こと だまん コラボ。 コトダマン攻略Wikiまとめ

【コトダマン】リセマラの効率的なやり方

こと だまん コラボ

真・言霊祭ガチャの新キャラ リーダー評価 サブ評価 ギミック耐性 : チェンジ ヒール 炎上 文字 : 「た・ゆ」 特に強い点 ・ 炎上耐性100%リーダーは初 ・チェンジとヒールのWギミック耐性持ち ・「た・ゆ」に変換可能で使いやすい ・龍種族にはキラーで高火力を出せる 気になる点 ・強いて言えば光属性の追撃が活かせるクエストは限られる ひとこと オドラコやモウネロのクエストで活躍が期待されるキャラ。 水属性12体かつ獣種族4体以上の縛りはあるものの、炎上耐性100%のリーダー特性は非常に優秀。 リーダー評価 サブ評価 ギミック耐性 : チェンジ ウォール 呪い 毒 文字 : 「か」 特に強い点 ・チェンジとウォールのWギミック耐性持ち ・「いか・かい・がん」などいきものテーマですごわざが出せる ・英と龍種族にキラーで高火力を出せる ・呪い耐性リーダーとして優秀 気になる点 ・「〜かん・〜かく」などの形では使いづらい ・毒耐性のリーダー倍率は低め ひとこと い軸中心のクエストでは「いか・かい」など2文字ですごわざを出せる場面が多い。 獣種族デッキと相性がいい。 また、光属性の呪い耐性リーダーとして優秀。 リーダー評価 サブ評価 ギミック耐性 : シールド コピー 文字 : 「ん」 特に強い点 すごわざの火力が高い ・「ん」の文字は汎用性が高い ・すごわざのATKバフはどの属性の味方にも付与できる ・コンボ+や実体化時バフなどサポート面でも優秀 ・実質8コンボですごわざを発動できる ・簡単なクエストではATK250%のリーダー特性が有用 気になる点 ・10コンボ条件の追加効果は発動しづらい場合がある ひとこと 他の音言神同様高火力で、コンボ+やバフなどが便利。 「ん」の文字は使いやすい反面、コンボ数を稼ぐにはやや不向きなのが少しネック。 新降臨キャラ リーダー評価 サブ評価 ギミック耐性 : ヒール 汚染 文字 : 「お」 特に強い点 ・龍種族のリーダーとして優秀 ・物種族に対してキラーで高火力を出せる 気になる点 ・ギミック耐性が1つで汎用性は高くない ・HP半分以下で追撃が出ないと火力がいまいち ひとこと 龍種族の高火力汚染耐性リーダーとして優秀。 リーダーとして使うと、敵の数が少ないほど龍種族の全体攻撃を強化できるため、単体の敵に対しても龍種族デッキで火力を出しやすい。 SSSランクキャラの解説 使える文字が「う・き・し」と非常に優秀。 すごわざは高火力な上に4文字発動と条件が緩い。 さらにチェンジ・シールドのWギミック耐性持ちで汎用性が非常に高い。 チェンジ・シールド・ウォールという3種のギミック耐性を持ち、「に・ゅ・う・わ・あ・ど」の6文字に変換可能。 非常に汎用性が高い。 アタッカーとして高火力が出せるだけでなく、味方にATKバフをかけることもできるので、サポート役としても優秀。 役割が若干違うが、同じSSSランクのシンジツより総合力は高いと言っていいだろう。 ニューワードに続く2体目のレジェンドコトダマンで、総合性能は全キャラ中でもトップクラス。 「つ・こ・と・だ・ま・ん」の文字変換や、トゲ・ビリビリ・弱体のギミック耐性により汎用性が非常に高い。 アタッカーとしても高火力の5属性全体攻撃が超強力。 祝福特性でドロー時睡眠回復が付けられる点もポイントが高い。 音言神の中でも突出した火力の持ち主で、単体攻撃の威力は全キャラ中トップクラス。 他ギミック耐性に比べるとコピーガードの出番は少ないものの、リーダー倍率が乗らない他属性デッキでも使えるほど火力が高いため、汎用性は高い。 さらに回復もできて、音言神の特徴であるコンボ+やATKバフも持っているためサポート面でも優秀。 実質2文字以上7コンボですごわざが出せるので、余ったマスに入れて使いやすい。 SSランクキャラの解説 弱体とチェンジのWギミック耐性持で、火・闇の「あ・い」に変換可能。 火の時は攻撃、闇の時は回復という使い分けができる。 すごわざは味方に汚染無効を付与する効果があり、の適性が高い。 「い」という文字が使いやすく、チェンジガードとウォールブレイカーのWギミック耐性持ち。 獣種族にバフをかけることができるため、デッキでは特に活躍する。 チェンジ・ビリビリのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 火属性の高火力睡眠耐性リーダーとしても優秀。 やなどと組み合わせて、いにしえの記憶による追撃を狙える。 の適性が高い。 ヒール・弱体のWギミック耐性・ATKバフ・被ダメージ軽減・コンボ+など優秀な能力を多数持っていて、 「爆絶強力」な全体攻撃の火力が非常に高い。 火属性の汎用リーダーであるとの相性もいい。 すごわざが非常に高火力で、 3文字でも大ダメージを出せるのが魅力。 「た」という文字も使いやすく、また獣デッキにも採用可能と活躍の幅が広い。 バフつきの全体攻撃と、チェンジ・シールドのWギミック耐性が魅力のアタッカー。 「い」という文字も優秀で、使用頻度が高いデッキと相性がいい。 トゲ・ビリビリのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 水属性の高火力毒耐性リーダーとしても優秀。 やなどと組み合わせて、いにしえの記憶による追撃を狙える。 の適性が高い。 ヒール・ウォールのWギミック耐性持ち。 「う」の文字が非常に使いやすく、すごわざ条件4文字で攻撃も回復もこなせる汎用性が高いキャラ。 リーダーと相性がいい。 チェンジ・シールドのWギミック耐性持ちの「う」で汎用性が高い。 すごわざの神種族ATKバフも便利。 、、など適性のある高難度クエストが多い。 高火力のわざが優秀で、水デッキのメインアタッカーになってくれる。 すごわざは語頭指定だが、3文字でも火力が出るので問題ない。 「こ」という文字は汎用性が高く、3文字は簡単につくれるのが嬉しい。 トップクラスの性能の回復キャラ。 「し」という便利な文字、位置指定なしで発動するすごわざ、チェンジとトゲに対応と汎用性が非常に高い。 デッキでの採用や、ギミック対策目当てでの他属性ピン刺しも可能と活躍の幅が広い。 「爆絶強力」な全体攻撃がとにかく強力で、防御デバフも付いている。 トゲ・ヒールのWギミック耐性・実体化時やすごわざのバフ・すごわざ2文字8コンボ条件…と強い能力が詰まっている。 リーダー特性の水属性ATK250%UPも火力で押せるクエストでは有用。 チェンジ・ビリビリのWギミック耐性持ちで、「ん・か」に変換可能。 すごわざで攻撃+回復ができるので、物種族デッキの回復役としても使いやすい。 や、などの適性がある。 チェンジ・ビリビリのWギミック耐性持ち繋ぎ文字で、木属性と魔種族にバフをかけつつ攻撃できるのでサポート役としても優秀。 やなど木属性の強リーダーと相性が良い。 「い・は」という使い勝手のいい2文字に変換可能で、水と木属性にATKバフをかけることができるヒーラー。 やなどの高難度クエストに適性がある。 龍種族デッキと相性がいい。 「い」という優秀な文字を持ち、火力と回復を両立できる優秀なキャラ。 デッキで有用なほか、Wギミック耐性持ちでロゴスヨゴス降臨の適性が非常に高くの霊種族デッキでも採用可能。 弱体・ビリビリのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 木属性の高火力呪い耐性リーダーとしても優秀。 やなどいにしえの記憶持ちと組み合わせて追撃を狙える。 の適性が高い。 「う」という文字を持ち、バフつきの全体攻撃も優秀。 木属性版のといえる。 「う」軸のデッキと特に相性が良いが、木属性デッキ全般に採用できる汎用性の高いキャラだ。 シールド・ビリビリのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 光属性の高火力睡眠耐性リーダーとしても優秀。 やなどいにしえの記憶持ちと組み合わせて追撃を狙える。 の適性が高い。 ビリビリ・ウォールのWギミック耐性と、「い」という非常に使いやすい文字を持ち、光・闇属性にATKバフをかけることができる。 このバフが自身にもかかるので、回復量も高い。 さらにドロー時に光・闇属性の睡眠状態を解除できるのでの適性が非常に高い。 弱体・ビリビリのWギミック耐性持ちで、デッキや物種族デッキで繋ぎ文字として活躍できる。 やの適性が高い。 チェンジ・ヒールのWのギミック耐性持ちヒーラーで、やの適性がある。 光属性の高火力リーダーとしても優秀。 やなどと組み合わせて、新たなる希望の追加効果を狙える。 「つ」と「う」を切り替えられ、特に「う」使用時のすごわざの回復が非常に強力。 「つ」使用時の全体攻撃もそこそこ火力が出る。 すごわざ条件も4文字位置指定なしと優秀。 チェンジガードのつなぎ文字という点、弱体ガード持ちの回復という点がそれぞれ噛み合う。 デッキと好相性で、魔種族デッキに入れるのも強い。 ヒール・ウォールのWギミック耐性+ 「爆絶強力」な12連撃持ち。 すごわざの防御デバフ・獣種族ATKバフ、実体化時光属性ATKバフなどもあり非常に火力が高い。 「あ」と「い」で使い分け可能で、特に「い」はすごわざで回復できるため使い勝手が良い。 全体攻撃も回復もそれぞれ高倍率で、チェンジと弱体に対応しているのも良い。 魔種族デッキでも使いやすい。 入れておけばとりあえず活躍してくれる便利なキャラだ。 ウォール・ビリビリのWギミック耐性持ちで汎用性が高い。 闇属性の高火力毒耐性リーダーとしても優秀。 やなどいにしえの記憶持ちと組み合わせて追撃を狙える。 の適性が高い。 「い」という文字が使いやすく、チェンジとシールドのWギミック耐性持ち。 バフつきの全体攻撃持ちで、闇属性版のといえる。 多くのクエストで活躍でき、手持ちが薄ければ他属性にも採用しやすく活躍の場が多い。 魔種族という点も恵まれている。 トゲ・ヒールのWギミック耐性持ちの繋ぎ文字。 場の闇属性と手札の霊種族にバフを付与しつつ攻撃できるためサポート面でも優秀。 デッキや、霊種族デッキと相性がいい。 ウォール・チェンジのWギミック耐性持ち。 獣種族デッキの繋ぎ文字としても出番があり、の適性が高い。 また、ドロー時睡眠回復という希少な特性も持っており、の適性がある。 より良いランキング作成のためから皆さまのご意見を募集しています!.

次の

【コトダマン】セガワード(言葉)一覧

こと だまん コラボ

通常攻撃では敵に1ダメージずつしか入らない• タイムボムで1回1000ダメージ与えられる• 最後のターンで弱点を突くと倒せる• 固定ダメージは有効 第2弾のおすすめ文字 コラボワードを解放したい人は「き・こ・ま・た・お・し」を連れて行こう。 道中のタイムボムは解除できなくても、最後のターンで倒せるので問題ない。 通常攻撃では敵に1ダメージずつしか入らない• 指定ワード「ちとせ」で弱点を突くと倒せる• 固定ダメージは有効• 奪い合い回復が登場• 最大HPに応じた割合攻撃が毎ターン来る• 5ターン目までに倒せないと即死攻撃が来る 「と」のアタッカーは絶対編成しよう 「ちとせ」を作らないとクリアできないので「と」は必須。 「ち・せ」があればより早くクリア可能 早くクリアしたい人は「ち・せ」も編成すれば、3文字空きの盤面で「ちとせ」を作れる。 Point! 早くクリアしたいだけならデッキやのオーバーヒールでもワンパンできます。 ヒーラーか奪い合いボックスで回復しよう 敵の割合攻撃で削られて、一度も回復しないと4ターン目に負けてしまう。 コラボワードを作って奪い合いボックスで回復するか、ヒーラーで回復しておくと、5ターン目まで耐久できる。 通常攻撃では敵に1ダメージずつしか入らない• 指定ワード「ぽるとがる」で弱点を突くと倒せる• 固定ダメージは有効• 奪い合いボムが登場• 5ターン目までに倒せないと即死攻撃が来る 呪い耐性持ち以外のリーダーで挑もう 5ターン目に呪いで4体が「る」になって、「ぽるとがる」で弱点を突くとボスがワンパンできる。 呪い耐性があると「ぽるとがる」を作れなくなるので呪い耐性持ちリーダーは避けよう。 ヒーラーは不要 敵の攻撃も奪い合いボムも痛くないため回復は不要。 5ターン目はアタッカー必須なので、ヒーラーは連れて行かない方が無難。 コラボワード解放におすすめの文字 「ん・つ・う」を連れて行くと、コラボワードが開放しやすいのでおすすめ。 通常攻撃では敵に1ダメージずつしか入らない• 指定ワード「しろくま」で弱点を突くと倒せる• チェンジマスは「や」に固定変換• 固定ダメージは有効• 奪い合いボムが登場• 5ターン目までに倒せないと即死攻撃が来る 呪い耐性持ち以外のリーダーで挑もう 呪い耐性があるとコラボワードがつくりづらくなることがある。 なるべく呪い耐性がないリーダーで挑もう。 ヒーラーは不要 敵の攻撃も奪い合いボムも痛くないため回復は不要。 5ターン目はアタッカー必須なので、オーバーヒール狙い以外でヒーラーは連れて行かない方が無難。 コラボワード解放におすすめの文字 「い」「お」「し」「す」「と」などを連れて行くとコラボワードをつくりやすい。 特に「し」は5ターン目に必要なので多めに入れておこう。 ことば集めでワード解放&鍵集め コラボ・方言ワードを解放しよう 方言神社は、 クリア報酬で方言のおまもりが獲得できるクエスト。 ことば集めクエストの報酬で獲得した鍵を使って挑戦可能。 クエストの難易度は低いので、おまもりを付けたいキャラをリーダーにして挑もう。 現状「し・よ」のキャラは付ける価値あり 現状方言テーマの中では「しょ」「はく」が作りやすい。 特に「しょ」はかなり頻繁に使うので 「し・よ」のキャラに方言おまもりを付けるのはあり。 Point! 「は」は「はく」より「はい」として使うことの方が圧倒的に多いので、色テーマのおまもりを付けた方がいいです! 方言おまもりと文字数おまもりの比較 「し・よ」のキャラは方言おまもりを付けるのと、5文字以上の文字数おまもりを付けるのではどちらがいいのか比較してみたので参考にしてほしい。 方言おまもりのメリット 方言おまもりは確定排出なので周回が楽 文字数に関わらず火力がUPするので使いやすい 文字数おまもりのメリット 5文字以上なら文字数お守りの方が倍率が高い 「しょ」以外の形でも使える Point! 確定排出のおまもりで、 小 でも20%UPは使いやすい部類だと思います。

次の

「ホロライブとホロスターズのコラボに反対すること」にまつわる偏見について|Alice07_vt|note

こと だまん コラボ

コトダマンとは? コトダマンとは「 ことば」を使って闘う新感覚RPGです。 最大4人で「コトダマン」と呼ばれる文字の精霊が持つ文字を組み合わせて「ことば」を作って攻撃します。 できた「ことば」の数や長さで敵に与えるダメージが変化。 収録されている「ことば」は日々更新され、動物の名前や流行しているワードまであり、無限大の遊びがプレイヤーを待っています。 コトダマンは「ことば」で楽しめる究極のエンターテインメントです。 自分の知識力も重要になってくると思います。 文字を入れて言葉を作ると文字数などに応じて敵にダメージを与えることができます。 言葉を使った新しいバトルとなっており、予想もできないような言葉が出てくるかもしれません。 ネタバレ情報などもございますので、ご観覧の際はご注意ください。 どなたでも編集可能となっておりますのでぜひ編集にご協力ください。 テンプレート等も自由に変更していただいてかまいません。 誤った情報を発見された方は修正、又は報告をお願いいたします。 項目荒らしを繰り返した場合、WIKIの編集及び閲覧を禁止にする場合があります。 荒らしを発見した場合、速やかに管理人に通報してください。 当サイトはリンクフリーです、リンクの際の報告は必要ございません。 コメ 19時間まえ• コメ 22時間まえ•

次の