アリスインワンダーランド あらすじ。 映画『アリス・イン・ワンダーランド』のあらすじ・ネタバレ・感想

5分でわかる『不思議の国のアリス』!あらすじ、映画との違いなどを紹介

アリスインワンダーランド あらすじ

の紹介:2010年アメリカ映画。 ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』をもとに映画化。 ティム・バートンがメガホンを取りました。 エンダーランドの独特な世界観や、個性あふれるキャラクターを実写とモーションキャプチャーで表現しています。 幼いアリスではなく19歳に成長したアリスが活躍します。 アリス・イン・ワンダーランドのネタバレあらすじ:起 幼い頃にエンダーランドを冒険したアリス。 この不思議な体験は亡くなった父とだけ共有していました。 しかし父が亡くなった後はアリスも、現実で生きることを考えなくてはなりません。 不思議な体験は夢となり、アリスの記憶の彼方へと消えていきます。 奇想天外な考えが好きなアリスにとって、貴族社会は窮屈な場所でしかありませんでした。 19歳に成長したアリスは、気が進まないながらもパーティーに連れて行かれ参加します。 そのパーティーは貴族の御曹司ヘイミッシュが、アリスにプロポーズするために開いた婚約パーティーでした。 予想外の出来事に困惑したアリスは、返事を保留にしてその場から逃げ出します。 パーティーの間に見かけた、時計を持った白ウサギの後を追い、アリスは穴の中に落ちてしまいます。 アリスは扉がいくつもある部屋の中にたどり着きます。 テーブルに置いてある鍵とぴったり合う扉を見つけましたが、小さくて通り抜けることはできません。 何とかして小さいサイズになると、扉をくぐり幼い頃に冒険したエンダーランドへと足を踏み入れました。 アリス・イン・ワンダーランドのネタバレあらすじ:承 アリスが現れ、エンダーランドの住人が驚きます。 アリスのように見えるアリスは、本物のアリスかどうか彼らには分かりませんでした。 ヤマネはアリスを違うアリスだと言う始末。 アリスかどうか確かめるため、賢い青い芋虫アブソレムのもとへ連れて行かれます。 ヤマネのように違うアリスだとは言わないものの、アリスからはほど遠いと告げられました。 エンダーランドには赤の女王と白の女王が存在します。 二人は姉妹でありながら性格がずいぶん違い、エンダーランドを支配する赤の女王はとても残酷でした。 彼女は恐怖によりエンダーランドを自分の思い通りにしようとしています。 予言の書がありますが、この書には赤の女王の圧政から救ってくれる救世主の存在が記されています。 エンダーランドの住人は白の女王が治める世界を望んでいました。 三月ウサギ、チェシャ猫、白ウサギ、ヤマネ、双子は白の女王と連絡を取り、表向きは狂ったお茶会を演じ、裏では反乱の機会をうかがっていました。 アリスを一目見たマッドハッターは、間違いなくアリスだと言い放ちます。 今のアリスは予言の書に描かれている人物にそっくりです。 エンダーランドを平和な世界にしたい住人たちは、アリスを救世主だと思い期待します。 困惑し悩むアリスを白の女王のもとへ連れて行くことにしました。 アリス・イン・ワンダーランドのネタバレあらすじ:転 赤の女王の目をかいくぐる旅は危険を伴います。 アリスたちは赤の女王の手下に遭遇し、マッドハッターはアリスをかばって捕まってしまいます。 犬のベイヤードと出会いすぐに白の女王のもとへ向かおうとしますが、アリスはマッドハッターを見捨てることはできません。 白ウサギのおかげで、アリスは体が大きくなるお菓子を食べて元の姿に戻ります。 マムという名前を使い、赤の女王の城へ潜入しました。 ここでアリスはバンダースナッチという猛獣を味方につけただけでなく、予言の書に記されているヴォーパルの剣を手にすることができました。 アリスは正体がバレてしまい兵士たちに追いかけられるものの、赤の女王の城から脱出することに成功します。 アリスとヴォーパルの剣は白の女王の手に渡りました。 赤の女王は残酷な心を持つ女王です。 マッドハッターとヤマネは赤の女王に危うく処刑されるところでしたが、チェシャ猫が現れ難を逃れることができました。 エンダーランドの住人は反乱を決意し、志を同じくした者たちが白の女王のもとへと集まりました。 闘いの準備が進められ、とうとう闘わなければならなくなったアリスですが戸惑いを隠せません。 ですが、アブソレムのおかげで自分を取り戻したアリスは、みんなと一緒に赤の女王と闘うために立ち上がります。 アリス・イン・ワンダーランドの結末 赤の女王との対決ですが、赤の女王が直接闘うわけではありません。 それは白の女王も同じ。 アリスは白の女王の代わりに、怪物ジャバウォッキーが赤の女王の代わりに闘います。 ジャックに対して思うところのあるマッドハッターも奮戦し、ジャックを倒すことに成功しました。 アリスはジャバウォッキーの首を落とし、見事勝利を勝ち取ります。 アリスの勝利にエンダーランドの住人は大喜び、とうとう王冠は赤の女王から白の女王の手に渡ります。 白の女王はこの国を荒らした赤の女王とジャックを追放し、エンダーランドは平和な世界を取り戻します。 マッドハッターにこの世界に残らないかと誘われるアリスですが、ジャバウォッキーの血を飲んで元の世界へと戻ることを選びました。 夢の中のような出来事ですが、アリスの腕にはエンダーランドでついた傷が残っていました。 プロポーズの返事を保留にしていたアリスは、ヘイミッシュとの結婚をきっぱり断ります。 アリスは普通の貴族の女性として生きる人生を捨て、新たな道へ踏み出します。 ヘイミッシュの父親アスコット卿はアリスの父親の友人。 父親のアイディアを評価していたアスコット卿は、同じようにアリスが提案した新しい事業にも興味を示し、受け入れます。 アスコット卿が気づいたのはアリスの才能だけではありません。 亡き父親と同じように瞳を輝かせるアリスを自ら会社へと誘いました。 奇想天外で、他人から見れば困ったことを考えるアリスは、船に乗って海に出ます。 新たな冒険に旅立とうとするアリスの肩に蝶がとまりました。 芋虫から蝶の姿になったアブソレムの姿だとアリスは気づきます。 以上、映画アリス・イン・ワンダーランドのあらすじと結末でした。

次の

アリスインワンダーランドのあらすじネタバレ!キャラクターや豆知識を紹介!|世界のDisney

アリスインワンダーランド あらすじ

母と再会したアリスは以前アリスにプロポーズをして断られたヘイミッシュがその腹いせにアリスの家を奪おうとしている事を知る。 ヘイミッシュはワンダー号を渡せば家の所有権は返すというがアリスは父の形見であるワンダー号は渡さないと言う。 この取引を承諾していた母に失望したアリスのもとに青い蝶アブソレムがやってくる。 アブソレムはアリスをある部屋へと導いてその部屋にあった鏡の中へと消えて行った。 アリスもその後を追って鏡の中へと入る。 みんなアリスとの再会に喜ぶのだが、ハッターの居場所をアリスが聞くと、深刻そうに彼は変になってしまったと言う。 アリスは急いでハッターに会いに行く。 ドアをノックしたアリスに帰れと言うハッターだったがアリスだと知るとドアを開け、再会を喜ぶ。 ハッターは彼が小さいころに作った紙の帽子を見つけて。 この帽子が残っているのなら赤の女王の手下のジャバウォッキーに殺された家族も生きているのではないかと思っている事をアリスに告げる。 しかしアリスはハッターが過去にとらわれているだけだと思い、家族は生きていないと言う。 するとハッターは自分が知るアリスは信じてくれるはずだとアリスを追い出してしまう。 そこでアリスはそのクロノスフィアを借りるためにタイムの所へ行く。 タイムはクロノスフィアを貸せないと拒否するがどうしてもハッターを助けたいアリスはクロノスフィアを盗んでしまう。 アリスはクロノスフィアでハッターの家族がジャバウォッキーに殺された日に戻ろうとしたが誤って赤の女王の戴冠式の日にタイムスリップしてしまう。 赤の女王の膨れ上がった頭のせいで王冠を乗せるどころか王冠が壊れてしまう。 するとハッターが笑い出し、それにつられて皆が笑い出してしまった。 怒った赤の女王はハッターに復習する事を誓い、妹の白い女王にこうなったのはお前のせいだと言って出て行ってしまう。 まだ幼い白の女王ミラーナと赤の女王イラスベスはタルトを食べていた。 残りの一つをこっそり部屋で食べたミラーナはこぼれたかすをイラスベスのベットのしたに蹴飛ばした。 それを知らない母に責められるイラスベスはミラーナに本当の事を話してと言うがミラーナは嘘を突き通す。 母に叱られたイラスベスは走って外に出て行ってしまう。 それを見たアリスはイラスベスが時計にぶつかりそうになるのを止めるがイラスベスは転んで頭をぶつけ、結局頭は膨れてしまう。 そこでアリスは過去は変えられないのだと理解する。 次にジャバウォッキーがハッターの家族を襲った日にタイムスリップしたアリスは家族が生きている事を発見する。 アリスはハッターの事を信じなかった事を誤る。 そして家族が生きている事、赤の女王に捕まっている事を伝えるとハッターは目を覚まし、元気になっていく。 そして一行は赤の女王の城に行きハッターの家族を探す事にする。 ハッターとアリスは赤の女王の部屋で小さくされた家族を見つけるが、そこに赤の女王がやってきて皆を牢屋に入れアリスからコロネスフィアを奪い白の女王を連れて頭が膨れ上がった日にタイムスリップする。 赤の女王は嘘をつくミラーナに向かって嘘つきと、同一人物であるイラスベスと目が合い、二人とも固まってしまう。 するとみるみるうちに街全体が固まりだす。 後から追ってきたアリスとハッターはコロネスフィアを奪い返し、白の女王を助け出して現在に戻る。 アリス・イン・ワンダーランド2 時間の旅の結末 アリスがタイムの城にコロネスフィアを戻すと、固まっていたものが元通りになった。 白の女王は誰も自分を愛していないと言う赤の女王に私は愛していると言い、あの日に嘘をついた事を誤る。 二人は仲直りをして、小さくされたハッターの家族は元の大きさに戻してもらえる。 ハッターは帽子屋をしている事を父親に言うと、父親はそうなると信じていたと言う。 現実の世界に戻るアリスは皆とお別れをいって鏡に入っていく。 そこではアリスの母親がワンダー号を手放すという書類にサインをしようとしていた。 アリスはサインをしても構わないと言うが、母親は書類を破き、アリスと出て行く。 そして二人はワンダー号で新たな船旅に出る。

次の

不思議な国のアリスのおおまかなストーリーを教えて下さい。ま...

アリスインワンダーランド あらすじ

ドイツ占領下のポーランドから、リトアニアに逃れてきたユダヤ人へ向け、日本だけでなく、いつかの領事館でヴィザの発給はされていたが、ドイツ軍が西方から侵攻してくるため、逃亡ルートは限られた。 さらに1940年、リトアニアはソ連に併合され、各国の大使館・領事館は続々と閉鎖されていくなか、ユダヤ難民の逃亡ルートはシベリア鉄道で極東まで進み、日本へ渡ってアメリカなどへ脱出するしかなかったのだ。 そのためには日本を通過するヴィザが必要であり、未だ閉鎖されていなかった日本の在カウナス領事館にユダヤ難民が殺到した背景があった。 既に領事館閉鎖の勧告をソ連より受けていた千畝だったが、難民を逃すため、ヴィザを 発給することを決意する。 領事館閉鎖までの約1ヶ月間、昼夜を問わずヴィザを発給し続けた。 領事館閉鎖後も、1週間ほど滞在していたメトロポリスホテルや、さらには千畝のリトアニア出国当日も、カウナス駅で列車が発車する直前まで ヴィザに代わる渡航証明書を発給した。 日本政府より規定されていた日本通過ヴィザの発給が認められる外国人の資格は、 「避難先の国の入国許可を得ている事」 「避難先の国までの旅費を持っている事」 と定められていたが、千畝は、その資格を持ちえない難民に対してもヴィザを発給。 後年、外務省外交史料館で発見されたヴィザの発給リスト(通称:スギハラのリスト)に記されたヴィザの数は2139枚。 1枚のヴィザで同行している子どもを含めた家族全員が救われた例も多かった事から、千畝が「命のヴィザ」によって救ったユダヤ人の数は、少なくとも6000人にのぼると言われている。 その後、いくつかの国の領事館、大使館を勤務した後、1947年に日本に帰国。 外務省からの退職勧告を受け入れ辞職した。 後に、多くのユダヤ人の命を救出した千畝の功績が明らかとなって、1985年、イスラエル政府は千畝に「諸国民の中の正義の人賞」(ナチス・ドイツによるユダヤ人絶滅、すなわちホロコーストから自らの生命の危険を冒してまでユダヤ人を守った非ユダヤ人に感謝と敬意を示す称号)を贈った。 日本人でこの称号を贈られた人物は、今日まで杉原千畝、ただ1人だけである。 そしてこの称号が贈られた翌年1986年、86歳で、千畝はその生涯の幕を閉じた。 Sponsored Link あらすじ 1934年(昭和9年)満洲。 満洲国外交部で働く杉原千畝(唐沢寿明)は、堪能なロシア語と独自の諜報網を駆使して、ソ連から北満鉄道の経営権を買い取る交渉を有利に進めるため、情報を集めていた。 翌年、千畝の収集した情報のおかげで北満鉄道譲渡交渉は、当初のソ連の要求額6億2千5百万円から、1億4千万円まで引き下げさせることに成功したが、情報収集のための協力要請をしていた関東軍の裏切りによって、ともに諜報活動を行っていた仲間たちを失った千畝は、失意のうちに日本へ帰国する。 満洲から帰国して、外務省で働いていた千畝は、友人の妹であった幸子(小雪)と出会って結婚。 そして、念願の在モスクワ日本大使館への赴任を間近に控えていた。 ところが、ソ連は千畝に【ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)】を発動。 北満鉄道譲渡交渉の際、千畝のインテリジェンス・オフィサーとしての能力の高さを知ったソ連は千畝を警戒し、入国を拒否したのだ。 1939年(昭和14年)リトアニア・カウナス。 外務省は、混迷を極めるヨーロッパ情勢を知る上で最適の地、リトアニアに領事館を開設、その責任者となる事を千畝に命じた。 そこで千畝は、新たな相棒ペシュと一大諜報網を構築し、ヨーロッパ情勢を分析して日本に発信し続けた。 やがてドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発すると、ナチスに迫害され国を追われた多くのユダヤ難民が、カウナスの日本領事館にヴィザを求めてやって来た。 必死に助けを乞う難民たちの数は、日に日に増していく。 日本政府からの了承が取れない中、千畝は自らの危険を顧みず、独断で、難民たちに日本通過ヴィザを発給することを決断する…… キャスト・人物相関図 杉原千畝(すぎはら・ちうね)…唐沢寿明 第二次世界大戦中、日本領事館領事代理として赴任していたリトアニアのカウナス(当時の実質的首都、現在はリトアニア第二の都市)で、ナチス・ドイツによって迫害されていた多くのユダヤ人にヴィザを発給して、避難民の救済に尽力した。 同じく多くのユダヤ人を救い、94年の第66回アカデミー賞で作品賞、監督賞など最多7部門を受賞した『シンドラーのリスト』(スティーブン・スピルバーグ監督)で世界的に知られるドイツ人実業家、オスカー・シンドラーになぞらえ、「日本のシンドラー」とも呼ばれる。 杉原幸子(すぎはら・ゆきこ)…小雪 千畝の妻。 満洲から帰国した千畝と幸子の兄が友人だった縁で知り合った。 リトアニアをはじめ、様々な国で、外交官の妻として夫を献身的に支える。 大島 浩(おおしま・ひろし)…小日向文世 駐ドイツ日本大使。 ドイツと同盟を結ぶことが日本の将来を保証すると信じ、ドイツの不審な動きを報告する千畝と衝突する。 南川欽吾(みなみかわ・きんご)…塚本高史 関東軍将校。 「男子たるもの戦わねば」という信条を持つ、目的のためなら手段を選ばない軍人。 大迫辰雄(おおさこ・たつお)…濱田 岳 JTB社員。 ウラジオストク~敦賀の定期連絡船「天草丸」の乗務員。 港に押し寄せるユダヤ難民の対応に困惑する。 根井三郎(ねい・さぶろう)…二階堂 智 在ウラジオストク総領事代理。 日々ユダヤ難民が訪れる状況を憂慮している。 満洲のハルピン学院出身で、千畝とは同窓生。 菊池静男(きくち・しずお)…板尾創路 外務省に出入りする保険外交員。 千畝の友人で、幸子の兄。 満洲から帰国した千畝を家に招き千畝と幸子が出会うきっかけを作った。 関満一朗(せきみつ・いちろう)…滝藤賢一 外務省の官僚で、千畝の上司。 ソ連から入国を拒否された千畝に、リトアニア行きを命じる。 大橋忠一(おおはし・ちゅういち)…石橋 凌 満洲国外交部次長。 千畝に、ソ連の情報を収集するよう命じた、北満鉄道譲渡交渉における中心人物。 ペシュ…ボリスシッツ リトアニアで千畝に接触してきたポーランド政府のスパイ。 在カウナス日本領事館運転手として雇われ、千畝の諜報活動を支える右腕的存在になる。 イリーナ…アグニェシュカ・グロホフスカ 千畝の満洲国外交部在籍時に、ソ連の機密情報を収集するために千畝の諜報活動に協力していた白系ロシア人。 ニシェリ…ミハウ・ジュラフスキ リトアニア・カウナスに逃れてきたユダヤ難民のリーダー的存在。 各国の領事館にヴィザ発給を交渉する。 グッジェ…ツェザリ・ウカシェヴィチ 在カウナス日本領事館職員のドイツ系リトアニア人。 千畝のユダヤ難民へのヴィザ発給を手伝う。 ユダヤ人母…アンナ・グリチェヴィチ 日本領事館前でヴィザ発給を待ち続ける、幼い息子と娘を連れたユダヤ難民の女性。 ガノール社長…ズビグニェフ・ザマホフスキ カウナスで小麦やチーズなどをソ連に輸出している商社のユダヤ人経営者。 千畝とは、家族ぐるみの付き合い。 ローゼンタール…アンジェイ・ブルメンフェルド 孫と一緒にワルシャワからカウナスへ避難してきたユダヤ人。 逃亡中に娘をナチスに殺される。 ヤン・ズヴァルテンディク…ヴェナンティ・ノスル オランダ・フィリップス社のリトアニア支社長。 駐カウナスのオランダ領事代理を兼任。 マラット…マチェイ・ザコシチェルニ 満洲での千畝の諜報活動の相棒。 北満鉄道譲渡交渉におけるソ連側の不正工作を暴こうとする。 杉原千畝 SUGIHARA CHIUNE [ 唐沢寿明 ] Sponsored Link -• 週間人気記事• 92ビュー• 87ビュー• 83ビュー• 79ビュー• 66ビュー• 55ビュー• 48ビュー• 35ビュー• 34ビュー• 34ビュー• 33ビュー• 32ビュー• 28ビュー• 27ビュー• 25ビュー• 24ビュー• 23ビュー• 22ビュー• 21ビュー• 21ビュー• 20ビュー• 19ビュー• 19ビュー• 19ビュー• 19ビュー• 18ビュー• 17ビュー• 17ビュー• 16ビュー• 16ビュー• アーカイブ アーカイブ• 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より• ブログ広告.

次の