毛嚢炎 陰部 ゲンタシン。 陰部にできたデキモノってニキビなの?その答えと対策法

陰部にできたデキモノってニキビなの?その答えと対策法

毛嚢炎 陰部 ゲンタシン

アクアチムとは? それでは名前の由来からいきます。 アクアチムは Acuatimと表記されますが、これは「 Acne and Trauma, Infection of Mucosa」の青文字の部分を組み合わせて命名されています。 一般名は ナジフロキサシンです。 アクアチムの作用を簡単にお話すると 「皮膚の感染症の原因となる細菌を死滅させる 」となります。 ここではまずにきびについてお話しします。 尋常性ざ瘡(ニキビ)とは? 尋常性ざ瘡は医療用語で、一般的には ニキビを指します。 ここではニキビがどのようにできるか説明していきましょう。 思春期やストレス、睡眠不足、不規則な食生活等の影響により男性ホルモンの分泌が活発になります。 男性ホルモンは皮脂の分泌を盛んにする作用を持ちます。 これにより皮膚の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れ、毛穴に角質が詰まってしまう角化異常が起こります。 すると角質が蓋となり、毛孔(毛穴)が閉塞してしまいます。 毛孔が閉塞すると皮脂を外に排出できなくなるため、毛包(毛根を包む袋)内にどんどん皮脂が溜まっていきます。 この状態を 微小面皰(びしょうめんぽう)といいます。 いわゆるニキビの一歩手前の状態です。 ここで アクネ菌(P. acnes)について説明します。 アクネ菌はニキビの原因菌として有名ですね。 アクネ菌は皮膚や毛包内の常在菌です。 常在菌とは読んでそのまま 「常に存在する菌」です。 アクネ菌は皮膚や毛包に常在することで他の有害な菌を死滅させたりするなど、皮膚のバリア機能としての役割も担っているのです。 ただ何事も程々が一番。 増え過ぎると問題が起こります。 実はアクネ菌は皮脂が大好物なんです。 おまけに酸素がない状態で増殖する嫌気性菌になります。 皮脂の分泌が盛んになり、かつ毛包内には酸素がない。 アクネ菌にとってはまさに夢のような環境のわけです。 これによりアクネ菌が異常に増殖します。 アクネ菌は細菌性リパーゼと好中球走化因子を作り出します。 細菌性リパーゼは皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解する酵素であり、この遊離脂肪酸が毛包の炎症を引き起こします。 また好中球走化因子は文字通り好中球を遊走、つまり毛包に好中球を呼び寄せます。 好中球が生み出す活性酸素もまた毛包の炎症を引き起こします。 以上により毛包が肥大して膨れ上がります。 すると皮膚が盛り上がり、面皰となります。 微小ではなくなった面皰、これが ニキビです。 アクアチムはアクネ菌に対して強い抗菌活性を持つため、化膿性炎症を伴うざ瘡に適応があるのです。 表在性皮膚感染症とは? 表在性皮膚感染症とは 黄色ブドウ球菌や レンサ球菌などの細菌が毛穴や傷口などから侵入することで炎症をおこす病気であり、化膿性皮膚炎、伝染性膿痂疹、膿痂疹、毛嚢炎、毛包炎、毛瘡などの総称になります。 上記の中で伝染性膿痂疹はいわゆるであり、外用薬としてはフシジンレオ軟膏やゲンタシン軟膏が主に処方されています。 ただゲンタシン軟膏は最近耐性化が進んでいると言われており、効果が期待できない場合があります。 アクアチムはとびひの原因菌である黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌に対して強い抗菌活性を持つため、とびひの治療に用いられることがあります。 その結果細胞分裂が阻害され、黄色ブドウ球菌やアクネ菌などの細菌を退治することができるのです。 DNAジャイレースはDNAをらせん状(コイル状)に畳んで細胞内へ収納する酵素です。 DNAジャイレースがないと細菌はDNAを収納できなくなり死滅します。 DNAジャイレースはヒトにはありませんので細菌に選択的に作用することができます。 こちらは複製が完了したDNAを細胞分裂後の娘細胞に分け与えるために、親細胞からDNAを切断する作用を持ちます。 アクアチムは1日2回の塗布が必要です。 また適応症が剤形により異なります。 ・アクアチム軟膏:表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症 ・アクアチムクリーム:表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの) ・アクアチムローション:ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの) アクアチムの効果判定はざ瘡で4週間、表在性皮膚感染症及び深在性皮膚感染症については1週間使用した時点で行います。 この時点で効果が認められない場合は継続使用しても効果がない可能性が高くなります。 アクアチムの副作用 アクアチムローションは承認時の臨床試験において総症例170例中、塗布時の刺激感が18例(10. 6%)に認められています。 またアクアチムクリームは総症例4,174例中副作用は60例(1. 44%)に認められています。 内容としては そう痒感、刺激感、発赤、潮紅、丘疹、顔面の熱感、接触皮膚炎、皮膚乾燥、ほてり感などがあります。 アクアチム軟膏は副作用発現頻度が明確となる臨床試験を実施していませんが、同様の症状が現れる可能性があります。 その際はかかりつけの医師や薬剤師にご相談下さい。 それではアクアチムについては以上とさせて頂きます。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

毛包炎(毛嚢炎) │ 皮膚症状一覧 │ ひふ研 「ひふ症状、ひふ薬の使い方の疑問に答える情報サイト」 │ 第一三共ヘルスケア

毛嚢炎 陰部 ゲンタシン

ドルマイシン軟膏は、ゼリア新薬が販売している抗生物質の塗り薬です。 「コリスチン硫酸塩」と「バシトラシン」という2種類の抗生物質が配合されており、幅広い細菌に効果的な抗生剤になっています。 ステロイドなどの副作用が強い成分も含まれていないので、赤ちゃんでも使うことが出来ますし、副作用の心配もさほどありません。 ドルマイシン軟膏は、 主に傷ややけどが化膿した時や、とびひを始めとする皮膚の細菌感染症などに効果的です。 ばい菌が傷口に入って悪さするのを予防する働きがあるというイメージで良いでしょう。 成分こそ違うものの、ゲンタシン軟膏とよく似た働きなので、 ゲンタシン軟膏の代用として使うのにおすすめですよ。 テラマイシン軟膏aは、ジョンソン・エンド・ジョンソンという会社が出している抗生物質の塗り薬です。 「オキシテトラサイクリン塩酸塩」と「ポリミキシンB硫酸塩」という2種類の抗生物質が含まれており、ドルマイシン軟膏と同じく色々な細菌に効果のある抗生剤と言えますね。 こちらもステロイドは含まれていませんので、 あまり副作用を気にすることなく使える塗り薬と考えて大丈夫です。 乳幼児にも使うことが出来ますよ。 テラマイシン軟膏aは、 とびひなどの皮膚感染症や、皮膚が赤く腫れて中に膿がたまっているような症状に効果が期待出来ます。 こちらもゲンタシン軟膏と似たような働きをする薬なので、ゲンタシン軟膏の代わりとして使える塗り薬と言えるでしょう。 なお、 ドルマイシン軟膏とテラマイシン軟膏aには、成分以外に特別大きな差はありません。 成分にこだわりが無ければ、好きな方を選んで良いでしょう。 強いて言えば、ドルマイシン軟膏の方が少し値段が安い傾向にありますので、特にこだわりが無ければ値段で決めて大丈夫ですよ。 フルコートf軟膏は、田辺三菱製薬から販売されている 抗生物質+ステロイドの塗り薬です。 「フラジオマイシン硫酸塩」という抗生物質に加えて、「フルオシノロンアセトニド」というステロイドが含まれています。 簡単に言えば、 細菌の増殖を抑える効果だけでなく、炎症を抑える効果も持った塗り薬と言えるでしょう。 ステロイドを含むとはいえ塗り薬なので、1~2週間ほどの短期間の使用であれば、妊娠中や小さい子供にも使うことが出来ますよ。 フルコートf軟膏の特徴は、 細菌感染の予防だけでなく、かゆみや赤み、腫れといった炎症によって起こる症状を抑えることが出来る点です。 「化膿を予防するだけでなく、かゆみや腫れを抑える効果も欲しい!」という時におすすめの薬ですね。 ただ、ステロイドは塗った部分の免疫力を抑制してしまうので、既に化膿や皮膚感染症を起こしている部位に塗ると悪化する危険性があります。 自己判断で化膿や感染を起こしている部位に使うのは避けておきましょう。 オロナインH軟膏は、大塚製薬が販売している塗り薬です。 有名な薬なので、一度は使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。 オロナインH軟膏の主な成分は、「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という消毒薬の一種で、抗生物質ではありません。 そのため、 既に化膿や感染症を起こしている人よりも、化膿や感染症を予防したい人向けの商品と言えるでしょう。 オロナインH軟膏が使える症状は、 にきびや吹き出物、軽いやけど、傷、ひび割れ、あかぎれ、しもやけ、ジュクジュクしていない水虫などですね。 消毒をしながら傷口を保護出来るのが特徴で、幅広い症状に効果的なので、昔から慣れ親しまれてきました。 ただ、 ゲンタシン軟膏と比べると化膿予防の効果自体は弱いので、色々な症状に使える反面、どの症状にも特別効果的とは言いにくいのが特徴です。 また、消毒薬は健康な細胞にもダメージを与えてしまうので、体にとっては異物です。 むやみに湿疹やかぶれ、虫刺されなどに使うと悪化する可能性がありますので、適応する症状以外には使わないようにしましょう。 とはいえ、自宅で応急処置として塗る薬には適しているので、常備薬におすすめですよ。 オロナインH軟膏は幅広い症状に使えるので、応急処置用の常備薬として使う! まとめ ゲンタシン軟膏と全く同じ成分の市販薬はありませんので、市販の薬で代用したい時には効果や用途のよく似ている塗り薬を使うようにしましょう。 ゲンタシン軟膏の代わりに使いやすい塗り薬をもう一度まとめておくと、以下の通りですね。 あくまで化膿した傷口や細菌感染症を治す、もしくは予防する目的で使うようにしてください。 傷口にひとまず塗っておきたいという場合には、オロナインH軟膏の方がおすすめです。 消毒薬なので、適応のある症状に塗っておけば傷口にばい菌が入るのを防いでくれますよ。 もし、市販薬を塗っても症状が悪化していく場合や、3~5日塗っても治らない場合には、一度病院を受診するようにしてくださいね。

次の

ゲンタシン軟膏に市販薬はある?【薬局や通販で買えるのか】

毛嚢炎 陰部 ゲンタシン

アクアチムとは? それでは名前の由来からいきます。 アクアチムは Acuatimと表記されますが、これは「 Acne and Trauma, Infection of Mucosa」の青文字の部分を組み合わせて命名されています。 一般名は ナジフロキサシンです。 アクアチムの作用を簡単にお話すると 「皮膚の感染症の原因となる細菌を死滅させる 」となります。 ここではまずにきびについてお話しします。 尋常性ざ瘡(ニキビ)とは? 尋常性ざ瘡は医療用語で、一般的には ニキビを指します。 ここではニキビがどのようにできるか説明していきましょう。 思春期やストレス、睡眠不足、不規則な食生活等の影響により男性ホルモンの分泌が活発になります。 男性ホルモンは皮脂の分泌を盛んにする作用を持ちます。 これにより皮膚の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れ、毛穴に角質が詰まってしまう角化異常が起こります。 すると角質が蓋となり、毛孔(毛穴)が閉塞してしまいます。 毛孔が閉塞すると皮脂を外に排出できなくなるため、毛包(毛根を包む袋)内にどんどん皮脂が溜まっていきます。 この状態を 微小面皰(びしょうめんぽう)といいます。 いわゆるニキビの一歩手前の状態です。 ここで アクネ菌(P. acnes)について説明します。 アクネ菌はニキビの原因菌として有名ですね。 アクネ菌は皮膚や毛包内の常在菌です。 常在菌とは読んでそのまま 「常に存在する菌」です。 アクネ菌は皮膚や毛包に常在することで他の有害な菌を死滅させたりするなど、皮膚のバリア機能としての役割も担っているのです。 ただ何事も程々が一番。 増え過ぎると問題が起こります。 実はアクネ菌は皮脂が大好物なんです。 おまけに酸素がない状態で増殖する嫌気性菌になります。 皮脂の分泌が盛んになり、かつ毛包内には酸素がない。 アクネ菌にとってはまさに夢のような環境のわけです。 これによりアクネ菌が異常に増殖します。 アクネ菌は細菌性リパーゼと好中球走化因子を作り出します。 細菌性リパーゼは皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解する酵素であり、この遊離脂肪酸が毛包の炎症を引き起こします。 また好中球走化因子は文字通り好中球を遊走、つまり毛包に好中球を呼び寄せます。 好中球が生み出す活性酸素もまた毛包の炎症を引き起こします。 以上により毛包が肥大して膨れ上がります。 すると皮膚が盛り上がり、面皰となります。 微小ではなくなった面皰、これが ニキビです。 アクアチムはアクネ菌に対して強い抗菌活性を持つため、化膿性炎症を伴うざ瘡に適応があるのです。 表在性皮膚感染症とは? 表在性皮膚感染症とは 黄色ブドウ球菌や レンサ球菌などの細菌が毛穴や傷口などから侵入することで炎症をおこす病気であり、化膿性皮膚炎、伝染性膿痂疹、膿痂疹、毛嚢炎、毛包炎、毛瘡などの総称になります。 上記の中で伝染性膿痂疹はいわゆるであり、外用薬としてはフシジンレオ軟膏やゲンタシン軟膏が主に処方されています。 ただゲンタシン軟膏は最近耐性化が進んでいると言われており、効果が期待できない場合があります。 アクアチムはとびひの原因菌である黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌に対して強い抗菌活性を持つため、とびひの治療に用いられることがあります。 その結果細胞分裂が阻害され、黄色ブドウ球菌やアクネ菌などの細菌を退治することができるのです。 DNAジャイレースはDNAをらせん状(コイル状)に畳んで細胞内へ収納する酵素です。 DNAジャイレースがないと細菌はDNAを収納できなくなり死滅します。 DNAジャイレースはヒトにはありませんので細菌に選択的に作用することができます。 こちらは複製が完了したDNAを細胞分裂後の娘細胞に分け与えるために、親細胞からDNAを切断する作用を持ちます。 アクアチムは1日2回の塗布が必要です。 また適応症が剤形により異なります。 ・アクアチム軟膏:表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症 ・アクアチムクリーム:表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの) ・アクアチムローション:ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの) アクアチムの効果判定はざ瘡で4週間、表在性皮膚感染症及び深在性皮膚感染症については1週間使用した時点で行います。 この時点で効果が認められない場合は継続使用しても効果がない可能性が高くなります。 アクアチムの副作用 アクアチムローションは承認時の臨床試験において総症例170例中、塗布時の刺激感が18例(10. 6%)に認められています。 またアクアチムクリームは総症例4,174例中副作用は60例(1. 44%)に認められています。 内容としては そう痒感、刺激感、発赤、潮紅、丘疹、顔面の熱感、接触皮膚炎、皮膚乾燥、ほてり感などがあります。 アクアチム軟膏は副作用発現頻度が明確となる臨床試験を実施していませんが、同様の症状が現れる可能性があります。 その際はかかりつけの医師や薬剤師にご相談下さい。 それではアクアチムについては以上とさせて頂きます。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の