エクスプレス カード 解約。 ANAアメックスカードを解約したいのですがどうしたらいいでしょうか。

JR東海「エクスプレス予約」のプラスEXカードを退会する方法【かんたん】

エクスプレス カード 解約

新幹線をパソコンやスマホから簡単に予約や予約変更ができ、しかも通常でチケットを購入するよりも安く購入ができる EX予約(エクスプレス予約)って便利ですよね。 ただEX予約は年会費がかかるため、新幹線をあまり利用しない人にとっては不要なものです。 また以前は指定のクレジットカード『EXPRESS CARD(エクスプレスカード)』を使用する必要があるため、別のクレジットカードに変えたいという方も多いでしょう。 EXPRESS CARD 以外のクレジットカードに変更したい場合、一度EX予約を解約して新たに申し込みをしなければなりません。 私もしばらく EXPRESS CARD で決済を行ってきましたが、別のクレジットカードに変更したかったため一旦EX予約を解約して申し込みし直しました。 このページではEX予約(EX-IC)及び EXPRESS CARD を解約する手順と必要なものについてご紹介いたします。 スポンサーリンク 解約の方法と解約の際に必要なもの EX予約(EX-IC)を解約する方法は EXPRESS CARD の裏面に記載されている電話番号に電話をして口頭で解約の旨を伝えなければなりません。 EX予約の管理画面などインターネット上で解約ができれば便利なのですけどね・・・。 電話をすると最初は自動音声ガイダンスが流れますので、ガイダンスに従ってクレジットカードの番号など必要な情報を選択していってください。 最後に担当者と電話が繋がりますので「解約したい」と伝えるだけです。 電話で聞かれること どんなことを聞かれるのだろうと不安に思われる方もいらっしゃると思いますが、私が電話で解約の旨を伝えたところ、聞かれたことは本人確認として 「名前」と「生年月日」だけでした。 私の場合は解約理由などは聞かれませんでしたし、引き止められるようなこともしませんでした。 意外なほどあっさりと解約ができてしまいました。 ただ注意事項としてカード決済によって溜まっているポイントが残っているが交換しなくても大丈夫か、次回年会費を支払うまでの期間がまだ残っているけど今すぐ解約してしまって大丈夫か(EX予約が使用できなくなるため)ということを聞かれました。 ポイントに関しては予め自分で交換しておく必要があり、その電話で交換などはできませんので注意してください。 EX予約(EX-IC)も自動で解約される 上記では EXPRESS CARD の解約のための電話でしたが、このクレジットカードが解約できるとEX予約(EX-IC)も自動で解約されて、その後新幹線の予約ができなくなるとのことでした。 つまり 別でEX予約を解約するために手続きは不要です。 解約後にやること 電話によって解約が完了できたら EXPRESS CARD と EX-IC のカードをハサミで切って処分をしましょう。 解約の際に電話でもハサミで切るように指示がありました。 もし任意のクレジットカードでEX予約を行いたいという方は、新規で会員登録を行ってください。

次の

JR東海「エクスプレス予約」のプラスEXカードを退会する方法【かんたん】

エクスプレス カード 解約

プラスEXカードを利用しなくなったので退会する方法が知りたい• 退会する注意事項を知っておきたい• 退会後クレジットカード機能がどうなるか知っておきたい プラスEXカードを退会(解約)する方法 JR東海では、プラスEXカード(エクスプレス予約サービス専用ICカード)の利用を停止することを解約ではなく「退会」と呼んでいます。 以下の手順で退会ができます。 (1)各クレジットカード会社に電話する (2)JR東海公式サイトでエクスプレス予約会員を退会する 詳しく解説していきます。 (1)各クレジットカード会社に電話すると退会できます プラスEXカードは、基本的に対象のクレジットカードと紐付けされています。 MUFGカードブランド、DCブランド、NICOSブランドのクレジットカードがサービス対象になります。 退会手続きは、各クレジットカード会社で手続きするようになります。 プラスEXカードの退会は、お手持ちのクレジットカード裏面に記載されている、各「お問い合わせ先」に電話します。 また、実際に電話しても時間帯や曜日により、繋がりにくい場合もあるかもしれませんね。 そんな時は、 いつ電話すればスムーズに繋がるか分かる「コールセンター混雑予想カレンダー」などの情報がクレジットカード会社のHPに掲載されていることがあります。 できれば、事前に確認しておきましょう。 電話が繋がれば、会員情報とプラスEXカードを解約したい旨を伝えます。 その際、特にオペレーターに解約理由を伝える必要はありません。 注意:プラスEXカードは毎年サービス年会費が必要 プラスEXカードは、 1年ごとにサービス年会費1080円(税込)が必要になります。 入会後2ヶ月間のお試し期間は費用が発生しませんが、それ以降は基本的に年会費がかかります。 クレジットカード経由で年会費が引き落としになっているので、退会手続きは各クレジットカード会社で行うようになるのです。 また、 プラスEXカードを退会するタイミングによっては、年会費を払うことになるかもしれませんので、注意しましょう。 プラスEXカードを退会した後は、従来のクレジットカードをそのまま継続して使うことが可能です。 (2)JR「エクスプレス予約」サイトで会員退会手続きをします プラスEXカードの退会は、JR東海の「エクスプレス予約」公式サイトで、会員退会手続きを行います。 この会員退会手続きは、クレジットカードの退会手続きを行う前でも後でもかまいません。 また、 こちらは特に必須の手続きではありません。 プラスEXカード退会は、クレジットカード会社に電話をするだけでもOKです。 ただ個人情報をネット上に残しておきたくない場合、やっておくことをおすすめします。 手続きの方法は以下の通りです。

次の

アメリカン・エキスプレス・カードの解約方法と注意点

エクスプレス カード 解約

(1) 入会時に虚偽の申告をしたとき (2) 本規約のいずれかに違反したとき (3) カードの利用代金など乙に対する債務の履行を怠ったとき (4) 会員の信用状態に重大な変化が生じたとき (5) カードの利用状況及び支払状況が適当でないとき (6) 後記第16条(反社会的勢力の排除)に違反していると認めたとき (7) 第8条(カードの利用)第9項に違反し、カードの利用状況が不適当又は不審であるとき (8) カードを利用して違法な行為を行ったとき (9) その一部又は全部を自らは使用しない等、転売又は換金等の目的において、相当と認められる数量又は頻度を超えてJR東海エクスプレスサービス会員規約第1条第1項に定めるサービスを利用して乗車券類を購入したとき (10) JR東海エクスプレスサービス会員規約第1条第1項に定めるサービスを利用して購入した乗車券類の一部又は全部を、直接的・間接的を問わず営利目的のために、転売又は換金行為を試み、もしくは実行したとき (11) その他甲及び乙が不適当と判断したとき (12) JR東海エクスプレスサービス会員規約及びエクスプレス予約サービスに関する特約に違反したとき 3. 本条第1項、第2項の場合、会員はカード使用者全員のカードを直ちに甲及び乙にお返しいただき、第10条(代金決済及び遅延損害金)に定める支払い期日にかかわらず、乙にお支払いいただくべき一切の債務全額を直ちにお支いいただきます。 なお、会員は、退会後においても、本規約の定めに従い、カードを利用しまたは会員番号を使用して生じたカード利用代金等について、全て支払の責を負うものとします。 4. 前項は、会員がカード使用者を変更・廃止する場合にも準用します。 ただし、この場合、代金の支払いについて乙が認める時は通常の支払い方法によることができるものとみなします。 第14条(退会並びに会員資格の取消) 1. 会員が甲及び乙より退会する場合は、遅滞なく乙宛に所定の届出用紙により、手続きしていただきます。 2. 会員(本項においては入会申込者を含む)又はカード使用者が次のいずれかに該当したと甲又は乙が判断した場合は、甲又は乙は入会を謝絶し、又は通知・催告などをせず、会員の資格を取消しすることができるものとします。 (1) 入会時に虚偽の申告をしたとき (2) 本規約のいずれかに違反したとき (3) カードの利用代金など乙に対する債務の履行を怠ったとき (4) 会員の信用状態に重大な変化が生じたとき (5) カードの利用状況及び支払状況が適当でないとき (6) 後記第16条(反社会的勢力の排除)に違反していると認めたとき (7) 第8条(カードの利用)第9項に違反し、カードの利用状況が不適当又は不審であるとき (8) カードを利用して違法な行為を行ったとき (9) その一部又は全部を自らは使用しない等、転売又は換金等の目的において、相当と認められる数量又は頻度を超えてJR東海エクスプレスサービス会員規約第1条第1項に定めるサービスを利用して乗車券類を購入したとき (10) JR東海エクスプレスサービス会員規約第1条第1項に定めるサービスを利用して購入した乗車券類の一部又は全部を、直接的・間接的を問わず営利目的のために、転売又は換金行為を試み、もしくは実行したとき (11) その他甲及び乙が不適当と判断したとき (12) JR東海エクスプレスサービス会員規約及びエクスプレス予約サービスに関する特約に違反したとき 3. 本条第1項、第2項の場合、会員はカード使用者全員のカードを直ちに 乙に返却するか、カードを切断して破棄するものとし、第10条(代金決済及び遅延損害金)に定める支払い期日にかかわらず、乙にお支払いいただくべき一切の債務全額を直ちにお支いいただきます。 なお、会員は、退会後においても、本規約の定めに従い、カードを利用しまたは会員番号を使用して生じたカード利用代金等について、全て支払の責を負うものとします。 4. 前項は、会員がカード使用者を変更・廃止する場合にも準用します。 ただし、この場合、代金の支払いについて乙が認める時は通常の支払い方法によることができるものとみなします。 JR東海エクスプレス・カード(コーポレート)会員規約 JR東海エクスプレス・カード(コーポレート)会員規約 第14条(解約又は解除) 1. 契約法人が本契約の解約をしようとする場合は、甲及び乙に所定の届出用紙を提出することにより手続きするものとします。 2. 契約法人(本項においては入会申込者を含む)が次の各号のいずれかに該当した場合、甲又は乙は入会を謝絶し、又は通知催告などをせず、直ちにカード利用の一時停止を含む利用制限もしくは利用停止又は本契約の一部又もしくは全部の解除をすることができます。 (1) 契約法人が本契約締結時に虚偽の申告をしたとき (2) 契約法人又はカード使用者が本規約及びEX予約コーポレート特約のいずれかに違反したとき (3) 契約法人がカードの利用代金など乙に対する債務の履行を怠ったとき (4) 契約法人の信用状態に重大な変化が生じたとき (5) 契約法人又はカード使用者のカードの利用状況及び支払状況が適当でないと甲又は乙が判断したとき (6) 契約法人が振り出した手形、小切手が不渡りになったとき、又は一般の支払を停止したとき (7) 契約法人が差押・仮差押・保全差押・仮処分の申し立て、又は公租公課の滞納処分を受けたとき (8) 契約法人が破産手続開始・民事再生手続開始等、その他裁判上の倒産処理手続の申し立てを受けたとき、又は自らこれらの申し立てをしたとき、債務整理(任意整理を含む)を開始したとき (9) 契約法人又はカード使用者が後記第16条(反社会的勢力の排除)に違反していると認めたとき (10) 第6条(カードの利用)第4項に違反し、カードの利用状況が不適当又は不審であると乙が判断したとき (11) その他契約法人として不適当であると甲又は乙が判断したとき (12) JR東海エクスプレスサービス会員規約及びエクスプレス予約サービスに関する特約に違反したとき 3. 次の各号のいずれかに該当した場合、甲又は乙は契約法人に通知催告を行ったうえで、カード利用の一時停止を含む利用制限もしくは利用停止又は本契約の一部もしくは全部の解除をすることができます。 (1) 契約法人のカード利用代金が、月額100万円を下回ったとき (2) 契約法人の1ヶ月あたりのカード利用代金を、月末時点で乙が契約法人に対して貸与しているカード総枚数で割ったカード1枚あたりの利用代金が、1回でも3,000円を下回ったとき 4. 本条第1項、第2項及び第3項により本契約の全部が終了したときは、契約法人は乙より貸与されている全てのカードを直ちに乙に返却し、約定支払日にかかわらず、乙に支払うべき一切の債務を直ちに支払うものとします。 なお、会員は、退会後においても、本規約の定めに従い、カードを利用しまたは会員番号を使用して生じたカード利用代金等について、全て支払の責を負うものとします。 第14条(解約又は解除) 1. 契約法人が本契約の解約をしようとする場合は、甲及び乙に所定の届出用紙を提出することにより手続きするものとします。 2. 契約法人(本項においては入会申込者を含む)が次の各号のいずれかに該当した場合、甲又は乙は入会を謝絶し、又は通知催告などをせず、直ちにカード利用の一時停止を含む利用制限もしくは利用停止又は本契約の一部又もしくは全部の解除をすることができます。 (1) 契約法人のカード利用代金が、月額100万円を下回ったとき (2) 契約法人の1ヶ月あたりのカード利用代金を、月末時点で乙が契約法人に対して貸与しているカード総枚数で割ったカード1枚あたりの利用代金が、1回でも3,000円を下回ったとき 4. 本条第1項、第2項及び第3項により本契約の全部が終了したときは、契約法人は乙より貸与されている全てのカードを直ちに乙に 返却するか、カードを切断して破棄するものとし、約定支払日にかかわらず、乙に支払うべき一切の債務を直ちに支払うものとします。 なお、会員は、退会後においても、本規約の定めに従い、カードを利用しまたは会員番号を使用して生じたカード利用代金等について、全て支払の責を負うものとします。 5. 契約法人が、部署カードを利用している部署又は個人カードの利用をしている者を変更、廃止する場合には、変更、廃止に関するカードを直ちに乙に返却し、約定支払日にかかわらず、乙に支払うべき一切の債務金額を直ちに支払うものとします。 ただし、代金の支払いについて乙が特に認める時は通常の支払い方法によるものとします。 5. 契約法人が、部署カードを利用している部署又は個人カードの利用をしている者を変更、廃止する場合には、変更、廃止に関するカードを直ちに乙に返却し、約定支払日にかかわらず、乙に支払うべき一切の債務金額を直ちに支払うものとします。 ただし、代金の支払いについて乙が特に認める時は通常の支払い方法によるものとします。 JR東海エクスプレス・カード(法人)会員規約 JR東海エクスプレス・カード(法人)会員規約 第14条(退会並びに会員資格の取消) 1. 会員が甲及び乙より退会する場合は、遅滞なく乙宛に所定の届出用紙により、手続きしていただきます。 2. 会員(本項においては入会申込者を含む)又はカード使用者が次のいずれかに該当したと甲又は乙が判断した場合は、甲又は乙は入会を謝絶し、又は通知・催告などをせず、会員の資格を取消しすることができるものとします。 (1) 入会時に虚偽の申告をしたとき (2) 本規約のいずれかに違反したとき (3) カードの利用代金など乙に対する債務の履行を怠ったとき (4) 会員の信用状態に重大な変化が生じたとき (5) カードの利用状況及び支払状況が適当でないとき (6) 後記第16条(反社会的勢力の排除)に違反していると認めたとき (7) 第8条(カードの利用)第9項に違反し、カードの利用状況が不適当又は不審であるとき (8) カードを利用して違法な行為を行ったとき (9) その一部又は全部を自らは使用しない等、転売又は換金等の目的において、相当と認められる数量又は頻度を超えてJR東海エクスプレスサービス会員規約第1条第1項に定めるサービスを利用して乗車券類を購入したとき (10) JR東海エクスプレスサービス会員規約第1条第1項に定めるサービスを利用して購入した乗車券類の一部又は全部を、直接的・間接的を問わず営利目的のために、転売又は換金行為を試み、もしくは実行したとき (11) その他甲及び乙が不適当と判断したとき (12) JR東海エクスプレスサービス会員規約及びエクスプレス予約サービスに関する特約に違反したとき 3. 本条第1項、第2項の場合、会員はカード使用者全員のカードを直ちに甲及び乙にお返しいただき、第10条(代金決済及び遅延損害金)に定める支払い期日にかかわらず、乙にお支払いいただくべき一切の債務全額を直ちにお支払いいただきます。 なお、会員は、退会後においても、本規約の定めに従い、カードを利用しまたは会員番号を使用して生じたカード利用代金等について、全て支払の責を負うものとします。 4. 前項は、会員がカード使用者を変更・廃止する場合にも準用します。 ただし、この場合、代金の支払いについて乙が認める時は通常の支払い方法によることができるものとみなします。 第14条(退会並びに会員資格の取消) 1. 会員が甲及び乙より退会する場合は、遅滞なく乙宛に所定の届出用紙により、手続きしていただきます。 2. 会員(本項においては入会申込者を含む)又はカード使用者が次のいずれかに該当したと甲又は乙が判断した場合は、甲又は乙は入会を謝絶し、又は通知・催告などをせず、会員の資格を取消しすることができるものとします。 (1) 入会時に虚偽の申告をしたとき (2) 本規約のいずれかに違反したとき (3) カードの利用代金など乙に対する債務の履行を怠ったとき (4) 会員の信用状態に重大な変化が生じたとき (5) カードの利用状況及び支払状況が適当でないとき (6) 後記第16条(反社会的勢力の排除)に違反していると認めたとき (7) 第8条(カードの利用)第9項に違反し、カードの利用状況が不適当又は不審であるとき (8) カードを利用して違法な行為を行ったとき (9) その一部又は全部を自らは使用しない等、転売又は換金等の目的において、相当と認められる数量又は頻度を超えてJR東海エクスプレスサービス会員規約第1条第1項に定めるサービスを利用して乗車券類を購入したとき (10) JR東海エクスプレスサービス会員規約第1条第1項に定めるサービスを利用して購入した乗車券類の一部又は全部を、直接的・間接的を問わず営利目的のために、転売又は換金行為を試み、もしくは実行したとき (11) その他甲及び乙が不適当と判断したとき (12) JR東海エクスプレスサービス会員規約及びエクスプレス予約サービスに関する特約に違反したとき 3. 本条第1項、第2項の場合、会員はカード使用者全員のカードを直ちに 乙に返却するか、カードを切断して破棄するものとし、第10条(代金決済及び遅延損害金)に定める支払い期日にかかわらず、乙にお支払いいただくべき一切の債務全額を直ちにお支払いいただきます。 なお、会員は、退会後においても、本規約の定めに従い、カードを利用しまたは会員番号を使用して生じたカード利用代金等について、全て支払の責を負うものとします。 4. 前項は、会員がカード使用者を変更・廃止する場合にも準用します。 ただし、この場合、代金の支払いについて乙が認める時は通常の支払い方法によることができるものとみなします。 改定後の規約は以下よりご確認いただけます。

次の