ポケモン ゲンガー 育成 論。 【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策【6割で勝てて受けポケモンをすべて飲み込む】

【ポケモン剣盾】ゲンガー育成論 やはりゲンガーは超強かった!

ポケモン ゲンガー 育成 論

サン・ムーンでは、野生のポケモンが「助けを呼ぶ」で別のポケモンを呼び出すこと... ゲンガーおすすめ育成 特性 「 」・・・相手から攻撃を受けたとき、30%の確率で3ターンの間その技をかなしばり状態にする。 「 」・・・相手は逃げたりポケモンを交代したりできなくなる。 相手も同じ特性の場合、ゴーストタイプの場合は無効になる。 メガシンカ前の特性は「 」固定。 前作までで猛威をふるった「ふゆう」がなくなったものの、それでも十分に強力です。 メガシンカ後は「 」で相手を釘付けにして倒す戦術が基本となります。 性格 ステータス的に、攻撃を下げるのが基本。 そこから特攻、素早さのいずれかを上げます。 変化技が通りやすくするためにも、素早さを優先したほうがよさそうです。 「おくびょう」(素早さUP、攻撃DOWN) 「ひかえめ」(特攻UP、攻撃DOWN) 努力値・個体値 努力値は先手を取ること最優先に考え、素早さに全振り。 HPにも全振りして耐久を上げていきます。 個体値もこの2項目を重視しましょう。 技 :そこそこの威力の特殊ゴースト攻撃。 20%で相手の特防を1段階下げます。 :高威力の特殊どく攻撃。 30%で相手をどく状態にします。 :次の自分のターンまでにひんしになると、相手もひんし状態にします。 相手とタイミングを見計らって使いましょう。 他には、特性を活かした「 」「 」や、「 」、「 」など、トリッキーな技の数々で相手をいらつかせましょう。 アイテム :ゲンガーをメガシンカさせる。 メガシンカさせる前提ですから、ほかに選択肢がありません。 関連ポケモン.

次の

【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ゲンガー 育成 論

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるゲンガーの育成論と対策について掲載しています。 ゲンガーのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 高い素早さと相性の良いきあいのタスキなどを合わせ、先制で複数回攻撃すること相手を倒すことができます。 わるだくみで積みアタッカーとしても活躍 わるだくみを使うことで積みアタッカーとして採用することができます。 一度わるだくみを積むことができれば一貫性の高いゴースト技で相手に大きなダメージを与えることができます。 ダイマックスすることで、わるだくみで上昇した抜き性能をさらに向上させることができます。 タイプ一致技であるどくタイプの攻撃をダイマックス技のダイアシッドにすることで、 攻撃しながらとくこうを上昇させることができるため、安易に受け出してきた相手をそのまま倒すことができます。 豊富な変化技で味方をサポート ゲンガーはおにびやこごえるかぜ、さいみんじゅつ、みちづれなど 豊富なサポート技を習得します。 変化技を組み合わせて行動することで相手に読まれづらい立ち回りをすることができます。 みちづれや特性「のろわれボディ」によって倒されるときでも相手に負荷をかけることができるため、きあいのタスキと合わせることで高いストッパー性能を持つポケモンです。 タイプ一致のゴースト・どく技は相性補完が優れており、一貫性も高いため、全抜きや大きな削りを入れることが期待できます。 メインウエポン以外にも幅広いタイプの攻撃技を習得するので、ギャラドスやアーマーガアを対策する場合には10まんボルト、ヌオーやトリトドンを見る場合にはエナジーボールなど、パーティに合わせて技を編成することができます。 覚える補助技が多岐にわたることから相手に読まれにくく、高い素早さから確実に役割を果たすことができます。 ちょうはつやトリックルームは特に読まれにくいことから、相手の起点作りを阻止することや裏のトリルエースにトリックルームを読まれずに繋ぐことができます。 メガゲンガーを彷彿とさせるかげふみ状態にすることで自らが場にいることで相手を縛っていく動きが狙えます。 ダイホロウの防御下降はゲンガー自身に恩恵は少なく、キョダイマックス個体を採用するメリットは大きいです。 優秀な補助技を豊富に習得することから滅びターンを稼ぐ手段は豊富にあり、相手の行動に合わせて自身のタイプ変化による受けやみがわりの設置、技を縛り行動回数を減らす、火力を削ぎ落とすなどパーティに合わせて採用することが可能です。 ゲンガーのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 ・で習得 ・高威力の一致技 ・ダブルでは味方を巻き込む ・で習得 ・威力よりもどく状態を優先する場合に採用できます ・Lv48で習得 ・一貫性の高いタイプ一致技です ・Lv24で習得 ・積極的に状態異常と合わせる場合に採用できます ・で習得 ・ひこうやみずタイプへ抜群を取れます ・で習得 ・ヌオーやトリトドンなどの4倍弱点を狙う場合に ・で習得 ・ドラゴンや地面に弱点を突くことができ、後続へのサポーとしても使うことができます ・で習得 ・苦手なあく、はがねタイプへの打点になります ・Lv54で習得 ・高い素早さときあいのタスキを合わせることでストッパー性能をたかめることができます ・で習得 ・裏のサポートをしながら相手の物理攻撃力を下げることができます ・基本技 ・相手に一切の行動を取らせることなく一方的に行動することができるようになります ・で習得 ・相手の起点作りや積み展開を阻止することができます ・で習得 ・読まれにくく相手の意表を突いて裏のトリルエースへ繋ぐことができます ・で習得 ・耐久ポケモンに対して安全に動けます。 素早さが高いため先制みがわりで様子を見ることもできます。 ゲンガーのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 低い耐久を補うのに用います。 基本的にはこれ。 アタッカーとして火力を伸ばしたい場合に使用します。 みがわりを用いる場合の選択肢となります。 ゲンガーの対策 注意点 高い素早さと豊富な技を習得するため、おにびや弱点技には特に注意が必要です。 きあいのタスキを持っていることが多く、一度は攻撃を耐えてくるためみちづれなどで相打ちを取られないように注意しましょう。 対策方法 きあいのタスキ前提で動く ゲンガーは耐久力が非常に低いため気合のタスキを持っていることが多いです。 その前提で動くことが必要になってきます。 すなあらしやステルスロック、先制技持ちなどを入れておけば突破しやすいでしょう。 おすすめ対策ポケモン ポケモン 詳細 ゲンガーよりも素早さが高いため、上から倒すことができます。 ダイマックスすることでシャドーボールを耐えることができ、みちづれを気にせずダイジェットやダイホロウで倒すことができます。 タイプ一致技をどちらも半減にすることができるため余裕を持って後出しすることができます。 すなおこしによってきあいのタスキを潰すことができるため、かみくだくやストーンエッジで一度攻撃するだけで相手を倒すことができます。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前.

次の

ゲンガーの育成論【対策・調整・単体考察】|ポケモニア

ポケモン ゲンガー 育成 論

素早さも高いが、耐久は物理特殊共に低い。 典型的な高速紙耐久アタッカー。 第7世代でのみちづれやおにびの弱体化で耐久型はやりずらくなった。 一方で、のろわれボディでこだわりアイテム持ちの相手を退ける可能性が生まれた。 第7世代では素早さがインフレ傾向にあり、素早さ110では安定しない。 メガゲンガーのほうが多いので相手の読みを外せる点は評価できる。 ) 技3: こごえるかぜ (威力55で命中95 相手の素早さを下げる。 ドラゴンに刺さる。 ) 技4: おにび (命中85で火傷にする。 ) 基本的に先発で繰り出し、技1:ヘドロばくだんや技2:シャドーボールで攻撃していく。 タスキがあるので相手のほうが遅ければ2発攻撃でき、並みの耐久のポケモンなら倒せる。 ドラゴンには技3:こごえるかぜ。 ゲンガーの微妙な素早さを補うのにも使える。 ゲンガーより遅い物理アタッカー相手の場合は先制技4:おにびで機能停止に追い込む。 連続技やステルスロックでのタスキつぶしには十分注意。 パーティ構成 ゲンガーの相棒としてオススメはサザンドラだ。 ゲンガーの弱点であるエスパーを無効化、地面を特性ふゆうで無効化、ゴースト・悪を半減できる。 また、ゲンガーはサザンドラの弱点である格闘を無効化、虫を4分の1に軽減、フェアリーを半減できる。 相性はかなり良いといえる。 ゲンガーのレート対戦遭遇率 使用率は第6世代に比べれば少し低下した。 しかし、それでも使用率はそこそこ高い。 メガゲンガーが多いが、通常ゲンガーもいる。 特性かげふみを持つ危険なポケモンなので対策必須だ。 ゲンガー対策 ボルトチェンジやとんぼがえりがあれば、メガゲンガーの特性かげふみから逃げられる。 物理耐久は高くないのでランドロス、サザンドラ、ガブリアスなどにこだわりスカーフを持たせ、 先制一撃で倒すのも良い。 スポンサーリンク.

次の