ウィンドウズ 10 アップグレード 無料。 アップグレード後の Windows 10 再インストールについて

Upgrade to Windows10 for free

ウィンドウズ 10 アップグレード 無料

アップグレード or 新規インストール 基本的にアップブレードが楽です。 新規インストールは、いろいろ面倒です。 上級者向けの方法です。 以下の順で説明します。 アップグレード(楽にアップグレードする方法)• 新規インストール 楽にアップグレードする方法 アップグレードしたいWindows 8. 1を準備します。 以下にアクセスします。 ダウンロードし実行すると、ライセンスの確認が表示されます。 「同意する」をクリックします。 「このPCを今すぐアップグレードする」をクリックします。 「インストール」をクリックします。 しばらく待ちます。 更新待ちです。 「同意」をクリックします。 無事にできました。 元に戻す方法 10日以内であれば簡単に戻すことができます。 新規インストール 新規インストールするには、ライセンスコードが必要です。 予め準備しましょう。 なお、動いているWindows 8. 1があればコマンドで調べることができます。 少々お待ちを 以下の2ステップで実施します。 メディア作成ツールを作成する• インストールする メディア作成ツールの作り方 USBメモリのでのインストールが一般的です。 時代の流れからDVDディスクよりもUSBメモリで実施することが一般的になりました。 USBメモリの方が読み書きのスピードも速くスムーズに作業ができます。 場所もDVDディスクに比べて取りません。 何度も最新のバージョンに上書きできるメリットもあります。 アクセス速度が違うため、USB3以上のメモリをオススメします。 インストールするときにUSBメモリに荷札を貼ってください。 半年後の自分のために書いてください。 『』 最新バージョンのインストーラーを作る Windows 10は、半年に1回大規模アップデートをします。 古いバージョンのインストールDVDやUSBメモリでインストールすると、セットアップ後にアップデートが再度入ります。 時間がかかるだけでなく、不要なファイルも大量に出来てしまいます。 そこで、新たにインストールする場合は、面倒でも最新版のインストールDVDやUSBメモリを作成して実施します。 Windows純正のツールによって作成します。 これから案内するツールには、ライティングソフトまでついています。 そのため、USBメモリだけでなくDVDを作ることもできます。 DVD・USBメモリによるインストールのメリット 5つあげられると思います。 Windows 7・8の正規ライセンスなら無料でWindows 10にできる• アップグレードにも使える• DVD・USBメモリを使えばオフラインでインストールできる• 通常なら、3GB程度ダウンロードが必要だがメディアを作成してしまえば不要• 起動しなくなったなどトラブル解決にも使える ツールによるアップグレード方法 マイクロソフト純正のツールをダウンロードし実行して作成します。 ツールは、「(マイクロソフトサイト)」から入手できます。 ダウンロードし実行すると、ライセンスの確認が表示されます。 「同意する」をクリックします。 今回は、メディアを作成しましょう。 「別のPCのインストールメディアを作成する USB フラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル 」を選択します。 メモリが4GB以上であれば、64ビット版を選びます。 言語は、日本語を選択。 インストールしたいパソコンにあわせて設定します。 「次へ」ボタンをクリックします。 USBメモリにインストールソフトウェアを入れる場合は、パソコンにUSBメモリを挿します。 USBメモリに保存する場合は、「USBフラッシュドライブ」を選択します。 尚、SDカードでも大丈夫です。 DVDの場合は、「ISOファイル」を選択し、「次へ」をクリックします。 (後述) 間違いないことを確認し「次へ」を押します。 無事にインストール用のUSBメモリが完成しました。 あとは、Windows 7からUSBメモリを実行して、インストールを進めましょう。 新規にインストールする場合は、本体に挿してインストールするだけで大丈夫です。 既にOSが入っていると、HDDやSSDから起動してしまいます。 BIOSを起動し、USBメモリから起動するようにしましょう。 電源ボタンを押して、DELキーを押します。 そして、「ブートメニュー F8 」を選びます。 無事、起動することが出来ました。 あとは指示に従ってインストールします。 DVDの場合 「ISOファイル」を選択し、「次へ」をクリックします。 適当な場所に適当な名前で保存します。 初期値で「保存」を押しました。 ダウンロードが終了すると以下の画面になります。 DVDライターソフトもついています。 「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリックします。 書き込み先を確認し、DVDディスクを入れます。 少し待ってから、「書き込み」を押します。 最終書き込み時にフリーズしたのではないかと思うくらい時間がかかりました。 気長に待ちましょう。 書き込んだDVDをパソコンに入れてみましょう。 DVDドライブ入れて、エクスプローラーを起動します。 起動するまで少し待ちます。 今回は、DVDディスクが出来たことを確認することが目的のため閉じます。 実際のやり方は、次の所に書いてあります。 まとめ:無料で手軽にできる この方法なら誰でも手軽にできますね! お試しください。 関連URL SSD化は必須 元に戻すことも簡単にできます。 Windows関連記事• お問い合せ• ブログ更新履歴• ソーシャルリンク ランダム表示• タグクラウド カレンダー 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 28 29 30 カテゴリー• 399• 162• 2,374• 119• 101• 7 月間アーカイブ• 2 Amazon広告 楽天広告.

次の

💻Windows10へ無償アップグレードする方法!Windows7や8を無料でアップグレードしよう

ウィンドウズ 10 アップグレード 無料

2019年12月02日 11時17分 Windows 10への無償アップグレードキャンペーンはなぜまだ続いているのか? Microsoftは、2015年のリリースからWindows 7とWindows 8. 1を対象にWindows 10への無償アップデートキャンペーンを行っており、既に4年が経過した記事作成時点でも無償アップデートは一部継続しています。 本来は1年で終了する予定だったWindows 10の無償アップデートがなぜまだ続いているのかについて、技術系ブログであるBorn's Tech and Windows Worldが解説しています。 Why the free upgrade to Windows 10 still works … Born's Tech and Windows World Windows 7の正式サポートが2020年1月14日 火 で するのに伴って、MicrosoftはWindows 10への移行を強く勧めています。 2015年7月29日にリリースされたWindows 10は、ライセンス認証されたWindows 7とWindows 8. 1のユーザーであれば、Windows UpdateやMicrosoftが公式に配布した「メディア作成ツール」によって「1年間限定で無償アップグレードが可能」と発表されていました。 告知通り、Windows Update経由でのWindows 10への無償アップグレードキャンペーンは2016年7月28日で終了しましたが、Windows 7あるいはWindows 8. 1のプロダクトキーとメディア作成ツールを使えば、記事作成時点でも無償アップグレードが可能。 このプロダクトキーとメディア作成ツールを使ったアップグレード方法については、Microsoft公式の でも解説されています。 そんな中、海外掲示板サイトの に、Microsoftの従業員を名乗るユーザーのCokeRobot氏が2019年11月30日に登場。 Windows 10の無償アップグレードキャンペーンが続いている理由を語りました。 Windows 10のリリース前からMicrosoftで働いているというCokeRobot氏は、「1年間の無償アップグレード自体は完全にマーケティングによるものでした」と証言。 無償アップグレードキャンペーンが終わった後はWindows 10のライセンスを完全有料化する予定だったそうですが、Windows開発チームであるWindows Developer Group WDG のトップを勤めるテリー・マイヤーソン氏は、WindowsはもはやMicrosoftにとって稼ぎ頭ではなく、ライセンス収入よりもWindows 10の普及率を重視すべきだと主張したとのこと。 MicrosoftはWindows 10の正式リリースを前にして「海賊版のWindows 7もWindows 10への無償アップグレードキャンペーンの対象となる」と発表しました。 後にこの発表は撤回されますが、この計画もWindows 10の普及率を考え、正式版のWindows 10によってセキュリティの脅威を阻止するための大きな構想に基づいたものだったそうです。 一方で、Microsoftは株式上場企業として、売上高と利益の損失を投資家に説明しなければならないため、ライセンスを完全無料化にすることも不可能。 そのため、Windows Updateでの無償アップデートを予定通り終了し、Windows 10の新規ライセンスの販売を続けると同時に、有償で入手したWindows 7とWindows 8. 1の正式ライセンスに対してはWindows 10ライセンスへの無償アップグレードを認めるという展開になったと、CokeRobot氏は解説しています。 なお、Microsoftは2015年7月から2016年7月までの無償アップグレードによる営業損失は20億ドル 約2160億円 で、14億ドル 約1500億円 の純利益を失ったと。

次の

💻Windows10へ無償アップグレードする方法!Windows7や8を無料でアップグレードしよう

ウィンドウズ 10 アップグレード 無料

windowsXPサポート終了日2014年4月8日 windows7のサポート終了日2020年1月14日 windows8. 1のサポート終了日2023年1月11日 このwindowsサポート終了の期限に向けて、企業や個人て使われているwindow7やwindows8. 1を windows10へのアップグレード、もしくは 買い換えを検討しなくてはなりません。 windows10が搭載されているパソコンを新しく購入して、既存のwindows7のパソコンと入れ替える事が一般的な方法だと思いますが、2019年 2月現在5月現在12月現在! 実はまだwindows10へ無料アップグレードを行うことは可能です。 購入後のWindows10の設定を行う際は以下の記事を参照して起動手順とデータの移行を行いましょう。 Windosw10無料アップグレード対象機器について Windows10の無料アップグレードはWindows10リリース日の2015年7月29日から2016年7月29日の間に実施されていた無料アップグレード期間に一度Windows10にアップグレードされたパソコンが対象になります。 過去に一度もWindows10にアップグレードしたことがないパソコンはWindowsのライセンスを購入しなければなりません。 過去にアップグレードした記憶がある方はアップグレードを行いましょう。 ただし 過去にアップグレードが行われていなくてもライセンスの認証がされた状態でWindows10へアップグレードされます。 そして全く問題なく利用できます。 アップグレードした後、購入したWindows10のライセンスキーを入力してください。 windows10に無料アップグレードについて Microsoftがwindows10のアップグレードプログラムを提供しているので、OSのアップグレードは簡単かつ ほぼ自動で行うことが出来ます。 また、現在のパソコンにインストールされている ソフトウェアやデータも引き継いでアップグレードできるので面倒なデータ移行の作業も必要ありません。 windows10のアップグレード手順は• 要件の確認(任意確認)• イメージバックアップ(任意作業)• windowos10アップグレード手順 必須 の手順で行います。 システム要件の確認 任意確認 Microsoftのホームページを参照するとwindows10のシステム要件は以下の通りです。 CPU 1 Ghz以上のCPU メモリ 32 ビット版: 1 GB 64 ビット版: 2 GB HDD、SSDの空き容量 32 ビット版 : 16 GB 64 ビット版 : 32 GB グラフィックス カード DirectX 9 以上 WDDM 1. ただし、windows7やWindows8. 1がインストールされているパソコンであればwindows10のシステム要件に当てはまっているケースが多いです。 メモリはシステム要件最低の32bitの場合1GB、64bitの場合2GBですが、最低要件でwindows10にアップグレードを行うと、windows10が動きがものすごく遅くなります。 32bitの場合最低でも2GB、64bitの場合は最低でも4GBのメモリを搭載しましょう。 CPU、メモリの確認方法やHDDの残り容量の確認方法は以下の記事を参考にしてください イメージバックアップ手順 任意作業 windows10アップグレードでアップグレードに失敗した時ですが、基本的には自動的にアップグレード前のOSにダウングレードされます。 ただし、 失敗時のダウングレード処理も失敗した時はイメージバックアップからデータを戻すしか方法がなくなる可能性がありますので、アップグレード前のOSの状態に戻せるようにしておくと安心です。 各OSのイメージバックアップ手順は以下の記事を参照してください。 また、私がWindow10のアップグレードを行った際に更新失敗時の記事があるのでどのような動作でダウングレードされるかは以下の記事を参照してください。 windows10アップグレード手順 windows10のアップグレードソフトとダウンロードするため、Microsoftのホームページにアクセス。 URL:• 上記のURLにアクセスして、画面中央の「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてダウンロードしたソフトを保存する。 ダウンロードされたアップグレードプログラムをクリック• しばらくするとライセンス条項が表示されるので、よく読んで「同意する」をクリック• 上記のプログラム実行完了後に以下の画面が表示されるので「このPCを今すぐアップグレードする」をクリック クリック後、以下の順番でプログラムが自動実行されるでライセンス条項の画面が表示されるまで待つ。 Windows10のプログラムがダウンロード• ダウンロードを検証しています• windows10のメディアを作成しています• セットアップを終了する前にクリーンアップしています• 更新プログラムをダウンロードしています• 準備をしています• 再びライセンス条項が表示されるので、よく読んで「同意する」をクリック クリック後、以下の順番でプログラムが自動実行されるので待つ• インストールに必要な作業を確認しています• 互換性の注意表示が出た場合は「確認」をクリックしてスキップする。 「インストール」をクリック windows10のインストール画面が表示され、インストールが開始されます 数回再起動した後にwindows10の設定画面が表示されます。 デバイスのプライバシー設定画面の「同意」をクリック• windows10のデスクトップ画面が表示されます。 以上の作業でwindows10のアップグレードが完了です。 アップグレード後の注意点 問題なくWindows10にアップグレードが出来たら普段利用している ソフトウェアが問題なく動くか確認してください。 ソフトが動かない、windows10の動作に不具合がある時は、アップグレード 10日以内であれば元のOSにダウングレードできます。 また、ダウングレード後にも不具合がある場合やアップグレードに失敗してOSが起動しない場合は最初に取った イメージのバックアップからリストアを行ってください。 アップグレードが失敗した場合 アップグレードが失敗した場合、基本的には元のOSに自動的に戻ります。 電源を長押しして強制終了と起動を複数回繰り返すと以下画面のように元のOSに自動的に戻す作業になります。 元のOSが起動後再び同様の手順でアップグレードを行ったところ2回目は正常にアップグレードが出来ました。 詳しい原因は不明ですが、アップグレード2回繰り返すことによって正常にアップグレードされる場合があります。 1回目で失敗した方はアップグレード手順をもう一度繰り返してください。 Windows10ライセンスキー購入手順 Windows10アップグレード非対象機器の場合はライセンスを購入してください。 アップグレード前のエディションとアップグレード後のエディションは以下の表のとおりになります。 OS 現状PCのエディション アップグレード後のエディション Windows7 Starter Windows10 Home Home Basic Home Premium Professional Windows10 Pro Ultimate Windows8. 1 無印 Windows10 Home Pro Windows10 Pro アップグレード後のWindows10のエディションを以下のURLから購入してください。 Amazonアクセス後にオンラインコードかパッケージを選択• エディションを選択して購入する オンラインコード版の場合購入後• アカウント&リストをクリック• ゲーム&ソフトウェアダウンロードライブラリをクリック• 購入したライセンスコードを確認する Windows10ライセンス認証手順 Windows10アップグレード非対象機器の場合はライセンスを購入したうえで以下の手順を行ってください。 Windowsマークをクリック• 設定をクリック• 更新とセキュリティをクリック• ライセンス認証をクリック• プロダクトキーの変更をクリック• 購入したプロダクトキーを入力• 次へをクリック• ライセンス認証をクリック• 閉じるをクリック 上記の手順でWindows10非対象機器の購入したライセンスへの切り替え作業が完了しました。 まとめ MicrosoftがWindows10のアップグレードプログラムを提供しているので非常に簡単にアップグレードすることが出来ました。 また、完全に無償でアップグレードが行えるためお財布にも優しいですね。 ただしパソコンは 長年使用しているとHDDの経年劣化でトラブル発生率が年々向上します。 多くのお客様のパソコンの修理を行っている私の感覚だと、使い方やデータ量にもよりますが 5年を過ぎるとHDDのトラブル率が上がっていくような感覚があります。 無償アップグレード後window10のサポート終了時期である2025年までアップグレードしたパソコンを使用される予定の方は、現在使用しているHDDの経年を考えてHDDの交換やSSDへの交換を行い生産性向上やトラブル発生率の低減を考えましょう。 このブログではHDDパソコンのSSD化+windows10無料アップグレードの記事を出しています。 ぜひ見てください。 マイクロソフトコミュニティは私も確認しています。 マイクロソフトコミュニティはマイクロソフト社の正式回答ではないと認識しています。 アップグレードツールダウンロードリンクに以下の記載があります。 Windows 10 をインストールするライセンスをお持ちでなく、Windows 10 にまだアップグレードしていない場合は、こちらから購入することができます。 microsoft. この PC を以前 Windows 10 にアップグレードしたことがあり、再インストールしようとしている場合は、プロダクト キーを入力する必要はありません。 Windows 10 は、デジタル ライセンスを使用して、後で自動的にライセンス認証されます。 本当に必要ないのであればこのような記載はしないと思いませんか? ここから下は私の個人的な考えです。 そもそも対象機器でないPCをアップグレードさせてライセンスの認証が通る仕様にしているMicrosoftがどうかと思ってます。 ヤフオク、メルカリとか中古パソコン販売業者などはおそらく同じ手順でアップグレードしたパソコンを販売してるでしょう。 国内だけでも数万台以上はあるでしょう。 Microsoftがあとから対象機器でないのでwin10のライセンス料金を支払えとなる可能性は0では無いと思いますが、過去にアップグレードしてライセンスの認証が通ってた機器かどうかはMicrosoftソフト側も把握しているはずです。 今後Microsoftが調べたらあなたのパソコンはやっぱり正規のライセンス認証がされてませんので購入してくださいとなった時、Microsoftは企業としてのどう見られるかは一目瞭然ですよね。 そして記事中にも記載させていただいているように、無償アップグレード期限を過ぎてもなぜアップグレードが書いてある記事のリンクを貼っています。 そういう事です。。

次の