センザンコウ コロナ。 センザンコウ違法取引が拡大 新型コロナで急展開も

新型ウイルス、絶滅危惧の「センザンコウ」も媒介か 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

センザンコウ コロナ

研究チームは、センザンコウの取り扱いには「注意」が必要だと指摘。 さらなるアウトブレイク(大流行)を防ぐため、野生動物の市場におけるセンザンコウの販売を厳しく禁止すべきだと訴えている。 また、野生のセンザンコウを監視し、今後のヒトへの感染リスクでどのような役割を担うかを理解する必要があると述べた。 研究を主導した香港大学のトミー・ラム博士は、マレーシアから中国に密輸されたセンザンコウから、COVID-19の原因となっている新型ウイルスに関係する2種類のコロナウイルス群が見つかったと説明した。 「SARS-CoV-2(新型ウイルスの正式名称)を仲介したかどうかは確認できていないものの、今後、人畜共通の感染症を防ぐためには野生動物を生鮮食品市場で販売するのは厳しく禁止すべきだ」 絶滅危惧種のオオセンザンコウ、貴重な撮影に成功 密猟で激減 新型ウイルスが野生動物、恐らくはコウモリから他の動物、そしてヒトへと感染していったかはいまだ明らかになっていない。 これまでにキクガシラコウモリやセンザンコウの名が挙げられているものの、正確な経路は不明だ。 ラム博士は、マレーシア産の密輸されたセンザンコウからウイルスが見つかったことで、このセンザンコウがどこでウイルスに感染したかという疑問が生まれると指摘した。 密輸中に中国のコウモリから感染したのか、それとも、本来の生息地である東南アジアだろうか。 野生動物の取引禁止の声 自然保護活動家らは、この発見によってセンザンコウがさらなる危機に追い込まれる可能性があると危ぐしている。 センザンコウのうろこは漢方薬の材料として大きな需要があるほか、その肉は高級品とされている。 英カーディフ大学に所属し、マレーシアのダナウ・ジラン・フィールドセンターでセンザンコウの保護官を務めているエリザ・パンジャン氏は、「各国政府に違法な野生動物取引の取り締まりを行うよう、国際社会が圧力を掛けるべきだ」と訴えた。 中国では、新型ウイルスの流行初期に、野生動物を食肉として消費することを禁じた。 ヴェトナムも同じような措置を考えている。 一方でロンドン動物学会のアンドリュー・カニンガム教授は、今回の研究から結論へと飛躍しないことが重要だと指摘した。 「今回検出されたコロナウイルスの出所は不明だ。 センザンコウが元々持っているウイルスかもしれないし、捕獲から死ぬまでの間に他の動物からうつされたものかもしれない」 オックスフォード大学のダン・チャレンジャー博士も、センザンコウはさまざまなコロナウイルス群を保菌することで知られていると述べた。 「SARS-CoV-2の出所を特定するのは重要だ。 今回のパンデミック(世界的流行)の発現を理解することができ、将来、似たような事態を防ぐことができる」 (英語記事.

次の

センザンコウが新型コロナウイルスに関与しているのか!?

センザンコウ コロナ

タグ 140kg 38年 6. 5世代 6パック a-studio ABC-Z AbemaTV AETHER AKB48 americamura FANJ twice ASAP AXE AYA back number BAND-MAID bis buGG CDTV CM Cocomi Da-iCE DAIGO Dr. universemagic. jpg センザンコウとは、森林やサバンナなどに生息する、 うろこに覆われた珍しい哺乳類である。 うろこは大型動物から身を守るために使われたり、しっぽを振り回して攻撃するためにも用いられ、とても鋭利である。 中国では身を食用として扱ったり、うろこを漢方などとして用いる文化があった。 しかし 現在は 絶滅危惧に瀕しており、禁食となったが、センザンコウを狙うハンターや、密売密輸が横行しており、問題となっている。 センザンコウはコロナの媒介になった? 2月7日に発表された報道によると、 華南農業大学は、センザンコウがコロナウイルスの「中間宿主」になった可能性があると発表。 同大の研究班が、1000以上の野生動物の検体を調べたところ、センザンコウと人間の感染者から検出されたウイルスのゲノム配列が、99%一致することを突き止めたと伝えた。 とのこと。 新型コロナウイルスのウイルスの感染源はコウモリだと言われているそうですが、 センザンコウは、 コウモリと人間との感染をつなぐ「中間宿主」になったのではないかと考えられています。 センザンコウの密漁問題は、絶滅危惧種の密漁問題の中でも特に問題になっており、密輸先は主に中国やベトナムで、うろこは漢方薬に、肉は闇市で密売されているという。 センザンコウはポケモンのサンドパンのモデル? そんなセンザンコウ、コロナウイルスの感染源といえば聞こえが悪いですが、そんなこと抜きにしてみてみると、 とてもかわいいフォルムをしていると思いませんか? 小さいサイズはアルマジロのようですし、大きいセンザンコウは特撮のモンスターみたいで、なんかカッコいいです。 fc2. jpg サンドパンの 名前は進化前のポケモンの サンド+パンゴリン(センザンコウの米名)だと言われています! 設定ではねずみポケモンとされていますが、 明らかに見た目はねずみというよりアルマジロなどの生物に近いので、この説はおそらくあっていると思われます。 センザンコウはバゼルギウスにも似てる!? センザンコウはサンドパンだけではなく、 バゼルギウスというモンスターハンターのモンスターにもどことなく似ています。 png こうらに覆われた丸っこいフォームで、羽が生えています。 羽が生えているのはモンハンのお決まりなのでいいんですが(笑)、 かなりセンザンコウに似ているなと思い紹介いたしました。 公式からは特にモデルだと言われているわけではないんですが、おそらくイメージはしているんでしょうね。 まとめ センザンコウはうろこに覆われた絶滅危惧種の哺乳類の動物! コロナウイルスは密漁され、密売されたセンザンコウを食べたことから感染したと発表された。 センザンコウはポケモンのサンドパンや、モンスターハンターのバゼルギウスなど、キャラクターのモデルになっていると思われる! ということがわかりました。 コロナウイルスの感染源と報道されたので、悪いイメージを持ってしまっているかもしれませんが、動物に罪はありません。 とてもかわいい生き物なので、気になった方がいらっしゃれば調べてみてくださいね!•

次の

コロナウイルスの原因はコウモリか コウモリの刺身を食べる中国人が衝撃

センザンコウ コロナ

センザンコウ 穿山甲 はコロナウイルスの感染媒介? 新型コロナウイルスの感染拡大が拡がるなかで気になるのが感染経路ですね。 コロナウイルスには、 今回の新型コロナウイルス COVID-19 以外にも数種類のウイルスが存在し、 そのほとんどのウイルスで最初に感染する生物 自然宿主 は コウモリであることが既往の研究で明らかにされているようです。 数年前に流行したSARS 重症急性呼吸器症候群 や MERS 中東呼吸器症候群 の自然宿主もコウモリでした。 そして、今回の新型コロナウイルスも SARSウイルスと遺伝子が96%同じであることから、 やはりコウモリが自然宿主と考えられています。 また、 コウモリのもつコロナウイルスは 別の生物 媒介生物 に感染することで遺伝子変異を起こし、 ヒトが感染するウイルスに変貌するとのことです。 SARSの媒介生物はジャコウネコ、 MERSの媒介生物はラクダでしたが、 今回の新型コロナウイルスの媒介生物はどんな生物なのか。 これまでにヘビやカメなどが候補として挙げられていましたが、 最新の研究論文によると、 新型コロナウイルスの媒介生物は センザンコウという生物である可能性が高いようです。 身体全体はウロコのようなもので覆われていて硬そうな印象ですが、 目は小さくてかわいらしいですね。 こんなかわいらしい動物がコロナウイルス感染のキーだとは なんとも不思議です。 中国人はセンザンコウを食べる?味は? センザンコウは日本では見たことのない方がほとんどだと思いますが、 生息地のひとつである中国では、 珍味としても食べられているようです。 見た目からすると、日本人の私にはとても食用には見えませんが、 中国では、様々な珍獣を珍味として食す文化があることを考えると、 センザンコウのような生物を食べると聞いても不思議ではないかもしれませんね。 さて、気になるのはその味や食感ですよね。 味については特に目立った情報はありませんでしたが、 食感は猪やワニに似ていて、弾力のあるお肉のようです。 また、珍獣特有の臭みも強いようで、 日本人にとってはあまり馴染めない食物かもしれませんね。 センザンコウが禁食の理由とは? 中国で珍味として食べられることのあるセンザンコウですが、 実は食用ではなく、禁食されています。 中国ではセンザンコウを食べた場合、 10年の懲役刑が科される可能性もあるそうです。 というのも、 センザンコウは個体数が激減しており、 絶滅危惧種にも指定されているためです。 稀少生物を捕獲して食べるのは止めましょうということですが、 食肉用以外にもウロコの需要があるなどで 今でも密猟や密輸が行われているようです。 センザンコウはコロナウイルスの感染媒介である可能性も高まったので、 今後は密猟や食肉などは絶対に控えてほしいところです。 まとめ 新型コロナウイルスの感染媒介生物として注目されているセンザンコウ。 生息地の中国では、禁食されているものの、 密猟や密輸などを通して珍味として食べる人もいるようです。 中国人にとっては珍味かもしれませんが、 絶滅危惧種の保護という意味でも、 コロナウイルス感染の拡大防止という意味でも これ以上の食肉は控えるべきではないかと思います。

次の