ナルサス naruto。 『ナルヒナ』はショック!?小説に嫉妬…ツイッターの反応は?【NARUTO】【ナルト(NARUTO)】

公式エピソード【サスナル】唯一無二の永遠のライバル!【NARUTO/ナルト】【ナルト(NARUTO)】

ナルサス naruto

2005年からアニメ版も放送され、ゲームから映画まで幅広く親しまれています。 本編が完結した後も、主人公・うずまきナルトの息子である、うずまきボルトが主人公の 『BORUTO-ボルト-』が大人気放送中です。 「サスナル」は、落ちこぼれ忍者である 主人公・うずまきナルトと、天才忍者 うちはサスケのコンビ。 初めはウマの合わない2人ですが、次第に互いを認め合い、最高の 「ライバル」となります。 うずまきナルトは、木の葉隠れの里の落ちこぼれ忍者。 赤ん坊の頃に両親を無くし、寂しさからか イタズラばかりしている少年でした。 そんなナルトには里を襲った尾獣・九尾の妖狐が封印されており、里のみんなからは避けられ孤独な少年時代を過ごします。 そんな背景から性格は、負けず嫌い、目立ちたがり。 夢は 「火影になって里のみんなに自分の存在を認めさせること」です。 忍者学校(アカデミー)という忍者としての教養や忍術を学ぶ学校では、 成績最下位で周りからはバカにされる存在でした。 イルカ先生という恩師に、初めて自分の存在を認められて、無事卒業を果たしました。 うちはサスケは、木の葉の里の名門「うちは一族」出身の天才忍者で、この物語の もう一人の主人公的存在でもあります。 アカデミーの同期の中でもダントツの才能を持っており、主席で卒業。 クールな性格で、ヒロインである春野サクラを含め多くの女子を虜に。 夢は 「一族を滅ぼした兄・うちはイタチを殺すこと」で自分を「復讐者」と呼んでいます。 ナルトに対しての口癖は 「このウスラトンカチ」。 ここからは、そんな2人の出会いなど様々なエピソードをご紹介していきます! 『サスナル』エピソード1:出会いはファーストキス!? 『NARUTO-ナルト-』第3話【波の国編】「宿敵!? サスケとサクラ」 このサスケちゃんをご覧ください、ナルトくんはサスケちゃんの服を慣れたように喧嘩腰で服を掴み上げているもののサスケちゃんは喧嘩に慣れていないのか服の掴み方がどこかおかしいのです。 そう、サスケちゃんは喧嘩慣れしてないお坊ちゃまで 文字数 — う. ただ、サスケはナルトを 「アカデミー最下位でうざいやつ」という認識で全く気にかけていませんでした。 アニメ第3話、忍者学校(アカデミー)を晴れて卒業し、班分けで教室に集まるナルト。 スカして女子から人気を集めるサスケが気に食わなかったナルトは、そこでサスケと睨み合いになります。 すると、前の人のヒジがナルトに当たり…二人は ファーストキスを喪失することになります。 これをきっかけにお互い「大嫌い」になり、常にぶつかり合う関係に。 『サスナル』エピソード2:「オレはお前とも闘いたい」スクールメイトからライバルへ…! 『NARUTO-ナルト-』第38話【中人試験編】「合格者2分の1!? イキナリ試合だってばよ!! そんなある日、下忍から中忍に昇格するための「中忍選抜試験」が開催されます。 各国から強者が召集され、「強いやつと闘える!」と燃え上がる2人でしたが、警戒されるのはサスケばかり。 ナルトは多くの人からなめられてばかりでした。 そんな状況でナルトは、逆境を跳ね返し、試験を勝ち上がっていきます。 これまでなめていたナルトの成長に周囲が驚いている中、一番成長を感じているのはサスケでした。 「オレはお前とも闘いたい」サスケはナルトに対して言い放ちます。 ナルトを認めたサスケ、これをきっかけに2人の関係は「ライバル」へと変わります。 物語が完結した現在でもサスケがナルトを認めた名場面として多くのファンの記憶に残っています。 力が及ばず物思いにふけるサスケのもとに大蛇丸からの使者「音の4人衆」が現れ、サスケを連れ去ろうとします。 「一族を滅した兄・イタチを殺すこと」が夢であるサスケは、このままではいけないと、使者と共に大蛇丸の元へ向かうことを決意。 春野サクラの説得を振り切り、 木の葉の里を抜けます。 連れ去られたサスケを奪還すべく、ナルトは同期と新たなチームを組み後を追いかけますが、そこにいたのは以前のサスケではありませんでした。 力が足りずサスケを連れ戻せなかったナルトは、師匠である伝説の3忍・自来也(じらいや)のもとで修行することを決めます。 『サスナル』エピソード4: 再会するもサスケの闇は深し…! 『NARUTO-ナルト-疾風伝』第271話【サスケ再会編】「再会」 サスケ再会編がナルサスすぎて辛い — ハル 神vs神ディレイ2days theta30 サスケが連れ去られてから2年。 修行を経て成長したナルトは、サスケを再び奪還すべく任務にでます。 大蛇丸のアジトを目指しサスケを捜索するナルトたち。 その末にようやくサスケと再会を果たしますが…。 サスケの闇は深く、ナルトたちとのつながりはすでに断ち切ったと告げます。 ナルトの必死の説得もむなしく、再びサスケはナルトの前から姿を消すのでした。 成長してサスケを連れ帰ると意気込んでいたナルトでしたが、成長していたのはサスケも同じでした。 『サスナル』エピソード5: 第4次忍界大戦での共闘がかっこよすぎる! 『NARUTO-ナルト-疾風伝』644話【忍界大戦編(5)】「立つ」 おっと、ゲームの前にナルトアニメ観なきゃだった。 うちはマダラの復活で世界は 「第4次忍界大戦」へと発展し、ナルトたち木の葉の里はそれを阻止すべく動き出します。 闘いの最中、サスケはイタチが本当に守ろうとしたのは「木の葉の里」だったと知りました。 サスケからは復讐の心が消え、再びナルトと共闘する道を選びます。 ようやくサスケがナルトのもとへ帰ってきた瞬間でもありました。 数年ぶりの共闘だというのに二人の息はぴったり。 その闘う姿には感動もありつつ、とにかくかっこいいです!そして、2人の活躍により、 「第4次忍界大戦」は終わりを迎えます。 『サスナル』エピソード6:2人の意志は子供に受け継がれる…! 『NARUTO-疾風伝-』699話「うずまきナルト!! はい、今からBORUTOみるので興奮しすぎて調子のってます。 — このアカウント使いません! NMlove34 世界に平和が戻り、英雄となったナルトとサスケ。 ナルトは夢だった 「7代目火影」、里を納める長になります。 サスケは世界を渡り歩き、今までの罪を背負いながら生きるという道を選びます。 別々の道を歩みますが、サスケは陰でナルトをサポートする立ち位置。 友として最高のポジションとなります。 ナルトは日向ヒナタと、サスケは春野サクラとそれぞれ夫婦になります。 そして、子供が彼らの意志を継ぎ生まれてきます。 うずまきボルト、うちはサラダは父達の背中を見ながらたくましく育ち、そして友に…。 父と子の親子共闘も魅力ながら、再び『サスナル』コンビの活躍もあります。 2人は永遠のライバルでありながら 「唯一の親友」。 子供達の代までこの関係が続くなんて素敵ですよね。 本編は完結していますが、子供達のストーリー『BORUTO-ボルト-』が放送中。 まだまだ『サスナル』の活躍に期待です!.

次の

ナルサス・ナルラピド(ヒドロモルフォン)の作用機序と特徴、副作用

ナルサス naruto

ドンッ!と冷蔵庫が大きく揺れ、側面にマグネットで貼り付けてあった書類やチラシの類が足元に散らばった。 「フン! バカサスケ! 一体いつ振りに会えたと思っているってばよ?」 ナルトは憤慨なりやまず、氷を入れたグラスにサスケの秘蔵酒を並々と注いだ。 これは湖の国の地酒でサスケがわざわざ持って帰ってきたお気に入りの逸品である。 「帰ってきた早々お篭り? フン! 〔写輪眼のサスケ〕が笑っちゃうってばよ。 可愛過ぎてヒナタとサクラちゃんに教えてやるってばよ!」 ザルで酒豪のサスケが寝酒代わりにチビチビと呑んでいるソレをナルトは遠慮の「え」の字も無く一口、飲んだ。 「大変なのはお互い様だってばよ! 俺だって大変なんだってばよ! 俺ってば結構サクラちゃんやお前やカカシ先生に甘やかされて助けられて下忍時代を送ってきたからそのツケを今、払っているってばよ!」 喉越しの好さにもう一口、呑んだ。 すったもんだがあった初めての中忍選抜試験。 本来ならば年2回あるそれだがその年は他の里の諸事情によりその1回きりしか行われず、次回はその1年後となった。 2回目の中忍選抜試験でナルトとサスケそして木ノ葉の下忍ではネジ・リー・シノ・キバ・ヒナタ、砂の里では砂三姉弟が合格し、晴れて中忍と昇格した。 中忍になると1年間は研修期間として固定された小隊には配属されずに様々な専門的知識や実務を徹底して叩き込まれる。 ほんの一例を挙げれば、下忍ではやらなかった全く痕跡を残さぬ死体処理や遺体の解体方法。 任務地での情報収集・伝達方法・物資輸送・残務処理ect。 下忍の時に行っていた任務とは比べ物にならないくらい複雑で困難で煩雑な任務を一人でこなさなければならない。 それを1年間で己のモノとし、生き残る為の糧としてゆかねばならぬのだ。 通常任務の合間にそれを覚え込まなければならないので精神的にも肉体的にもそれはかなりきつい。 任務もCランクの上。 〔血〕を見ることが多くなり、当然、己の手を血で汚すことも格段に多くなる。 任務だと割り切っているつもりでも、釈然としない〔感情〕を持余し、処理出来ない時もある。 そんな時、己なりの発散方法や処理の方法を見付け出し、慣れて行くのだ。 サスケの場合、それは忍具の手入れであった。 下忍時代からサスケは精神的に落込むと黙々と忍具の手入れをする。 中忍になるとその傾向は著しくなり、今ではヘタに声をかけたり邪魔をすると酷く不機嫌になり、時としては理不尽に切れる時がある。 そんな時は触らぬ神に祟り無し、と放っておくしかない。 今日も今日とて随分と朝早くから忍具の手入れを始め、もうそろそろ陽が暮れようとしている。 つまりナルトが昨日の昼過ぎに任務から帰ってきてからズ〜ッとサスケは黙々と忍具の手入れをしているのだ。 ナルトとてサスケの事を一番好く理解しているつもりでいる。 己のように人に話すことにより、愚痴り倒すことによりストレスを発散するタイプではないので何も言わずにやらしたいようにやらせていた。 が、何事にもモノには限度と言うものがあろう。 ただでさえ中忍になってからは会う機会が減り、いっそのこと一緒に住むか!と言うことになってめでたく1年。 その間に24時間以上、一緒に入れた日が何日あったと思うのか! 中忍になって1年が過ぎ、長いようで短かった研修期間もようやく終わる。 その集大成として今度、大きな任務に参加する。 詳しい詳細は聞いていないが中忍1中隊での作戦でその任務にナルトとサスケも選ばれた。 この1年、殆ど休みが無かったのだが作戦が開始され、収集されるまでの1週間、休暇が与えられた。 ナルトの久し振りの休暇、初日は寝て過ごした。 やはり自分の、正確にはサスケの家の自分のベッドの寝心地は好く、ドロのように眠った。 二日目。 眠ったことによりエネルギー充填完了!とばかりにイルカや仲間たちに会い、日頃の鬱憤晴らしを兼ねて騒いで過ごした。 三日目。 二日前にナルトが寝ている間に帰ってきたサスケと「お帰り。 生きてたってば?」と言葉を交わしたきり、サスケはだんまりでナルトには目もくれず、黙々と忍具の手入れをしている。 さすがにそれも三日目となるとサスケはこの貴重な休暇を総てそれだけで終わらせるのではないかと危機感を抱き始めた。 この1年でサスケと24時間以上一緒にいれた日にちは僅かに13日! もちろん、24時間以下ならばもう少し多いがそれではゆっくりと話したり甘えたりは出来ない。 互いの顔を見た途端、Hして、一緒のベッドで眠ってお終いなのである。 サスケとHするのは嫌いじゃない。 でも、本当に1年ぶりにゆっくりと二人きりでいられるのだ。 あの朴念仁は己よりクナイや短刀を磨いている方が好いのだ。 己と一緒にいるより術書や手裏剣を手入れしている方が好いのだ。 「サスケの……ば〜か〜ぁ〜…はれ?」 不意に世界が回った。 ぐにゃりと、視線が歪んだ。 ナルトは立っていられなくてその場にへたたり込んだ。 ナルトはアルコールに対して免疫が無い。 それを喉越しは好いのだが度数の高い地酒一気飲みした為に酔いが回ってきたのだ。 そうなると理性がすっ飛び、我慢していたモノが一気に溢れ出た。 サスケの声で『好きだ』と言われると、くすぐったいような感じだけど、スゴク、嬉しい。 「キス…、してってばよ……。 」 深くて激しいキスも好き。 でも、優しい啄ばむようなたくさんのキスが好き。 「ナルト…って、言ってよ。 」 深い深い黒い瞳。 燃えるような緋色の双眸も嫌いじゃないけど、己の姿だけを見て、捉えてくれる黒い瞳が好き。 「俺のこと……好き?」 前は、下忍の時はいつもいつも、耳にタコが出来るくらいに言ってくれたのに、今では全然言ってくれない。 「俺のこと……好きだってば?」 不意に泣きたくなってくる。 胎の内にいる〈バケモノ〉が急に重く、冷たく感じる。 「俺のこと、好き?」 己は九尾の妖狐の依り代だから、決して里の人間に受容れてもらうことは出来ない。 昔の、たった独りきりで生きていた頃のことを思い出し、孤独と言う名の恐怖に慄いた。 「好きだって言ってよ!」 己の身体を掻き抱いても、冷たい身体。 それを埋めてくれたのは〔サスケ〕だった。 「サスケ………。 」 思わず縋り付くように抱締めた酒瓶に気が付いて、ナルトは恐怖から逃れるようにその酒をラッパ飲みした。 「ケホッ! ゴホッ!」 息が続く限り呑んで、喉が焼ける様な感触に苦しくなってむせ込んだ。 ケホケホとむせ込みが治まる頃にはナルトは完璧に酔っ払い、出来上がってしまった。 「らふけに、きいてやふぅ!」 落込んでいるのは性に合わぬとばかりにナルトはふらつく足取りで立ち上がると、己のことが本当に好きなのかどうか、サスケに直接聞いてやる!と意気込んだ。

次の

【マンガ動画】ナルト 漫画

ナルサス naruto

ドンッ!と冷蔵庫が大きく揺れ、側面にマグネットで貼り付けてあった書類やチラシの類が足元に散らばった。 「フン! バカサスケ! 一体いつ振りに会えたと思っているってばよ?」 ナルトは憤慨なりやまず、氷を入れたグラスにサスケの秘蔵酒を並々と注いだ。 これは湖の国の地酒でサスケがわざわざ持って帰ってきたお気に入りの逸品である。 「帰ってきた早々お篭り? フン! 〔写輪眼のサスケ〕が笑っちゃうってばよ。 可愛過ぎてヒナタとサクラちゃんに教えてやるってばよ!」 ザルで酒豪のサスケが寝酒代わりにチビチビと呑んでいるソレをナルトは遠慮の「え」の字も無く一口、飲んだ。 「大変なのはお互い様だってばよ! 俺だって大変なんだってばよ! 俺ってば結構サクラちゃんやお前やカカシ先生に甘やかされて助けられて下忍時代を送ってきたからそのツケを今、払っているってばよ!」 喉越しの好さにもう一口、呑んだ。 すったもんだがあった初めての中忍選抜試験。 本来ならば年2回あるそれだがその年は他の里の諸事情によりその1回きりしか行われず、次回はその1年後となった。 2回目の中忍選抜試験でナルトとサスケそして木ノ葉の下忍ではネジ・リー・シノ・キバ・ヒナタ、砂の里では砂三姉弟が合格し、晴れて中忍と昇格した。 中忍になると1年間は研修期間として固定された小隊には配属されずに様々な専門的知識や実務を徹底して叩き込まれる。 ほんの一例を挙げれば、下忍ではやらなかった全く痕跡を残さぬ死体処理や遺体の解体方法。 任務地での情報収集・伝達方法・物資輸送・残務処理ect。 下忍の時に行っていた任務とは比べ物にならないくらい複雑で困難で煩雑な任務を一人でこなさなければならない。 それを1年間で己のモノとし、生き残る為の糧としてゆかねばならぬのだ。 通常任務の合間にそれを覚え込まなければならないので精神的にも肉体的にもそれはかなりきつい。 任務もCランクの上。 〔血〕を見ることが多くなり、当然、己の手を血で汚すことも格段に多くなる。 任務だと割り切っているつもりでも、釈然としない〔感情〕を持余し、処理出来ない時もある。 そんな時、己なりの発散方法や処理の方法を見付け出し、慣れて行くのだ。 サスケの場合、それは忍具の手入れであった。 下忍時代からサスケは精神的に落込むと黙々と忍具の手入れをする。 中忍になるとその傾向は著しくなり、今ではヘタに声をかけたり邪魔をすると酷く不機嫌になり、時としては理不尽に切れる時がある。 そんな時は触らぬ神に祟り無し、と放っておくしかない。 今日も今日とて随分と朝早くから忍具の手入れを始め、もうそろそろ陽が暮れようとしている。 つまりナルトが昨日の昼過ぎに任務から帰ってきてからズ〜ッとサスケは黙々と忍具の手入れをしているのだ。 ナルトとてサスケの事を一番好く理解しているつもりでいる。 己のように人に話すことにより、愚痴り倒すことによりストレスを発散するタイプではないので何も言わずにやらしたいようにやらせていた。 が、何事にもモノには限度と言うものがあろう。 ただでさえ中忍になってからは会う機会が減り、いっそのこと一緒に住むか!と言うことになってめでたく1年。 その間に24時間以上、一緒に入れた日が何日あったと思うのか! 中忍になって1年が過ぎ、長いようで短かった研修期間もようやく終わる。 その集大成として今度、大きな任務に参加する。 詳しい詳細は聞いていないが中忍1中隊での作戦でその任務にナルトとサスケも選ばれた。 この1年、殆ど休みが無かったのだが作戦が開始され、収集されるまでの1週間、休暇が与えられた。 ナルトの久し振りの休暇、初日は寝て過ごした。 やはり自分の、正確にはサスケの家の自分のベッドの寝心地は好く、ドロのように眠った。 二日目。 眠ったことによりエネルギー充填完了!とばかりにイルカや仲間たちに会い、日頃の鬱憤晴らしを兼ねて騒いで過ごした。 三日目。 二日前にナルトが寝ている間に帰ってきたサスケと「お帰り。 生きてたってば?」と言葉を交わしたきり、サスケはだんまりでナルトには目もくれず、黙々と忍具の手入れをしている。 さすがにそれも三日目となるとサスケはこの貴重な休暇を総てそれだけで終わらせるのではないかと危機感を抱き始めた。 この1年でサスケと24時間以上一緒にいれた日にちは僅かに13日! もちろん、24時間以下ならばもう少し多いがそれではゆっくりと話したり甘えたりは出来ない。 互いの顔を見た途端、Hして、一緒のベッドで眠ってお終いなのである。 サスケとHするのは嫌いじゃない。 でも、本当に1年ぶりにゆっくりと二人きりでいられるのだ。 あの朴念仁は己よりクナイや短刀を磨いている方が好いのだ。 己と一緒にいるより術書や手裏剣を手入れしている方が好いのだ。 「サスケの……ば〜か〜ぁ〜…はれ?」 不意に世界が回った。 ぐにゃりと、視線が歪んだ。 ナルトは立っていられなくてその場にへたたり込んだ。 ナルトはアルコールに対して免疫が無い。 それを喉越しは好いのだが度数の高い地酒一気飲みした為に酔いが回ってきたのだ。 そうなると理性がすっ飛び、我慢していたモノが一気に溢れ出た。 サスケの声で『好きだ』と言われると、くすぐったいような感じだけど、スゴク、嬉しい。 「キス…、してってばよ……。 」 深くて激しいキスも好き。 でも、優しい啄ばむようなたくさんのキスが好き。 「ナルト…って、言ってよ。 」 深い深い黒い瞳。 燃えるような緋色の双眸も嫌いじゃないけど、己の姿だけを見て、捉えてくれる黒い瞳が好き。 「俺のこと……好き?」 前は、下忍の時はいつもいつも、耳にタコが出来るくらいに言ってくれたのに、今では全然言ってくれない。 「俺のこと……好きだってば?」 不意に泣きたくなってくる。 胎の内にいる〈バケモノ〉が急に重く、冷たく感じる。 「俺のこと、好き?」 己は九尾の妖狐の依り代だから、決して里の人間に受容れてもらうことは出来ない。 昔の、たった独りきりで生きていた頃のことを思い出し、孤独と言う名の恐怖に慄いた。 「好きだって言ってよ!」 己の身体を掻き抱いても、冷たい身体。 それを埋めてくれたのは〔サスケ〕だった。 「サスケ………。 」 思わず縋り付くように抱締めた酒瓶に気が付いて、ナルトは恐怖から逃れるようにその酒をラッパ飲みした。 「ケホッ! ゴホッ!」 息が続く限り呑んで、喉が焼ける様な感触に苦しくなってむせ込んだ。 ケホケホとむせ込みが治まる頃にはナルトは完璧に酔っ払い、出来上がってしまった。 「らふけに、きいてやふぅ!」 落込んでいるのは性に合わぬとばかりにナルトはふらつく足取りで立ち上がると、己のことが本当に好きなのかどうか、サスケに直接聞いてやる!と意気込んだ。

次の