スイッチ ゼノブレイド。 ゼノブレイド 新作 Switch 予約! ディフィニティブ・エディション #ゼノブレイドDE

ゼノブレイド2(Xenoblade2)攻略まとめwiki【Switch】

スイッチ ゼノブレイド

ついに2020年5月29日にニンテンドースイッチで『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』が発売されました。 本作はWiiで発売された『ゼノブレイド』のリメイク作で、グラフィックがより美しくなったほか遊びやすくなっています。 ただ、本作のバトルはなかなか要素が多くて初心者にはややこしく感じるかも。 この特集記事では、最低限おさえておきたい10のコツをご紹介します。 オートアタックを忘れずに 最初はとにかくアーツを連打したくなりますが、オートアタックも重要です。 敵に近づけば各キャラは自動で攻撃し、攻撃が当たればタレントアーツのゲージが貯まるのですから。 タレントアーツはキャラクターごとに異なりますが、シュルクの場合は攻撃・防御のどちらにも利用可能ですし、他キャラクターのものも強烈なケースが多いのです。 強敵と戦う場合は積極的に貯めましょう。 方向と「!」を意識して アーツによっては敵の方向(向き)によってダメージが上昇するケースがあります。 たとえばシュルクのバックスラッシュは、相手の背後で使えば大ダメージなのです。 とはいえ、バトル中はなかなか正確に方向を確認できません。 そんな場合、アーツについている「!」に注目。 このマークが出ていれば、敵の方向がきちんと合っている状態になります。 ヘイト管理は超重要 バトル中、キャラクターに赤い円がついていることがあります。 これは敵から狙われている証拠で、つまり赤い円がついていると攻撃される状態になっているわけですね。 「ヘイト」が高いと狙われやすいので、敵の攻撃は防御が得意な味方に受けてもらいましょう。 ラインは防御力が高いですし、ヘイトを稼ぐアーツもたくさんあります。 また、敵に大ダメージを与えることでヘイトを集めやすいダンバンのようなキャラクターも存在します。 もちろんラインやダンバンがピンチになった場合は、シュルクなどでヘイトを稼いで一時的に攻撃を受けてあげるのもアリでしょう。 このヘイト管理が重要です。 また、ヘイトを稼いでいる仲間の近くに集まっていると範囲攻撃で一気にやられてしまう可能性もあります。 位置取りにも注意しましょう。 「崩し」「転倒」「気絶」で一気に有利に 「ストリームエッジ」のようなピンク色のアーツを使うと敵を「崩し」状態にでき、崩れた敵に対して「ワイルドダウン」のような黄緑色のアーツを使うと「転倒」させることができ、さらに「シェイカーエッジ」のような黄土色のアーツを使えば「気絶」させることができます。 気絶状態にまで持っていければ、相手が無防備になるため一気に畳み掛けるチャンス。 積極的に狙っていきましょう。 作戦をうまく使おう 戦闘中にZRを押すと味方に指示を出すことができます。 基本は「集中攻撃だ!」で各個撃破するのがいいでしょう。 「みんな集まれ!」は敵の攻撃を避けたいなどに使えるかも。 テンションって何? バトル中、画面にいきなり「B」と出てくることがあります。 これは円の中でBボタンを押すと味方の「テンション」が上がる「キズナ入力」というものです。 入力に成功するとテンションがあがり、クリティカル発生率と命中率が上がります。 チェインアタックで一気に攻撃! 画面左上のパーティーゲージを溜めると「チェインアタック」を発動できます。 チェインアタック中はアーツを自由に使えるので、崩し・転倒・気絶を狙ったり、みんなで同じ色のアーツを選んで一気にダメージを与えたりできます。 とにかく強力なのですが、パーティーゲージはやられた味方を復活させる際にも使います。 劣勢時はあえてチェインアタックを発動せず回復に回すのもいいかも。 ヴィジョンが見えたら的確に対応 バトル中、未来視(ヴィジョン)が発動し敵の強烈な攻撃を予知できる場合があります。 未来が見えたら的確に対応しましょう。 敵の攻撃が物理攻撃の場合はモナドアーツの「疾」を使ったり、もしくは物理耐性を上げるアーツを使いましょう。 タレントアーツの場合は「盾」で対応できます。 また、わざとヘイトを奪って仲間の攻撃を受けることもできますし、広いフィールドの場合は物理的に距離を取ることでも回避できるのです。 敵が強く感じる場合は寄り道しよう どうしても敵に勝てない場合、寄り道するといいでしょう。 街中にはさまざまなサブクエストがあるので、これでレベル上げをするもよし、お金を稼いで装備を更新するのもよし。 また、収集したアイテムを仲間にあげたり、キズナトークを見てキズナを高めるのもいいでしょう。 キズナが高まればバトルでも有利になります。 コロニー9でジェム爺のところへ行き、ジェムクラフトをするのもGOOD。 純度の高いジェムを作ることができれば、バトルもぐっと楽になるはず。 全滅してもリスクなし! 気軽にいこう 本作はバトルで全滅しても少し前の場所に戻されるだけで、これといったデメリットはありません。 ボスに負けた場合はHPとパーティーゲージを回復してくれる機能(ボス敗北時に表示されるTIPS表示で発動)もあるので、いろいろ試してみましょう。 とにかくチェインアタックで一気に攻めてみたりすると、活路が開けたりするかも……? また、難易度が下がるカジュアルモードも用意されています。 いつでもオン・オフできるので、どうしても難しい場所だけこれにするのもいいかもしれません。 《すしし》.

次の

ゼノブレイドクロスがSwitchに移植される可能性が高まった?クロスのHPが更新!

スイッチ ゼノブレイド

ゼノブレイド2 基本情報 ジャンル ロールプレイングゲーム 対応機種 ニンテンドースイッチ 発売元 任天堂 開発元 モノリスソフト 監督 高橋哲哉 ゼノシリーズ 音楽 光田康典 クロノトリガー 発売日 2017年12月1日 クリアまでのプレイ時間 70時間~100時間 特徴 ・前作ゼノブレイドとのストーリー的なつながりはない。 ・壮大な物語とオンラインRPGの様な派手な戦闘。 新要素 ・倒木などの障害がある場合それを排除するのに フィールドスキルが必要。 ・ブレイドを派遣し人々の問題を解決する 傭兵団。 ・アイテムを見つける サルベージ。 ・各街の 街の発展など。 ボューム満点のゼノブレイド2 壮大で少年マンガ的+深夜アニメ的なストーリー とにかく何かにつけてもボリューム満点という感じです。 ストーリー、戦闘などのシステム、音楽、サブクエストなどのお遊び要素すべてが膨大な物量となってプレイヤーを押し流そうとしてきます。 ストーリーは壮大かつ意外性あり、お笑いあり、下ネタまでありとバラエティーに富んでいます。 壮大さに関してはいつものゼノシリーズという感じでした。 アニメなどで活躍する脚本家が2人参加しているためか、テイストが深夜アニメ+少年ジャンプの漫画という感じがします。 少年漫画チックに主人公レックスとヒロインのホムラとのキズナが描かれていました。 任天堂が発売元だから子供を意識してでしょうか? 個人的には少年漫画を読んでいるような懐かしい気分で楽しめました。 ゼノシリーズ的なSF要素もしっかりあるのでシリーズファンも安心して遊べると思います。 感情表現豊かなキャラたち キャラも見た目、内面ともにアニメ、少年漫画ぽっく、 ドラクエやサガなど想像で補っていくタイプとしは 真逆じゃないでしょうか。 主人公のレックスは昔の少年漫画の主人公のような元気系の感じで、ヒロインのホムラも昔ながらの 今もか 、絶対に主人公を裏切らない女の子でいい意味でベタだと思います。 敵キャラもクールで残酷な感じのシンや自信過剰な感じのメツやヨシツネなどこちらもいい意味でベタで想像を超えるような個性的なキャラは出てきませんが感情表現も豊かなので少年漫画や深夜アニメが好きならば違和感なく満足できると思います。 マップも広大なうえきれいで緑豊かな村や近代的な軍事国家、美しく神秘的な洞窟などロケーションの種類も多く冒険している感じが味わえます。 また、3人のキャラのドライバーアーツの種類と順番の組み合わせで ドライバーコンボが発動し敵の動きをしばらく止めることができます。 ブレイドが必殺技を使った後一定時間内に必殺技を重ねることで ブレイドコンボとなり3回繋げると敵に 属性玉をつける事ができます。 最後にパーティゲージをたまると大技 チェインアタックが使用でき、ブレイドが連携して必殺技を繰り出します。 敵に属性玉付けた場合、属性玉を割ることで大ダメージが与えられます。 となり4段階ほどに分かれている感じ。 複雑で理解するのに時間がかかりますが、 ブレイブコンボやチェインアタックなど爽快感のある戦闘が楽しめます。 ブレイブコンボをどの属性でコンボをつなげていくかでパーティ編成を考えるなど、戦略を練るのも楽しいです。 キャラのモーションも豊かでキャラの掛け合いのセリフも多いので感情移入もできます。 曲は120曲以上も 曲数が多く120曲ほどあるようで、光田康典氏のほか複数人で作曲されているようです。 曲のクオリティも高く、個人的にゼノブレイドほど印象に残りませんでしたが、満足はできました。 膨大な物量ゆえに整理できていないところも やることが多いのにメニューが使いずらい 物量が多いので仕方ないのかもしれないですが、何かとごちゃごちゃとした感じがしてしまいますね。 シーフードカレーにエビ、イカ、貝だけでなく牛肉やカモ肉、果てにはフォアグラまで入れちゃった、的な。 とにかく メニュー UI が使いずらい。 行きたい項目に行くまで手数がかかります。 さらに見にくい。 2Dマップも表示物の情報が多いので見ずらいですね。 戦闘も複雑で面白い反面、とにかく情報量が多いので理解するのが大変です。 多分クリアした今でも僕は完全に理解できていないと思います。 初めての場合、攻略サイトなどを見るなどしないとなかなか理解できないんじゃないでしょうか。 僕も攻略サイトのお世話になりました。 ブレイドもアイテムがあれば量産できるので整理が大変です。 ガチャ方式でリセットしてやり直す事も出来ない仕様になっているので狙ったブレイドが出ないとどんどんブレイドが増えます。 特定のレアブレイドを狙うと特に苦労します。 あまりにブレイドが増えるとブレイドの価値が低くなる気がして少し悲しい気持ちになりました。 余ったブレイドを任務に派遣する傭兵団も面白いとは思えなかったですし。 今風のキャラデザ 結構賛否が分かれているキャラのデザインですが今風のもえキャラの系統だと思います。 縦長の大きな目、点だけの鼻に小さな口。 まあ昔から漫画的なキャラのデザインなんて同じようなものかもしれませんが、現在、アニメなどの業界でかわいいとされている教科書的なデザインです。 あまり個性が感じられません。 個人的には前作ゼノブレイドのデザインのほうが好みです。 この辺りは好みによるのでどうしようもないですね。 決してキャラデザインのクオリティが低いわけではないのですが。 120曲もいる? 曲数にしても別に120曲もいらなかったような気もします。 しっかり印象に残る曲を作って使い回してもいいんじゃないでしょうか。 ゼノブレイド2の感想まとめ おすすめ度 7. 5 ゼノブレイド2を楽しむにはこの 圧倒的な物量と情報量の洪水にある程度向き合うことが必要かもしれない。 この物量と情報量が諸刃の剣でこのゲームを面白くもしているし、難易度をあげてプレイし辛くしています。 それを乗り越えると、 爽快感のある戦闘や壮大で広大なマップと世界観、ストーリーを楽しむことができると思います。 おなかいっぱいになるゲームなのでそういうゲームが好きな人にはもってこいのソフトでしょうね。 ボリュームはFF15以上かも。 どうやら続編も出るようですが、おそらく次もボリューム満点、おなかいっぱいの作品になるでしょう。 それまでにみなさん、ゼノブレイド2はやり尽くしておなかをすかせておきましょう。 駿河屋ゼノブレイド2中古.

次の

Switch用『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』2020年発売。やりこみ度深すぎRPGのリマスター版

スイッチ ゼノブレイド

ゼノブレイドはストーリー、音楽ともにとてもオススメです。 たしかにレベルが上がり いずれは敵を倒すのが楽になりますが、 コマンド形式ではなく リアルタイムでの戦闘で、 3人で敵をたこなぐりするものですから、 結構ハードな戦闘になります。 相手も強いですよ。 例えば後ろから斬りつけたら ダメージ力アップとか 横から斬りつけて敵を「崩す」のに 成功したら相手を転倒させて 気絶させられるとか、 崩すのに失敗した場合は「レジスト」という表示が出る、など、 いろんな仕組みや決まりがあり 最初は「何これ??」となると思います。 合間に弱った味方を回復する必要もありますし慣れるまでは結構難しいです。 あと毎回毎回戦闘が忙しいです。 いっそのことゼルダの方が楽かもしれないですよ。 今回のゼルダは、敵は強いですが、初心者でも楽しめるゲームになっています。 なぜなら神殿などのダンジョンが少なくなっており、山や丘を探索する方が多いからです。 ただし序盤はリンクのハートとスタミナが育ってないので、敵に遭うとすぐやられてしまい難しいです。 攻略するにつれ楽になっていきます。 ゼルダみたいに剣でうまく攻撃を当てないと敵にやられる、みたいなのはゼノブレイドにはありません。 ゼノブレイドの戦闘は、ボタンをポチポチ押すだけで大丈夫ですが、システムが複雑です。

次の