トヨタ ノア。 ノア(トヨタ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

【トヨタ・ノア】2WDと4WDはどっちがお勧め?違いを解説!

トヨタ ノア

トヨタの「NOAH(ノア)」は、子供のいるファミリー層に人気の5ドアミニバン。 同じトヨタの「VOXY(ヴォクシー)」と「Esquire(エスクァイア)」はノアと同時に開発された姉妹車である。 2001年に5~8人乗りのミニバンとしてデビューし2007年にフルモデルチェンジ、2014年に7~8人乗りとしてフルモデルチェンジした。 初代のモデルから、スライドドアを後席の左側だけでなく、後席の右側にも設けているのが特徴。 スライドドアの窓が開けられるが、窓を開けた状態ではスライドドアが途中で止まる安全装置が作動する仕様である。 モデルチェンジを経て室内空間は広くなり、3列シートの車内は多様なアレンジが可能になった。 ロングスライドができる2列目シートは、空間を自由にアレンジできる。 現行モデルではエコドライブモードスイッチやSuper CVT-i「自動無段変速機」により運転をサポートし、低燃費やスムーズな走行を実現している。 歩行者の安全も考慮した保護性能により、2014年度JNCAP新・安全性能総合評価で、最高評価の「ファイブスター賞」を受賞した。 中古車市場では10万キロほどの走行距離で20万円台の旧モデルのノアが台数も多く販売されており、人気のある車種である。 エリアから探す - ノア トヨタ の中古車 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

トヨタ・ノア

トヨタ ノア

トヨタの「NOAH(ノア)」は、子供のいるファミリー層に人気の5ドアミニバン。 同じトヨタの「VOXY(ヴォクシー)」と「Esquire(エスクァイア)」はノアと同時に開発された姉妹車である。 2001年に5~8人乗りのミニバンとしてデビューし2007年にフルモデルチェンジ、2014年に7~8人乗りとしてフルモデルチェンジした。 初代のモデルから、スライドドアを後席の左側だけでなく、後席の右側にも設けているのが特徴。 スライドドアの窓が開けられるが、窓を開けた状態ではスライドドアが途中で止まる安全装置が作動する仕様である。 モデルチェンジを経て室内空間は広くなり、3列シートの車内は多様なアレンジが可能になった。 ロングスライドができる2列目シートは、空間を自由にアレンジできる。 現行モデルではエコドライブモードスイッチやSuper CVT-i「自動無段変速機」により運転をサポートし、低燃費やスムーズな走行を実現している。 歩行者の安全も考慮した保護性能により、2014年度JNCAP新・安全性能総合評価で、最高評価の「ファイブスター賞」を受賞した。 中古車市場では10万キロほどの走行距離で20万円台の旧モデルのノアが台数も多く販売されており、人気のある車種である。 エリアから探す - ノア トヨタ の中古車 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

TNGAでボディを拡大。トヨタ「ノア」次期型はこうなる!?

トヨタ ノア

トヨタが「ノア」をマイナーチェンジし発売しました。 改良により魅力をアップしたトヨタ新型ノアについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 【最新情報】兄弟車統合で主力に!トヨタ新型「ノア」改良発売! トヨタが「ノア」をマイナーチェンジし発売しました。 トヨタ・ノアは、ブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、「ヴォクシー」「エスクァイア」と基礎を共有した主力ミニバンとなっています。 新型ノアのマイナーチェンジは、2020年5月のトヨタディーラー全車種併売にあわせて実施。 次世代モデルでミドルクラスミニバン3車種を「ノア」に統合するため、ヴォクシーとエスクァイアではベースグレードを廃止。 これによりマイナーチェンジ後のミドルクラスミニバンは、ノアがベースグレードとエアログレード「Si」(WxB、GR SPORT)をこれまで通り設定しますが、ヴォクシーではエアログレード「ZS」(煌、GR SPORT)、エスクァイアでは質感を高めた上級グレード「Gi」(Black-Tailored)のみをラインナップするグレード構成となっています。 トヨタディーラー全車種併売にあわせ、兄弟車ヴォクシーではエアログレード「ZS」、エスクァイアでは最上級グレード「Gi」のみを設定することでグレード展開を集約• スモークリアコンビネーションランプを装備• フロントフェンダー「HYBRID」エンブレム廃止• 最新のWLTCモード燃費表記に対応• オートライト機能標準化• 衝突回避支援パッケージToyota Safety Senseに、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用• 安全装備にインテリジェントクリアランスソナーを設定し、機能を充実• Si FF:7人乗り 2,844,600円、8人乗り 2,813,800円• G FF:7人乗り 2,855,600円、8人乗り 2,824,800円• X FF:7人乗り 2,587,200円、8人乗り 2,556,400円• しかし兄弟車では、ヴォクシーがエアログレード「ZS」のみ、エスクァイアでは内装の質感を高めた上級モデル「Gi」のみとすることでグレードが絞り込まれ、ノアがミドルクラスミニバンの主力車になっています。 改良では、兄弟車の「ヴォクシー」でエンブレムが専用品からトヨタブランドのデザインに変更されていますが、ノアでは引き続き専用品を採用。 また、兄弟車の「ヴォクシー」ではベースグレードが廃止されていますが、ノアでは5ナンバーのベースグレードと全幅を拡大した3ナンバーボディ専用デザインのエアロ仕様から選択できる設定が維持されています。 また、外板色には、ホワイトパールクリスタルシャインやブラックなどの全4色を設定。 装備にはリヤオートエアコンを採用するほか、ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー、挟み込み防止機能付)、6スピーカーなどを特別装備し、より魅力的な仕様とされています。 広々!トヨタ新型ノアの内装(インテリア)デザイン トヨタ新型ノアの内装は、多人数がゆったりと乗り込むことができる質感の高い空間に仕上げられています。 デザインラインをよりシャープなものとすることで先進性が表現され、カラーパターンも用意することで好みにあわせた選択が可能になっています。 トヨタの他モデルではコネクティッドサービスが利用できるディスプレイオーディオの標準採用がすすめられていましたが、新型ノアでは採用が見送られています。 乗員:7人乗り or 8人乗り スポーツ!新型ノアGRスポーツ設定! 新型ノアには、トヨタのスポーツブランド「GR」モデルとして、ノアGRスポーツが設定されています。 新型ノアGRスポーツは、専用のサスペンションやエアロパーツ、内装を装備。 その他にも車体剛性が強化され、ステアリングをきったときに気持ちいい走りが感じられるモデルに仕上げられています。 専用チューニングサスペンション• ブレース追加• 専用メーター(GRロゴ付)• アルミペダル• 小径ステアリングホイール• 7kgm トランスミッション:7速スポーツモード付きCVT 駆動方式:FF or 4WD• 【ノアハイブリッド】 パワートレイン:直列4気筒1. 1kgm トランスミッション:電気式無段変速機 駆動方式:FF 新型ノアのパワートレインには、アイドリングストップ機能を備えた2Lのガソリンエンジンと、力強さから人気のハイブリッド仕様が設定されています。 2Lガソリンエンジンはアイドリングストップ機能を備え、自然吸気エンジンの気持ちのいい加速感と燃費性能を両立。 ノアハイブリッドは、電気モーターの低速トルクを使うことで、発進から力強い加速を楽しむことができるようになっています。 ノア(2Lガソリン) JC08モード:FF 16. ノアハイブリッド JC08モード:FF 22. ガソリンモデルもしくはハイブリッドで、燃費を気にせず好みのグレードを選択することができるようになっています。 より実燃費に近いWLTCモード値にも対応し、他モデルと比較しやすくなっています。 充実!トヨタ新型ノアの安全装備は? 新型ノアの安全装備には、機能をアップしたトヨタの安全システム「Toyota Safety Sense」が採用されています。 トヨタセーフティセンスでは、衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティシステム」、車線逸脱を防止する「レーンディパーチャーアラート」、「オートマチックハイビーム」機能を利用することができます。 車重 ハイブリッド ・標準仕様(FF):1610kg ・エアロ仕様(FF):1620kg【廃止】 ガソリン ・標準仕様:FF 1570kg、4WD 1650kg ・エアロ仕様:FF 1600kg、4WD 1680kg トヨタ新型ノアのボディサイズは、ベースグレードとなる5ナンバーボディとエアロ仕様の3ナンバーボディの2通りが設定されています。 改良では兄弟車のヴォクシーが3ナンバーエアロ仕様のみとなり、5ナンバー仕様はノアもしくは質感を高めた内装を採用するエスクァイアに設定されています。 いつ?トヨタ新型ノアの発売日は? マイナーチェンジしたトヨタ新型ノアは、2020年4月27日に発売されました。 これにあわせ、前モデルは2020年3月に受注が停止されています。 トヨタはミドルクラスミニバンのグレード展開を見直すことで、次世代モデルでのモデル名統合を予定しています。 初代は商用車「タウンエース」をベースとしたワゴン「タウンエースノア」の後継車として企画され、前モデルで後輪駆動だった駆動方式を前輪駆動とすることで低床化、両側スライドドアを採用するなど、ミニバンとしての使い勝手がアップされました。 「タウンエースノア」と同時期に販売されていた兄弟車「ライトエースノア」も、「ノア」の登場にあわせ兄弟車の「ヴォクシー」に切り替えられました。 3代目では「プリウス」からくる電動システムに2Lエンジンを組み合わせた「ノアハイブリッド」も新設定されたことからコンパクトカーを凌ぐほどの販売台数を記録し、ライバルであるホンダ・ステップワゴン、日産セレナにも影響を与えました。 新型トヨタ・ノアについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の