イナヅマ速報。 稲妻オンラインフェス

✨🤗男子学園🐯神戸店🤗✨(@DG_KOBE)

イナヅマ速報

ポケットモンスター関連• 日本最強の男に学べ! ポケモンカード トレーナーズスクール!!• アニポケまであとちょっと! デュエル・マスターズ関連• 秘蔵イラストも公開!! イラストレーター 制作秘話リレー• デュエマ妄想構築録 イナズマイレブン関連• マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ゾイド関連• ゾイド生みの親徳山氏 5656万字!? 限界ロングインタビュー• 森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー フォートナイト関連• にゃんこ大戦争関連• まんがで!にゃんこ大戦争 もういっちょ!• 大人気の『イナズマイレブン アレスの天秤』の アーケードカードゲーム 『イナズマイレブンAC(アーケード) ドリームバトル』が、2018年9月27日(木)より稼働開始! 作品の世界をそのまま体感できる超次元サッカーバトルが、スタジアムをイメージした筐体のなかでリアルに楽しめるぞ!! 直感的に操作しやすいスタジアムデザイン 筐体はサッカースタジアムをイメージ! 横長の大画面ディスプレイは、さながらスタジアムのオーロラビジョンのようで、カードを配置するフラットパネルはサッカーフィールドを再現しているぞ!! プレイヤーはフラットパネルに手持ちのカードを配置すると、その配置したカードの選手が目の前のディスプレイに出現! カードを動かすことで思い通りに操作できるのだ!! 超親切設定でイナイレ初心者もOK! 本作は、カード6枚を使ってCPUを相手に戦うバトルサッカーゲーム! 魅力のひとつは、 ゲームが苦手な人でも十分に楽しめる超親切な設定だ! ドリブル、シュート、など選手が繰り出すことのできる必殺技は色分けで表示しているので一目瞭然!! また、ゲームの途中で追加で1点を獲得できる機会、「エクストラシュートチャンス」「カウンターチャンス」など、プレイ次第で様々なイベントが発生するぞ!! カードはすべて描き起こしのオリジナルデザイン! 筐体から配出されるカードは すべて描き起こしのオリジナルデザインのイラストを使用! 9月27日から稼動する第0弾では、アニメ『イナズマイレブン アレスの天秤』の最高潮の盛り上がりに合わせ、 オールスターともいえるラインアップの全62種展開でスタート!! この後もアニメで人気のキャラクターをラインアップに加え展開していくぞ!!! カードのレアリティはコモン・レア・スーパーレア・アルティメットレアの4段階。 レアリティが高くなるほど、箔やホログラムなどカードが豪華になっていく! さらにもう1段階のレアリティ・シークレットも存在するらしい……。 タカラトミー玩具も連動!遊びがつながる!広がる!パワーアップする! 好評発売中の 『イレブンバンド』や『イレブンライセンス』とも連動も可能! 筐体に読み込ませることで、玩具に特別なキャラクターが解放されたり、筐体ゲームのキャラクターの経験値がアップするぞ! 稼動スタートまで、様々なプロモーション展開が予定されている『イナズマイレブンAC ドリームバトル』。 詳細はをチェック!! All Rights Reserved. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

【超速報】『イナズマイレブン アレスの天秤』初のアーケードゲームが9月27日より稼働開始!!

イナヅマ速報

概説 [ ] 2011年3月11日14時46分()にが発生したことにより、直後からが編成されたのを皮切りに、の編成などにも過去に例がないほどの大きな影響が生じた。 発生直後から未明まで、・各局とも通常番組を休止し、60時間近くを震災報道に割いた。 このうちNHKでは最大の報道態勢となり、発生から2週間で300時間以上にわたり報道した。 ・では放送局自体も被害を受け、特に震度6クラスの揺れに襲われた・のでは、怪我人が出たり床がずれたりするほどの大きな被害を受けた。 また、開局からほとんど自然災害の直接的な影響がなかった東京都心のキー局も自らが震度5強の強震に襲われ、一部で被害も生じた。 震災報道、あるいは震災そのものの影響により、予定された番組の放送中止及び延期が各テレビ局で多数発生した。 震災が発生した時期がでもあったため、レギュラー番組の中断だけでなく、終了予定だった番組の終了の繰り上げ()や延期、新番組の放送開始の延期(あるいは放送中止)、さらには改編特番の放送中止や内容の大幅変更などが行われた。 各テレビ局は報道特番と並行してこれらの対応に追われた。 また、被害の大きかった3県(岩手・宮城・福島)のテレビ局では、全国ネットの通常番組が再開された後もしばらくの間、一部番組を震災関連の報道特番に差し替える対応をとった。 地震によって東北・関東地方を中心に大規模な停電が発生したため、停電した放送局の多くは自家発電によって放送を続けた。 しかし、東北地方では電力の復旧が遅れたことから、自家発電機の燃料が尽きて停波する放送局が多数現れ、特にやではが一時停波に追い込まれた。 は、同日午前10時時点での被災地域の・放送設備に関して、親局はすべて稼動しているものの、一部のが被災し、テレビ中継局63箇所(茨城23、宮城20、岩手16、山形2、福島2)とラジオ中継局2箇所(福島2)が停波中であることを公表した (現在は大津波で流失・完全使用不能となり、事実上廃局となった宮城県の1局を除いてすべて復旧している)。 また、震災によっての普及活動が停止しているほか、被災地域ではの共同アンテナの損壊や流失が起きており、これに伴う措置として総務省は、7月24日に予定されていた地上デジタル放送への全面移行を、岩手、宮城、福島の3県については半年から1年延期する方向で調整を開始し 、前述の3県や関東、長野で被災し、デジタル・アナログともに視聴できなくなった世帯や施設に対しては、を視聴できるようにすることを決めた。 その結果、岩手、宮城、福島3県の地上デジタル放送への全面移行は、に延期されていた。 一方で各テレビ局とも、をはじめ、被災地・被災者への様々な支援活動を行っている。 震災発生直前から震災発生直後の各放送局の動き [ ] ここでは主にを中心とする在京局および関東・東北地方のラジオ局の例を挙げる。 地震の発生時間帯はNHKおよび(日本テレビ系)以外、基本的にローカル編成時間帯であり、系列各局も含め独自編成を行っていたため、NHKおよび日本テレビ系列以外では、在京キー局が特番に入っても同時ネットしていない系列局が大半である。 つまり、在京キー局はあくまで自局のの準備が整ったところで「カットイン(緊急割り込み)」対応を取っていたため、系列局ではキー局から配信されるネットワークモニタを確認した後に遅れてカットインしたケースがほとんどである。 また、地震速報のテロップもNHK以外は各放送局の任意送出となっており、在京局が出したテロップがそのまま全国ネットに乗っている訳ではない(NHKのローカル編成時間帯においても同様である)。 テレビ [ ] では『(・決議)』放送中に地震が発生。 を、14時46分56秒に伝えた。 その後、内で実況をしていたアナウンサーが緊急地震速報発表と揺れへの警戒、参議院第一委員会室内での揺れについて実況していたところに、のがカットインし、NHKのが地震情報の詳細を伝えた。 では第1チャンネルで『』、で『』を放送中に地震が発生。 総合テレビと同時に(や・・のすべてが)緊急ニュースをカットイン(総合テレビの放送をすべてのチャンネルで同時)した(NHK内部ではこれを「 」と呼んでおり、ニュースセンターのにある送出開始が押される事で、NHKの送信している全ての通常放送を強制中断して全波一斉に切り替えるシステム。 当時は計8波だった為、「八波全中」と呼んでいたが、現在は「九波全中」と呼んでいる)。 『・第1部』を放送中に地震が発生。 そのため民放では一番早く、また(民放系列)唯一の全国ネットで第一報を伝えた。 『ミヤネ屋』は(大阪府)制作のため、放送中のは地震に気づいておらず、たまたま(当時は)の場に中継をつないだところ、中継先のが「内の会見場が現在地震で揺れている」と伝えた。 しかし、地震発生時点で第1部の終盤にさしかかっており、第1部終了の14時55分までに残りのCMをすべて消化する必要があったことから、20秒ほどでCM入りの時間になり、更に表示を挟む形となってCMが長引いたため 、詳しい情報を伝えるのが遅くなってしまった。 ただ、そのスポンサー表示の際に日本テレビのの様子が生中継され、報道フロアにいた日本テレビアナウンサーのが短い時間の中で揺れの状況を伝えた。 『ミヤネ屋』は第1部からそのまま第2部に突入するも、開始2分後の14時57分に途中打ち切りとし、NNN緊急特番にそのまま移行した。 CM明けですぐ日本テレビに繋いだが、その直後に大阪でも地震の揺れが到達したと司会のが伝えた。 地震についてのは、14時48分30秒。 の途中で出たため、CMに入ってすぐに消えた(このテロップについてはのみ〈では全国〉に送出。 ただしこれは「ただいま、東京地方で地震とみられる揺れを感じました」という「地震情報」と呼ぶべき内容で、発表のなどに関するものではなかった。 ほぼ同時に出したでは「震度速報」であった)。 『・』(再放送)中に地震が発生。 14時49分1秒に地震速報のテロップを送出(関東地方のみ)し、同番組末尾の『』の番宣放送途中でカットインし、14時51分から災害報道に切り替え、津波警報をとして流し、同時にニュースルームからテレビ朝日アナウンサーのが第一報を伝えた。 遅くCM枠を復活させたのは、3月14日16時53分の『』から復活させた。 『』(再放送)中に地震が発生。 日本テレビとほぼ同じ時間で地震速報のテロップを送出(関東地方のみ)。 日本テレビは「地震情報」(上記参照)だったが、TBSは「震度速報」であったため、地震本体の情報としては在京民放で最初に伝えている。 その後、日本テレビがCMから明けるおよそ5秒前にし、報道フロアからTBSアナウンサーのが第一報を伝えた。 また、を民放で最初に伝えており、テレビ放送としてはSOLiVE24(下記)とNHKの後に続いた。 『スペシャル! 傑作選』(『』の再放送)放送中に地震が発生。 14時49分17秒に地震速報テロップを送出(関東地方のみ)。 その後、津波警報発表に伴い通常の番組を中断、報道スタジオに映像を切り替えテレビ東京キャスターのが津波警報をとして伝え、これが震災報道の始まりとなった。 『・』放送中に地震が発生。 の初動対応が遅れた事による事故やトラブルが連続した。 具体的には地震速報テロップの送出遅れ(テレビ東京の第一報よりも遅くなり、在京局で最も遅い送出となった)、がにカットインしたものの、V9スタジオのが完全に立ち上がっておらず、準備中の様子(無人のV9スタジオや新宿、震度などの映像)が数秒間連続して放送された。 一旦通常番組に戻した後、準備が整ったところで改めて、報道センター内のセンターテーブルからフジテレビアナウンサー(当時)のが第一報を伝えた。 第1チャンネルでは『中継(平成23年第1回定例会)』、第2チャンネルでは『東京マーケットワイド』放送中に地震が発生。 () 『』放送中。 予報センター(千葉市)から宇野沢達也()による天気解説中に地震が発生。 震度情報の画面を取り切ったまま、解説していた宇野沢が続けて震度情報を伝え、そのまま地震関連情報へ移行した。 ラジオ [ ] 『「参議院決算委員会」』放送中に地震が発生。 総合テレビとだったため、テレビ音声によるニュースがそのままラジオでも放送された。 『』放送中に地震が発生。 事前録音番組「」(内包番組)を放送していたため、この番組の終了を待ってのが注意喚起のコメントを伝え、それに続きニュースデスクのが詳報を伝えた。 『』放送中、パーソナリティのとのトーク中に地震発生。 文化放送アナウンサーのが割り込んで注意喚起のコメントを伝えた後、報道部に切り替えて詳報を伝えた。 『』放送中、外部と電話を繋いでのトーク中に地震発生。 パーソナリティのニッポン放送アナウンサー・(同局防災パーソナリティの一人)が注意喚起コメントを伝えた後、報道部記者の宮崎裕子と詳報を伝えた。 地震発生時『』を放送中だったが、録音番組「」(ニッポン放送裏送り制作)放送中で即座に対応できず。 その後、ラジオがテレビ音声(テレビスタジオから東北放送アナウンサーのが伝えたTBCテレビの内向け)をカットイン、そのままラジオでも放送した。 『かっとびワイド〜けんじとかおりのふれんどらじお〜』で、酒造会社のを生放送中、地震が発生。 番組パーソナリティのラジオ福島アナウンサー・による注意喚起コメントの後、深野、(ラジオ福島アナウンサー)による地震情報へ切り替わった。 『サンシャイン・カフェ Siesta』放送中、楽曲を放送し始めた直後に地震発生、中断してパーソナリティの茨城放送アナウンサーが注意喚起コメントの後、詳報を伝えた。 『』放送中、「何が言いたいの」のコーナでリスナーに電話を繋いでいた際に地震発生。 電話を切らせ、パーソナリティの注意喚起コメント後、銀座スタジオから大宮本社のニュースセンターに切り替え詳報を伝えた。 まとめ [ ] 以下は、地震発生時の東京都の地上波テレビ局のまとめである。 放送局 地震発生時に 放送中だった番組 地震速報(第一報)を 出した時間と内容 震度速報を 出した時間 地震情報に 切り替えた時間 NHK総合 国会中継 「・参議院決算委員会決議」 14時46分54秒 緊急地震速報 14時47分30秒 14時48分32秒 NHKEテレ(メイン・021ch) NHK高校講座 14時46分54秒 緊急地震速報 14時47分30秒 不明 NHKEテレ(サブ・023ch) きょうの健康 14時46分54秒 緊急地震速報 14時47分30秒 不明 日本テレビ 情報ライブ ミヤネ屋・第1部 14時48分30秒 地震情報 14時50分20秒 不明 テレビ朝日 劇的空間・おみやさん 14時49分01秒 震度速報 14時49分01秒 不明 TBSテレビ 3年B組金八先生 14時48分30秒 震度速報 14時48分30秒 14時51分05秒 テレビ東京 スペシャル! 傑作選・一万円で大満足! 震災発生直後からの各方面の動き [ ] 地震動により先端が振られて曲がった東京タワーのアナログ放送専用アンテナ(2011年3月11日) 各局の対応の概要 [ ] と在京のテレビ・ラジオ各局は、地震発生直後にを順次編成。 その後は3月13日夜まで、ほぼを中心とした特別編成を組んだ。 レギュラーの報道番組も番組としての枠を外し、通常枠に近い時間帯の特別番組をキャスターやスタッフが担当して伝えるといった体裁が取られた。 またテレビと違い、独自制作の番組が元々多い被災地のラジオ局(、など)では、それぞれ自社制作による報道特別番組をメインにしながら、部分的に東京からの放送を挟み入れる形式が採られた。 NHKおよび民放各局は15時以降地震に関する(以下「報道特番」、本節において全て同じ)を放送し、系列 () 各局が12日23:55まで、系列()各局が14日16:53まで、ANN、TXN以外の局では14日早朝まで通常番組を原則休止した。 この間TXNを含めた民放各局はを一切入れずに臨時報道特番を放送し 、NHKでは地上波とBSのテレビ5波・ラジオ3波の全てを地震に関する報道にあてた。 が3月16日までに既存局の機材を利用するなどして、5つの自治体で放送を開始している。 NHKのテレビ放送では「」が参議院決算委員会を放送中だったが国会中継を打ち切り、14時48分17秒から 地上波・衛星放送のテレビ5波・ラジオ3波で地震・津波関連のニュースを開始。 (八波全中)・・・・(日本国外向け放送)が震災報道を放送し 、が震災報道または・を放送した。 総合テレビでは一部時間帯で各地のニュースや気象情報を間に入れた。 BS1では生活情報などの情報も放送した。 BS2・BShiおよびNHKワールド・プレミアムではをそのまま放送した。 なおこの参院決算委員会は災害時の非常事態による「暫時休憩」として、地震発生後の14時50分を持って打ち切られた。 NHKワールド・プレミアムでは発生以降、3月19日明け方までは通常のスクランブル配信を全面中止し、終日ノンスクランブル放送となった。 3月19日明け方からスクランブル配信を再開したものの、4月10日までは通常のノンスクランブル放送番組に限らず、総合テレビ・BS1のほとんどのニュース番組と震災関連の一部番組もノンスクランブル放送となった。 テレビ放送では地震発生から3日経過した14日から臨時報道特番の構成が緩和し、一部の情報番組とニュース番組のレギュラー番組が再開されたが、放送時間を拡大した特別版と緊急報道特番を組み合わせた構成の番組が主に放送され、・・・といったレギュラー番組の大多数が放送中止・繰り下げを継続していた が、15日未明から順次バラエティ・ドラマ・映画などのレギュラー番組も再開した。 の時と同様、NHK教育テレビを含めた全テレビ局が特別報道を行ったため、一部の地域では多くの人々が店などに殺到する事態も生じた。 ただ、大多数の店舗では倒壊した棚の対応に問われるなど、混乱の恐れが生じたため、レンタルビデオ店を臨時休業する店が非常に多かった。 新潟県内にある2つの放送局では隣県である福島県からの避難者向けに情報番組の放送を行っていた。 UX では系列局であるの協力を得て、3月22日から4月29日まで『』の録画放送を本放送終了から早朝にかけて行っていた。 NST では平日夕方16時45分から『福島テレビニュース』の番組名でダイジェスト放送を3月30日から4月8日まで行った(『』3月31日放送分より)。 CSニュース専門チャンネルではは3月12日0時から3月19日4時まで・・を無料放送とした。 も同様に3月14日4時までスカパー! ・スカパー! e2で無料放送を実施し 、その後も緊急報道特番などの一部の番組については同様に無料放送を実施した。 さらにも3月14日20時から4月1日4時まで、スカパー! ・スカパー! e2を無料放送とした。 その他、天気情報・交通情報を放送するは4月1日4時まで、天気情報を放送するは3月18日18時から3月27日18時まで、それぞれスカパー! を無料放送とした。 や等のテレビショッピングのチャンネルも本社やスタジオ自体が激震に見舞われ、放送を中止。 直後には字幕放送で地震情報を伝えた。 その後、ショップチャンネルは3月18日、QVCは3月23日に放送を再開している。 日本国外でも地元メディアが地震関連のニュースを大々的に報じている。 特にアメリカのでは「Disaster in the Pacific」 、では「Disaster in Japan」という特集を組んだ。 NHKのラジオ放送では、と(日本国外向け放送)は震災報道 、は外国語による震災報道を行った。 ラジオ第1は、インターネット上でのライブストリーミング放送も行っていた。 民放ラジオでは、在京5局で史上初のの放送が行われ、震災当日の18時台から翌日8時台まで毎時15分から約10分間『ラジオライフラインネットワーク』としてライフライン情報を伝えた のを始め、3月13日17時からインターネットサイマル配信サービス「」のエリア制限を緊急対応として解除し、全国で関東・関西地区の民放13局が聴取可能(3月25日10時以降は、この日から実用化試験配信を開始した中京地区の6局も聴取可能になり、計19局に)となった。 この緊急対応は、関西・中京地区の12局が3月31日で、関東地区の7局も4月11日で終了した。 4月28日からは「radiko. jp復興支援プロジェクト」として、特設サイト・スマートフォンアプリでIBC岩手放送・TBC東北放送・rfcラジオ福島、FM IWATE・Date FM・ふくしまFMの放送を2012年3月31日まで全国向けに配信。 民放局では、茨城県のが同日10時からUSTREAMでサイマル配信を行い 、宮城県のでは、3月15日からで、翌16日からは()で、それぞれサイマル配信を3月21日まで実施した。 ではradikoと並行して独自のインターネット中継(サイマル配信、音楽・CM等の権利関連部分や一部番組を除く)を行っている。 短波放送のは、同年3月15日から福島県の民放AM局、の放送を30分から2時間、第1放送とradikoで全国向けに放送する『rfcラジオ福島発〜がんばろう福島 がんばろう東北 がんばろう日本』を開始している。 はの携帯電話向けFM放送配信サービスの設備を活用し、東北6県と関東地方の一部 ・・ の民放FM局をパソコンやスマートフォンで無料聴取できる「東北地方太平洋沖地震支援サイト」を4月30日まで開設していた。 JFN系列では震災直後に東北ブロック向けのバックアップ用音声回線と、各局間の業務連絡に使用されているデータ通信用Bフレッツ回線が不通となり、復旧までバックアップの音声回線はISDN回線に切り替えて運用。 また東北地方のFM青森・FM岩手・Date fm・AFM・Rhythm Station・ふくしまFMの局舎では停電し、一部の中継局では停電・鉄塔の破損で停波。 電話・インターネット回線も一部で不通となったため、携帯電話やモバイル通信機器・ウェブメール等を使って業務連絡・取材を続けた。 またTOKYO FMとFM岩手は、釜石災害FM開設のために各種支援を行い、に釜石災害FMの送信アンテナを設置、総務省の許可を得て中継用無線機とTOKYO FMに割り当てられているの400MHz帯の中継用周波数を貸し出した。 岩手県、秋田県、宮城県、福島県、茨城県では、自治体がを開設し 、既存のも出力を増力して対応している。 また福島県では、いわゆる「電波の」を活用したとしてが7月20日より放送を開始し、2013年2月21日からはとしての恒久的な放送に移行した。 一方で、インフラの破断、建造物の倒壊、津波、液状化現象などが相次いだ茨城県と千葉県では、両県の被災状況が十分に報道されないことが問題となっていた。 関東キー局から発信された全国向け報道や、バラエティ番組などでの被災地支援企画の対象がいわゆる「東北3県」(福島県・宮城県・岩手県)に限定される傾向があり、関東キー局のもう1つの役割である「関東ローカル局」として役割を果たせていない・配慮不足との指摘もある。 千葉県では被災状況、復旧情報、利用可能な給水施設などの情報が県域であるで随時放送されたが、茨城県ではによる県単位のローカル放送(総合テレビ、FM放送)や地元ラジオ局(など)でしか把握できない状況となった(茨城県は関東広域圏1都6県に含まれるため、民放キー全5局の放送対象地域ではあるも、全国47都道府県で唯一、県域局がNHK以外に存在しない)。 茨城・千葉両県の報道が少ないことが原因となり、地震直後のの対象エリアに液状化現象の被災地であるはずの茨城県や千葉県・津波の被災地であるはずの茨城県や千葉県などが含まれる、茨城県や千葉県への支援物資輸送が東北3県に比べ軽視されるなど 、影響は広範囲に及んでいる。 計画停電の問題では、茨城県知事(当時)が政府及び東京電力に抗議文を送る事態にまで発展している。 被災と対応の動き [ ]• では発表直後から、各局では発生直後より放送予定番組をほぼ休止し、に差し替えて対応した。 テレビ東京系では12日23:55まで、テレビ朝日系では14日16:53まで、他の民放3系列の各局では早いところでも14日4:00までいずれもなし、早いところでも15日1:10まで一部CMをの公共広告差し替えで放送した。 災害対応のため、各局共番組内にL画面で最新情報を表示。 ではにL画面を表示し、枠内にを入れる措置。 通常編成復帰後も一部時間帯を除きL画面で対応。 また、デジタル放送のでは一部番組で実施している連動データ放送を休止した(以降段階的に再開)。 なお、各局で放送された報道特別番組はでテレビを視聴できない視聴者への配慮から、サービス(、など)にも同時配信された。 あまり報道特番を行わない独立局(前述の千葉テレビ放送など)も、関東地方の放送局を中心に発生直後から随時編成を開始。 地域に密着した情報を伝えた。 12日未明以降、順次通常放送に復帰している(L画面で災害情報を表示。 通常テレビショッピングや再放送を行う枠などで、計画停電や給水所などの情報を伝える報道特番を放送。 また、東北地方に系列局のないも報道特別番組を放送したが、12日深夜より一部通常番組の放送を再開している(随時報道特番、L画面で災害情報を表示)。 各局は14日より段階的に通常放送に復帰(随時報道特番を編成)。 また、テレビ東京系以外の民放各局も15日未明から段階的に通常放送を再開(随時報道特番を編成、L画面で災害情報を表示)。 において、アナログ放送の専用に不具合が発生し、映像の乱れを救済するため、電波の出力を落として放送( 、後日修理済み)。 大きな被害を免れた・地域でも、東京発のが放送された。 しかし、これらの地域でも津波の恐れがあったにも関わらず 、13日夜までほとんどのテレビ局ではローカル枠がなくなり、地域によって一時的な情報過疎に陥った。 こうした地域放送の役割は、都道府県域のやが事実上代行した。 これにより、被災しなかった地域でも緊急時におけるラジオの重要性が改めて認識される契機ともなった。 NHKは(計画停電)実施に伴い、5年間の取り組みの延長線上としてに協力するため、15日から5日連続で、と非常措置としてこれをしているについて午前0時から5時間放送を休止し、教育テレビについてはアナログのみならずデジタルの送信機も全国で電源を落とす措置を実施する事を決めた。 また18日までは状況を見つつ特別編成を実施していたが、教育・BS2共に19日より通常編成に復帰(BS2は終夜放送を再開)。 なお、教育テレビは震災報道と並行する形で、視聴者確保の観点から午前7-8時台と午後4-5時台の児童向けの番組については3月14日より通常通りの放送に戻したが、それ以外の教育・教養番組は引き続き18日まで休止し19日から再開した。 NHKが、震災が災害・安否情報を確認できるよう、にテレビを設置する事を発表。 同じくして、の番組を日本国内のに提供開始した事も発表。 日本国内在住のへの配慮から、当面はケーブルテレビ各局からの申し出により、正式契約しなくても番組提供に応じる方向。 3月17日• NAB 会長の(顧問)は会見で、震災被災地における地上デジタル完全移行について、予定通りの実施を目指す事を明言。 また、被災地への地デジ対応テレビの配布をに求めていく意向も表明。 が、計画停電に伴う節電に協力するためテレビ・ラジオ共7:30開始・21:30終了と1日の放送時間を大幅に短縮。 21:30から翌7:30まで10時間の放送休止の措置を実施。 JEITA が被災地にテレビ750台、400本、100台を送る事を発表。 JEITAが会員企業に提供を依頼し、各社の賛同を得ている。 - ・教育テレビ・・BS2が段階的に通常編成に復帰(随時、震災報道番組を編成)。 - の「ラジオNIKKEI」第2放送を、福島第1原発事故による電力不足への懸念を考慮し、省エネの一環としてまでの平日の放送を休止すると発表。 (その後にこの期間をまで延長、さらにには同年内いっぱいまで再延長された。 土・日曜はのため通常通り開局)• まで - NHK総合テレビにおける震災報道が発生当日の3月11日からの2週間で300時間以上となった。 - が東北地方太平洋沖地震による災害の公式名称を「東日本大震災」に決定。 これにより「東北関東大震災」の名称を用いてきたNHKもこれに従ったが、などと立ち上げた募金受付口座はこれより前に開設したため、相乗りしたなども含め口座名は「東北関東大震災」のままである。 - と Dpa が、被災地域において、によるを半年を目安として視聴できるよう特例を決定、即日実施。 - 総務省が、被害が大きかった東北地方の・・の3県での地上波のデジタル完全移行を、7月24日予定から最大1年延期することを発表。 のがこの日明らかにした。 なお、関東の・の2県での地上波のデジタル完全移行は、従来通り7月24日となる。 - 東北被災3県の民放12局(・・・・・・・・・・・)のらが総務省で地上デジタル放送の移行延期について総務省幹部らと意見交換。 各局共、7月24日の完全移行を予定通り進めるよう要望した。 - 日本政府はこの日、東北被災3県(岩手・宮城・福島)に限定し、7月24日の完全デジタル化に伴うアナログ放送の終了を最長1年間延期する特例をし、に提出した。 また、総務省が3県も含む被災世帯に簡易チューナーの無償提供などの支援策を発表。 以降 - テレビ東京は大震災に伴う節電策の一環として、に出演する男性がノーで出演。 同局では初の試み。 なお、同局では16日より全社員にを奨励している。 - 福島・宮城・岩手3県のNHK6局と民放12局の計18局(親局ベース)における完全地デジ化を最大1年間猶予する電波法の特例法が本会議にて全会一致により可決・成立。 - 日本政府はこの日、を。 - 総務省はこの日、福島・宮城・岩手3県の地上デジタル放送への最終的な完全移行を3月末とする方針を明らかにした。 - この日正午、福島・宮城・岩手3県を除く44都道府県においてアナログ放送終了。 同日24時までに停波。 - 福島・宮城・岩手3県のアナログ放送終了まであと100日となり、3県でデジタル移行を呼び掛けるイベントが行われた。 - 日経ラジオ社「ラジオNIKKEI」第2放送の平日の放送を再開。 2012年 - この日の正午、福島・宮城・岩手3県においてアナログ放送停波、同日24時までに停波。 これで日本全国でへ完全移行した。 番組編成への影響など [ ] 関連特番については「」を参照• 3月12日 - 18日• では関連報道の特別編成とし、『』、『』など、予定されていた全番組を終日休止した。 連続テレビ小説の有事報道による休止は1995年1月17日に発生したで『』が休止になって以来で、大河ドラマの休止は1989年1月7日にが崩御した際の翌8日放送予定だった『』第2話以来。 なお、19日以降段階的に通常番組を再開した。 地震発生直後は国際放送を含むすべてのチャンネルで地震関連のニュースを同時放送、その後総合テレビとBS1・BShi、教育テレビとBS2は同じ番組の内容を同時放送した。 また教育テレビとFMについてはの放送を行った。 - 19日• NHKの連続テレビ小説『てっぱん』について、総合テレビとBS2の放送は18日まで休止、では通常通り放送。 14日には12日分(第139話)と同日分(第140話)を連続して放送。 総合・BS2では19日より再開(同日に第139話を放送、以後1週遅れ)。 総合では、20日14時15分より16時まで(15時から15分間ニュースのため中断)6話分を再放送した。 再開最初の放送に当たる19日放送の『てっぱん』の番組冒頭において、主演のと祖母役のが震災の被災者にメッセージを送った。 これに伴い、次作品『』の放送開始日が、当初予定日であった28日から4月4日へと変更された。 NHK教育テレビ(BS2サイマル放送含む)は、引き続き教養・教育番組・・は休止したままだが、視聴者への配慮として7-9時と16-18時の幼児・小学生の児童向け番組のみ再開した。 また15日 - 19日には、いずれも0時から5時まで、省エネ運動に協力する観点から放送休止とし、電波送信を停止した。 NHKラジオ第2放送は13日8:00、BShiについては14日4:30から、それぞれ通常番組を放送再開。 テレビ朝日では、午前10時台の紀行番組『』(当時は関東地区・長野地区のみ)、13時台の料理番組『』(製作)と後続のトーク番組『』もそれぞれ14・15日は放送を休止したが、16日より再開(一部の内容を変更)。 では朝8時30分枠の生活情報ワイド番組『』を16日までJNN報道特別番組のため休止したが、17日より再開、17・18日は震災関連の特集を放送した。 では、正午枠のバラエティ番組『』を震災関連の特番を放送または『』の緊急枠拡大のため休止。 やを除き、5日間にわたる放送休止は番組開始以来初となった(日曜日の『』についても、3月13日は報道特別番組、20日も関連特番のため休止。 翌週21日より放送再開し、同日放送では冒頭で司会のが被災者へのお見舞いの言葉を述べた。 なお『いいとも! 』が同時ネットされている被災地の地元局である仙台放送は、21日からの一週間も震災生活情報を放送のため臨時にネット返上し、同じく被災地の地元局である福島テレビも21日に『』放送のため臨時にネット返上となった。 また、13時台前半のトーク番組『』、後半の『』(製作)も14日から18日まで1週間、震災関連の特番放送のため休止したが、いずれも21日より再開。 なお『さくら心中』は1週延長となり、次作品『』は開始予定が1週順延となり、4月11日からとなった。 NHK総合テレビ(BS1サイマルを含む)とラジオ第1・FM放送は部分的に定時番組を再開。 教育テレビとBS2は全面的に通常放送を再開。 NHKは『』()を総合・教育で例年通り中継。 東北と関東では、電力事情を考慮し、震災関連情報放送のため16時で終了。 但し、第3試合が東北と関東の出場校の試合で16時以降も続行の場合は延長して放送した。 また、東北地方は教育テレビで放送し、甲信越地区は16時55分で終了。 震災報道の影響により、レギュラー番組出演者の交代などを含めたNHK総合テレビの新年度(平成23年度)放送番組編成について、当初予定の3月28日からこの日に一週間繰り下げて開始。 NHK総合テレビにおける平日夕方のニュース番組が東北地方6県を除く地域で放送再開。 東北地方では18時30分から東北地方向けのニュース、18時45分からは各地のニュースを放送する編成が5月6日まで実施された。 - NHK総合テレビでは、期間限定番組『震災に負けない 』『震災に負けない 』が放送を開始。 ・・・のリレーニュースを、通常『ゆうどきネットワーク』が放送されていない平日18時10分から18時30分に放送(13日から6月10日まで実施)。 なお『ゆうどき〜』は6月13日より『震災に負けない』の併記を外し、通常版に復帰(近畿地区での17時台の放送は5月20日で終了し、翌週23日より『』のレギュラー放送を再開。 - 特別報道態勢のため放送を休止していたNHK総合テレビ『』(関東甲信越地方向け)が2ヶ月ぶりに放送再開。 この日は特集として『大震災を乗り越えて 〜茨城の生産者たち〜』を放送。 司会を務める俳優のがを訪れ、生産者達の現状を追った。 - NHK総合テレビ(東北6県)でこの日20時より地域向け新番組『』が放送開始、第1回は『ちゃっこい浜に津波がきた〜女川 野ヶ浜の家族たち〜』を放送。 以後も被災地の現状を伝えるドキュメントなどを放送。 ・ - 震災から9月11日で半年となるのに合わせて、NHK、民放各局では震災関連特番を編成。 NHK総合テレビでは震災や関連の特番や『』の拡大版(岩手県、11日)などを編成した。 - 後初めて、の内部が報道陣に公開され、各局が夕方および夜のニュース番組にて、発電所内や周辺の現状を伝えたほか、所長(当時)へのインタビュー等も行われた。 テレビCM [ ] テレビ各局は前述の通り、3月11日の地震発生直後から臨時ニュースや報道特別番組の放送を始め、それにあたりテレビは長時間にわたって放送が中止された。 CM総合研究所によると、在京民放キー局においては3月11日の14時50分31秒から日本テレビで「BODY COOLER」のCMが放送されて以降、翌12日の23時56分にテレビ東京で再開されるまで、約33時間にわたってCMが一切放送されなかった。 テレビ朝日においてはCMなしの放送が最も長く、14日の17時03分まで約74時間に及びCMが放送されなかった。 そのほかの民放キー局におけるCMを挟まない放送は、TBSで62時間、日本テレビとフジテレビで61時間続いた。 これに伴いCMの本数は激減した。 CM総合研究所によると、地震前のCMの本数は1日あたり約4,000本(作品数は約500社・約1,000作品)だったが、地震翌日の3月12日には54本(19社・30作品)に減り、1日の本数が4,000本台に回復したのは3月15日であったという。 報道特番が終わりCM枠が復帰してからも、 など一部の例外を除き、多くの企業が震災を受けてCM放送を自粛した。 そのためCM枠に大量の空きが生じ、それらを埋めるためにの公共広告のうち『』を含む数パターン(10種類を下回る)のみが頻繁に且つ繰り返し放送された。 このような大量放送の中、全国の視聴者からACジャパンへの問い合わせ・クレームが殺到し、ACジャパンは3月16日、「視聴者に不快な思いをさせた」としてお詫びの文章を発表することになった。 その一方、CM総合研究所調べによるCM好感度ランキング(半月ごとの集計)において、ACジャパンは2011年3月度後期から3期連続で首位を獲得している。 CM放送の大規模な自粛は、震災以降日本国内に広まった一連の「自粛ムード」に関連する一つの現象ととらえられており、CM総合研究所の関根建男代表は「わが社を愛してくださいというアピールであるCMを、消費者が受け止める環境ではないと企業が考えた」と述べている。 また、有事の際にCM放送を自粛する現象は日本において過去にも発生しているが(昭和天皇崩御時や阪神・淡路大震災発生時)、世界的に見られるものではなく、この現象について日本国外の報道機関から「これは、日本のカルチャーか? 」という問い合わせがACジャパンに寄せられたという(ACジャパン・草川衛専務理事による)。 企業のCM自粛により、テレビCMの料を収入とするテレビ局は打撃を受けた。 テレビ朝日社長のは、「ノーCMによる減収は、10億円台の後半くらいになると思う」と語っている。 一方、TBSテレビ社長の石原俊爾やテレビ東京社長ののように、CM自粛が年度末におけるわずかな期間であったことを理由に、「2010年度の決算への打撃は大きなものではない」と考える経営者もいる。 また、広告により収入を得ている企業自身への打撃も報じられている。 たとえば、は2011年1月 - 3月期の連結決算において、CM自粛により27億円の特別損害が生じている。 「」も参照 提供クレジット [ ] についてTBSテレビはスポンサーが少ない場合は提供クレジットの時間短縮と多少の本編拡大。 TBSテレビやテレビ朝日などでは本来の時間帯で予定したスポンサー全社が提供クレジットを自粛の場合はその部分をなくし本編を少し拡大した。 震災に係るテレビ局・番組関係のその他の動き [ ] 日本放送協会(NHK) [ ]• 東北地方では、2011年5月下旬まで通常番組の一部を休止し、震災関連のニュースや、東北情報を放送した。 また6月以降も『被災地からの声』を随時放送。 6月からは震災前の番組が徐々に再開し始め、平日昼前に放送されている東北地方向けの地域情報番組『』が6月6日から再開。 「つながろう東北」というサブタイトルが新たに付けられて、被災者向けの生活情報を中心に伝えている。 関東地方の総合テレビでは、各地のライフライン情報や被災地情報は『』の広域版ではなく、ローカルやローカルという様に県単位で放送されている。 では、金曜夜の地域情報番組『』で2011年3月18日の放送から「震災プロジェクト」のシリーズを定期的に放送。 東北地方太平洋沖地震ならびにの適用区域に限り、放送受信契約によるを3月から8月までの6か月間免除する事を決定した。 これに伴う世帯や事業所の受信料免除や解約などにより、2011年度の受信料収入が50〜60億円減となるとの見通しになる事を、会長が7月7日の定例会見で明らかにした。 福島県での『』(3月12日・13日)の公開中止 をはじめ、3月12日に・で予定していたお笑いコンテスト番組『「第1回チャンピオン大会」』の収録中止(その後、7月4日に・ので収録、23日に放送)など、以降も各種イベントに変更が生じた。 の子供番組『』は震災後、約1か月間子供を入れたスタジオ収録を中止し、おねえさん・おにいさんと着ぐるみキャラクターのみで収録を行った。 そのため4月4日から30日までは子供がスタジオに登場しない特別構成の形で放送された。 Eテレで放送している科学情報番組『』ではを受けて2011年9月以降、月1回ペースで『シリーズ 原発事故』と題した特集を放送し、原発事故や、の・などへの影響、除染について等の解説を行っている。 2012年1月7日より総合テレビにて、震災当時の状況を綴るドキュメンタリー『』を放送しているほか、1月より毎月最終日曜日に長編ドキュメンタリーを放送している。 2012年• 3月3日 - 11日のは「3. 11 あの日から1年」と題し連続放送を行った。 2012年3月3日 - 11日のNHKスペシャル 放送日 タイトル 放送時間 3月3日 原発事故 100時間の記録 21:00 - 21:58 3月4日 映像全記録3. 11 〜あの日を忘れない〜 21:00 - 22:00 3月5日 38分間〜巨大津波 いのちの記録〜 22:00 - 22:50 3月6日 気仙沼 人情商店街 3月7日 仮設住宅の冬〜いのちと向き合う日々〜 3月8日 調査報告 原発マネー〜"3兆円"は地域をどう変えたのか〜 3月9日 南相馬 原発最前線の街で生きる 22:00 - 23:00 3月10日 もっと高いところへ〜高台移転 南三陸町の苦闘〜 21:00 - 22:15 3月11日 "同日同時刻"生中継 被災地の夜• 3月10日・3月11日は午後〜夜間の総合テレビを中心にして被災地各地からの生中継や関連のドキュメンタリー・音楽チャリティーコンサートを軸とした長時間特番『』を放送、メインキャスターはNHKアナウンサー、が務めた。 Eテレでは3月11日、16時より『シンサイミライ学校 いのちを守る特別授業』(制作)と題した特番を放送、教授による特別授業の模様を放送し、また21時より『』を「つながれ心 つながれ力 仙台フィルハーモニー管弦楽団」と題し、の活動の様子を放送した。 以降『』『』など、震災復興を題材にした数多くの定時番組の放送を開始している。 2013年• 3月4日・11日の『』では、岩手県釜石市と大槌町を訪問する(ゲストは)。 Eテレでは3月11日、『』は「福島・放送部2年間の思い」を放送する。 2014年• 3月3日・17日 の『鶴瓶の家族に乾杯』では、福島県いわき市を訪問する(ゲストは高橋尚子)。 3月11日の特別編成は以下のとおり。 『あさイチ』は「10代が見つめてきた震災3年 それぞれの春」をメインコーナーで放送。 10:15には「いつか来る日のために「証言記録スペシャル まだ先が見えない」」を放送。 13:05には『』、『』を休止し、『こころフォトスペシャル"幸せ"はどこに』を放送。 地震発生時刻に放送される『』は東日本大震災の内容を中心に15:35まで放送。 は東日本大震災の内容を中心に20:00まで放送(『』は休止)。 20:00には『』を休止し、『』を放送。 22:00には『』を休止し、特集ドラマ『』を放送。 Eテレの『』は「東日本大震災から3年 福島の高校生卒業スペシャル」(取材対象は)を放送。 3月19日は22:00 - 22:50に『3. 11万葉集〜詠み人知らずたちの大震災〜』を放送。 2015年• 2月23日・3月2日の『鶴瓶の家族に乾杯』では、宮城県を訪問する(ゲストは)。 歌声のチカラ〜と90人の合唱団〜」 、「頑張るよりしょうがねえ 〜福島 南相馬・ゆれる介護現場で〜」 を放送。 3月7日 - 3月11日のNHKスペシャルは震災から4年を迎えるに当たり、関連番組を連続放送した(タイトル及び放送時間は下表を参照)。 4 いのちの防災地図〜巨大災害から生き残るために〜 20:00 - 20:43 3月11日 "あの日の映像"と生きる 22:00 - 22:49• 3月9日は19:30 - 20:45に『』を放送。 3月10日は22:00 - 23:14に特集ドラマ『』(主演:)を放送。 3月11日の特別編成は以下のとおり(下表を参照)。 12:20 - 12:45 被災地からの声「岩手県・」 13:05 - 13:55 こころフォトスペシャル「5回目の春 返らぬ日々を胸に」 翌12日の22:00 - 22:50にも再放送。 14:05 - 15:35 情報まるごと 番組内で「東日本大震災四周年追悼式」(於:国立劇場)の模様を生中継。 18:55 - 19:25 Rの法則「震災・高校生が伝えたいこと〜岩手・宮古3高校〜」 写真部、放送部、機械科(津波模型班)の活動を紹介。 19:00 - 20:00 NHKニュース7 通常より30分拡大。 20:00 - 20:43 クローズアップ現代「震災4年 福島避難者 それぞれの決断」 通常より30分繰り下げ、13分拡大。 3月14日は『浅田真央 被災地への旅』を放送。 2016年• 2月15日・22日の『鶴瓶の家族に乾杯』では、福島県を訪問する(ゲストは)。 2月27日から3月12日まで、枠を使用して、特集ドラマ『』(主演:)を放送。 2月28日・3月6日の『』(Eテレ)では、「震災」をテーマにして放送する。 3月2日、9日の『』は、『爆笑問題、陸前高田を行く』を放送。 3月5日は『未来への手紙2016〜あれから5年たちました〜』を放送する。 ナレーターは。 3月5日 - 3月13日のNHKスペシャルは震災から5年を迎えるに当たり、関連番組を連続放送(タイトル及び放送時間は下表を参照)。 2016年3月5日 - 13日のNHKスペシャル 放送日 タイトル 放送時間 3月5日 原発事故・あの時 人はどう動いたのか 21:00 - 21:50 3月6日 被曝の森はいま 21:00 - 22:00 (3月7日はサッカーアジア最終予選 対を放送のため休止) 3月8日 ゼロから町をつくる〜陸前高田・空前の巨大プロジェクト〜 22:00 - 22:50 (3月9日はサッカーリオデジャネイロオリンピックアジア最終予選 日本対を放送のため休止) 3月10日 風の電話〜残された人々の声〜 22:00 - 22:50 3月11日 私を襲った津波〜その時 何が起きたのか〜 20:00 - 20:45 3月12日 "26兆円"復興はどれだけ進んだか 21:15 - 22:15 3月13日 シリーズ・メルトダウン 危機の88時間 21:00 - 22:30• 3月10日の『Rの法則』(Eテレ)は「震災から5年、彼らのいま」と題し、かつて番組で取材したの生徒たちにスポットを当てる(ゲストは)。 3月11日の特別編成は以下のとおり(下表を参照)。 10:15 - 11:00 いつか来る日のために 「証言記録スペシャル 心の復興をめざして」 12:20 - 12:45 特集 明日へ つなげよう 第1部 宮城県名取市閖上から生中継。 進行役はと、 『』は休止。 13:05 - 16:00 特集 明日へ つなげよう 第2部 途中、2回放送による中断あり。 『』『』は休止。 番組内で「東日本大震災五周年追悼式」(於:国立劇場)の模様を生中継。 16:00 - 16:50 こころフォトスペシャル「家族と過ごした風景」 19:00 - 20:00 NHKニュース7 通常より30分拡大。 『特報首都圏』は休止。 3月12日は19:30 - 21:00に『』を放送。 3月13日のNHKのど自慢(福島県から放送)は12:15 - 13:30まで時間を拡大。 スペシャルMCに香取慎吾(SMAP)、綾瀬はるかがスペシャルゲストとして出演(歌のゲストはと)。 3月19日は「」(Eテレ)を放送。 2017年• 3月6日の「Rの法則」は、生放送で「高校生が向き合った震災」と題し、前年夏に被災地を訪問するに参加した高校生を紹介する(ゲストは)。 3月7日の「」は、「東北に届け! 春を告げる歌の花束スペシャル」と題し、通常より28分拡大して放送。 3月5日 - 3月12日のNHKスペシャルは震災から6年を迎えるに当たり、関連番組を連続放送(タイトル及び放送時間は下表を参照)。 2017年3月5日 - 12日のNHKスペシャル 放送日 タイトル 放送時間 3月5日 あの日 引き波が…行方不明者2555人 21:00 - 21:50 3月10日 15歳、故郷への旅〜福島の子供たちの一時帰宅〜 22:00 - 22:50 3月11日 シリーズ東日本大震災 "仮設6年"は問いかける〜ポスト3. 11 求められる大転換〜(仮) 20:00 - 20:45 シリーズ東日本大震災 帰還〜原発事故6年 福島で何が…〜(仮) 21:00 - 21:49 3月12日 シリーズ・メルトダウン 運命の1号機 冷却の死角(仮) 21:00 - 21:49• 3月11日の特別編成は以下のとおり(下表を参照)。 2017年3月11日のNHKの特別編成(Eテレを含み、NHKスペシャルを除く) 放送時間 タイトル 備考 1:35 - 2:48 (3月10日25:35 - 26:48) UTAKKO BURUME〜ミナサンロック〜 東北地区では前年11月4日19:30 - 20:43に放送。 9:28 - 10:42 バスで! 列車で! 10:42 - 11:30 こころフォトスペシャル 「あの日から6年…今伝えたいこと」 11:30 - 11:54 「旅立ち あの日を越えて〜震災遺児たちの6年〜」 13:50 - 17:29 特集 明日へ つなげよう 第1部 途中、NHKニュース放送による中断あり。 番組内で「東日本大震災六周年追悼式」(於:国立劇場)の模様を生中継。 『』および『Jリーグ中継』は休止。 17:30 - 18:00 「この地で 家族とともに 震災6年の再出発」 番組としての最終回。 19:00 - 20:00 NHKニュース7 通常より30分拡大。 『』は休止。 22:20 - 22:50 「日本を勇気づけた名曲SP」• 3月13日の『鶴瓶の家族に乾杯』では、宮城県東松島市を訪問する(ゲストは)。 2018年• 3月5日の『鶴瓶の家族に乾杯』では、宮城県を訪問する(ゲストは)• 3月5日-7日の「」は、震災から7年に関する特集を放送。 3月8日の『Rの法則』は、「震災から7年 ・が福島へ」と題し、石井が2015年にドラマ『LIVE! LOVE! SING! 〜生きて愛して歌うこと〜』の撮影で訪れた浪江町と南相馬市の変化や、二本松市で避難生活を送る中学生の様子を紹介する(ゲストは石井と)。 3月4日 - 3月11日のNHKスペシャルは震災から7年を迎えるに当たり、関連番組を連続放送(タイトル及び放送時間は下表を参照)。 3月10日は以下の番組を放送(下表を参照)。 23:25 - 23:58 津波ピアノ~坂本龍一と東北の7年~• 3月11日の特別編成は以下のとおり(下表を参照)。 2018年3月11日のNHKの特別編成(Eテレを含み、NHKスペシャルを除く) 放送時間 タイトル 備考 1:45 - 3:00 (3月10日25:45 - 27:00) さよならガレキ ようこそビキニ ~あの日から7年目の七ヶ浜~ 東北ブロックでは前年9月29日19:30 - 20:43に放送。 7:50 - 8:00 明日へ つなげようプロローグ 全体の進行役は畠山智之、寺門亜依子両アナウンサーと篠山輝信。 ゲストは、、、、&。 『』は休止。 9:00 - 10:00 「東日本大震災7年 復興は今…」 10:05 - 11:54 特集 明日へ つなげよう 第1部 福島編「"通い"でふるさととつながる」 とアナウンサーが中継出演。 12:15 - 13:00 NHKのど自慢 宮城県から生放送。 ゲストはと。 13:05 - 15:30頃 特集 明日へ つなげよう 第2部 宮城編「人形が紡ぐ新しい絆」 マギー審司と小野文惠アナウンサーが中継出演。 14:40頃 - 15:30頃に「東日本大震災七周年追悼式」(於:国立劇場)の模様を生中継。 15:35 - 17:00 特集 明日へ つなげよう 第3部 岩手編「よみがえれ"青春列車"」 と、両アナウンサーが中継出演。 18:30 - 18:54 ・選 「の」 2017年3月13日放送分(第277回)の再放送。 19:00 - 20:00 NHKニュース7 通常より30分拡大。 (週末及び祝日担当)と(平日担当)両アナウンサーが出演。 『』は休止。 23:20 - 翌0:20 311246 大切なものは何ですか 2019年• 3月4日の『鶴瓶の家族に乾杯』では、岩手県釜石市を訪問する(ゲストは選手の)。 3月8日の『』は、「映像記録 首都圏3. 11 震災8年目の防災は」、同日の22:00 - 22:43に『2画面ドキュメンタリー「無人の町から8年〜福島県浪江町〜」』をそれぞれ放送。 3月9日は16:20 - 17:10に『いつか来る日のために 証言記録スペシャル「わがことにするには」』、17:10 - 17:53に『こころフォトスペシャル「あの日から8年 いま誓うこと」』、20:15 - 20:45に『みちのく冬物語スペシャル』をそれぞれ放送。 3月3日 - 3月16日のNHKスペシャルは震災から8年を迎えるに当たり、関連番組を連続放送(タイトル及び放送時間は下表を参照)。 2019年3月3日 - 16日のNHKスペシャル 放送日 タイトル 放送時間 3月3日 "黒い津波" 知られざる実像 21:00 - 21:49 3月9日 崖っぷちでもがんばっぺ〜おかみと社長の奮闘記 21:00 - 21:49 3月10日 シリーズ東日本大震災 終の住みかと言うけれど… 〜取り残される被災者〜 21:00 - 21:49 3月11日 "震災タイムカプセル" ~拝啓 二十歳の自分へ 20:00 - 20:43 3月16日 廃炉への道2019 核燃料デブリ 取り出しへの壁(仮) 21:00 - 21:49• 3月10日は以下の番組を放送(下表を参照)。 2019年3月10日のNHKの東日本大震災関連の編成(Eテレを含み、NHKスペシャルを除く) 放送時間 タイトル 備考 0:00 - 0:50 (9日24:00 - 24:50) 未来塾特別編 「と高校生と被災地のリアルと」 7:45 - 8:00 特集 明日へ つなげよう 〜東日本大震災から8年〜「プロローグ」 篠山輝信とアナウンサーが司会を担当。 ゲストは、、。 『さわやか自然百景』は休止 9:00 - 10:00 日曜討論 「東日本大震災8年 復興は今…」 10:05 - 11:54 特集 明日へ つなげよう 〜東日本大震災から8年〜第1部 「東北のいま」 サンドウィッチマン、合原明子、畠山智史両アナウンサーが全体の総合司会を担当。 岩手県釜石市、宮城県気仙沼市、福島県と3元中継。 ゲストは、()。 リポーターは、、。 12:15 - 13:30 NHKのど自慢 宮城県気仙沼市より公開生放送。 通常より30分拡大。 ゲストは、、。 13:30 - 15:00 特集 明日へ つなげよう 〜東日本大震災から8年〜第2部 「大切な命を守るために」 の被災地、岡山県、の被災地、大阪府と2元中継。 ゲストは、。 3月11日の特別編成は以下のとおり(下表を参照)。 2019年3月11日のNHKの特別編成(NHKスペシャルを除く。 Eテレは編成なし ) 放送時間 タイトル 備考 2:25- 3:14 (3月10日26:25 - 27:14) 被災地からの声 「福島県大熊町」、「首都圏編」 「首都圏編」は2:50から放送。 8:15 - 9:55 あさイチ 「大事だから体験してみました。 そして驚きでした…避難所」 ゲストは、足立梨花。 12:20 - 12:45 「復興を応援! フラダンスに海の幸〜福島 」 13:00 - 16:00 特集 震災から8年 ゲストは、。 14:40頃 - 15:30頃に「東日本大震災八周年追悼式」(於:国立劇場)の模様を生中継。 19:00 - 20:00 NHKニュース7 通常より30分拡大。 『鶴瓶の家族に乾杯』は休止。 22:25 - 23:10 震災ドキュメンタリー「あの日の星空」 (制作) 『』は休止。 5月12日の『明日へ つなげよう』は、『未来への手紙2019〜あれから8年たちました〜』を放送する。 ナレーターは。 2020年• 2月15日の『』は、「三陸リアス~鉄道がつないだ三陸の夢とは?~」を放送。 3月6日の『首都圏情報 ネタドリ! 』は、「首都直下地震 あなたのマンションの備えは? 」を放送。 3月8日は13:05 - 13:55に『いつか来る日のために 証言記録スペシャル「災害から子供の心を守る」』、14:00 - 15:00に『死者ゼロを目指せ・災害時のメディア連携』(フジテレビ、ヤフージャパンとの共同企画)をそれぞれ放送。 3月9日の『鶴瓶の家族に乾杯』では、宮城県を訪問する(ゲストは())。 3月7日 - 3月15日のNHKスペシャルは震災から9年を迎えるに当たり、関連番組を連続放送(タイトル及び放送時間は下表を参照)。 2020年3月7日 - 15日のNHKスペシャル 放送日 タイトル 放送時間 3月7日 東日本大震災 40m巨大津波の謎に迫る 21:00 - 21:50 3月8日 40人の死は問いかける〜大槌町"役場被災"の真実〜 21:00 - 21:50 3月11日 シリーズ東日本大震災 "復興ハイウェー"変貌する被災地 20:00 - 20:55 3月14日 "奇跡"の子と呼ばれて 〜釜石 小中学生の震災9年〜 21:00 - 21:50 3月15日 メルトダウンZERO 〜浮かび上がる事故への"分岐点"〜 21:00 - 21:50• 3月7日の『明日へ つなげよう』は以下の番組を放送(下表を参照)。 3月11日の特別編成は以下のとおり(下表を参照)。 2020年3月11日のNHKの特別編成(Eテレを含み 、NHKスペシャルを除く) 放送時間 タイトル 備考 4:00- 4:01 綾瀬はるかのふくしまに恋して 「高校生がつくる自分の町の物語(将来の夢編)」 8:15 - 9:55 あさイチ 「震災9年・アッキーの東北旅」 ゲストは、はるな愛。 13:00 - 16:00 ごごナマ 特集 東日本大震災から9年 ゲストは、(AKB48 、 )。 「東日本大震災九周年追悼式」(於:国立劇場)は感染拡大の影響を鑑み、中止となったため、で行われた献花式の模様を中継した。 19:00 - 20:00 NHKニュース7 通常より30分拡大。 ゲストにを迎えて被災地の現状を伝える。 『』は休止。 『』では、2011年3月21日未明(20日深夜)以降、定期的に「3・11大震災 シリーズ」を放送。 やなど過去の震災に関連したも企画も放送している。 報道プロジェクト特番『』では、2011年3月21日の放送を震災関連中心の構成に変更。 2011年度は主に震災関連に内容を特化して放送した。 『』では、2011年4月24日の放送で、番組内の企画「」の所在地がである事を公表。 事故が起きたから半径20〜30キロメートル圏内にあるため、浪江町が屋内退避区域に指定された 影響で、ら村人や、村で生活していた動物が避難する模様を紹介した。 出演者ののメンバーが村への思いを語る企画や、村人の避難先を激励する様子なども放送した。 2011年9月11日の放送では、DASH村で行ったによる除去のの模様を紹介。 震災から1年となる2012年3月11日には『ザ! DASH!! DASH村3・11特別編』と題し、生放送による2時間特番を放送。 福島県からの生中継をはじめ、DASH村の除染実験の経過報告 、TOKIOメンバーの被災地訪問ドキュメントなどが放送された。 「」も参照• ドキュメンタリー番組『』では、2011年7月31日に「143日〜テレビディレクターが見つめた東日本大震災」を放送したのを皮切りに(同年12月17日には「282日〜」として放送。 2012年3月10日には「365日〜」として放送)、「海から見た大震災」(2011年9月18日)など、震災関連の企画を放送している(放送日は日本テレビを基準)。 読売テレビ制作の『』では、司会のが被災地に赴き、現地からの生放送を数回行っている。 2011年の『』枠で放送された特別番組『』では、福島第一原発事故による発生時のにおける(当時)らの危機対応について、ドキュメンタリードラマ化した。 2012年• 3月6日は、特別ドキュメンタリードラマ『』を放送。 震災1周年となる3月11日には、NNN報道特別番組『』 を生放送。 当日は『』、『』、『』の3番組合同で被災地からの生中継を中心に構成。 福島第一原発事故におけるの一部始終の再現ドキュメンタリードラマ『全電源喪失〜ステーションブラックアウト〜』も放送した。 2013年• 震災2周年となる3月11日は、『』(制作)で「震災2年『被災地のいま』 -めぐる、刻む 午後2時46分-」 と題して放送した。 また、『news every. 』は開始時刻を15:55に繰り上げ、深夜の『』も30分拡大した。 2014年• 震災3周年となる3月11日は、『ミヤネ屋』で「震災3年『被災地のいま』 - それでも前へ それでも明日へ -」 と題し、福島県双葉郡富岡町から生中継した(地上波のみの放送に変更された)。 続く『news every. 』では「3. 11 news every. 特別版」として通常では設けられていない第4部も別途放送(19:56まで放送時間を拡大〈通常放送している『』は休止〉)し、深夜の『』も30分拡大で放送した。 3月7日は特別番組『夢に描くキセキ 3. 11を乗り越えて』(、、共同制作)を放送。 2015年• 震災4周年となる3月11日は『ミヤネ屋』で震災関連の特集を福島中央テレビから全編生放送した(ミヤギテレビのみ14:55以降のネットを返上し、『この道の先に…〜宮城・震災4年〜』を放送)。 ただし、今回は前回同様地上波のみの放送ではあるが、前回までとは異なり、ミヤギテレビのみ自社制作の報道特番への差し替えのため、14:55以降のネットを返上する。 続く『news every. 』も福島県富岡町からの生中継で放送した。 テレビ岩手は『報道特別番組 伝えたい 被災地のいま 〜東日本大震災から4年〜』を放送。 深夜の『NEWS ZERO』は通常より15分拡大で放送した。 2016年• 震災5年となる3月11日は『ミヤネ屋』で『東日本大震災5年 復興の現在地〜失って得たモノ〜』と題し、前年までと同じく震災関連の特集を放送。 『news every. 』は金曜日ではあるが、臨時に月 - 木曜日と同様の枠切りによる3部制での放送 (通常放送している『』と『』は休止)を行い、『NEWS ZERO』は10分拡大した。 系列局のでは、『特別版 あの日から5年、未来へ』を放送した。 系列局のでは、『 特別版 あれから5年 そして未来へ…』を放送した。 2017年• 震災6年となる3月11日は、13:30 - 15:00に『NNN news every. 特別版 震災6年…未来への、キオク』を同日放送の『news every. サタデー』の通常放送とは別に放送した。 系列局の福島中央テレビでは、『ゴジてれChu! 特別版「東日本大震災6年〜未来へツナグ ストーリー〜」』を放送した。 系列局のミヤギテレビでは、『ミヤギテレビ報道特別番組 震災から6年 新たな出発』を放送した。 2018年• 震災7年となる3月11日は、『news every. 』は通常放送がない日曜日ではあるが、13:15 - 15:00(NNN枠は13:30 - 15:00)に『NNN news every. 特別版 東日本大震災から7年 災害の新常識』を放送。 2019年• 震災8年となる3月11日は『ミヤネ屋』で、一部震災関連の特集を放送した。 2020年• 震災9年となる3月11日は『ミヤネ屋』で、一部震災関連の特集を被災地である宮城県と福島県の中継を交えて放送予定。 ZIP! [ ]• 2011年4月の番組開始当初は7時台で震災で被災した地域が復興に向け、希望を取り戻す姿を扱うコーナー「HOPE 311」を放送した。 また、震災発生日の3月11日を含む週では、震災に関する特集を放送するほか、3月11日当日はエンディングで番組のテーマ曲『』()に乗せて被災地からのメッセージを放送している (放送が平日の場合のみ )が、関連特集の取材に女性司会者(初代: 、2代目: 、3代目: )は参加していなかったが、2019年4月から(日本テレビアナウンサー)が4代目総合司会に就任したことにより、被災地への取材が可能になっている。 また、期間中CM前ので「東北からZIP! 」と題し、被災地の市民 の声を連日放送している。 2014年• 3月10日 - 11日の2日間に渡り総合司会の(日本テレビアナウンサー)と、月曜メインパーソナリティーである(当時TOKIO) が を利用して、宮城県気仙沼市、岩手県大船渡市、陸前高田市の、、小石浜漁港を訪れた。 なお、山口は11日の放送にも7時台から出演した。 3月11日放送では火曜メインパーソナリティーの()が宮城県南三陸町を訪れ、2010年度卒業生 との交流を深めた。 この時(EXILE)がサプライズゲストとして出演し、代表曲である『』を卒業生とともに合唱した (通常放送している「HATE-NAVI」と「CNM weekly」は休止)。 2015年• 3月9日 - 11日の3日間に渡り7時台のニュースコーナー「UPDATE」内で総合司会の桝太一(日本テレビアナウンサー)と、月曜と水曜のメインパーソナリティーである山口達也(当時TOKIO)が前年4月に全線開通したに乗車し、岩手県大船渡市、釜石市を訪れ、復興へ向けての現状をリポートした(11日は通常放送している「なーるほどマスカレッジ」を休止)。 2016年• 3月9日放送では「なーるほどマスカレッジ」を特別編としてコーナーの時間を拡大して放送(通常放送している「HATE-NAVI」は休止)。 総合司会の桝太一(日本テレビアナウンサー)と、水曜メインパーナリティーである山口達也(TOKIO)が前年7月に開業したと宮城県女川市の竹浦漁港 を訪れ、震災を乗り越えた海の生物(、、)をリポート。 総合司会の桝太一(日本テレビアナウンサー)が埼玉県在住の男女4人の小学生とともに宮城県石巻市 と岩手県陸前高田市 を訪れ、被災地の震災発生当時と現状を比較したリポートを行った (通常放送している「COMMING SOON」は休止した)。 2017年• 3月10日放送では6時台の「アレナニ?」で非常食の管理について解説したほか、「ZIP! MAPPING」では岩手県宮古市の様子を紹介(レポートは(テレビ岩手アナウンサー))。 7時台のニュースコーナー「UPDATE」では、福島県浪江町での取材を放送した。 2018年• 3月12日放送では6時台の「アレナニ?」で福島県から東京都へ避難している被災者の生活についてのレポートのほかに、7時台のニュースコーナー「UPDATE」で発生日当日である11日に(日本テレビアナウンサー)が宮城県南三陸町を訪れ、親が子供に震災の記憶をどう伝えているかをレポートした様子を紹介した。 2019年• 3月11日放送では7時台のニュースコーナー「UPDATE」内で総合司会の桝太一(日本テレビアナウンサー)が福島県を訪れ、震災の影響で一時的に離れたものの、再び戻ってきた県内の中高生に会い、故郷に対する思いなどをレポートした模様を放送した。 2020年• 3月10日放送では7時台の「ZIP! 特集」で、宮城県仙台市と静岡県で取り組んでいる防災対策をレポートした模様を放送した。 3月11日放送では7時台の「ZIP! 特集」で「復興が進まぬ東北の漁業」と題し、総合司会の桝太一(日本テレビアナウンサー)が宮城県石巻市を訪れ、市が取り組んでいる『担い手プロジェクト』の様子をレポートした模様を放送。 テレビ朝日系列 ANN [ ]• ANN系列24局では2011年5月31日よりのにて、東日本大震災関連情報の提供を行っている。 ANN各局制作のドキュメンタリー番組『』では、震災関連作品を「"3. 11"を忘れない」と題したシリーズで放送。 これまでに『続・〜津波と歩んだ人生〜』(岩手朝日テレビ制作)、『家族を見つけたい〜原発30km圏内の捜索〜』(福島放送制作 )、『津波を撮ったカメラマン 〜生と死を見つめた49日間〜』(東日本放送制作 )などを放送。 また2011年12月28日・29日午前(関東地区)に『テレメンタリー年末スペシャル 3・11をわすれない』と題した特番が2日連続で放送された。 (ABC,現:)製作のアニメ「」(制作)は、「震災の辛さを乗り越えるために、毎日笑顔でいられるように」との願いを込めて、翌2012年の番組名を「スマイルとハッピー」がテーマの『』とした。 また、震災当時に放送されていた『』でも、各キャラクターからの応援メッセージが制作された()。 2012年1月1日(2011年12月31日深夜)放送の『 元日スペシャル』では「激論!"福島で考えよう"どう乗り越える?原発事故」と題し、の福島放送本社スタジオから生放送、問題について討論が行われた。 さらに同年3月11日(10日深夜)の『朝まで生テレビ! 300回スペシャル』では「激論!福島原発事故の教訓と課題」と題し、与野党議員・識者らをスタジオに招いて討論した。 2012年• 震災1周年の3月11日は、『3・11 報道特別番組〜東日本大震災から1年〜』と題して約14時間に及ぶ特別編成を実施。 9:30 - 11:50は『』を通常より30分拡大して「どうする?原発と日本のエネルギー」のサブタイトルで放送。 12:00 - 21:00には『』として「被災地からのメッセージ〜2012年春〜」、「SP 秒針が語るあの時」、「フラガール〜笑顔に込めたメッセージ〜」、「レンズが震えた!! 11 映像の証言」の4部構成で放送。 そして21:00 - 23:30は『』を放送した。 『報道STATION SPECIAL』では岩手県から生中継を行い、ゲストとして、フォークシンガーのが出演し 、「愛おしき死者たちよ」を歌唱した。 2013年• 発生から2年が経つ3月10日に『』を放送。 震災2年となる3月11日は『』の開始時刻を13:55に繰り上げ、「〜"震災"いまも…732日目の現実〜」のサブタイトルで5時間弱に及ぶ拡大放送を実施した。 2014年• 震災3周年の3月11日には、『スペシャル〜被災地からのメッセージ2014年春〜』を放送(ナレーションは岩手県出身の俳優、)。 また、『』の開始時刻を13:55に繰り上げ、前年と同様の5時間余りの拡大放送を実施した。 2015年• 3月8日、15日の『』(朝日放送)は岩手県宮古市での公開収録を放送。 震災4年の3月11日には、『』の放送時間を10:30まで拡大。 また、『スーパーJチャンネル』の開始時刻を14:00に繰り上げ、前年とほぼ同様の5時間の拡大放送を実施。 『2時間スペシャル』は「東北応援スペシャル」と題して放送した。 2016年• 震災5年の3月11日には『スーパーJチャンネル』の開始時刻を前年同様14:00に繰り上げ、『ANN報道特別番組 スーパーJチャンネルSP 東日本大震災から5年 〜全編LIVE"25"のいま〜』と題して放送。 系列局のでは、9:55 - 10:50まで『復興へ 進むカタチ 〜ふくしまの今〜』を、15:50 - 17:53 に『ふくしまスーパーJチャンネルSP 大震災から5年 復興への歩み』を放送した。 系列局のでは、16:48 - 17:53 に『 東日本大震災から5年〜復興・支援・避難 それぞれの岐路〜』を放送した。 2017年• のチャンネルでも配信。 系列局の岩手朝日テレビ・東日本放送・福島放送では、『3. 11報道特別番組「ともに、未来へ〜あの日から6年 被災地の今〜」』(第1部:15:30 - 16:30 、第2部:16:30 - 17:30)を放送。 2018年• 震災7年の3月11日にはに『ANN報道特別番組 東日本大震災から7年 スーパーJチャンネルSP』を同日放送の『ANNスーパーJチャンネル』(日曜版)の通常放送とは別枠に放送した。 AbemaTVのAmebaNewsチャンネルでも配信。 系列局の岩手朝日テレビ・東日本放送・福島放送では、『岩手・宮城・福島 東日本大震災7年報道特別番組 伝えたい3. 11〜未来へ〜』(15:20 - 16:25 )を放送。 2019年• 震災8年の3月11日には『』は通常通り第2部を放送した後引き続き、13:40 - 15:00に『ANN報道特別番組ワイド! スクランブル』を別途放送予定。 2020年• 震災9年の3月11日には『大下容子ワイド! スクランブル・第2部』は放送時間を拡大し、15時まで放送予定。 徹子の部屋 [ ] 2011年• に「被災地ハイチと東北」と題し、を務める司会のが東北地方を視察する企画を放送。 また、7月10日の『』枠で「大災害の中にも子どもの笑顔〜黒柳徹子の・東北報告」と題した特別番組を放送した。 2013年• 震災2周年の3月11日にはが出演し、被災地での反省ザル次郎の活動を語った。 2014年• 震災3周年の3月11日には、前述の『テレメンタリースペシャル』のナレーションを務めた村上弘明が出演した。 2015年• 震災4年の3月11日は、手品師・タレントの(宮城県気仙沼市出身)が出演(ただし、2016年以降は通常放送のため、被災地出身者のゲスト出演は行われなくなった)。 TBS系列 JNN [ ]• TBSテレビ・JNN各局制作のドキュメンタリー番組『』(TBS以外では『』)では、2011年6月5日深夜(6月6日未明)放送回をJNN15局で共同制作し、オムニバス方式のドキュメンタリー『3・11大震災 記者たちの眼差し』と題して放送した。 9月10日深夜(11日未明)には震災半年になることから、第2弾として『記者たちの眼差しII』を放送 、さらに2作で放送した41本中、9本を再編集して11月28日未明(27日深夜)に放送した。 その再編集版は第66回テレビドキュメンタリー部門優秀賞を受賞している。 2011年• 3月13日の『』は震災特番としてCMなしで11:30まで延長放送した。 また、同番組では2012年3月11日まで「考・震災」のコーナーを放送した。 『』と『』では「シリーズ・復興への槌音」を、のローカルニュース番組『』では「レポート」を、それぞれ長期的なシリーズとして放送している(でも放送)。 東北放送のローカルバラエティ番組『』にて、番組レギュラーのらが宮城県で同番組のロケ中に被災した。 以降、収録が休止されたため過去の傑作選を放送していたが、5月3日の放送で被災後の気仙沼の様子を紹介した。 の『』枠の『』では、12月23日の放送で登場した福島県の大家族の震災後の様子を紹介した。 また、10月7日の『』では、福島県から香川県に移住した家族の様子が紹介された。 には『』と題して、15時間の大型報道特番が編成された。 朝8時の『サンデーモーニング』特番を皮切りに23時まで4部構成からなる番組を放送した。 2012年• 3月10日・11日の両日は『』と題した特別番組を2日間にわたって編成した。 当日は司会のにより内のリポートも行われた。 2013年• 震災2周年の3月11日には、『大震災2年 復興と現実〜被災地の「今」あなたは知っていますか〜』を生放送。 2014年• 3月10日のは『 震災直後…生死を分ける72時間になすべきこと』を放送した。 直後の『Nスタ』はが宮城県気仙沼市の復興商店街を訪問し、生中継を行った。 2015年• 3月8日の『』は、「技術のチカラで被災地に笑顔を! 」を放送。 3月11日は『大震災4年Nスタスペシャル 被災地は今、思い新たに』をこの日の『Nスタ』通常放送とは別枠でローカルセールス枠にて、東北放送(TBC)は『スペシャル 東日本大震災4年〜復興の現在地〜』をそれぞれ放送した。 2016年• 3月6日の『サンデーモーニング』は、通常のコーナーを休止・内容変更し、 震災から5年に関連する内容を放送。 3月9日はで『TUF NEWS LIVE スイッチ! スペシャル』を放送。 3月11日は『Nスタ拡大版 3. 11震災5年 記憶を未来へ伝える力』をこの日の『Nスタ』通常放送とは別枠で全国ネットにて放送。 2017年• 3月11日は『3・11 7年目の真実』をローカルセールス枠にて放送(ゲストは〈アニメ映画監督〉、キャスターは膳場貴子)。 IBC岩手放送は『IBC 東日本大震災報道特別番組 忘れない3. 11「未来へつなぐ6年」』を、東北放送(TBC)は『Nスタみやぎスペシャル〜東日本大震災6年 復興の現在地〜』を、テレビユー福島は『TUF報道特別番組「震災から6年、ふくしまを取り戻す」』、(UTY)では『これが東北魂だ 魂だ 駅弁で日本がつながる! 2018年• 3月11日は『Nスタ 震災7年〜生死を分ける72時間 巨大地震にあなたは? 』をこの日の『Nスタ』(日曜版)の通常放送とは別枠に放送。 2019年• 3月11日は『Nスタスペシャル 震災8年〜生死を分ける72時間 巨大地震にあなたは? 』を13:55 - 15:49にこの日の『Nスタ』通常放送とは別枠で放送。 2020年• 情熱大陸 [ ] MBS 製作のドキュメンタリー番組『』では、例年3月11日に近い日曜日になると、震災関連特別編を放送している。 ただし、2017年以降は放送していない。 2011年の放送で、震災から50日間かけての葛藤に密着した。 初優勝後の2013年10月27日にも放送された。 震災から半年を迎えたの放送で「石巻日日新聞」の社員の姿に密着。 (平成10年)の放送開始以来初の(石巻から生中継)を行った。 また、震災から1年となる2012年にも「石巻日日新聞」に密着し、番組テーマ曲を演奏するのが・からで出演し、生演奏を披露した。 2012年には「吹奏楽・合唱部 高田志穂先生と部員34人の一年間」と題し、同校の1年間に密着した。 2013年には、元プロボクサーであり、医師であるに密着した。 2014年には、に全線で運行を再開したに密着した。 2015年3月8日には、防災プロデューサーのに密着した。 2016年3月13日には、ロックバンド・が同年3月11日にオープンしたライブハウス「」での杮落としライブに密着した。 テレビ東京系列 TXN [ ]• ドキュメンタリー番組『』では2011年放送回より「復興への道」と題したシリーズを定期的に放送、2012年には震災から1年を機に『ガイアの夜明け 復興への道』と題し、30分拡大版で放送した。 2011年• の『』は、震災から5か月の節目となる事から、特別版として「祭りで地域を取り戻せ!」と題し、司会のとが宮城県を訪れ、東北地方のによせる人々の想いを紹介した。 2012年• 2012年には、スペシャルドラマ『』を放送。 2015年• 震災4周年の3月11日はドラマスペシャル『』(主演・)を放送した。 NEWSアンサー [ ] 2012年• からの1週間にわたり、被災地から生中継を行った。 2015年• 3月9日から3月11日まで震災から4年に関連する連続特集を放送。 2016年• 震災5年となる3月11日は、特別編成『アンサー スペシャル【ふくしまの真実】』を通常より時間を拡大し、17:50まで放送。 フジテレビ系列28局が制作するドキュメンタリー『』では、2011年度は『3・11 あの時、情報は届かなかった』(フジテレビ制作)など震災関連の作品が制作された。 2012年1月29日に放送された『決定! 第20回FNSドキュメンタリー大賞』では、2011年度の特別賞に制作の『浜からの証言〜2011. 11東日本大震災〜』が選出されている。 『』では、との2週にわたり、600回記念として『老人と放射能〜FUKUSHIMA〜』と題し、福島県浪江町に住む一人の老人の生活を通したドキュメンタリーを放送した。 2011年• 3月27日に、チャリティー音楽特番『』を生放送。 2012年• の『』枠にて、の救助活動に密着したドキュメンタリー『自衛隊だけが撮った0311〜そこにある命を救いたい〜』を放送。 3月10日、『』で被災地応援企画として、『めちゃ 2イケてるッ! 東北とつながってるね! 生放送でプレゼントSP』と題し生放送した。 また『』も、放送時間を拡大し『Mr. サンデー 特別編 3・11とニッポンと私』として放送した。 関西テレビの健康情報番組『』(関西ローカル)では、震災から1年となる3月11日に「みんなの大疑問! イチからわかる放射能」を放送した。 2013年• 3月9日には『』で『突入!福島原発に挑んだ男たち〜激闘秘話!命と執念の12日間』を放送。 震災2周年の3月11日には、FNN報道特別番組『東日本大震災から2年 希望の轍2013 東北を歩こう』 を放送した。 また、同日の『』では、「特別企画 あの時、言えなかった「ありがとう」」と題し、岩手県釜石市を訪問した。 2014年• 3月9日は、特別番組『みちのく SLギャラクシー THE NEW EAST EXPRESS』を放送。 『』では「わ・す・れ・な・い 三年後の肖像」と題し、宮城県石巻市に住む4つの家族を取り上げた。 また、『Mr. サンデー』では「東日本大震災から3年〜地震予知最前線スペシャル〜」のサブタイトルをつけて放送時間を拡大して放送した。 震災3周年の3月11日には、特別番組『あの日が教えてくれること〜東日本大震災から3年〜』を放送。 また、『スーパーニュース』も震災特集を中心に放送した。 2015年• また翌8日の『Mr. サンデー』は「地震予測スペシャル〜巨大地震から命を守れ! 〜」と題して放送。 震災4周年の3月11日には『FNN報道特別番組 震災と原発と日本の覚悟』を、では『スーパーニューススペシャル 僕たち私たちの1462日〜東日本大震災から4年〜』を放送した。 2016年• 震災5周年を前に、3月4日のは『消防隊だけが撮った0311 彼らは「命の砦」となった』を、3月6日の『ザ・ノンフィクション』は「わ・す・れ・な・い 明日に向かって〜運命の少年〜」それぞれを放送。 震災5周年の3月11日の『』は通常放送を行ったが、全編震災関連の内容に変更した(全編ローカルセールス枠である第2部を通常時非ネットとする局でも全局臨時ネットとしたが、一部局に限り、自社制作報道番組のため、第2部の途中である15:29に臨時の飛び降り点が設けられた)。 2017年• 震災6周年の3月11日には『FNN報道特別番組 日本を襲う巨大地震 忘れていないか3. 11』を、仙台放送では『わすれない〜6年目の選択〜』を放送。 岩手めんこいテレビ・仙台放送・福島テレビでは共同制作の『明日への羅針盤 〜震災から6年 ふるさとの未来〜』を放送。 2018年• 震災7周年の3月11日には『FNN3・11報道特番 その避難は正解か!? 』を放送。 2019年• 震災8周年の3月11日の『直撃LIVE グッディ! 』は通常放送を行ったが、一部震災関連の内容で放送した(全編ローカルセールス枠である第2部を通常時非ネットとする局でも全局臨時ネットとした)。 また、15:50 -16:50に「わ・す・れ・な・い 〜平成最後の証言〜」を放送した。 2020年• 震災9年となる3月11日は『わ・す・れ・な・い〜死者をゼロにする情報とは〜』を15:50 - 16:50に放送予定。 衛星放送 BS・CS [ ]• 震災に配慮し、3月放送予定だった一部番組(ドラマ、映画)に災害描写があったため、番組差し替えの措置を取った。 災害救助法適用地域9県(青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉・栃木・新潟・長野)に限り、受信設備の故障やなどで視聴できなかった期間について契約視聴料金を免除する措置を取った。 3月27日に放送予定だった『』第15話「黒い蟹の呪い」が、怪獣が海から出現して街を破壊する描写がある事から放送中止となり、以降一話繰り上げて放送された。 スカパー! などを運営するでは、震災による被害で視聴不能となった東北被災3県の加入者に限り、3・4月分の視聴料等を免除すると共に、5月以降の放送サービス及び請求停止する措置を取った。 震災発生以後からしばらくは、スカパー! で放送の各チャンネルにおいて画面上隅に災害を表示した。 専門チャンネルのやなどは、震災を受け10日間前後にわたり放送を休止、画面に静止画でメッセージを表示(その後順次再開)した。 は、地震発生直後から12日昼までフジテレビ地上波ので対応し、ONE・TWO・NEXTとも12日には段階的に通常編成に復帰。 また、も日本テレビ地上波のサイマル放送(およびは通常編成)、もTBS地上波のサイマル放送で対応(ただし深夜の時間帯はTBSニュースバードの番組をTBS系列地上波が逆サイマルで放送。 なおは通常編成)。 もテレビ朝日の地上波アナログ放送を受けてサイマル放送を行った(は通常編成)。 では3月20日の「『』一挙放送計画」 の第26話「超兵器R1号」に怪獣が放射能ガスを吐く描写があるため 、では『』に災害描写があるため、それぞれ中止・打ち切りとした。 などの映画系チャンネルでもWOWOWと同様、3月・4月放送予定の作品に災害等の描写があったため、作品の差し替えが行われた。 2011年以降、、、といったドキュメンタリー専門チャンネルにおいて、東日本大震災関連を取り上げたドキュメンタリー作品を放送している。 池上彰の出演番組 [ ] 2011年3月末をもってテレビ出演をすべて休止する予定となっていた、の(元NHK) の出演が震災以降増加した。 特に震災直後からしばらくは、各局で緊急の生放送特別番組も組まれ、池上が震災・原発事故などに関する解説を行った。 4月以降も池上が出演を延長 する形となり、現在も特番で震災などに関する解説を行っている。 特に池上がレギュラー出演しているテレビ朝日系の『』は、2011年3月16日から4月6日まで4週にわたり、毎週水曜日19時から3時間の緊急生放送スペシャルを放送し、地震災害やなどについて解説した他、番組内で随時震災・原発事故関連の最新情報を伝えた。 さらに4月13日に同番組の特別編として『池上彰が伝えたい! 東日本大震災の今』(19:00-20:54)が放送された。 テレビ東京系でも2011年3月20日・27日の2週にわたって『池上彰の緊急報告 大震災のなぜに答える』を放送し、池上が各界の専門家らと共に大地震や原発事故などについて検証した。 フジテレビ系で3月29日に放送された『』(枠)も番組の一部を生放送とし、震災関連の解説をした。 また、震災発生から1か月となった4月11日にも同じフジテレビ系にて、『教えてMr. ニュース』のスタッフが制作した『』(19:00-20:54)が放送された。 また、震災発生から半年を迎える前日の2011年9月10日には、フジテレビ系で19時より4時間の大型特別番組で、『教えてMr. ニュース』のスタッフが制作した『』を放送。 ちなみに9月11日はに起こったから10年の節目でもあったため、この二つを世界を震撼させた出来事として池上が解説を行った。 また震災から1年を迎える前日の2012年3月10日にも枠(21:00-23:10)にて『』を放送した。 『学べるニュース』の特別編である『東日本大震災の今』の放送後正式にテレビを降板したが、2011年に同じテレビ朝日系で放送された『池上彰が伝える世界の今』に池上が半年ぶりに出演 したほか、18時から未明にかけて生放送された年末特番『そうだったのか! 池上彰の学べるニュース 年またぎ7時間半SP!! 』にも池上が生出演し、震災・原発事故をはじめとする2011年の出来事などについて解説を行った。 さらに、発生から2年が経つの21:00から23:10に『池上彰の学べるニュース 復興の今緊急解説スペシャル』を放送した。 2012年3月4日にテレビ東京系で放送された『』でも池上がナビゲーターを務めた。 2016年3月1日に日本テレビ系で放送された『』でも池上が司会を務めた。 2016年3月9日は『水トク! 』枠で『緊急! 池上彰と考える巨大地震 その時命を守るためにIV』を放送。 放送事故・トラブルなど [ ]• フジテレビ・FNN系列で放送された報道特別番組において、3月12日夜、首相(当時)のを中継した際、スタッフの発言の音声がするがあった。 その際の発言の内容が問題視されたこともあり、この件について21日、同局が謝罪した。 日本テレビの情報ワイドショー番組『』の3月14日放送分で大震災について伝えた際、中継先の宮城県気仙沼市にいたが中継回線がつながらなかった事を皮肉る様な発言をしている模様が放送された。 この件について同局は3月28日、リポーターを厳重注意した。 8月には、宮城県でを装って無免許で医療として活動していた男性を、日本テレビ系列の情報ワイドショー番組で取り上げていた事がわかった。 まず、『スッキリ!! 』の7月11日放送分で、被災地で活動するボランティアでが増えているという情報を取り上げた際に件の男性がコメントしていた 他、『』(読売テレビ製作)の4月25日放送分で震災ボランティアについて特集した際にインタビューに答えていた事がわかった。 この件に関して、両局はそれぞれ各番組ホームページに「おことわり」を掲載した他、件の男性を取り上げた経緯を各番組内にて説明した。 なお、件の男性は、に違反で逮捕されている。 支援活動 [ ] 義援金 [ ] NHKと民放各局が、地震被災地へのの受け付けを実施している。 受付期間は局により異なる。 放送局 (系列) 名称 公式 サイト 備考 NHK 東日本大震災義援金 NHKの窓口での受付は2011年3月14日から2014年3月31日まで。 以降はで受け付けている。 募金に送金する場合、が必要。 24時間テレビ 「復興 東日本大震災募金」 2012年3月3日から18日まで実施。 上記「緊急募金」と同様にインターネット募金の他、による募金も受け付けた。 ただしこちらは控除の対象にはならない。 テレビ朝日 テレビ朝日募金 「東日本大震災被災者支援」 通常の「ドラえもん募金」ではのを利用するが 、電話回線事情を考慮し銀行振込に変更して実施した。 TBS ・ 「東日本大震災」 東日本大震災を対象とする募金は2011年3月14日より実施。 テレビ東京 東日本大震災TXN災害募金 振込先ののシステム障害 のため、3月下旬よりしばらくに切り替えて行った。 振込先のみずほ銀行のシステム障害 のため、銀行振込による受付を取り止め、イベント会場などでの募金受付のみ実施した。 JFNヒューマンコンシャス募金 Yahoo! ボランティアを通じ、インターネット募金も可能。 上記以外にも、地方各局が独自で義援金を受け付けている。 共同キャンペーン [ ] NHK• 復旧復興支援キャンペーン「」 を2011年5月から展開。 放送やイベント、NHK公式サイト「」などを通じて支援を行っている。 NHK主催イベントでは来場者からフォトメッセージを募集し、その場で記念写真としてプレゼントするほか、公式サイトにも掲載される。 には復興支援ソングとして「」を制作。 被災地に縁の深い著名人34組が歌唱している。 NHKオンラインやサイトで配信するほか、同年に発売された。 日本テレビ系列• 震災被災者に向けて、同局で放送されている番組の出演者らがそれぞれのメッセージを伝える3秒スポットCM『がんばろう!ニッポン』を放送。 CMには(『』)をはじめ、(『』など)、(『』)、(『』『』)、 (『』、『深イイ話』など)、(『』など)、(『』など)、(『』)、(『』)、(『』、『』〈4月新番組〉)、(『』)、(『』)、の選手などが出演した。 このスポットCMは2011年3月20日から5月上旬まで放送された。 テレビ朝日系列• 『』のキャンペーンを展開。 関連特別番組を不定期編成した他、被災地からの声をで公開。 また、同局系で放映中のアニメ『』が手をあわせて「小さな力も、大きな力に!」のメッセージを送るCMを制作し、3月下旬から放送した(でも無料公開された)。 TBS系列• 震災被災者支援のとして、ネットワークのと共同で『』を展開。 2011年3月19日の生放送番組より、番組や公式サイトを活用して、支援イベントを実施した。 同プロジェクトの一環としてでは、2011年3月31日より4月ごろまで、同局番組出演者出演の10秒メッセージスポットCMを放送し、やらが出演した。 テレビ東京系列• 『』キャンペーンを展開、をはじめとする子供向け番組のキャラクター達が応援メッセージを送る5秒スポットCMがアニメ枠を中心に放送された(同局公式サイトでも動画を公開 )。 フジテレビ系列• 2011年度の『』では、創設38年目にして初めて日本を支援対象国とし、FNS28局をあげて支援を行った。 また、3月21日より震災被災者支援のため、統一キャンペーン『ひとつになろう日本』 を展開し、への募金受付を放送、公式サイトなどで呼び掛けた他、同局制作番組の出演者による『ひとつになろう日本』の3秒スポットCMを放送した。 また、同局では報道・情報番組(主に『』など)や公式サイトにて『』として被災者からのメッセージを動画で紹介した。 2011年3月18日、フジテレビCSR推進プロジェクトチームが被災地の子供たちを支援するためのプロジェクト『』を立ち上げ、被災地の子供たちを支援する出張イベントなどの活動を行っている。 番組を通しての支援 [ ] NHK [ ]• 2011年3月19日から5月下旬まで、総合・教育・BS2・BS hi(BS2・BS hiは4月1日よりBSプレミアムへ移行)にて、被災者を歌で激励するミニ番組『』を放送した。 5月3日には総合テレビで『歌でつなごう 〜いまあなたに届けたい〜』が放送された。 また、のメンバーが出演した「いま、私たちにできること」と題したメッセージPR映像が、放送およびNHKの公式サイトで公開された。 2011年3月21日から4月8日まで、総合テレビとBS1で、被災地及び被災者へのメッセージを届ける番組『』を放送した。 総合テレビの音楽番組『』では、2011年4月6日放送のサブタイトルを「歌にこめた祈り」とし、出演者がそれぞれの楽曲を被災者へのメッセージ付きで紹介した。 また、同番組ではチャリティ企画『(みんなの)春よ、来い』プロジェクトを立ち上げ、の楽曲「」に全国の人々のを加えた新バージョンを制作しで配信、収益を全額被災地に寄付した。 総合テレビの音楽番組『』では震災以降、のメンバーによる被災地訪問をはじめ、による仙台市の中学校訪問、福島県出身者によるバンドの出演(2011年4月17日)など、被災地支援の企画が頻繁に行われた。 2011年4月12日より総合テレビの『』と『』を「震災に負けない」という通年テーマを掲げて放送を再開。 後者は5月中旬まで暫定的に、本来放送されないでもネットされた。 2011年6月より『』のスピンオフ企画として、東北地方で月に1度『』と題した復興支援イベントを開催。 東北6県の総合テレビの『』枠にて放送した。 第1回は6月に福島県 で行われ、以後、宮城県 、岩手県、宮城県、宮城県、と計5回開催された。 一部の回は後日『』で全国放送されている。 2011年8月13日放送の総合テレビ『第43回』は電力事情への配慮から、例年の会場である東京のからに会場を移した。 また、震災を受けて「人々に元気と勇気を与えた名曲」を特集した。 2011年8月16日放送の総合テレビ『 サマースペシャル』では、震災被災者支援のため、のAID楽曲を特集して放送した。 2011年9月11日にはにて『NHKのど自慢』の公開生放送を開催。 通常より30分長い75分の拡大版で生放送された。 なお9月23日には『 きこえますか 私たちの歌が 〜被災地 のど自慢〜』と題し、のど自慢に出場した被災者たちの姿を追うドキュメンタリーが放送された。 2011年8月26日、毎年全国各地で行っている『』を東日本大震災被災地支援として、にで被災したにあるにて、公開収録を行った。 この模様は9月20日に総合テレビで放送された。 2011年から11月4日の週の総合テレビ『』では、、司会の()らが福島県へ出向き、現地で生放送を行った。 東京のスタジオ以外からの放送はこれが初となった。 2011年から放送の『』では、震災後初の年越しとなる岩手県の、福島県のなど、東北各地の・からの中継を交えて放送した。 2012年より、震災当時のインタビューで綴る5分間のミニ番組『』を総合テレビで放送開始。 また、月に1〜2度の頻度で43分版の『』も放送されている。 2012年1月中旬より、震災から1年となる3月11日まで、NHK全局で放送内外にて「被災地の支援および将来の防災・減災の期間」と位置付けた取り組みが行われた。 同年より『あさイチ』、『ゆうどきネットワーク』等の生放送番組にて、東北各地からの移動生中継を行い、被災地復興の取り組み等を紹介。 にスペシャルドラマ『』を放送、同ドラマでは被災地の一つである岩手県を舞台に、被災した家族の再生の行方が描かれた。 3月10日・11日には生放送の長時間特番『』を放送。 は、福島県と・を結び、復興支援音楽特番『』を、BSプレミアムと総合テレビにて生放送した。 2012年より、総合テレビで復興支援番組『』の放送を開始。 2012年よりEテレのアニメ『』では、東北地方のの世界が舞台としたによる新シリーズ『リトル・チャロ〜東北編〜』を放送。 NHK東日本大震災プロジェクトの一環となるドラマ作品• 『』(総合テレビ、2012年4月2日 - 9月29日放送、156回) によりと化した東京・を舞台に設定し、に生きる女性を主人公に、戦後復興と家族・地域の絆をテーマとして描く。 第53作『』(総合テレビ、2013年1月6日 - 12月15日放送、50回) 福島県出身の人物であり、創設者の妻にして、創立者の一人でもあるの生涯を描いた。 特集ドラマ『ラジオ』(総合テレビ、2013年3月26日放送(73分版)) で起きたエピソードを基にしたドラマ。 第68回「テレビ・ドラマ部門」大賞をはじめ数々の賞を受賞した。 「がんばっぺラジオ〜密着・女川災害FM〜」、「がんばっぺラジオ2013旅立ち」の題で関連ドキュメンタリー番組も制作された。 また、追加シーンを加えて再編集された「89分版」も制作され、同年10月12日にBSプレミアム、12月28日には東北地方の総合テレビで放送された。 連続テレビ小説『』(総合テレビ、2013年4月1日 - 2013年9月28日放送、156回) の田舎町で、を目指すヒロインが挫折・奮闘ののち地元アイドルとなり成長する姿を描く。 同ドラマは「連続テレビ小説」で初めて震災が劇中出来事として扱われた作品である。 宮城県出身のが脚本を担当している。 特集ドラマ『かつお』(総合テレビ、2013年12月18日放送) が制作した石巻市が舞台のドラマ。 津波で妻を亡くした元漁師と、県外から訪れたの女性などを中心に、人々の心の復興を描いている。 宮城県出身の(主演)、、、福島県出身の、が出演している。 「東北の四季」キャンペーン BSプレミアムでは2011年秋から2013年秋にかけて「東北の四季」キャンペーンとして、季節ごとに東北地方の魅力を紹介する特集番組を放送した(一部は総合テレビでも放送)。 きらり 東北の秋(2011年9月 - 10月)• ほっこり 東北の冬(2011年11月 - 2012年2月)• ひらり 東北の春(2012年4月 - 5月)• まっさかり 東北の夏(2012年7月)• きらり 東北の秋(2012年10月)• ほっこり 東北の冬(2012年11月 - 2013年3月)• ひらり 東北の春(2013年4月 - 5月)• まっさかり 東北の夏(2013年7月 - 8月)• きらり 東北の秋(2013年10月 - 11月) 民放各局 [ ] 日本テレビ系 [ ]• NNS29局で2011年5月29日〜6月5日まで1週間にわたり展開された『』でも、関連番組にて被災地の現況や節電などについて紹介した。 読売テレビ制作のバラエティ番組『』では、3月17日の放送内容を変更()し、同日放送では冒頭で司会のが犠牲者への追悼と被災地・被災者へのお見舞いの言葉を述べた。 また、4月14日の2時間スペシャル以降しばらくは、出演者らによる被災者へのメッセージを随所に挿入した。 さらに同番組では義援金受付の他、被災地支援のためのチャリティーグッズを製作・販売。 販売は9月末で終了し、売り上げは全額『』を通じて被災地に寄付された。 所属のグループ出演の土曜夜のバラエティ番組『』では、3月19日放送の冒頭にて、嵐のメンバー(、、、、)が被災者と視聴者へメッセージを送った。 また同日放送のエンディングに「」(大野) が登場し、被災地の子供達に向けてメッセージを送った。 福島中央テレビ制作で2003年より毎年夏に全国放送している特番『』シリーズでは、8回目の2011年は7月30日に『〜東北グルメの今を捜査せよ! 〜』の副題を付けて放送した。 読売テレビ制作の平日午後の情報ワイドショー番組『』では2011年9月9日に、司会を務めるフリーアナウンサーのらが福島県へ赴き、現地から生放送を行った。 また、震災から1年となるのを前に2012年にも福島県から生放送され、この日は歌手のがゲスト出演、自身のヒット曲である『』をライブで披露し、被災者を激励した。 震災から半年となった9月11日には、日曜夕方の長寿演芸番組『』のスピンオフ特番『笑点がやってきた』を17時より関東ローカルで放送。 同番組司会の以下、出演メンバーが被災地を慰問する様子などを放送し、続く17時30分からのレギュラー放送でも前半を「ちびっこ」とした。 11月21日〜27日までの1週間、日本の食文化を改めて見つめ直すスペシャルウィーク『食ウィーク ニッポンを食べよう! 』を実施、『』『』『』『』の平日帯4番組や『』等の番組が参加した。 また25日より3日間、汐留のにてイベントも開催され、番組メニューの販売や、東北物産展等が行われた。 読売テレビ主催・制作の音楽特別番組『』では、2011年度以降は例年行っている各賞の選定を取り止め、2011年に活躍したアーティストが多数出演しての歌謡ショー形式(フジテレビ系の『』等と同じ形式)で行われ、11月24日にから生放送された。 震災から1年となる4日前の2012年3月7日には、19時から3時間の生放送による音楽特別番組『』を放送。 嵐が被災地を訪問する企画(VTR)なども放送された。 震災から1年となる2012年3月11日に放送された『』 ・第1部(12:45〜17:25)では、・・・・によるコンサート「復興支援ライブ」や、プロで、の(仙台市出身)らによるイベント「復興演技会」、また「復興列車」と題して、の再出発の模様をそれぞれ生中継した。 2011年8月20日・21日に全国31局(を含む)で放送された毎年恒例の長時間チャリティー特番『24時間テレビ34「愛は地球を救う」』でも被災地からの生中継なども交えて放送した。 2011年のメインパーソナリティを務めたのメンバーはかつて阪神・淡路大震災を経験している。 また、番組では津波でを失ったのとにを届け、復興のために使ってもらうためのプロジェクト などが展開されたほか、のが被災地である宮城県の小学校を訪問し、指導などを通じて小学生らと交流する企画 などが放送された。 「24時間テレビチャリティー委員会」が2011年放送時に全国から集まった募金の中から、福祉車両176台を全国各地に贈呈され、うち69台が被災地に贈られた。 2012年1月1日に放送された『嵐にしやがれ』の新春特番において、嵐が『24時間テレビ35「愛は地球を救う」』(2012年8月25日、26日放送)のメインパーソナリティを務めることを発表した。 なお、嵐は『日本テレビ開局60周年記念番組 24時間テレビ36「愛は地球を救う」』のメインパーソナリティを務めることが決定している。 テレビ朝日系 [ ]• 『』では緊急特番により2011年3月11日放送は休止となった。 3月18日・25日の放送分では当初の予定を変更し、7組のアーティストが応援ソングを披露した。 また、4月1日放送の3時間スペシャルでは「あなたが選ぶ元気ソングBEST120」のランキング発表と、約3年ぶりのテレビ出演となったをはじめとする7組のアーティストによるスタジオライブが披露された。 日曜朝の長寿音楽番組『』は、2011年4月24日と5月1日の2週にわたり「東日本大震災復興応援〜今、音楽にできること〜」と題して復興支援の音楽コンサートの模様を放送(は4月30日・5月7日放送)。 当初、スポンサーであるの創立100周年コンサートを予定していたが、震災を受け復興支援コンサートに変更して行われた。 なお2週にわたりがゲスト司会を務めた。 また、震災から半年の9月11日の放送では「震災から半年〜今、音楽にできること〜」と題し、の、、の、のといった音楽家のメッセージを演奏VTRとともに紹介した(BS朝日は9月17日に放送)。 さらに、震災翌年の2012年3月18日の放送では震災1年を記念し「世界へありがとう、音楽の祈り」と題し、震災後に行われた「復興応援コンサート」等を振り返る他、同年3月11日に同番組司会の()が・の本部で開催した、世界各国からの支援に感謝するコンサートの模様を紹介した(BS朝日は3月24日に放送)。 朝日放送()の朝の情報番組『』と土曜朝の『』の合同による特別番組として、2011年7月18日午後に『関西から届けよう! 笑顔と元気 夏だ! おは朝!! 元気スペシャル』と題して生放送を行った。 『元気』をテーマに、当日は東日本放送と福島放送へもネットされた。 朝日放送制作の日曜昼の長寿トーク番組『』では、2011年12月25日の年末1時間スペシャルを『がんばっぺ! 福島スペシャル』と題し、福島県のから公開収録したものを放送。 福島在住の新婚夫婦が出演したほか、番組後半では、かつてスパリゾートハワイアンズでとして活躍した新婚の女性が福島の復興を願ってショーに出演する姿を紹介した。 2011年12月31日に放送された大晦日恒例の『』では番組の終盤にて『あの日から踏み出す一歩』と題し、震災からその後の復興に向けて立ち上がった人々の奮闘ぶりを特集して放送した。 TBS系 [ ]• 平日朝の情報番組『』では「前を向いて歩こう」と題し、被災地支援のプロジェクトを展開。 後述の『2011〜笑顔の扉〜』の同番組ブースにて物産品販売・観光支援などを行った。 ダンスボーカルグループ、出演の日曜夜の音楽バラエティ番組『』(毎日放送・TBS共同制作)では、2011年4月24日の同番組にて「JNN・JRN絆プロジェクト EXILE魂チャリティー・オークション」を告知して開催、5,582,301円の落札額が集まり、落札金はを通じて被災地に贈られた。 また、同年10月2日には『EXILE魂 日本を元気にSP』と題し21時より2時間の生放送スペシャルを放送、当日昼に宮城県で開催され、EXILEらが出演した復興音楽祭の模様を紹介した。 また、2012年3月11日には震災から1年となるのを機に「〜未来へ願い込めて〜」と題し、1時間にわたって生放送された。 当日は視聴者から「未来への願い、夢、希望」を込めたメッセージをTBSの番組ホームページ にて募集し、放送内で紹介。 またEXILEのメンバーを被災地を訪問する企画などを放送された。 2011年7月16日19:00 - 17日2:40(17日0:18 - 0:40は中断。 )に、7時間以上にわたる長時間音楽特別番組『』 を、被災地や会場など東北各地からの生中継などを交え生放送され、50組のアーティストが出演した。 2011年12月4日ににて毎年恒例の『』(毎日放送主催・制作)が開催され、阪神・淡路大震災を経験した関西と、東日本大震災の被災地を中継で結び、の『』を演奏・合唱した。 番組は12月23日に被災3県を含むJNN8局で放送された。 2012年3月10・11日の両日放送の特別編成番組『』の一環として、10日にで開催されたのチャリティー試合『 日本VS』を18時から21時19分まで生中継した。 テレビ東京系 [ ]• 子供向けバラエティ番組『』では、被災した子供たちに番組に楽しんでもらうべく、同局が動画サイト内に開設している「テレビ東京チャンネル」にて、2011年4月4日から6月末まで期間限定で動画配信された。 また同番組のイベント「ピラメキサマーライブ」(7月31日、)でも、イベントにて販売されたオリジナルTシャツの売上収益161,606円がを通じて被災地に寄付された。 旅番組『』では、2011年6月15日から7月13日まで4回にわたり、震災後のを旅する特別企画「東北応援シリーズ みんなで行こう! 夏の東北」を放送した。 また放送のでも東北地方支援のため「がんばれ東北! 有名観光地へ行こう! 」と題し、著名人らが東北各県の有名観光地へ行く旅番組を放送した(なおロケがなかった秋田県と山形県も含め、東京都内にあるの情報も紹介された。 また7月17日の「」枠にて、2010年3月までレギュラー放送された旅番組『』の特別編「東北の家族は今…再会スペシャル」を放送、さらに震災から1年となる2012年3月11日には『会いたい人がいる! 田舎に泊まろう! 3・11スペシャル』を放送。 なお『田舎に〜』の特別編では、らがかつてお世話になった被災地の人々を訪問した。 2011年8月27日に関東ローカルで中継された夏恒例の『』 では、宮城県からの生中継も交えて放送された。 かつてレギュラー番組として放送され、2010年より単発特番として放送されている『』では、震災から半年を迎えた2011年9月11日に「日曜ビッグバラエティ」枠にて『愛の復興大作戦スペシャル』と題した特別編を放送し、宮城県気仙沼市からの中継も挿入された。 2014年1月10日より劇場版が全国公開、テレビ版が日本および海外で放送開始された『』は、宮城県仙台市を拠点とするグループの活躍を描いたアニメ。 震災復興ボランティアとして仙台に度々訪れていたを中心に企画・制作された。 物語の主題は震災とは直接関係がないが、震災後に観光客が減少している当地 において、観光振興となるライブや握手会などの関連イベントの実施や「」が復興支援になると見て、仙台市が「」に認定している。 なお、石巻出身メンバーが同じ民謡クラブに所属する高齢者の住むを訪れたり、気仙沼出身メンバーの実家の旅館での合宿の際に気仙沼の津波被災地や復興商店街が出てくるなど、被災地がロケ地となっている。 フジテレビ系 [ ]• FNS26局(・を除く)で2011年3月27日、チャリティー音楽特番『』を生放送。 この模様はのラジオ局・ニッポン放送でも放送され、被災4県の加盟ラジオ4局(IBC岩手放送・東北放送・・ )でも同時放送された。 震災から10日後の2011年3月21日より、震災で体験した、または見たり聞いたりした心温まるエピソードを視聴者からPC・携帯にて募集、番組で紹介する「めざましトークエイド」を連日放送した。 この他、FNS系列各局を中継で結ぶ「めざましエイド」(4月)「めざましライフエイドキャラバン」(6月〜8月 )「めざましエイド」(11月)といった企画が行われた。 この他、歌で被災地を勇気づける「めざましソングエイド」、被災地の名産品を販売する「」、被災地のをで再生させる「tattonプロジェクト」などといった企画も展開された。 また、2011年4月2日は『』(制作)の放送枠(8:30-9:55)にて『めざましスペシャル めざましソングエイド』という特別番組を放送した。 が出演する月曜夜のバラエティ番組『』(関西テレビと共同制作)では、2011年3月21日、放送内容を変更し緊急生放送を実施。 テーマは「いま僕たちに何ができるだろう」で、SMAPのメンバー(中居正広、、、、)が被災地・被災者へのメッセージなどを伝える内容で、番組に1万通以上に及ぶメール、FAXが寄せられた。 この日の出演料は全額被災地に寄付された。 なお、同番組では2016年12月26日の最終回まで 番組中にSMAPメンバー1名が週替わりで義援金の募集を呼びかけていた(ただし、週によっては5人全員で呼びかける場合もあった)。 では2011年8月6日に震災復興支援特番として『復興への熱き魂 生中継! 東北の夏祭り』と題し、東北6県のの模様を生中継した。 司会は出身で、地上波の朝の情報ワイド番組『』の司会を務めるフリーアナウンサーのが担当した。 なお、同番組は夕方に再放送された。 関連 ラジオ局 [ ]• NRN系列では、東日本大震災被災地復興支援としてチャリティー番組「」の特別編、「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン スペシャル」が各局で放送され、現状報告や義援金の募集・復興支援への呼びかけ等が行われた。 では、2011年4月9日13時-4月10日13時の24時間にわたって『』が放送され、通常編成時に「」をネットしている33局と、「」第1部をネットしている36局でも一部が放送された。 では、2011年5月28日11時57分-29日14時の26時間3分にわたって、『』が放送された。 では、2011年8月13日7時-14日15時の32時間にわたって、『』が放送された。 その他 [ ]• などグループの衛星放送チャンネル各局(スター・チャンネル、、、、、、)では、震災から1年となる2012年3月11日に、オリジナルドキュメンタリー番組『ニッポンの笑顔〜こころの復興を求めて〜』を放送した。 イベントによる支援 [ ] 『お台場合衆国』会場内に設置された• フジテレビの毎年夏の恒例イベント「2011〜ぼくらがNIPPON応援団! 〜」(2011年7月16日 - 8月31日、東京・)は、「東日本復興」「節電」の2つの目標を掲げ、復興支援イベントとして開催。 主会場の一つ「合衆国サンサンアイランド」ではエリア内の全電力をで賄ったほか、フジテレビ本社前に「みちのく合衆国」と題して、同局の番組と岩手・宮城・福島3県の自治体が共同開発したグッズ、各地の名産食材を使ったメニューの販売などで被災地の経済の活性化に努めた。 なお同イベント期間中の募金及びの売上など約640万円がに寄付された。 TBS主催の夏イベント「2011〜笑顔の扉〜」(2011年7月16日 - 8月28日、)でも『』ブースにて、岩手・宮城・福島3県の・販売、東北・北関東の支援などを行った。 また、メイン会場では電力の効率的利用を考え、を設置せず自然風が吹きぬける構造とし、また液晶ビジョン「Sacas400」の省電力化や照明の化などにより消費電力を軽減するなど努力した。 日本テレビの夏恒例イベント「2011」(2011年7月22日 - 8月21日)でも、岩手・宮城・福島3県の系列局(テレビ岩手・ミヤギテレビ・福島中央テレビ)が合同で「頑張ろう東北」ブースを8月14日まで設置。 3県の特産品を販売し、売上金は『24時間テレビ』を通じ被災地への義援金として寄付された。 NHK主催の防災関連イベント「2011」が2011年8月27日、28日の両日、東京・ので開催。 東日本大震災からの教訓を基として「情報が命を守る」をテーマに行われた。 フジテレビ・主催で、2012年1月7日 - 1月15日の8日間、で開催された「2012」では「がんばろう! 日本」「がんばろう! 東北」の2つをテーマに開催。 28局参加による「ご当地テレビ局 おススメ逸品ストリート」では、各局推薦の名産品やなどを販売。 また、チャリティ等も開催、集まった金額は全額を通じ被災地への義援金として寄付された。 フジテレビでは「お台場合衆国」の特別編として、「」を2012年3月17・18日の両日、宮城県と仙台放送・岩手めんこいテレビ・福島テレビの共催により、復興支援感謝イベントとして仙台・にて開催した。 なお同イベントは、同年5月3日 - 6日にも「ゴールデンウィーク 東日本大震災被災地復興支援イベント」として、台場にて開催 (イベントの内容は仙台・台場で若干異なる)。 福島中央テレビでは、2012年3月24日・25日の両日、復興支援イベントとして「ふくしま再興祭り」を福島県のにて開催。 イベントの模様は同局ローカルで両日生中継された。 ミヤギテレビ主催による復興支援イベント「ミヤテレ復興祭」が2012年3月31日・4月1日の両日、前にて開催。 被災企業や商店などの出店による物販やライブパフォーマンスなどを実施。 なお「ミヤテレ復興祭」の題字は俳優のが手掛けた。 その他 [ ]• この映画は震災から1年後の2012年3月11日に撮影されたを日本全国から募集し、特設サイトに投稿された約8000件(総撮影時間延べ300時間)の映像を元に制作された。 放送中止・延期になった番組 [ ] 注意:放送局表記は略称を使用しないように願います。 (主要なもののみ掲載) 特別番組 [ ]• 3月11日• 3月12日• アートミステリー はなぜ版画にこだわったのか? のズームイン!! ずっと行きたかった! 大阪発! 女神に願いを! LIVE! 3月12・13日• 3月13日• 季節の変わり目に達人が教える! をおもてなし! 秘境の地からやって来た! 3月14日• 7月地デジ化完了まで、あと4か月! 3月15日• 枠外へ、3時間に拡大)• 3月17日 - 欲張りの旅! 3月18日• なお、この日放送の「金曜ロードショー・ごくせん THE MOVIE」と「アナザースカイ」(共に日本テレビ)は通常通り放送されたが、被災地の系列局である・・では、震災関連の報道特別番組放送のため、ネット返上となった。 その内、「金曜ロードショー・ごくせん THE MOVIE」については、ミヤギテレビでは約9ヶ月半後の同年12月31日に、福島中央テレビでは約1年後の2012年3月4日に、テレビ岩手では約1年10ヶ月後の2013年1月25日にそれぞれ放送された。 テレビ岩手に関しては、2012年6月29日放送分が実質的な初放送となっている。 3月19日• NEWS ZERO特別版 優勝を念じまくれ〜密着! 〜復興の旗の下に〜』に改題)• 芸能界最強イス取り王決定戦スペシャル! 3月20日• 日曜ビッグバラエティ ニッポンの秘境で発見! 3月21日• 3月22日• カスペ! 3月24日• 0号〜沢嶋雄一 真の姿とは!? 3月25日• 芸能界一結婚できないダメ男決定戦! 3月26日• 50年! アメリカ本国直撃取材!! 3月27日•

次の

✨🤗男子学園🐯神戸店🤗✨(@DG_KOBE)

イナヅマ速報

ポケットモンスター関連• 日本最強の男に学べ! ポケモンカード トレーナーズスクール!!• アニポケまであとちょっと! デュエル・マスターズ関連• 秘蔵イラストも公開!! イラストレーター 制作秘話リレー• デュエマ妄想構築録 イナズマイレブン関連• マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ゾイド関連• ゾイド生みの親徳山氏 5656万字!? 限界ロングインタビュー• 森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー フォートナイト関連• にゃんこ大戦争関連• まんがで!にゃんこ大戦争 もういっちょ!• 大人気の『イナズマイレブン アレスの天秤』の アーケードカードゲーム 『イナズマイレブンAC(アーケード) ドリームバトル』が、2018年9月27日(木)より稼働開始! 作品の世界をそのまま体感できる超次元サッカーバトルが、スタジアムをイメージした筐体のなかでリアルに楽しめるぞ!! 直感的に操作しやすいスタジアムデザイン 筐体はサッカースタジアムをイメージ! 横長の大画面ディスプレイは、さながらスタジアムのオーロラビジョンのようで、カードを配置するフラットパネルはサッカーフィールドを再現しているぞ!! プレイヤーはフラットパネルに手持ちのカードを配置すると、その配置したカードの選手が目の前のディスプレイに出現! カードを動かすことで思い通りに操作できるのだ!! 超親切設定でイナイレ初心者もOK! 本作は、カード6枚を使ってCPUを相手に戦うバトルサッカーゲーム! 魅力のひとつは、 ゲームが苦手な人でも十分に楽しめる超親切な設定だ! ドリブル、シュート、など選手が繰り出すことのできる必殺技は色分けで表示しているので一目瞭然!! また、ゲームの途中で追加で1点を獲得できる機会、「エクストラシュートチャンス」「カウンターチャンス」など、プレイ次第で様々なイベントが発生するぞ!! カードはすべて描き起こしのオリジナルデザイン! 筐体から配出されるカードは すべて描き起こしのオリジナルデザインのイラストを使用! 9月27日から稼動する第0弾では、アニメ『イナズマイレブン アレスの天秤』の最高潮の盛り上がりに合わせ、 オールスターともいえるラインアップの全62種展開でスタート!! この後もアニメで人気のキャラクターをラインアップに加え展開していくぞ!!! カードのレアリティはコモン・レア・スーパーレア・アルティメットレアの4段階。 レアリティが高くなるほど、箔やホログラムなどカードが豪華になっていく! さらにもう1段階のレアリティ・シークレットも存在するらしい……。 タカラトミー玩具も連動!遊びがつながる!広がる!パワーアップする! 好評発売中の 『イレブンバンド』や『イレブンライセンス』とも連動も可能! 筐体に読み込ませることで、玩具に特別なキャラクターが解放されたり、筐体ゲームのキャラクターの経験値がアップするぞ! 稼動スタートまで、様々なプロモーション展開が予定されている『イナズマイレブンAC ドリームバトル』。 詳細はをチェック!! All Rights Reserved. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の