空の青さを知る人よ 歌詞 解釈。 あいみょん「空の青さを知る人よ」歌詞の意味を解釈!アニメ映画 主題歌に込めた想いとは?

Lyrics 空 の 青 さ を 知る 人 よ あい みょん

空の青さを知る人よ 歌詞 解釈

あいみょん 後ろめたい気持ちが大きいから 一番弱い自分の影 と表現されているのでしょう。 どんな、内容なんだろう、、、 あいみょんの影が見えたという 映画 「空の青さを知る人よ」のあらすじは 山に囲まれた町に住む、 17歳の高校二年生・相生あおい。 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 作詞作曲:あいみょん 「ホラー映画」「キャラメル味のキス」という実体験のような歌詞の情景は、幼き頃の「あおい」が勝手に連想していた「デート」や「恋」の情景です。 あおいとあかねは幼くして両親を亡くしている。 「空青」の解釈記事拝見させていただきました。 あおいは、姉の元恋人「金室慎之介」が13年前の過去から時間を超えてやって来た姿「しんの」に恋心を抱いてしまう。 しかし、両親を失ったあと、田舎で二人暮らしをしていたあおいは恋なんて知りません。 将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。 楽曲考察の前に、 抑えて頂きたいポイントは3つ!• まさにあいみょんの「空青」と映画「空青」がとてもシンクロしていて 映画の世界に溶け込んだ素晴らしい作品でした。 映画の君の横顔を探していると同時に、君が好きだったものも一緒に思い出しているのではないでしょうか。 それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。 予告動画でもあおいは 「私たちは巨大な牢獄に収容されてんの」 と言っており、両親もおらず、恋の仕方を知らない自分 恋ができない姉 とその現状を、不服に感じていることが伺えました。 あいみょん 空の青さを知る人よ また、良コメントを頂いたので反映させて頂きます。 歌詞 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 全然好きじゃなかった ほら、あの呼び方 漫画の主人公みたいで 全然好きになれなかったんだ それなのにね 今も似た言葉に身体が動くよ 皮肉な思い出なのさ 何回も右往左往してみても 暗すぎて何も見えない そうかい まだ隠れているのかい 飛び出しておいで メモリー 高く掲げた掌 届く気がしたんだ確かに 回り出す 襲いかかる 悪魔の顔をした奴らが 会いたい人に会えない そんな悪夢を 雲に変えて 食べてやるよ 悲しくなるから いつも いつも いつも いつも 君が 君が 君が 君が 最初に いなくなってしまう なんで なんで なんで なんで 僕に 僕に 僕に 僕に さよならも言わずに 空になったの? 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 君が知っている 空の青さを知りたいから 追いかけている 追いかけている 届け 作詞作曲:あいみょん スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 前提ですが、 本楽曲「空の青さを知る人よ」は 姉のあかねの負い目を感じている、あおい目線 で綴られています。 ということが鮮明に伺えますね。 "matahari terbenam" mungkin mengacu pada masa muda yang hilang. 映画と重なる部分が多すぎてグッとくる、、、 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから ここでも、負い目に起因するあおいの願いが描かれています。 「赤く染まった空から~」の部分は「茜空」と「あかね」をかけたあかね自身なのかなと私は思いました。 楽曲名「空の青さを知る人よ」とは 「空の青さを知る人よ」は映画と同名タイトル。 という、複雑な映画背景です。 あいみょん この対比された 「太陽」を 「恋」や「青春」と捉える必要があります。 一方、 13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。 では、本題の楽曲考察に移っていきます。 そう捉えたうえで、一度、 あかねとあおいの情景をおさらい。 ここでポイントが一つ。 君が知っている 空の青さを知りたいから 追いかけている 追いかけている 届け 初見で、ここの「君」は、「しんの」のことを指すのかと解釈しましたが、本楽曲が「しんのへの想い」と「あかねへの罪悪感」を描いた楽曲だと仮定するならば、ここの君は「しんの」と「あかね」を包括するのではと思っています。 「しんの」と出逢い、はじめて恋の素敵さを知ったからこそ、 「姉 あかね に青春を取り戻して欲しい」と切実に願っているのです。 あいみょん 少し寂しそうな君に こんな歌を聴かせよう 手を叩く合図 雑なサプライズ 僕なりの精一杯 埃まみれ ドーナツ盤には あの日の夢が踊る 真面目に針を落とす 息を止めすぎたぜ さあ腰を下ろしてよ フツフツと鳴り出す青春の音 乾いたメロディで踊ろうよ 君はロックなんか聴かないと思いながら 少しでも僕に近づいてほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で 恋を乗り越えてきた 僕の心臓のBPMは 190になったぞ 君は気づくのかい? なぜ今笑うんだい? 嘘みたいに泳ぐ目 ダラダラと流れる青春の音 乾いたメロディは止まないぜ 君はロックなんか聴かないと思いながら あと少し僕に近づいてほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で 恋に焦がれてきたんだ 君がロックなんか聴かないこと知ってるけど 恋人のように寄り添ってほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で また胸が痛いんだ 君はロックなんか聴かないと思いながら 少しでも僕に近づいてほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で 恋を乗り越えてきた. 全然好きじゃなかったけど、今は君が好きだったものだから、好きになっているのかもしれませんね。 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく. せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。 まだあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。 歌詞のメッセージ性としては 青春・恋を知りたい という単純明快なものなのですが、 しんのを通しては 「しんののことをもっと知りたい」 あかねを通しては 「姉も知っていた恋をもっと知りたい」 というメッセージをそれぞれ持っているのではないでしょうか。 解釈はほぼ同じですが、つねに赤い空から照らしてくれている太陽、すなわちあかねに対して罪悪感や、素直に感謝しきれない葵の心情が込められているのかなぁと思いました。 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 全然好きじゃなかった ほら、あの呼び方 漫画の主人公みたいで 全然好きになれなかったんだ それなのにね 今も似た言葉に身体が動くよ 皮肉な思い出なのさ 何回も右往左往してみても 暗すぎて何も見えない そうかい まだ隠れているのかい 飛び出しておいで メモリー 高く掲げた掌 届く気がしたんだ確かに 回り出す 襲いかかる 悪魔の顔をした奴らが 会いたい人に会えない そんな悪夢を 雲に変えて 食べてやるよ 悲しくなるから いつも いつも いつも いつも 君が 君が 君が 君が 最初に いなくなってしまう なんで なんで なんで なんで 僕に 僕に 僕に 僕に さよならも言わずに 空になったの? そのバックミュージシャンとして金室慎之介の名があがる。 作詞:あいみょん 作曲:あいみょん 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 全然好きじゃなかった ほら、あの呼び方 漫画の主人公みたいで 全然好きになれなかったんだ それなのにね 今も似た言葉に身体が動くよ 皮肉な思い出なのさ 何回も右往左往してみても 暗すぎて何も見えない そうかい まだ隠れているのかい 飛び出しておいで メモリー 高く掲げた掌 届く気がしたんだ確かに 回り出す 襲いかかる 悪魔の顔をした奴らが 会いたい人に会えない そんな悪夢を 雲に変えて 食べてやるよ 悲しくなるから いつも いつも いつも いつも 君が 君が 君が 君が 最初に いなくなってしまう なんで なんで なんで なんで 僕に 僕に 僕に 僕に さよならも言わずに 空になったの? 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 君が知っている 空の青さを知りたいから 追いかけている 追いかけている 届け zenzen su ki zya nakaxtu ta hora- eiga to kyarameru azi no kisu zenzen su ki ni nare nakaxtu ta sorenanoni ne ima ha himei wo age nagara kimi no yokogao wo saga si te iru kuukyo na kokoro no o tosi ana kura sugi te nanimo mi e nai konkyo nante hito tu mo nai noni sa sintai ga hasi ri da si teku aka ku so maxtu ta sora kara ahu re da su syawa- ni u tare te naga re da su u kabi a garu itiban yowa i zibun no kage ao ku si n da omo i de kaku se nai no ha mou itido ona zi hibi wo moto mete iru kara zenzen su ki zya nakaxtu ta hora 、 ano yo bi kata manga no syuzinkou mitai de zenzen su ki ni nare nakaxtu ta n da sorenanoni ne ima mo ni ta kotoba ni sintai ga ugo ku yo hiniku na omo i de na no sa nankai mo uousaou si te mi te mo kura sugi te nani mo mi e nai sou kai mada kaku re te iru no kai to bi da si te oide memori- taka ku kaka ge ta tenohira todo ku ki ga si ta n da tasi ka ni mawa ri da su oso ikakaru akuma no kao wosi ta yatu ra ga a i tai hito ni a e nai sonna akumu wo kumo ni ka e te ta be te yaru yo kana siku naru kara itumo itumo itumo itumo kimi ga kimi ga kimi ga kimi ga saisyo ni i naku naxtu te simau nande nande nande nande boku ni boku ni boku ni boku ni sayonara mo i wa zu ni sora ni naxtu ta no ? aka ku so maxtu ta sora kara ahu re da su syawa- ni u tare te naga re da su u kabi a garu itiban yowa i zibun no kage ao ku si n da omo i de kaku se nai no ha mou itido ona zi hibi wo moto mete iru kara kimi ga si xtu te iru sora no ao sa wo si ri tai kara o ikake te iru o ikake te iru todo ke. ホラー映画にもかかっているのかもしれません。 あいみょん 空の青さを知る人よ 「今は悲鳴をあげながら」という生々しい表現からあいみょん節が感じられます。 私を好きじゃないのならば. あおいに構ってばかりのせいで恋愛や色んな事を諦めて、太陽に打たれることができなかった「あかね」• 本当に楽しみですね。 だから 全然好きになれなかった とあるのです。 私は試写会の応募に当選して一足先に観させていただきました。 皆さんは 「井の中の蛙大海を知らず、 されど空の深さ 青さ を知る」 ということわざをご存知でしょうか? 元々は、 井の中の蛙大海を知らず。 姉の人生から自由を奪ってしまったと…。 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 全然好きじゃなかった ほら、あの呼び方 漫画の主人公みたいで 全然好きになれなかったんだ それなのにね 今も似た言葉に身体が動くよ 皮肉な思い出なのさ 何回も右往左往してみても 暗すぎて何も見えない そうかい まだ隠れているのかい 飛び出しておいで メモリー 高く掲げた掌 届く気がしたんだ確かに 回り出す 襲いかかる 悪魔の顔をした奴らが 会いたい人に会えない そんな悪夢を 雲に変えて 食べてやるよ 悲しくなるから いつも いつも いつも いつも 君が 君が 君が 君が 最初に いなくなってしまう なんで なんで なんで なんで 僕に 僕に 僕に 僕に さよならも言わずに 空になったの? 今まで恋愛経験なんてない彼女ですが、「こうしたら恋愛が成就する!」という確固たる根拠もないまま、身体がしんのの元に引き込まれていくのです。

次の

空 の 青 さ を 知る 人 よ あい みょん 歌詞

空の青さを知る人よ 歌詞 解釈

あいみょん 後ろめたい気持ちが大きいから 一番弱い自分の影 と表現されているのでしょう。 どんな、内容なんだろう、、、 あいみょんの影が見えたという 映画 「空の青さを知る人よ」のあらすじは 山に囲まれた町に住む、 17歳の高校二年生・相生あおい。 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 作詞作曲:あいみょん 「ホラー映画」「キャラメル味のキス」という実体験のような歌詞の情景は、幼き頃の「あおい」が勝手に連想していた「デート」や「恋」の情景です。 あおいとあかねは幼くして両親を亡くしている。 「空青」の解釈記事拝見させていただきました。 あおいは、姉の元恋人「金室慎之介」が13年前の過去から時間を超えてやって来た姿「しんの」に恋心を抱いてしまう。 しかし、両親を失ったあと、田舎で二人暮らしをしていたあおいは恋なんて知りません。 将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。 楽曲考察の前に、 抑えて頂きたいポイントは3つ!• まさにあいみょんの「空青」と映画「空青」がとてもシンクロしていて 映画の世界に溶け込んだ素晴らしい作品でした。 映画の君の横顔を探していると同時に、君が好きだったものも一緒に思い出しているのではないでしょうか。 それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。 予告動画でもあおいは 「私たちは巨大な牢獄に収容されてんの」 と言っており、両親もおらず、恋の仕方を知らない自分 恋ができない姉 とその現状を、不服に感じていることが伺えました。 あいみょん 空の青さを知る人よ また、良コメントを頂いたので反映させて頂きます。 歌詞 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 全然好きじゃなかった ほら、あの呼び方 漫画の主人公みたいで 全然好きになれなかったんだ それなのにね 今も似た言葉に身体が動くよ 皮肉な思い出なのさ 何回も右往左往してみても 暗すぎて何も見えない そうかい まだ隠れているのかい 飛び出しておいで メモリー 高く掲げた掌 届く気がしたんだ確かに 回り出す 襲いかかる 悪魔の顔をした奴らが 会いたい人に会えない そんな悪夢を 雲に変えて 食べてやるよ 悲しくなるから いつも いつも いつも いつも 君が 君が 君が 君が 最初に いなくなってしまう なんで なんで なんで なんで 僕に 僕に 僕に 僕に さよならも言わずに 空になったの? 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 君が知っている 空の青さを知りたいから 追いかけている 追いかけている 届け 作詞作曲:あいみょん スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 前提ですが、 本楽曲「空の青さを知る人よ」は 姉のあかねの負い目を感じている、あおい目線 で綴られています。 ということが鮮明に伺えますね。 "matahari terbenam" mungkin mengacu pada masa muda yang hilang. 映画と重なる部分が多すぎてグッとくる、、、 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから ここでも、負い目に起因するあおいの願いが描かれています。 「赤く染まった空から~」の部分は「茜空」と「あかね」をかけたあかね自身なのかなと私は思いました。 楽曲名「空の青さを知る人よ」とは 「空の青さを知る人よ」は映画と同名タイトル。 という、複雑な映画背景です。 あいみょん この対比された 「太陽」を 「恋」や「青春」と捉える必要があります。 一方、 13年ぶりに再会を果たすあかねと慎之介。 では、本題の楽曲考察に移っていきます。 そう捉えたうえで、一度、 あかねとあおいの情景をおさらい。 ここでポイントが一つ。 君が知っている 空の青さを知りたいから 追いかけている 追いかけている 届け 初見で、ここの「君」は、「しんの」のことを指すのかと解釈しましたが、本楽曲が「しんのへの想い」と「あかねへの罪悪感」を描いた楽曲だと仮定するならば、ここの君は「しんの」と「あかね」を包括するのではと思っています。 「しんの」と出逢い、はじめて恋の素敵さを知ったからこそ、 「姉 あかね に青春を取り戻して欲しい」と切実に願っているのです。 あいみょん 少し寂しそうな君に こんな歌を聴かせよう 手を叩く合図 雑なサプライズ 僕なりの精一杯 埃まみれ ドーナツ盤には あの日の夢が踊る 真面目に針を落とす 息を止めすぎたぜ さあ腰を下ろしてよ フツフツと鳴り出す青春の音 乾いたメロディで踊ろうよ 君はロックなんか聴かないと思いながら 少しでも僕に近づいてほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で 恋を乗り越えてきた 僕の心臓のBPMは 190になったぞ 君は気づくのかい? なぜ今笑うんだい? 嘘みたいに泳ぐ目 ダラダラと流れる青春の音 乾いたメロディは止まないぜ 君はロックなんか聴かないと思いながら あと少し僕に近づいてほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で 恋に焦がれてきたんだ 君がロックなんか聴かないこと知ってるけど 恋人のように寄り添ってほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で また胸が痛いんだ 君はロックなんか聴かないと思いながら 少しでも僕に近づいてほしくて ロックなんか聴かないと思うけれども 僕はこんな歌であんな歌で 恋を乗り越えてきた. 全然好きじゃなかったけど、今は君が好きだったものだから、好きになっているのかもしれませんね。 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく. せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。 まだあかねと別れる前の、高校時代の姿のままで、13年前の過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。 歌詞のメッセージ性としては 青春・恋を知りたい という単純明快なものなのですが、 しんのを通しては 「しんののことをもっと知りたい」 あかねを通しては 「姉も知っていた恋をもっと知りたい」 というメッセージをそれぞれ持っているのではないでしょうか。 解釈はほぼ同じですが、つねに赤い空から照らしてくれている太陽、すなわちあかねに対して罪悪感や、素直に感謝しきれない葵の心情が込められているのかなぁと思いました。 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 全然好きじゃなかった ほら、あの呼び方 漫画の主人公みたいで 全然好きになれなかったんだ それなのにね 今も似た言葉に身体が動くよ 皮肉な思い出なのさ 何回も右往左往してみても 暗すぎて何も見えない そうかい まだ隠れているのかい 飛び出しておいで メモリー 高く掲げた掌 届く気がしたんだ確かに 回り出す 襲いかかる 悪魔の顔をした奴らが 会いたい人に会えない そんな悪夢を 雲に変えて 食べてやるよ 悲しくなるから いつも いつも いつも いつも 君が 君が 君が 君が 最初に いなくなってしまう なんで なんで なんで なんで 僕に 僕に 僕に 僕に さよならも言わずに 空になったの? そのバックミュージシャンとして金室慎之介の名があがる。 作詞:あいみょん 作曲:あいみょん 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 全然好きじゃなかった ほら、あの呼び方 漫画の主人公みたいで 全然好きになれなかったんだ それなのにね 今も似た言葉に身体が動くよ 皮肉な思い出なのさ 何回も右往左往してみても 暗すぎて何も見えない そうかい まだ隠れているのかい 飛び出しておいで メモリー 高く掲げた掌 届く気がしたんだ確かに 回り出す 襲いかかる 悪魔の顔をした奴らが 会いたい人に会えない そんな悪夢を 雲に変えて 食べてやるよ 悲しくなるから いつも いつも いつも いつも 君が 君が 君が 君が 最初に いなくなってしまう なんで なんで なんで なんで 僕に 僕に 僕に 僕に さよならも言わずに 空になったの? 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 君が知っている 空の青さを知りたいから 追いかけている 追いかけている 届け zenzen su ki zya nakaxtu ta hora- eiga to kyarameru azi no kisu zenzen su ki ni nare nakaxtu ta sorenanoni ne ima ha himei wo age nagara kimi no yokogao wo saga si te iru kuukyo na kokoro no o tosi ana kura sugi te nanimo mi e nai konkyo nante hito tu mo nai noni sa sintai ga hasi ri da si teku aka ku so maxtu ta sora kara ahu re da su syawa- ni u tare te naga re da su u kabi a garu itiban yowa i zibun no kage ao ku si n da omo i de kaku se nai no ha mou itido ona zi hibi wo moto mete iru kara zenzen su ki zya nakaxtu ta hora 、 ano yo bi kata manga no syuzinkou mitai de zenzen su ki ni nare nakaxtu ta n da sorenanoni ne ima mo ni ta kotoba ni sintai ga ugo ku yo hiniku na omo i de na no sa nankai mo uousaou si te mi te mo kura sugi te nani mo mi e nai sou kai mada kaku re te iru no kai to bi da si te oide memori- taka ku kaka ge ta tenohira todo ku ki ga si ta n da tasi ka ni mawa ri da su oso ikakaru akuma no kao wosi ta yatu ra ga a i tai hito ni a e nai sonna akumu wo kumo ni ka e te ta be te yaru yo kana siku naru kara itumo itumo itumo itumo kimi ga kimi ga kimi ga kimi ga saisyo ni i naku naxtu te simau nande nande nande nande boku ni boku ni boku ni boku ni sayonara mo i wa zu ni sora ni naxtu ta no ? aka ku so maxtu ta sora kara ahu re da su syawa- ni u tare te naga re da su u kabi a garu itiban yowa i zibun no kage ao ku si n da omo i de kaku se nai no ha mou itido ona zi hibi wo moto mete iru kara kimi ga si xtu te iru sora no ao sa wo si ri tai kara o ikake te iru o ikake te iru todo ke. ホラー映画にもかかっているのかもしれません。 あいみょん 空の青さを知る人よ 「今は悲鳴をあげながら」という生々しい表現からあいみょん節が感じられます。 私を好きじゃないのならば. あおいに構ってばかりのせいで恋愛や色んな事を諦めて、太陽に打たれることができなかった「あかね」• 本当に楽しみですね。 だから 全然好きになれなかった とあるのです。 私は試写会の応募に当選して一足先に観させていただきました。 皆さんは 「井の中の蛙大海を知らず、 されど空の深さ 青さ を知る」 ということわざをご存知でしょうか? 元々は、 井の中の蛙大海を知らず。 姉の人生から自由を奪ってしまったと…。 全然好きじゃなかった ホラー映画とキャラメル味のキス 全然好きになれなかった それなのにね 今は悲鳴をあげながら 君の横顔を探している 空虚な心の落とし穴 暗すぎてなにも見えない 根拠なんて一つもないのにさ 身体が走り出してく 赤く染まった空から 溢れ出すシャワーに打たれて 流れ出す 浮かび上がる 一番弱い自分の影 青く滲んだ思い出隠せないのは もう一度同じ日々を 求めているから 全然好きじゃなかった ほら、あの呼び方 漫画の主人公みたいで 全然好きになれなかったんだ それなのにね 今も似た言葉に身体が動くよ 皮肉な思い出なのさ 何回も右往左往してみても 暗すぎて何も見えない そうかい まだ隠れているのかい 飛び出しておいで メモリー 高く掲げた掌 届く気がしたんだ確かに 回り出す 襲いかかる 悪魔の顔をした奴らが 会いたい人に会えない そんな悪夢を 雲に変えて 食べてやるよ 悲しくなるから いつも いつも いつも いつも 君が 君が 君が 君が 最初に いなくなってしまう なんで なんで なんで なんで 僕に 僕に 僕に 僕に さよならも言わずに 空になったの? 今まで恋愛経験なんてない彼女ですが、「こうしたら恋愛が成就する!」という確固たる根拠もないまま、身体がしんのの元に引き込まれていくのです。

次の

【あいみょん/空の青さを知る人よ】の歌詞の意味を徹底解釈

空の青さを知る人よ 歌詞 解釈

あらすじ 私は-私達は、探している。 どんな夢も、叶う場所を。 あかねの元恋人・慎之介が秩父市に帰ってきた。 同時に慎之介の昔の姿の生き霊「しんの」があおいの前に現れる。 空の青さを知らない人が空の青さを知る物語。 <過去と現在をつなぐ「二度目の初恋」が始まる。 > この空の青さを知った自分は、何ができるだろう。 何に、なれるだろう。 登場人物 相生あおい(あいおい・あおい) 「東京行きます。 バイトしながらバンドで天下取ります」 高二の女子高生。 左目の中にホクロのある「目玉スター」。 卒業後は秩父を出て東京に行きたいと願っている。 相生あかね(あいおい・あかね) 「今度、ツナマヨのおにぎりでも、作ってみようかな」 あおいの姉。 秩父市役所の市民生活課で働く31歳。 アイボリー色のジムニーに乗っている。 両親亡き後、あおいを第一に考えて生活してきた。 金室慎之介(かなむろ・しんのすけ) 「俺……夢は叶えたろ、一応」 あかねの元彼。 大御所演歌歌手・新渡戸団吉のバックバンドのギタリストとして秩父に帰ってくる。 しんの 「モデルよりも、グラビアイドルよりも、可愛くて、綺麗なババアだ」 金室慎之介の13年前の姿で現れた男。 バンドの練習場所である「お堂」から出られない。 <あかねスペシャル>というギターを持っている。 大滝千佳(おおたき・ちか) 「あたしお嫁に行きまーす!」 あおいと同じクラスの女子。 王子様を夢見て甘い声を出し続けている。 中村正道(なかむら・まさみち) 「ご想像にお任せします!」 あかねの同僚。 31歳バツイチ。 秩父市役所の観光課所属。 「兄貴、ほしくないか」とあおいに言ってしまうほどあかねと結婚したがっている。 ずるい大人の代表。 中村正嗣(なかむら・まさつぐ) 「なるほど、浦島太郎だね」 正道の一人息子。 小学五年生。 スマホを一日他人に貸すのは「普通に無理」とのこと。 タイトルの意味 井の中の蛙大海を知らず。 されど空の青さを知る。 あたしは、大きな海へと出られたんだろうか。 もしかしたらここはまだ、井戸の中かも知れない。 広い世界に出たつもりになっているだけかもしれない。 どこまで走っても、結局、井戸から出られないのかもしれない。 そんな風に思ったときは、空を見上げることにしている。 ここがどこだろうと、空の青さをちゃんと見ておこう。 曇っても、雨が降っても、冷たい風に目を開けていられなくなっても、空の青さを、ちゃんと覚えていよう。 そうすれば、どこまでも走っていける。 タイトルの由来は相生あかねが好きなことわざ「井の中の蛙大海を知らず。 されど空の青さを知る」です。 『空の青さを知る人よ』の舞台は埼玉県秩父市。 秩父市は盆地であり、山を越えなければ、どこへも行けない。 「盆地ってさ、結局のところ壁に囲まれてるのと同じなんだよ」のセリフが象徴するように、『空青』では登場人物が住む場所を「井の中」にたとえています。 井戸の中のカエルが外に出れないように、あおいもあかねもしんのも、秩父から出られません(慎之介はしんのを分離することで出られた)。 でも、ことわざにあるように、井の中の蛙は「空の青さ」を知っています。 『空青』で空の青さを一番知っている人はあかねですが、クライマックスであおいも慎之介も空の青さを知りました。 『空の青さを知る人よ』は空の青さを知らない人が空の青さを知る物語であり、また、空の青さを知った人がどう生きていくかを考える物語です。 余談ですが、金室慎之介がソロデビューした曲のタイトルかつあいみょんが歌う主題歌も『空の青さを知る人よ』です。 相生あかねを意識した歌詞になっているので、映画を見た後聴いてみると楽しいです。 「空の青さを知る大人よ」 過去の記憶は忌まわしい。 だからお堂に閉じ込める。 『空青』において、「13年前の記憶」は今もなお「生きて」います。 だから慎之介もあおいも、あかねすらも、誰もが目を背けて、それをお堂に閉じ込めました。 見ないように、見られないように、見なくて済むように。 誰もがただ単純に「蓋をした」だけで、誰も「13年前の記憶」に対してちゃんと「お別れ」をしませんでした。 誰もが記憶を記憶のままに固定したまま、13年が過ぎた。 残念ながら、そんな乱暴なやり方では「記憶」は「死に」ません。 慎之介は遠く離れてもギターの思い出を感じただろうし、秩父に帰ってきてお堂に近づいただけで昔の仲間の気配を感じただろうし、目を閉じると当時の声が聴こえたでしょう。 「お別れ」が正しくなされなかった「13年前の記憶」は依然そこにあり、関わった人たちを苦しめていました。 私たちには直接触れることができず、理解しあったり共感しあったりすることもできない「記憶」が13年間もお堂に「存在」していました。 存在しないにも関わらず「13年前の記憶」は『空青』のキャラクターの生き方に深く、強く関与します。 「13年前の記憶」をトラウマとして、その後の人生を生きてきました。 人間は「実在しないものの気配を察知できる」唯一の生物です。 他の生物はおそらく「実在しないもの」を想定して生きることができません。 「13年前の記憶」は決して触れることはできない。 過ぎ去った事実を変えることはできない。 でも、それに対する理解、解釈、アプローチなど、そういうものを変えることはできます。 『空青』では、「実在しないもの」である「13年前との記憶」とのコミュニケーションが描かれています。 人間は「実在しないものの気配を察知できる」生物です、と先ほど申し上げましたが、そんな能力があったとして、さらに一歩進んで申し上げると、人間の中でも「実在しないもの」とコミュニケーションする能力を持つのは「大人」だけです。 「実在しないもの」とのコミュニケーションとは「実在するもの」と「実在しないもの」との間に明確に線を引く行為です。 線をうまく引くことは「実在しないもの」と「お別れ」をすることと言い換えることができます。 自分の中でもやもやしている「13年前の気持ち」と向き合い、「今の気持ち」と折り合いをつけること。 慎之介は、閉じ込めることでしか前に進めなかった自分の過去と向き合いました。 あのときの想いを、後悔で固定しないために。 あおいは、好きな人の想いを応援できなかった後悔を固定しないために、ちゃんと「しんの」と向き合って答えを出しました。 ついでに付け加えるなら、物語の後半においてあかねの愛をちゃんと受け止められるようになったのは、あおいが「大人」になった証左です。 過去の記憶とちゃんと向き合って「お別れ」すること。 適切に「お別れ」ができることは、人間が大人であるため、かつよりよい未来へ向けた生き方を選択するためには不可欠なスキルだと私は思います。 製作スタッフが『空青』と共通する『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』においても『心が叫びたがってるんだ。 』においても「お別れ」と「大人になること」はセットで語られています(『あの花』ではヒロインとの「お別れ」、『ここさけ』では「王子様」との「お別れ」によって「大人になること」が表現されたと私は認識しています)。 クライマックスであおいが見た空の青さは、人生の節目において適切に「お別れ」をしていくことができる「空の青さを知る大人」になったことの祝福の景色なのかも知れないと思いました。 「井の中の蛙」は井戸の中にいるこそすれ、オタマジャクシではない立派なカエル=大人なのです。 (1525字、原稿用紙4枚と9行) おまけ 『空の青さを知る人よ』劇中で出てきた音楽のリンクを貼っておきます。

次の