ご理解いただけますと幸いです。 英語。 「ご検討いただければ幸いです」 英語のメールでどう書く?【10】

ご了承くださいって英語でなんて言うの?

ご理解いただけますと幸いです。 英語

ご了承頂けますよう、ご理解のほど、ご容赦頂けますか? こんにちは、Gifted南風盛です。 新しいクォーターが始まりましたね! 一応衣替えもありますし、10月になると、ちょっとあと3ヶ月ガッツリ働かなければと思いつつ、朝からたくさんのメールを見て、先制攻撃を食らったような気分になります。 笑 皆さんは一日何通くらいメールをしているでしょうか? 営業マンはクライアントに1日に何通もメール送りますよね。 何通でもやりとりしたくなるような、気遣いに溢れた丁寧なメールを送る人もいれば、そこはかとなく人柄が滲みでてしまうようなメールを送る人もいます。 笑 メールは顔の見えないやりとりで、文面が全てですから、対面のコミュニケーションよりも一層の気遣いが必要となり、何往復もするため、減点の機会も多いです。 しかし、ウラを返せば、加点の機会が多いともいえます。 個人的には「一緒に仕事をしたいかどうか」というのは、無論能力値もありますが、メールをはじめとする、日々のテキストでのやりとりが気持ちいい人であるというのがとても大きいと思っています。 そんなことから、弊社では、このメールをとても重視しており、 減点を確実に防ぐメールテクニックを、営業マニュアルの付録として、納品したり しています。 さて、今日はその一例として、下記よくある単語の使い分けについて 考えてみたいと思います。 例えば、 【~のほど、宜しくお願い致します。 】 よく結びの1文で使いますよね。 ご理解・ご了承・ご容赦・ご協力・ご承知(おき)・・・・・ これらは、立ち位置・目線によって自然と使い分けられるのがベストなのですが、 よく現場では定義なしに感覚で使われていることが多いです。 というわけで、今回はセンシティブな3つ、 【ご理解・ご了承・ご容赦】 を例にとって、言語化してみましょう。 どれも、用意した着地に相手を導くために使いますが、立ち位置・目線によって 正確なチョイスが必要となります。 では、一つずつ見ていきます。 ちなみに、続く言葉は、例として ~下さいませ。 ~頂けますよう、宜しくお願い致します。 ~頂けますと幸いです。 ~頂けますでしょうか。 のセットで用意します。 ・事前にFIX済みの、概ね一般的と思われる法律・慣習に則ったマイルールやフロー ・事前にFIX済みの、ロジカルではあるものの、独自性の強いマイルールやフローに合わせて頂く場合 などにはこちらです。 また、相手との関係においては、 ・貯金がある場合 ・借金がない場合 に使用可能です。 語尾のバリエーションは、 ご了承下さいませ。 ご了承頂けますでしょうか。 ご了承のほど、宜しくお願い致します。 ご了承頂けますと幸いです。 4パターン全て使用可能です。 これらの組み合わせで、更に柔らかさを細かく調節します。 ・事前にFIXはしていないが、概ね一般的と思われる法律・慣習に則ったマイルールやフローに合わせて頂く場合 ・事前にFIX済みの、ロジカルではあるものの、独自性の強いマイルールやフローに合わせてもらいたい場合 などにはこちらです。 また、相手との関係においては、 ・貯金がない場合 に使用可能です。 語尾のバリエーションは、 ご理解頂けますでしょうか。 ご理解のほど、宜しくお願い致します。 ご理解頂けますと幸いです。 の3パターンで更に調節します。 前提として、伝える側に落ち度がある場合に使います。 ・事前に相手にFIXしていない、ロジカルではあるものの、独自性の強いマイルールやフローに合わせてもらいたい場合 あるいは ・独自性の強いマイルールが、そもそもあまりロジカルではない場合 などに良いです。 また、相手との関係においては、 ・借金がある場合 ・借金はなかったが、今回の落ち度が重大な場合 に良いでしょう。 語尾のバリエーションは、 ご容赦頂けますと、幸いです。 の1パターンで使用します。 以上、3つの言葉の使い分けを定義してみましたが、大前提としていくつかのポイントを4つ、下記に記載します。 正確に貸し借りを評価することは、相手のストレスの軽減につながる大事な能力かと思います。 を 頂けますでしょうか? と疑問符にしてしまいますと、全く意味が異なってきます。 ?を使う場合は、相手にお伺いを立てることになります。 一言予め言うか言わないか、予め言われるか言われないかで、劇的にその後の関係性が変わってきてしまうのです。 常に先手先手を打つという癖が必須です。 貸しを貸しと相手に嫌味なく恩着せがましくなく理解させる、借りを借りとしっかり自覚することで、お互いのストレスのない、楽しく正常なビジネスが生まれます。 そういった部分のセンス、EQの優れた相手としか商売しない、というのも大事なのですが、なかなかそうもいきません。 そのために、こういった細かい言葉の使い分けが重要となります。 腰を低くし過ぎたために、正常な関係を築けずに貸しを回収できず、潰れていった会社さんor上手く立ち回れない営業マンというのを、多く見てきました。 その点、テクニックを使うことで嫌味なく、 相手との関係性をコミュニケーションの中で確定・再認識・共有することができます。 是非、試してみて下さいね。 さて、Giftedでは、こういった営業スキル・テクニックの研修・マニュアル制作を数多くご用意しております。 是非、お問い合わせ下さい。 南風盛.

次の

これを英訳してください。

ご理解いただけますと幸いです。 英語

「英語には日本語のような敬語はない」と思っている人は多いかもしれません。 けれども、英語にも敬語は存在します。 とくにビジネスの現場では、敬語を使わないと相手を怒らせたり不快な気分にさせたりすることも……。 上司、顧客、取引相手などに対して丁寧な対応が必要なのはどの言語を使っていても同じですよね。 というわけで今回は、ビジネスの現場で使う敬語の英語表現をクイズ形式で紹介します。 「どのようなご用件でしょうか?」 会社に顧客や取引先から電話がかかってきました。 「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねるときに適切なフレーズはAとBのどちらでしょうか? A. May I help you? How may I help you? AのMay I help you? は、お店の店員などが「何かお手伝いしましょうか?」や「何かお探しですか?」と尋ねるときの定番表現です。 質問をした時点では、相手が手伝いを必要としているかどうかはわかっていません。 BのHow may I help you? は、「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねるときの定番表現です。 会社で外部からの電話を受けたとき、カスタマーサービスでの顧客対応のときなど、相手が自分(または会社の誰か)に用事があることがわかっているときに使います。 ですから、クイズの正解はBです。 「しばらくお待ちください」 ビジネスで頻繁に使われる「しばらくお待ちください」というフレーズ。 相手を不快にさせないように丁寧に伝えたいですよね。 そこでクイズです!下のA、B、Cの例文は、どれも「しばらくお待ちください」というときに使えます。 丁寧な順に並べましょう。 Please wait for a while. Could you please wait for a while? Can you wait for a while? 英語圏の子どもたちは、Pleaseは頼みごとをするときのMagic Word(魔法の言葉)だと習います。 けれども、ビジネスの現場では、何か依頼するときにPleaseと言っただけでは、失礼になることも。 とくに顧客や目上の人を待たせたいときは、Aの例文のような表現は避けましょう。 英語で依頼をするときの定番表現「Can you ~?(~してもらえますか?)」の敬語表現が「Could you~?(~していただけますか?)」です。 「しばらくお待ちください」を丁寧に言いたいときはBのCould you please wait for a while? を使います。 「大変お待たせいたしました」 相手を待たせたときに使う「お待たせいたしました」は、どれくらい相手を待たせたかによって表現が変わります。 では、そこまで長い時間を待ってもらっていない時に適したフレーズはAとBのどちらでしょうか? A. Thank you so much for waiting. (お待ちいただき大変ありがとうございます。 ) B. Sorry to keep you waiting so long. (長らくお待ちいただき申し訳ございませんでした。 ) 日本人はすぐにSorryと言ってしまいがちです。 けれども、待たせた時間が少しの場合は「Thank you ~」で感謝の気持ちを伝えましょう。 ですから、クイズの正解はAです。 「~していただけると幸いです」 「~していただけると幸いです」というのは、とても日本語的な表現なので、英語で言いたいときに悩む人は多いかもしれません。 そこで問題です。 (来週の月曜日にお越しいただければ幸いです。 ) 「happy=幸せ」と習うので「幸いです」と表現したいときにも、It would be happy if you could ~と言いたくなるかもしれません。 けれども英語では、It would be great if you could ~が自然です。 ただ、このフレーズは、とても丁寧であると同時にかなり控えめな表現でもあります。 ですから、相手に本当に何かをしてもらいたいときには、下の例文のようなフレーズを使うことをお勧めします。 Could Would you come to see me next Monday? (来週の月曜日にお越しいただけますか?) Could you ~?とWould you~?は、英語で依頼をするときの定番の敬語表現です。 英語の敬語をマスターすると仕事が円滑に進む!? たとえ悪気がなかったとしても、失礼な言葉遣いのせいでビジネスが上手くいかなくなることも……。 ビジネスで英語を使うときも、日本語で会話しているときと同じように、相手に対する気づかいを言葉で伝えることが重要です。 では、ビジネスのさまざまな場面で使える「承知しました」を紹介しています。 今回の表現と合わせてマスターしましょう! Please SHARE this article.

次の

I would appreciate if you could V.お願い編「〜していただければ幸いです」

ご理解いただけますと幸いです。 英語

"look forward to"「〜を楽しみにしています」 "Look forward to"「~を楽しみにしています」は、日常英会話だけでなく、ビジネス英語でも使える便利な表現です。 返信をお願いしたり、再会を楽しみにしているときに使える表現をご紹介します。 I look forward to meeting you this Friday. 今週の金曜日にお会いできるのを楽しみにしております。 「楽しみにしています」といった表現を使って、アポイントメントの日程を確認するときなどに使うことができます。 I look forward to your reply. 返事をよろしくお願いいたします。 メールを送った相手に返信をお願いするときに使える表現です。 We look forward to your continued support. 引き続きご支援をたまわりますようお願い申し上げます。 会社として、今後も良いお付き合いをお願いするあいさつの言葉として使うことができます。 I look forward to discussing the proposal next week. 来週、その提案について話し合えることを楽しみにしています。 "discuss" は「~を論議する」を意味する動詞です。 日本語の「議論」は論じ合い批評し合うといった意味がありますが、"discuss"は話し合って意見を交わすといった意味があり、ビジネスメールではよく使われています。 I look forward to working with you. 一緒に働けることを楽しみにしています。 職場で一緒に働くことになった人に送るメールの結びとして使える例文です。 "would appreciate your" 「貴方/貴社が〜していただけると幸いです」 次に"appreciate"をご紹介します。 "appreciate"は、「〜していただけると幸いです」と感謝を伝えるとともに、相手に依頼をするときに使うことができます。 I would appreciate your immediate attention to this matter. 本件に迅速にご対応いただければ幸いです。 ビジネスの相手に急いで対応してほしいときはこの表現を使うことができます。 "immediate"は「即時の」といった意味があり、"immediate"を付けると緊急性を強調することができます。 We would appreciate your understanding of our situation. 当方の状況をご理解いただけると幸いです。 問題が起き、その原因や状況を取引先にメールで知らせる必要があるときに使える表現です。 We would appreciate your patience. もうしばらくお待ちいただければ幸いです。 相手を長く待たせているときなどに使う表現です。 問題が発生し、解決に時間がかかる場合に使うことができます。 I would appreciate it if you could meet with us for dinner next week. 来週、私どもとのディナーでお会いできれば幸いです。 ビジネスの相手を食事に誘うときに役立つ表現です。 "Thank you for"「~に感謝申し上げます」 一般的に、「ありがとうございます」を意味する単語として"thank"が使われます。 日本語の会話にも出てくるカタカナ英語「サンキュー」でおなじみの単語です。 "Thank you"は友達や会社の同僚など親しい人だけでなく、目上の人に対しても使うことができます。 Thank you for raising these concerns. こうした問題点をご指摘いただきありがとうございます。 取引先からクレームを受けたり、上司から懸念点を示されたりしたときに使える表現です。 苦言や指摘に対しても、きちんと感謝を伝えることが大切です。 Thank you once again for everything you have done. 改めて、お手伝いをしていただいたことに感謝申し上げます。 協力してもらったことに対して、再度感謝を伝えるときに使うことができます。 Thank you for your time and your continued partnership with our company. お手数をおかけいたしました。 今後とも、弊社と変わらぬお付き合いをよろしくお願いします。 こちらの要望に応えてもらったときに、お礼の表現として使うことができます。 関連記事: 日本語の「敬具」を英語で表現すると? 相手に誠実な印象を与える"Sincerely" 結びの文章を書くことができたら、最後の締めとして日本語の 「敬具」や「草々」にあたる"Sincerely"「真心を込めて」、または"Regards"「敬意を込めて」を添えましょう。 相手に誠実な印象を与えたいときはメールの最後に"Sincerely"「真心を込めて」を添えましょう。 "Sincerely"の後には、フルネームで名前を記します。 Sincerely, Hanako Yamada 真心を込めて 山田花子 "yours"を付けて"Yours sincerely"と表現するとさらに丁寧になります。 「あなたのことを心から思っています」という意味があるので、 大切な取引先に宛てたメールは"Yours sincerely"で締めくくりましょう。 Yours sincerely, Hanako Yamada 誠意を込めて 山田花子 親しい人に使える"Regards" "Sincerely"よりも、少しくだけた表現が"Regards"です。 メールの結びに使う際は、「敬意を込めて」というような意味合いになり、親しい間柄のビジネスパートナーや友達へのメールにも使える便利な言葉です。 Regards, Mariko 尊敬を込めて まりこ Regards, Mariko Ueda 尊敬を込めて 上田まりこ 面識があり、気心が知れた仲であればファーストネームのみ、まだ親しい関係が築けていない場合はフルネームで締めくくりましょう。 友人や仲の良い同僚など、身近な人へのメールでは"Regards"とともに"best"、"kind"、"warm"といった形容詞を使うと、親愛の情を込めた表現となります。 Best regards, 最上の敬意の気持ちを込めて。 Kind regards, 思いやりと敬意を込めて。 Warm regards, 温かい気持ちと敬意を込めて。 関連記事: 結びの言葉でよりよい印象を ビジネスメールでは、結びの言葉として感謝の言葉を添えることがマナーです。 また、 日本語の「敬具」に該当する英語は、"Sincerely"、"Regards"で、英語でメールを書くときもこういった結語で文章を終えるようにしましょう。 今回ご紹介した例文を、ビジネスメールを作成するときに活用して、相手に良い印象を持ってもらえるメールを心がけてください。 この記事をシェアする•

次の