幼児 向け おもちゃ 手作り。 遊べる工作!簡単な幼児向けから難しい小学生高学年向けまで大特集! | 子供と一緒に楽しく遊べる手作りおもちゃ♪

0歳・1歳・2歳が遊べる手作りおもちゃ23選|フェルト、牛乳パック、紙コップで簡単楽しいアイデア集

幼児 向け おもちゃ 手作り

お子さんの年齢によって離れる距離を決める。 決まったらボーリングの様に投げる! これだけです。 でも、たったこれだけで結構夢中で子供は遊んでくれます。 「もう一回!もう一回!」と夢中になってくれている子供の姿を見るのは親にとって嬉しいものです。 また、ペットボトルの中に水や砂を入れると倒れにくくなるのでお子さんの年齢に合わせて量も変えてみて下さい。 例えば、幼児の子なら何も入れなくても大丈夫かもしれませんが、小学生なら5㎝よりちょっと多めに水や砂を入れてあげるとなかなか倒れなくて遊べます。 ペットボトルのおもちゃとしてだけでは無くおもちゃの素材を変えたりなど、アイデアによって様々に変化する手作りおもちゃを作って楽しくDIYしましょう 1. しっかりとペットボトルを洗って乾かしておく。 (赤ちゃんが口に入れても大丈夫なほど) 2. 乾かしておいたペットボトル2本の中にビーズやビー玉・お米や小豆などを5㎝ほど入れ、最後に鈴も入れる。 それぞれのペットボトルに入れ終わったらペットボトルのキャップをしっかりと閉め、キャップ同士を重ねてカラーテープでしっかりと固定する。 (外れない様にテープでしっかりと固定してください。 ) 4. 赤ちゃんが口に入れても大丈夫な素材で装飾し、外れないようにしっかりと固定する。 完成! なお、装飾を口に入れるのが怖い方は中に入れるビーズなどをカラフルにしてみたり、折り紙を小さく切って入れてみたり、スパンコールを入れてみたりとアイデア次第でとっても可愛く仕上がります。 ペットボトルをしっかりと洗って乾燥させておく 2. 乾かしたペットボトルの中にビー玉やビーズ・スパンコールなどのキラキラした自分好みの材料を入れます。 (お好みで取り出せなくなっても良い小さなマスコットや小さなおもちゃを入れてもいいです。 ) 3. ペットボトルの半分くらいに水と水のりを大体7:3の割合で混ぜながら入れますが、自分の好みになるように様子を見つつ少しずつ足していきます 4. 液体でペットボトルが満タンになったらキャップが開かない様にしっかりと閉めましょう。 キャップの上からビニールテープを巻いてしっかりと固定します。 完成! 水のりに食紅や入浴剤など混ぜて色をつけても可愛いくなります。 また、折り紙を使う場合は白い面が無いように折り紙を両面に張り合わせてから切って使うとキレイに見えます。 出来上がったスノードームは逆さまにするとビーズなどのキラキラした物がゆっくりと落ちてきてとてもキレイです。 出来上がったスノードームを中の物の邪魔にならない様にしながら周りを装飾していくとアイデア次第でとっても素敵なスノードームが出来上がります。 また、クリスマスプレゼントには瓶で作るスノードームの方がいいかもしれません。 瓶の蓋にペットボトルのキャップなどを置いて接着剤で固定し土台を作ります。 その上にサンタなどのマスコットを置いて接着剤で固定し後はペットボトルと同じ作り方をするだけでとっても可愛いクリスマスプレゼントに! クリスマスプレゼントにするならクリスマスに相応しい赤と緑の装飾やクリスマスツリーなどの飾り付けをしてあげるとアイデア次第でとっても可愛く仕上がります。 DIYしたスノードームなら喜ばれる事間違いなしなのでクリスマスには是非スノードームをDIYしてクリスマスプレゼントにしてみて下さいね。 牛乳パックを洗って乾かしておきます。 しっかりと乾かしておいた牛乳パックを縦にして6㎝幅に切ります。 今度は横にして真ん中の所を上下にハサミで5㎜の切り込みを入れます。 色紙などを貼り先程入れた切り込みに輪ゴムをかけます。 これを12個作ります。 出来上がった牛乳パックを缶などに入れて蓋をします。 完成! 箱を作る場合 1. 牛乳パックを上の折り目の所だけを切り取り長方形の箱の形にします。 長方形の形になったら横の角に四か所切り込みを入れ横の蓋を閉めテープなどで止めます。 上の部分を蓋にしたいので角に切り込みを入れて蓋を作ります。 余った部分を切り取ります。 周りを余った色紙などを貼りつけて蓋をして軽くテープで貼ります。 完成! なお、色紙を貼る前にマジックなどで牛乳パックの柄を全体的に塗っておくと色紙を貼った時に下の柄が見えにくくなります。 アイスクリームのカップをしっかり洗って乾かします。 画用紙をクリスマスツリーの形に切り取ります。 画用紙や折り紙でクリスマスツリーに飾る飾りを星や杖または、ちぎったり等して飾りを作ります。 先程作った飾りをクリスマスツリーの画用紙に飾り付けしていきます。 クレヨンで絵を描いても良いです。 茶色の画用紙や折り紙を最初に乾かしておいたカップにちぎってのりで貼り付けていきます。 完全にのりが乾いたらカップのふちにハサミで斜めに切り込みを入れます。 先程作っておいた飾り付けしておいたクリスマスツリーの根本をハサミで5㎝~10㎝程縦に切り込みを入れます。 根本を互い違いに開いたら先程のカップに貼り付けます。 完成! 1. ガチャガチャの本体になる段ボールにハサミで切り抜く箇所を5か所鉛筆で書き込みます。 先程書いた通りの幅にそって切り取っていきます。 ペットボトルをカプセルが入る様に切り抜きます。 この時に色を付ける方はペットボトルにラッカースプレーを使って色を塗っておきます。 ペットボトルの中央を凹の形に切り取り、カプセルが奥に入り込まない様に段ボールを丸く切って段ボールで穴を塞ぎます。 落ちたカプセルが転がる様に出口に向かって傾斜をつけ仕切りをつけます。 もう一つの段ボールから底の部分を切り取りペットボトルの穴だけが見える様にして仕切りを作り、ペットボトルに向かって斜めにしてガムテープなどで固定する。 後は周りをクレヨンや画用紙・折り紙やマスキングテープなどを貼って飾り付けます。 完成!.

次の

ペットボトルの手作りおもちゃ・工作15選!赤ちゃん・幼児と遊ぶ際の注意点は?

幼児 向け おもちゃ 手作り

赤ちゃんがおもちゃで遊べるようになると、喜ぶ顔が見たくてママ・パパも日々楽しいおもちゃがないか考えてしまいますよね。 すてきなおもちゃを見つけたと思って購入しても、意外とすぐに飽きられてしまうことも…と思っているママ・パパ達に、ぜひ挑戦してもらいたいのが手作りおもちゃです! 「手作り」と聞いただけで、「私は無理かも」と物怖じしてしまう方もいるかもしれませんね。 布やフェルト、毛糸、画用紙、木など100均で売っている材料や、段ボールや牛乳パックなどの廃材。 探してみると身の回りのものでも意外と簡単に手作りおもちゃが作れるんですよ。 今回は、赤ちゃん~幼児向けのおもちゃの作り方と作成例をご紹介します。 手芸というより工作感覚で簡単に作れるものばかりなので、手芸が苦手なママ・パパも大丈夫。 ぜひ、作ってお子さんと一緒に遊びましょう! 素材選び フェルトや布製なら、赤ちゃんが口にいれても安心 おもちゃを手作りする際、どのような素材を使えば良いでしょうか。 やはり1番使いやすく安全なのはフェルトでしょう。 カラーフェルトは100均でも簡単に手に入ります。 見つけたら買っておき、時間ができたら作り始めるのもいいですね。 また、生活の中でゴミになるものも、おもちゃ作りの素材として重宝します。 ペットボトルや牛乳パック、ダンボール、お尻ふきのケースなどです。 特に飲むヨーグルト用の小さいサイズのペットボトルはおもちゃに変身させやすいので捨てずに取っておくといいかもしれません! 手作りおもちゃの作り方をたくさん知りたい場合は、教本を買うと必要な材料や作り方も載っているので参考にしてみてくださいね。 作る時の注意点 材料が揃ったら作っていくのですが、この時いくつか注意点があります。 まず素材選びの際に、以下のことに注意を払いましょう。 ・赤ちゃんが舐めても大丈夫なものかどうか ・赤ちゃんが口に入れて喉に詰まらないサイズかどうか ・フェルトや布ものの場合は汚れたら洗えるかどうか ・赤ちゃんが噛んですぐに破れたりしないかどうか ・遊んでいて危険ではないかどうか そして、おもちゃを手作りする工程では以下のことに気をつけましょう。 ・切り口で手を切らないようにビニールテープなどで補強をする。 ・角が尖った部分は丸く加工する。 ・カッター、キリなどを使う際には赤ちゃんの手の届かない所で作業する。 赤ちゃんが安全に楽しく遊べるように、細心の注意を払っておもちゃを作りましょう!ここからは手作りおもちゃの作成例と簡単な作り方をご説明します! 作り方 【作り方】 (1)よく洗った空ペットボトルにビーズやスパンコールなどの素材を入れます。 (2)水をペットボトルの半分まで入れたら、洗濯糊を少しずつ足していき泡立たないように混ぜます。 この時、(1)で入れた素材の浮き沈みを確認してくださいね。 (3)あとは好みの状態になるような割合で水と洗濯糊を満タンになるまで足します。 満タンになったら、キャップをして開かないようにビニールテープでしっかりと留め完成です。 赤ちゃんがキラキラゆらゆらの動きで楽しんで飽きてしまっても、おままごとの調味料役や飲み物役にも変身できるので長く使えますよ。 大きいペットボトルで作り、中にお魚のおもちゃを入れると小さな水槽みたいになりますよ。 中に入れる物次第で、スノードームのような飾りにもなります。 子どもと一緒に、何を入れようか考えながら手作りするのも楽しそうですね。 ママも昔遊んだことがあるかもしれないおもちゃ 出典: 小さい頃に遊んだことのあるママさんもいるのではないでしょうか。 牛乳パックと輪ゴムがあればできるのでとってもお手軽に作れるおもちゃです。 誰のが一番よく飛ぶかな?と対戦ゲームにしても楽しめますよ。 梅雨の時期、おうち遊びやおうちのおもちゃに飽きてしまった時に、手作りしてみるのがおすすめ。 パッと作れて意外と子どももハマるので、結構長く遊んでくれるおもちゃだと思います。 【材料】 ・牛乳パック ・輪ゴム 【作り方】 牛乳パックをよく洗って乾かして、切り込みを入れて輪ゴムをつけるだけ。 お子さんとも一緒に簡単に作れます。 カエルのイラストを書いたり、マスキングテープやはぎれをはってかわいくデコレーションしてみるとより楽しいですね。 赤ちゃん~幼児に人気なキャラクターに座って遊べる 出典: Eテレで子どもに大人気のコッシーの椅子。 おもちゃ屋さんで買うと結構なお値段がしますよね。 椅子に座るのが嫌なお子さんも大好きなコッシーの椅子なら喜んで遊び気分で座ってくれることでしょう。 顔はママのセンスの見せ所なので、見本をよく見てバランスよく仕上げてくださいね。 失敗してしまうと、「なんか違う。 誰?」という風に、悲しい結末になってしまう恐れもあります。 コッシーの椅子に変身できそうな椅子のデザインや、ぴったりのカラーを100均で発見したら、即買いしましょう。 【材料】 ・100均の椅子 ・ビニールテープ 【作り方】 100円ショップに青、緑、黄色の椅子が売っているのでビニールテープで髪の毛や顔を作ればコッシー、サボさん、レグの椅子がお手軽に作れます。

次の

紙コップ・紙皿を使った簡単手作りおもちゃ。乳児・幼児向けの年齢別のアイデア│保育士求人なら【保育士バンク!】

幼児 向け おもちゃ 手作り

紙コップや紙皿を使った手作りおもちゃ 保育園や幼稚園で紙コップや紙皿を使った手作りおもちゃを製作することもあるでしょう。 これらの素材はやわらかく、子どもたちも使いやすいため、簡単にこまやけん玉、マラカスなど立体的に動く手作りおもちゃを作ることができるかもしれません。 保育活動の中で遊べる簡単な手作りおもちゃの製作をしてみましょう。 手作りおもちゃに使う紙コップの特性 製作の前に、紙コップや紙皿の特性について知ることでおもちゃが作りやすくなるかもしれません。 保育園や幼稚園の工作で使う紙コップの特性についてまとめました。 中の空間を活かせる 紙コップは上向きにすれば入れものとして使えたり、下向きにすれば中の空間を活かした工作が作れたりします。 上向きで使う場合は中にお菓子などを入れてラッピングし、下向きで使う場合は穴を開けて中でひもを結んだりするとよいでしょう。 中で音を響かせる糸電話も空間を活かした工作ですね。 切りやすい 紙コップは紙なのでやわらかく、はさみで簡単にカットできます。 そのため、縦方向に切って側面部分を開いたり、横方向に切って高さを変えたりなど、さまざまな形に変えて工作を作ることができます。 キリで穴を簡単にあけられるのも大きな特徴で、工作の幅を広げて活用できるでしょう。 着色しやすい 紙コップは紙でできているので、画用紙などと同じようにクレヨンや絵の具で絵を描いたり色をつけたりすることが簡単にできます。 のりやテープとの相性もよいので、折り紙などを貼るなどのアレンジも可能です。 重ねられる 紙コップはどれも同じ形なので重ねられ、それを活かした工作づくりができます。 片方の紙コップにハート型などの穴をはさみで作り、もうひとつの紙コップを内側に重ねれば、紙コップをスライドして絵柄の変化を楽しむような工作ができます。 上記のように紙コップにはさまざまな特性があります。 また、紙コップに似たプラカップにも同じような特性があります。 しかし、透明なことや耐久性に優れていることなど、プラカップにしかない特性でもあるので、紙コップがない場合やプラカップを使用して製作したい場合は、活用してみるといいかもしれませんね。 手作りおもちゃに使う紙皿の特性 保育園や幼稚園の工作で使う紙皿の特性についてまとめました。 紙皿には紙コップと同じ特性と紙皿ならではのものがあります。 着色しやすい 紙皿は平らな部分が大きく素材が紙なので、絵の具で着色したり、クレヨンで絵を描いたりすることが可能です。 絵の具でも色をつけやすいので、さまざまな色を使った工作作りを楽しめるでしょう。 切りやすい 紙コップと同様に、紙皿も子どもの力で簡単にはさみで切ることができます。 目や口の部分を切ってお面を作ったり、真ん中部分をカットして輪っかにしたりと、さまざまな工作に活かすことができるでしょう。 折りたためる 紙皿はやわらかいので折りたたんで形をアレンジしやすいです。 半分に折って半円にしたり、三等分にして三角形にしたりと、形を変えてさまざまな工作に応用できます。 ハサミでカットするときにも、折り目をつけると切りやすいですね。 丸い形を活かせる 紙皿の丸い形は保育工作に活かしやすいです。 例えば、時計やピザ、輪投げなど丸いものに見立てて作ることができます。 身近な物に見立てて作ることで、子どもの発想力が育ちそうですね。 紙コップや紙皿の特性を生かすと、乳児・幼児向けに楽しい手作りおもちゃを作ることができるでしょう。 保育園や幼稚園で子どもたちが楽しめるおもちゃを作り、さまざまな遊びを楽しんでみるとよさそうですね。 乳児向け(0歳~2歳)紙コップ・紙皿を使った手作りおもちゃアイデア 保育園や幼稚園の0歳~2歳が遊ぶ簡単な紙コップや紙皿の工作を紹介します。 保育士さんが作り、子どもたちといっしょに遊んでみてくださいね。 紙コップの工作 0歳~2歳が遊ぶ紙コップの工作を紹介します。 紙コップで作る風車 紙コップで作れる簡単な風車を作ってみましょう。 恐竜のトリケラトプスになりきれるお面の作り方です。 紙皿の周りと目の部分をカットし、絵の具で色を塗ったら画用紙のパーツを貼り付けたらできあがりと、凝った作りのような見た目ですが作り方はシンプルです。 トリケラトプス以外にも、さまざまな恐竜にアレンジして発表会などにも活用できるので、恐竜ごっこを楽しんでみてくださいね。 幼児向け(3歳~6歳)紙コップ・紙皿を使った手作りおもちゃアイデア 保育園や幼稚園の3歳~6歳向けの紙コップや紙皿の工作を紹介します。 ごっこ遊びなどにも展開できるため、製作後も遊んでみてくださいね。 紙コップの工作 3歳~6歳向けの紙コップの工作を紹介します。 紙コップで作る糸電話 紙コップで簡単な糸電話を作ってみましょう。 アルミホイルで材料を包んで作るUFOの手作りおもちゃです。 紙皿やおわん型の食品トレー、ペットボトルキャップなどいろいろな材料を使いながら作ります。 宇宙人ごっこのおもちゃとこのUFOをいっしょに作れば、宇宙人ごっこの世界に入り込めそうですね。 乳児・幼児共通 イベントに活用できる手作りおもちゃ 乳児・幼児向けの紙皿や紙コップを使った手作りおもちゃについて紹介しましたが、イベントにも活用できるで作りおもちゃの作り方について紹介します。 子どもたちといっしょに楽しんでみてくださいね。 母の日のプレゼント 紙コップで母の日のプレゼントを作りましょう。 紙コップで作る母の日の似顔絵 紙コップで母の日の似顔絵を作ってみましょう。 絵の具で着色した紙皿で作る、クリスマスのベルとツリー飾りの作り方です。 紙皿の丸い曲線を活かしてツリーを作り、折りたたんだ形をベルに見立てて作ります。 どちらも少ない工程で簡単にできるので、一度に2ついっしょに作ってもよいでしょう。 絵の具を使う練習にもなりますね。 紙コップ、紙皿で手作りおもちゃ作りを楽しもう 紙コップや紙皿を使った手作りおもちゃについて、0歳~2歳、3歳~6歳の年齢別のアイデアとイベントで楽しめる工作アイデアを紹介しました。 紙コップと紙皿の特性を活かしたり、何かの形に見立てて作ることで子どもの発想力が大きく育ちそうです。 0歳~2歳クラスの場合は、保育士さんがおもちゃを作り、子どもたちと一緒に遊んでみてくださいね。 工作をした後は、ごっこ遊びなどに展開できるものが多いので、保育園や幼稚園の製作の時間にみんなで作って遊んでみましょう。

次の