あがり ど め 麻雀。 フリテン〜麻雀の基本ルール

麻雀の目無し問題

あがり ど め 麻雀

概要 [ ] 麻雀の大会などでは、途中で総合成績の低いプレーヤーが通常のあがりの得点では1位になれないことが確定する場合がある。 この優勝の目がない状況を 目無しと呼ぶ。 ではタイトル決定戦で目無しが発生することがあるが、このような状況での打牌については多くがプレーヤー一人の判断に委ねられており、どのような打ち方を選択しても他家に有利・不利が発生するため、これらに関する打牌のルールや目無しそのものを解消する対策が制定されていなければ最善の選択が存在しない問題である。 この目無し問題について初めて言及した作品はの漫画『』である。 作中の競技麻雀のタイトル戦において、目無し状態となった岩田が優勝の可能性が残されている2位に差し込んだことについて他のプロに理由を尋ねられると、逆転の可能性がなくなった場合には「1.何もしない」「2.その半荘だけでもトップを取る」「3.ひとりの打ち手を独走させない」の3つの選択肢が存在するとし、自分が3を選ぶ理由として、白熱した勝負を期待するファンのためにそのような演出ができることもプロの条件であるという趣旨の答えを述べている。 目無しになった場合の打牌の選択について [ ] 場に影響を与えることを避ける [ ] 優勝争いをしているプレーヤーの邪魔をしないようにする選択。 これを「何もしない」とみなすこともあるが、あがりの放棄・牌を絞って他家に鳴かせない・ベタオリに徹するなどの作為があるため正確な表現ではない。 これが暗黙のルールとして存在する団体もある。 あがりの放棄はトップが失点する可能性が減ることやラス親を迎えた2位が連荘しやすくなる 、通常の打牌の選択であれば処理されるであろう牌を絞ることでも場に影響を与えるなどの問題がある。 オールツモ切り 何もしない [ ] 打牌に自分の意思を込めず配牌から全てツモ切りするほうが公平であるという選択。 他のプレーヤーに極力影響を与えない態度を示している点では上記と同じだが、通常の打牌の選択であれば出ないような牌まで切ってしまうことで下家がチーしやすくなることや全員に対して放銃が起こりやすくなる問題がある。 テンパイを目指す [ ] 天文学的な確率であっても優勝の可能性が残されている以上最後まで諦めないという選択。 テンパイ維持を優先させたために避けられたはずの放銃をするという問題がある。 1戦だけでもトップを目指す [ ] 牌を絞ることやツモ切りをせず通常の打牌を行う選択。 自らのあがりが優勝争いをしているプレーヤーに影響を与えることでになる問題がある。 その他 [ ] 上記の『ノーマーク爆牌党』の岩田のように「ひとりの打ち手を独走させない」、単にを狙うなどの選択。 競技麻雀で起きた目無し問題の例 [ ] 第1回 ロン2新鋭プロ・トーナメント1回戦D卓 2004年 [ ] 上位2名が準々決勝に進出する3回戦のオーラス3本場、親は葛山英樹。 4位の一井慎也は準々決勝進出が役満条件のためほぼ目無しであったが、3位の葛山にテンパイ流局もしくは自分以外からのあがりで連荘をさせることが最も可能性が高いと判断し、脇の1位・2位を降ろすためにあがる意思のないリーチをかけた。 のちに跳満確定のあがり牌をツモるがあがりを放棄しツモ切りした。 最終的に総合順位は変わらなかったものの、対局終了後の運営による協議の結果、ツモあがり放棄は麻雀の公平性を損なう行為でありリーチをかけた以上あがるべき局面であるという裁定 が行われ、あがりがあったものとされたことで総合順位が変わり準々決勝進出者も変わる事態となった。 第7期雀王決定戦 2008年 [ ] 最終戦の20回戦南4局1本場、親は。 この時の優勝条件は1位の鈴木 達 がトップのまま流局、2位のが2000点の出あがりか500・1000のツモあがりもしくは鈴木 達 から1000点直撃のいずれか、3位のが小倉からのトリプル役満直撃だった。 小倉が16巡目で片あがりのテンパイ、鈴木 た が17巡目でテンパイする。 このまま流局すると親から順番に手牌を開けていくことになるため、鈴木 達 がノーテン、あるいはテンパイしているにも関わらずノーテン宣言するようなことがあれば、鈴木 た のテンパイ宣言の有無で優勝者が決まることになる。 このため、鈴木 た はツモ番のないリーチ を行うことで鈴木 達 に自らのテンパイを知らせ彼もテンパイを取ることを促した。 しかし、鈴木 達 はすでに手を崩した後であり海底牌でテンパイは取れなかった。 第28期十段戦決勝戦 2011年 [ ] 最終戦の12回戦南3局5本場 供託1 、親は。 通算の素点は1位のが2位の堀内と31. 8ポイント差、3位のとは91. 4ポイント差だった。 南3局5本場、森山が親の堀内から3900点のロンあがり。 この時点で森山が半荘トップに立ったが、すでに森山の親番は終わっており、ラス親は瀬戸熊であったため総合トップを狙うことは絶望的であった。 第11期雀王決定戦 2012年 [ ] 最終戦南4局、親は。 総合トップの鈴木 た を木原が追う状況。 4位のはほぼ目無しであったが、自分が逆転する可能性としては親の木原と自分がテンパイし続けるしかないため安全そうな牌を切ってテンパイを維持した。 この捨牌が鈴木 た のダマテンのに放銃となり優勝決定。 第11期雀竜位決定戦 2013年 [ ] 最終戦の15回戦南4局、親は仲林圭。 通算の素点は1位のが2位の仲林と100ポイント以上の差だった。 目無しだった4位の木原は打牌選択に自分の意志は加えたくないとしてオールツモ切りを行った。 四神降臨 2017王座決定戦 2017年 [ ] 最終戦4回戦の南3局。 通算の素点は1位のが2位のと56. 5ポイント差だった。 目無しだった4位のは打牌に意図を加えるよりも全てツモ切りした方が公平であると考え、運営と同卓者3人に伝えて確認を取った上で半荘終了までオールツモ切りを行った。 ルール上は何ら問題のない行為であったが、後日のホームページに角谷の謝罪文と代表理事であるの見解が掲載された。 目無し対策について [ ] これまでいくつかの目無し対策が提唱され実際に実施されたものがある。 賞金 [ ] 京都グリーン杯では満貫以上のあがりに対して賞金を贈呈した オールツモ切りは禁止。 目無しになっても賞金を獲得するという明確な目的ができた。 新決勝方式 [ ] の一部タイトル戦で導入されている規定の半荘を進行したあとに優勝者を決める1局単位の延長戦を行う方式。 あがった人が総合トップになった時点で終了するがそれ以外の場合は全て続行。 意味のないあがりやあがりの放棄などの問題が解消された。 自動降級・入れ替え戦 [ ] ではより自動降級・入れ替え戦を導入し、各ブロック最下位(8位)の雀士は自動降級となり次年度の出場権を失うほか、同7位の雀士は推薦者2名との入れ替え戦に回る。 これにより下位の雀士でも順位が重要な意味を持つようになるため、 リーグ残留を目指す目的で通常通りの打牌を行うことが期待される [ ] [ ]。 選手の個人成績へ反映 [ ] ではリーグ戦とは別に1戦ごとに累積する通算ポイントや生涯成績の管理を行っており、目無し状態になった場合でも個人成績の向上を目的とした打牌が行える。 脚注 [ ]• 3位4位のプレーヤーは条件を満たさない限りあがりに向かわないため、1位は自分のあがりか親のノーテン以外次の局に進める方法がない。 このため連荘を重ね続けた2位が逆転することもある。 なお、日本プロ麻雀連盟の競技ルールにはツモあがり放棄の禁止は明文化されていない。 日本プロ麻雀協会の競技規定ではツモ番のないリーチを行うことが認められている。 また、リーチを行った場合は同競技規定により他者に先がけて手牌を開示しなければならないため、自らのテンパイ宣言の選択の余地をなくすと同時に鈴木 達 がテンパイしているにも関わらずノーテン宣言することを防ごうとした。 南4局の条件は瀬戸熊がトップのまま流局・堀内がダブル役満の出あがり、三倍満ツモもしくは瀬戸熊から跳満直撃・森山がダブル役満ツモもしくは瀬戸熊からダブル役満直撃。 2 、忍田39000点 -2. 5 、角谷 -90. - Abema麻雀Times・2018年1月28日 関連項目 [ ]• - における同様の問題。

次の

あがり放棄・アガリ放棄

あがり ど め 麻雀

This entry was posted on by. どのルール違反がチョンボになってどれがあがり放棄になるかなどにについては、そのお店や大会ルールなどによって違いがあります。 チョンボ ・・・主に局の続行が不可能となるような重大なルール違反をしたとき あがり放棄 ・・・局の続行が可能な範囲の軽度なルール違反をしたとき 1000点罰符 ・・・局の続行が可能なより軽度なルール違反をしたとき チョンボ 満貫払い・・・子がチョンボした時は、親に4000点、他の2人に2000ずつ払い、親がチョンボした時は、他の3人に4000点ずつ支払う チョンボになるケース• 間違ったロンやツモをして手牌をたおしてしまったとき(役なしやでのロン)• ノーテンリーチをして流局してしまったとき• あがり放棄になるケース• 間違ってロンやツモの発声やそのアクションをしてしまったとき• 少牌・多牌• 裏ドラを途中で見たりや他家の手牌の覗き見したとき• 鳴き間違い・・・ 「ポン!」 「チー!」 1000点罰符 場に供託棒として1000点出すことでゲームを続行できます。 供託棒はその局をあがった人がもらえ流局の場合は次の局に持ち越しになります。 1000点罰符のケース 「ポン」や「チー」や「カン」の発声をしたけど鳴かないとき おすすめの記事 【フリー麻雀デビューのやり方】 【リアル麻雀デビューする前に覚えておきたいこと】.

次の

麻雀でロンの意味とは?ロンできない場合やルールの違いを解説!

あがり ど め 麻雀

実際に行う麻雀ではミスはつきものです。 ここでは、あがり放棄について確認してみましょう。 あがり放棄の時は、単純にあがれないだけで無く、チー・ポンなどもできないんですね。 次に、あがり放棄になるケースを確認しましょう。 一つひとつを見てみましょう。 まず、麻雀初心者が間違えやすいものとして、 多牌(ターハイ)・少牌(ショーハイ)があります。 手牌は通常13枚ですが、文字通り多牌は、牌が多い時、少牌は牌が少ない時の状態です。 多牌・少牌が発生するのは、以下のケースがほとんどです。 親の配牌で、14枚あるにも関わらずもう1枚ツモってしまう多牌。 子の配牌で、最後の1枚を取り忘れる少牌。 チー・ポンの時に、さらにツモってしまう多牌。 カンの時、リンシャン牌を取り忘れる少牌。 また、相手の多牌・少牌を見分けるコツですが、手牌が13枚か14枚などはパッと見ただけでは分からないですよね。 コツは、相手の手牌ではなく 山のツモ牌の位置を見る事です。 チー・ポン・カンがあると順番が変わりますが、 動きが無ければ、東家(親)・西家は、必ずツモは上ヅモ(上の牌)になります。 親のチョンチョンの後ろの牌は、親の第一ツモですよね。 逆に、南家と北家は必ずツモは 下ヅモ(下の牌)になります。 多牌・少牌は配牌でのミスが、一番多いので、特に序盤ではツモ山を意識してみましょう。 さて、次にあがり放棄になるケースは、 食い変えを行った時です。 また、例えば一発を消す為に、南をポンして同じ南を捨てるなど、 鳴いた同じ牌を捨てても食い変えになります。 注意して下さい。 同様に、赤ドラありルールで、 赤5を鳴いて5を捨てるのも禁止です。 間違ってロン(ツモ)した時で、手牌を倒さなかった時もあがり放棄になります。 例えば、リーチをかけてロンと宣言した後に、フリテンに気付いた場合。 この場合も手牌を倒さなければ、あがり放棄となります。 手牌を倒してしまった場合は、次ページで説明するチョンボになります。 誤チー・誤ポン・誤カンとは、それぞれ発声した後に、 手牌をさらした状態の事です。 この場合もあがり放棄になります。 なお、「発声後に、手牌をさらさずに取りやめた」時は、 空チー・空ポン・空カンといい、場に1,000点棒を供託するペナルティが一般的です。

次の