クオカード 飲食 店。 QUOカードが使えるお店【滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山】

QUOカードが使えるお店(飲食店・薬局・交通・その他)

クオカード 飲食 店

そもそも「クオカード」ってなに? コンビニをはじめ、いろいろなお店で使えるクオカード。 一度は手にしたことがあるのではないでしょうか。 お財布にクオカードが1枚あると、ちょっとお得感がありますよね。 クオカードとは一体どんなものなのでしょうか。 クオカードを発行している、株式会社クオカードの公式サイトを見てみましょう。 QUOカードは、約57,000のお店でご利用いただける、全国共通のギフトカードです。 クオカードはちょっとしたプレゼントや記念品、株主優待品など、幅広い場面で贈り物として選ばれています。 加盟店オリジナルのデザインやメッセージ入りのカードなどたくさんの種類があり、クオカードのコレクターもいるほど。 なぜクオカードつきのプランができたの? クオカード付きプランはどうして存在するのでしょうか。 「クオカードの分、宿泊代を安くしてよ! 」と思う人もいるかもしれませんよね。 クオカード付きプランが存在するのには、大きく2つの理由があります。 1つ目は、ホテル側の宿泊客を呼び込むための作戦だということです。 客室代だけが書かれたプランより、朝食付き、お土産付きのようにおまけがついたプランのほうが、魅力的に感じませんか? 付加価値を付けたプランを提供することで集客アップを目指したいという、ホテル側の思惑もあるのです。 2つ目は、出張でホテルを使うビジネスマンやOLには特に嬉しいプランだからです。 観光や遊び目的でなければ、出張先での出費はなるべく抑えたいですよね。 「ちょっと一杯やりたいけど、お小遣いがピンチだから我慢がまん…」というお父さんもいるかもしれません。 そんなときクオカードつきプランなら、夕食をもらったクオカードで買うこともできますよね。 何かと出費がかさむ出張では、クオカードは心強いアイテムです。 「クオカードってもらっちゃっていいの? 「会社に悪いんじゃ…」 と不安に思ったことはありませんか? そう、仕事で利用するときは注意が必要です。 出張の場合、宿泊費は会社の経費になることが大半ですよね。 あなたは本来会社が払うべき宿泊費を立て替えているにすぎないので、クオカードとしてキャッシュバックされた利益を自分の物にしてしまう行為は、横領や詐欺ととみなされてしまう場合もあります。 例えば9,000円の宿泊に1,000円のクオカードがついていた場合、1,000円分はクオカードとして手元に戻ってきます。 事実上、8,000円で宿泊したことになるんです。 ですがホテルの領収証には「宿泊代9,000円」としか記入されないことがほとんどです。 経費を会社に請求するときは、この領収証を提出しますよね。 自分の手元にあるクオカードの分も会社に請求することになるので、1,000円分は自分の懐に…ということになります。 領収証にはクオカードが付いていたなんて書かれていないから、よっぽどのことがない限り会社からお咎めを受けることはないかもしれません。 ですが万が一の場合、懲戒処分や刑事罰を受けることもあります。 出張で宿泊した時にもらったクオカードは会社の財産。 少しの節約心が大問題に…なんていう事にならないよう、「経費で得たクオカードはお小遣いではない」ということを肝に銘じておかなければなりません。 会社によっては、クオカードの金額が500円のように少ない場合は福利厚生とみなして自分の物にできる場合もあるようです。 出張でクオカード付きプランを選びたい時や、予約した後にクオカード付きプランだったことに気づいた時は、事前に会社の人に相談してみるといいでしょう。 得意げに出したのに「使えませんよ~」なんて言われたら、ちょっと恥ずかしいですよね。 クオカードが使えるお店は、全国に約57000店。 コンビニやドラッグストアをはじめ、書店や飲食店でも使えるお店があります。 クオカードが使えるお店はレジのそばにステッカーが貼ってあるので、会計の時に確認してみるといいでしょう。 お店に行く前にクオカードが使えるか知りたい人は、で加盟店を探すという方法もあります。 また、お店によっては「昔は使えたのに今は使えない」という場合も。 ホテルの周辺でクオカードが使えるお店を事前に把握しておくと、支払いがスムーです。 番外編「クオカード付きプランはビジネスじゃなくても旅行で予約していいの?」 ビジネス目的で利用されることが多いクオカード付きプランですが、観光目的の宿泊では使えないのでしょうか。 いえいえ、そんなことはありません。 クオカード付きプランは、ビジネスでも観光でも、誰でも予約することができます。 意外に知られていないのは、クオカード付きプランは個人事業主にとっては節税になってお得だということです。 利益が多く、経費が少ないほど、税金も高くなります。 そこで、なるべく経費を大きくするために、クオカード付きのプランが好んで利用されているんです。 クオカードを含めた宿泊代は経費として計上するけど、クオカードは手元に残るので、節税もできてお得ということになります。 まとめ ビジネスホテルに泊まるならおさえておきたい、クオカード付きの宿泊プランについて紹介しました。 誰でも利用できるクオカード付きプランですが、ビジネス目的の場合は少し注意が必要なことが分かりましたね。 会社の経費でクオカード付きプランを利用するときは、事前に会社に相談したいところです。 クオカードって、ホテルのプランやギフトでもらった時くらいしかお目にかかる機会がありませんよね。 いざ使おうとすると、どこで使えばいいのか迷うこともあると思います。 でも「お財布に入れっぱなしで存在を忘れてた!」となってしまっては、クオカード付きプランにした意味がありません。 使えるお店をしっかり確認して、賢く利用しましょう。

次の

クオカードで支払った場合、お釣りってもらえるの?|@DIME アットダイム

クオカード 飲食 店

なにかと貰う機会が多いQUOカード(クオカード)。 しかし、このクオカードって今やほとんど使っている人がいないプリペイドカードということもあり、どのお店で使えるのかとか、どうやったら換金できるのか?といった情報がよくわかりませんよね。 そこで今回はクオカードを効果的に使い切る方法について記事を書いてみたいと思います。 クオカードが使えるお店で使い切るも良し、金券ショップ等への売却を考えてみるのも良し…といったように、クオカードの活用方法は多岐にわたるので、是非、手元にクオカードがあるという方は参考にどうぞ。 クオカードを買い物で使ってしまう方法: まずは貰ったクオカードを買い物等で使いきってしまう方法から。 下記のクオカードが利用可能なお店の中に、自分がよく使うお店がある…という方はこちらの方法でクオカードを使いきってしまってください。 やはりこの方法が額面金額をムダなく使える分だけ、一番お得です。 大手コンビニ: 使いにくいと思われがちなクオカードですが、実は大手コンビニであれば基本、どこのお店でも使うことが出来ます。 使い方は簡単。 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのレジで「支払いはクオカードでお願いします」と店員に伝えれば、あとは勝手にクオカード払いで処理をしてくれます。 セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• ポプラ• 生活彩家 但し、電気代やガス代、切手やハガキといった料金の支払いにはクオカードを使うことが出来ないので、雑誌、お弁当、お菓子、ジュース、インスタント食品などなどでの支払いにお使いください。 これで大抵の方はクオカードを使い切ることが出来ることでしょう。 ファミレス: 次に使いやすいのがファミリーレストランですね。 大手ファミレスだとガスト、バーミヤン、デニーズ、藍屋などでクオカードを支払いに使うことができます。 ガスト• バーミヤン• デニーズ• グラッチェガーデンズ 反面、大手は大手でもサイゼリヤやロイヤルホスト、ココス、ジョナサンなどでは利用不可。 書店・本屋: ちょっと意外なのは本屋ですね。 蔦屋書店、ジュンク堂、啓文堂書店、ブックファースト、有隣堂、三省堂にLIBROなどなど、大手書店であればほとんどのお店でクオカードを使うことが出来ます(丸善や紀伊國屋書店も一部で利用可能)。 ジュンク堂• 啓文堂書店• ブックファースト• 有隣堂• 三省堂• LIBRO• 文教堂• 蔦屋書店• 紀伊國屋書店(一部店舗を除く)• 丸善(一部店舗を除く) そのため、本好きの方はクオカードを使って本を買う…というのも手。 本といえば図書カードという印象がある方も多いと思いますが、クオカードでも十分に図書カード代わりになるので便利です。 ガソリンスタンド: ガソリンスタンドもQUOカードが使えるお店のひとつ。 使えるのは最大手ガソリンスタンドのエネオスとJA SS(マイホームステーション)の2つだけですが、エネオスの店舗で使えるために使用店舗で困ることないように思います。 JA SS(農協系のガソリンスタンド) 特に給油代は高額になりがちなため、1度の給油だけでQUOカードを使い切ってしまうことも出来ますよ。 ドラッグストア(薬局): ドラッグストアの中でQUOカードが使えるお店はマツモトキヨシ、ファミリードラッグ、中島ファミリー薬局、ミドリ薬品など。 マツモトキヨシのほか、ファミリードラッグ、中島ファミリー薬局、ミドリ薬品(一部店舗を除く)で、QUOカードをご利用いただけます。 正直、マツモトキヨシ以外はあまり有名ではありませんが、マツキヨでQUOカードが使えるなら問題はないと思われます。 日用雑貨や薬、化粧品などの購入にQUOカードを使ってみてください。 その他: その他、クオカードが使えるお店としてはHMVや大江戸温泉物語などなど。 ただクオカードを使うためだけにこれらの店舗や施設に行くのは少し効率が悪いかな…という感じもあるので、クオカードを使い切ってしまいたいのであれば、前述のコンビニやドラッグストア、ファミレスなどのお店で使うようにしてくださいね。 クオカード払いしてもポイントは貯まる: ローソンやファミリーマートといったコンビニでは、クオカード払いをしてもPontaポイントやTポイントといったポイントが貯まるのでしょうか? これは実はまったく問題なし。 ローソン:QUOカード決済でもポイント獲得• ファミマ:QUOカード決済でもポイント獲得 クオカード払いでもしっかりとポイントが貯まるのでお得です。 せっかくクオカードを使うなら、併せてTポイントやdポイント獲得も狙ってみてくださいね。 クオカードを使わずに換金する方法: 次にクオカードをお店で使わずに、換金をする方法についてもまとめておきます。 どうしてもお店で使う予定がないとか、大量にクオカードを貰って困っている…という場合はこちらも検討してみてください。 金券ショップに売却する: クオカードを使わずに換金する一番カンタンな方法はやはり、金券ショップやチケットショップといった場所に売却してしまうこと。 3,000円のクオカード:2,880~2,940円程度で買い取り• 5,000円のクオカード:4,800~4,900円程度で買い取り• 1万円のクオカード:9,600~9,800円程度で買い取り 反面、地方都市でクオカードを売ろうとするともう少し安く、買い叩かれることもありますね。 下手すると92~94%程度の買い取りになるケースもあるようなので覚悟しておいてもらえると助かります(イオンモールなどのショッピングモール内の金券ショップはとにかく厳しい印象)。 売れるクオカードと売れないクオカード: あとクオカードの種類によっては金券ショップ側が買い取りをしてくれない場合もあります。 後述しますが特にコンビニ発行のクオカードは、ほぼどの金券ショップであっても買い取りに応じてくれないはずなのでご注意ください。 1.途中まで使ってあるクオカード これは説明不要かもしれませんが、途中まで利用してしまってあるクオカードは買い取りの対象になりません。 理由は単純で、金券ショップ側が現在の残高を知ることが出来ないためですね。 未使用のQUOカード:残額がわかる• 使用済のQUOカード:残額がわからない 当然、ヤフオク等で売却するにしても嫌がられる傾向にありますので、一度、使ってしまったクオカードは自分で責任をもってコンビニ等で使いきるのがおすすめ。 いくら『私が最後に確認した際には、780円分の残高がありました!』と但し書きをいれてもムダですよ(苦笑) 2.有効期限のあるクオカード もうほとんど見かけることはないと思いますが、かなり古いクオカードの中には有効期限が設定されている例があるようです。 当然、これらの有効期限付きクオカードはチケットショップ側としても買い取りしたくないクオカードなので、応じてもらえない可能性大です。 ちなみにもうたぶん、有効期限が2016年以降になっているクオカードは残っていないはず。 要するに有効期限のあるクオカード=すでに使えなくなったクオカードなので、当然、買い取りもしてもらえません(アイドルやアニメなど、絵柄によってはコレクターに買ってもらえる可能性はあります)。 3.コンビニ発行のクオカード 3つ目はコンビニ発行のクオカードです。 これらは通称00クオカード、もしくは00Aクオカードなんて呼ばれていたりします。 これらのクオカードに当たるかどうかについては、クオカード裏面の左下にある番号を確認してみてください。 仮に00ではじまっている場合には、セブンイレブンやファミマ等で販売されたクオカードであることがわかります。 ではなぜ00番号からはじまるクオカードは買い取りしてもらうことが出来ないのかというと、クオカードができあがる仕組みが他の一般クオカードとは異なるため。 00Aクオカードはコンビニのレジで購入された時点で利用可能なクオカードになる仕組みなので、仮に「販売前のクオカード」が不正に持ちだされた場合には金券ショップ側でその識別ができないのです。 他のクオカード:どのクオカードも使える• 00Aクオカード:コンビニで購入手続きがされてはじめて使える(使えないカードが転売されてしまう可能性がある) 結果、みなさんの手元にあるクオカードが00Aクオカードであるのだとしたら、転売&買取は不可能です。 どうしても売りたいのであれば、ヤフオクなどのサイトで転売するしかありません(POSAの仕組みは下記記事を参照)。 オークションで売却する: 金券ショップへの売却以外の方法としては、自分で転売する方法しかありません。 一般的なのは記事中にもチラホラ書いた通り、ヤフオクやメルカリで売ってしまう方法ですね。 出品料や配送料などは別途かかりますが、まとまった枚数や金額のクオカードを売却するなら、こういうのもひとつの手段であると言えます。 友人や同僚に売るのも手: また、友人や同僚といった親しい人にクオカードを買い取ってもらうのも手。 特にコンビニやファミレスをよく使う層には、クオカードは有効なプリペイドカードなので額面の95%くらいの価格を提示すれば買取に応じてくれる人も多いことでしょう。 これなら労せず、クオカードを現金化することができますよ。 さぁ、クオカードを使い切ろう: ここまでクオカードが使えるお店だったり、クオカードの売却方法を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか? このようにクオカードは使えるお店で困ることはほとんどなし。 コンビニやファミレス、書店等で効率よく使い切ってしまうことが出来るので、誰かからQUOカードをプレゼントされたら、今回紹介したお店で活用してみてくださいね。 以上、QUOカードを効果的に使い切る方法(2019年版)!クオカードが使えるお店から、その売却&換金方法について書いてみる…という話題でした。 参考リンク: その他、家計の節約に興味があるという方は下記記事もあわせてどうぞ。 ちょっと前までは想像もつかなかったような、様々な割引サービスが世の中にはあるので、自由になるお金が少ない…という方は上手に活用してもらえればと思います。

次の

コンビニでクオカード買えるものは?使えるもの・使えないもの

クオカード 飲食 店

クオカードとは金券のことで、さらに詳しくいえば「全国共通プリペイドカード」です。 クオカードは現在約57000もの店舗で使えると謳っており、その活用法は幅広く、持っているとお金と同じように使えるため、欲しがる人も多い金券の一つです。 最近では買い物だけでなく、プレゼントの一種としても取り扱われています。 クオカードの金額は300円~1万円まで幅広い クオカードと一口で言っても、その金額はピンキリです。 300円の手軽なクオカードもあれば、1万円もチャージされているクオカードも存在します。 自分がどの金額のクオカードを保持しているかを確認しておくのも、大切なことですね。 よくプレゼントなどで使用されるのは500円~1000円単位のクオカードです。 クオカードはその中にチャージ(記載)されている金額しか使えない、そして新たにチャージすることはできないので注意が必要です。 クオカードは全国共通といっても全国のコンビニで使えるわけではない クオカードは全国共通のプリペイドカードです。 しかしコンビニという枠でみれば、全国のコンビニで使えるわけではありません。 コンビニや店舗、またその他のお店によってはクオカードが使えないところもあります。 クオカードが使えるコンビニ一覧• ファミリーマート• セブンイレブン• ローソン• サークルK・サンクス• ポプラ・生活彩家・くらしハウス・スリーエイト 残念ながらコンビニならどこでも使えるというわけではないので注意しましょう。 またコンビニではクオカードの購入も可能です。 ただし500円分は530円、1000円分は1040円と少々元値より高く設定されているので注意しましょう。 例えばおにぎりやお弁当、パンやサンドイッチ、ジュースやお菓子といった食料品はクオカードで購入することができます。 日々の食費にクオカードが当てられるのは嬉しいですよね。 クオカードではコンビニで売られている食料品のほぼ全般が購入可能なので、何を買おうか迷った際には、お腹を満たせるものを選ぶと良いでしょう。 また使わないクオカードが残っているなら、コンビニデザートに贅沢に使ってしまうのも一つの手ですよ。 またコンビニでスイーツを買うなら、以下の記事も一緒にご覧になってください。 コンビニスイーツのおすすめを紹介しているので、クオカードで購入して食べてみると良いでしょう。 食料品と同じく、タオルや歯ブラシ、トイレットペーパーなんかもクオカードでの購入が可能です。 こうした生活用品を取り扱いしているコンビニも増えてきたため、緊急時には助かりますよね。 ただし生活用品といっても、中にはクオカードが使えない商品もあります。 例えば切手やはがき、チケット、印紙といったものはクオカードでは取り扱いできないため注意が必要です。 意外と思うでしょうが、実はクオカードで酒類を購入することができます。 クオカードの注意事項欄にも「酒類」「お酒」は購入できないとは記載されていません。 クオカードは裏面やサイトなどに使えないものが記載されています。 それ以外の商品やサービスにはそれ相応の金額として使うことができます。 酒類も対象となっているので、自宅パーティーする際に使用してみてはどうでしょうか? コンビニでクオカードで買えるもの【番外】宅配サービスの金額に当てられる コンビニでクオカードで買えるもの【番外】は「宅配サービスの金額に当てられる」です。 クオカードで買えるのは何も商品だけではありません。 コンビニでは商品だけでなく、さまざまなサービスも売られていますよね。 クオカードはこうしたサービスにも使えることがあります。 例えばその例として宅配サービスが挙げられます。 セブンイレブンやファミリーマートならヤマト運輸の送料(一部サービス除く)、ローソンならゆうパックの送料金額に当てることができます。 またコンビニの宅配に関してもっと詳しく知りたい場合には、以下の記事も併せてご覧ください。 知りたい情報が満載なので、よりコンビニの宅配サービスについて知ることができますよ。 お酒が買えるなら…と思っている人もいるでしょうが、タバコはコンビニにとって利益が少ないなどの理由からコンビニに限らずクオカードでの購入はできなくなっています。 喫煙者の人にとっては残念に思うでしょうが、これはクオカードやサイトに記載されています。 以前は買えた時代もありましたが、偽造などの事件によってクオカードでの購入が全面禁止になっています。 コンビニでは公共料金の支払いも取り扱いしていますが、残念ながらクオカードはこの金額に当てることができません。 切羽詰まっていると、公共料金に当てたいところですが、できないのです。 電気代、水道代、携帯料金などの種類がありますが、どの公共料金にも使えないので注意が必要です。 クオカードはあくまで商品に対する支払に有効で、公共料金の支払いには使えないカードです。 コンビニは数多くの商品やサービスを取り扱い、生活に深く関わっているお店といえるでしょう。 しかしクオカードでの買い物となれば、買えるものは限りがあります。 タバコや公共料金をはじめ、切手やはがき、チケットなどにはクオカードは使えないと定められています。 その他にもコンビニやお店によっては「この商品(サービス)にはクオカードが使えない」と決められているので、食料品や生活用品以外に使う場合には注意と確認が必要です。 コンビニでクオカードの販売はしている?またその金額は? コンビニでクオカードは販売されている コンビニでクオカードを使うことができるなら、逆に購入や販売はされているのかも気になりますよね。 当然、コンビニでクオカードは販売されており、購入することは可能です。 そのため、クオカードが欲しいと思ったらコンビニで買えば良いのです。 ただしコンビニによっては販売されていない店舗があったり、取り寄せ扱いだったり、支払い方法が限られているなどの制約があります。 取り扱いはしていても、販売については注意事項が多いことがあるのでお店への確認が必要です。 コンビニで販売されているクオカードの金額はお店によって異なる 比較的有名なコンビニであればクオカードの販売がされていますが、売られている金額についてはその店舗によって異なります。 500円、1000円、5000円、10000円のクオカードが売られていることが多いです。 300円など少額のものとなると、クオカードのサイトでの販売・取り寄せが可能となっています。 またコンビニによっては現状の在庫がない場合もあるので、購入したい際には確認してからが良いでしょう。 コンビニで販売されているクオカードの購入金額に要注意! コンビニではクオカードの販売もされていますが、実は購入時にはその通りの金額で買えるとは限りません。 先に紹介したように、500円と1000円はプラス料金が加算されての販売となっているため注意が必要です。 しかし逆に5000円と10000円のクオカードにはプチ特典がついており、5000円分は5070円として、10000円は10180円として使えます。 どうせ購入するのであれば、5000円か10000円のクオカードで得したいですね。 クオカードが最も使えるお店として知られているのは書店です。 コンビニ以上に取り扱い店舗が多く、読書家にとって嬉しい対象ですよね。 比較的どの本にも対応していますが、書店の取り扱い商品によっては使えないこともあるので注意しましょう。 しかし本や文房具ならクオカードで対応できるので、クオカードが手元にあるなら本を買いに行くのも良いですね。 マツモトキヨシをはじめとした一部のドラッグストアでもクオカードが使えます。 日用品が多いドラッグストアでも使えるのは助かりますね。 クオカードが使えるドラッグストア一覧• マツモトキヨシ(一部店舗除く)• スーパードラッグひまわり(愛知県内限定) 全てのドラッグストアで使えるというわけではありませんが、使える店舗があるのは嬉しいですよね。 もし上記のドラッグストアで買い物をするなら、クオカードが使えるか聞いてみると良いでしょう。 クオカードは一部の飲食店でも使えるため、ちょっとお腹がすいたときの支払いにも役立てることができます。 レストランの取り扱い店舗はデニーズ(一部店舗除く)だけです。 しかしカフェでは使えるお店が多く、有名なカフェでは上島珈琲店やUCCカフェプラザなどが挙げられます(どちらも一部店舗除く)。 外出した際にこうした店舗を見つけたら、クオカードで一息つくのも良いでしょう。 コンビニでクオカードで使える商品を事前にチェックしておこう! クオカードは全国共通のプリペイドカードといっても、すべての商品が買える万能なカードではありません。 そのためレジで「これは買える」「これはダメ」といったやり取りをしないためにも、クオカードが使える商品は事前にチェックしておきましょう。 クオカードはコンビニでも販売されており、私たちの身近なプリペイドカードの一つとなっています。 コンビニでも手軽に使えるため、プレゼントとしても活用されているので、普段お世話になっている人への贈り物として活用してみても良いのではないでしょうか?.

次の