ディズニー ホテル 値段 安い。 一番人気はどこ? 3つのディズニーホテルを口コミで比較

ディズニーホテル予約安い!格安料金チケット付きおすすめ

ディズニー ホテル 値段 安い

女友達と行くディズニーランド• カップルで行くディズニーランド• 開園時間の15分前から入場可能!• 無料シャトルバスが出ている!• ホテル内でパークチケットの購入ができる!• ランドで購入したお土産をホテルまで届けてくれる!• 宿泊者限定のディズニーホテルオリジナル商品の購入ができる!• 預けた荷物をホテルまで届けてくれる! などなど。。 ディズニーホテル• 東京ディズニーランド@ホテル• 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ• ディズニーアンバサダーホテル オフィシャルホテル• シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル• 東京ベイ舞浜ホテル• サンルートプラザ東京• 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート• ホテルオークラ東京ベイ• ヒルトン東京ベイ パートナーホテル(無料シャトルバスで約20分)• 三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ• オリエンタルホテル東京ベイ• パーム&ファウンテンテラスホテル• ホテルエミオン東京ベイ• 浦安ブライトンホテル東京ベイ 交通の便から考えると この3つのエリアのホテルに宿泊して行くのが 一番、コスパが良いかと思います。

次の

東京ディズニー®周辺ホテルが安い!おすすめのホテル比較【HIS旅プロ最安値|ディズニーシー・舞浜近隣ホテル宿泊予約】

ディズニー ホテル 値段 安い

新幹線で大阪、名古屋などからディズニーランドへ行くなら、オススメ ディズニーオフィシャルホテルの種類 オフィシャルホテルは26軒あり、5種類のランクに分かれています。 ディズニー直営ホテル(デラックスタイプ)、ディズニー直営ホテル(バリュータイプ)、東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル 東京ディズニーリゾートパートナーホテル、東京ディズニーリゾート グッドネイバーホテルです。 同じオフィシャルホテルでも、宿泊者特典のあるホテルと 無料シャトルバスぐらいしか特典がないホテルなど 色々あるので値段と比較してホテル選びを楽しんでくださいね。 ディズニー直営ホテルとディズニーリゾートオフィシャルホテルは、舞浜駅横のウェルカムセンターで荷物を預けて客室へ運んでもらったり、 ホテルからウェルカムセンターへ荷物を運んでもらうサービスを受けることができますよ。 東京ディズニーランドホテル ディズニーランドの目の前にある一番新しいディズニーホテルです。 ミッキーとミニーの銅像がお出迎え。 夏にはプールも楽しめます。 東京ディズニーシー ミラコスタ ディズニーシーに隣接していて、直接ホテルから パークに入退場できて子連れにもとても便利です。 客室からパーク内が見える部屋もありますよ。 ディズニーアンバサダーホテル エントランスには星空が広がる トイレとバスが別々の客室のホテルです。 ディズニーの世界観がホテルまで続きます。 ミッキー、ミニーなどディズニーキャラクターとグリーティングが楽しめるレストランです。 ディズニーセレブレーションホテル ディズニーオフィシャルホテルでは安く泊まれるので、ハッピー15エントリーを利用したいけれど、宿泊費用は安くしたい人におすすめです。 東京ディズニーリゾート(ディズニーランド・ディズニーシーのすぐ近く) に立地している6軒のホテルがオフィシャルホテルとしてディズニーリゾートから認定されています。 シェラトングランデ東京ベイ 東京湾の海やシンデレラ城、ディズニーシーが客室から見えます。 ディズニーリゾートラインのベイサイドステーション駅の前の前にあるので、移動がとても便利です。 東京ベイ舞浜ホテル 大浴場もありますよ 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート 2010年に東急ホテルから名称変更されました。 建物の中に、外にいるような感覚になる 広い吹き抜けの空間があるのが特徴的です。 普通のホテルは円形の建物。 クラブリゾートは長方形の建物です。 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート(旧サンルートプラザ東京) 2019年10月にサンルートプラザ東京から東京ベイ舞浜ホテルのグループブランドホテルとしてリブランドしました。 地上9階建て。 地下1階• 客室数 696室• 舞浜駅南口より無料シャトルバス適時運行約4分 ヒルトン東京ベイ 部屋に仕掛けがあるなど子連れにおすすめのホテルです。 ホテルオークラ東京ベイ 一流のホテルで最高のひとときが過ごせます。 早割で割安料金での宿泊も可能です。 直営オフィシャルホテルは、 値段がやや高い事がネックで泊まるにも、ある程度の決断力が必要となります。 そこで、直営オフィシャルホテルを使用してメリットがたくさんありましたので紹介致します。 メリットは、とにかくテーマパークとの距離が近くなります。 時間に追われず疲れたら一休み、二休みする事が出来るので、 おもいっきりアトラクション、ショーを楽しむ事が出来ます。 それとディズニーファンには必見の特典が! ホテルアメニティにまでこっています。 もちろん非売品アイテム歯ブラシ一つにしてもミッキーのマークが入っていたり シャンプーのキャップがミッキーの形をしていたりと盛りだくさんなディズニーアイテムを見る事が出来ます。 これらのお持ち帰りもOKです。 ホテル宿泊者限定イベントなどもあり、ディズニーキャラクターの描かれた限定のお皿などももらえました。 デメリットは、宿泊料金がやや高い事、 宿泊予約が取りずらい事ですが、 もし行かれる予定がありましたら 早めに抑えておく事をおすすめ致します。

次の

ディズニーホテルの安い時期や一番空いているおすすめの曜日は?

ディズニー ホテル 値段 安い

スポンサーリンク ディズニーワールドへ行きたい! テレビや雑誌で海外のディズニーリゾートの情報を見ると夢広がりますよね! 行きたいけどなかなか行けない、、、 その理由の1つは旅行の費用ではないでしょうか? 私も毎回ディズニーワールドへ行く際に計画前に色々調べて計算してだいたいの旅費をだして日程を決めています。 遠いフロリダは飛行機代もかかるし、宿泊代も高そう、、、、滞在が長い分食費もありでいったいいくら必要なんだろう? 気になりますよね! 夢のディズニーワールド旅行を叶えるのに予算はどれくらい必要でしょうか? パッケージツアーでの予約の場合は航空券が料金に含まれます。 安い航空券を持っている旅行会社もあるのでパックツアーの方が安く行けることもあります! WDW直営ホテルの予算目安 直営ホテルはカテゴリーが3つに分かれていて値段設定がそれぞれ違います。 予約する場所(サイト)によって多少値段はかわりますがカテゴリーごとの値段設定はこのくらいになります。 デラックスリゾート(5万くらい~)• モデレート(3万くらい~)• バリューリゾート(2万前後) 一番安いホテルバリューリゾートでも多少値段が違います。 一番安いホテルはオールスターリゾートのスタンダードルームです。 オールスターはムービー、スポーツ、ミュージックと3つありますが 基本値段は同じです。 時期やサイトによっては ムービーが人気なのでスポーツやミュージックの方が安いこともあります。 オールスターは1年の一番安い時期では1泊99ドルで宿泊できる日もあります。 バリューリゾートは1泊200ドル~250ドルを目安に考えておくと良いかと思います。 大人2人で1泊1万5千円前後で直営ホテルに宿泊できる計算になります。 ここでは値段重視でバリューリゾートと決めましたがディズニーワールド内にはたくさんのホテルがあります! 直営ホテルの一覧を紹介しているので気になる方はこちらもチェックしてみてください。 パークチケットの予算目安 チケットは滞在日数によって1日の料金が変わります。 チケットの日数が長くなれば1日あたりのチケット代が安くなります。 チケットは4つベースチケットにオプションを付けるか付けないかになります。 利用時期によってチケット料金が違いますが日数が違うとこんなに料金が違います。 4日間チケット 1日$103~• 5日間チケット 1日$68~• 6日間チケット 1日$75~• 7日間チケット 1日$67~ このチケットはベースチケットなので1日1パークしか行くことができません。 1日に自由にパークを行き来できるパークホッパーがあると便利なのでここではパークホッパーを付けます。 パークホッパーは4日~10日のチケットは同額で$85の追加料金となります。 ここでは保険料は5000円として見積もります。 食べ物の予算目安 今回の予算の計算には入れませんが簡単にディズニーワールドでの食べ物料金について紹介します。 ディズニーワールドにはたくさんのレストランがあります。 カウンターサービス(クイックサービス)やレストラン、高級レストランもあります。 また、 人気のキャラクターダイニングもたくさんあります。 とにかく安く済ませるのでれば カウンターサービス(クイックサービス)を利用したり日本から持って行ったりすれば食費は抑えられます。 1食$15~$20を目安にするとよいかと思います。 ただせっかくならキャラクターダイニングを利用したいという方も多いはずです! キャラクターダイニングの相場は• 朝食: $25~35• 昼食: $30~40• その他の費用 こちらも人によって変わってくるので予算にはいれていませんが以下の出費はあるので余分に計算しておきたいですね。 お土産• チップ• ESTAの申請• パスポート• レンタルWi-Fi など チップとWi-Fiレンタルについても詳しく紹介している記事があるので気になる方はチェックしてみてください。 WDWの旅行予算モデル スポンサーリンク ではここから実際に時期などを見ながら予算を出していきます。 最安値でのだいたいの価格です。 航空券(平日出発) 約12万円• オールスターリゾート(3リゾート) =$2205• ポップセンチュリーリゾート=$2384• オールスターリゾート(3リゾート) =$2236• ポップセンチュリーリゾート=$2414• 方法は2つ• 旅行代理店でパックやパッケージツアーなどを利用する• 個人で手配する 基本的には 個人手配の方が安く行くことができます。 5泊7日くらいの 短い日程であればパッケージツアーの方が安い場合もあります。 旅行会社が持っているパッケージは10日前後の長い日程のものは基本ありません。 旅行日数や宿泊先を調べて安い方を選びます。 WDWへ行く時期 いつの時期にディズニーワールドへ行くかで費用はだいぶ変わります。 全体的に安い時期は• 1月年明け後~2月上旬• 8月中旬~9月下旬 年が明けた1月~2月中旬は日本と同様フロリダも閑散期となります。 ホテルが一年で一番安い値段になるのもこの時期です。 オールスターリゾートのスタンダードルームは1泊99ドルと100ドル切ることもあります。 安いですがパークの運営時間が短いことと水を使ったアトラクションはメンテナンスのためやっていないのではじめて行くにはもったいない気もします。 もう一つの安い時期8月中旬から9月ですがアメリカの多くの学校が8月中旬から新学期を迎えます。 そのためこの時期は大きな混雑がないことから 比較的ホテルの料金も安めの設定となっています。 ただし9月の1週目レーバーデーの週は混雑するのでホテルの高めとなるので注意です。 10月11月はところどころ混雑はしますが 航空券も安めな時期にもなりクリスマス前で そこまでホテルも高くありません。 ハリケーンやスコールが減ってくる時期。 ハロウィンやクリスマスのイベントもあり値段、イベント、混雑を考えいるとディズニーワールドへ行く一番ベストな時期といえます。 WDWの滞在日数 旅行会社の商品では、5泊7日というプランもありますが、5泊7日だと移動が前後3日間あるのでパークで遊べる日は3日間しかありません。 お休みがどうしても取れない場合以外は、 最低6泊8日(パーク利用5日間)をおすすめします。 6泊8日であれば4パークすべて回ることも問題ありません。 また、成田からの 出発が午前中の便でれば昼過ぎに到着するので到着した日も夕方からパークへ行くことができます。 これであれば5泊7日でも4パークいくことは可能ですね! まとめ ・個人手配の方が基本安い ・1月2月は航空券が安め ・9月や11月にはお得なフリーダイニングプラン利用のチャンス ・1人25万から30万を目安に貯金すると良い いかがでしたか? これから貯金をして行きたいと思っている方は お土産など購入することを考えて 25~30万を最低ラインの目安として貯金するといいのではないでしょうか。 10年ほど前に6泊8日をパッケージツアーで航空券+ホテル(ポップセンチュリー)+チケット(5日間)で14万ほどで行ったのを覚えています。 そう思うと値段上がりましたね。 今回ご紹介した料金は少し高めに設定しています。 探せば安い航空券などもあると思うのでもっと安く行くことも可能です。 ディズニーワールドは世界のパークにないスケールの大きなリゾートで他のディズニーリゾートでは体験できないことがたくさんあります。 最後まで読んでくださりありがとうございました。 こんな情報欲しい、こんなこと知りたいなどなどあればコメントや問い合わせメールでご連絡ください。 フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブでも ディズニーワールドなどのディズニー情報お届けしています。 (FacebookとTwitterでブログ更新のお知らせあり) フォローよろしくお願いします。

次の