スイミー あらすじ。 『スイミーちいさなかしこいさかなのはなし』(1969)のあらすじ・口コミと評判【大人にもおすすめしたい名作絵本】

『スイミー』の物語は就活への手がかりだった!?就活に必要な団結力とは

スイミー あらすじ

この項目では、レオ・レオニ作の絵本について説明しています。 の曲については「」をご覧ください。 から発売されているの餌については「」をご覧ください。 日本のロックバンドグループについては「」をご覧ください。 『 スイミー』( Swimmy)は、出身のの絵本作家作のである。 1963年に出版された。 が発行する小学校2年生用の教科書にから載録されている。 あらすじ [ ] スイミーは小さな魚。 仲間たちがみんな赤い魚だったのに、スイミーだけは真っ黒な小魚だった。 しかし、泳ぎは仲間の誰よりも速かった。 大きな海で暮らしていたスイミーと仲間たちだったが、大きなに仲間を食べられてしまい、泳ぎが得意だったスイミーだけがなんとか助かる。 仲間を失ったスイミーはさまざまな海の生き物たちに出会いながら放浪するうちに、岩の陰に隠れて大きな魚に怯えながら暮らす仲間そっくりの赤い魚たちを見つける。 スイミーは一緒に泳ごうと誘うのだが、大きな魚が怖いからと小魚たちは出てこない。 そこでスイミーは、大きな魚に食べられることなく自由に海を泳げるように、みんなで集まって大きな魚のふりをして泳ぐことを提案する。 そしてスイミーは自分だけが黒い魚なので、自分が目になることを決意するのだった。 かくして小魚たちは大きな魚を追い払い、岩陰に隠れることなく海をすいすい泳げるようになったのであった。 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

【児童文学】スイミー【あらすじ・ネタバレ】

スイミー あらすじ

ミッドセンチュリーの米国グラフィック・アート界の第一人者、 レオ・レオニの名作『スイミー』。 透明感ある絵と、幼い子供にも伝わる海の底の勇気ある物語は、 世界中の子供たちを魅了してきました。 そこに込められた作者 レオニの思想家としての思いを、ご存知でしたか? 価格: ¥1,529 (税込) レオ・レオニ 作・絵 谷川俊太郎 訳 4~8歳向け スイミーは いった。 「ぼくが、めに なろう」 名作『スイミー』のもう一つの読み方 世界中で翻訳され、小学校の教科書にも載り、ビデオも出るなど一般的な認知度も高くて、 もはや幼児向け絵本のリストからは外せない名作となっている『スイミー』。 ミッドセンチュリーにアメリカのグラフィックアート界で名声を確立した、一流アートディレクター、 レオ・レオニの作品(1963)です。 版画の手法を駆使した、透明感あるイラストに懐かしさを覚える方も多いことでしょう。 自分だけが真っ黒で、赤い魚の仲間たちとは違うスイミー。 大きなマグロに仲間がみんな飲み込まれ、自分ひとりが生き延びるという体験をし、海の中を独りで泳ぎ回ります。 様々な発見を経て、やがて自分の仲間と同じ赤い魚たちを見つけたスイミーは、大きなマグロに怯える魚たちを導き、みんなで大きな魚のふりをして泳いでマグロに対抗し、マグロを追いやります。 このことから、 「みんなで力を合わせれば何でもできるんだ」ということがテーマだと受け取られがちな『スイミー』、実は、 作者レオニのメッセージは全く別のところにあるというのです。 哲学者スイミー この『スイミー』を著す直前、作者レオニは 成功の絶頂にあったアメリカでの名声を捨て、故国イタリアへと戻っています。 彼は、自分独りで本格的な芸術活動を開始し、そのなかで次々と絵本を出版し始めるのです。 その頃のレオニの作品は、もはやグラフィックデザイナーというカテゴリに収まるものではなく、 思想家としての表現に達していました。 自らの芸術家としての才能を良く理解しつつ、彼は第2次世界大戦後の世界の中で、 自らが政治的にどういう役割を担えるのかを模索していました。 その 自分自身の姿を、レオニは「スイミー」という、他とは違った色を持った魚になぞらえたのです。 『スイミー』の真相 『スイミー』の中で、最も多くのページを割かれているのは、スイミーがたった独りで海の中をさまよい、自分とは違う種の生き物たちに出会い、発見をするくだりです。 その体験の後、スイミーは魚の仲間たちと出会い、彼らを率先して大きなマグロを追い払うのですが、実はこの物語、 スイミーの自己発見と自己実現、という深いテーマがあるのです。 レオニの芸術家としての生き方、それはスイミーが仲間を先導するときの言葉、 「ぼくが、目に なろう」 に集約されています。 レオニは、 人にはそれぞれの個性と役割があるということ、そして、芸術家として他の者が見えないものを見ることのできる人間がいるということを伝えたかったのです。 お子さんとこの『スイミー』を読むとき、お子さんの得るものが「みんなで力を合わせよう」というメッセージでもまったく構わないと思います。 一方で、 実はこういった深い生き方の哲学も込められているということを、大人の私たちが味わうのもいいかもしれません。 子供も大人もそれぞれに何かを感じ取ることのできる作品であることが、名作と呼ばれるゆえんだと実感させられる、魅力的な絵本です。 amazon. amazon.

次の

絵本「スイミー」の内容紹介

スイミー あらすじ

ミッドセンチュリーの米国グラフィック・アート界の第一人者、 レオ・レオニの名作『スイミー』。 透明感ある絵と、幼い子供にも伝わる海の底の勇気ある物語は、 世界中の子供たちを魅了してきました。 そこに込められた作者 レオニの思想家としての思いを、ご存知でしたか? 価格: ¥1,529 (税込) レオ・レオニ 作・絵 谷川俊太郎 訳 4~8歳向け スイミーは いった。 「ぼくが、めに なろう」 名作『スイミー』のもう一つの読み方 世界中で翻訳され、小学校の教科書にも載り、ビデオも出るなど一般的な認知度も高くて、 もはや幼児向け絵本のリストからは外せない名作となっている『スイミー』。 ミッドセンチュリーにアメリカのグラフィックアート界で名声を確立した、一流アートディレクター、 レオ・レオニの作品(1963)です。 版画の手法を駆使した、透明感あるイラストに懐かしさを覚える方も多いことでしょう。 自分だけが真っ黒で、赤い魚の仲間たちとは違うスイミー。 大きなマグロに仲間がみんな飲み込まれ、自分ひとりが生き延びるという体験をし、海の中を独りで泳ぎ回ります。 様々な発見を経て、やがて自分の仲間と同じ赤い魚たちを見つけたスイミーは、大きなマグロに怯える魚たちを導き、みんなで大きな魚のふりをして泳いでマグロに対抗し、マグロを追いやります。 このことから、 「みんなで力を合わせれば何でもできるんだ」ということがテーマだと受け取られがちな『スイミー』、実は、 作者レオニのメッセージは全く別のところにあるというのです。 哲学者スイミー この『スイミー』を著す直前、作者レオニは 成功の絶頂にあったアメリカでの名声を捨て、故国イタリアへと戻っています。 彼は、自分独りで本格的な芸術活動を開始し、そのなかで次々と絵本を出版し始めるのです。 その頃のレオニの作品は、もはやグラフィックデザイナーというカテゴリに収まるものではなく、 思想家としての表現に達していました。 自らの芸術家としての才能を良く理解しつつ、彼は第2次世界大戦後の世界の中で、 自らが政治的にどういう役割を担えるのかを模索していました。 その 自分自身の姿を、レオニは「スイミー」という、他とは違った色を持った魚になぞらえたのです。 『スイミー』の真相 『スイミー』の中で、最も多くのページを割かれているのは、スイミーがたった独りで海の中をさまよい、自分とは違う種の生き物たちに出会い、発見をするくだりです。 その体験の後、スイミーは魚の仲間たちと出会い、彼らを率先して大きなマグロを追い払うのですが、実はこの物語、 スイミーの自己発見と自己実現、という深いテーマがあるのです。 レオニの芸術家としての生き方、それはスイミーが仲間を先導するときの言葉、 「ぼくが、目に なろう」 に集約されています。 レオニは、 人にはそれぞれの個性と役割があるということ、そして、芸術家として他の者が見えないものを見ることのできる人間がいるということを伝えたかったのです。 お子さんとこの『スイミー』を読むとき、お子さんの得るものが「みんなで力を合わせよう」というメッセージでもまったく構わないと思います。 一方で、 実はこういった深い生き方の哲学も込められているということを、大人の私たちが味わうのもいいかもしれません。 子供も大人もそれぞれに何かを感じ取ることのできる作品であることが、名作と呼ばれるゆえんだと実感させられる、魅力的な絵本です。 amazon. amazon.

次の