スプラトゥーン2 秀吉。 『スプラトゥーン』に最も期待する次の展開は『3』の発表!─『2』のアップデートよりも「フェス」再開を希望する傾向に【5周年記念アンケート】

プライムシューターの長所短所

スプラトゥーン2 秀吉

三人称視点の対戦型アクションシューティングとして、高い人気を博している『スプラトゥーン』シリーズ。 現時点の最新作である『スプラトゥーン2』は1,000万本を超える大ヒットを記録し、今も多くのユーザーがインクにまみれて戦っています。 本シリーズが幕開けを迎えたのは、1作目に当たる『スプラトゥーン』が発売された2015年5月28日。 今日でちょうど5周年を迎えます。 本作の発売以前からこのジャンルには様々な人気作が揃っていましたが、ポップカルチャーでキュートなビジュアル、深く踏み込むと奥深い世界観、ヒトとイカの2形態を駆使する駆け引き、ジャイロ機能を駆使するエイムなど、ユニークなポイントと確かなゲーム性を両立させ、瞬く間に一大ブームを巻き起こしました。 特に、インクで染め上げた陣地の広さで勝敗を決する「ナワバリバトル」の存在は、敵を倒す以外の方法で味方チームに貢献できるため、FPSやTPSを経験していない初心者でも遊びやすく、幅広いユーザーの取り込みに成功。 新規IPながら495万本を売り上げ、後のシリーズ展開に繋がる活躍を見せました。 2017年7月に発売された『スプラトゥーン2』は、ニンテンドースイッチの好調ぶりと相まってより大きなムーブメントとなり、様々なアップデートや大型DLCの配信などを経て、世界中で愛される作品として今も親しまれています。 そんな名シリーズの歩みが、このたび5年の歳月を刻みました。 先日、リバイバル開催こそされましたが、定期的なフェスの開催も2019年7月にファイナルを迎えており、そろそろ新しい展開が来て欲しいと願う方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、本シリーズの5周年を記念して行ったアンケート「『スプラトゥーン』シリーズに来て欲しい、次の展開は?」の結果発表をお届けしたいと思います。 寄せられた票数は、なんと1841票! 回答者の男女比は、男性61. 7%に対し、女性36. 9%(無回答1. 4%)。 インサイド読者の『スプラトゥーン』ユーザーたちは、どの展開を特に待ちわびているのか。 その結果と傾向をご覧ください! 第6位「オクト・エキスパンションのような追加DLC」:45票(2. 4%) 今回のアンケート項目は全部で6つ。 残念ながら最下位となったのは、「オクト・エキスパンションのような追加DLC」を求める声でした。 もちろん、『オクト・エキスパンション』は大変刺激的ですし、多くの方が購入して楽しんだコンテンツですが、このタイミングで『スプラトゥーン2』の追加DLCを要望する方は少ない模様です。 第5位「スマホ版『スプラトゥーン』の配信」:97票(5. 3%) 任天堂も数年前からスマホ向けのアプリに力を入れ始め、『スーパーマリオブラザーズ』や『ファイアーエムブレム』などの名を冠するゲーム作品を次々とリリースしています。 直近では、『マリオカート ツアー』の躍進ぶりも記憶に新しいところでしょう。 一試合単位で区切りをつけやすい『スプラトゥーン』は、空き時間に触れるスマホとの相性も良さそうですが、スマホ版の展開を望む声は全体の5. 3%に留まりました。 スイッチは携帯モードがあり、場所を選ばず遊べる環境がすでに揃っているといえます。 そのため、スマホ版への訴求は控えめなのかもしれません。 第4位「バトルロイヤルモードの導入」:123票(6. 7%) 昨今の対戦型シューティングでは、最後のひとり(もしくは最後の1チーム)になるまで戦い続ける、バトルロイヤル形式の作品も人気を集めています。 『スプラトゥーン』はチーム同士の直接対決が基本なので、本シリーズのシステムとバトルロイヤルが融合したらどんな作品になるのか、興味深いところです。 この「バトルロイヤルモードの導入」を要望に選んだ回答者は123人で、割合としては6. アンケートの順位的には中ほどとなり、希望するユーザー数としては惜しくも上位陣に及ばない結果となりました。 《臥待 弦》.

次の

プライムシューターの長所短所

スプラトゥーン2 秀吉

三人称視点の対戦型アクションシューティングとして、高い人気を博している『スプラトゥーン』シリーズ。 現時点の最新作である『スプラトゥーン2』は1,000万本を超える大ヒットを記録し、今も多くのユーザーがインクにまみれて戦っています。 本シリーズが幕開けを迎えたのは、1作目に当たる『スプラトゥーン』が発売された2015年5月28日。 今日でちょうど5周年を迎えます。 本作の発売以前からこのジャンルには様々な人気作が揃っていましたが、ポップカルチャーでキュートなビジュアル、深く踏み込むと奥深い世界観、ヒトとイカの2形態を駆使する駆け引き、ジャイロ機能を駆使するエイムなど、ユニークなポイントと確かなゲーム性を両立させ、瞬く間に一大ブームを巻き起こしました。 特に、インクで染め上げた陣地の広さで勝敗を決する「ナワバリバトル」の存在は、敵を倒す以外の方法で味方チームに貢献できるため、FPSやTPSを経験していない初心者でも遊びやすく、幅広いユーザーの取り込みに成功。 新規IPながら495万本を売り上げ、後のシリーズ展開に繋がる活躍を見せました。 2017年7月に発売された『スプラトゥーン2』は、ニンテンドースイッチの好調ぶりと相まってより大きなムーブメントとなり、様々なアップデートや大型DLCの配信などを経て、世界中で愛される作品として今も親しまれています。 そんな名シリーズの歩みが、このたび5年の歳月を刻みました。 先日、リバイバル開催こそされましたが、定期的なフェスの開催も2019年7月にファイナルを迎えており、そろそろ新しい展開が来て欲しいと願う方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、本シリーズの5周年を記念して行ったアンケート「『スプラトゥーン』シリーズに来て欲しい、次の展開は?」の結果発表をお届けしたいと思います。 寄せられた票数は、なんと1841票! 回答者の男女比は、男性61. 7%に対し、女性36. 9%(無回答1. 4%)。 インサイド読者の『スプラトゥーン』ユーザーたちは、どの展開を特に待ちわびているのか。 その結果と傾向をご覧ください! 第6位「オクト・エキスパンションのような追加DLC」:45票(2. 4%) 今回のアンケート項目は全部で6つ。 残念ながら最下位となったのは、「オクト・エキスパンションのような追加DLC」を求める声でした。 もちろん、『オクト・エキスパンション』は大変刺激的ですし、多くの方が購入して楽しんだコンテンツですが、このタイミングで『スプラトゥーン2』の追加DLCを要望する方は少ない模様です。 第5位「スマホ版『スプラトゥーン』の配信」:97票(5. 3%) 任天堂も数年前からスマホ向けのアプリに力を入れ始め、『スーパーマリオブラザーズ』や『ファイアーエムブレム』などの名を冠するゲーム作品を次々とリリースしています。 直近では、『マリオカート ツアー』の躍進ぶりも記憶に新しいところでしょう。 一試合単位で区切りをつけやすい『スプラトゥーン』は、空き時間に触れるスマホとの相性も良さそうですが、スマホ版の展開を望む声は全体の5. 3%に留まりました。 スイッチは携帯モードがあり、場所を選ばず遊べる環境がすでに揃っているといえます。 そのため、スマホ版への訴求は控えめなのかもしれません。 第4位「バトルロイヤルモードの導入」:123票(6. 7%) 昨今の対戦型シューティングでは、最後のひとり(もしくは最後の1チーム)になるまで戦い続ける、バトルロイヤル形式の作品も人気を集めています。 『スプラトゥーン』はチーム同士の直接対決が基本なので、本シリーズのシステムとバトルロイヤルが融合したらどんな作品になるのか、興味深いところです。 この「バトルロイヤルモードの導入」を要望に選んだ回答者は123人で、割合としては6. アンケートの順位的には中ほどとなり、希望するユーザー数としては惜しくも上位陣に及ばない結果となりました。 《臥待 弦》.

次の

【スプラトゥーン2】XP2700のL3D使いさん、有名上位勢に「無印使え」と言われた上に最高パワーを更新されてしまう

スプラトゥーン2 秀吉

プレイヤー情報:秀吉 2度推薦があったものの見送り…3度目でインタビューを決意しました。 ここまで、インタビューするか悩んだプレイヤーは初めてです。 賛否両論あるプレイヤーですが、ガチパワーを高レベルで維持しているのもまた事実。 秀吉選手のプライムインタビュー! プレイヤー名 秀吉 メイン武器 プライムシューター(その他スプラスピナー、クアッドなど) twitter openrec youtube インタビュー なぜプライムシューターをメイン武器を選んだのでしょうか 前回のアプデで、メイン強化のギアが導入され、プライムシューターは疑似2確を実現することが出来るようになりました。 アプデからしばらく使い続けていて、3日間くらいでエリアでのXP2700を実現できたので、結構強いなーと思って使い続けています。 大会でも、プライムベッチューを使って優勝できたので、しばらくはこの武器を中心に使っていこうかなと思っています。 他にはエクスプロッシャーや、クアッドなども使っていて ステージや編成で使い分けをしています。 普段、大会に出る時はその都度即席でチームを組むので、味方や相手に合わせて出来るだけ柔軟に対応するように意識ていますね。 プライムシューターの長所はなんでしょうか? とにかく 圧倒的なキルタイムですね。 ワンチャンを通す性能が高く、抱え落ちもさせやすいです。 マニュ系統の対面においても、距離さえ取っておけばほぼ確実に勝てるので、それも長所ですね。 プライムシューターの短所はなんでしょうか? 現在、環境武器と言われている 黒洗濯機、傘、チャージャーに対して少し対面という意味で弱いかなというのがあります。 ただ、それ以外は特にないですね。 メインのインク効率が悪いっていう話もありますし、 インク管理が苦手なら、実際0. 2くらいまでなら積んでもいいかもしれません。 稀に切れることもありますしね。 ただ、普段はつけることはないです。 ギアがきつくないか、とたまに聞かれますが H3で疑似2確を実現しようとすると、メイン強化を3. 3積む必要が出てきます。 プライムの場合は2. 2~2. 4の間で調整することが多い為 まだ1. 5~1. 7の範囲で自由に使えると思うと、結構余裕があるともいえるかと思います。 使っていると塗りがきつい気はしますが? そうですね、ガチマッチでいうとどうしても塗りたい場面というのは出てきます。 編成もほぼランダムですし、塗れない編成だと塗りきれずに負けることもどうしてもあります。 ただ、大会の時には、当然キル武器としての枠でチームを作りますし 味方が塗ってくれるので、塗れないことを弱点だと考えたことはありません。 初心者に今お勧めするならなんの武器ですか? デュアル、スプラスピナー、プライムベッチューがおすすめです。 理由としてはデュアルは引き際、攻め時を理解するためには持ってこいの武器だからです。 また、スプラスピナーは塗りの大切さを理解するには1番適正な武器だと思いました。 アプデ前まではエクスをオススメしようかと思いましたが、ナーフされてインク効率が悪くなり、判定も小さくなったのでかなり難しい武器になりましたね…… この2つの武器はスペシャルがアメフラシで比較的に楽なスペシャルなのでそういう面でも初心者の方にオススメします。 プライム2種類は、ナイス玉が刺さるステージかどうかで使い分けるのをおすすめします。 プライムシューター自体は、シューターの基礎を学ぶという意味で、いい武器だと思います。 シューターの基本的な部分を全て学べますし シューターの基礎を学べれば、他の色々な武器を持てるようになりますから。 プライム無印は、ナイス玉が刺さらないステージに対して、大抵雨が刺さりますね。 モズクのエリアとかがいい例です。 それに雨は疑似2確とも非常に相性が良いので。 逆に ナイス玉が刺さるのは、ハコフグやチョウザメなどの狭めのステージですね。 雨よりナイス玉の方が打開がしやすいのではないかと個人的には思います。 雨でも、チャージャーなどをどかすことは出来ますが、ベッチューであればボムでも触れますしね。 ただ、インク効率がちょっと厳しい武器ではあるので、使いこなすまでには時間がかかるかもしれません。 秀吉(プライムシューター)のインタビューは4ページ構成です。 1.プライムシューターの長所短所 秀吉(プライム) 2. 3. 4. -, , ,.

次の