梅雨の時期の挨拶文。 お中元のお礼状(ビジネス編)梅雨の時期のはがきはどう書いたらいいの?

梅雨の挨拶の結びの言葉

梅雨の時期の挨拶文

梅雨明けは6月下旬から7月上旬にあたる。 この時期はジメジメした梅雨がようやく明け、夏の到来を感じさせる。 夏らしさを表現する挨拶や文章で、梅雨明けの明るい気分を演出したい。 この時期に使える漢詩調の挨拶には、「梅雨晴れの候」や「短夜の候」などがある。 雨が長く降り続いている場合は、「霖雨の候」という挨拶も使える。 「霖雨の候、日差しが恋しく感じられますが...... 」などといった書き出しで使うといい。 ちなみに、夏至の期間であれば「夏至の候」といった表現もふさわしい。 口語調の場合は「梅雨明けの待たれる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか」や、「梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが...... 」などの表現が使える。 「梅雨明けも間近のようです」という短い表現も使いやすいだろう。 6月下旬から7月ごろになり梅雨が明けると、いよいよ夏本番だ。 この時期は夏らしさを表す挨拶を使い、相手に梅雨明け後らしいさわやかな印象を与えよう。 漢詩調の場合、「向暑の候」という表現は6月全般で使える。 「晴天続く向暑の候...... 」といった書き出しで始めるのもいいだろう。 7月であれば「盛夏の候」や「仲夏の候」といった挨拶も使える。 梅雨明け後に口語調で挨拶を入れる場合、「いよいよ夏本番を迎え、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます」や、「吹く風にもいよいよ、夏めいたものを感じるころとなりました」などがおすすめだ。 結びの文章には「暑さ厳しい折、皆様のご健康をお祈り申し上げます」などの表現を使い、キレイにまとめよう。

次の

【一覧】時候の挨拶・季節の挨拶が分かる例文と結びの言葉

梅雨の時期の挨拶文

ふさわしい梅雨の挨拶 6月は、梅雨の季節がやってきたと、感じますよね。 紫陽花、カタツムリ、雨のしずくが季節ならではの水の癒しに見えたり、ジューンブライドもあって、結婚式に友人などに挨拶文と祝福の言葉を伝える機会も多いでしょう。 梅雨の挨拶には、「走り雨」、「入梅」、「長雨」、「梅雨が明けるまで」、「梅雨の中休み」、「空梅雨」など言葉が主に用いられるのが一般的です。 雨が降ることの多い季節だからこそ、季語が入った挨拶文を上手に使い分けてくださいね。 そこで、「走り梅雨」、「梅雨入り(入梅)」、「梅雨の中休み」、「空梅雨」、「長雨」、「梅雨明け」といった、梅雨の季節に活かせるフレーズをジャンル別にピックアップしていきます。 走り梅雨(梅雨の始まり、迎え梅雨、梅雨の走り)• 梅雨に塗れ、木々の緑もいっそう深まったように感じられます。 梅雨入りを間近に今から憂鬱な気分になっております。 今年も梅雨入り宣言が気にかかる頃となりましたね いかがお過ごしでしょうか。 梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気が続いております。 いよいよ梅雨に入りますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか。 入梅を控えて不安定な空模様が続いております。 梅雨入り(入梅)の季節挨拶文• 入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いておりますが、これも天気とのお付き合いですよね。 今年もまた梅雨の季節がやってまいりました。 梅雨に入り、花のような色とりどりの傘が街に開く季節となりました• 入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨になりそうですね。 入梅の報に気を曇らせる今日このごろ、洗濯物が乾かない季節ですね。 梅雨の中休み(梅雨晴れ、梅雨の晴れ間)の季節挨拶文• 今日は梅雨の中休み。 よく晴れて日差しが強く、もう夏の足音がそろそろ近づいてきますね。 梅雨も中休みとなったのか今朝は爽やかな青空が広がっておりました。 梅雨晴れの1日、夏本番を思わせる強い日差しとなりました。 梅雨も今日は中休みとか久ぶちのお日様の日差しがまぶしいです。 梅雨も中休みらしく、朝から気持ちの良い青空が広がった1日でした。 久しぶりに覗いた青空はまさに、夏そのものでした。 梅雨の晴れ間には、太陽の有難みをしみじみ感じられます。 梅雨の中休み、久しぶりに青空が気持ちいい一日となりました。 雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日この頃です。 空梅雨(から梅雨、雨が少ない場合)• 今年は空梅雨のようです。 夏休みの計画はお立てになりましたか。 薄暑の候、今年は空梅雨を思わせ津ような天気が続いております。 梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりな季節となりました。 今年は空梅雨となるとの予報ですが、水不足が心配ですね。 空梅雨を思わせる天候が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか? ふさわしい梅雨の挨拶(走り雨・入梅など)子どもに教えたい! 理解しやすさがメリット!梅雨の御挨拶文例集 お子さんでも、スマホなど通信機器に頼らず、手書きで心を込めて、手書きの文章で梅雨の挨拶をする方法を教えてあげたいものですね。 成長するにつれて、大人になる前に身に付けておきたい丁寧な言葉遣いの学習にも繋がるのではないでしょうか。 ここで注意すべき点は、お子さんの場合、語彙力の未熟さがあるので、あまり大人向けの言葉をそのまま使うと、難しく感じたり、挨拶を相手に伝えること事態も面倒くさがったりする可能性も・・・。 お子さんには、伝わりやすい季語やフレーズを交えましょう。 そこで、ママ、お友達やおじいちゃん、おばあちゃんに雨の日のお手紙を書きたい・・・なんて書けばいいかな?そんなとき、お母さんが優しく伝えられる、子ども向けの梅雨の挨拶を紹介していきます。 木々の深緑がより一層、深まる季節になりました。 お元気ですか?• 梅雨の季節となり、ちょっと気持ちが滅入ってしまうこともありますが、体に気を付けて元気にお過ごしください。 入梅が近づいてくる頃で、落ち着かない天気が続いていますね。 いかがお過ごしですか?• いよいよ梅雨の時期になりますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか?• 今年もまた梅雨の季節がやってまいりました。 傘があちこち、お花が咲くように開いていますね。 先程、前述した梅雨の挨拶文例をアレンジしたものですが、お子さんというと、伝わりやすさ、理解が大切です。 「体に気を付けて」、「元気でお過ごしください」、「ご機嫌」、「傘」といった言葉を活用することをおすすめします。 ふさわしい梅雨明けの場合の挨拶は?出梅前と出梅後も要チェックです! 梅雨明け(出梅)前の挨拶 梅雨明けの挨拶にはどんな表現を用いると相手とスムーズにやり取り出来たり、自分が梅雨の挨拶の手紙や連絡を受け取っても違和感を感じないでしょうか。 スマホ、パソコンを使うことの多い若年層のママさんも、お子さんに後ほど教えるのに役立ちますよ。 ここで紹介しているフレーズの挨拶文は、「大人の挨拶」になりますが、お子さんの場合、例文の言葉の表現を柔らかくして伝えると良いかもしれませんね。 待ちに待った梅雨明けももうすぐです。 うっとうしい梅雨が明ければ、いよいよ夏本番がやってまいります。 梅雨明けがひたすら待たれる頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。 はや夏至を迎え、梅雨明けもいよいよ近くなってきました。 梅雨明けも間近となり、ますます、お元気でご活躍のことと存じます。 梅雨が明けたかなと思うと、また雨・・・もうたくさんですよね。 お元気ですか?• 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。 梅雨明け(出梅)後の梅雨の挨拶文• 憂鬱な梅雨も明け、青空が一際、爽快に感じられる今日この頃です。 長かった梅雨もようやく明けましたね。 長かった梅雨もようやく明け、いよいよ夏本番となりましたね。 梅雨が明けたとたん、この猛暑・・・体調などくずされてはおりませんか。 梅雨も明け、海や山が恋しい季節となりました。 梅雨明けとともに猛暑の夏が到来しました。 今年も夏バテが気がかりな季節ですね。 雨上がりに見る草木の緑がすがすがしいこの頃です。 梅雨明け宣言が出ていよいよ夏本番。 今年の夏は暑くなりそうですね。 少しずつ覚えて、お友達やおじいちゃん、おばあちゃん、親戚の御挨拶や、学校の授業で活かしましょう。 梅雨の晴れ間の青空はもうすっかり、夏の色をしています。 青葉を渡る風がすがすがしく感じられる季節になりました。 梅雨が明けたとたん、真夏日が続き、勝手なもので雨が恋しくなります。 めっきり暑くなってまいりました。 汗ばむ陽気に夏の到来を感じております。 衣替えの季節となりました。 我が家の弟(妹)の一年生は、黄色いレインコートで集団登校、その姿はヒヨコの行列のようです。 「登校」、「青葉」、「梅雨」、「暑い」、「汗」、「衣替え」といった簡単な言葉を使い、特に、下の弟、妹の近況や可愛らしい学校へ行く様子を手紙で表現することは、お子さんがイメージしやすいメリットがあります。 ふさわしい梅雨の挨拶 長雨&梅雨寒編 長雨と梅雨寒挨拶!ママもお子さんも知って得する• 青空を忘れてしまいそうなほど長雨が続いておりますね。 お元気でしょうか?• 連日の雨ですっかり気がめいっているこの頃です。 長雨の続く毎日ですが、くれぐれもお体にお気をつけください。 長雨が続き、肌寒い毎日ですが、お風邪など召さずお元気でしょうか。 長雨のみぎり、お変わりは御座いませんでしょうか。 雨また雨の毎日で心から真夏の青空が望まれます。 梅雨がうっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか? 梅雨寒(梅雨冷え)の挨拶編• こちらでは、このところ梅雨冷の日が続いておりますが、そちらではいかがでしょうか。 ここのところの梅雨冷えに、体調を崩されてはいませんか?• お元気でしょうか?思いがけない梅雨寒が続いております。 夏至を過ぎたとはいえ、梅雨寒にふるえるような日もございます。 思いのほか、梅雨寒で、一度しまったストーブをまた出してしまうほどの寒さですね。 まとめ 梅雨の挨拶 ママも子どももいざと言う時に活かせる• 大人も梅雨入りや梅雨明け、長雨、梅雨寒の挨拶を改めて学びましょう。 お子さんに教える際は、大人のフレーズを子ども向けに、「学校」、「梅雨」、「暑い」、「青葉」など使うとお子さんが理解しやすいです。 梅雨の挨拶は相手の健康を思って、心が伝わる挨拶をしましょう。 カテゴリー•

次の

梅雨の手紙挨拶の書き出しと結びをスマートに書くコツ!そうしたい人向け!

梅雨の時期の挨拶文

時候の挨拶7月上旬の候や結び!ビジネスや梅雨明け前の例文 7月上旬の時期にぴったりな時候の挨拶は? さて、7月上旬は 「7月1日~7月10日」なわけですが この時期は二十四節気の観点から見てみますと どこに重なっているんでしょうか。 「夏至(げし)(6月21日~7月6日頃)」 「小暑(しょうしょ)(7月7日~7月21日」 と、この2つに 重なっている形になっていますね。 そして次に 「小暑」について ちょうど七夕の時期から始まる節気で このあたりを境に徐々に 夏本番の暑さへと向かっていくという 時期でもあります。 梅雨明けも間近で局地的に 大雨が降りやすいのも このあたりでしょうか。 梅雨明け前は雨によって 気温が抑えられているものの 梅雨が明けたら一気に気温が 上がっていくので 体調を崩しやすくなるのもこの時期。 なので手紙を書く際は そのあたり気遣いの言葉を 入れるといいでしょう。 では、7月上旬にピッタリな 時候の挨拶の書き出しは どんなものがあるでしょうか。 「夏至の候」 6月下旬から7月上旬にかけて 重なっているので 「夏至の候」はまだ十分 使えるかと思います。 「小暑の候」 こちらも時期的に7月上旬の時期に 重なっていますので 書き出しの候補に入るでしょう。 ただ、梅雨明けが微妙に遅れて なんとなく肌寒いと感じる場合は 他の書き出しにした方がいいですかね。 「梅雨明けの候」 梅雨明けが間近の時期には こちらの「梅雨明けの候」を 書き出しに使うのもありでしょう。 あらかじめニュースなどで 梅雨明けの時期はどのあたりなのか 確認しておくと 書き出しに使っておかしくないのか どうか分かるかと思います。 「七夕の候」 7月7日は七夕ですからその時期に合わせて 「七夕の候」と書き出すのも 風流を感じていいですね。 もしくは七夕の季節に合わせて 「星祭りの候」と書くのも 文章がきらびやかになって いいでしょう。 「盛夏の候」 「猛暑の候」 「酷暑の候」 「炎暑の候」 「炎夏の候」 「小夏の候」 はい、見るからに暑さを感じる 書き出しになりますと このあたりもありますね。 梅雨明けが早く7月上旬の時期なのに かなり暑さを感じる・・・ そういった場合はこのあたりの 書き出しを使うのもピッタリです。 ではこのあたりの書き出しの候を使って いくつか時候の挨拶の例文を 見ていきましょう。 7月上旬の時候の挨拶・ビジネス上での例文について 拝啓 星祭りの候 貴社ますますご発展の こととお慶び申し上げます。 (中略) 七夕の季節を迎え 梅雨明けの暑さも ひとしおでございます。 どうかご自愛専一にて お過ごしください。 敬具 拝啓 梅雨明けの候 貴社いっそうご隆昌のことと 慶賀の至りに存じます。 (中略) 梅雨明け前の季節柄 雨の多い日が続きますので 夏風邪など召されぬよう どうぞご自愛ください。 (中略) 暑さ厳しき折柄 酷暑にお身体を崩されませぬよう ご自愛専一にてお過ごしください。 謹白 ひとまずビジネス上で 書いていくとしたらこんなところでしょう。 梅雨から夏へと切り替わる時期なので 相手を気遣う文章はしっかりと 入れておきたいところです。 あと基本的な書き出しと締めの部分は 「拝啓」と 「敬具」で問題ないかと思いますが 送り先の相手が著名の先生や大学教授など 偉い方などの場合は 「謹啓」「謹白」の書き出し、締めとした方が 文章が引き締まるかと思います。 「Sponsored link」 お中元への送り状に添える手紙の例文として 「得意先など改まる必要がある場合」 拝啓 炎暑の候 皆様におかれましては 益々ご健勝のことと お慶び申し上げます。 平素は大変 お世話になっております。 改めて厚く御礼申し上げます。 さて早速ではございますが 日頃のお礼の印として 本日心ばかりの品を 別便にて送らせて頂きました。 何卒ご笑納下さいますよう お願い申し上げます。 今後共引き続き ご支援ご厚情賜りますよう 宜しくお願い申し上げます 略儀ながら、書中をもちまして お中元の挨拶を申し上げます。 本日は日頃お世話に なっております感謝の印として お中元の品をお送りいたしました。 お口に合うか分かりませんが どうぞご賞味いただければ幸いです これから寝苦しい 熱帯夜も続くかと思いますので 夏バテや夏風邪などには 十分お気をつけください。 まずは書中にて、ご挨拶まで。 親しい相手に送る場合は 少し砕けた内容にして どちらも相手への気遣いの一文などを 入れておくといいかなと思います。 今回のまとめ はい、そんな感じで今回は 時候の挨拶の7月上旬の候や結び ビジネスや梅雨明け前の例文や お中元の手紙などについて まとめていきました。 梅雨明けまであともう少しか もしくは梅雨が明けて 本格的な夏の到来となりますので そのあたり時候の挨拶の 手紙として盛り込みつつ 夏の季節感溢れる手紙として 日ごろの感謝など書いてみるのも いいかなと感じます。 7月上旬は七夕もありますから そのあたりに合わせて手紙を書くと 話題性もあって 書きやすいのではないでしょうか。 「Sponsored link」.

次の