軽 自動車 ユーザー 車検。 【軽自動車/車検】車検費用の相場や手続きの必要書類を解説!ユーザー車検だと安く車検が受けられる?

軽自動車のユーザー車検の必要書類とは?|車買取・車査定のグー運営

軽 自動車 ユーザー 車検

このページの目次• ユーザー車検の基礎知識 多くの人が間違った認識をしていると思いますが、そもそも車の車検と言うのは本来、ユーザー自身が自分で受ける制度です。 殆どの人が当たり前のように車屋にお願いして車検を受けますが、あれはあくまでも 車検代行ということになります。 自分の代わりに車検を受けてもらって、その対価の手間賃としてお金を支払っています。 ですので、『ユーザー車検』という言葉自体ちょっと意味合いがおかしい言葉だなと思います。 とはいっても『ユーザー車検』という言い方が一番伝わりやすいので、あえてその言葉を使用しています。 話がそれてしまうので戻しますが、 車検は車屋じゃなくても自分の車を運転する一般の方誰でも検査を受けることができます。 ユーザー車検とは自分で車を検査場に持っていって検査を受けるものです。 普通自動車の場合『陸運支局』 軽自動車の場合『軽自動車検査協会』 というところで受けることができます。 必ずどこの都道府県にも一箇所ずつはあります。 普通自動車と軽自動車では管轄する部署が異なるので注意が必要です。 ユーザー車検の最も大きな特徴は、『 車検費用を安く抑えることができる。 』 というところだと思います。 通常車屋に車検をお願いすると、 車検代行手数料などの費用がかかります。 自分でユーザー車検を受けることで、このような費用を抑えることができるので金額を安く抑えることができるようになっています。 また、車の点検整備等もDIY整備で行うことで、 点検整備費用もおさえることができるので、費用をより安くすることが可能です。 ユーザー車検時の点検整備について ユーザー車検の場合、車検と車検整備は通常切り分けて考えることが大切です。 車検整備をしていないから、車検が通らないというわけではありません。 車検とはあくまでも、 検 査時の車両の状態が保安基準に適合しているかどうかの検査です。 必ずしもエンジンオイルやブレーキの交換をしていないからと言って車検が通らないというわけではありません。 保安基準に適合していれば車検は合格です。 例えば、保安基準でタイヤの残り溝は最低1.6mm以上なければいけません。 自分の車の残り溝が車検時2.0mmしかなかった場合、車屋は必ずタイヤ交換をおすすめしてきますし、場合によっては交換しないと車検が受かりませんという風にいってくる場合もあるかもしれません。 しかし、実際には保安基準の1.6mm以上溝があるのでそのままのタイヤでも車検は通ります。 極端なはなし、車検に合格した次の日に車が壊れて動かなくなっても、合格した車検を取り消されることはありません。 しかし車検に合格してもすぐにトラブルが発生してしまっては、車としても車検としても意味がありませんので、点検整備等のメンテナンスはしっかりと行う必要があります。 車検のときに必ずしも点検整備を同時にやらなければいけないわけではないが、車検後2年間車としての機能を維持するためにもメンテナンスをしっかりと行うことが大切です。 もちろん保安基準に適合しない部分は直さないと、車検に合格することができないので整備する必要があります。 車の整備なんて自分でできないよって方も、車検はユーザー車検、整備は車屋にお願いするだけでも車検時の費用を安くすることが可能です。 自分で車の整備を行うことができる人は、車検の費用を最安に抑えることが可能です。 車検時点検整備の主な項目 今回軽自動車の車検を受けるにあたって私が、点検整備下項目を紹介します。 ユーザー車検の際に自分で整備を行う方は参考にしていただければと思います。 ・エンジンオイル オイルエレメントの交換 オイル、オイルエレメントの交換時期が来ていれば交換しておきましょう。 エンジンオイルの交換はリフトアップなどをしなくても、自宅の駐車場で交換することが可能です。 より詳細な流れは軽自動車検査協会の公式サイトでも確認できるので参考にしてください。 検査日の予約 自動車検査協会で車検を行うには予約が必要となります。 予約は自動車検査協会のサイトからネット予約をすることができます。 都合のいい日にちと時間で予約を取りましょう。 午前中の時間は混み合うことが多いです。 2.必要書類の用意 書類を用意します。 大体の場合車の車検証入れに入っていると思います。 ・車検証 ・自賠責 ・自動車税納税証明書 ・印鑑 検査場に向かう際持っていく書類は以上になります。 自賠責については期限が今回車検が切れるまでのものが必要です。 車検を受ける際新しい自賠責に加入することになりますが、自動車検査協会の窓口で当日に加入することができます。 整備点検記録簿はなくて大丈夫です。 3.当日の書類手続き 当日検査場に到着したら、窓口でいくつかの書類の記入があります。 ・継続検査申請書 ・自動車重量税納付書 ・軽自動車検査票 この3枚の書類を窓口でもらって記入を行います。 記入する内容は、氏名や住所、車両情報などです。 車検証を見れば全部わかる内容ですし、見本が置いてあると思うので簡単に作成することができます。 4.手数料の支払い すべての書類が完成したら、手数料支払窓口でお金を支払います。 ・検査手数料 1,400円 ・軽自動車重量税 6,600円 ・自賠責保険料 21,140円(24ヶ月) 以上合計29,140円が軽自動車の車検にかかる費用です。 自動車重量税は年式によって値上がりすることがあります。 自賠責保険料は、その年によって保険料が変更になる場合があります。 上記の金額は2020年の金額です。 手数料の支払いが終わったらすべての書類を、予約確認窓口に持っていきます。 そこで書類の最終チェックを行い、車両の検査に入ります。 5.検査ラインでの流れ 初めて検査ラインにはいる人は、何がなんだかわからないと思うので、まず他の人が検査をしている様子をよく観察しておくといいともいます。 また、予約確認窓口で「初めてです」と伝えておくことで、検査員に初心者とわかる札をもらえます。 それをダッシュボードにおいておけば初心者だと言うことがわかり丁寧に対応してもらえるようになります。 ハザードをつけながら検査ラインにはいるように言われると思います。 場所によっては『案内人』がついてくれるところもあるようなので、初心者でも安心して検査ラインに入ることができます。 検査の流れとしては ・灯火類、ワイパーの払拭具合検査 ・室内メーター警告灯類の検査 ・車両フレームナンバーの確認 ・サイドスリップテスター ・スピードテスター ・ライトテスター ・ブレーキ及びパーキングブレーキテスター ・排気ガス濃度テスター ・下回り検査 以上の順になると思います。 初めての場合は少し緊張するかもしれませんが、どの検査もそれほど難しいことはありません。 初心者とわかっていれば、丁寧に教えてくれるので落ち着いて指示通りに進めれば問題ありません。 すべての検査に合格すれば検査は無事終了となります。 6.新しい車検証とステッカーの受け取り すべての検査が完了したら、書類を持って窓口で渡します。 そこで新しい車検証と車検ステッカーをもらいます。 車に戻ったらまず、車検証、自賠責証を車検証入れにしまいましょう。 最後に、古いステッカーを剥がして、新しいステッカーを貼り付けたらユーザー車検終了となります。 検査時不合格の箇所が出た場合 まれに、サイドスリップテスタやライトテスターで、数値が基準値から外れていて不合格になってしまう場合があります。 そのような場合ですが、どこの車検場の近くにもテストセンターのようなところがあるはず。 そこでそれぞれの基準値に入るように調整を行ってもらうことができます。 大体、手数料として3000円~5000円ほどかかってしまいますが、テスターが無いDIY整備では調整が困難なので、この場合手数料を払って調整してもらいましょう。 当日中であれば車検は何回でも受けられるので、調整後また検査ラインに戻りましょう。 まとめ 車の車検は大きく3パターンに分けられることになります。 ・車検も点検整備の車屋にすべてお任せ ・車検はユーザー車検、点検整備は車屋にやってもらう ・車検も点検整備もすべて自分で行う 費用をできるだけ抑えたいならどうすればいいかは明白です。 軽自動車のユーザー車検の費用は30,000円以内で済んでしまうのでかなりの破格ですね。 軽自動車の車検を車屋に頼んだ場合はどんなに安くても、最低50,000円から費用が掛かってくるかと思います。 ユーザー車検は一見難しそうな気がしますが、少しの知識があれば誰でも出来ることです。 これからユーザー車検に挑もうと思っている方は、この記事を参考にしていただきユーザー車検に挑戦してみて下さい。

次の

軽自動車の車検必要書類

軽 自動車 ユーザー 車検

「ユーザー車検をやる場合、どれぐらい日数がかかるんだろう」• 「要するにユーザー車検って何なの?」• 「軽自動車と普通車のユーザー車検って何が違うの?」 など、最近「ユーザー車検」という言葉を耳にして、疑問をお持ちの方も多いと思います。 「ユーザー車検」と聞いて、自分で車のボンネットを開けるようなイメージを持つかもしれませんが、実際はそんなことはありません。 端的にいえば、ユーザー車検とは「 車検を管理する運輸局/軽自動車検査協会に、自分で車を持ち込んで検査を依頼する」ことです。 なお、普通自動車と軽自動車のユーザーの車検は「持ち込む先が運輸局か軽自動車検査協会か」というだけの違いしかありません。 細かい書類名や手数料などに若干の違うはありますが、流れはほとんど同じです。 この記事では、軽自動車のユーザー車検を行うための必要書類、手順を解説します。 ユーザー車検は 工場やディーラーに依頼するより費用を節約できるのが最大のメリットです。 所要時間も、何事もなければ1日で終わります。 ユーザー車検は、整備工場やディーラーが行う「点検・整備」の手間を省いて申請するので、手続き代行の手数料も含めて、おおむね 1万~3万円ほどのお金が節約できます。 ただまさにその理由で、筆者としては強く ユーザー車検をおすすめすることはできません。 あなたが車のメカニズムに詳しく、状態をしっかり確認できるほどの知見があるのなら別ですが、プロの目を通して車の状態をチェックするのは、安全な運転のために必要なことです。 とはいえ、どうしてもユーザー車検をしたいとお考えの方もいるかもしれません。 そこで本記事では「軽自動車のユーザー車検のやり方」についてわかりやすく説明しますので、メリット・デメリットを勘案したうえで、利用するかどうか判断してください。 自動車税を滞納していない• 自動車税を納付してから3週間以上経過している 3の自賠責保険証明書については、 車検を受ける前に保険期間の継続手続きを行います。 これは車検当日に運輸支局近辺に代書業者が多くありますので、そこで手続きをすることが可能です。 法定費用にはもろもろの手数料がかかりますが、これにつきましては、後ほどご説明します。 軽自動車のユーザー車検は軽自動車検査協会で受けられる 先ほども申し上げましたが、自分で車検を受ける場合は、ご自身がお住まいの地域の軽自動車検査協会で受けることができます。 この際には必要書類の他、もちろん車検を受ける車も持ち込む必要があります。 お住まいの地域を管轄する軽自動車検査協会の事務所は、から探すことができます。 さて、ではいよいよ車検の手順を解説していきます。 ユーザー車検の流れ 手順とは言っても、基本的には検査場内に入ってしまえば、指示に従って車を動かすだけです。 大切なのはその前のステップです。 つまり、車検の予約をして、スケジュールをしっかり組むことです。 ステップ1:予約をする まずは車検の予約をしましょう。 予約の方法は2つ。 電話とインターネットです。 インターネット予約の場合は、最初はアカウント登録が必要です。 それぞれの連絡先は以下の通りです。 インターネット予約先 各事務所の電話予約先 から検索 音声案内に従って予約できます ステップ2:検査開始 さて、予約日当日になりました。 車検を受ける車に乗って、検査協会に向かいましょう。 検査当日の主な流れは以下のようになります。 外観検査• 排出ガス検査および記録• サイドスリップ検査• スピードメーター、ヘッドライト、ブレーキの検査• 下回り検査• 退場 個々の検査項目については、場内で担当者から指示が出されますので、それに従ってください。 ステップ3:合格ステッカーが配布される さて、あなたの車が法律で定められた健康状態を保っているなら、無事に検査を通ることができます。 その場合は新しい自動車検査証が発行されると同時に、「 検査商標(ステッカー)」が交付されます。 ステッカーはすぐに フロントガラスの規定の場所に貼りましょう。 なくしてしまうと再発行の手続きをしなくてはなりません。 ステッカーはとてもなくしやすいので、可能なら発行されたその場で貼ってしまいましょう。 必要な費用について さて、次に気になる費用についてです。 先ほども申し上げました通り、事前の点検・整備の費用は省略できますが、検査協会での検査には費用が必要になります。 これは法定費用なので、どんなに工夫しても節約することはできません。 軽自動車のユーザー車検の費用は、合計35,270円です。 内訳は以下の通り。 自賠責保険 25,070円 重量税 8,800円 印紙代 1,400円 ただ、費用は自治体や法改正によって、これらの金額は変化する可能性がありますので、ご注意ください。 ユーザー車検を通す際の注意点 基本的にユーザー車検は、新車ならよほどの不具合がない限りは通ると考えていいでしょう。 費用を節約できるのがメリットですが、一方で以下のような注意点があります。 車検を通すだけなので安全の保証はない• 土日は行っていない• 車の状態によっては、検査に落ちることもある 以下に詳細をご説明します。 安全の保障をしてくれるわけではない 上記の表でご覧いただいた通り、車検では車を解体して中身まで検査してくれるわけではありません。 あくまでも「公道を走るのに問題ないかどうか」のチェックだけが行われます。 もちろん、交換時期が迫ったパーツの交換もしてはくれません。 そのため、車検後にしばらく走ったら故障が発生……ということはあり得ます。 事故のリスクもありますから 法定整備などのタイミングで点検・整備はきちんと行う必要があることは忘れないでください。 検査の受付窓口は平日しか開いていない 軽自動車検査協会の受付時間は、4つのラウンドに分かれており、それぞれ以下のようになります。 1ラウンド 2ラウンド 3ラウンド 4ラウンド 受付時間 08:45-10:00 10:15-11:45 12:45-14:00 14:15-15:45 それぞれ平日のみの受付です。 祝日なども受付はしていません。 また、年末や年度末、または長期休暇前など、混雑するシーズンには予約がいっぱいになっていることもあります。 できるだけオフシーズンに予定を取って予約をすることをおすすめします。 検査に落ちることもある そして一番注意が必要なのが、 基準を満たしていない場合、検査に合格できず車検が更新できない場合があることです。 事前に自分で点検したときは昼だったため、ヘッドランプの点検を忘れ、検査場に行ったらヘッドランプがつかなかった……という可能性は誰にでもあり得ます。 また、地域の検査場によっては、検査項目の基準が厳しかったりゆるめだったりする場合があります。 例えばブレーキペダルの残りが3mmでも車検が通る検査場もあれば、1mmでも通る検査場もあります。 どこの検査場がどのくらい厳しいのかはわかりませんから、「この程度ならいいだろう」と考えず、「摩耗してるな」と思ったら整備に出してしまったほうが、時間や手間がかからないこともあります。 車検が切れていても、予備検査を受けることができる 車検の更新ができなかったり、うっかり期限が切れてしまった車でも、車検を受けることができます。 これを「 予備検査」といいます。 車検が切れている場合で予備検査を受けると、合格してもすぐには車検証が交付されず、代わりに「自動車予備検査証」が交付されます。 これは3ヶ月間の有効期限がある、いわば「車検証の仮免」です。 3ヶ月の間に 自動車の名義変更や税金の支払い、自賠責保険の加入などを行うことで、正式な車検証を受け取ることができます。 ただし、法定整備を受けているわけではないので、12ヶ月または24ヶ月に一度の整備は行わなくてはいけませんので、中古車購入の際にはご注意ください。 さて、ここまでお読みになった方の中には「 思ったより手続きが面倒そうだな」と思われた方もいるかもしれません。 ほとんどの書類は軽自動車検査協会で用意できるとはいえ、平日に予定を入れなければならないのは変わりません。 「やっぱり整備工場に頼んだほうがいいのかな」とお考えの方もいるでしょう。 しかし実はもう一つ選択肢があります。 それは「ユーザー車検を代行してくれるサービス」を利用することです。 次章でご説明します。 ユーザー車検代行は手数料1万円ほどでできる代行サービス ユーザー車検代行は、簡単に言えばこれまで上で述べてきた手続きを、代わりに行ってくれる業者です。 多くは検査協会や運輸支局周辺に拠点を構えています。 そういった業者に依頼することにはメリットもありますが、デメリットもあります。 順にみていきましょう。 メリット:比較的安く、時間も節約できる 先ほど述べた法定費用は変わりませんが、代行を依頼した際の 手数料の相場は、だいたい1~3万円ほどです。 代車の手配を行ってくれるところもありますし、 何より時間がかかりません。 依頼をして車を預ければ、あとの車検手続きはお任せできるのがメリットです。 デメリット:整備能力に限界がある デメリットとしては、「 整備工場ではない」というのがそのまま出てきます。 事前にある程度の点検は行ってくれるのですが、分解整備の資格などは持っていません。 そのため、車検に必ずしも合格できるわけではなく、その場合、 手数料も払ったのに、また別の整備工場やディーラーに依頼しなくてはならず、お金も手間も余計にかかってしまう可能性があります。 まとめ 繰り返しになりますが、ユーザー車検は費用を安く抑えることができる分、手間はかかります。 また法定整備を通さないので、自分に 車の知識がなければ、安全性を確認することが難しいというデメリットもあります。 しっかりとプロに車の状態を点検してもらいたいという方は、 ディーラーや整備工場に依頼して車検を通すことをおすすめします。 費用の節約のためにユーザー車検を利用する場合でも、.

次の

軽自動車のユーザー車検を受ける上で気を付けるべき3つの事

軽 自動車 ユーザー 車検

見出し• ユーザー車検の場合は陸運協会で自賠責保険に加入する ユーザー車検の場合には陸運支局に行きます。 そして陸運支局の隣というか敷地内というか、まあとにかく中にですね ナンバーセンター(関東)とか、 陸運協会(関東以外)とかいう別棟があるんですね。 分からない場合は行ってから陸運支局で聞けばすぐ分かります。 ここで自賠責保険に加入します。 ここは必要な用紙なども購入できる場所です。 また保険会社によって自賠責保険の金額は同じですが入りたい保険会社がある場合は事前に入っても問題ないでしょう。 ただし自賠責保険は代理店等で入るので原付などとは違い コンビニや インターネットからクリック一つで気軽に加入とはいきません。 事前に自賠責保険に入る時の注意点 事前に自賠責保険に入る場合は保険期間に注意しましょう。 まず大事なことは自賠責保険に加入したら1ヶ月以内には車検を取りに行きましょう。 保険期間が足りなくなって車検が通りません。 車検を通すには車検満了日をカバーできる自賠責保険期間が残っていないとNGとなります。 例えば車検満了日が2018年3月15日にユーザー車検を取るとしましょう。 すると車検満了日は2018年3月15日となるわけじゃないですか?まあ言ってみればちょうど2年後。 ですから自賠責保険は2018年3月15日から2020年3月16日までカバーされていないといけません。 あれ?一日多いじゃんって思いましたか?そうなんですね、自賠責保険が2020年3月15日ピッタリまでだと3月15日の正午(お昼)に自賠責保険が切れてしまうんです。 車検は15日が終わるまでなんですが。 このタイムラグがあるので一日多く保険でカバーしていないと車検が通りません。 保険が足りないって言われるんです。 以下は車検が切れた場合の話ですが保険と車検のズレについても解説しています。 以上は車検が切れた場合の話ですので今回のユーザー車検は継続車検の話ですから加入期間は24ヶ月で問題ありません。 自賠責保険は必ず1ヶ月先に満了になる契約になっている筈です。 分からない場合は自賠責保険の証書を御覧ください。 継続車検の場合には車検期間と自賠責保険の期間が一致せず1ヶ月ズレている筈です。 余り混乱させたくないのですがとにかく自賠責保険の証書を見て次の契約っていつからいつなのかを見ると良いです。 基本的に24ヶ月契約でOK! 、車検が一回切れちゃった人は25ヶ月契約となるんですよ、うーん。 ナンバーセンター・陸運協会って何?? 陸運支局内で必要用紙や自賠責保険を売っているナンバーセンターや陸運協会って何なんだろうか?ということですが一応は別の団体です。 本来の主たる業務は自動車のナンバーを独占的に売っている団体です。 国の機関の一部であることは言うまでもないでしょう。 何で名前が地域で違うんだ?というのは 分かりません・笑 関東だけ何か違うんですね。 やっていることは一緒だと思います。 ココらへんの組織ってゴチャゴチャしてて我々一般国民には理解不能です。 本当は国の組織の一部なのに(だって陸運支局の敷地内で車検の用紙とか自賠責保険売ってるんですよ?笑)一般財団法人とか言ってるので別に民営化なんて一生できないんだから全部国の組織のままでいいじゃんって思うんですよね。 まあまだ民営化すらしてませんが。 北海道陸運協会では明確に 「当協会では、自動車重量税印紙の売捌き・自賠責保険加入業務を行っています。 」とHPで言ってますから全国どこでもこの手の協会が敷地内にいるということで良いです。 以上、余談でした。

次の