兼近 犯罪。 EXIT兼近大樹に逮捕歴、少女売春斡旋容疑で有罪判決の過去を週刊文春報道。本人も認め、吉本興業の口止め暴露…

【ワイドナ】EXIT兼近大樹、「僕は犯罪歴があるけど、告知義務ないから働いていた」「文春に報じられて働けなくなった」

兼近 犯罪

ヘビー級にあかんやつやん。 2011年といえば8年前。 当時、兼近大樹さんは20歳ですね。 売春をしていた女性ですが、その頃に19歳の高校3年ということは同級生でありながら、 留年していたか定時制などの高校に通っていたか…そのような事が推測されます。 当時、兼近大樹さんは 容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けたそうです。 EXITの兼近大樹が1万5千円の格安売春を斡旋(あっせん)していた! 2019年9月1日深夜、「週刊文春」取材班が兼近大樹さんを直撃すると、なんと事実関係をあっさり認めたそうです! 「はいはい。 そうです。 簡易裁判で、罰金刑10万円で出てきました」 「正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。 絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。 『やっと、今、言えるんだ』って! 吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて」 と話しました。 吉本も前科があったことは知っていたのですね。 さらに驚くべきは少女に売春をさせていたのみならずその 1万5千円という金額。 もちろん、 いくらであっても許されることではありませんがより衝撃度が増すように感じますが…。 EXITの兼近大樹のもう1つのヤバい前科とは? さらに文春は兼近大樹さんのもう1つの前科についても触れています! こちらは 公開され次第お伝えしますが、なんと先月、 兼近大樹さんの地元の人間からさらなる犯罪を暴露するツイートがされて話題となったのです。 その内容とは、 『ホストの自宅に侵入し窃盗』 『働いていたバーのお金を持ち逃げした』 りんたろー。 さんが心配。 兼近さんはどこまで話していただろう?削除したツイートをしたとき、りんたろー。 さんはどこまで知っていただろう?過ちを受け入れた本人は叩かれる覚悟もした上で這い上がったはずだけれど、りんたろー。 さんにもその覚悟もしっかりと求めていたのかな。 好感持ってたのに残念すぎる。 見た目そのままよりも悪かった…。 チャラいというより、元半グレ。 — お弁当 miyao43.

次の

吉本興業、EXIT兼近大樹さんの人権救済を申し立て。前科を報道した「週刊文春」に抗議

兼近 犯罪

先月発売の『週刊文春』で芸能界入り前の逮捕歴が報じられた兼近大樹が、過去の真相について赤裸々に語った。 「文春」の報道によると、兼近が逮捕されたのは2011年11月。 当時高校3年の女子生徒に、出会い系サイトで知り合った男性とホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたという売春防止法違反の罪に問われている。 当時の兼近は容疑を全面的に認め、罰金10万円の有罪判決を受けたとのこと。 また、同報道の直後には、2012年にホスト男性の自宅から現金1000万円の入った金庫を盗んだ疑いで、不起訴になったものの逮捕されていたことが明らかになっている。 番組は兼近のインタビューを基に、犯罪に手を貸すに至った背景を1から紐解いていった。 貧しい家庭に育った兼近は高校中退して働くことを決意したが、仕事の後は自分と似通った家庭環境の不良グループとつるむようになったと述懐。 18歳の頃に知人の紹介で夜の店のボーイを務めるようになり、そこで売春斡旋事件を起こしてしまったのだという。 そして、2度目の逮捕を振り返る際には、番組は兼近の母親に直接インタビューを敢行。 母は涙ながらに当時の様子を振り返り、また、お笑いを志したきっかけが、勾留中に差し入れられた『ピース』又吉直樹の本であったことも明かされていった。 「環境のせいにするな」「美談にしすぎ」という厳しい声も… 兼近は「本当に申し訳ない」「過去で人を裏切った」と再度反省の念を示し、ラストには母からの手紙が読み上げられる感動的な演出も行われた今回の放送。 しかし、番組の構成や雰囲気からは「環境のせいで犯罪に手を貸すようになってしまった」「過去を乗り越えて立派に更生している」としたい意向も感じられ、 《反省なんかしてないよね。 人や環境のせいにしてイメージ下がったわ》 《百歩譲ってテレビに出続けるのは良いが美談にすり替えるのだけは許れん》 《片親とか貧乏を理由にして悪いことした的な言い訳は気分悪い》 《批判の声を封じ込めるような内容だった》 《経済どん底で犯罪しないと生きていけないなんて戦後すぐぐらいだろw》 《生い立ちを理由に犯罪を美談にするのは卑怯》 など、ネット上には厳しい意見も見られている。 「同放送直後、兼近は自身のツイッターを更新し、《何もかも曝け出したいと思っていますので》と過去の犯罪歴も含めた自伝的な小説を執筆する意向を明らかにしました。 おそらくこの本は爆売れし、『ホームレス中学生』のように映画やドラマといった実写化もされるでしょう。 〝美談商法〟と誹られても仕方ないかもしれませんね…」(お笑いライター) これを機に失速する一発屋に終わるのか、正直な姿勢で人気を獲得するのか…。 「EXIT」のこれからやいかに。

次の

【ワイドナ】EXIT兼近大樹、「僕は犯罪歴があるけど、告知義務ないから働いていた」「文春に報じられて働けなくなった」

兼近 犯罪

いま話題の人気芸人に衝撃的な疑惑が浮上している。 今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、現在ブレイク中の EXIT・兼近大樹の隠された 過去をスクープ。 「文春オンライン」のネット先行ニュースによれば、当時高校生だった女子生徒に対し、出会いサイトを通じて売春を斡旋。 兼近はその過去を認めており、罰金刑の有罪判決を受けたという。 イケメン風チャラ男芸人としてブレイク中の兼近。 その見た目とは裏腹に真面目な一面も見せるなど、そのギャップに多くの女性ファンを獲得している印象が強いわけだが……。 今回の疑惑で幻滅した人間も多いだろう。 ネット上には「信じられない」「犯罪行為に加担していたとは……」などの声が相次いでいる。 「兼近さんは家族のため仕事を優先し高校を中退。 家族想いの苦労人で知られています。 それだけに、金銭的に困った故、売春斡旋という犯罪に走ったかもしれませね。 とはいえ、立派な違法行為ですからね。 テレビのイメージ的にあまりよろしくはないでしょう」(芸能記者) どのような経緯で犯罪に手を染めたのか不明だが、仮にこれが事実だとすれば人気低迷もあり得る。 だが、兼近にまつわる疑惑はこれだけではない模様。 「先月、兼近の地元らしき人物がTwitter上に兼近の過去を暴露し、一部ファンの間で大きな話題になっていました。

次の