長居 動物 病院。 【2020年】大阪市の動物病院♪おすすめしたい6医院 │ 動物病院サプリ

長居動物病院(大阪市住吉区)-癌やFIP/FIVに強い病院

長居 動物 病院

このページの目次• 癌やFIP(猫伝染性腹膜炎)/FIV感染による猫エイズに強い病院 長居動物病院( )は大阪市住吉区にある動物病院です。 地下鉄御堂筋線長居駅から徒歩5分、JR阪和線長居駅から徒歩4分と交通も便利です。 駐車場も2台あります。 QOLを大切にした癌治療に力を入れています 長居動物病院ではできる限り飼い主さまの金銭的な負担を軽減するために、また、できる限り動物たちの身体に「やさしい治療」を施すことを目指し診療にあたっていらっしゃいます。 がん専門サイトも持つほど、癌治療に力を入れています。 【参考】 乳腺腫瘍や皮膚腫瘍(肥満細胞腫や扁平上皮癌、肛門周囲腺腫、肛門臭腺がん)、血管肉腫、リンパ腫、骨肉腫などの患者さんが多いようです。 特に肉腫(血管肉腫、骨肉腫、軟部組織肉腫)ではペットのQuality of Life(生活の質)を尊重しながら治療する「メトロノーム化学療法」を積極的に行っています。 ペットに苦痛を与えずに穏やかな治療を行いたいとお考えの飼い主さんは、一度長い動物病院にご相談してみてはいかがでしょうか。 「コルディのモノリスから紹介された」とおっしゃっていただければ多少の便宜を図ってくれるかもしれません。 「ペットのがん治療は、現在、外科療法、化学療法、放射線治療などが行われていますが、ペットたちのストレスや苦痛になるような治療は飼い主さんとペットにとって決して幸せな治療とは言えないのではないでしょうか。 人間と同じように、最後まで自分の足で歩き、食べ、排泄することができる日常生活を大切にしてこそ、理想的な治療といえるのではないでしょうか。 人間社会と同じようにペットのがん治療も日進月歩で進歩しつづけていますが、当院では新しい治療方法を取り入れながらも、がんの専門病院としてペットたちのQuality of Lifeを大切にする治療を心がけています。 「がん=諦める」ではありません。 がんが転移していても、今以上にがんが大きくならなければ日常生活が送れる場合があります。 また、治療することができなくても、「これ以上悪くしない」という選択肢もあります。 ペット医療の進歩により、「がんと共存する」という考え方ができるようになりました。 「楽しく一緒に暮らす」という動物たちとの基本理念を守るためにも、動物たちの病状だけでなく、飼い主さまの医療費や介護の負担などを考慮し、幅広い視野でもって治療方法を提案して参ります。 FIP(猫伝染性腹膜炎)やFIV感染による猫エイズにも強い病院です 長居動物病院はFIP(猫伝染性腹膜炎)やFIV感染による猫免疫不全ウイルス感染症の症例がとても多い動物病院です 猫のFIP(猫伝染性腹膜炎)やFIV感染による猫免疫不全ウイルス感染症では独自の治療法により高い改善率を誇っており、遠方からの問い合わせや来院も少なくありません。 これら猫の感染症は非常に致死率も高く難治性の疾患ですが、驚くほどの改善例がいくつもあるとのご報告をいただいております。 ウサギやカメの治療にも力を入れています 犬や猫の診療のみならず、うさぎとカメの診療も数多く行っており、経験が豊富です。 特にウサギはデリケートな動物ですから経験豊富な長居動物病院は安心して診療を受けられると思います。 【参考】 ペットホテルやサロンも併設しています 長居動物病院では長期入院(1ヶ月以上)にも対応できるペットホテルやペットサロンも併設しています。

次の

【2020年】大阪市の動物病院♪おすすめしたい6医院 │ 動物病院サプリ

長居 動物 病院

このページの目次• 癌やFIP(猫伝染性腹膜炎)/FIV感染による猫エイズに強い病院 長居動物病院( )は大阪市住吉区にある動物病院です。 地下鉄御堂筋線長居駅から徒歩5分、JR阪和線長居駅から徒歩4分と交通も便利です。 駐車場も2台あります。 QOLを大切にした癌治療に力を入れています 長居動物病院ではできる限り飼い主さまの金銭的な負担を軽減するために、また、できる限り動物たちの身体に「やさしい治療」を施すことを目指し診療にあたっていらっしゃいます。 がん専門サイトも持つほど、癌治療に力を入れています。 【参考】 乳腺腫瘍や皮膚腫瘍(肥満細胞腫や扁平上皮癌、肛門周囲腺腫、肛門臭腺がん)、血管肉腫、リンパ腫、骨肉腫などの患者さんが多いようです。 特に肉腫(血管肉腫、骨肉腫、軟部組織肉腫)ではペットのQuality of Life(生活の質)を尊重しながら治療する「メトロノーム化学療法」を積極的に行っています。 ペットに苦痛を与えずに穏やかな治療を行いたいとお考えの飼い主さんは、一度長い動物病院にご相談してみてはいかがでしょうか。 「コルディのモノリスから紹介された」とおっしゃっていただければ多少の便宜を図ってくれるかもしれません。 「ペットのがん治療は、現在、外科療法、化学療法、放射線治療などが行われていますが、ペットたちのストレスや苦痛になるような治療は飼い主さんとペットにとって決して幸せな治療とは言えないのではないでしょうか。 人間と同じように、最後まで自分の足で歩き、食べ、排泄することができる日常生活を大切にしてこそ、理想的な治療といえるのではないでしょうか。 人間社会と同じようにペットのがん治療も日進月歩で進歩しつづけていますが、当院では新しい治療方法を取り入れながらも、がんの専門病院としてペットたちのQuality of Lifeを大切にする治療を心がけています。 「がん=諦める」ではありません。 がんが転移していても、今以上にがんが大きくならなければ日常生活が送れる場合があります。 また、治療することができなくても、「これ以上悪くしない」という選択肢もあります。 ペット医療の進歩により、「がんと共存する」という考え方ができるようになりました。 「楽しく一緒に暮らす」という動物たちとの基本理念を守るためにも、動物たちの病状だけでなく、飼い主さまの医療費や介護の負担などを考慮し、幅広い視野でもって治療方法を提案して参ります。 FIP(猫伝染性腹膜炎)やFIV感染による猫エイズにも強い病院です 長居動物病院はFIP(猫伝染性腹膜炎)やFIV感染による猫免疫不全ウイルス感染症の症例がとても多い動物病院です 猫のFIP(猫伝染性腹膜炎)やFIV感染による猫免疫不全ウイルス感染症では独自の治療法により高い改善率を誇っており、遠方からの問い合わせや来院も少なくありません。 これら猫の感染症は非常に致死率も高く難治性の疾患ですが、驚くほどの改善例がいくつもあるとのご報告をいただいております。 ウサギやカメの治療にも力を入れています 犬や猫の診療のみならず、うさぎとカメの診療も数多く行っており、経験が豊富です。 特にウサギはデリケートな動物ですから経験豊富な長居動物病院は安心して診療を受けられると思います。 【参考】 ペットホテルやサロンも併設しています 長居動物病院では長期入院(1ヶ月以上)にも対応できるペットホテルやペットサロンも併設しています。

次の

長居動物病院の評判・口コミ

長居 動物 病院

来院時期: 2019年06月 投稿時期: 2019年09月 先日亡くなった我が子の病名がやっとわかりました。 最善尽くしてくれた長居動物病院感謝です。 最初からここで治療していれば良かった。 評価ですが値段は良心的です。 医師については院長も副院長も頼もしく、またここの口コミにもあがっていますが、ダイレクトに言ってくるので好き嫌いは別れますが私からすればその医長は本当に頼りになりますし、医長は本当に救えるものは救ってやりたいと考えている方です。 理由は一年分の束になった検査結果を精査し、愛犬の薬の耐性まで調べ次の治療方法を考えてくれ出来る限りの事はしてくれますし、外科処置的に必要であると医師が判断したら大阪府立大学獣医学への紹介もしてくれます。 先日亡くなった愛犬は、ある病院で1年前から治療を受けていましたが回復せず、その病院が休みの時に長居動物病院で診療、既に手遅れに近い状態でしたが最後愛犬は処置のお陰で自分の足でたつことができ、二週間ぶりの固形物の食事が取れ、臨終の一日前は家族全員でお外にお出かけする事が出来ました。 以上の事から私は長居動物病院をおすすめします。 動物の種類 《純血》 来院目的 通院 予約の有無 なし 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 15分〜30分 診察時間 15分〜30分 診察領域 症状 病名 ペット保険 - 料金 10000円 備考: 注射、検査、診療、点滴、投薬込み 来院理由 元々通っていた 来院時期: 2019年07月 投稿時期: 2019年07月 重度のうっ滞になり胃も腸も動かず胃が大きく膨らみ飲まず食わず。 とても信頼できる副院長先生です。 安心してうさぎを任せられます。 たくさん質問してもすべて丁寧に受け答えしてくれます。 ずっと通いたいと思います!おすすめです! 動物の種類 《純血》 来院目的 通院 予約の有無 なし 来院時間帯 夜間 18-22時 待ち時間 15分〜30分 診察時間 10分〜15分 診察領域 症状 病名 ペット保険 - 料金 - 来院理由 元々通っていた 来院時期: 2018年11月 投稿時期: 2018年12月 うちの猫はとても怒りんぼうで、動物病院に連れて行くのはとても大変です。 初診の時です。 「すごく狂暴です」とは伝えたのですが薬を飲ます拍子に「あっ」と思うまもなく、先生にかみつきました。 当然流血事件。 先生は黙って手を洗いに行き、戻られた時には絆創膏をされていました。 そのあと何事もなかったかのように再開されましたが、今度は目にもとまらぬ速さで先生の手に爪をたててしまいました。 凶暴な猫は保定が出来ないと診てくれない病院もあると聞きますが、先生は何も言わずに猫の治療をしてくれました。 それからも「ネットに入れてきて」とは言われませんでした。 さすがに2回目からは先生も保定に慎重を期してました。 猫は18歳という高齢で、すでに慢性腎不全を2年患った上に癌になり、癌を診れる病院を探して、こちらにたどり着きました。 治療方針も費用感を交えスパッと言われますので私は選択しやすかったです。 最初は話し方がぶっきらぼうに感じましたが、愛情をもって猫に接してくれているのは伝わりましたし、猫のQOLを優先して考えてくれるのでいい先生だなと思いました。 動物の種類 《雑種 ミックス 》 来院目的 通院 予約の有無 なし 来院時間帯 日中 9-18時 待ち時間 1時間〜2時間 診察時間 15分〜30分 診察領域 症状 病名 扁平上皮癌 ペット保険 - 料金 7000円 来院理由 Webで知った 当サイト以外 来院時期: 2017年12月 投稿時期: 2018年02月 うさぎに詳しい先生がいらっしゃいます。 3度診て頂きましたが、この間診て頂いた先生はすごく好感の持てる先生でした。 名前がわからないのですが院長先生ではないメガネの先生です; まず先生が地べたに座ってうさぎをキャリーから出します。 診察前にガチガチに緊張したうちの子を抱きながら優しく話しかけナデナデしてくれました。 診察は鼻水が出ていたのでその診察と、不正咬合のチェックもして頂きました。 奥歯がナナメに尖っているとの事だったので色々教えて頂きました。 あとは爪切りもして頂き診察終了です。 換毛中だったので先生の服が真っ白になっていました。。 毛がすごく舞っていて顔にもまとわりついていたのに嫌な顔ひとつせず診察して下さいました。 ただ飼い主に対してはちょっと笑顔がなかったですw それでもペットに対してすごく愛情を持って接してくれますので、飼い主としてはとても嬉しいです。 この日は年末で診療時間前に病院に着いたので1番に見て頂きましたが 普通の日は診療時間前に病院へついても既に待っている方がいます。 4番目の時は大体40分ぐらい待ちました。 料金は比較的安いと思います。 抗生剤 来院時期: 2017年10月 投稿時期: 2018年02月 4ヶ月前に突然猫が失明しかけて、急いで病院へ。 その時に副医院長ではなくもう1人の医師が担当になりました。 その担当医は、とりあえず血液検査して結果、定休日以外は毎日点滴しに病院へ、自宅では毎日薬を飲ましてと言われました。 更に、学会がどうの論文がどうの能書きばかりですが、我慢して聞いてました。 12月に入り、仕事も多忙になる為通院は不可能になり自宅点滴、薬を飲ますの毎日。 たまに病院へ行き、血圧検査。 少し回復傾向にホッとしてましたが、1月末辺りにフラフラし出し病院へ。 担当医からは神経痛と言われステロイドを飲ませる指示。 しかし4日前から水も餌も何も口に入れても吐き出すと伝えたのですが、、、 そして3日前から立てないほど悪化したので病院へ。 血液検査して担当医の口から驚く発言が「アカン、腎臓末期やわ」と言われ入院して血管に点滴するとの事で、明日夕方迎えに来て下さい、あ、それまでに病院から電話有ったら死ぬと思ってっと吐き捨てるような言い方。 怒りが込み上げましたが、可愛い家族の為我慢。 無事夕方迎えに行き、担当医から「少しは良くなってるし、下痢してたから腸が動いてるから」と言われ帰宅。 自宅で猫をゲージから出すと、立つ事さえ出来ず、更にお尻は便まみれ。 翌日、半日入院して血管点滴でしたが、担当医が休みで副医院長に観て頂きました。 その時に、昨日の担当医の発言・猫の症状を話し合い、副医院長は私達に寄り添い話てくれました。 もう1度検査して数値が下がってれば治療続行しようと。 しかし、検査結果はダメでした。 覚悟はしていたので、副医院長と話し延命治療を辞めました。 4ヶ月前の血液検査で腎臓見抜け無かったのかとか、突然吐き捨てるように末期と言われた家族の気持ちとか、色々話し副医院長は私達の心のケアまでして下さいました。 評価2はあくまであの担当医で、副医院長なら5です。 今朝、苦しまず安らかに旅立ち、副医院長には感謝しかありません。 最初から副医院長だったらと思いますが、最後に担当医じゃ無くて良かったと心から思いました。 患者にも家族にも寄り添える医師は、本当に素晴らしいです、有難う御座いました。 動物の種類 来院目的 その他 予約の有無 なし 来院時間帯 早朝 6-9時 待ち時間 5分〜10分 診察時間 5分〜10分 診察領域 症状 病名 ペット保険 - 料金 5000円 備考: 薬や餌代や自宅点滴セット 来院理由 Webで知った 当サイト以外 薬• 血管拡張剤• 心拍数を下げる薬.

次の