湊 かなえ ドラマ。 【ドラマ】「夜行観覧車」キャスト画像 あらすじ 感想まとめ【ネタバレあり】湊かなえ原作で鈴木京香出演

朝日放送テレビ | ABC創立60周年記念スペシャルドラマ「境遇」

湊 かなえ ドラマ

20年前出ていった姉を恨んでいる。 みかん狩りを手伝ったあと富田家に居ついた。 ・15才の富田美里(山口まゆ) 健一に恋をする。 東京に憧れている ・母:富田安江(倍賞美津子) 夫は美里が幼い時に交通事故で亡くなった。 それ以来、夫の残したみかん畑栽培で娘2人を育てた。 現在は認知症を患っている。 島で暮らす主婦の富田美里(広末涼子)は市の閉幕式の会場で、演壇に上がった人物を食い入るように見つめていた。 その人物は、 小説家の桂木笙子(水野美紀)。 20年前、島を捨て東京へ行ったきり一度も帰ってこなかった憎き姉だ。 作家として成功した笙子は都会的な服装に身を包み、望郷の思いを込めた文章をセンチメンタルに読み上げていた。 式が終わり会場を出たところで、美里は 笙子の同級生だった宮下邦和(水橋研二)に呼び止められた。 そこに笙子も現れ、美里は嫌悪感をあらわにする。 だが笙子はまったく悪びれない。 ともに邦和の車に乗せてもらい、母と美里の夫、娘の待つ家に向かった。 20年前のあの夏、父を事故で亡くし家族三人で必死に生きてきた富田家に、 都会から来た若い男・奥寺健一(田中圭)が爽やかな風を運んできた。 そして、美里は健一とある約束を交わした。 しかしその約束は守られず、姉の笙子を憎むことになる。 島を出た姉。 島に残った妹。 20年の月日が経ち、母の安江(倍賞美津子)は認知症を患った。 美里はある疑念を抱く。 そして笙子は驚くべき事実を語り始めた…。 tv-tokyo. 結末は? 湊かなえ【望郷】収録の「みかんの花」、ドラマの原作を読んだので結末をネタバレします。 原作では、回想が25年前ですが、ドラマに合わせて20年前で記述します。 姉妹はボロ服で畑仕事を手伝った。 島と本土をつなぐ橋ができてからは、交通量が増え、都会からの観光客がみかん畑を珍しがった。 それ以来、姉は畑の手伝いをしなくなった。 都会人にボロ服を見られるのがイヤなのかと美里は思ったが、実際は宮下邦和にボロ服を見られるのイヤだった様子。 そんなある日、父が居眠り運転による交通事故で亡くなった。 相手の女性は即死。 父と同じ職場の、学校を出たばかりのお嬢様。 これが原因で、姉は学校で陰湿ないじめを受ける。 笙子は島を出て行ったことや20年戻ってこなかったことを一切悪びれる様子はなく、美里はいらいらする。 また、東京に憧れる美香子に「好きなところへ出ていけばいいでしょ」と言い、将来の選択肢を広げるべきだと主張。 もちろん美香子は反発する。 嫁は笙子のファンだという。 どうやら笙子は、島を出て行ったあと家族とは連絡を取らなかったが、宮下邦和とは交流があった様子。 美里は、2人の会話に出てきた「4年間がなけりゃ」「時効」というワードが気になった。 みかん狩りに興味を持った健一は母に声をかけ、みかん狩りを手伝いながら半月ほど富田家に居ついた。 爽やかな好青年である健一の旅の話は面白く、美里に笑いと感動を与えてくれた。 そしてある日「健一くんと一緒に島を出ていきます」と手紙を残して、姉が健一といっしょに姿を消した。 姉が高校を卒業する3ヶ月前のことだった。 美里はそのときあわてて本屋に行き、受賞作が掲載された文芸誌を買い、姉だと確かめた。 母に見せると、泣いた。 美里は、これで姉が帰ってくると思ったが何も連絡はなく、その後も小説は2年に一度のペースで出版された。 ドラマや映画にもなった。 一方、姉の同級生・宮下邦和は、東京の有名大学に進学し、在学中は姉と交流があった。 そして卒業後は島に帰り家業を継いだ。 健一はどこに行ってしまったのだろうか 駆け落ちは本当だったのだろうか 美里が姉に尋ねると、3ヶ月もしないうちに女を作って逃げたという。 そして姉は、宮下邦和の大学の同級生の下宿仲間に入り、2人は付き合った。 仲間の1人に小説を書いている人がいたのがきっかけで、バイトの合間に小説を書いたら新人賞を受賞したらしい。 美里は、駆け落ち相手と別れたのに、家に帰ってこず宮下邦和と付き合い、片手間で書いた小説が成功した姉に腹が立ち、責めた。 そして健一は本当はどこにいるのか問い詰めると、姉が衝撃の事実を語った。 当時はまだ土台だけだった。 姉は健一を殺し、宮下邦和が手伝ってその下に埋めたらしい。 そういえば、みかんの収穫に行くと宮下邦和がいつもそこにいた。 姉が20年間帰ってこなかった理由は、美里にこのことがバレるのを恐れてのことだという。 健一は、みかん畑ではなく、もともと金目当てで母を声かけた。 当時、島では国道工事のために土地を売って、家が建つくらいの金が島の人間に入っていた。 そういう事情を知る島外の人はやっかんでいた。 健一は、ヒッチハイクの運転手から偶然それを聞いて母に目を付けたのだ。 夜中、姉が受験勉強をしていると「ゴソゴソ」と物音がしたので、いじめられっ子だった姉は武装して様子を見に行った。 すると健一が、通帳を探して仏壇の下の引き出しをあさっていたのだ。 そして他人の通帳を手にして「オレが自由にしてやる。 一緒に出て行こう」と姉を誘ったのだ。 健一は金のことをペラペラしゃべり、姉はこいつは危険だと思い包丁で刺したという。 健一を殺したあと、姉はたった1人の味方である宮下邦和に助けを求め、オブジェの土台をはがしてその下に埋めた。 宮下邦和は姉に逃げろと言い、大学に進学するから東京で会おうと約束した。 衝撃の事実だ・・・。 美里が「それで通帳を持っていったの?」 と聞くと姉は黙ってうなずいた。 美里は激高し「全部あんたのせいだ!」と号泣すると、姉はごめんと謝った。 通帳を開くと20年前に800万円の入金があり、手つかずのままだった。 姉は、通帳を持っていっていなかった・・・。 そして母は、家に来たのは姉ではなく、作家の桂木笙子だと言っている。 「お姉ちゃんは帰ってこない わたしの罪を背負って島を出て行ったんだから わたしのせいで・・・」 と泣き出した。 美里は気付いた。 健一を刺し殺したのは、姉では母だ。 現場を目撃した姉は、母をかばい自分がやったことにして、宮下邦和に助けてもらい、健一との駆け落ちを偽装していた・・・。 これが、姉が島を出て行った本当の理由。 だから美里は姉に確認はしない。 姉は自分の役割を続けるなら、黙っているのが私の役割だから。 「さようなら、お姉ちゃん」.

次の

【ドラマ】「夜行観覧車」キャスト画像 あらすじ 感想まとめ【ネタバレあり】湊かなえ原作で鈴木京香出演

湊 かなえ ドラマ

経歴・人物 の農家に2人姉妹の長女として生まれる。 子供の時から空想好きで、小中学校の図書室でやの作品に親しんだ。 因島市立因北小学校、因北中学校、を経て 、被服学科へ進学。 大学卒業後アパレルメーカーに就職して1年半勤務の後、〜の2年間隊員としてに赴任、教師として栄養指導に携わる。 帰国後の高校で家庭科のとなる。 27歳の時に結婚し、28歳の時に第1子を出産。 第2子になかなか恵まれなかったこともあり自宅でできる「何か新しいこと」に挑戦したいと、雑誌『』を購入して、より、の投稿を始める。 結婚後「形に残せるものに挑戦したい」と創作を始めた。 翌に第2回新人脚本賞に佳作入選するものの、地方在住の新人がプロの脚本家を目指すのは難しいと授賞式でから指摘されて悔しさを味わい、次は脚本と小説のコンクールで一番になることを目標とする。 に『答えは、昼間の月』で第35回創作ラジオドラマ大賞を受賞した後 、同年、「聖職者」で第29回を受賞し小説家デビュー。 そして「聖職者」から続く連作集『』が、第6回を受賞。 デビュー作でのノミネート・受賞は共に史上初。 本人はこの時のインタビューで、5年後に目指す姿として「まず、作家であり続ける。 そして『』が代表作でないようにしたい」と話している。 に主演で映画化され 、これが2010年度の日本映画興行収入成績で第7位(38. 5億円)を記録。 書籍の売上も累計300万部を超える空前の大ベストセラーとなり、作者の名とともに"(読んだ後に嫌な気分になるミステリー)"というジャンルを世に広めた。 には系『』での脚本を手掛けた。 淡路島にて主婦業と並行して執筆活動を行い、昼間は主婦業をこなし夜間の午後10時から午前4時ごろまで執筆に励んで、朝家族を送り出してから睡眠をとる。 初期の作品の作風が暗かったことから、当初長女の存在を公表していなかったが、長女の中学進学を機にに公表。 には子育て中の著名人に贈られる第9回を文芸部門にて受賞している。 作品を執筆するにあたり、まずはじめに登場人物の1人1人についてどんな人物かという「キャラクター設定」を頭のなかで構築する。 最初にきちんと「キャラクター設定」を決めておくと登場人物それぞれが動き始め、その中のどこを書こうかなと取捨選択しながら書き進める。 サスペンスや女性の内面描写に定評がある一方で、「間口を広くしておきたい」「もっといろいろなものが書けることを見せたい」と語る。 趣味は登山。 大学時代はサイクリング同好会に所属して自転車旅行で日本各地を旅し、社会人になっても続けられるアウトドアスポーツとして登山を勧められ、大学4年の時に登ったで登山の魅力の虜になる。 夏から12年間のブランクを経てに登山を再開。 家庭、仕事、趣味を自らの三本柱としている。 受賞・候補歴• - 第2回BS-i新人脚本賞佳作入選。 - 「答えは、昼間の月」で 第35回創作ラジオドラマ大賞受賞。 2007年 - 「聖職者」で 第29回受賞。 - 『告白』で 第6回受賞 、第2回第6位。 2009年 - 第3回広島文化賞新人賞受賞。 - 『贖罪』で第63回(長編および連作短編集部門)候補。 - 『告白』で第4回大学読書人大賞第3位。 - 「望郷、海の星」で 第65回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞。 - 『母性』で第26回候補。 2013年 - 『望郷』で第149回候補。 - 『絶唱』で第28回山本周五郎賞候補。 - 『リバース』で第37回候補。 2016年 - 『ユートピア』で 第29回山本周五郎賞受賞。 2016年 - 『』で第155回直木三十五賞候補。 2018年 - 『贖罪』で(最優秀ペーパーバック・オリジナル部門)候補。 2018年 - 『未来』で第159回直木三十五賞候補。 2018年 - 『ブロードキャスト』で候補 作品リスト 小説• 境遇 絵本付特別版(2011年10月 双葉社)(物語に登場する絵本『あおぞらリボン(絵・)』との二冊セット)と同時発売• 未来(2018年5月 双葉社)• ブロードキャスト 2018年8月 )• 落日 2019年9月 角川春樹事務所• カケラ(2020年5月 集英社) 脚本• (2013年1月 ) 書き下ろしオリジナルドラマ『高校入試』(フジテレビ)脚本。 と湊の対談も収録。 城崎へかえる(2016年7月 NPO法人 本と温泉) 地域限定販売 アンソロジー収録短編 「」内が湊かなえの作品• 楽園(『Story Seller Vol. 望郷、白綱島(『オール・スイリ』〈2010年11月 文藝春秋〉所収)• インコ先生(『不思議の扉 午後の教室』〈2011年8月 〉所収)• 望郷、海の星(『オール・スイリ2012』〈2011年11月 文藝春秋〉所収)• 望郷、海の星(『 2012』〈2012年7月 〉所収)• 蚤取り(『宝石ザミステリー2』〈2012年12月 光文社〉所収)• ベストフレンド(『宝石ザミステリー3』〈2013年12月 光文社〉所収)• 長井優介へ(『奇想博物館 最新ベスト・ミステリー』〈2013年12月 光文社〉所収)• 約束(『Story Seller annex』〈2014年1月 〉所収)• 長井優介へ(『時の罠』〈2014年7月 文春文庫〉所収)• 罪深き女(『宝石ザミステリー2014夏』〈2014年8月 光文社〉所収)• 優しい人(『宝石ザミステリー2014冬』〈2014年12月 光文社〉所収)• 望郷、海の星(『Junction 運命の分岐点 ミステリー傑作選』〈2015年4月 〉所収)• ポイズン・ドーター(『宝石 ザ ミステリー 2016』〈2015年12月 光文社〉所収)• 仏蘭西紳士(『みんなの怪盗ルパン』〈2016年3月 ポプラ社〉所収)• 優しい人(『悪意の迷路 最新ベスト・ミステリー』〈2016年11月 光文社〉所収)• マロンの話(『猫が見ていた』〈2017年7月 文春文庫〉所収) メディア・ミックス 映画• (公開、配給:、監督:、主演:)• (公開、配給:、監督:、主演:、原作:「二十年後の宿題」〈『往復書簡』所収〉)• (2014年3月29日公開、監督:、主演:)• (2016年10月8日公開、監督:、主演:・ )• (2017年9月16日公開、監督:、主演:・、原作:「夢の国」・「光の航路」〈『望郷』所収〉) テレビドラマ 系• 創立60周年記念作品• (2011年12月3日、主演:)• (2012年1月8日 - 2月5日、全5話、主演:)• (2019年7月6日 - 8月10日、全6話、主演:・・・・) 系• (2012年10月6日 - 12月29日、全13話、主演:) - 湊は脚本を担当• (2013年9月17日、主演:・・)• 第1話「ムーンストーン」(2016年1月4日、主演:、原作:「ムーンストーン」〈『サファイア』所収〉) 系• (2013年1月18日 - 3月22日、全10話、主演:)• (2014年10月17日 - 12月19日、全10話、主演:)• ドラマ特別企画『』(2016年9月30日、主演:・、原作:「十五年後の補習」〈『往復書簡』所収〉)• (2017年4月14日 - 6月16日、全10話、主演:) 系• (2016年9月28日、主演:・・、原作:「みかんの花」・「海の星」・「雲の糸」〈『望郷』所収〉)• (2016年11月6日 - 12月18日、全7話、主演:)• (2017年10月29日 - 11月5日、全2話、主演:工藤夕貴) 漫画• 少女(画:、2010年1月 講談社)• 告白(画:木村まるみ、2010年5月 双葉社)• 北のカナリアたち(画:山田雨月、脚本:那須真知子、2012年10月 幻冬舎コミックス)• 夜行観覧車(画:木村まるみ、2013年3月 双葉社)• 白ゆき姫殺人事件(画:那葉優花、シナリオ:銀杏社、2014年4月 ホーム社)• ブロードキャスト(画:くらの、2019年10月 KADOKAWA) メディア出演 テレビ番組• 第61回(2010年12月31日、) - ゲスト審査員• (2011年5月1日、系) - 、と対談• (2012年10月25日、フジテレビ系) - 湊かなえ特集• (2013年1月18日、) - ゲスト• (2013年3月22日、) - 総合司会の(MBSアナウンサー)がインタビュー• (2015年6月19日、系) - ゲスト• (2015年7月20日、フジテレビ系) - 「」コーナーゲスト• (2017年4月15日、毎日放送・TBS系) - ゲスト• 2019年10月28日、日本テレビ系 - ゲスト テレビドラマ• 後編(2017年11月5日、) - 女性登山者 役 ラジオ• 湊かなえの「ことば結び」(2020年6月3日 - 、) - パーソナリティー• 2008年10月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年12月29日閲覧。 日本放送作家協会. 2019年11月13日閲覧。 2017年度 兵庫県内大学特集 兵庫の大学へ行こう. 2016年9月29日閲覧。 嗜好と文化. 2016年9月29日閲覧。 online. 2016年3月27日. 2016年9月29日閲覧。 2017年8月25日閲覧。 2009年4月6日. 2013年7月6日閲覧。 2009年5月31日. 2013年7月6日閲覧。 中国新聞 2009年4月10日 5面• シネマトゥデイ. 2009年11月2日. 2013年7月6日閲覧。 2013年7月6日閲覧。 2013年7月6日閲覧。 ORICON NEWS. 2012年11月24日. 2017年8月25日閲覧。 online. 2016年5月6日. 2016年9月29日閲覧。 ABC創立60周年記念スペシャルドラマ. 2017年8月25日閲覧。 高津祐典 2010年10月14日. : p. 2017年8月25日閲覧。 井ノ口麻子 2013年12月23日. YOMIURI ONLINE. 2017年8月25日閲覧。 網谷隆司郎 2015年11月2日. 嗜好と文化. 2016年9月29日閲覧。 網谷隆司郎 2015年11月2日. 嗜好と文化. 2016年9月29日閲覧。 ダ・ヴィンチ電子ナビ 2012年9月6日. 2013年8月11日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2009年4月6日. 2018年4月27日閲覧。 出版文化産業振興財団. 2018年4月27日閲覧。 公益財団法人ひろしま文化振興財団. 2018年4月27日閲覧。 日本推理作家協会. 2018年4月27日閲覧。 出版文化産業振興財団. 2018年4月27日閲覧。 2012年6月7日. の2012年6月7日時点におけるアーカイブ。 2013年8月11日閲覧。 新潮社. 2018年4月27日閲覧。 2013年7月4日. 2013年8月11日閲覧。 新潮社. 2018年4月27日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年5月16日. 2016年5月17日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2016年6月20日. 2018年4月27日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2018年1月24日. 2018年1月24日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年4月27日. 2018年4月27日閲覧。 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2018年6月18日. 2018年6月18日閲覧。 2013年8月11日. 2013年8月11日閲覧。 映画ナタリー 2016年1月5日. 2016年1月5日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年2月22日. 2019年2月22日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月31日. 2010年12月22日. 2013年6月20日閲覧。 2011年4月27日. 2013年6月20日閲覧。 2015年6月19日. 2015年7月21日閲覧。 お笑いナタリー 2015年7月18日. 2015年7月21日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2020年5月26日. 2020年5月27日閲覧。

次の

【2019年版】湊かなえのおすすめランキングTOP10~人気作・代表作

湊 かなえ ドラマ

2011. 2 ・ニュースにを掲載しました。 2011. 2 ・ニュースにを掲載しました。 2011. 2 ・ニュースにを掲載しました。 2011. 29 ・ニュースにを掲載しました。 2011. 29 ・ニュースにを掲載しました。 2011. 25 ・クリエイター集団も展開中! 2011. 21 ・ニュースにを掲載しました。 2011. 21 ・スピンオフドラマ『もうひとつの境遇』 第7話配信スタート! 2011. 18 ・ニュースにを掲載しました。 2011. 17 ・ニュースにを掲載しました。 2011. 16 ・「境遇」の無料アプリ(iPhone)がリリース! 2011. 16 ・ニュースにを掲載しました。 2011. 16 ・「境遇」の無料アプリ(アンドロイド)がリリース! 2011. 16 ・を更新しました。 2011. 11 ・スピンオフドラマ『もうひとつの境遇』 第6話配信スタート! 2011. 7 ・劇中絵本『青空りぼん』アニメーションムービー配信スタート! ナレーションは松雪泰子さんです! 2011. 31 ・スピンオフドラマ『もうひとつの境遇』 第5話配信スタート! 2011. 21 ・スピンオフドラマ『もうひとつの境遇』 第4話配信スタート! 2011. 11 ・スピンオフドラマ『もうひとつの境遇』 第3話配信スタート! 2011. 07 ・湊かなえさん書き下ろしの本日発売! 2011. 30 ・スピンオフドラマ『もうひとつの境遇』 第2話配信スタート! 2011. 20 ・『境遇』公式サイトオープンしました! ・スピンオフドラマ『もうひとつの境遇』第1話配信スタート! ・予告動画でひと足先に『境遇』の世界観をお楽しみください! ・松雪泰子さんをはじめとするを掲載しました ・、を掲載しました ・にプロデューサーコメントを掲載しました.

次の