コロナテロ。 【コロナテロ】「ウイルスばらまいてやる」と飲食店訪れた50代男性と“濃厚接触”…愛知・豊田市の30代女性の感染が判明

インドネシア、コロナ禍の隙つくイスラム系テロ組織 コロナとテロ組織、2つの脅威で緊迫するインドネシア社会(1/4)

コロナテロ

コロナウィルスの予防方法とおすすめアイテムは一番下で紹介します。 正直、今の日本政府の危機管理能力に不安。 日本政府がなぜ中国人を受け入れ拒否しないか理解不能。 なぜそんなリスキーな中国人の渡航を許すのか・・・ SARSの時の大混乱は記憶にないのか? 今回のコロナウィルスはSARSを超えると言われているのに・・ そもそもコロナウィルスとはなにか? コロナウイルスとは 人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。 人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。 詳細は、国立感染症研究所の情報ページをご参照ください。 春節というなの中華人の大移動 春節とは、中国の連休で伝統的に続いている 春節です。 要は旧正月ですね。 今年、2020年は1月24日 大晦日 の土曜から1月30日木曜までの7連休とされています。 twitterで 武漢を検索したら色々出てくる。 twitter内のコメントでは、武漢の病院で収容されている人が逃げる輩がいるらしい。 感染していることをわかっていて、外出している人も居るそうです。 武漢は1000万人の年らしいですが、武漢閉鎖前にすでに30万人は移動済みだそうです。 転載禁止:twitterで武漢を検索したら色々出てくるので写真に撮ってみた。 無差別テロかよ。 新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者の発生について 厚生労働省のHPから・・ 本日(1月24日)1時頃に、国立感染症研究所より、今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の症例の報告がありました。 この患者は、中華人民共和国湖北省武漢市在住の旅行者であり、1月20日にご本人が医療機関を受診した際に、武漢市の滞在歴の申告があったとして、報告がされたものです。 新型コロナウイルスに関連した感染症の患者の発生が国内で確認されたのは2例目です。 本件について、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を確実に行ってまいります。 概要 (1)年代: 40代 (2)性別: 男性 (3)居住地:中華人民共和国(湖北省武漢市) (4)症状、経過: 1月14日から発熱あり。 1月15、17日に医療機関を受診し肺炎の診断はなく、経過観察 1月19日に来日(症状は落ち着いていた) 1月20日に医療機関を受診し、肺炎の診断なく、経過観察 1月22日発熱、咽頭痛が持続するため、医療機関を受診し、肺炎像を認め、東京都内医療機関に転院し、現在入院中。 (5)行動歴: 本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。 中国において、肺炎患者との明確な接触は確認できていない。 本人は、同行者と別の部屋に宿泊しており、ほぼ常に部屋に滞在していた。 なお、移動時にはマスクを着用していたとのこと。 コロナウィルスの予防方法は? ・マスク着用 ・手洗いうがい だそうです。 そのうち、 栄養の取れた食事、十分な睡眠と適度な運動とかも入ってきそうな・・笑 日本は今日も平和です。 おすすめのマスクはこちら。 転売が禁止されたから随分と流通が増えた気がしますが、まだまだ価格が高止まりですね。

次の

経済悪化による自殺者、新型コロナの死者を上回る恐れ…GDP2割減、自殺者5千人の試算も

コロナテロ

「Getty Images」より 2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件、いわゆる「9. テロ後の1年間の自動車事故による死者が、前年より1595人増加したのである。 その数は、テロで亡くなった航空機犠牲者(246人)の、実に6倍以上の数に達する。 一体、何が起きたのだろうか。 カナダのジャーナリスト、ダン・ガードナー氏は、著書(早川書房)で、この奇妙な現象について解説している。 ダン氏によれば、飛行機テロを恐れた人々が自動車移動に切り替えた結果、自動車事故が急増したのだという。 通常であれば、飛行機事故で死亡する確率は13万5000分の1である。 一方、交通事故で死ぬ確率は6000分の1だ。 人々は、飛行機で死ぬ確率をゼロにするために、飛行機よりも22倍死ぬ確率が高い自動車を選んでいたのだ。 これは、人はゼロリスクを追求するあまり、「非論理的」な選択をしがちになる事例として用いられる。 今まさに、新型コロナウイルスの脅威に対して、ゼロリスクを求めるあまり、より多くの犠牲が起こりかねない状況にあるのだ。 2020年5月18日に、1-3月期の実質GDP成長率が発表され、年率でマイナス3. 4%(前期比)となった。 4-6月期はマイナス20%を超える可能性があるという予想もある。 によれば、2020年の実質GDPは、7. 6%減少する可能性があるという。 2009年のリーマンショックのマイナス5. 4%を超え、日本経済に大打撃を与える可能性がある。 さらに最悪のシナリオでは、2020年の実質GDPが20%減少すると予測するエコノミストもいるほどだ。 経済悪化で自殺者が急増する恐れ 経済と人命には、密接な相関関係がある。 経済が悪化すれば自殺者が急増するのだ。 結論を先に言えば3000~5000人もの自殺者が増加する可能性がある。 失業率と自殺率には強い相関関係があることが知られている。 教育社会学者の舞田敏彦氏によれば、その計算式は「Y=1. 949X+14. 345(Y=自殺率、X=失業率)」の一次式に表されるという(より)。 この計算式を平たく言えば、「失業率が1%悪化するごとに、自殺者は2339人増える」ということだ。 ニッセイ基礎研究所の試算によると、新型コロナの影響によって失業率は3. 9%になるという。 2020年1月時点での失業率2. 4%から、1. 5ポイント悪化することになる。 上記の計算式で計算すれば1.

次の

新型コロナは生物兵器として使用されるか チュニジアでは2人逮捕

コロナテロ

ワシントンポスト紙の論説によると、2018年に中国・武漢市のウィルス研究施設に対して、安全性が不十分であると警告したとありました。 ワシントンポスト紙の論説によると… 新しい大流行が世界を混乱させる2年前に、米国大使館当局者は武漢市の中国の研究施設を数回訪問し、コウモリからのコロナウイルスに関する危険な研究を行っていた研究室での不十分な安全性に関する2つの公式警告をワシントンに送りました。 コウモリコロナウイルスとその潜在的なヒト感染に関する研究室の研究が、新しいSARSのようなパンデミックのリスクを表すことも警告しています。 より引用。 新型コロナウィルスは人工的に作られたものなのか ワシントンポスト紙によると。 世界を苦しめるウイルスが設計されたという証拠はない。 つまり、新型コロナウィルスは人工的に作られた証拠はないと書かれています。 しかし、毒性学や生物兵器・化学兵器の世界的権威である、米コロラド州立大学名誉教授の杜祖健(アンソニー・トゥー)氏はこのように語っています。 「 世界(の専門家の間)では『人工的なウイルスだろう』という意見が多い」 「『 (新型コロナウイルスは)SARSと近いウイルスだが、分子に4つの違いがあり、自然に起きる違いではない』と報告されており、人工的に改良された可能性がある」 新型コロナウィルスは人工的に改良された可能性がある。 証拠がないお話しになってしまうのですが、可能性という点ではゼロではなさそうです。 安倍首相が「アビガン」を売り込んでいるというお話し 安倍首相が記者会見時に名指しで話した「アビガン」 アビガンが注目されたのは、中国で新型コロナ感染患者に投与して効果があったと発表されたからです。 アビガンが注目されたきっかけは、実際に新型コロナに感染した患者に使用した中国の試験で、効果がみられたからだ。 新型コロナウイルスの発生源とされる武漢市の武漢大学中南病院では、患者を「アビガン(中国では後発品のファビピラビル)」を投与したグループ(116人)と、ウイルスの侵入を阻害する薬剤である「アルビドールを投与したグループ(120人)の2つに分け、効果を比較した。 その結果、回復率はアビガン投与群が「71. 4%」、アルビドール投与群は「55. 9%」と差がみられた。 さらに、深圳第三人民病院では、アビガンを投与したグループ(35人)と、新型コロナにも効き目があるとみられている抗HIV薬の「カレトラ」を投与したグループ(45人)に分けて比較したところ、新型コロナウイルスが消失した期間は、アビガン投与群が「4日」、カレトラ群「11日」だった。 胸部画像による改善率では、アビガン群「91. 4%」、カレトラ群「62. 2%」と、アビガンが効果を示した。 より引用。 3月にこの2つの試験は論文として発表されていましたが、深圳第三人民病院の試験については4月になって取り下げられています。 なぜかは不明です。 新型コロナに効くという試験結果があり、安倍首相も名指しした「アビガン」 一方でアビガンの危険性について鳩山元首相がツイートしています。 安倍首相は新型インフルエンザ治療薬アビガンがコロナにも効くと中国側から言われ、盛んに売り込み始めたが、注意を喚起しておきたい。 なぜならアビガンは動物実験で催奇形性の可能性が指摘されているそうだ。 なので、子どもを作りたいと思っている女性、男性には決して服用を勧めない方が良い。 — 鳩山由紀夫 hatoyamayukio アビガンについては、観察研究として新型コロナウィルス感染患者への投与を開始していると安倍首相が記者会見で話していました。 3月28日の記者会見では、「アビガンは海外の多くの国から関心が寄せられ、臨床研究を拡大するとともに、増産をスタートする」と国産をアピールするような話しをしています。 安倍首相は、新型コロナウィルスの治療について、国民に希望を与えるためにお話ししているのかもしれませんが、売り込み感を感じるところもあります。 アビガンについて十分に安全性を確認していただき、新型コロナの治療薬となることを望みます。 新型コロナウィルスが流行した理由 新型コロナウィルスが流行した理由は何なのでしょうか。 自然流行なのか、不安全な施設で研究していたから漏洩したのか、人工的にばらまかれたのか… WHOも新型コロナウィルスの流行の理由、原因については触れていません。 新型コロナウィルス研究施設があるのは中国の武漢、新型コロナ流行のはじまりも武漢、新型コロナ治療薬といわれる「アビガン」を最初に試験したのは中国… 新型コロナウィルスが流行した理由については不明です。 世界経済と医療を崩壊させつつある新型コロナの一日も早い沈静化を願います。 この記事がよかったらシェアしてくださいね。 参考:、、Twitter、youtube.

次の