剣盾 ボール エフェクト。 【ソードシールド】ボールのエフェクトまとめ!!

アマコレ ~剣盾ボールエフェクト~

剣盾 ボール エフェクト

はじめに 『ソード・シールド』が発売して、そろそろ1ヶ月になります。 クリアして厳選体制に入っている人もかなり増えてきたので、8世代のオシャボ厳選についての記事を書くことにしました。 遺伝の仕様 孵化厳選をする際は、タマゴが発見される組み合わせで育て屋に預けます。 その際、 生まれてくる個体に親個体のボールが遺伝したり、預けた片親にもう片親の技が遺伝することがあります。 ボール遺伝 ボール遺伝の仕様については、基本的には7世代と一緒です。 詳細については、下記の記事をご覧ください。 要点をまとめると、下記の通りになります。 種族が同じ同士を預けた場合は、 どちらかのボールが遺伝。 異なる種族同士を預けた場合(進化後も含む)は、 メス個体のボールが遺伝。 個体を孵化したい場合、 メス個体 or 性別なし個体はでなくてはならない。 、プレシャスボールは遺伝できない(預け屋に預けた場合、生まれてくる個体はに入っている)。 預け屋における遺伝技の後付け 8世代における新たな遺伝の仕様として、タマゴ技の後付け遺伝が挙げられます。 これは、 種族が同じ同士を預けた場合に、片方の親個体が覚えているタマゴ技をもう片方の親個体が習得するものです。 次の図をご覧下さい。 上の図では、2V(催眠術を遺伝済み)と4V(黒い霧を遺伝済み)を預けています。 預けてしばらく経つと(タマゴができるくらいの期間?)片方のタマゴ技がもう片方に遺伝しています。 7世代以前は、タマゴ技を増やす際にタマゴ技を習得した親個体を預けて孵化する必要がありました。 今回の後付け遺伝の仕様により高の親に遺伝技を搭載しやすくなったといえます。 また、 預ける個体はオス同士・メス同士であっても後付け遺伝可能です。 次の図をご覧ください。 上の図は、シリアルコードで配信されたとから交換してもらえる通常を預けたときのものです。 今回の組み合わせでは、通常のタマゴ技である"とっておき"がキョックス可能に遺伝しています。 注意点 タマゴ技を後から搭載できるようになった今作の仕様ですが、注意点が3点あります。 遺伝させたい技がある場合は、技忘れさせておきましょう。 仮に片方が進化系であるであったり、遺伝要員であるサニゴーンである場合はどうでしょうか。 そのようなケースではタマゴ技を覚えた個体を孵化することは可能ですが、預けた親個体のにタマゴ技を遺伝させることはできません。 その後、育成・運用過程で後付け遺伝技を忘れされた場合、思い出すことは不可能です。 再度後付け遺伝し直すことは可能ですが、厳選時と同種族とは限りませんし遺伝させ直すのも面倒です。 このように、遺伝技の後付け遺伝は一見便利に見えて意外と不便です。 そのため、 遺伝技を一通り搭載して高個体量産までの手間を省く目的で利用するのが妥当ではないかと思われます。 ボールエフェクト サンムーンをプレイしてた当時はキャプチャ設備がなかったため、直撮りしていました。 今作ではSwitchからスクショできるようになったため、ボールエフェクトが大変わかりやすくなりました! 以下、順次紹介していきます。 を入れるボールの代名詞である。 近年、このボールに拘る人もかなり増えていると聞いています。 エフェクトは白・水色ベース。 6世代辺りからほぼ変わっていません。 スーパーボール のエフェクトをベースにしつつ、にピンクの輪っかが加わっています。 青・ピンクのエフェクトが似合うであれば、このボールに入れることも選択肢に入るのではないでしょうか? 後述のハイパーボール同様、オシャボとしての価値が認められにくいのは少々残念です。 ハイパーボール 黄色と白をベースにしたエフェクト。 エフェクトは悪くないと思いますし、ボール自体もアニメ・漫画共に実力者クラスが使う格式高いイメージがあるのですが、オシャボとしての評価は低めなのが現状です。 『』【レポート3】サカキ プレミアボール 白・橙・黄をベースにした閃光と輪っかが飛び散るエフェクト。 エフェクト自体は、ハイパーボールに似ています(オレンジが少し強めか)。 ボール本体のカラーリング(白・赤)は、白い(など)に合っていると思います。 ヒールボール 白と淡いピンクをベースとしたエフェクト。 フェアリータイプのに似合いそうなボールです。 似たようなエフェクトのボールとしてラブラブボールやドリームボールがあります。 そのため、交換や対戦で見かける機会は少ないです。 水色の閃光と白いネットが飛び出すエフェクト。 虫タイプ、特にを使うによく似合いそうなボールです。 は水色基調、コンペボールは緑基調のエフェクトとなります。 ネストボール をベースとした霧のような濃いエフェクト。 かなり派手だったので、紹介画像を2枚に分けました。 草タイプだけでなく地面タイプにも似合いそうなボールです。 ダイブボール 泡が弾けるエフェクト。 水タイプや青いといえばこのボールに入っているイメージがあります。 水上のを捕獲する際にも役立つので、愛用されている方も多いのではないでしょうか。 ダークボール 紫色のオーラが飛び散る派手なエフェクト。 悪タイプやゴーストタイプなどによく似合います。 7世代以前から派手なエフェクトが続いています。 タイマーボール オレンジの閃光と、黒い時計(針の色は赤)が飛び出してくるエフェクト。 赤・黒を基調としたによく似合っています。 ゴージャスボール ワット増殖バグにより、大量購入・大量売却されて資金源になっているボール。 ボールエフェクトは、黄色の光沢やひし形のエフェクトが飛び散る豪華なものとなっています。 黄色いや、ボール本体と同じ黒のに似合うと思われます。 クイックボール 水色のリングと黄色の玉が目立つエフェクトになっています。 このボールに拘って入れている人をあまり見かけないので、この機会にエフェクトが似合いそうなを探してみてはいかがでしょうか? リピートボール ックスレイドバトルで多くの人がに投げたであろうボール。 オレンジ色のリサイクルマークのような矢印が特徴的なエフェクト。 オレンジ色や炎タイプのに似合いそうです。 フレンドボール ネストボールとは異なり、黄色・無色の泡と緑の泡が特徴的なエフェクト。 こちらもかなり派手なので2枚に分けました。 草タイプや緑系統のが入れられていることが多いボールです。 ルアーボール 水飛沫が弾けるエフェクト。 ダイブボールのエフェクトと似ていますが、こちらの方がより派手に飛び散ります。 釣りで入手できる全般に似合うボールであるといえます。 ヘビーボール 工具のナットを彷彿させる銀色の正六角形が飛び散るエフェクト。 また、研磨をイメージしているのか十字状に光っているエフェクトも秀逸です。 金属のボディを持つ鋼タイプ全般、また結晶を想起させる氷タイプに合うボールといえます。 ラブラブボール ピンクと白のハートが飛び出してくる可愛いエフェクト。 フェアリータイプや可愛いを引き立てるボールであるといえます。 ムーンボール 蒼い光と三日月が弾けるエフェクト。 月夜に映えそうな全般(悪タイプやゴーストタイプなど)に似合うものとなっています。 ムーンボール自体のデザインも好評であるため、人気・希少価値はかなり高めです。 レベルボール ピンクの輪っかに、青・緑・黄の玉が弾けるカラフルなエフェクト。 ボール本体の色に合わせて、炎タイプが入っているイメージが強いです。 スピードボール 集中線と鮮やかな蒼い閃光が飛び出すエフェクト。 疾走感溢れるに似合うエフェクトです。 今作ではワイルドエリアの逆鱗の湖でに遭遇できますが、の時点でかなり動きが速いのでスピードボールが似合っていると言えます。 ドリームボール ピンクと白を基調とした煙が飛び出すエフェクト。 ドリボは、8世代で新たに入手可能になったオシャボ個体です。 7世代ではドリームボールを入手する手段がなかったため、7世代初出のをこのボールに入れることは不可能でした。 今作ではシュートシティのボールガイから入手できるようになったため、オシャボ厳選の可能性が広がりました。 ウルトラボール 前作のウルトラホールを思い出させるエフェクト。 ウルトラホールのエネルギーが放射状に拡散しているようにも見えます。 ガラル地方にはいませんが、8世代新規追加のをウルトラボールに入れてみても面白いと思われます。 二重の輪っかに、ピンクの玉や閃光などが飛び散るエフェクト。 入手難易度に見合う派手なエフェクトです。 今回繰り出しているですが、これまではがに進化した際に手持ちに空き+所持してモンボ個体を入手するしかありませんでした。 今作ではックスレイドバトルで出現するため、ボール厳選が可能になりました。 ックスレイドバトルとはいえ、抜群技を受けると…? プレシャスボール 赤い閃光とオレンジ色の玉が飛び出すエフェクト。 プレシャスの名に相応しい派手なエフェクトです。 このボールに入った個体として、早期購入特典で入手できるキョックス可能なが挙げられます。 また、『 Let's Go! ・Let's Go! 』をプレイした方がゲットできる特別な・もプレシャスボールに入っています。 サファリボール 緑・ライムグリーンの閃光と、黄土色の煙が目立つエフェクト。 湿地帯に生息しているや、緑・黄土色のによく似合うボールであるといえます。 サファリボールに入った個体は、サファリゾーン(・FRLG・RSE)やノモセ大湿原(DPt)で入手できます。 このボールで捕獲できる一覧については、下記のリンク先をご覧ください。 コンペボール 緑色の閃光と、白いネットが弾けるエフェクト。 のエフェクトを緑基調にした感じになります。 虫取り大会()で捕獲できるをこのボールに入れることができます。 このボールで捕獲できる一覧もどうように、下記のリンク先をご覧ください。 HOME解禁と現時点における注意点 HOMEがリリースされたことに伴い、過去作限定のボール、特にサファリボール・コンペボールに入った個体を連れてこれるようになりました。 まだダウンロードされてない方は、下記の公式ページ内のバナーからストア等に飛んでいただければと思います。 どちらにダウンロードしたらよいか迷う方もおられると思われますが、基本的には両方ダウンロードすることをおススメします。 版でしかできないこと(対戦データの確認やHOME内での交換、不思議なおくりもの受け取りなど)とSwitch版でしかできないこと(ピカブイ・剣盾への移動)があるためです。 なお、課金プランについては 同じアカウントと連携していれば片方の媒体で行えば大丈夫です。 8世代では、まだオンライン交換したり対戦(カジュアル・ランクマッチ)に使うことができない。 上記の制限は、今後のアプデ等で解除されると思われますので最新の情報に注意しておきましょう。 ボールの入手先 ここまでボールエフェクトを扱ってきましたが、最後に各ボールの入手先を纏めておきます。 ショップで購入できるボール 下記の13種類のボールは、内のフレンドリィショップで購入できます。 : 全で購入可能。 スーパーボール:同上• ハイパーボール:同上• プレミアボール:同上 プレミアボールについてですが、今作から、どのボールを購入しても10個買うごとに1つ付けてもらえるようになりました。 例えば、ダークボールを66個買った場合は6個プレミアボールが付いてきます。 ヒールボール: エンジンシティ(下層)。 ショップ右側の店員から。 :同上• ネストボール:同上• ダイブボール: ナックルシティ(中央)。 ショップ右側の店員から。 ダークボール:同上• タイマーボール:同上• ゴージャスボール: シュートシティ(駅側)。 ショップ右側の店員から。 クイックボール:同上• リピートボール:同上 ショップで購入できないボール ショップで購入できないボールとしては、ガンテツボール(全7種類)やドリームボール、ウルトラボールが挙げられます。 これらのボールは、各地のスタジアムにいるボールガイや掘り出し物市、ワイルドエリアのラリーで入手することになります。 ジムチャレンジを進めていく際に、スタジアム入り口付近にいるボールガイに話しかけるとガンテツボールやドリームボールを貰えます。 フレンドボール: ターフタウンのスタジアム• ルアーボール: バウタウンのスタジアム• ヘビーボール: ララテルタウンのスタジアム• ラブラブボール: タウンのスタジアム• ムーンボール: キルクスタウンのスタジアム• レベルボール: ナックルシティのスタジアム• スピードボール: ワイルドエリアで ラリーを11回クリア• ドリームボール: シュートシティのスタジアム• ウルトラボール: ララテルタウンの 掘り出し物市(クリア後) また、 クリア後のトーナメントで低確率でボールガイからガンテツボールを入手したという報告があります。 参考までにこちらの記事をご覧いただければと思います。 終わりに 8世代では、ボール遺伝の仕様は7世代を踏襲しつつ、遺伝技の後付けやボールエフェクトに変化が見られました。 既存のボールバリエーションは7世代と変わりませんが、それまで手に入らなかった個体(6・7世代のドリボ個体など)が手に入るようになりました。 今後新しいボールが追加されたりオシャボ厳選の可能性が更に広がることを願いつつ、今作でのオシャボ厳選を楽しもうと思います。 ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の

【ポケモン剣盾】ボール入手方法・捕獲確率・効果一覧

剣盾 ボール エフェクト

モンスターボールの効果と捕獲率 以下は第三世代 ルビー・サファイア 以降、 毎作登場しているボール。 0 値段の割に性能が低く、あまりお勧めできない。 確実にゲットできる。 0 モンスターボールを10個以上まとめて買うと入手。 出し入れ時のエフェクト目的で使用する人が多い。 0 夜や洞窟で出現するポケモンが捕まえやすい。 5倍 対伝説ポケモンなどで重宝。 図鑑埋めにもおすすめ。 0 出現したポケモンのレベルが低いほど捕まえやすい。 8-0. 0 レベル15辺りまでならクイックボール以上。 最大4. 5 一度捕まえた事があるポケモンだと捕まえやすい。 第6世代:ORAS・XYまでは3. 0 1ターン目だけ捕獲率5倍。 2ターン目以降効果なし 相手が無傷でも結構捕まえられちゃう 図鑑埋めおすすめボール。 0 ターンが経過するほど捕獲率が高くなるボール。 最大4. つまり10ターンで最大となる。 0 捕まえたポケモンがなつきやすくなるボール。 なつき度が上がる際に、さらに+1加算される感じ。 0 up! > ポケモンの捕獲率に影響する要素• 【 被捕獲度・捕獲率】• ポケモンの種類ごとの捕まえやすさ• 3〜255の間で設定されており、数値が大きいほど捕まえやすい• 当サイトでは各シリーズの図鑑ページなどに併記• 【 残りHP補正】• 相手ポケモンの残りHPが少ないほど捕獲率アップ• 【 状態異常補正】• 【 ボール補正】• モンスターボールごとの捕まえやすさ• 【 捕獲クリティカル】• 低確率で発生。 捕獲率が大幅アにップする処理• SWSH・USUM SM ・ORAS・XY・BW2の細かい入手法を以下に。 モンスターボールをごっそり買うのではなく、 10個ずつ分けて買うと良い。 ・殿堂入り以降、トーナメント再戦優勝当日2回目以降からランダムで1つ貰えることがある USUM 1000 終盤のウルトラネクロズマ撃破以降、 エーテルパラダイス1F右受付で購入可能 SM — ・クリア後の内で貰える 合計50個 ポケモンに持たせる等、手持ちのボールを0にする事で ハンサムからまた貰えるため、増殖も可能。 ドリームボール SWSH — シュートシティジム内のボールガイから貰える 1個 BW2 — ハイリンクの森でポケモンを捕まえる時だけ自動的にバッグに入る プレシャスボール — — 配信ポケモンが入れられている。 入手自体は不可能。 ガンテツ系ボール 長い間第二世代・HGSS限定だったが、 第七世代サン・ムーン以降では入手する事が可能に。 さらにボール毎に固有エフェクトも追加されている。 体重が100kg未満など軽いとマイナス補正。 0 あかぼんぐり 相手のレベルが自分よりも低いと捕獲率アップ。 0 ももぼんぐり 相手と同種のポケモンで異性だと捕まえやすい。 性別不明/片方しか性別が無いポケモンは1. で「同種同性」時に有効。 0 みどぼんぐり このボールで捕まえたポケモンは 最初からなつき度が「200」 なつき度進化するラッキー等におすすめ。 ジーエスボール — — クリスタルVerにてセレビィを出現させる際に必要 [ たいせつなもの]。 イベント用アイテム。 9kg以下 220. 0〜199. 9kg 220. 5〜440. 0〜299. 9kg 440. 9〜661. 0kg以上 661. 4lbs以上 【 サンムーンでは捕獲処理にバグ有り】 最終的な捕獲率がマイナスになる場合でも、通常は「1」が代入され低確率ながらも捕獲できるのだが、サンムーンでは「0」で計算されてしまうため 一部ポケモン ダンバル、カプコケコ、カプ・テテフ、カプ・ブルル・カプ・レヒレ が絶対に捕まえられない。 USUMでは修正済み。 3kg 〜225. 5lbs 〜204. 7kg 〜451. 4〜204. 7kg 225. 8〜451. 8〜307. 1kg 451. 5〜677. 0lbs 204. 8〜307. 1kg 451. 5〜677. 2〜409. 5kg 677. 3〜902. 8lbs 307. 2〜409. 5kg 677. 3〜902. 6kg以上 903. 0lbs以上 409. 6kg以上 903. 2個目以降の入手手段について ガンテツ系ボールとウルトラボールは 殿堂入り以降、トーナメント再戦優勝当日2回目以降からランダムで1つ貰えることがある。 サン・ムーンシリーズでのガンテツボール入手方法 【 サンムーン・ウルトラサンムーン共通】 全て3つ目の島:ウラウラ島内で入手可能。 種類 入手方法 ムーンボール ウラウラ島:ホクラニ岳:ポケモンセンター裏で[ナリヤ・オーキド]から貰う ルアーボール ウラウラ島:ホテリ山:発電所内にいる[ナリヤ・オーキド]から貰える ヘビーボール ウラウラ島:ホクラニ岳:マップ南西の草むら北で拾う レベルボール ウラウラ島:ホクラニ岳:ポケモンセンター裏で拾う ラブラブボール ウラウラ島:マリエシティ:図書館奥にいる[ナリヤ・オーキド]に ペルシアン アローラ を見せると貰える スピードボール ウラウラ島:ホクラニ岳:山道マップ中央、道の左側で拾う フレンドボール ウラウラ島:マリエシティ外れの岬右奥にいる[ナリヤ・オーキド]から貰う 残念ながら ゲーム内で入手できる数は1個。 パーク系のボール 旧作、サファリゾーンや虫取り大会でだけ使えるボール等。 5 サファリゾーン中で使える唯一のボール。 5 金・銀・クリスタルの自然公園の「虫取り大会」で使用。 1度に20個貰え、余ったら返却 パークボール — DPt、HGSSのパルパークで使用。 第三世代のポケモンを第四世代に送る作業用のボール。 5 HGSSでの虫取り大会用ボール。 眠っているポケモンを捕まえやすい。 世代(ソフト)別ボール入手難度表 役に立ちそうに無いがなんとなくまとめてみた。 > 【 クイックボール】 1ターン目に投げれば 大体の野生ポケモンをゲットできる凄い性能。 【 ダークボール】 夜・洞窟・遺跡内なら3. クイックボールで捕まらなかったらコレ。 図鑑埋め作業、伝説ポケモンを捕まえるなら「夜」の時間帯に行うと良い。 かなり限定されるが。 0だが、 HPの微調整や捕獲失敗などで長引きやすい伝説ポケモン等に有効。 第7世代サンムーンでは高個体値・隠し特性・色違いが出やすくなる []でポケモンを捕獲する際のボールとしてもおすすめ。 クイックもダークも無い、「 第三世代」ではかなり強力。 とは言え30ターン以上も経過すると相手のPP切れ「わるあがき」で自滅される恐れもある。 【その他のボールは・・・】 他の特殊ボール ダイブやネット等 は 条件がマッチしてもダークボール以下の性能なので日中にでも。 とにかく まずは「クイックボール」を投げてみる! 0 を使うのは最後の選択。 特殊ボールの条件を満たせるように行動し、使うよう心がけよう。 ほかくクリティカルについて 【第五世代以降で発生する演出】 モンスターボールを投げてポケモンをゲットしようとした際、 ボールが1回揺れただけで捕まえられる現象を「ほかくクリティカル」と呼ぶ。 「ほかくクリティカル」が発生すると 捕獲率が大幅にアップし、通常よりもポケモンがゲットしやすくなる。 確実に捕まるわけではないので、失敗する ボールから出てしまう こともある。 多くのポケモンをゲットしている 図鑑の捕まえた数が多い と発生率が上がって行く。 捕まえた数が30匹以下だと発生せず、 捕まえた数が31匹以上から徐々に発生率が上がっていき、600匹以上で最大になる。 つかまえた数 発生率 600以上 2. 第五世代BW以降でポケモンを集めるなら、 やポケシフター等で 先に過去作からポケモンを移して図鑑を埋めておくと捗るかも。 ボールエフェクト(演出) 各種モンスターボールには、 ポケモンを出し入れする際にそれぞれ若干異なった演出が設定されている。 これらの演出をまとめ動画があったので参考にしてみよう。 ちなみに比較的人気が高いのは「 プレミアボール」の模様。 おまけ:ボタン連打の意味ってあるの? ボタン連打で捕獲率アップ!! が、気持ちはすごくわかる。 自分も赤・緑の頃にボタンを長押ししたり、友達同士で「裏技」等と称して 怪しげなコマンドを教えあってたような気がするw 高速連打しようが長押ししようが息を止めようが目を閉じようがボールの傾きに合わせてAとBを交互に押そうが「運」。

次の

【ポケモン剣盾】「色違い」が2種類あると判明 ボールから出すエフェクトがレアな個体が存在する模様

剣盾 ボール エフェクト

どうも、こんにちは。 七世代入ってからだいぶ時間経ちましたが、全ボールによるの育成が終わったのでエフェクト付きで各ボールを解説したいと思います。 六世代で書いてるところと被る部分はなるべく省いていくのでご了承ください。 ボール開閉の瞬間に青く光り、と共に青と白のキラキラが出てきます。 ・スーパーボール とほぼ同じですが、ボール開閉の瞬間に周りに薄くリングが出てきます。 ・ハイパーボール スーパー同様、モンボとほぼ同じですがボール開閉時に薄く紫のリングが出ます。 また、開閉後のキラキラがモンボより気持ち多い気がする? ・ ボール開閉時は内側から光が溢れ出す演出、その後は青と紫のキラキラが派手に拡がります。 基本的に伝説に使われると思いますが、今作から王冠があるので五世代から持ってきた色違いを気持ち使いやすくなったかもしれない。 ・クイックボール モンボとほぼ同じですが水平方向の二重のリングが下から上に上がっていきます。 あとは白い光が多めになっています。 旧世代の風を斬るエフェクトが奪われ、地味になりました。 ・ヒールボール ピンクの光の中から小さなピンクの玉と白のキラキラが出てきます。 六世代から可愛らしいエフェクトになりましたが、相変わらずボールの3Dモデルの色がくすんでいて汚く見える。 ・ダークボール 黒と紫の煙の中から集中線と共に細かいキラキラした光が出てきます。 六世代では放射状に尖って出ていた煙がより煙っぽくなりました。 個人的には六世代のも好きですけどね。 ・ネストボール モンボ系統の基本エフェクト、緑バージョン。 ・ ボール開閉の瞬間に風斬りと共にネットのエフェクトが出て、その後は糸がほつれていくように消えていきます。 スローや静止で見ると綺麗なものの、実際はちょっと地味に見えます。 ・リピートボール ボール開閉時から三つの黄色い矢印が時計回りにクルクル回り、黄色系統のキラキラエフェクトが出てきます。 クイックやスピードボールよりよっぽどスピード感があり、個人的にかなり好きなエフェクトです。 カプ・コケコによく似合う。 ・ダイブボール 泡が割れるような青い光の中から細かい渦のエフェクトが出てきます。 六世代では絵の具の塊みたいなエフェクトでしたが、水感が強くなりました。 ・タイマーボール 赤い光の中から黒い時計と赤いキラキラが出てきます。 エフェクトの色合いがによく似合うので個人的にオススメ。 七世代では赤系統のエフェクトが少ないので炎全般も候補かもしれません。 ・プレミアボール モンボ系統の基本エフェクト、黄色バージョン。 六世代では赤いエフェクトでしたが、面白みの少ない黄色になってしまった。 ・ゴージャスボール ボール開閉時からキラキラしていて、その後も他のボールのキラキラよりも大きなエフェクトと放射状に十字のキラキラが拡がっていきます。 性能的にもエフェクト的にもプレミアの上位互換というかんじになった。 ・プレシャスボール 開閉時はキラキラを纏った赤い光、その後は他のボールよりも多い様々な色のキラキラが派手めに飛び散ります。 こうして比べるとかなり派手な一方、六世代のような放射状の後光が無くなったので相対的に地味になった気がする。 ・ウルトラボール ボール開閉時は異次元から召喚されるような光、その後は七色の六角形のエフェクトが拡がります。 七世代で久々に出た新ボール。 オシャボの観点から見るとに非常にマッチしたデザインをしており、綺麗なエフェクトなので多くの色違いに合いやすく、コレクター的観点から見ても全ボールで最も捕まえにくいので伝説などに積極的に使っていきたいところ。 あまりに長くなったので、前後編に分けます。 PokeYuki.

次の