下田 美馬。 下田美馬

下田美馬さんのプロフィールページ

下田 美馬

プロフィール 8月5日、での戦でデビューし、全日本ジュニア王座を獲得するなどしたが、新人時代は伸び悩み、同期のとタッグチーム『スイートハーツ』を結成する。 ただし、これは本人が望んだことではなく、フロントの考えによるものである。 その後、同期の三田英津子とタッグを組み、全日本タッグのタイトルを獲得。 3月18日、格闘技経験が皆無である状況で、後楽園における格闘技戦(グローブマッチ) でと対戦し、滅多打ちにされ、ローリング裏拳により下顎骨折および前歯数本を欠損した。 にと共にに遠征、現地では『 MIMACHAN(ミマチャン)』のリングネームで試合を行っている。 、三田と共にに師事し、猛武闘賊()なるチームを結成、下田にとって「お嬢さんから」への大転身であった。 北斗の引退(後に復帰)と共に、ラス・カチョーラス・オリエンタレスも消滅かと思われたが、下田と三田のタッグチームで継続することとなった。 このタッグは全女を引っかきまわすだけには留まらず、やといった他団体の選手(特にヒール)とも積極的に試合をこなした。 には女子プロにおけるタッグチーム最高峰と言われた、WWWA世界タッグ王座も奪取。 女子選手を有するほぼ全ての団体に出場するほか、男子のやアメリカのにも出場経験がある。 には三田と共に主催の「女子プロレス大賞」受賞。 全女の倒産後、フリー選手、ネオ・レディース(現:)所属と転々とした下田は、最終的に所属となった。 に引退後、AtoZのエージェントマネージャーに就任。 として存在感を示していたが、7月に一試合限定のプレミアムレスラーとして復帰。 その後も度々リングに上がることとなった。 2月、リングへの本格復帰をした直後、AtoZが発展的消滅。 その後は水商売とレスラーの「二足のわらじ」で活躍した後、メキシコに渡りを主戦場とする。 11月、誌上でを発表。 、後楽園ホールで開かれた20周年記念興行に参戦。 とシングルで対戦し、特別レフェリーのによるセクハラに苦しみながらフォール。 しかし、理事長の三遊亭楽太郎(現:)から物言いが付き、松山を含めた3WAYが組まれ、回転エビ固めで松山からフォールを奪った。 、後楽園大会でスイートハーツ復活。 、大会で「下田美馬リアルデビュー25周年記念大会」を開催。 ZAP・Tからフォールを奪う。 試合後、ディアナ入団を打診され、「前向きに考える」としている。 、初参戦。 、ディアナ道場マッチで堀田暴走軍に寝返る。 、WAVE後楽園大会にて引退記念5人掛けに登場。 、ラゾーナ川崎大会でとシングルで対戦するも、ジャーマンスープレックスホールドで敗れる。 、ディアナ川崎市体育館大会でと共に堀田暴走軍を裏切りと結託する。 その他、元・の憧れの人として知られ、何度かアタックを受けているが、泉田の強引なアタックに激怒している。 CMLLでの活躍 にCMLL初参戦。 6月に一度帰国した後、8月30日より本格的に拠点をメキシコに移す。 CMLLではレスラーのみならずマネージャーとしても活動。 2010年11月19日、のデポルティボ・アグスティン・ミランにて、ロサ・アステカとの「カベジェラ・コントラ・カベジェラ」で勝利。 2011年5月8日、CMLLと提携を結んだの旗揚げ戦で、挑戦権を懸けてと対戦するが敗れる。 2012年1月に開かれたとの合同興行「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2012」にて、&のセコンドに就いた。 同年3月24日、同じCMLLのとのタッグでを奪取。 CMLLではルーダとして君臨し、を初め、栗原や朱里ら日本からメキシコに渡りCMLLに参戦する選手とも対峙する。 2017年1月に開かれた新日本プロレスとの合同興行「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2017」にて、OKUMURA&邪道のセコンドに就いた。

次の

中西百重と下田美馬がスターダムのリングで20数年ぶりに邂逅!

下田 美馬

下田「私はそれがとても素晴らしい褒め言葉なのかちょっとわからないんですけど、安里紗の場合はその要素があると思うんですね」 中島「いやいや」 下田「でも誰も、私も下品だと思ってない」 奈七永「最上級の下品です」 下田「やっぱこれは褒められてると認識した上で、安里紗にひとこと言いたいのは私に勝つことはできるかもしれない。 でも私を超えることができるのか?…っていうことが。 もう意地でやってますから、私。 ただ、みっともない下品さは見せません。 そこの人間力の闘いでもあると思う。 だってこの子が(AtoZに)飛び込んできた時に私と堀田祐美子がいたっていうところでは責任もあるし、彼女をうらやましいと思う。 前向きに真っすぐプロレスだけを考えられる環境にいて、私を超えたからってどうなるもんでもないと思う。 ただ、いろんなチャンス…私を踏み台にして奈七永に挑みたいとか、そういう未来があるじゃないですか。 唯一、13年間シングルを1度もしてない下田美馬。 きっちり勝ちたいです。 私の好きな女子プロレスって本当に下田美馬なんですよ。 なので、それに勝つことですべて私のものにしたいなと思います。 やっぱり私はラスカチョさん(ラス・カチョーラス・オリエンタレス/下田美馬&三田英津子)が大好きで、もちろんピンクの下田さんが大好きで…。 消火器使ったりとか破天荒でそういうところがすごい好きで、ハスキーボイスにも憧れます。 この試合に女子プロレスのすべてが詰まってると私は思ってるので。 負けたくない、もっと上に行くっていう…2人にしかできない試合、それが安里紗の言う女子プロレスという試合というのならば、そうなんだろうけど。 今現在の下田美馬と今現在の中島安里紗の試合は最高級な、最上級な試合になるっていう自信があります。 頑張ります」.

次の

下田美馬

下田 美馬

下田「私はそれがとても素晴らしい褒め言葉なのかちょっとわからないんですけど、安里紗の場合はその要素があると思うんですね」 中島「いやいや」 下田「でも誰も、私も下品だと思ってない」 奈七永「最上級の下品です」 下田「やっぱこれは褒められてると認識した上で、安里紗にひとこと言いたいのは私に勝つことはできるかもしれない。 でも私を超えることができるのか?…っていうことが。 もう意地でやってますから、私。 ただ、みっともない下品さは見せません。 そこの人間力の闘いでもあると思う。 だってこの子が(AtoZに)飛び込んできた時に私と堀田祐美子がいたっていうところでは責任もあるし、彼女をうらやましいと思う。 前向きに真っすぐプロレスだけを考えられる環境にいて、私を超えたからってどうなるもんでもないと思う。 ただ、いろんなチャンス…私を踏み台にして奈七永に挑みたいとか、そういう未来があるじゃないですか。 唯一、13年間シングルを1度もしてない下田美馬。 きっちり勝ちたいです。 私の好きな女子プロレスって本当に下田美馬なんですよ。 なので、それに勝つことですべて私のものにしたいなと思います。 やっぱり私はラスカチョさん(ラス・カチョーラス・オリエンタレス/下田美馬&三田英津子)が大好きで、もちろんピンクの下田さんが大好きで…。 消火器使ったりとか破天荒でそういうところがすごい好きで、ハスキーボイスにも憧れます。 この試合に女子プロレスのすべてが詰まってると私は思ってるので。 負けたくない、もっと上に行くっていう…2人にしかできない試合、それが安里紗の言う女子プロレスという試合というのならば、そうなんだろうけど。 今現在の下田美馬と今現在の中島安里紗の試合は最高級な、最上級な試合になるっていう自信があります。 頑張ります」.

次の