーケティング」と言います。 WOMマーケティング協議会が今年11月に実施した「インフルエンサーマーケティング取り組み状況に関する実態調査」によると、 なんと、企業の商品サービス紹介をやるインフルエンサーのうち、「お金もらった宣伝です」と必ず明示している人は62. おいおい、ふざけるなよ…。 身勝手極まりない。 依頼する企業の側が悪いのはもちろんですが、宣伝するインフルエンサー側にも大いに問題があります。 多くの人の情報リテラシーが低い現状を露呈した格好です。 最近、アナ雪2のほか吉本芸人のケースなどがニュースになりましたが、これらは氷山の一角である可能性が極めて高い。 本当にステマを根絶してほしいです・・・。 ステマがダメな理由を子供にもわかるように説明します なぜ私がこれほどステマに憤りを感じるのか? ステマがダメって、何も難しい話じゃないですよ。 常識的に考えれば、小学生だってダメなことってわかります。 ・信頼していた知り合いから、「この商品いいよ」とすすめられたので、信じて買った ・しかし実は、その人は商品の会社からお金をもらって、私に売りつけていた ・・・どうですか? 純粋な他者へのおすすめは、利他的な行為です。 「あなたのためを思っておすすめしているよ」ならうれしい。 ですけど、単なる宣伝は相手のためじゃなくて、自分のためじゃないですか? 「あなたのため」と善意を装いながら、実は自分が得するための悪だくみだった。 これはすごくショックだし、悲しいですよね。 信頼している相手からそんなことされたら、悲しいわけです。 人としてどうやねん?と思うわけです。 こういうことが横行したら、相互不信の社会になる。 誰もが人間不信になっちゃいますよ。 ですが、昨今は「儲かるためなら何でもあり」みたいな状況になっていますね。 広告と記事を明確に分けるのは、マスメディアでは常識! 私が新聞記者になったのは1999年。 入社してすぐに叩き込まれたのが、情報発信者としての責任、モラルです。 鋭い目の社会部長が「お前ら、絶対金もらって記事書くなよ」と噛んで含めるように話したのを昨日のように覚えています。 だって、金もらって記事を書いたら、読者を裏切ることになるから。 読者は、新聞記事を信用して読んだくださる。 お金を出して読んでくださる読者の信頼を裏切るわけにはいかない。 記者は、読者ひいては世の中の利益を第一に考えて、記事を書きます。 もちろん、新聞社はメディア企業でありますから、広告も掲載します。 ですが、新聞においては、「記事」なのか「広告」なのか、読者がすぐわかるようにはっきり明示されています。 記事と誤認させて広告を読ませるのは、やってはいけない基本のきなのです。 もちろん新聞社には広告の社員もいます。 しかし、記者のいる編集部門と広告部門は明確に区別され、日常で広告の社員と接することほとんどありません。 マスメディアでは、きちんと広告と編集はけじめをつけられている。 ですが、ネット上ではこの「記事」と「広告」の境目がすごくアイマイなまま今日に至っています。 ウェブでも「関係性を明示せよ」というガイドラインはある ネット上のステマがあまりにひどかったので、2017年にウェブのマーケティング関連業界内でやっとガイドラインができました。 その中に、以下のような文言があります。 関係性の明示 ア 情報発信者に対して、WOMマーケティングを目的とした重要な金銭・物品・サービスなどの提供が行われる場合、マーケティング主体(中間事業者でなく主催者)と情報発信者の間には「関係性がある」と定める。 イ 関係性がある場合、情報発信者に関係性明示を義務付けなければならない。 関係性明示は、主体の明示と便益の明示の両方が、情報受信者に容易に理解できる方法で行われるべきである。 記事と誤認させるような宣伝はルール違反ということ。 しかし、このようなガイドラインができた後も、広告ですと明示せずに、口コミと偽った宣伝をする輩が後を絶ちません。 ディズニーのステマ行為と謝罪の発表文 アナ雪2のステマでは、複数の漫画家たちに映画を見せた上で、「面白かった」といった好意的な感想をツイッター投稿させていました。 この投稿漫画には広告・PRの表記がなく、いかにも個人的な口コミという体裁を取らせていました。 これが大問題に。 しかも今回たまたまだったのではなく、他の映画「アラジン」「アベンジャーズ」「キャプテン・マーベル」などでも、アナ雪2と同じようにステマをしていた。 つまり、広告と明示せずにPR漫画を漫画家に報酬を払い、書かせていたとということでしょう。 何も知らないネットユーザーは、純粋な感想(通常の口コミ)だと信じ、「へぇ、面白いんだ。 観に行こうかな」とそのまま受け取った人が大勢いたと思いますよ。 ディズニーの発表文(2019年12月11日)を引用します。 「『アナと雪の女王2』感想漫画企画」にご参加いただいたクリエイターのみなさま、そしてファンのみなさまへ 私たちは、「『アナと雪の女王2』感想漫画企画」に関し、ご参加いただいたクリエイターのみなさまにご迷惑をお掛けしている事実を大変厳粛に受け止めています。 また、この事により、ファンのみなさまを失望させてしまったことを真摯に受け止めています。 ディズニーでは、マーケティング活動における社内指針を設けています。 本件を含む類似の案件は、当該指針に関する周知および遵守の不徹底が招いた結果であり、ご参加いただいたクリエイターのみなさまに責任はございません。 改めまして、本件につきまして、深くお詫び申し上げます。 今後は、このような事がないよう、社内指針の周知徹底を図り、再発防止に努めてまいります。 これまでみなさまにいただいたディズニーに対する思いを心に留め、社員一同努力し続けてまいります。 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 結論:ステマ根絶にメディアリテラシー教育が必要 ステマをやらせる企業やPR会社が第一義的に悪い。 これはもちろんですが、世の中誰もがメディアを使って発信できる時代です。 世の中に情報を発信する責任やマナーをもっと知っていただきたい、と感じています。 ただ現状、こうしたメディアリテラシーを学べる場って、ほとんとありません。 だから、誰もが好き勝手に情報発信ができるため、インターネット空間は虚実入り乱れた無法地帯のようになっています。 小学校でプログラミングが必修化されそうですが、それも重要かもしれないけど、メディアリテラシーの方をもっと学ぶ必要があるのではないでしょうか? 「お金もらってこっそり宣伝しちゃいけない」というのは道徳レベルの話なんですけどね。 とはいえ、昨今はインターネットが発達したが故に、悪事がすぐ露呈する時代です。 透明化が進み、うそやはかりごとは通用しにくくなるでしょう。 それに伴って、ステマもどんどん減っていくと予想します。 が、誠実に真っ当な活動を行う企業や個人たちが報われる時代になるはずです。 逆に、不誠実な企業や個人は、淘汰されていきます。 今はまだ過渡期ですが、今後ますますウェブ空間の情報の適正化が進むことを願ってやみません。

次の

ステマとは何か?ステマの意味を7つの具体例で解説

ステマ と は

「ステマ」とはステルスマーケティングの略でユーザーに広告だと気づかれないように宣伝を行うマーケティング手法の1つです。 近年では、芸能人やインフルエンサーを利用したペニオク詐欺事件や、食べログのやらせ事件がきっかけでステマ=詐欺・やらせという悪印象が日本では強い傾向にあります。 ステマと聞くと、複数の芸能人によるペニーオークション詐欺事件や芸能人のインスタグラムのコメント欄に業者がファンやユーザーを装った宣伝を行っているというニュースが取り上げられ、ステマ広告と判明し、世間のステマの印象はモラルのない広告と認識されつつあります。 今回は、この「 ステマ(ステルス マーケティング)」について詳しくご説明していきたいと思います。 ステマとは? ステマ(ステルスマーケティング)とは、新製品、サービス、映画、または本などを宣伝だとユーザーに悟られないように広めたり注目を集める為のマーケティング戦略です。 ステマの方法 ステマ担当者が行う一般的な方法は主に業者が ファンや利用ユーザーを装って商品やサービスについて高評価で書いたり、芸能人や一般のインフルエンサーに依頼し、高評価で紹介してもらうといった方法があります。 単純にマーケティングというより、サクラ行為に近いです。 本来のユーザーにニセの評価や情報を流し、意図的に関心を引く方法は一般的にそれが宣伝だと発覚した場合、 炎上や非難を浴びる対象となりやすい傾向があります。 本来あるべき集客の基本について詳しくは、こちらの「」や「」もぜひご覧ください。 ステマ(ステルスマーケティング)の例• 口コミ情報サイトに業者がユーザーを装って意図的に高評価を複数投稿してランキング操作をする• ショッピングサイトのユーザー評価に利用者を装って本来の評価と異なる高い評価を書き込みする• 芸能人やインフルエンサーが報酬をもらいブログやSNSで利用していない商品をお気に入りの商品として紹介してもらう• 芸能人のSNSに無許可で悪用し商品のおすすめコメントを記載する ステマの利点 低コスト 口コミサイトや偽のユーザーを装って宣伝していくケースにおいて、単純に広告に出稿するよりも自分たちでコントロールできる評価で露出するのでコストがあまりかかりません。 ただし、芸能人やインフルエンサーに依頼する場合はそれなりにコストがかかる場合があります。 関連記事 【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選 サイトに効果的なキーワード選定を行っていますか?キーワードを選ぶには検索ボリュームや難易度など… 続きを見る 効果的な宣伝につながりやすい 企業が通常の広告を出すよりも、影響力があって、信頼度が高い有名な人の口コミやブログ、SNSで紹介された方が、素性の知れない企業から商品を購入するよりも、その信頼している人からの紹介というだけで、そのファンが購入しやすいという傾向があります。 バズマーケティングでさらに有益に 単純に口コミサイトに記載するのではなく、バズマーケティングを利用することで、製品情報を多くの人に広められ、売上につながりやすくなります。 ステマの欠点 ステマが発覚した後のリスクがとても高い 本来の純粋は評価ではなく、意図的な評価や情報を流したり、ステマ広告だとユーザーに発覚した場合、 消費者を騙すことになります。 それが明るみになれば当然、商品はもちろん共犯となった有名人や依頼した会社は非難の対象となり、信頼が失われるリスクがあります。 \効果的なキーワードを自動で取得!キーワードファインダー/ 今後のプロモーションに悪影響を与え、損害でマイナスに ステマ発覚後の炎上が大きければ大きいほど、今後のプロモーションに悪影響を与えます。 最悪、商品自体の販売停止や回収となり、企業側に損害が発生することがあります。 競合他社にステマを見抜かれ批判の対象に 一般のユーザーには欺けたとしても、同じ競合には見抜かれたり、競合他社から批判の対象となる場合もあります。 業界全体の信頼度を失う ステマの人的ミスが合った場合、否定的な評価は一瞬に広がり、それを修正することが困難となり、最悪業界全体の信頼度も失うことがあります。 ステマって違法じゃないの? ステマに関する規制(日本) 現在、日本ではステマ自体を直接規制している法律はありませんが、以下の景品表示法や軽犯罪法に該当すれば違反となります。 日本においては、消費者庁は2011年に景品表示法のガイドライン「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」を公表しており、その中で口コミ情報について、事業者が口コミサイトやブログに口コミ情報を自ら掲載し、または第三者に依頼して掲載させ、その口コミ情報がその事業者の商品・サービスの内容または取引条件について、実際のものまたは競争事業者に係るものよりも著しく優良または有利であると一般消費者に誤認されるものである場合には、景品表示法上の不当表示として問題となるとしている。 また、実際には購入していないのに購入したと体験談を偽って口コミサイトやブログに掲載する行為は、「人を欺き、又は誤解させるような事実を挙げて広告をした」に該当するとして軽犯罪法に抵触する可能性がある。 引用元: \月間検索数の実数がわかるキーワードツール! >>無料で試してみる!/ ステマ業者の手口 芸能人やインフルエンサーに声をかける ステルスマーケティングの業者の手口は主に芸能人はもちろん、人気のブロガーやyoutuber、人気instagramerといった影響力のある、いわゆるインフルエンサーに声をかけるそうです。 もし、こういった業者に声をかけられた場合は、単純の報酬額で引き受けると、あなたもステマ業者の共犯となり、あなたの評価が下がってしまいかねますので、慎重に対応しましょう。 ステマの事例(失敗例) ステマは今まで多くの企業が行ってきました。 その事例をいくつかご紹介します。 ただし、本来ステマとは、ユーザーに気づかれずに遂行されるものですが、ここで紹介するステマは少なくともユーザー側にステマだと認識された事例になります。 ペニオク詐欺事件 2012年にペニーオークション(ペニオク)というウェブサイトで起きた詐欺事件です。 複数の芸能人によるステマが判明。 高額商品を0円などの低額でスタートさせ、1000万円にならない限り落札できず、入札者から手数料をだまし取っていた詐欺事件。 芸能人が自ら低額で落札したことをブログなどで記載し、ユーザーに誘導していたことが発覚。 飲食店に好意的な評価を意図的に投稿し、ランキングを上げる見返りに金銭を受け取る業者が39社いたことが明らかとなり、ステマが世間に知れ渡る事件となりました。 Sony Ericsson-ソニー・エリクソン 世界でステマの事例として最も有名なのはSony Ericsson(ソニー・エリクソン)の新しいカメラ付き携帯電話のマーケティングキャンペーンです。 このソニー・エリクソンは60人の俳優を雇い、嘘の観光客を装って本来のカメラで写真を撮ってもらう代わりに、新商品カメラ付き携帯電話を手渡し写真を撮ってもらうように尋ねました。 この時のステマのゴールはこのカメラ付き携帯電話が一般ユーザーにこの製品はCoolだと印象付け、宣伝を行いました。 こちらも後に「詐欺要素がある」と批判されました。 ステマの事例(成功例) 海外で映画や音楽に絡めて上手くステマを活用している例です。 ただし、日本と海外の文化は異なるので、海外では上手な方法として称賛されることでも、文化の違いで以下の方法は日本では難しいでしょう。 プラダを着た悪魔 映画「プラダを着た悪魔」では、ファッションブランドPradaやファッション雑誌Vogueが印象的でした。 FUBU ファッション起業家のDaymond JohnはFUBU衣料の新しいライン用の広告キャンペーンの予算がほとんどなく、本来の広告出稿が当時、困難であった為、彼はヒップホップのスターRun DMCやLL Cool J にコンサートやMTVでの出演の際にFUBUの服を着るように頼み、認知度を拡散させました。 これにより、FUBUには広告にお金を費やすことなく大量のユーザーを獲得し、キャンペーンは成功となりFUBUは主要のブランドの一つとなりました。 まとめ 今回はステマについてまとめてみました。 ステマについて調べれば調べるほど、日本での印象は悪く、ステマ=詐欺・サクラ行為とみなされている場合が多いです。 というのも、そもそも嘘の情報やお金の為に意図的な評価の商品は真剣に商品の購入を考えている消費者からすれば迷惑行為でしかありません。 嘘の情報が発覚した場合、当然ステマで炎上、批判を受けやすくなります。 まずはステマに頼らす、質の良い商品を開発したり、サービスを向上させたりといったことを地道にしていくことが大切ではないでしょうか。

次の

ステマ って結局なにがダメなの?ステマ ツイート を 見抜く 方法

ステマ と は

映画『アナと雪の女王2』のステマ騒動について、12月5日と11日にウォルト・ディズニー・ジャパンが同社サイトで謝罪文を発表した(写真:ウォルト・ディズニー・ジャパン公式サイトより) ウォルト・ディズニー・ジャパンによるステルスマーケティング(ステマ)騒動は、いまだその余波が続いている。 同時に、同じハッシュタグで、丹念に書き込まれた感想漫画が投稿されたことから「これはステルスマーケティングではないか」との指摘が相次いだ問題だ。 その後、12月5日と11日にウォルト・ディズニー・ジャパンが謝罪文を発表。 報酬が支払われたうえでのマーケティング施策であったことが明らかになっている。 この騒動による波紋が広がり続けているのは、マーケティング施策であることを示す表記がなかったことに加え、広告代理店として関与していた電通の担当者が表記不要と説明していたことがある。 また漫画家をキャスティングしたPR表記なしのマーケティング施策が他コンテンツでも行われた形跡があることなど、少しずつ情報が明らかになってきていることの不信感(当初発表との不整合)もある。 今後、さらに多くの事情説明が関連各社に求められることになるだろうが、ここでは『アナと雪の女王2』のステルスマーケティング問題に限定せず、過去の事例も踏まえながら、ステマの連鎖が止まらない社会環境を俯瞰したい。 口コミに見せかけることはアメリカでは「違法」 『アナと雪の女王2』のステルスマーケティングに関しては、後述するように「発信者」をキャスティングする会社が紹介サービスを事業として提供しているにもかかわらず、口コミマーケティングのルール厳守という責任を果たしていないことがもっとも大きな問題であり、同様のケースが撲滅できない潜在的な要因にもなっている。 しかし、その結論へと至る前に、過去の事例を紹介しながらステルスマーケティングの背景について認識をそろえておきたい。 ステルスマーケティングは、ブログブームと同時にアメリカで問題となった。 広告による製品告知に限界を感じはじめていたメーカーが人気ブロガーに製品を送ることで、マス広告を打たなくとも製品告知を行えると考え、口コミマーケティング市場が一気に花開いたというわけだ。 しかし事態はエスカレートし、ブロガーたちに新製品を送りつけることが常態化。 アマチュアレビューアーのブログが提供品だらけになり、さらには人気ブロガーに報酬が支払われるようになったことで問題化し、何らかの便宜や報酬提供などの関係を隠して口コミを広げることについて法的規制がかけられるようになった。 こうしたことから、口コミマーケティングのガイドラインの基礎が生まれた。 日本でも同様の動きはあり、大手広告代理店を含めて「どうあるべきか」のルール作りが進んだが、罰則など法的な拘束はない。

次の