電気代お得な会社。 2020年、東京で1番安い電気料金は?

【おすすめ】電力会社ランキング厳選98社【安い電気料金比較】

電気代お得な会社

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• つまり、電気を使えば使うほど、電気代の総支払額は増えていきます。 2016年4月から電力自由化が解禁され、各個人でも契約する電力会社を選択できるため、電気料金が安い会社を選ぶこともできるようになりました。 今までと同じ生活をしていても電気料金を安く抑えることができます。 しかし、根本的に電気代を安くしたいのなら、日頃の電気消費量を抑える方法を考えることも大切でしょう。 電気代が高いのはなぜ?考えられる原因は? 電気代が高くなる原因として、考えられるものは3つあります。 それぞれについて順に紹介していきます。 余分な待機電力がある まず1つ目は、余分な待機電力があることです。 待機電力とは、家電のスイッチがオフになった状態でコンセントにつないだままのときに消費する電力のことをいいます。 給湯器やエアコン、タイマー予約機能のある家電などを使用していると発生するものです。 電気使用量全体のうち、5%が待機電力だという調査もあります。 (一般財団法人省エネルギーセンター「平成24年度エネルギー使用合理化促進基盤整備事業(待機時消費電力調査)報告書」) 待機電力を節約する方法として、こまめなプラグの抜き差しがすすめられていますが、頻繁に行うとプラグの先端が変形してしまい、故障につながる可能性もあります。 もし待機電力をできるだけ節約したいと思うなら、スイッチ付きのテーブルタップを利用し、使うときだけスイッチを入れるようにするのがおすすめです。 また、レコーダーや電話機など、こまめに電源を落とすのが難しい家電を新しく購入する際は、待機電力が低いモデルを選ぶのも1つの手です。 余分に電気を使っている 2つ目は、余分に電気を使っていることが挙げられます。 例えば、晴れている日に洗濯をした場合、外干しでも十分乾かすことができます。 それにも関わらず、乾燥機を使ってしまっては時間も電気代もかかってしまいます。 このように、必要がない場面で家電に頼ってしまうのも、電気代が高くなる原因なのです。 余分な契約をしている 最後は、余分な電気契約をしていることです。 消費電力量が多ければ電気代は高くなりますが、消費電力量が少なくなったにも関わらず電気代が下がらない場合、この原因が考えられます。 契約アンペア数が高ければ、電気代のうちの基本料金も高くなるのです。 (基本料金がなかったり、基本料金が契約アンペア数によらずに決められているプランもあります。 ) そのため、家電を消費電力の低いものに買い替えたり、品数を減らしたりしたにも関わらず電気代が高いままなら、契約アンペア数を見直すことで安くできる可能性があります。 まずは、契約アンペア数を確認してみましょう。 マンション・一戸建てを問わず、電気が引いてあるならば、分電盤が家のどこかにあるはずです。 その中のアンペアブレーカーを見れば、色や数字から契約アンペアがわかります。 分電盤のほかに、検針票にも書かれています。 電気代が高い家電!節約できるものを探す 電気代の節約のポイントとして、年間の電気代が高い家電の利用をなるべく控えることが挙げられます。 一般家庭でよく使われている家電の、年間でかかる電気代の概算額は、エアコンは約16,000~50,000円、洗濯乾燥機は約10,000~23,000円、冷蔵庫は約8,500~10,000円、照明器具は1つにつき約3,200円、電子レンジは約1,600円程度です。 やはり、エアコンや洗濯乾燥機など温風または熱風が出るものは、起動や運転での消費電力が大きいため電気代も高くつきます。 エアコンを使う場合は、サーキュレーターを併用するなどして効率的に部屋の温度を調整する工夫を行うと節約に繋がります。 また、洗濯乾燥機を使う場合は、雨続きで洗濯物がなかなか乾かないなど、やむを得ない場合にのみ使うといった自分なりのルールを決めておきましょう。 次に、メーターが故障している可能性です。 前の月と比べて突然電気代が跳ね上がったなど、電気料金のデータを見て気づいた点があったら、こちらもすぐ電力会社に相談することをおすすめします。 最後に考えられる原因は、盗電です。 マンションやアパートの集合住宅のベランダにあるコンセントを他の住人が勝手に使っているために、電気代がかかっているケースも十分あり得なくもないのです。 コンセントにカバーをしたり、防犯カメラを設置したりするなどの対策を講じましょう。 原因を解消して電気代を上手に節約! 一口に「電気代が高い」と言っても、これだけ様々な原因が考えられます。 しかし、原因が何であったとしても、それに応じた対処方法を的確に実行していけば、問題は解決に向かうでしょう。 電気代の高さが、余分な電気を使っているという単純な原因からくるものであれば、生活を見直したり、家電を買い替えるときに消費電力が低いものを選んだりすればいいのです。 もちろん、部屋の照明のスイッチをこまめに切ったり、寒いときは暖房の設定温度を低くして重ね着をしたりするなど、日頃から少し工夫するだけでも電気代は違ってきます。 一番よくないのは原因を探らないで放置し、「なぜうちの電気代は高いのか?」と首をひねり続けることです。 早めに見つめ直すことで、電気代は抑えることができるのです。 また、電力会社を変更することでも電気代を安くすることができます。 様々な対処をしたうえでもさらに電気代を安くすることができるかもしれません。 電力会社の変更で電気代が安くなる! 電力会社の変更で電気代が安くなるといっても、いったいどれくらい安くなるのか、電力会社を変えて停電などの不具合が起きないか、また、どのように電力会社を変更したらよいのかといった心配事もあると思います。 まず、電力会社を変えることによって節約できる金額ですが、当サイト「でんきの比較インズウェブ」のを利用して電力会社を変更した方は年間で約1万3千円電気代が安くなっています。 (2018年1月利用者の電気使用量、切り替え先電力会社からの推計値。 金額は利用者の節約額推計値の中央値。 ) もちろん、電気使用量が多いご家庭の方が削減額が大きくなる傾向にあるのですが、電気使用量が少なくても節約できる可能性は十分にあります。 電気代が安くなるといっても停電が増えるなどの不具合があったら、契約したくはありませんよね。 しかし、そのような心配はありません。 各電力会社が供給する電気は区別なく混ざり合って皆さんの家庭まで届けられます。 つまり、今も新規参入した電力会社が供給している電気を一部使っているのです。 これは、契約する電力会社を変更した後も変わりません。 また、電気を届けること(送配電)は今まで通り、大手電力会社の送配電部門(分社化されていたらグループの送配電会社)が行います。 災害時の復旧などにも契約している電力会社によって優劣はありません。 それでは、どのように電力会社を変更したらよいかというと、新しく契約したい電力会社に申し込むだけで大丈夫なのです。 現在契約している電力会社の解約の手続きは電力会社間で行われます。 (引っ越しの場合は解約の連絡が必要です。 )契約する電力会社は当サイトので探すと便利です。 1か月分の検針票の情報から電気代が安い電力会社を探すことができます。 さらに、提携先の電力会社へは比較結果からそのまま申し込むことができ、ギフト券などのプレゼントがもらえます。 電気代が高いと感じている方は、電力会社を変更して電気代を節約しましょう。

次の

電気会社を変更するメリットとデメリット|電話勧誘や訪問販売には注意が必要

電気代お得な会社

このように、電気で熱を作るよりもガスを使った方が割安にできることが分かります。 ただし、オール電化には夜間利用が安くなるプランもあり、火を使わないことで安全性も確保できるなどのメリットもあります。 参考 季節によってそれぞれの(光熱費)料金は変わってくる 季節によって光熱費の利用量は変化します。 電気・ガスともに利用量が増えるのは冬になり、冬向けのプランを設けている会社もあります。 電気会社では時間ごとに使用料金が安くなるプランもあり、蓄熱式の家電を用いることで電気代が安い時間に電気をためておけます。 ガス会社は、床暖房などの利用者向けに冬季のガス代が割安になるプランもあり、自分の目的に合った内容のものが選べます。 また、電気もガスも地域によって基本料金や使用単価が異なります。 プロパンガス利用の場合は大抵電気代よりもガス代の方が高い ガスにはプロパンガスと都市ガスがあり、お得に使えるのは都市ガスです。 プロパンガスは一般的にコストが高くなる傾向があり、ケースにもよりますが電気代と比較してもプロパンガスの方が高くなることが多いです。 プロパンガスは、配送コストが必要なこと、少量で多くのエネルギーが利用できることから、都市ガスよりも高くなるのは仕方がない要素もあります。 しかし、会社ごとの料金設定によるところも大きく、悪質な会社では使用料金が異常に高かったり、機器レンタル代が高く設定されているところもあります。 地域的にプロパンガスを利用するしかない場合は、料金についてきちんと説明してくれる会社を選びましょう。 お得に暮らすならまるっとシリーズで決まり! 電気代やガスの料金を抑えて、光熱費をお得にするのならまるっとシリーズがおすすめ。 まるっとシリーズでは、1つの窓口で電気・ガス・インターネットなどが管理・手続きが可能です。 まるっとでんきは、単一料金制なのでオール電化やファミリー層の方にご好評いただいております。 まるっとガスに切り替える時は、手間がかからず簡単に乗り換えられるので、初めて新会社を利用する方にもぴったり。 複数のサービスをご契約いただくと、まとめて割引がご利用できるので毎月の支払いもお得になります! さらに、全てのサービスはアプリで一括管理できるので、それぞれ個別に確認する必要はありません。 まとめ:電気代とガス代はどちらの方が安いの?お得にすることは出来る? いかがでしたか?今回は、電気代とガス代について比較いたしました。

次の

九州のおすすめ新電力会社は?電気代が安い順に比較ランキング(福岡・佐賀・大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)

電気代お得な会社

Contents• 関西電力を解約して大阪ガスにまとめてみた! ずーっと気になっていた、電力自由化。。 お得になるという噂は聞いていたものの「面倒だしこのままでいいや~」という日が続いていました。 しかしある日、母親に聞いてみると 「電力会社を解約してガスにまとめたよ」と。。 (期間4月15日~5月17日) 一方、電力会社を利用していた時の同じ電気使用量の時の電気料金は、 電気使用量239kWhで6,222円でした。 電力会社の乗り換えは簡単! 電力会社を乗り換える上で一番ネックになるのが、電力会社の乗り換えの手間ですよね。 電力会社の担当者が来て~、ガス会社の担当者が来て~、、面倒なんだろうなって勝手に想像していたんです。 が! 実際にやってみると、 驚くほど簡単でした。 ガス会社に電話をかけ、「電気も契約したいです」と言うだけ。 後の面倒な手続きは、全部ガス会社がやってくれるんです(驚) 電気の切り替え工事もなく、いつの間にか切り替わっていた感じです。 大阪ガスのホームページにも記載されていますが、 他の電力会社に契約を切りかえる場合は、現在契約中の電力会社への連絡は一切不要ということです。

次の