サイマ クロス バイク。 サイクルショップカンザキ菅原本店 /大阪のロードバイク・クロスバイク等の自転車屋

【楽天市場】スポーツ車:自転車通販サイマ(cyma)

サイマ クロス バイク

クロスバイクとは? By: クロスバイクは自転車の種類のひとつで、「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の両方の特徴を兼ね備えたスポーツ用自転車です。 マウンテンバイクほどハードなオフロードには適していませんが、ロードバイクのように舗装路のみでの使用目的ではないモデル。 ロードバイクのように前傾姿勢を取る必要もなく、シティサイクルに近い感覚で楽しめるのが特徴です。 クロスバイクの主な用途 クロスバイクは、マウンテンバイクとロードバイクの中間的存在。 両者のよいところを取った汎用性の高いスポーツバイクで、通勤・通学の移動に使えるのはもちろん、オフロードにもおすすめです。 また、ロードバイクでいうところの「ツーリング」とは異なり、気のままに走ったり、ダイエットとして使えたりとマルチに使える自転車としても人気。 ロードバイク・マウンテンバイクをいきなり購入するのは本格的すぎて気が引ける方にも、クロスバイクがおすすめです。 クロスバイクの魅力 コスパ良好でスポーツバイク入門にもぴったり クロスバイクは5〜8万円程と比較的安価な価格帯で購入可能。 マウンテンバイクやロードバイクに使用されているのと同じパーツが採用されていることもあり、今後それらに挑戦したい方の最初のステップとしても最適です。 軽量で漕ぎやすい シティサイクルの重量は20kg前後ですが、クロスバイクは10~15kg程度と軽量。 さらに、一般的なシティサイクルと比べるとタイヤが細く、スピードを出しやすいのが特徴です。 前かごや荷台など、走行に直接関係のないパーツが省かれているので、身体の力が伝わりやすく軽々と走行できます。 クロスバイクの選び方 用途で選ぶ 通勤・通学用途 毎日の通勤・通学でクロスバイクを使用する場合、ある程度軽量で扱いやすく、頑丈であることが重要です。 通勤・通学での使用は停車・駐車をすることも多いため、車体が重すぎるとちょっとした持ち運びに苦労します。 軽量化を求めすぎる必要はありませんが、持ち運びと取り扱いが簡単に行える軽めの車体がおすすめです。 また、車体とタイヤは十分な強度を備えたモノを選ぶことで、パンクなどのトラブルを避けられます。 太すぎても重量が出てしまい運転に脚力を必要としてしまうので、細過ぎず太すぎないタイヤがおすすめ。 通勤・通学用途では、走りやすさや扱いやすさ、丈夫さをバランスよく兼ね備えたクロスバイクを選ぶことが大切です。 サイクリング用途 本格的にサイクリングをするためにクロスバイクを選ぶ場合は、走りの快適さを重視することが大切。 車体は細めで、軽快に走れる細いタイヤを選びましょう。 また、長距離を走るサイクリング用途のクロスバイクであれば、疲れにくさも重要。 振動を吸収し身体への衝撃を軽減してくれるモノや、一定のスピードを保ち、足への負担を軽減できるギアの多いモノを選ぶのがおすすめです。 アウトドア用途 舗装されていない道や、険しいオフロードなどのアウトドアシーンで使用する場合は、マウンテンバイク寄りの機能を備えたモノを選ぶことが大切です。 過酷なシーンでも問題なく走れる、より頑丈な車体とタイヤを選ぶ必要があります。 タイヤは不安定な道でも安定した走りを保てるかつ、高いクッション性を発揮する太めのモノを選ぶようにしましょう。 また、振動を吸収できる柔らかくしなやかなフレームを選ぶことで、身体への衝撃を軽減できます。 体にあったサイズを選ぶ クロスバイクだけでなく自転車全般にいえることですが、体にあったフレームサイズを選ぶことが重要です。 フレームサイズとは、サドルの下からペダルを取り付けている部分までの長さを指します。 サイズが自分の体にあっていないクロスバイクは、必要以上に負担がかかるため危険です。 サイズの相違が大きければ大きいほど負担は大きく、場合によっては体を痛めてしまう恐れもあります。 クロスバイクを購入する際は、自分の体にあったフレームサイズの車体を選ぶようにしましょう。 重量で選ぶ By: サイクリング用途など、上級者向けの素材として人気を集めているのがカーボン。 軽量で軽快な走りを実現します。 ドライバーへの振動を吸収するため、乗り心地は良好です。 カーボンの欠点は耐久性の低さ。 とくに、1箇所にピンポイントで強い衝撃が加わると簡単に割れてしまいます。 慎重に扱う必要があり、街乗りやクロスバイクに乗り慣れていない方はとくに注意が必要。 また、ほかの素材と比べ価格が高く、フレームの全体にカーボンが使われているクロスバイクの場合、数十万円以上するモデルもあります。 現在クロスバイクを使用しており、より快適に走行できる上級者モデルが欲しい方におすすめの素材です。 ギアの変速段数で選ぶ By: クロスバイクに搭載されているギアの変速段数は、モデルによってさまざまです。 ギアの変速段数が多いのは、足にかかる負荷を常に一定に保つため。 坂道など、さまざまな環境で変化するペダルの重さをギアで調節することによって楽に走行できます。 長距離を走行したり、時速30km以上で走行したりするためのクロスバイクを探している場合は、多くのギアが搭載されたモデルを選ぶのがおすすめです。 通勤・通学など普段乗りなら7~9前後、サイクリング用途なら21以上の変速段数を備えたモデルを選ぶようにしましょう。 タイヤの太さで選ぶ By: タイヤが太いほど障害物にもグラつかず、走行時の安定性を高められます。 また、太い分クッション性も高く、乗り心地がよいのも特徴のひとつ。 一方、スピードが出しにくく、加速のために脚力を必要とするのが欠点です。 反対に、細ければ細いほど軽くなり、その分スピードが出やすく軽快な走りが可能。 しかし、細さゆえに車体を安定させることが難しくなります。 さらに、しっかりとメンテナンスしなければ、軽い衝撃でパンクしてしまうのも欠点のひとつです。 通勤・通学用途におすすめなのは太めの28C。 より太い32Cは、グリップ力が高く坂の上りや下りがラクになるので、アウトドア用途におすすめです。 拡張性の高さで選ぶ By: クロスバイクの楽しみとして、自分なりにカスタマイズできることが挙げられます。 使用するシーンや目的に応じて機能やパーツを取り付けられる、拡張性の高さも重要な要素です。 通勤・通学用途であれば、雨対策の泥除けや駐車をラクにするスタンドなどがあると便利。 また、サイクリングやアウトドア用途では、水分補給のためのボトルケージや速度・走行距離などを計れるサイクルコンピューターを取り付けるのもおすすめです。 より快適にクロスバイクを楽しみたい場合は、オプションパーツを取り付けられる規格に対応しているかも確認しておきましょう。 クロスバイクのおすすめメーカー ビアンキ Bianchi By: 「ビアンキ」はイタリアの老舗自転車メーカー。 1885年に小さな自転車店からスタートし、現存する自転車ブランドのなかでは世界最古として知られています。 イタリア語で「青い空」を意味する、淡いライトグリーンの「チェレステ」をイメージカラーとしているのもポイント。 ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイク、ミニベロなど、さまざまなタイプの自転車を数多く展開しています。 ジャイアント GIANT By: 「ジャイアント」は1972年に台湾で設立された自転車メーカー。 自転車生産量は世界一といわれており、幅広い製品をラインナップしています。 これまで培ってきた技術とノウハウを活かしており、クオリティも良好。 コストパフォーマンスの高さにも定評があります。 なお、2010年からは女性向けの自転車ブランドとして「Liv(リブ)」を展開しているのも特徴。 女性の体格や乗りやすさを考慮しているのはもちろん、小柄な方でも無理なく乗れるモデルの生産にも力を入れています。 ルイガノ LOUIS GARNEAU By: 「ルイガノ」 は、1983年にスタートしたカナダのスポーツ用品メーカー。 創業者がもともと自転車のトラック競技選手だったこともあり、サイクリング製品を豊富に取り扱っています。 ヘルメットやライト、スタンドなど、オプションパーツが充実しているのもポイント。 なお、日本では株式会社あさひが商標使用許可を得て販売をしています。 クロスバイクのおすすめ人気モデル ビアンキ Bianchi Roma 3 Disc ビアンキの定番クロスバイク、「Roma」シリーズのディスクブレーキ搭載モデル。 ディスクブレーキシステムはブレーキの制動力や安定性が高く、悪天候や悪路でもスムーズに対応できるのが特徴です。 フレームには軽量で丈夫なアロイ(アルミ合金)を採用しており、ロードバイクに近い感覚で乗り回せるのもポイント。 安定性と高速走行性を両立しているので、街乗りはもちろん、通勤・通学などでクロスバイクを使いたい方におすすめ。 カラーはチェレステ・マットミニタリーグリーン・マットブラック・マットブラックピンクの4色をラインナップしています。 初心者用クロスバイクとして人気のESCAPE R3と比べて、軽量性に優れた「CROSTAR」。 重量が9. 7kgと同価格帯のクロスバイクでは最軽量クラスで、ジャイアントの新たなエントリーモデルとして注目が高まっています。 ESCAPE R3との最大の違いはフォーク部分。 ESCAPE R3はクロモリ製のベンドフォークなのに対して、CROSTARはアルミ製のストレートフォークを採用しています。 素材のぶん軽くなっており、クイックな操作が可能です。 タイヤは、走行性と走破性を両立した28mm幅。 街中でアグレッシブに乗り回したい方におすすめのクロスバイクです。 アメリカの自転車ブランド、トレックのクロスバイク「FX 1 Disc」。 独自製法のAlpha Goldアルミニウムフレームを採用しているのが特徴で、負荷のかかる部分は厚く、強度がそれほど必要ない部位を薄くすることにより、剛性と軽量性を両立しています。 タイヤはやや太めの35mm幅。 クロスバイクとしては安価な価格帯でありながらディスクブレーキを搭載しており、雨天などの滑りやすい状況でも高い制動性を実現しています。 悪天候でも安定した走行が可能です。 2019年モデルはフレームの外側にケーブルが配線されていた一方、2020年モデルからはフレームに内蔵されているのもポイント。 見た目がスッキリするほか、ケーブルを引っ掛けて断線するといったリスクも抑えられます。 クロスバイク初心者にもおすすめのモデルです。 マセラティ MASERATI AL-CRB7021 イタリアのスポーツカーメーカー、「マセラティ」のスタイリッシュなクロスバイクです。 本製品は耐久性に優れた「アルミダイヤモンドフレーム」を採用しており、高い剛性を有しているのが特徴。 通勤・通学からアウトドアでの起伏のある路面まで、幅広い走行シーンに対応可能です。 また、スポーツバイクに使用される「クイックリリース」仕様なのもポイント。 工具を使わず車輪を外せるので、パンクなどのトラブルに遭遇したときでもスピーディに修理可能です。 汎用性の高いクロスバイクを探している方はチェックしてみてください。 細いフレームがスタイリッシュな印象のクロスバイク。 カラーはホワイトやマットブラック、レッドなど全6色なので、好みのカラーを選びやすいのが魅力です。 おしゃれなモノを探している方に適しています。 また、リーズナブルな価格のため、はじめてクロスバイクを購入される方にもぴったりです。 適応身長は約155cm以上、適応体重は約80kgまで。 前輪はクイックリリースレバーで簡単に取り外せるので、車内に積んで、旅先でもクロスバイクでの走行を楽しめます。 サドルはクッション性に優れており、長時間の走行でも疲れにくく、通勤や通学中でも快適です。 ボトルゲージ取付用ホルダーが搭載されているため、ボトルゲージを設置すれば水分補給も容易にできます。 柔軟性に優れ快適な乗り心地を実現するクロモリフレームが採用されたクロスバイク。 リムの高さが約60mmのディープリムを使用しているので、空気抵抗を減らす「エアロ効果」も期待できます。 ハイスピードで走行しているときに、安定した直進が可能です。 ギア変速段数はシマノ製の21段仕様のため、街乗りだけでなく、サイクリングなどでも活躍します。 変速はレバー式により素早く変更できるのもポイント。 さらに、インジケーターが搭載されているので、設定しているギアの確認がしやすいのも特徴です。 フロントライトには、高輝度LEDと、雨に強く錆びにくいシリコン素材を使っています。 ボタンひとつでフラッシュと常時点灯の切り替えを行えるので、夜間時の走行も安心。 比較的リーズナブルな価格ながら、機能が充実しているモノを探している方におすすめです。

次の

自転車通販「cyma

サイマ クロス バイク

こちらで初心者4点セットにカゴ、泥除け、ドリンクホルダーをつけていただきました。 届いてからずっと雨続きでまだ通勤で使えていませんが、休日のサイクリングは最高でした。 いい相棒になってくれそうです。 サドルもアルミで可愛いです。 周りの人からは6~8万円位の自転車に見えるみたいです。 クロスバイクに乗るのは久しぶりだし、年齢も若くはないので実物を確認をしないでの購入に不安もありましたが、商品はもちろん、配達の方も感じがよく購入して良かったです。 とても満足しています。 大切にします。 ちなみに自転車の購入は約40年ぶり、整備知識ゼロの58才(男)です。 なので完成車として送られてくるのは必須条件でした。 また知識が無いなりに調べた条件がいくつか。 フロントギア ディレイラー? は1枚で。 チェーン落ちの可能性が格段に低くなる。 通勤途中でチェーンが外れるのは困ります 少し太目のタイヤであること。 段差に強くパンクしに難い 見た目カッコイイこと。 そこそこ早そう(車体が軽め)なこと。 予算は3万円以内。 こんな条件を満たしてくれそうだったのがcymaさんのprimerでした。 カラーはストリートブラックです。 地味は写真では一見地味そうですが、サドルと握りのラクダ色、そして各部アルミ素材とのコントラストが凄くステキです。 完成車ですから当たり前に何の支障もなく安心してすぐ乗り出せます。 とても大事な事です 乗り出してすぐ分かりました、とても軽いです、ママチャリの比ではありません。 スプロケット(後ギヤ)が14-28Tの7段なので、自分の脚には11-28Tくらいがベストかも。 (あくまで自分にとってはです) あと、入門セットで購入したのですが、ライトの明るさが足りません。 誤解の無いように補記しますが、自分の場合、街灯の無い暗い幹線道路を走ります。 暗闇を照らすには光量が足りませんでした。 1200ルーメンのライトを後日別途購入しました。 自転車本体のポイントではないので減点ではありませんが入門セットを検討されている人はご参考までに。 乗り出して2週間ですが、トップスピード以外になんら不満はありません。 この部分も、市街地を通勤使いで走る人は十分すぎるスピードが出るので問題になることはないでしょう。 むしろ危険になってしまいます。 通勤という使用条件をごくごく当たり前に満たしてくれるとても良い自転車だと思います。 我ながら驚きなのですが、 クロスバイクがこんなに楽しいものだは想像していませんでした。 楽しくて休みの早朝には30キロくらい走り回っています。 (もっと行けそうですが、あまりの暑さに危険を感じるので) 自転車で見る風景と体に感じる風、心地よい疲れ。 ほんと楽しいです。 最後に皆さんにお願いです。 自転車は左側を走りましょう。 逆走は激しく危険です。 よろしくお願いします。

次の

【2020年版】クロスバイクのおすすめ22選。人気メーカーの最新モデルをご紹介

サイマ クロス バイク

VISA、MASTER、JCB、Diners、AMEX すべてのカード会社で、一括払いが可能となっております。 ・14日以内にお支払いが確認できない場合、楽天市場が自動でご注文をキャンセルいたします。 ・誠に勝手ながら、振込手数料はお客様のご負担でお願いいたします。 お支払方法につきまして、詳しくはをご確認下さい。 あらかじめご了承ください。 翌営業日以降の確認となります。 その場合はキャンセルとさせていただきますので、悪しからずご了承いただけますよう、よろしくお願いいたします。 【複数台購入いただいた場合】 自転車1台につき送料がかかりますので、複数台ご購入いただいた場合は台数に応じて送料を修正させていただきます。 別途メールにて送料のご案内をさせていただきます。 営業時間帯について プライバシーについて ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。 rakuten. jp お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の