朝ドラ スカーレット ネタバレ 最終 回。 スカーレットNHK朝ドラ最新話から最終回まで全話ネタバレあらすじキャスト視聴率感想

朝ドラ・スカーレット最終回・第150話あらすじネタバレ

朝ドラ スカーレット ネタバレ 最終 回

窪田正孝が主演するNHKの朝ドラ「エール」のモデルとあらすじとネタバレです。 ・・・声楽を目指す少女• ・・・関内音の父• ・・・関内音の母• ・・・関内音の姉• ・・・作曲家を目指す青年• ・・・古山裕一の父• ・・・古山裕一の母• ・・・古山裕一の弟• ・・・古山裕一の幼なじみ• ・・・古山裕一の幼なじみ• ・・・小学校の教師• ・・・京都の商人• ・・・ハーモニカ倶楽部の会長• ・・・ドイツ留学経験のある歌の先生• ・・・軍に納品する商売人• ・・・世界的なオペラ歌手• ・・・演奏会を提案する興行師• ・・・クラスメイト• ・・・川俣銀行の支店長• ・・・川俣銀行の行員• 松坂寛太(望月歩)・・・川俣銀行の行員• ・・・川俣銀行の事務員• ・・・ディレクター• ・・・早稲田大学応援部の団長• ・・・ギターが得意な作曲家• ・・・歌手• ・・・下駄屋の娘• ・・・音のライバル• ・・・裕一が尊敬する作曲家• ・・・人気の作詞家• ・・・カフェの店員• ・・・新人歌手• ・・・古山裕一の弟子• ・・・人気歌手• ・・・応援団員• ・・・田中隆の幼なじみ• ・・・歌手• ・・・演出家• ・・・古山裕一(窪田正孝)の就職先• ・・・レコード会社• ・・・レコード会社• しかし、古山裕一(窪田正孝)は音楽と出会ったことで、音楽の素晴らしさに惹かれ、独学で作曲を学び、家族に内緒で海外のコンクールに応募しすると、古山裕一(窪田正孝)の曲が上位入賞を果たした。 これを切っ掛けに、古山裕一(窪田正孝)は歌手を目指している女性と出会い、その女性と結婚し、2人で苦難を乗り越えて、数々のヒット曲を生み出していった。 やがて、戦争へと突入すると、古山裕一(窪田正孝)は軍の要請で戦時歌謡を作曲するが、自分が作った歌で若者が戦死していくことに心を痛め、戦後は歌の力で傷ついた国民を癒やそうと考え、新しい時代へと向けた歌を作曲するのだった。 古関裕而は実家の呉服やを継ぐために、旧制福島商業学校へと進学するが、実家の呉服屋が倒産してしまう。 卒業後は川俣銀行に就職する一方で、福島ハーモニカーソサエティーに入り、作詞・作曲などを手がけるとともに、作曲家・金須嘉之進に師事した。 やがて、古関裕而は「竹取物語」を作曲して海外のコンクールに送ると、「竹取物語」が入選。 この入選が切っ掛けで、内山金子と知り合い、内山金子と結婚した。 そして、古関裕而は、山田耕筰の推薦でコロムビアの作曲家となり、菅原明朗に師事しながら、数々の曲を世に送り出した。 戦時中は戦時歌謡を手がけたが、自らの作品で戦死していった人たちへの自責の念を持ったことから、戦後は暗い日本を明るくするために数々の曲を作り、1964年開催の東京オリンピックの「オリンピック・マーチ」も手がけた。 古関裕而は数々の功績が認められ、福島県福島市で初の名誉市民に認められ「福島市古関裕而記念館」も建設されたが、入院生活を送っていたため、「福島市古関裕而記念館」へ行くことは出来ず、平成元年(1989年)11月12日に脳梗塞で死去した。 80歳だった。

次の

NHK朝ドラ「スカーレット」最終回には八郎、喜美子、武志で食卓を囲める幸せなシーンをお願いします?感想BGM

朝ドラ スカーレット ネタバレ 最終 回

連続テレビ小説「スカーレット」の最終週である25週のネタバレ・感想やあらすじなどを予想と合わせて最終回、最終話・結末まで紹介していきたいと思います! 朝ドラ「スカーレット」の24週では、実話通りにいけば、川原武志のモデル、神山賢一は、滋賀県でドナーを捜したのですが、ドナーは見つかりませんでした。 そこで、神山賢一はHIAが一部一致していた叔母・静子から骨髄移植を受けることになり、名古屋の病院に入院します。 実話では、神山賢一が白血病を発症した時点で、既に子続いバンク運動は始まっており、名古屋で民間の「東海骨髄バンク」が設立されていました。 そして、当時、日本の白血病治療の最先端は名古屋だったので、神山賢一は骨髄移植を受けるために、名古屋の病院に入院したのです。 朝ドラ「スカーレット」で離婚した夫の十代田八郎が名古屋で働いているというのも、そういう実話を反映したからだと思われます。 そして、モデルの神山賢一は、叔母・静子から骨髄移植を受けて回復していくのですが、再び白血病を発症してしまいます・・・。 朝ドラの「スカーレット」でも、川原武志が骨髄移植を受けて、改善に向かったとしても、再び発症してしまう・・・という展開になっていくのではないかと予想されます。 また、川原喜美子のモデルである神山清子は、骨髄バンク運動に関わったのですが、ドラマでそこを描く時間は無さそうなので、骨髄バンクは描かれないかもしれません。 描かれたとしても、ダイジェストくらいな感じかもしれませんね。 このような展開が予想されます。 展開が予想されます。 それでは、「スカーレット」最終週である第25週はどのようになるのか・・・紹介していきたいと思います。 【この記事も読まれてます】 もくじ• 「スカーレット」最終週第25週のあらすじを予想 「スカーレット」の最後の週である25週では、実話をもとにして考えると、川原武志のモデルの神山賢一は、HLAが一部一致している叔母から骨髄移植を受けたのですが、白血病が再発してしまいます。 最初に白血病と診断されたとき、ドナーが見つからなければ2年で死ぬと余命宣告を受けていたので、もう打つ手はなく、あとは死を待つだけという、悲しい現実を迎えてしまいました。 そこで、あまりにも早すぎる息子の死を悲しんだ、川原喜美子のモデルである、母・神山清子は、神山賢一に、一緒に献体登録をしようと提案します。 献体とは、死んだあと、自分の遺体を医大などに提供して、医大生の解剖などに使ってもらう事です。 献体登録をすれば、死後2年間は遺体がそのままの状態で安置されるため、医大に行けばいつでも神山賢一に会える・・・。 2年間で気持ちも整理できるだろうと、母・神山清子は考えたのです。 神山賢一は提案を受け入れ、母・神山清子と共に献体登録をします。 さらに、母・神山清子は 「入院前に作った壺があっただろ?お母ちゃん、賢一の作品を自然釉で焼いてみたい」 と提案しました。 母・神山清子は、釉薬を使わない古代信楽焼を再現した「信楽自然釉」の第一人者だったのですが、神山賢一は、母親をライバル視して、釉薬を研究し、天目茶碗を作っていたので、神山賢一の「信楽自然釉」の作品はなかったのです。 すると、神山賢一は 「本当は自然釉をやってみたかったんだ・・・」 と言い、母・神山清子は神山賢一の壺を焼くために穴窯に挑むのでした。 この実話通りにいけば、朝ドラ「スカーレット」でも、川原武志は、献体登録をして、川原喜美子に遺作の壺を焼いてもらうという展開になる事が予想されます。 しかし、不倫の事などが描かれなかったように、実話と異なる点がいくつかあるので、もしかすると、川原武志は、亡くなる事なく、存命として描かれるかもしれません。 とにかく、この25週が最終週となるので、どう展開されるのか・・・朝ドラ「スカーレット」が見逃せませんね! 「スカーレット」最終週第25週のあらすじ「炎は消えない」 武志(伊藤健太郎)の、器の中で生きている水を表現した作品が完成し、喜ぶ喜美子(戸田恵梨香)。 しかし同じ病気で亡くなった高校生からの手紙を受け取って、心情を初めて吐露する武志に、そのつらさを改めて思いやる。 そんな二人に作品についての意外な気づきが光をもたらし、生きていることを実感する。 信作(林遣都)の発案で信楽で「みんなの陶芸展」を開くことに。 喜美子は陶芸教室の生徒とともに、自らも出品しようと決める。 武志もさらに作品を作りはじめる。 直子(桜庭ななみ)は武志と真奈(松田るか)をドライブに誘い出し、二人の様子に、お互いを思いあう愛情を見てとる。 一方喜美子は八郎(松下洸平)とともに、武志と過ごす日々のいとおしさをかみしめる。 そして、いよいよ「みんなの陶芸展」。 照子(大島優子)の家族をはじめ、草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)が訪れる。 ジョージ富士川(西川貴教)もやってきて、喜美子が陶芸家として活躍していることを喜んでくれる。 ジョージが呼びかけ、大きな紙に「今日が私の一日なら」をそれぞれに書くことになる。 変わらぬ日々は特別な一日であるという武志の思いに、喜美子は、みんなで琵琶湖へ行くことを思いつく。 「スカーレット」145話のあらすじ 武志(伊藤健太郎)がやり場のない感情を初めて爆発させる。 武志が念願の作品を完成させる。 その出来と充実した武志の表情に喜美子(戸田恵梨香)も喜ぶ。 しかし、達成感を味わう武志に異変が起きていた。 武志は通院して、大崎(稲垣吾郎)に薬の副作用で味覚がおかしいと告げる。 家では八郎(松下洸平)が武志の作品完成を祝おうと食事を準備中。 だが、武志は八郎に突っかかり、やり場のない感情を初めて爆発させる。 実は闘病していた高校生が亡くなる前に書いた手紙を受け取っていた。 同級生に貧乏を囃し立てられ屈辱に耐えるある日、常治が買い出し先で出会った引揚者・草間宗一郎を連れ帰り、沈鬱する彼を療養目的で居候させる。 給食費支払いも困難な生活を逼迫するゆえに草間を当初疎ましく感じた喜美子だったが、彼から人としての分別や柔道を教わり、草間も彼女に励まされ互いに打ち解けていく。 一方喜美子は、大野家の一人息子・信作と、裕福な信楽焼窯元「丸熊陶業」の娘・熊谷照子から勉強を教わったり、一緒に柔道に励んだりし、友情を築いていく。 5年後、教員が進学を勧めるほど成績優秀で絵が得意な中学3年生になった喜美子は、家計のため卒業後は丸熊陶業で働く予定であった。 しかし卒業目前に、丸熊陶業から男社会を理由に内定を取り消され、事を知った常治は喜美子に大阪の「荒木商事」への就職を決めてくる。 就職話を承諾するも信楽を離れる寂しさを感じた喜美子だが、常治が勧める丘から見える美しい夕陽を見て気持ちを切り替え、その場で古い信楽焼の欠片を拾って旅のお供として、大阪へ旅立つ決意を固める。 喜美子は、社長・荒木さだの自宅兼下宿屋である「荒木荘」の女中の仕事を与えられる。 当初、先輩女中の大久保のぶ子に、仕事は出来ないと見解され、彼女が促すまま信楽に帰ろうとした喜美子だったが、応援する母・マツの手紙を見て考え直す。 大久保から休む間も無く仕事を命じられ、更にさだから「大久保が辞めるまでは見習いのため月給千円と言い渡され、苛立ちながらも表には出さず、喜美子は真面目に仕事に取り組んでいく。 ある日、下宿人の新聞記者・庵堂ちや子の会社から好条件な転職話が舞い込み気持ちが揺れる喜美子だったが、ちや子の働きぶりを知り自身の半人前な現状に気づいたことや、大久保のさり気ない優しさを知り「3年は実家に帰らない」と誓い、改めて荒木荘で働き続ける決意を固める。 2年半後、大久保から引き継ぎ独りで荒木荘を切盛りするようになった喜美子は、貯金し美術学校への進学を目指していた。 そんななか、下宿人の医学生・酒田圭介に恋をするが、彼が恋人の希望で転居し失恋。 その後、志望校の講師で世界的芸術家・ジョージ富士川のサイン会で喜美子は、仕事で会場を訪れていた草間と偶然再会する。 「スカーレット」喜美子はジョージ富士川のサイン会に行く。 すると『半分だけ神』というジョージ富士川の作品があった。 そして外国人がいろんなポーズをしながら見ていたので喜美子は真似をしながらその作品を見る。 するとサインをお決まりの方こちらへ並んでくださいと言うとジョージ富士川が現れる。 — シグナル elefl69 草間との別れの後、マツが倒れたとの常治の嘘を信じ信楽に駆けつけた喜美子は、理由を告げず帰郷を迫る彼に対し、荒木荘の仕事と進学への夢を理由に反発する。 しかし、窃盗被害と仕事の不調で自棄を起こした常治の借金で荒んだ家庭事情を知り、急遽荒木荘の仕事を卒業し信楽に戻る。 常治の交渉で丸熊陶業の社員食堂に再就職した喜美子は、絵付係の仕事現場を見て絵付け師になりたいと思い、更に絵付け師で日本画家・深野心仙の生き様を知り、弟子入りを望む。 当初、修行の長さや家庭との両立の難しさなどから現状では無理と諦めようとした喜美子だったが、彼女の本音を知ったマツは協力に動き、妹たちは応援する。 喜美子を早く結婚させ婿を取ろうと画策していた常治は猛反対するも、偶然深野と酒を交わし話すうちに喜美子の弟子入りを認めることとなる。 修行を重ねて絵付け師の仕事をもらえるようになった3年後の昭和34年夏のある日、深野からの打診で喜美子は火鉢の絵柄をデザインする。 デザインは照子の夫で次期社長候補・敏春の目に留まり採用されるが、利益を上げたい彼の画策で、喜美子は不本意ながら会社のマスコットガールに仕立て上げられる。 程なく社長に就任した敏春は主力商品を従来の絵付け火鉢から植木鉢に移行し、絵付係の縮小を決定。 深野と弟子たちはそれぞれ進路を見つけ旅立つことを決める。 一人で絵付係を請け負うことになった喜美子は、高校進学を志望する末妹・百合子の学費のため、敏春に賃金引き上げを直談判。 敏春に承認された喜美子は、深野から一人前の絵付け師と認められる。 同時期、喜美子は新入社員・十代田八郎と親しくなり、彼から陶芸を教わるうちに相思相愛へと進展する。 陶芸家を目指す彼との結婚に常治は不安を感じ猛反対するが、展覧会で受賞を条件に承諾。 紆余曲折を経て新人賞受賞を果たした八郎は、川原家の婿養子になる形で喜美子と結婚する。 その後、喜美子と八郎は丸熊陶業から独立し「かわはら工房」を立ち上げる。 同年の夏、常治が末期がんと診断され冬に死去。 すれ違っていた喜美子と八郎は、葬儀後話し合い絆を深める。 そんななか、東京で働いていた長妹の直子が会社を辞め帰省。 恋人の鮫島正幸と大阪で商売を始めるため再び旅立つ。 またジョージ富士川の講演会が信楽で開催。 喜美子は諸事情で行けなかったが、八郎の計らいで再会を果たし、夫婦は彼から英気をもらう。 そして4年前の受賞以来燻っていた八郎は翌年春の陶芸展で金賞を受賞。 それまで陶芸職人に徹していた喜美子も、八郎の後押しもあり、初めて自分のために陶芸作品を生み出す。 昭和44年、かわはら工房は八郎の陶芸作品の製造販売が中心となる。 喜美子も陶芸を創作することはあるものの公にすることはなく、相変わらず八郎を支えていた。 八郎は個展を開催し2人の弟子がつくようになるが、作品の売れ行きは不調で、関係者らから新作を促されるも傑作は出来ず、壁にぶつかっていた。 銀座での個展開催に向け、八郎は創作に集中するために弟子らを解雇。 その直後、松永三津がやって来て弟子入りを懇願する。 当初固辞した夫婦だったが、三津が八郎の創作に良い影響を与えると感じた喜美子は、彼女が泥棒被害を食い止めてくれた礼として弟子に採用する。 一方で喜美子も八郎を励まそうと陶芸を創作し、展覧会に出展する。 しかし、上手くいかない自分の隣で、才能を発揮し進んでいく喜美子を目の当たりにした八郎は、同じ経験を持つ三津に「しんどい」と吐露。 三津のアドバイスで八郎は初期の作風に戻り、彼女の話から和食器のディナーセットを作る事を思いつき創作に拍車がかかる。 喜美子は変化した八郎に戸惑うある日、三津から八郎の本音を聞くも、彼の気持ちを理解出来ず、価値観を同じとする八郎と三津の仲や、三津が八郎に惹かれつつある様子に複雑な思いを抱いていく。 結局、展覧会で落選した喜美子は、展覧会で受賞し八郎を喜ばす目標を掲げる。 大阪就職前に拾った信楽焼の欠片と同じ、自然釉の陶芸を作りたいと思うようになった喜美子は、その為の穴窯設置を計画する。 維持と使用に莫大な費用がかかることが判明し、計画見送りを考えた喜美子だったが、八郎に背中を押され、家族からも理解と支援を得て、設置を決める。 やがて穴窯が完成し、期待を込めて初めて火入れをするが、結果は失敗。 同じ頃、三津は八郎への想いを断つため、表向きは穴窯使用反対を理由に、かわはら工房を去っていく。 2度目の穴窯挑戦も失敗し、多額の支出が続くことを危惧した八郎は、穴窯使用の中止を喜美子に説得する。 しかし、家族の貯蓄を切り崩してでも穴窯を諦めようとしない喜美子に八郎は憤り、家出する。 夫婦別居生活が始まった直後の3度の挑戦も失敗した喜美子は、百合子の勧めで12月末、息抜きがてら武志を連れて大阪に行き、ちや子の自宅を訪問する。 そこで、荒木荘時代の人々と再会を果たした喜美子は英気を養い、再び穴窯への挑戦を胸に帰宅する。 翌年、喜美子は信楽信用組合から借金しつつ失敗と研究を重ね、7度目の挑戦は穴窯を2週間炊き続ける事を決める。 事を知った八郎は、穴窯が破損し火事になる恐れもあり猛反対するが、同時期に駆けつけた草間の応援を力にし、喜美子は実行に移す。 八郎の予想通り穴窯は一部崩落するも応急処置で乗り切り続行、その結果12月、喜美子が目指した自然釉の信楽焼が成功する。 八郎が陶芸展に出品した大鉢は緋色(スカーレット)ではないよ。 あれは辰砂釉(しんしゃ)。 信楽焼の緋色は釉薬の色ではなくて炎で焼かれた土そのものの色のこと。 八郎が喜美子の笑顔から引き出した釉薬の色と、喜美子がのちに追い求める緋色は違うということ。 示唆的。 — ハマの隣人 hamanorinjin ちや子が穴窯成功を取材し女性陶芸家として名が広まった喜美子は個展を開催、昭和53年には後援会が出来るほどの陶芸作家となっていた。 高校2年になった武志は進路に悩み続けるが、5年前に離別した八郎を訪ねて相談した結果、陶芸家を目指すことを決意。 猛勉強を経て昭和54年春、京都の美術大学に合格し大学近くで寮生活を始める。 同年夏にはマツが他界。 既に百合子も信作と結婚し家を出たため、喜美子は独り暮らしとなる。 武志が卒業し帰宅するも束の間、武志は自ら家を出て、信楽窯業研究所での釉薬の研究とゲームセンターでのアルバイトを掛け持ちしながら独り暮らしを始める。 ある日、かわはら工房に資産家出身を名乗る老女・小池アンリがやって来て、初成功した自然釉薬の作品の買取を願い出る。 喜美子が非売品と説明するも小池は聞き入れず、大金を積み重ねてでも作品を欲しがり根競べとなるが、最後には小池が諦める。 そして喜美子作品に心酔する小池と話を交わすうちに喜美子も打ち解け、小池を川原宅に受け入れる形で一緒に暮らし始める。 また、喜美子の本心を知った小池のアドバイスや、武志との他愛ない話から、自分が意識する以上に周囲が八郎との仲を気遣っていると気づいた喜美子は、再び八郎との距離を縮めていく。 喜美子の作品と人柄に英気を養った小池からパリへの旅に誘われた喜美子だったが、工房に残り作品作りに精を出す。 そうしているうちに喜美子は信作から頼まれて観光客向けの陶芸教室を開きます。 その頃、武志は亜鉛結晶を用いた作品に挑戦することに。 そんな折、喜美子は、照子が敏春のことで病院にいくのに付き合い、医師の大崎を見かけます。 喜美子は改めて、陶芸教室を自分で企画し、八郎にうきうきと計画を話す。 一方、武志は亜鉛結晶を使った作品は無事完成させます。 しかし、陶芸の次世代展に応募した武志は、体調に不安を感じてきてしまう・・・。 人づてに聞いた喜美子は心配するが、武志は受けつけない。 ある日、武志から大きな病院での検査の必要があると聞かされる。 武志の前では不安を押し殺す喜美子。 二人で訪れると、担当はあの大崎医師だった。 検査を受け、武志が命にかかわる病気にかかっているとわかる。 大崎は親身な言葉をかけるが、喜美子は容易に受け止められず、武志に病名告知をするか悩む。 いつもどおりに振る舞おうとする喜美子だがついに照子の前で感情を抑えられず感情を吐露します。 NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信は? NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。 民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。 しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。 有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。 しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。 なのでご注意くださいませ。 【関連記事】.

次の

スカーレット|最終週・149話ネタバレと感想。『いつもと変わらない1日は特別な1日』 【NHK朝ドラ】

朝ドラ スカーレット ネタバレ 最終 回

「スカーレット」実話では この朝ドラ「スカーレット」の題材となる実話では、川原武志が白血病と診断されると、周囲の人が 「川原武志くんを救う会」 を立ち上げて、募金活動とドナー集めを開始するのだと思われます。 川原喜美子は川原武志と親子展を開催して、ドナーを呼びかけ、この活動は滋賀県全体へと広がっていきます。 しかし、実話ではドナーが見つからないうえに、検査費用が自己負担だったので 「神山賢一君を救う会」 は莫大な借金を抱えて解散し、スカーレットのモデルとなった神山清子は借金を被り、作品を売りながら借金を返済していくことになります。 神山賢一は、滋賀県でドナーを捜したのですが、ドナーは見つかりませんでした。 そこで、神山賢一はHIAが一部一致していた叔母・静子から骨髄移植を受けることになり、名古屋の病院に入院します。 実話では、神山賢一が白血病を発症した時点で、既に子続いバンク運動は始まっており、名古屋で民間の「東海骨髄バンク」が設立されていました。 そして、当時、日本の白血病治療の最先端は名古屋だったので、神山賢一は骨髄移植を受けるために、名古屋の病院に入院したのです。 朝ドラ「スカーレット」で離婚した夫の十代田八郎が名古屋で働いているというのも、そういう実話を反映したからだと思われます。 そして、モデルの神山賢一は、叔母・静子から骨髄移植を受けて回復していくのですが、再び白血病を発症してしまいます・・・。 つまり、実話では決して幸せな最期ではなかったですが、神山清子さんは今も前を見続けています。 「スカーレット」150話までのネタバレ・感想 いつもと変わらない一日が、いつまでも続きますように・・・と願っていたけれど、でもいま現に、そうでないことが世界中に起きていて、いつもと変わらない一日は特別な一日なんだと痛感しています。 はあ・・・終わってしまうんだなぁ・・・。 半年間、なんやかんやあったけど、ここ2週間でたくさん泣きました。 ちや子さんと草間さん、そういう接点があったのね! あとから「草間流柔道の・・・」と聞こえてきたときのちや子さんの様子に、クスっとしました。 いい俳優さんのいい演技が多くて、満足度が高かったです! 桜と桃「彼女もピアノ発表会来て下さい」に武志と真奈二人共照れてましたね。 また草間さんとちや子さんからのWパワー注入が嬉しかったです。 そして「いつもと変わらない1日は特別な1日」に武志の病状がこれ以上進行しないで欲しいと思った。 そしてスカーレットもいよいよ最終回ですね。 時に常治の発言にイライラして喜美子と八さんの恋愛にはドキドキそして穴窯の作陶にハラハラし武志の病気にウルウルでスカーレットの視聴がいつの間にか朝の習慣になってました。 飽きる事なくあっという間の半年間で終わると思うと本当に寂しい限りです。 間違いなくロスになると思うし寂しいので最終話はワクワクニコニコの結末で嬉し泣きしたいです。 「スカーレット」最終週第25週のあらすじ「炎は消えない」 武志(伊藤健太郎)の、器の中で生きている水を表現した作品が完成し、喜ぶ喜美子(戸田恵梨香)。 しかし同じ病気で亡くなった高校生からの手紙を受け取って、心情を初めて吐露する武志に、そのつらさを改めて思いやる。 そんな二人に作品についての意外な気づきが光をもたらし、生きていることを実感する。 信作(林遣都)の発案で信楽で「みんなの陶芸展」を開くことに。 喜美子は陶芸教室の生徒とともに、自らも出品しようと決める。 武志もさらに作品を作りはじめる。 直子(桜庭ななみ)は武志と真奈(松田るか)をドライブに誘い出し、二人の様子に、お互いを思いあう愛情を見てとる。 一方喜美子は八郎(松下洸平)とともに、武志と過ごす日々のいとおしさをかみしめる。 そして、いよいよ「みんなの陶芸展」。 照子(大島優子)の家族をはじめ、草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)が訪れる。 ジョージ富士川(西川貴教)もやってきて、喜美子が陶芸家として活躍していることを喜んでくれる。 ジョージが呼びかけ、大きな紙に「今日が私の一日なら」をそれぞれに書くことになる。 変わらぬ日々は特別な一日であるという武志の思いに、喜美子は、みんなで琵琶湖へ行くことを思いつく。 NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信は? NHK連続テレビ小説「スカーレット」の動画配信や、見逃し配信はNHKオンデマンドでされます。 民放ですと、TVerなんですけど、NHKはNHKオンデマンドでされます。 しかし、NHKオンデマンドでは、見逃し配信を観るのも月額制となり、サービス精神はないです。 有料登録が原則なようなので、ご覧になりたい場合は、有料登録が必須です。 しかも、見逃し配信の見放題パックで月額料金を払っても、特選ライブラリーの番組は観れません。

次の