仕事 が できる 人 の 特徴。 仕事ができる人の19個の特徴とは?実はデキる人は自分が得意な仕事をしているだけかも!【ジョブール】

忙しい人ほど仕事が集まりやすい理由と特徴2つ

仕事 が できる 人 の 特徴

・仕事ができる人の特徴11個 ・仕事ができる人になる方法 ・仕事ができない人とは 仕事ができる人の特徴11個 優先順位をつける 仕事ができる人は、どの仕事を優先すればいいのかをわかっています。 そのため仕事が早い。 優先順位をつけることで、自分の抱えている仕事が整理でき、効率的に仕事を進めることができるからです。 優先順位をつけるためには、仕事内容を理解することが大切です。 仕事内容がわからないのに優先順はつけられません。 最初は大変かもしれませんが、少しずつ取り組み、慣れてくるとスムーズに仕事をすることができます。 優先順位がつけられないと、どの仕事から取り組めばいいかわからなくなり、期限に遅れるなど失敗も増えます。 レスポンスが早い レスポンスが早いと相手からの信頼が高くなります。 なぜなら仕事の依頼者は、依頼した仕事内容が伝わったかどうか不安だからです。 例えばあなたが誰かに仕事を依頼したとして、2週間3週間と連絡がなければ「依頼した仕事はちゃんと伝わっているのかな?」と不安になりなりませんか?依頼者はみな同じです。 どうしてもすぐに対応できないような仕事のときは、「仕事内容を確認しました。 しばらく時間がかかりますのでお待ちください」など一言かけてあげるだけでも相手は安心できますよ。 コミュニケーションが上手い 仕事ができる人はコミュニケーションがうまいので周りからの信頼が厚いです。 仕事は一人ではできないので、みんな誰かに支えてられて仕事をしています。 仮にあなたが誰かに仕事を依頼したとして、その誰かがあなたのことを信頼しているとすれば、あなたのために頑張ろうとするので、あなたののぞむ以上の働きをしてくれることもあります。 コミュニケーションについては下記記事にまとめましたので参考にどうぞ 一歩先のことをみている 仕事がでいない人は目の前のことしか見ていません。 仕事ができる人は一歩先のことを見ています。 上司に依頼された仕事でも依頼されたことにプラスアルファをつけて返します。 仕事ができる人は相手が本当はなにを望んでいるかを考えながら行動しているからです。 任されたことをただこなすのではなく、『なんのためにするのか』『任されたこと以外でこの案件に必要なことはないのか』と考えながら仕事をすることで周りより一歩先の考え方が身につくようになりますよ。 努力を惜しまない 仕事ができる人は努力を惜しみません。 会社にいるときはそんなふうに見えないかもですが、見えないところで実は努力しているのです。 あなたが家でテレビをみているときも、一方では読書していたり勉強会に通ったりと努力しています。 仕事で疲れているのにそんなことできるの?と思われるかもしれませんが、仕事ができる人は時間の使い方も上手なのです。 時間の使い方が上手い 仕事ができる人は時間が大切だということを知っています。 なので、時間を有効に使うための工夫を怠りません。 仕事ができる人ほどスケジュール管理がしっかりしています。 1日に使える時間は限られているので、その限られた時間の中でどうすれば効率よく仕事ができるかを考えながら行動しているため、無駄な時間がありません。 メンタルが強い 仕事ができる人はメンタルが強いです。 落ち込む暇があれば次のことに取り込もうと考えているからです。 そのため叱られても、落ちこまず切り替えが早い。 もともとメンタルが強いという人もいれば、徐々にメンタルが強くなるという人もいます。 正直メンタルを鍛えるのは簡単ではありません。 一つのアドバイスとして、相手の意見を素直に受け入れ自分の未熟さを認めることです。 未熟さをなくすためにどうすればいいか模索することで、必要以上に落ち込むこともなくなります。 基本ができている 仕事ができる人は仕事の基本がしっかりできている人です。 仕事に対する基本ができているからこそ上司や周りから評価され、新しい仕事を任されるようになります。 基本ができていないのに新しい仕事を任せようとは思いません。 挨拶もろくにできないのに大切な顧客をまかせようとは思いませんよね。 仕事ができる人は基本が大切だということを知っているので、誰よりも早く基本を身につけようと努力しています。 そして、その基本を自分なりにアレンジして最適解を探し続けて成長しているのです。 情報収集を怠らない 仕事ができる人は情報収集を怠りません。 仕事ができる人ほどたくさんの新聞を読んだりして情報をキャッチして、仕事に生かしています。 取引先に対しても価値の高い情報を伝えることができ、その取引先から信用を得ることができれば、新しい取引先を紹介してくれるかもしれません。 仕事ができる人はそうやっていろんなツールを使って自分のチャンスにつなげていこうとします。 最近では、新聞よりニュースアプリの方が最新情報をキャッチしやすいのでオススメです。 判断が早くて的確 仕事で重要なのが迅速で適切な判断です。 大事な場面で判断を誤ると会社に大きな損失を与えかねません。 出世するときも役職に見合う判断ができるかどうかは大きな評価基準の一つです。 難しく思われるかも知れませんが、上司が下す判断を参考にしていけば、あなたも上司と同じ判断ができるようになります。 最初から正しい判断ができる人はいません。 失敗を繰り返し試行錯誤することで培うことができます。 積極的に行動している 仕事ができる人は失敗を恐れません。 失敗を学びの場と考えているからです。 そもそも仕事で失敗しない人は成長もできませんからね。 仕事ができる人や世の中で成功している人の多くは、これまでに数えきれないほどの失敗を経験しています。 他の人と違うのは、失敗で終わりにせず失敗から学ぶこと。 あの有名なトーマス・エジソンの 名言にこんな言葉があります。 「私は失敗したことがない。 ただ、1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ」 仕事ができる人になる方法 できる人の真似をする できる人の真似をすることです。 あなたの周りに仕事ができる人がいるのであれば、その人の真似をしてノウハウを吸収しましょう。 真似をするなんて簡単だと思われるかもしれませんが、実際は難しいです。 なぜなら、上記でも説明しましたが、仕事ができる人は他の人以上に努力しているからです。 真似するというと印象はよくないかもしれませんが、実はみんな真似をしています。 ビジネス書なんかもそうですよね。 ビジネス書には成果を出している人のノウハウが詰まっているので、それを購入した人が真似て成果につなげています。 健康管理をしっかりする 健康管理は大切です。 健康管理を疎かにしていると、仕事に集中できなくなるからです。 二日酔いで出社したことはありませんか?仕事の効率が下がるだけじゃなく、体にもよくないのでやめた方がいいです。 お酒は仕事がない日の前日にのみましょう。 健康管理がしっかりできていれば、気分もすっきり、集中して仕事に取り組むことができますよ。 常に考えながら行動する 常に考えながら行動することが大切です。 考えながら行動することで、一歩先のことも見えるようになります。 この仕事の目的は何か、どんなことをすればいいのか、今の進捗状況ではたして期限に間に合うのか、途中でトラブルが起きた場合どのような対処法を用意すればいいかなどです。 新しい発見をすることもありますし、何かミスがあっても常に考えているのでミスにも早く気付くことができ、ミスを未然に防ぐことができるようになります。 目標を定める 目標を定めなければ、ゴールのないマラソンと同じです。 ただ仕事をしていても疲弊するだけです。 目標設定が苦手な人は、まず小さなことからはじめましょう 最初は目標のハードルを低くして、目標を達成したときの感覚をつけて、そこから少しずつハードルを上げていく方が、継続しやすいです。 インプットとアウトプットを怠らない 仕事ができる人はインプットとアウトプットを怠りません。 インプットとアウトプットの両方を行うことが重要でして、多くの人はインプットで満足して、アウトプットを疎かにしてしまいがちです。 頭で理解したことでも行動に移さないとそのうち忘れてしまいます。 インプットばかりしていても使わなければ宝のもち腐れ、インプットしたことはすぐにアウトプットしましょう。 これを繰り返すことで知識から経験へと変わり身につくようになりますよ。 仕事ができない人とは 仕事ができる人の対照に仕事ができない人もいます。 仕事ができない人の特徴は下記の記事にまとめましたので参考にどうぞ まとめ 仕事ができる人は、基本的なことを継続しているだけです。 他の人と違うところは、学んだ基本を人知れず努力し続け自分なりのスタイルに落とし込んでいるからです。 そしてインプットした内容をすぐさまアウトプットして、うまくいかなければ改善し、改善したことを再度試すことで成果を出しています。 つまりPDCAを繰り返しているのです。 「仕事ができる人になりたいな」と思っていても行動に移さなければ、今のままではなにも変わりません。 多くの人は全てのことをいっぺんにやろうとするので挫折します。 一つでいいので、「自分ならこれができそう」というものを見つけチャレンジしてみましょう。 そして習慣化できたらまた次のことを始めると継続しやすいですよ。

次の

性格がいい? 仕事のできる人の特徴とできない人との違い|「マイナビウーマン」

仕事 が できる 人 の 特徴

仕事ができる人は天才ではない。 努力を続けてきた結果として周囲から認められる みんなから仕事ができると認められている人は、努力によって身に着けてきたことで、 生まれ持った才能ではありません。 僕の出会った人すべて、マジで努力していました。 その結果が評価です。 身だしなみがきっちりしてて、清潔感があります。 スーツやシャツも綺麗にしている。 身の回りも綺麗にしている。 不潔で、きたない人に、できる人はいませんでした。 みんなちゃんとしています。 これ絶対です 行動力が物凄い。 食べたくなったらどんな時間でも、目的の食べ物を食べにいく。 くらい行動力がある。 新しいことにチャレンジします。 行動が先で、評価があとです。 目標を高くもっている• 自分は出来ると自分を信頼している• レスポンスが異常にはやい• インプットが多く、アウトプットを必ずする• ノートを持参し考えを記入する• 人に意見を求め、改善提案を受け入れる• 上司をしっかり褒めることができる• 成功はみんなで失敗は自分のせい• 努力をして準備も怠らない• 嫌なことでも立場関係なく言える• 自分は天才ではないと認めている• 清潔感を大切にしている• 行動が先で、評価があと• ギャンブルにはまらない• あらゆる角度から考える• 運任せにせず、戦略を立てる• よく食べる 共通していることは、 基本的なことをシンプルに努力しているということだと思います。 成果を出して、人に信頼されてて、清潔感がある、この3要素をつくるために、 こういった努力が必要になってくるんでしょうね!! 頑張って仕事ができる人だと言われたいですねーー では、このへんで!!!.

次の

仕事のできる人・出世する人の5つの特徴!仕事のできる人と周りに思わせるコツを大特集

仕事 が できる 人 の 特徴

仕事ができない人の特徴とは…? どうすれば仕事ができるようになるかを知るためには、まずは『仕事ができない人の特徴』を知る必要があります。 ここでは代表的なものをいくつかご紹介します。 1.報連相がきちんとできない 報告・連絡・相談は社会人としての基本です。 仕事ができない人は、細かに報連相が出来ておらず、上司や同僚など一緒に仕事を進める人が業務状況をきちんと把握できません。 また報連相をしていたとしても、内容に問題がある場合も。 内容が分かりにくかったり、的外れな報告をしていたり、意見を持たずに相談していたりというケースもよく見られます。 報連相は基礎中の基礎なので、これができていないと、たとえ成果を残していても評価されにくいといえるでしょう。 2.常に受け身の姿勢で仕事をしている 仕事ができない人は、常に受け身です。 自分で仕事を見つけようとせず、言われたことだけに取り組んでいます。 もちろん指示された仕事を確実にこなすのは大切なことです。 しかし言われた業務だけに取り組むなら、誰でもできます。 指示されたものに加えて、自分自身で出来ることを探すような姿勢が無ければ、評価はされません。 会社は、より利益をもたらしてくれる社員を常に求めています。 3.素直さがない 素直ではないことも、仕事ができない人の特徴です。 指示されたことを素直に取り組まない。 指導を素直に実行しない。 失敗したことを素直に報告しない。 素直ではない方は、総じて評価されることはありません。 素直ではないということは、どこか自分にプライドを持っているということ。 もちろんプライドを持って仕事をすることは大切ですが、意味のないプライドは素直さを阻害するだけです。 4.成長意欲が感じられない・ネガティブ 上司や先輩から見て成長意欲が感じられない人は、仕事ができないと判断されがちです。 仕事への価値観は人それぞれですが、仕事を通じて成長していきたいという意思が感じられない人は、上司や会社から「仕事ができない」と思われても仕方がありません。 またネガティブな人も同じです。 課題に直面したときにネガティブ思考に陥りがちな人は、仕事に前向きな姿勢がない、つまり仕事ができないと判断されやすいでしょう。 5.言い訳など、責任転嫁をする ミスをしたときに言い訳をするのも、仕事ができない人の特徴です。 失敗は誰でも起こり得るもの。 それを受け止めずに責任転嫁したり、自分の非を認めないのは、社会人として失格です。 自分の仕事に責任を持てないということは、上司や会社としても、重要なミッションや役職を任せることもできません。 6.より良くしていこうという改善思考がない 仕事は改善の連続です。 PDCAを回し、常に改善し続けることによって業績などを最大化しなければなりません。 改善思考がないということは成長への意欲がないとも取られるため、仕事ができないと判断されます。 当然ながら、日々改善が必要な業務を任せられることもないでしょう。 7.仕事が遅い 仕事は、ただ速ければよいというものではありません。 速くてもミスがあったり、内容がめちゃくちゃであれば決して評価されることはないでしょう。 しかし仕事が遅いことも問題です。 言われたことへのレスポンスが遅い、提出が遅い、取り組み始めるのが遅い…。 行動が遅いと、上司からの信頼も得られません。 常に100%を目指してじっくり時間を掛けるのではなく、70%の出来だとしても極力早く仕上げて上司やクライアントに提出して改善へとつなげていくほうが、評価はされやすいでしょう。 仕事ができない人には、何も任されず、給与も上がらない さて前項目では仕事ができない人の特徴を、一部ではありますが紹介してきました。 もしご自身に当てはまるようなものがあれば、注意が必要です。 仕事ができないと、どんな弊害があるのでしょうか。 大きく2つのデメリットが考えられます。 重要な業務や役職が任されず、雇用の維持も危うくなる• 給与や待遇が上がっていかない 重要な業務や役職が任されず、雇用の維持も危うくなる 現代の日本において、年功序列は無くなりました。 重要な業務・役職は、年齢や社歴ではなく、実力がある社員に任されます。 結果として、仕事ができない人には何も任されないようになっていきます。 年功序列だけでなく終身雇用もほぼなくなり、一度就職すれば一生安泰という世の中ではありません。 人員整理や早期退職などの施策が取られた際に、最初にその対象になってしまうのは、仕事ができない人です。 結果として雇用がなくなり、転職・再就職の必要も出てきます。 自分の立場や生活を守るためにも、『仕事ができない』と思われている状態はリスクが高すぎます。 給与や待遇が上がっていかない 給与や待遇を良くしていくためには、成果を残し、評価してもらう必要があります。 仕事ができる人はちゃんと評価され、役職にも就き、年収がアップし、役職手当なども受け取れるようになります。 しかし仕事ができない人は評価されず、当然年収も上がりません。 昔の日本は、ただ在籍しているだけで給与がベースアップしていました。 しかし現代においては現状維持はおろか、評価が悪ければ給与を下げられることも充分あり得ます。 そうなれば生活は苦しくなり、社内での形見も狭くなるばかりです。 どうすれば仕事ができるようになるのか 仕事ができる人たちは、何も努力せず仕事ができるわけではありません。 それなりに努力をし、できないことを受け止めて改善しています。 仕事ができるようになる近道は、『仕事ができる人たちのマネをする』ことでしょう。 そこでこの項目では、仕事ができる人たちの特徴と、今日からすぐにでもマネできるポイントを解説していきます。 1.報連相は過度なほどこまめに 報告・連絡・相談は、細かすぎるくらいでも構いません。 仕事においては、足りないことが問題にはなっても、足りすぎていることが問題になることはほとんどありません。 (もしあまりに過度な場合は、上司が「もうちょっと減らしてもいいよ」と言ってくれるはずです) また、要点をまとめ、結論から端的に伝えることも大切。 慣れないうちは、報告・連絡・相談の内容を一度練習していくのもオススメです。 今日からできるポイント• プライベートでポジティブシンキングを練習する。 例えば電車を一本逃したら、「本を読む時間ができた」と思うようにするなど• 課題と直面したときに、ネガティブな思考に陥ったとしても、まずは前向きな解決策を書き出してみる 5.すべての責任は自分にあると思うようにする 失敗やミスに直面したとき、自分以外の誰かのせいにしたくなる気持ちは、誰しもあるでしょう。 しかしそこを踏み留まり、どんなことであっても自分の責任と受け止めるように心がけてください。 誰かを変えることはできませんが、自分自身は変えることができます。 自分に責任があると考えることができれば、自分を改善しようという思考にもつながり、その姿勢は上司や会社からの評価にもつながりやすいといえます。 6.何に対しても、どうすれば改善できるかを考える 改善思考は、癖付けが重要です。 例えばある商談が成功したとします。 改善思考のない人は「うまくいって良かった」で終わりですが、改善思考がある人は「もっとうまく話すにはどうすべきか」「さらに受注単価を上げられる提案はできなかっただろうか」と、改善に向けての何かを常に考えています。 成功・失敗に関わらず、「もっと良くするためには」という改善思考を意識的に持つ練習をしていくことが大切です。 今日からできるポイント• 失敗したときはもちろん、成功したときほど「何があればより良くなるか」を考える• 改善策について、周囲に「どうすればもっと良くなりますか?」と積極的に聞いて意見を取り入れてみる 7.行動はとにかく速く 特に若手や社歴が浅いうちは、失敗して当たり前です。 じっくり考えて行動したとしても失敗することはあります。 であれば、失敗を恐れずにとりあえず行動してみたほうがいいでしょう。 たとえば、とりあえず行動して失敗すれば、すぐに改善してやり直すことができます。 しかしじっくり締め切りまで考えて行動して失敗してしまうと、やり直しが利きません。 すぐに行動すれば、必然的に改善できる時間も回数も増えます。 今日からできるポイント• 指示されたものは、考えるよりもとりあえずやってみる• 全員に一律に指示された提出物などは、人よりも速く提出する 仕事ができるようになるには、絶対に努力が必要 何もせずに仕事ができる人など存在しません。 仕事ができる人たちは、何かしらの努力をして、知識やスキルを身に付け、評価されています。 努力もせずに「仕事ができない」と嘆くのではなく、どうすれば仕事ができるようになるのかを考えて努力をすることが、まずは何よりも大切です。 仕事ができるかどうかは、成果や業績だけの問題ではありません。 仕事に向き合う姿勢や考え方もその判断基準とされます。 そして努力の方向は人によると思いますが、最も近道なのは、仕事ができる人たちの努力の方法をマネすること。 取り入れられるものは全て取り入れて、周囲から『仕事ができる人』という評価を得られるように努力してみましょう。

次の