脂肪 吸引 デメリット。 顔(頬) 脂肪吸引の効果と失敗やデメリットの注意点!

脂肪吸引のデメリットを全て書き出してみました。その結果は…?│ベイザー脂肪吸引ラボ

脂肪 吸引 デメリット

[目次]• 脂肪吸引のメリットとは? まずは脂肪吸引を受けることによって得られるメリットを見てみましょう。 部分痩せができる 通常のダイエットでは体全体の脂肪が燃焼されるため、部分痩せをするのはなかなか難しいです。 しかし、脂肪吸引は痩せたいと思った部分の「脂肪細胞の数を減らす」ので、痩せたい部分をピンポイントで整えることができます。 食事制限や運動をする必要がない ダイエットに付きもののつらい行動、長期にわたる食事制限や運動などをすることなく、痩せたい部分の脂肪を減らすことができます。 リバウンドが起こりにくい ダイエットの場合は、大きくなった脂肪細胞を小さくして脂肪全体の容量を減らすようアプローチするため、エネルギー摂取が増えれば脂肪細胞もまた大きくなります。 これが、いわゆるリバウンドというものです。 それに対して脂肪吸引は、脂肪細胞の数そのものを減らすため、脂肪細胞が少なくなった部分はリバウンドしにくくなるというわけです。 痩せにくい部分をサイズダウンすることができる 二の腕や頬など、通常のダイエットでは脂肪を落とすのが難しい部分でも、脂肪吸引なら簡単にサイズダウンすることができます。 気になるデメリットは? 次に、気になるデメリットを確認しましょう。 高額な費用がかかる 脂肪吸引には健康保険が使えないため、多くの場合、一度の施術に20万以上の高い費用がかかります。 また、方法や施術部位によっては一度で終わらず、数回に分けた施術になることもあります。 よって、一度の施術費用はそれほど高くなくても、トータルで見るとかなり高額になるケースもあります。 痛みがある 方法によって痛みの程度は異なりますが、脂肪吸引が体にある程度の負担をかける施術であることは確かです。 麻酔や痛み止めを使いますが、それでもまったく痛みがないということはほとんどなく、術後もしばらくは痛みを我慢しなければなりません。 回復するまでに時間がかかる場合がある 脂肪吸引では、ダウンタイム(痛みや腫れが引いて通常通りになるまでの期間)が長くなる場合があります。 期間は吸引方法によって異なりますが、多くの脂肪を吸引した場合や出血量が多かった場合は、特に時間がかかります。 術者の技術によっては、美しくない仕上がりになる可能性がある 術者の技術力によっては、吸引した後の皮膚が凸凹になるなど、美しくない仕上がりになる場合があります。 同じ脂肪吸引の方法だったとしても、術者によってでき栄えがかなり変わり、医療事故という最悪のケースも報告されています。 そのため、ドクター選びはとても重要です。 吸引した部位以外には、脂肪がつく可能性がある 脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らす手術であるため、通常のダイエットよりはリバウンドしにくい痩身法です。 しかし、カロリー過多の食事や運動不足の生活を続けると、吸引した部位以外の脂肪細胞が膨らみ、再び肥満体型になる可能性もあります。 体重はあまり減らない 脂肪自体にはあまり重量がないため、脂肪を吸引したからといって劇的に体重が減るということはありません。 気になる部分の余分な脂肪がなくなるので引き締まった印象にはなりますが、体重計の数値にはほとんど変動がないのが通常です。 もちろん、大量に取った場合は体重も減りますが、体重が変わるほどの脂肪吸引には高いリスクがともなうため、あまりおすすめされていません。 内臓脂肪の多いメタボリックシンドロームは改善されない 肥満のなかには内臓に脂肪がつくメタボリックシンドロームがありますが、脂肪吸引では内臓脂肪を取ることができないため、これを改善することはできません。 脂肪吸引による死亡例 脂肪吸引は一般的に、部分的に脂肪を吸引し、体型の補正を目的としているため、死亡事故に至る例はまれだといわれています。 しかし、体に器具を入れ、麻酔を使用する手術であることを鑑みると、器具の扱いや患者の年齢や持病、普段服用している薬などに十分な配慮がなされない場合、なんらかのトラブルが起こる可能性は否定できません。 実際に、いくつかの死亡例も報告されているため、病院選びと担当ドクターとのコミュニケーションが大変重要です。 病院の評判や担当ドクターの経歴を確認しよう 脂肪吸引手術を検討している方は、まずはそのクリニックの手術実績や担当ドクターの経歴を確認しましょう。 そのうえで、これまでの病歴や服用している薬剤についての確認や超音波検査、血液検査などをきちんと行い、肥満についてのカウンセリングが充実しているかどうかをチェックしてください。 十分に納得できる説明が得られない場合は、いくつかの病院を比較して検討してみるのがよいでしょう。

次の

正しく知ろう!脂肪吸引のメリットとデメリット

脂肪 吸引 デメリット

脂肪吸引で細くなれるならやりたい!と、脂肪吸引に興味をお持ちの方は多いのではないでしょうか。 辛いダイエットや筋トレをしなくても、部分痩せができる手術は魅力的ですよね。 しかし、デメリットはあるのか心配で、なかなか手術に踏み切れないという方もいらっしゃるでしょう。 脂肪吸引は皮下脂肪を直接的に取れるので、確実に効果が出て非常に人気のある手術ですが、確かにデメリットもあります。 そのため、デメリットを知らずに脂肪吸引を受けて後悔してしまわぬよう、手術を検討する際には、デメリットをきちんと理解しておく必要があるのです。 そこでこのぺージでは、実際に脂肪吸引の施術をしている美容外科医の視点から、脂肪吸引のデメリットについて詳しく解説します。 脂肪吸引には、確かにデメリットはありますが、もちろんそれ以上の大きなメリットもあり、とても満足度の高い手術です。 このページを読めば、メリットとデメリットを正しく理解することができて、手術をやろうかどうか決断する際に役立ちます。 ぜひ参考にして下さい。 1.脂肪吸引とは 脂肪吸引とは、6-7㎜の小さな傷を作ってその穴から脂肪を吸い出す手術です。 皮下脂肪と言う皮膚のすぐ下にある脂肪のみを吸い出し、その部分は細くなると言う手術です。 2.ダイエットと脂肪吸引の違い ダイエットというのは主に食事制限や運動する事により体重を落として細くなると言う事です。 一方、脂肪吸引は手術的に細くしてあげる方法です。 実は脂肪吸引を行っても体重はほとんど変化しません。 ですので、脂肪吸引はあくまで見た目を変える手術なのです。 そして、ダイエットは全身的に細くなりますが、脂肪吸引は脂肪を吸い取った部分のみが細くなります。 脂肪吸引 ダイエット 方法 手術 食事制限・運動 体重 変わらない 減る 痩せる部位 吸引したところ 全身的 3.脂肪吸引のデメリット トータルの費用が高くなる・追加料金が必要な場合も 脂肪吸引には効果が確実であると言う反面、少なくても20万円以上の費用が必要になってきます。 太もも全体の吸引になるともっと高額になります。 しかし、ダイエットであればタダです。 もしくは食費やお菓子代が浮きます。 下の表は2015年に合計12個のクリニックから調べた相場感です。 平均 安値 高値 顔(ほほ)・あご下 380,000円 144,440円 646,280円 二の腕(+肩) 380,000円 123,330円 685,000円 お腹全体+腰 785,000円 333,320円 1,585,160円 太もも全体 840,000円 351,840円 1,511,080円 ふくらはぎ 334,000円 185,490円 579,620円 脂肪吸引には食事制限を頑張らなくてよいと言う反面、費用がかかると言うのがデメリットです。 脂肪吸引の相場について具体的に知りたい方は「」をお読みください。 また、一般的にクリニックの ホームページに記載されている料金の他に費用が必要な場合が多いのです。 麻酔代金、圧迫物品代金、お薬代金、採血代金などクリニックによってどこまでが表示料金に含まれるかは様々ですが、安い所では数万円、高い所では10万円以上が上乗せされる場合があります。 完成するまでは時間がかかる ダイエットであれば毎日少しずつ頑張る事が必要です。 脂肪吸引の場合は、手術後にダウンタイムと言うものが必要です。 吸引した部分の痛みや、腫れ・内出血などが生じます。 そのため、手術後数日間は仕事をお休みする必要があります。 手術する部位によって、痛みの程度や仕事を休んだ方がいい期間などが異なります。 「」をお読みいただければそれらに関して具体的に知る事が出来ます。 上記のように1カ月あれば何となく細くなって出来上がってきた印象があるかも知れません、しかし、 1か月目では触ると硬い所がある、時々引きつれるような感覚がある、触っても自分ではないような感覚の鈍い所があるなど、完全に出来上がっている状態ではありません。 また、脂肪吸引の手術後は圧迫を行う必要があります。 部位によって形が違いますが、顔であればフェイスバンド、二の腕ならボレロタイプのものが多く、お腹周りはコルセットのようなウエストニッパー、太ももであればガードルやタイツを使用します。 稀だが失敗のリスクを負わなければならない 無理なダイエットにもリスクがありますが、脂肪吸引も手術になりますのでリスクがあります。 必ず起こる訳ではありませんし、一時的なものや治療すればよくなるものも多いです。 しかし、 これらのリスクを確認しないで脂肪吸引を受けると思わぬ不満足につながります。 リスクには色々な種類のものがありますが、代表的なものは以下のようなものです。 必ず起きる訳ではありません。 傷跡が気になる場合がある• 左右差が出る• デコボコが目立つ• たるみやシワができる• 色素沈着(皮膚が茶色くなる)が起きることがある• 血や体液が溜まることがある その他にも、手術する部位によってそれぞれ特有のものがあります。 より詳しくご覧になりたい方は「」をお読みください。 リバウンドする事もある 脂肪吸引は吸引した部分の脂肪がなくなりますので、その部分は脂肪がつきにくくなります。 しかし、脂肪がゼロになる訳ではありません。 手術後に過度に体重が増えると、徐々に脂肪吸引した部分も太くなってしまいます。 脂肪吸引したからと言って安心しないで、体重を増やさないように気を付けましょう。 内臓脂肪は減らない 近年、メタボリックシンドロームと言う言葉をよく聞くようになり、内臓脂肪は良くないものだと言う認識は広まっていると思います。 ダイエットはどちらかと言えば内臓脂肪から減っていきますが、脂肪吸引を行っても内臓脂肪は減りません。 あくまで、皮膚の下の皮下脂肪が減り、見た目が変わると言う手術です。 効果は大きいが限定的で満足いく結果が得られない場合もある 脂肪吸引を行ったからと言っても、どれだけでも細くなれると言う訳ではありません。 自分の期待する効果にまで至らない場合もあります。 もともと脂肪の多くついている人は効果も大きいですが、脂肪の少ない人は効果も少なくなります。 脂肪の多い人(=体重の多い人)は効果も大きく出ますが、脂肪の少ない人(=体重の少ない人)と同じような細さになる訳ではありません。 また、脂肪吸引に合わせて体重を落とす事が出来ればより大きな効果を感じれます。 また、医師によっても技術に差があります。 脂肪吸引は細くなる事も目的ですが、キレイに細くならないと十分な満足度は得られません。 もし、脂肪吸引を受けようとしているのであれば、 症例写真や動画などをみて自分がいいと思った医師でカウンセリングを行いましょう。 ただし、いい写真しか出していない場合もあるので、その点も考慮して色々比べてみましょう。 病気があったり、飲んでいる薬によっては手術を断られる場合があります。 美容目的の手術は安全を第一に行うものですので仕方ありませんが、ダイエットと違って誰でも行えると言う訳ではありません。 当院では、体重が大きすぎる人(BMIが30以上の方)、糖尿病の方など大きな病気のある方は手術をお断りさせていただいております。 4.脂肪吸引のメリット 脂肪吸引のデメリットをたくさん述べてきましたが、もちろんメリットも多くあります。 やはり脂肪吸引を行う方がいると言う事は、以下のようなメリットの魅力を大きく感じるからでしょう。 効果が出るのが早い 長期間に渡って食事制限や運動を毎日続けるのは大変ですが、脂肪吸引はダイエットよりも短い期間で細くなることができます。 とはいえ、脂肪吸引も手術から完成までに時間がかかります。 (3-6ヶ月)しかし、通常のダイエットを行うよりは早く効果が出ます。 確実に細くなれる ダイエットに失敗して、細くなれなかった、体重が減らなかったという経験した事のある方もいますよね。 しかし、脂肪吸引では手術を行い、その後体重が増えない限りは、細くならないということはありません。 どれだけでも細くなれると言う訳ではありませんが、脂肪吸引をすると効果が確実に出ます。 気になる部分だけ細くなれる ダイエットの場合、体重は落ちても気になる腰回りや太ももは細くならないのに、胸だけ減ってしまう、顔がげっそりしてしまうなどという事もあるでしょう。 しかし、脂肪吸引であれば、気になるところを中心に細くしてあげる事が出来ます。 ダイエットでは落ちにくい部分も細くなれる ダイエットに成功して体重が減っても、女性特有の腰回りや太もも、二の腕など脂肪が落ちにくい部分があります。 そういったところを部分的に細く出来るのも脂肪吸引のメリットです。 ダイエットには限界がありますし、細くなればなるほどダイエットが難しくなります。 例えば、身長160㎝体重65㎏(BMI=25)の方が5㎏痩せるのと、身長160㎝体重52㎏(BMI=20)の方が5㎏痩せるのでは大変さが全然違います。 BMI21辺りを切ってくるとダイエットはかなりシビアな方法で行わなければならないでしょう。 5.まとめ 脂肪吸引には確かにデメリットもありますが、メリットもあります。 今回はデメリットを中心に記事を書きましたが、メリットの方を強く感じられる方には脂肪吸引は非常に有益なものになります。 ダイエットのみではどうしても減らない気になるお肉、、、何とかして落としたい場合は脂肪吸引も考えてみてはいかがでしょうか。 新規の記事や記事の更新をtwitterでお知らせしています。 ご興味ございましたら、ぜひからフォローしてください。

次の

正しく知ろう!脂肪吸引のメリットとデメリット

脂肪 吸引 デメリット

顔(頬) 脂肪吸引の効果と失敗やデメリットの注意点! ふっくらとした頬がコンプレックス、もう少しスッキリすれば小顔になれるのに・・・という悩みを抱えている方もいるのではないでしょういか。 頬の脂肪を取り去るのは努力だけでは難しいものです。 太っているのが理由であればダイエットが効果的ですが、もともとの顔だちの場合はそうもいきません。 表情筋のエクササイズ、リンパマッサージなど実際に小顔になったひとはほとんどいないのではないかと思います。 その点、美容外科で行われる顔(頬)の脂肪吸引は即効性があります。 しかし、顔(頬)の脂肪吸引となると失敗してしまう可能性を考えて躊躇してしまう人もいるでしょう。 失敗するとどうなってしまうのか、修正はできるのか、傷は残らないのか・・・など様々な不安や疑問があると思います。 カウンセリングに行く前に、自分で情報を収集し、メリットやリスクなどについて正しい知識を身に付けておきましょう。 不安がなくなれば、安心して手術に臨めるようになり、理想の小顔を手にすることができます。 顔(頬) 脂肪吸引で痩せる量(cc)とメリット 耳たぶの後ろを切開してを行います。 頬の脂肪吸引はお顔の皮下脂肪を取り除きます。 お顔の皮下脂肪は浅層にしかありませんので、吸引する際は非常にデリケートです。 ちなみに、顎に対してのや脂肪吸引については、若い方がたるみは出づらいですし、お年を召されてくると回復力が落ちてきますのでたるみも出やすいのです。 顔(頬) 脂肪吸引の名医と有名病院 顔(頬) 脂肪吸引の名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。 顔(頬) 脂肪吸引の症例数が多いだけではなく、クオリティの高い顔(頬) 脂肪吸引の症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。 ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。 顔(頬) 脂肪吸引の症例写真 顔(頬) 脂肪吸引の美容整形・治療・手術 顔(頬)の脂肪吸引の方法には、ベイザー(VASER)脂肪吸引やジェット水流式脂肪吸引などのさまざまな方法が開発されていて、体にあまり負担がかからないような治療をすることが可能になっているため、安心ができる治療を行うことが可能になっています。 内出血などのトラブルが少ない治療法もあり、顔を美しい状態にキープしやすくなっています。 ただし、脂肪吸引・痩身治療でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。 技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。 そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。 ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。 顔(頬) 脂肪吸引の失敗・修正・再手術 脂肪吸引の美容整形はベイザー脂肪吸引、ベイザーリポ、レーザースタイリング、ボディジェット、NCIR、ふくらはぎ痩身、根こそぎ脂肪吸引などが考えられます。 取り過ぎによる凸凹や取り残しなどで修正・再手術をしなければならなくなると厄介なので、是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。 施術前より悪くなったときの頬の脂肪吸引の修正手術も報告されておりますので、も併せて読んで下さい。 吸引後のデコボコなどのトラブルを防ぐためにはかなりの技術が必要で、ドクターも限られてきます。 ドクター選びにつきましては、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶことが肝心です。 必ずしも、最新の脂肪吸引機を扱っているからいって良いとは言えません。 たるみリスクを警戒 顔(頬)の脂肪吸引を行うと、確実に小顔になります。 頬の脂肪のボリュームが減るので、顔の面積が小さくなるのです。 また、頬そのものだけではなく、フェイスラインの脂肪も取り去ることができるので、顔の輪郭もシャープになります。 また、頬の脂肪が多い人の場合、加齢により頬の脂肪がおもりになってたるみが発生しますが、脂肪吸引を受けることで将来的に発生するたるみを予防します。 このようなメリットがある顔(頬)の脂肪吸引ですが、失敗することもあります。 脂肪を取りすぎた場合は、頬がこけてしまったり、頬にたるみが出ることがあります。 この場合、脂肪を注入する修正手術を行います。 修正手術は1回で満足のいく結果になることは少なく、複数回の手術が必要になることが多いようです。 始めから失敗しない名医に執刀してもらうことが大切です。 また、カウンセリングの際に、「脂肪を取りたいけれど、たるみや頬のこけは絶対に避けたいから取りすぎることがないようにしたほしい」という旨をきちんと伝えておきましょう。 顔(頬) 脂肪吸引の効果・仕上がり・アフターケア 脂肪吸引・痩身治療の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や痩身効果を確認する必要があります。 凸凹の皮膚感やたるみが出たりして、整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。 脂肪吸引の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。 カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過 顔(頬) 脂肪吸引のトラブル・リスク・デメリット・後遺症 頬の脂肪吸引は、小顔効果を得ることができますし、輪郭をシャープにすることができることから、人気の美容整形となっています。 ただ、頬の皮膚にたるみがあったり、筋肉が原因で頬がふっくらとしているような人が脂肪吸引の施術をうけたとしても、さらにたるみが目立つようになったり、筋肉が原因の場合は、脂肪量が少ないので、吸引をしてもほとんど印象が変わらないというデメリットもあります。 また、ほうれい線にしわがある場合、脂肪吸引をするとほうれい線のしわがさらに深くなって見える場合もありますから、事前のカウンセリングでしっかりと診断してもらうことが大切です。 技術や経験の浅い医師の場合、事前のカウンセリングで頬の脂肪吸引が自分に効果があるかどうかを判断せず、安易に治療をすすめるケースがありますが、人によっては頬の脂肪吸引を行っても満足いく結果が行かない場合もありますから、経験豊富な医師を選ぶことが大切です。 失敗してしまうと修正治療が必要となりますし、傷跡が目立つ場合もありますから、複数のクリニックを回って自分にあったクリニック・医師であることを確認することが大切です。 その際には、きちんとメリットだけではなくデメリットやリスクも説明してくれる医師を選びましょう。 脂肪吸引・痩身治療の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。 技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。 脂肪吸引・痩身治療の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。 ご相談窓口でも説明いたしております。 脂肪吸引・痩身治療のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。 感染(化膿) 血が溜まる 吸引後の取り残し 吸引後の陥没・凸凹(でこぼこ) 知覚(感覚)麻痺 鈍い・しびれ 皮膚のたるみ 皮膚の色素沈着 傷跡のもり上がり・へこみ・色素沈着 皮膚の壊死 テープかぶれ むくみ 内出血 取り過ぎ ギャザー(シワ) 歩行困難 左右差 細くなっていない 足が疲れやすい 顔(頬) 脂肪吸引のダウンタイム・腫れ 腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度。 ダウンタイム中の軽い外出や仕事復帰はデスクワークなら可能です。 顔(頬) 脂肪吸引の料金相場と安い値段・費用 1か所あたりの料金相場は30万円、価格は安いと15万です。 顔(頬) 脂肪吸引のまとめとオススメ 失敗を回避するためにも名医を選んでいただくことをおすすめいたします。 良い美容外科では、頬の脂肪吸引だけではなく、バッカルファット除去や脂肪溶解注射など、その他のさまざまな痩身治療も実施しているため、いろいろなものを組み合わせながら、体全体を良いものに変えてもらうことも可能であり、満足ができるまで、しっかりと治療をしてもらうことができます。 当相談所にて、治療方法のご紹介と意外と知らないリスク・失敗例についてご紹介するとともに、全国の名医をご紹介しております。 お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

次の